セミナー実績No.1!!トリガーポイントと古武術を極める理学療法士・波田野〜手技・書籍紹介やセミナー情報〜

Oriental Physio Academy代表・波田野征美。
トリガーポイントと東洋医学を組み合わせた施術。痛みだけでなくめまい、不眠、胃腸症状にも対応。
施術&講師依頼の方はhatano_masaharu0511@yahoo.co.jpに。さいたま、上尾、整体。


テーマ:

どうも!!

 

『日本独自の理学療法を追求する』

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

波田野です!!

 

 

 

「ストレス社会」

 

と言われるようになって数十年。

 

 

 

ストレスがかかると

 

人の自律神経のバランスは崩れてしまいます。

 

 

自律神経のバランスが崩れた時に顕著に現れる症状が・・・

 

「不眠症」

 

です。

 

 

 

『え?いや、眠れてるけど?』

 

 

そう思った方もいるでしょう。

 

 

でも、不眠症は

 

眠れない不眠症だけじゃありません。

 

 

眠りが浅くても

 

不眠症

 

なんです。

 

 

いわゆる「眠れない」というのは

 

【入眠困難】というタイプで

 

 

「眠りが浅い」というのは

 

【熟眠障害】という立派な不眠症のタイプの1つです。

 

他にも

 

「目が覚めてしまう」という【中途覚醒】

 

予定より早く目が覚めてしまい、その後は眠れないという【早朝覚醒】というものもあります。

 

 

 

だから、「眠れるから」と安心しないでください。

 

 

眠れることは眠れるけど

 

朝、起きるのがしんどい

 

 

という人は立派な【熟眠困難】という不眠症です。

 

熟眠できていれば、すっきり起きるのが正常です。

 

 

睡眠時間をしっかり確保しているのに

 

日中に睡魔に襲われる。

 

なんだか、ダルい。

疲れが取れない。

 

そういう方も【熟眠障害】です。

 

 

 

朝起きた時にしんどければ

 

1日のやる気が出ませんよね?

 

なんとか、仕事に行っても

 

眠ければ仕事の効率はガタ落ち。

 

 

 

仕事じゃなくても・・・

 

睡眠というのは

 

身体を回復させるためのものですから

 

それができないので

 

 

普通に

 

健康を害します。

 

 

 

なので、睡眠というのはとっても大事です。

 

 

 

私なんかは毎週末、全国を飛び回ってセミナーをしています。

 

平日も自宅の整体院だけでなく

 

都内を中心に

 

いろいろな場所に呼ばれて

 

施術やレッスン、打ち合わせなどしていて

 

 

休日なんて数ヶ月に1日あればいいほうです。

 

今年もまだ休日は4日ですorz

 

 

でも、身体を壊すということはありません。

 

関東はこの1週間ほど、急に冷え込み

 

風邪をひく人がたくさんいる

 

なんてニュースでもやってましたが

 

波田野は冷え込んだ夜も

 

布団もかけず、扇風機をかけて寝ても

 

へっちゃら。

 

 

身体をリラックスさせるためのアイテム「ファイテン」のスタッフさんからも

 

「波田野さんがそれだけ休まずに働き続けられる秘訣は何なんですか?」

 

と驚かれます。

 

 

 

その秘密が

 

やっぱり「睡眠」だなと思います。

 

 

波田野は寝るのが2時を過ぎてしまうことも多いのですが

 

翌日に5時起床をしないといけないという日でも

 

寝起きはバッチリです。

 

 

「はぁ、ダルい。」なんて、ボ〜ッとしてしまうことはありません。

 

さっさと準備をして

 

出かけることができます。

 

 

皆さんも、しっかり眠って

 

しっかりと仕事したくないですか?

 

もちろん、ご自身のためだけではありません。

 

 

患者さんの中にも

 

「不眠」で悩んでいる方はたくさんいます。

 

リハビリ職種だと

 

「不眠」のための施術をするということはないと思いますが

 

患者さんは不眠を抱えています。

 

それによって、日中の眠気で

 

うまくリハビリがいかないということもあるでしょう。

 

 

しかも、睡眠障害の治療には

 

基本的に薬が選択されます。

 

それによる副作用で

 

様々な問題を起こすことも多いでしょう。

 

不眠に対してアプローチできると

 

患者さんのADLはグッと高まります。

 

 

リハビリ職種だけでなく

 

整体院をしていれば、不眠を抱えたクライアントさんもたくさんいらっしゃいます。

 

そういった方を改善できると

 

他の整体院とは違うウリができますよね。

 

 

今や、不眠症は

 

5人に1人

 

と言われています。

 

「肩こり」や「腰痛」と同じくらい

 

国民病になりつつあります。

 

いや、すでになっています!!

 

 

不眠を改善できるセラピスト

 

というのは

 

これから、どんどん需要が高まってきます!!

 

というわけで

 

そんな睡眠へのアプローチについて

 

10月23日(日)に福岡県にて

 

お話しさせていただきます。

 

 

 

『新たな国民病を撃退!!OPA疾患別アプローチ「不眠症」 in 福岡』

 

【日時】

2016年10月23日(日) 10:00〜15:15 (受付は9:30〜)

 

【場所】

リファレンス駅東ビル 4F 会議室K

福岡市博多区博多駅東1丁目16-14

http://www.re-rental.com/ekihigashi/access/

 

【持ち物】

ヨガマットやバスタオルなどの敷物(実技は床で行います)

昼食(近隣に飲食店、コンビニ、弁当屋もございます)

 

【定員】

24名

 

【受講料】

12800

 

【申込】

下記URLよりお願いいたします。

*必要事項を入力・送信後、すぐに自動返信メールが届きます。届かない場合は別途ご連絡ください。

https://pro.form-mailer.jp/fms/59de1621108400

 

【概要】

・不眠の分類

・西洋医学から診る不眠症

・東洋医学から診る不眠症

・不眠症に対する徒手的介入

・不眠症に対する養生法(食事、活動、グッズの紹介など)

 

 

 

一応、テーマは「不眠症」ですが・・・

 

単なる「不眠症」を治すだけではありません。

 

大きな意味では「自律神経の乱れを改善させる」セミナーです。

 

 

不眠症を引き起こす

 

「自律神経の乱れ」

 

 

みなさんが普段取り扱う「肩こり」「腰痛」などの体の様々な痛みを引き起こすことがわかっています。

 

 

筋・骨格系的には改善傾向はあるのに

 

なぜか痛みが改善してこないという患者さんはたくさんいますよね?

 

もしかしたら、自律神経の乱れが原因かもしれません。

 

 

最近ではリハビリ職種でも

 

「内臓が・・・」なんて言うセラピストも増えていますが

 

その内臓をしっかりと働かせているのが・・・

 

「自律神経」です。

 

 

なので、不眠症だけでなく

 

様々な症状を改善させるために

 

このセミナーを受講してみてください。

 

私の整体院でも不眠を治すために来院する方がいますが

 

口コミを書いてくれた方もいました!!

 

 

 

 

絶対に損はありません。

 

OPAのセミナーは

「充実のボリューム」

「分かりやすい説明」

「丁寧な実技指導」

「臨床への応用のしやすさ」

「安さ」

が評判です。

 

 

もう1ヶ月後になってしまいましたが

 

今からでも予定を変更してでも

 

受講してください。

 

 

当日、お会いできることを楽しみにしております!!!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

波田野です!!

 

毎週木曜日は超人気モデル・前田典子さんがテレビなどで紹介している三軒茶屋「ファイティングフィットネス」で施術やレッスンを行っています。

http://www.fightinggym.com

本格的なトレーニングをご希望の方はこちらの方が動けるスペースを確保できますよ。

 

 

 

 

 

さて、テレビ東京の「FOOT BRAIN」さんに出演させてもらい

 

非常に好評で各種SNSなどでもフォロワーの方が増えたり

 

レッスンの問い合わせが増えたりしていてとてもありがたいです。

 

 

 

しかし、こうやってメディアに出ると

 

どうしても

 

「ノイジーマイノリティ」の人たちが現れますね。

 

 

いちゃもんつけてくる少数派ってことです。

 

 

 

こういうことってのは

 

賛否両論起こるのはしょうがないし

 

いちゃもんつけてくる人よりも

 

共感して支持してくれる人の方が多いので

 

別に気にしちゃいないんです。

 

 

 

でも、放置しておくのもなんとなく嫌なんで

 

少し反論。

 

 

 

 

いちゃもんの一つに

 

「高岡理論のパクりだろ。」

 

とか

 

「高岡先生はそんなことは言ってない。間違ったことを言うな。」

 

というものもありました。

 

 

 

・・・はぁ。

 

 

 

私・・・「オリジナルです!」なんて一言も言ってないと思うんですけど。

 

 

それにブログを昔から読んでる人なら私が

 

高岡英夫先生

 

伊藤昇先生

 

の影響を受けていることなんてわかってるんですよ。

 

 

私自身が何冊も本を紹介しているし

 

そのことも言ってますからね。

 

 

 

大体、「オリジナルじゃなきゃいけない」っていうその考えがよくわからないです。

 

 

例えば、私が高岡英夫先生のセミナーを受けて

 

それをそっくりそのまま「オリジナルのメソッドです!!」と言って、セミナーをやっちゃったり

 

資格を取ってから、規約とかを破って勝手にやってるとか

 

そういうのなら多少問題かなと思いますけど

 

 

 

売っている本を自分で独学で勉強して

 

「あぁ、そうだなぁ。」と思うところは取り入れるし

 

「違うな。」って思うところは自分の考えの中で修正するし

 

 

 

勉強して、理論を作り上げるってそういうことなんじゃないですかね?

 

 

 

 

そして、「オリジナル」ってこの世の中でどれだけ存在するんでしょうか?

 

 

みんな必ず何かしらの影響を受けているわけで

 

誰かの本を読む。

 

誰かのセミナーを受ける。

 

それで自分の中で組み合わせて理論を構築する。

 

 

A+B=C

 

C+・・・

 

そういうもんでしょ?

 

 

 

じゃあ、世の中の一般的な健康番組などで出てくるトレーナーが

 

一様に

 

「ドローインして」

「体幹を鍛えることで」

 

って説明しているのは

 

パクりじゃないわけ?

 

 

 

24時間営業の居酒屋「磯丸水産」が一気にシェアを広げる中で

 

大手モンテローザが「目利きの銀次」を展開してますよね。

 

牛丼チェーンだって、最初は「吉野家」でしょ。

 

回転寿司だってそう。

 

 

なんでもそう。

 

 

オリジナルなんて存在しないわけです。

 

 

でも、その中で各社

 

各個人が他との差を作り出して

 

成長していく。

 

 

 

 

そして、オリジナルの人が一番優れてるのか?って疑問も出てきますね。

 

 

今回の批判を例にするなら

 

「高岡英夫先生は全て正しいのか?」

 

ってことです。

 

 

もちろん、私は高岡英夫先生の影響を多大に受けているし

 

高岡英夫理論は素晴らしいと思っているし

 

高岡英夫先生が天才にして怪物だと思っています。

 

 

 

でも、全てが正しいとは到底思えません。

 

 

高岡英夫先生だけがメディアに出て話さなくてはいけないとは思えません。

 

 

なぜなら高岡英夫先生が

 

表舞台に立っていないからです。

 

 

 

体幹トレーニングの火付け役になった

 

木場さん

 

奇抜な格好で元ヤンキーで超どSの

 

兼子さん

 

などなどのように

 

一つのブームを作ったでしょうか?

 

 

高岡英夫先生の書籍が大ヒットしたでしょうか?

 

ベストセラーになったでしょうか?

 

答えはNOです。

 

 

おそらく全く話題になっていないはずです。

 

 

それには必ず理由があるんです。

 

 

 

私は高岡英夫理論は素晴らしいと思っています。

 

高岡英夫理論に出会ったことで人体に対する世界が変わりました。

 

 

だから、伝わってほしい。

 

前述の木場さんや兼子さん

 

あとは4スタンスの廣戸さんの理論なんかが広まっても

 

意味がない。

 

 

高岡英夫理論が伝わってほしい。

 

 

だから、ブログなどでもどんどん紹介してきたわけです。

 

 

そんな中で少しずつ高岡英夫理論に興味が出て勉強する人が出てきました。

 

徒手療法のセミナーなどには「ゆる体操」の指導員の方が受講生として来たりして、高岡英夫理論についてお話しすることもありました。

 

そうすると、独学で勉強している人はもちろん

 

「ゆる体操」の指導員の人でも

 

全然できてないってことがものすごく多かった。

 

 

 

そうなると、高岡英夫理論というのは

 

「身体意識」という言葉で説明しますから

 

できない人によっては

 

「オカルト」

「宗教」

 

だなんて印象を持たれてしまうわけですね。

 

 

それってマズいじゃないですか。

 

 

だから、私は「できない人は何でできないんだろうなぁ。もっとわかりやすくできないかなぁ。」と考えていたし

 

私も高岡英夫先生の影響は受けていても

 

高岡英夫信者ではありませんから

 

 

高岡先生の勉強ばかりしているわけにはいかないのです。

 

セラピストとして

 

最新の知見の勉強もするし

 

いろいろなメソッドの勉強もする。

 

 

そうすると、どんなメソッドでも

 

使用言語の違いがあるだけで

 

言ってること、やってること、目指していることが同じ点が見つかったりする。

 

 

だとしたら、「あれ?高岡先生のアレってコレのことなんじゃねえの?こういう教え方の方が絶対わかるじゃん!!」って気がつくわけです。

 

 

 

もちろん、これは他のメソッドにも言えることで

 

伊藤昇先生の「胴体力」も

 

できる人・できない人の差が出てくる。

 

そういった時に高岡先生の理論が役に立ったり。

 

 

 

 

 

メソッドってそういうものでだと思うんですよ。

 

 

私は自分が独創的な人間だとは全く思ってません。

 

 

ただし、「組み合わせて」「アレンジして」「わかりやすく教える」ことは得意だと思っています。

 

 

 

だから、

 

受講生には私がやってるエクササイズ自体が「オリジナル」ではないと知っていても

 

私から教えて欲しいと思ってセミナーを受講してくるわけです。

 

 

 

「誰から教えて欲しいのか?」

 

それってすごく大事なことですよ。

 

 

 

予備校の講師がその最たる仕事ですよね。

 

 

 

別に教える内容自体は変わらないじゃないですか。

 

 

だけど、人気講師とそうでない講師が出てくる。

 

 

それは単純に「わかりやすい」ってだけでなくて

 

生徒に授業を聞かせるいろいろな仕掛けがあるわけですよね。

 

見た目や話し方とか。

 

 

 

そういう諸々で

 

「波田野さんから聞きたい!!」って人がいるから

 

セミナーであったり、今回のテレビ出演があったわけだし

 

 

高岡先生

 

 

わざわざイチャもんつけてくるあなたにそういう仕事が回ってこないってのは

 

そういうことなんですよ。

 

 

 

 

私は私が独自に勉強する中で

 

影響を受けたものを

 

もっとできるようになりたい。

 

他の人もできるようにしたい。

 

そのために試行錯誤した結果です。

 

A+B+・・・を繰り返しているわけです。

 

 

信者になって

 

A

 

しか見えない・出せない人が何を言ってるんだ?って感じです。

 

 

 

 

私にやってることの根幹は「オリジナル」のものではありません。

 

でも、私が一番うまく教えられるし

 

そのうまく教えられるための材料も「オリジナル」ではありません。

 

 

でも、それを組み合わせて出した教え方の答えは「オリジナル」だと言えます。

 

 

 

 

そんな感じかな。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

波田野です!!

 

 

さて、先日のテレビ東京系「FOOT BRAIN」は観ていただけたでしょうか?

 

当の私はセミナーのお仕事のために福岡に入っており

 

しかも、その福岡は放送地域ではないというまさかの事態でリアルタイムでは観ておらず

 

昨日、妻と二人でようやく観ることができました。

 

 

まだご覧になっていない方は

 

YouTubeですでに色々な方がアップしています。

 

 

 

個人的にはあまり納得のいく話はできていないので、観るのが怖かったのですが

 

さすがプロですね。

 

よくまとめられてるなぁと思いました。

 

 

とは言っても、収録時間も1時間程度で

 

台本も数年前に私がサッカーメディアに寄稿した記事をネタにしているので

 

今、本当に伝えたいことを全部話すことができなかった

 

 

放送時間は(CMを除いたら)20分弱なので、そこからさらに大幅カットになりますので

 

録画を観ながら

 

「なんだぁ、あれがカットされてるのかぁ。」と思ったのが正直なところですが

 

こればかりは致し方ないですね。

 

ざっくりと当アカデミーの運動の概念を知りたい方はこちらを

↓↓↓

http://oriental-physio-academy.jimdo.com/運動理論について/

 

 

「柔構造」と「剛構造」のお話はテレビでも流れていたので良いと思います。

 

 

収録ではホームページで言うところのチーターの話を

 

「猫」

 

を例にしてお話しました。

 

 

地上最速を誇るチーターのこの走り。

体幹トレーニングでは体幹を鍛えて背中がまっすぐ固定したまま四肢を動かすということを強制されますが、チーターのこの走りで体幹はまっすぐのままでしょうか?

 

 

猫の跳躍力を見てみましょう。

猫は垂直跳びで2m近くジャンプできると言われています。

これだけのジャンプ力を誇り、さらに思いっきりネズミの人形を叩いておきながら

 

空中で姿勢を変えて、何事もなかったかのように着地する。

 

 

この猫の体幹・・・

 

硬いですか?

 

 

バキバキですか?

 

 

むしろ、タップタプですよね?

 

 

自転車ロードレーサーの最強クラスでも

 

 

やっぱりお腹はタップタプ。

 

 

だから、腹筋がバッキバキかどうかは

 

それほど重要じゃないってことです。

 

 

そもそも、腹筋が割れてるかどうかは

 

強いかどうかではなくて

 

体脂肪の問題ですから。

 

 

テレビ放送を観た直後や

 

数年前の「腹斜筋」の記事を書いた時も

 

一部の「ノイジーマイノリティ」が

 

『腹出てるやつが言ってんじゃねえよ。』みたいなコメントがあったんですけど

 

 

私もどういうわけか腹にだけ体脂肪がついてしまう体質で

 

腕や足の体脂肪率は1桁、多くなっても10%そこそこなんで

 

それこそ筋肉量だけで80kgオーバーですので

 

腹筋自体もかなり強いです。

 

テレビの収録も時も

 

本当はもっとハードなエクササイズ

 

それこそ、体幹筋の「強さ」と「柔軟性」の両方がないとできないようなエクササイズで

 

北澤さんや三浦さんをヒーヒー言わせる予定だったんですけど

 

ジャケットという服装の関係で

 

床に直に寝たり、座ったりというのがNGと直前に言われてしまったので

 

披露できませんでした。

 

 

まぁ、それはさておき

 

番組のテーマが「ぽっちゃりでもいいんだよ。」というテーマなので

 

「腹が出てるやつが・・・」という批判は

 

的外れもいいところで、頭が悪いですね。

 

単なる「やっかみ」ですね。

 

 

それもさておいて、

 

 

本当に体幹トレーニングで鍛えるべきとされている「コアユニット」はスポーツのパフォーマンスにとっては

 

重要ではありません。

 

腹圧は必要ですが、お腹を凹ます「ドローイン」では腹圧上がりませんしね。

 

ボディブローを食らった時に

 

お腹凹ますボクサーなんていませんよね?

 

皆さんも急に腹を殴られるとしたら

 

反射的にお腹を膨らませると思います。

 

腹圧は「お腹を膨らませること」で高まるんですよ。

 

上記の自転車選手がお腹を出しているのはそのためでしょうね。

 

 

この番組でも幸也は「力を出すときはお腹を膨らませる」って言ってますね。

 

 

 

 

そういうわけで

 

「体幹トレーニング」は

 

やめたほうがいいです。

 

 

 

ということを書くと

 

 

今回もよく質問メッセージが来たのですが

 

「じゃあ、筋トレとかはする必要ないんですか?」

 

「筋力は必要ないんですか?」

 

と聞かれます。

 

 

 

答えとしては

 

「筋力」

 

は必要です。

 

 

 

ある一定の量までは筋肉は多いほうが有利です。

 

一定量を超えると、筋力発揮と重量を考慮した時の運動効率が下がるのですが

 

そこまでは筋力は増やしたほうがいいです。

 

 

ただし、いくら身体を大きくしても

 

その筋力を活かせなくなってしまっては本末転倒。

 

 

100の力を50しか使えない選手と

 

60しかない筋力を60きっちり使いきれる選手のどちらが上かと言ったら

 

後者なわけですよね。

 

 

中には前者のような選手でも

 

瞬間瞬間で70や80という力を発揮してしまう選手もいるのですが

 

それは完全にレッドゾーンを超えた動きになり

 

怪我ということに繋がるんですね。

 

 

一見すると筋肉が多いから同じパワーを出すときに余裕がありそうですが

 

簡単に車などで例えるなら

 

エンジンの出力だけが増えて、それをタイヤに伝える伝達システムが破綻している

 

という状態です。

 

 

 

そういうお話なんです。

 

 

 

で、この時の「きっちり使って出すパワー」を

 

「レフパワー」

 

と言い

 

「レフパワー」を高めるトレーニングを

 

「レフパワートレーニング」と言います。

 

 

 

だから、筋トレはしても構いません。

 

 

むしろ、どんどんしてください。

 

 

ただし、「レフ」に行ってください。

 

 

じゃあ、どうすることが「レフ」なの?

 

という話ですが

 

 

西洋医学的に言うなら

 

「運動連鎖」をキープしながら行うってことですかね。

 

 

人の運動は一つの関節だけが動くわけではなく

 

全身が連動します。

 

 

極端な話をするなら

 

足の指の動きが

 

手の指の動きにまで影響を与えるということです。

 

 

だから、「レフパワー」を高めるには

 

全身の連動を崩さずにできる限界ギリギリの負荷量を見極めるということが大事になります。

 

 

その限界ギリギリの負荷量も

 

最初は問題ないけど、あるエリアになってくるとその連鎖が切れちゃうとか

 

そういうことが起きてきます。

 

そういう時はそのエリアでの筋力だったり、可動域だったりという話になります。

 

当アカデミーの場合は

 

それを

 

「軸」が崩れるかどうか

 

という言語に集約するわけですが

 

まぁ、その辺のどういう言語を使うかはなんでもいいです(笑)

 

 

 

それよりも

 

このレフパワートレーニング・・・

 

実はかなり難しいのです。

 

 

はっきり言って、これをしっかりやるには

 

運動連鎖の知識もそうだし

 

運動の連鎖をしっかりと感じ取れる繊細な感覚を持っているかどうかを問われます。

 

 

知識自体は誰でもできます。

 

でも、感覚自体はどれだけの人がしっかりと感じ取りながらできるのかは疑問です。

 

 

はっきり言って・・・

 

イチローですらもできなかったわけですから。

 

 

 

だから、まずは

 

筋トレ系のメニューはした上で

 

 

テレビでやったような「細分化」の為のメニューを別で行っていくというのが

 

ベターだと思います。

 

 

 

 

他にも説明することはありますが

 

結構なボリュームになってしまったので

 

今回はここまで。

 

 

これからもまだまだ補足などしていきますので

 

 

これからもぜひ定期的にチェックしていてくださいね。

 

 

トレーニング理論のセミナーも去年、都内でしましたが都内2回目の開催のために会場を探しています。

 

年内は徒手療法のセミナーで埋まっているので

 

もしかしたら来年になるかもしれませんが

 

11月開催を目標に調整中です。

 

セミナー予定もチェックしていてくださいね。

 

 

 

では!!!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

波田野です!!!

 

 

 

さて、日本の国民食といえば・・・

 

ラーメン

 

 

カレー

 

ですね!!

 

 

 

 

私自身もラーメンの食べ歩きをしていた時期もありましたし

 

カレーも好きすぎて

 

高校の3年間、学食ではひたすらカレーを食べ続け

 

専門学生時代も

 

学校近くの100円ショップでレトルトカレーを買い込んでロッカーにストックし

 

家からライスだけ持って行き

 

3年間、ほぼ毎日カレー。

 

社会人になって独り暮らしをしてからも

 

朝食はずっとレトルトカレーでしたし

 

気がついたら朝・昼・晩の全部がカレーだったなんてこともよくあるくらいです。

 

 

 

そんなカレー狂の波田野にビッグニュースがありました!!

 

 

それが・・・

 

 

日清さんの「カレーメシ」に新商品登場!!

 

 

 

「カレーメシ」自体は数年前に発売され

 

お米とルーがセットになって、レンジでチンするだけという手軽さで話題にはなりましたが

 

お湯を注ぐだけのカップラーメンの手軽さには勝てませんでした。

 

 

昼食をコンビニで買う人は多いですが

 

お弁当以外のものをレンジでチンしてもらうわけにはいきませんよね。

 

これまでの「カレーメシ」は手軽だけど、「家専用」になりがち。

 

 

 

それが今回の新作で完全に克服!!

 

 

そう・・・

 

カップラーメンと同様に

 

 

お湯を注ぐだけ!!!

 

 

 

コンビニで買ってすぐに作って食べることができるようになったのです!!

 

 

 

おっしゃ〜〜〜!!!!

 

 

 

というわけで、早速購入して食べました。

 

 

IMG_4481.jpgIMG_9344.jpg

 

 

お湯を注ぐ前はこんな感じ。

 

そこからお湯を入れて

 

5分。

 

そのあと、しっかりかき混ぜると・・・

 

こうなります。

 

IMG_4483.jpg

 

 

味も安定の日清さん。

 

抜群です。

 

ラインナップはこれとシーフードの2種類だけですが

 

レンジ版のように

 

これから新しい種類も増えてくれば

 

カップヌードル

 

に並ぶ大ヒット作品になるんじゃないかと思えます。

 

 

 

それくらい、お湯を注ぐだけで作れるというのは

 

感動です。

 

 

 

 

ルーがかなり多めなので

 

大盛りを食べたい人はさらにお米をインしてもいいでしょうね。

 

 

 

カップラーメンだとスープを飲みきれない時に捨てられないなんてこともありますから

 

カレーならそんな悩みもなくなる。

 

 

 

これ、本当にオススメです。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも、筋筋膜性疼痛アプローチ研究会「Oriental Physio Academy」代表理学療法士
http://oriental-physio-academy.jimdo.com



埼玉県上尾市 筋膜リリース&トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長
http://ageokoritoru.com



波田野征美です!!!





いやぁ、今週は実はすごい緊張していました。


えっ?

何でかって?


実は・・・


とうとう・・・







BLEACHが

最終回を迎えたからです!!




連載開始から15年。

686話。


私が週刊少年ジャンプを読み始めたのが

小学2年生、8歳の時からですから

25年間読んでいるわけで

その中での15年間ですから

もうすごいことです。




尸魂界篇では

個性豊かでかっこいい

護廷十三隊の隊長・副隊長たちが登場し

「卍解」

による激戦。


「愛染殺しの犯人は誰なのか?」
「ルキア処刑の目的はなんなのか?」

などなどのミステリー要素も多々あり

これまでの王道バトル漫画とは一線を画していました。
(ジョジョやハンターハンターのような頭脳戦には劣りますが)



そして、すべての黒幕は

殺されたはずの愛染。

その愛染に数人の隊長が部下としてついていて

さらに、虚までも配下に加えているという衝撃。


その後の一番人気だった「破面篇」では

護庭隊の隊長よりも上の実力を誇る

「破面」という死神の力を持つ虚。

さらに虚の力を持つ死神「仮面の軍勢」が現れ、

「お前はこっち側の人間や」と

主人公の一護を仲間に引き込もうとする。


仮面の軍勢の目的は何なのか?

仮面の軍勢と愛染、尸魂界との因縁とは?

破面の頂点に君臨する10体、「十刃」の実力はどれほどのものなのか?
 

話が進む中で

一護が「仮面の軍勢」としての力が覚醒。

破面たちの抱える悲しみと、それに起因する圧倒的な強さ。
悪役だけど、感情移入してしまいましたね。
 
特に「第6十刃」のグリム・ジョーが仲間のために「最強」を欲する姿。
ルックス的にも人気を博して最終章にも登場。
 
「第1十刃」のスタークの強すぎるが故の孤独と同じ強さの仲間を求める姿。

心を理解しようとした「第4十破」のウルキオラの最後は切なかったですね。
ウルキオラだけが到達した「帰刃・第2形態」にも戦慄しました。

「第5十刃」のノイトラの「戦って死ぬため」に最強を求める姿。


「第8十刃」のザエルアポロの狂気。
個人的にザエルアポロと護庭十三隊・12番隊隊長の涅マユリとの対決は破面篇で屈指の名勝負だと思っています。



裏切って愛染についていった護廷の隊長たちにもそれぞれの悲しみがあり


とにかく、人間味のあるキャラクターが多かったのがBLEACHの魅力ですね。
 
単なる勧善懲悪のバトル漫画ではありませんでしたわ。




破面篇の次の

死神代行消失篇では

愛染を倒し、死神の力を失った一護の力を取り戻すための単なる繋ぎの話でしかなかったので


この辺からBLEACHの人気に陰りが出始めましたね。


そして、最終章の

千年血戦篇。


この最終章でも落ちた人気は復活することなく

賛否両論でしたが

私は好きでした。



ただ、人気が復活しなかったのもわからんでもないですけどね。


最後の相手は「滅却師」という人間たち。


にも関わらず、15年の連載で最も人間味のない

ただただ残虐なだけのキャラばかりで

破面たちのような感情移入は全くできなかったというのが

理由でしょうね。


そんな滅却師たちに

人気のあった護廷十三隊のキャラクターたちが

あまりにもあっけなく、無残に殺されてくのは

なかなかにショックだったんじゃないかなと。




あとは生かしきれなかった設定や謎がたくさんありましたね。


ラスボスのユーハバッハが作ろうとした世界は最終話で「恐怖のない世界」だったようですが

尸魂界、人間界、虚圏を壊すことでなぜそれが実現できるのか?

世界のバランスを取っている「霊王」とは何なのか?
途中で「滅却師」ということがわかったけど、なぜ滅却師が霊王なのか?

ユーハバッハが霊王のことを「我が父」と口にしているが、実際にはどういう関係なのか?

滅却師の頂点にいる「親衛隊」の2人は霊王の体の一部という噂があること。


石田雨竜は混血の滅却師なのに

なぜ、ユーハバッハの「聖別」を逃れることができたのか?

それに対してユーハバッハも「お前には何かがある。だから後継者に選んだ。」と述べているし

「J」の聖文字を持つキルゲもイチゴとの戦いで

「私の矢が石田雨竜よりも強い。それはない。」
「おっと、敵に他言は無用」

と匂わせているにも関わらず、その辺が解決されることは一切ない。
 
最後の戦いで石田雨竜はユーハバッハの右腕であるハッシュヴァルトとの戦いで

能力を発揮。

その能力を見たハッシュヴァルトも

「なるほど。お前の能力ならば陛下にも通用しただろう。」と言う。

でも、それが発揮されることも一切ない。



ハッシュヴァルトも何か狙いがあったような雰囲気がありながらも

結局、最後にユーハバッハに裏切られてあっさり死んじゃうし。



一護の斬魄刀も二刀流になったけど、全然活躍の場はなく

ユーハバッハにあっさり折られるし。




最終章の最後の2ヶ月くらいは駆け足すぎて

読み応えがなかったなというのが

大ファンの私でも思うところでした。



で、最終話ですが

やっぱり、いろいろな謎は解決することなく

その後のお話。




まぁ、一護と織姫が結婚。

恋次とルキアが結婚。

というのは、まぁ特に驚きもなく

定番。


お互いの夫婦には子供がいて

恋次とルキアの子供・苺花は

護庭隊の見習いになったということで人間界にやってきて

一護と織姫の息子・一勇と出会う。

「死神見習いだ」と自己紹介する苺花



一勇は

「僕も死神だよ。」と告げる。

それに苺花は

「はぁ!!」

と驚き、話は終わり。

内容自体はありがちですが

久保先生のスタイリッシュなコマ割りが効いてますね。


これまでもちょこちょこあった

話の最後にタイトルを入れる技法。


最後もスタイリッシュで終わったのが良かったかなとは思いました。



とりあえず、連載は終わりですが

こういう終わり方だと

いざって時はNARUTOのように

月一での息子篇が始まる可能性もありますよね。


今のジャンプは

NARUTOも終わり

ONE PIECEも超絶面白かった「頂上決戦編」以降はまたダラダラ展開になり


トリコも最終決戦真っ只中。
(人気も低迷)

銀魂も最終決戦に突入で終わりが見えてきた。


人気漫画が一気になくなります。


新連載の「約束のネバーランド」も

今年のTBSドラマ「私を離さないで」を臓器提供ではなく「魔物の餌」という設定に変えただけで、そっくりそのままパクってしまっているというダメダメっぷり。


「僕のヒーローアカデミア」、「ハイキュー」「食戟のソーマ」「火の丸相撲」も人気はあるけど、パワー不足は否めない。

「斎木楠雄」もアニメ化したけど、すでに漫画の方はグダグダ。

「ワールドトリガー」もランキング戦(いわゆる修行編)がこまめに挟まれてしまい、しかもそれが長すぎて、冗長。



ジャンプの売り上げが減ったら、BLEACHの息子篇が始まっても全然おかしくない状況なんじゃないかなぁと




まぁ、そんな勘ぐりはどうでもいいですね。




とりあえず、なんだか波田野の青春の一つが終わってしまって

少し寂しくなったなというお話。



本当に最終章は賛否両論でしたけど

あんなにスタイリッシュでかっこよくて、

毎週ドキドキした漫画は記憶にありません。




久保帯人先生の次回作に期待したいです。


では〜〜!!!



BLEACH 1 (ジャンプ・コミックス)/集英社

¥421
Amazon.co.jpZombiepowder. 1 (ジャンプコミックス)/集英社

¥421
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも!!

筋筋膜性疼痛症候群アプローチ研究会「Oriental Physio Academy」代表理学療法士
http://ageokoritoru.com



埼玉県上尾市 筋膜リリース&トリガーポイント専門整体院「Mr.コリとる」院長の
http://oriental-physio-academy.jimdo.com

波田野征美です!!


さて、甲子園が盛り上がる夏!!


埼玉県代表の花咲徳栄も

全国トップクラス、某プロ球団のドラフト1位候補として名前が挙がっている高橋を擁し

優勝候補の一角として勝ち進んでいるところです。




そんな花咲徳栄ですが

2日間連続になるようです。




こういうのを見ると

前々から色々なところで言われているように



ピッチャーの怪我というのが気になりますね。



高校野球だとどれだけ良いピッチャーでも

守備力の低さだったり

金属バットだから当てるだけで強烈な打球が飛んでヒットになり、乱打戦。

などで球数は多くなり

一人のピッチャーが

150球を超えるなんてよくあることです。



屈強な体を持ち、週に1度、100球前後しか投げないプロの先発投手ですらも

怪我をする時はする。


なのに、体もできてない高校球児が

たった数週間のうちにあれだけまとめて投げるだなんて

クレイジーです。


高校野球のピッチャーは

痛みがなかったとしても

肘の靭帯はボロボロになっているなんて言われますよね。



で、せっかくプロになれても

その時のダメージのせいで

プロになってから怪我が続き、若くして戦力外になってしまうなんて選手も多いです。




なので、高校野球も


球数制限


が必要だなと思いますね。



とりあえず100球でしょうかね。

その上で100球投げたら「次の試合は登板できない」とか「60球まで」とかさらに制限をかけて。





で、こう行った制限を設けることで

障害予防

以外のメリットもあるんですよ。



球数制限を設けることで

「中継ぎ」「抑え」というシステムもできます。

強豪校になると有力な選手が全国から集まってますからエースの影に隠れて陽の目を見ない選手にも出場機会ができます。
メジャーリーグで活躍している上原浩治も高校時代は控えピッチャーですしね
(彼の場合は浪人時代の自主トレーニングで才能が開花したんですが)

実際に甲子園を見ているとエースより控えピッチャーの方が「プロ向き」で「伸び代がある」場合もあるんですよね。



さらに、球数を抑えるために

ピッチャーはコントロールを磨いたり、打たせて取るようにしたりと「投球術」を身につけるし

キャッチャーもリードを工夫しなくてはいけませんよね。

高校野球を見ていると、リードというものが存在するチームはごく一部。
ほとんどが「外角低め」にしか投げない。

それが改善される。




こういった点から


高校野球が

「野球」

として面白くなると思います。



昔から高校野球は「野球」ではなく

単なる「感動物語」としてしか盛り上がってないんですよね。

もちろん、選手たちは「野球」としてやっているんですが


観ている側がね。


まぁ、それは置いといて



日本の場合は

プロになるには

高校野球しか道がないのですから


日本の野球のレベルを上げるためには

高校野球のクオリティを上げていくしかないですよね。




そのためにこういった制度の改正をしていかないとですね。



こういうことをやると、チームの総力の差がさらに出てくるので

これまで以上に金で選手を集められる私立高校が勢力を握ると思いますが


それは仕方ないですよね。


高校野球となるとよくいるのが

アンチ私立高校。



「私立高校は金で選手集めてるから、地元選手がいないんだよ。」


いや、だから何?


あんたたちの地元意識なんて

どうでもいいから。



勝つために選手を集めるのは当たり前でしょ。

それは私立も公立も同じ。


ただ、公立の場合はできないだけで。


そして、選手としても

その先のプロ野球やメジャーリーグを見据えているのなら

少しでも強い高校に行って

チャンスを掴もうとするのは

当たり前です。



他のスポーツ選手が海外に渡るのと一緒です。



どうにも日本では高校野球だけは特別なものであって欲しいと思ってしまっているようです。





どうでしょう。


特別変わった考えではないですが

どう考えても

高校野球のあり方を変えなくてはいけない時代になったと思いますね。



では〜。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも!!

筋筋膜性疼痛症候群アプローチ研究会「Oriental Physio Academy」代表理学療法士
&

埼玉県上尾市 筋膜リリース&トリガーポイント専門整体院「Mr.コリとる」院長の
波田野征美です!!



今日は臨床の徒然です。
 
リハビリ職種が最も取り扱う疾患って
 
脳血管障害の片麻痺だと思うんですよ。
 

そんな片麻痺のリハビリにも色々な概念があるわけですが
 
最近思うのは
 
結局、本人がガシガシ動かんといかんのだよなぁということ。
 
当たり前ですけどね。
 
昔から宗教のように信仰されていた「ボバース療法」にも  
 
『他の手技と比べて優位性はない』って文献が出ちゃったんですよね。
 
まぁ、技術習得が難しいからかもしれないですけど。
(習得が難しく、再現性が低い手技はそもそも価値が低いんですけどね。)
 


東洋医学的にも脳卒中後の運動麻痺は
 
ひたすら、動いて気血を筋に巡らせることとありますし
 
母校のゴッドハンドと言われた教員も
 
「脳卒中の回復期は私がやっても、学生のみなさんがやっても同じ。」とぶっちゃけてましましね。


で、私の経験でも

麻痺がどんどん回復していく人って

自己流だろうがなんだろうが、何年もひたすらトレーニングしまくった人なんですよね。
 
言われなければわからないくらい動くようになった人も「8年間、毎日自分でトレーニングしたわ!!」って。
 


そんな中で一時期、変な意味で話題になった

「妥協なき機能回復」君のことが思い浮かぶわけです。
 
私も基本的に興味ないので

話題になった時に数回ブログを読んだくらいですけど
 
納得いくまで何時間でもやり続けるっぽいんですよね。
 
自主トレも「3時間立ち続けてください。」とか
 
中々、現実的ではないこと。

でも、脳卒中後のリハビリとしては

間違っちゃいないんだろうなと思います。
 
実際、妥協なき君を支持する患者さんも多少はいて
 
そういう人は妥協なき君の言うことを守って「何時間」という自主トレをしてますしね。

もっとスマートなやり方はあるだろうなとは思いますし
 
それって、妥協なき君の技術力じゃなくて根性でしかないんだけ
 
それを患者さんに徹底させる熱意は本物なんだと思いますよ。
 
妥協なき君に会った人も

「悪い人じゃないですよ。真面目です。ただ自己表現がアレすぎるだけで。」と言ってますしね。
 



そんな感じで
 
妥協なき君のことは本当にどうでもいいんですけど(笑)




脳卒中後のリハビリはそれくらい難しいですね。
 
セラピストとしては各種療法で「環境作り」をして
 
どうやって患者さんに自主トレを徹底させるかなんだと。

そんな徒然です。
 

「環境作り」の手技はもっともっと磨くし、トリガーポイントにはその可能性があると思ってます。

では!!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも!!

筋・筋膜性疼痛症候群アプローチ研究会「Oriental Physio Academy」代表理学療法士
http://oriental-physio-academy.jimdo.com



埼玉県上尾市 筋膜リリース&トリガーポイント専門整体院「Mr.コリとる」院長の
http://ageokoritoru.com

波田野征美です!!!



さて、タイトルにもあるように

とうとう、私・・・

テレビデビューいたしました!!!

しゃ〜〜〜〜!!!
んなろ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!





何の番組かって?

これもタイトルにあるように・・・

テレビ東京「FOOT BRAIN」

です!!

http://www.tv-tokyo.co.jp/footbrain/

テレビ東京さんらしく他の局よりも突っ込んだ内容。

ゲストの専門的な話を

俳優の勝村政信さんの軽妙なトーク。

「アナリスト」として出演する元・Jリーガーたちの経験。

で盛り上げる

サッカーファンからは高い人気を誇る番組です。




そんな人気番組に

なんと・・・

メインゲストとして

出演しました!!!



IMG_4278.jpg



波田野といえば

「野球」



「自転車」

が専門なのですが



数年前に大手サッカーメディアに寄稿していた記事が

目に止まり、白羽の矢が立ったようです。




これまでのゲストは

大学の教授クラスで色々な研究をしていたり

プロ選手と契約していたり

書籍を出版していたりする

それなりのわかりやすい実績を持っている方々ばっかりの中で


私のように

研究機関での実績もなし。

プロ選手との個人契約の経験もなし
(スキーハーフパイプの五輪候補はあるけども)
 
プロチームへの帯同実績もなし

書籍の実績もなし。



あるのは

セミナー活動



アマチュアレベルの指導だけ

年齢的にも33歳。
 
勝村さんにも

「若いな!!33歳ってことは10年そこそこでしょ?エキスパートって普通は・・・」

と突っ込まれました(笑)


私だってビックリしてるんですよ。


でも、それくらい今回の出演は

前代未聞です。





そんなことが実現してしまう

波田野。

やはり・・・

カリスマ


なんでしょうね(笑)




まぁ、そんなわけで

詳しい内容は今はまだ話せませんが



これまでの

「体幹トレーニングの嘘」



「正しい体幹の使い方」

が伝わればいいと思います。





それにしても、テレビは大変でしたねぇ。

普段、セミナーで人前で話し慣れているとはいえ

さすがにテレビとなると

ワケが違いますわ。



あとは出演陣のバランスとかね。

勝村さんは軽妙なトークでギャグを挟みながら盛り上げたい。

元・Jリーガー組は真面目な話をしたい。


どっちに寄ったらいいのかでめっちゃ悩みました。

勝村さんに寄ってギャグを挟むと

Jリーガー組のリアクションがマジすぎてギクッ!!


Jリーガー組に寄ると

波田野の軽妙トークも影を潜める。




もう、この辺は「慣れ」ですね。



完全フリートークならいくらでも話せるけど

ポイントポイントでは台本通りに進めないといけない部分もあり


出演者の服装がジャケットのため

実践するエキササイズにも

めちゃくちゃ制限があって


波田野の伝えたいことの

10%くらいしか話せなかったし、できなかったんですけど



それでも

北澤さんや三浦さんからは

「これからやらなきゃいけないことが明確になった」

と言ってくださいました。





収録後にも

北澤さんから

「名刺はあるかい?是非協力してほしい」

と言われ、名刺を交換させていただきました。


本当に一緒に仕事ができたら

嬉しいですね。




本当に緊張して

終わった後は

心臓が痛くなったり

汗が滝のように出たりと

大変でしたが


楽しかったので

また出演したいですね。


その時にはもっと軽快に話したいところです。






そんなわけで、

皆藤愛子ちゃんの大ファンの私は

ツーショット写真もゲット!!


IMG_4276.jpg


感無量です。




それにしても


北澤さんと三浦さんみたいに

サッカー選手として

日本のトップクラスに上り詰め

さらに引退後もこうして違う形で

サッカーの最前線で戦っている人は

やっぱり、サッカーへの情熱が違いましたね。



とにかく

真面目だし、貪欲です。

私みたいなどこの誰かもわからんような若造の理論でも

しっかりと聞いてくださるし

エクササイズもしっかりやってくれるし

色々と考えてくれる。


そして、身体感覚もですね。

鋭いというのもありますが

それ以上に現役時代に何をしたかったかも

明確だし

正解でした。



ただ、その方法論がなかったんだなぁ

という印象です。


今はメディアの影響もあって

トップクラスの選手でも

「固める」

というのが浸透してしまっていますが

北澤さんや三浦さんたちは

鍛えながらも

「柔らかくしよう」

っていうイメージでやっていたようです。


そういうところでも

今回の私の話は

正しい提案をできたと思いますし

それを広めなくてはいけないと

実感しました。



そんな感じです。


では!!!
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
どうも!!

筋筋膜性疼痛症候群アプローチ研究会「Oriental Physio Academy」代表理学療法士
http://oriental-physio-academy.jimdo.com



埼玉県上尾市 筋膜リリース&トリガーポイント専門整体院「Mr.コリとる」院長の
http://ageokoritoru.com

波田野征美です!!



本日はセミナーのご案内です!!


じゃん!!!


『OPAベースボールセミナーin札幌〜古武術ナンバで野球はグッとうまくなる〜』

【日時】
2016年 9月18日(日)  14:00〜19:00 (受付は13:30〜)
19日(月・祝)10:00〜16:00 (受付は9:30〜)

【会場】
J STADIUM
※住所:札幌市白石区菊水元町4条1丁目2-3
※駐車場:あり
http://j-stadium.com

【持ち物】
動きやすい服装
ヨガマットやバスタオルなどの敷物
グローブ
バット(持っている方だけで大丈夫です)

【参加費】
25000

【定員】
20名

【申込】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b8b5747c414228
*入金後のキャンセルの場合、返金は受け付けておりません。
*振込期限は決めておりませんが、入金確認の都合もございますので15日(木)までにお振込ください。遅くなる場合は別途ご連絡をお願いいたします。





というわけで

ついに!!

ついに!!!


数年前からトリガーポイントのセミナーを開催するたびに

「野球のセミナーはやらないんですか?」
「野球のセミナーを受けたい!!」


と言われ続けていた

波田野の野球セミナーが開催です!!


このセミナーの概要ですが


古武術のナンバ歩きを西洋医学的な運動連鎖で解明!!
ナンバ歩きの動きで楽にピッチングやバッティングができる。
球速に関わる3つの可動域
ジャイロボールが投げられる。
イチローの盗塁の秘密がわかる。
素早い守備の秘密「膝の抜き」
あらゆるコースに打ち分けるバッティグの秘密。


です。


今でこそ「トリガーポイント療法」と「東洋医学」をベースにした「理学療法」=「Oriental Physio」の徒手療法家としてセミナーの依頼が殺到しているわけですが

元々は

「巨人のトレーナーにオレはなる!!」


って感じで

運動療法、トレーニング中心の理学療法士でした。



理学療法士ですから患者さんの使うのはもちろんですが

基本的には

私が

「野球がうまくなる」ために様々な理論に触れました。


さらにそのときは実業団の自転車選手としても活動していたので

「自転車が速くなる」ためにも勉強し、実践してきました。



そこでたどり着いたのが

古武術。


古武術で使われる

「ナンバ歩き」


ナンバ歩きによる

脱力

軸操作

全身の運動連鎖



それが野球の全ての動きに繋がることがわかったのです。



これまでも幾つかのエクササイズを紹介してきましたが


ブログの骨盤エクササイズを1年間実施しただけで

球速が80km/hから140km/hまで上がった

という報告をしてくれた方もいました。



病院時代にも

地域の新聞に「活躍した選手」として載ったのが

全員、私が指導した選手だったりしています。


残念ながら、プロ選手を担当したことはなく

みなさんが憧れるような派手な実績はございませんが



アマチュアで怪我をしたり

うまくなれない選手

それどころか、野球をやったことがないという人でも

しっかりと成長させることができる

私のメソッドが本物だという証拠です。



すでに活躍している選手を診ていても

何の効果検証もできませんよね。


下の動画は結構前の状態ですので、あまり参考にはならないかもしれませんが

雰囲気は伝わるといいなと思います。














私自身は

埼玉県の強豪校の野球部に所属していましたが

当時は本当に下手くそで

ダメダメだったのですが

理学療法士の資格を取得し

専門的な知識と古武術の理論で

練習をしていたら

いつの間にかジャイロボールを投げられるようになり

変化球も簡単に習得できるようになり


知り合いの元・世界トップアスリートも

「プロでもそういう動きはできませんよ。」

と称賛するほどです。





まぁ、こんなことを言っても

まだまだ納得はできないですよね?




でも、みなさんがこれまでセミナーなどで勉強してきたスポーツ指導って

細かすぎると思いませんか?



そういう細かい指導

現場の選手はどう思ってるか知っていますか?



私の情報網で入ってくる中には

巨人軍の選手は

理学療法士のことなんか全く信用していない

っていう情報もあります。


「理学療法士はごちゃごちゃごちゃごちゃ理屈ばかり、それでベタベタ触ってきて。その割に全く意味がない」と言っているそうです。


私もプロは診たことなくても

それなりのレベルの選手やそうでもない選手の多くを診てきました。


その中で思ったのは

「選手には教えない方がいい。ざっくりと動きを獲得させれば勝手にアジャストする」

ということです。



そのざっくりとした動きの理論

しっかり学んで

しっかりと自分で獲得してみましょう。


自分でできるようにならないと

わからないことはたくさんあります。

選手に指導する時も

あなたの動きが悪かったら

その悪い動きが選手の脳には無意識にインプットされてしまいます。


多くのセミナーが座学中心だと思います。

当アカデミーはどこよりも

実技中心。


「できるようにならなきゃ意味がない」

をモットーにしております。



この機会を逃したら北海道で開催するのは

いつになるか保証できません。

確実に数年単位で開催しないと思います。


信じきれなくても

少しでも興味があるなら

ぜひお申し込みください。


では!!!




また、他の地域でも

「開催してほしい」

という方はご連絡ください。






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも!!

筋膜性疼痛症候群アプローチ研究会「Oriental Physio Academy」代表理学療法士
http://oriental-physio-academy.jimdo.com



上尾市谷津 筋膜リリース&トリガーポイント専門整体院「Mr.コリとる」院長の
http://ageokoritoru.com





昨日は

TORAs(東洋医学リハビリテーション)のシンポジウムに参加してきました。




私はスケジュールが決まった後での参戦だったので
 
お昼休みを使った講演となりました。
 

今回のシンポジウムは

第1回目ということで

東洋医学初学者のリハビリ職種がメインになっていたので
 
TORAs代表の千葉さんをはじめとして

東洋医学を西洋医学的なエビデンスではどうなのかとか
 
リハビリ職種が東洋医学を使ってみたらこうなった

というような発表を中心に。


私もタイトル自体は「ニューロマスキュラーセラピーとアプライドキネシオロジーからみた経穴」というのでアナウンスしてましたが
 
資料を作ってるうちに少しずつ変わっていって
 
内容的には

「これから東洋医学を学ぶ時に西洋医学寄りなアプローチの紹介」みたいな感じになってしまいました。
 
まあ、食事をしながら1時間ということだったので

それくらいライトな感じでちょうど良かったとは思いますが。
 




それはそうと・・・


このシンポジウムの大事なところじゃそこじゃない!!



今回はなんと・・・

日本の鍼灸師の頂点に君臨する

池田政一大先生が講演をしてくださったのです!!!

IMG_4236.jpg



なんと実技もアリです!!
IMG_4237.jpg
IMG_4238.jpg





池田大先生は

私が最も影響を受けている鍼灸師です。


話していただいた内容は初学者向けなので

特別、勉強になったことはないのですが

それでも、池田先生から直接聞けたのは

感無量でした。
 




池田先生の実技を見て思ったこと。
 

「変わったことなんてする必要はない」ってことですね。
 

池田先生の評価も選穴も

古典に忠実です。

気をてらうことなく。




若い時はどうしても

変わったことを追いたいし、自分で作り出したいと思うものですが

大事なことは「基本」ですね。
 


もちろん、ごく稀に「新しいもの」を作り出してしまう天才って人がいるんだけど

そんな人間はそうそういるわけでもないし

そういう人でも

まずは基本に忠実にやってるんだろうなって思います。


私は多分「新しいものを作り出す」側の人間ではないでしょう。

私の場合は「誰かの作り出したものを分かりやすくする」といった類の能力ですから。



おそらく池田先生もそういった「天才タイプ」ではないと思います。

地道に地道に基本を積み重ねてきた

そういうタイプだろうなという印象です。





他にも印象的だったのは

池田先生レベルの臨床家でも

素直に「ダメなものはダメ」と認めていることですね。

「これは医者に診せなアカン」と思ったら、すぐに「病院に行け!!」って患者さんに言うようです。



ネットだといろいろな臨床家が自信満々に

「どこでも治せない症状を治します!!」って言うけど
(私もそのうちの一人に入ってしまっているのかもしれませんが)
 
そんなん無理です。

確率論として多くのセラピストよりは

改善の可能性を持っているとは思いますが


無理なもんは無理です。


それをあっけらかんと言えてしまうのも

経験に裏打ちされた自信なのかもしれませんね。





そうは言っても

じゃあ、我々のような若手〜中堅のセラピストが

「池田先生でもそうなんだから、それでいいんだ〜」

じゃダメなんですよね。



池田先生の50年60年の臨床経験。

その間にも西洋だろうが東洋だろうが

医療は確実に進歩をし続ける。


池田先生の50年60年では治せなかったものでも

今なら、これからなら治せる。

池田先生の50年60年に

1日でも早く追いついて

1日でも早く追い越す。

それこそが下の世代の役目なのだろうし


そのあとは、下の世代が1日でも早く私たちに追いついて

1日でも早く追い越してもらえるように

していくのが我々の役目。


「繋いでいく」

そういうことなんだろうなと思いました。




そのためにも「東洋医学」と「西洋医学」または「リハビリテーション」が垣根を越えて成長していき

「セラピスト」として

そして、OPAとしては「東洋の理学療法」・・・

「東洋理学」
「Oriental Physio」としてこれからも邁進していかなくてはいけませんね。




池田先生の講演では他には

今の鍼灸師に対する危惧

独立の不安定さ

などなどのお話も聞けました。




池田先生は「アホや」とか「バカや」とか「頭がおかしい」と少々毒舌なことを言いますが

結局、「しゃあないなぁ〜。」という言葉を放ちます。
 
その一言に大きな「愛」を感じました。




そんな感じで簡単にですが、ご報告です。



来年もシンポジウムでお話しさせてもらう予定です。


来年は「池田先生以上」の臨床をお見せしたいと思いますのでよろしくお願いいたします!!



では!!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。