自宅ネット回線の乗り換えを考える光インターネットとモバイルwifi WiMAX LTE 比較

自宅ネット回線の乗り換えを考える光インターネットとモバイルwifi WiMAX LTE 比較

ふと気になって自分のネット回線速度を調べたところ、某社のADSL 50Mプランで実測が下り8Mbps上り1Mbpsとかなり低速。
こらアカン。

ちなみにネット回線速度を測れるサイトはコチラ
BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

で、じゃあ値段が安いかって言うとそうでも無く、昔契約したまま放っておいたのでこの速度で6~7千円かかっている始末。
こらアカン。

ネット回線って数年したら変えないとダメっすね。これじゃあいくらパソコンを高速化してもオンラインゲームやブラウジングが快適になりません。

さて、じゃあネット回線契約を新しく変えよう!と思った時に選択肢は大まかに2つ。

まず一つ目は無難に今最も普及している光回線(光ファイバー)。
我が家はマンションなのでマンション共用タイプ5~6千円でベストエフォート(最大)100Mbps(実測だいたい20~60Mbps)。これだけで数倍速くなる上にほんの少し節約になります。

もう一つの選択肢は、今流行のモバイルwifi(WiMAX 2+、WiMAX、LTE)。
僕の友人もやっていましたが、自宅の固定回線を解約してモバイルwifiに一本化している人が結構いたりします。最近ではLTEに対応して最大75Mbpsの高速モバイルルーターや、最新規格のWiMAX 2+でベストエフォート110Mbpsなんていうのも登場しています。

こちらは月額で3~4千円と若干安め。

それぞれに特徴があるので、検証していきましょう。

●まずは光インターネット回線。

何より「安定して速い!」っていうコトに尽きます。
マンション共用タイプは光の中では若干遅めですが、最大100Mbpsで実測値が20~60Mbps出るので十分高速。

値段の高い専用タイプや速度保証型タイプなど、かける費用によってはさらに速い回線も選べます。同じような値段でも最大200Mbpsや1Gbpsなんてのもあり、回線業者によって値段も性能もまちまち。

そして安定性と大容量のデータをやり取り出来るバックボーンが魅力。

共用タイプは速度が安定しないという話も聞きますし、個人向けでは1日のデータ通信量を数十ギガバイトで制限をかける会社もありますが、モバイルwifiと比較したら十分なスペックです。

光インターネット回線のデメリットとしては

・マンションやエリアが対応していないと契約できない
・マンションタイプは同時利用者数で速度が落ちる
(マンション内にヘビーユーザーがいるとモロに影響)
・専用回線タイプや速度保証型は高い
・工事待ちがある(契約してから利用するまで時間がかかる)
・引越しの時などの解約や移転が面倒

といったところでしょうか。


●次にモバイルwifi(ポケットwifi WiMAX WiMAX2+ LTE)。

コレを選ぶ最大のメリットはモビリティ(機動性)。
引越しの時にイチイチ解約や契約をする必要がなく(請求書の住所変更は必要でしょうが)、旅行や移動時など外に持って出れば屋外でも快適なネットに繋がります。タブレットやネットブック利用者には必須アイテムですね。

家族でネットを使う場合には光回線一択だと思いますが、一人暮らしや自分しかネットをしない場合には、このメリットは大きいかと。

さらに、スマホのモバイル通信を切ってポケットwifiに繋げばパケ代の節約にもなったりします。

値段もほとんどが光回線よりも安く、節約指向な方に良さそうです。

回線速度もWiMAXなら最大40Mbps、LTEなら最大75Mbps、新規格のWiMAX 2+なら最大110Mbpsと当然光には及ばないものの、かなり高速です。

デメリットとしては、やはり無線由来の不安定さ。場所によって速度が変わったり、場合によっては途切れることもありそうです。(まぁ固定回線も時々切断しますが。)

場所や時間帯によって1Mbpsを切ることもあるようで、速度の安定性ではやはり固定回線に及びません。

そしてもう一つのデメリットが通信量の制限。

光なら契約会社によって1日数十ギガバイトとかなり大容量ですが、今回紹介するポケットwifi のWiMAX 2+、LTEの一部のサービスでは通信量の合計が月間7GBを超過すると月末まで最大128kbpsに速度が制限されるそうです。

128kbpsはかなり低速ですねあせる

1サイトの容量がだいたい400KB~2MB程度で、YouTubeの動画を一時間見たら300MBくらい行ってしまいます。10日で3GB、20日で6GBとそれほどディープにネットを使わない人には関係ないかも知れませんが、ハードユーザーには少し厳しいかも知れません。アプリやゲームもそれなりに通信しますしね。

ちなみにWiMAXは特に制限がありませんので、LTEやWiMAX 2+とWiMAXを併用できるサービスを選ぶと良いかも。

このように光、モバイルwifiどちらも魅力的なメリットとデメリットがあるので、ご自分の使い方に合ったネット回線を選ぶと快適なネットライフが送れそうです。

まぁ余裕があれば両方契約したってイイんですけどね。

さてさて、では広告収入のためにオススメのネット回線をご紹介して終わります。

■まずは光インターネット回線(光ファイバー)!

フレッツ光キャンペーン実施中!
こちらも同じ「フレッツ光」ですが、かなりお得なキャッシュバックがあるようです。プロバイダーは選べるのかな?詳しくはリンク先でお問い合わせを。

世界最速2Gに乗り換えチャンスNURO光キャンペーン中
「世界最速」なんて言われると興味が湧きますね。超高速なSo-netの2Gの光ネット回線「NURO光」。料金も大して変わらないようなので、速度を求める人にはいいかも知れません。

最大1Gの高速インターネット回線 auひかり
ご存知「au」の提供する光回線。最大1Gbpsの高速通信とスマホとのセット割引などが特徴です。

■外に持ち出せる!モバイルwifi(ポケットwifi)のWiMAX、WiMAX 2+、モバイルLTE

速度制限ナシは、WiMAXだけ。WiMAX 2+も速度制限ナシ!
WiMAXの大手「UQ WiMAX」のサービス。1台のルーターで、WiMAX 2+/ WiMAX / au4G LTE の通信が選択可能。WiMAXでの通信は無制限ですが、使い方によって提携先のWiMAX 2+とau LTEには制限がかかる場合があるそうです。オマケレベルですが、今契約すると商品券3,000円とガチャピンムック(ブルーバージョン)のストラップが貰えるみたいです。

BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン
プロバイダ大手の「BIGLOBE」が提供するWiMAXサービス。月980円で使える激安SIMも販売中。

「WiMAX2+」で契約後24カ月目(約2年間)まで、月間データ通信量による通信速度制限が行われないそうです。それ以降は上記の7GB使用で128kbps制限が課されるよう。WiMAXに関しては、ずっと無制限です。

Y!mobileオンラインストア
ご存知「イーモバイル」が新たにソフトバンクに買われ「Y!mobile」としてリニューアル。スマホやタブレット、モバイルwifiの端末から、激安なネット回線サービスの契約まですべてこちらの公式サイトで完了出来ます。本体0円(無料)で、月額使用料2,980円~とかなりお得。

さらに、SIMフリーのスマホやタブレットなどの端末をお持ちなら、「SIMフリー端末対応SIM」という選択肢もあったりします。これは、様々な業者が行っているチャージまたは月額課金型で契約が簡単ないわゆる「プリペイド式携帯電話」のインターネット版のようなもの。

比較的低価格で簡単にインターネット回線を利用できます。ちなみに、下記のリンク先から「海外 プリペイド SIM」で検索すると海外旅行で使えるお得なプリペイドSIMも購入できます。ローミングでパケット代や通話料が心配な方は海外旅行前に購入すると良いかも知れません。

日本通信 b-mobile 4G SIMカード 6ヶ月定額(180日) マイクロSIMパッケージ

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE SMS対応 SIM パッケージ

【あす楽対象】IIJBIC SIMプリペイドパック SMS非対応 ナノSIM ビックカメラグループオリジナル

今現状で僕のように低速で高額なネット回線で損をしている方は、そろそろ新しい回線に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

記事自体は宣伝広告っぽくなりましたが、マジで乗り換え検討中です。

後日談:マジで乗り換えました。
OCN フレッツ光に乗り換えましたの巻。インターネット回線 ADSL 光(VDSL) 速度比較


↓ブログランキングにご協力お願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
AD