セミナー実績No.1!!トリガーポイントと古武術を極める理学療法士・波田野〜手技・書籍紹介やセミナー情報〜

Oriental Physio Academy代表・波田野征美。
トリガーポイントと東洋医学を組み合わせた施術。痛みだけでなくめまい、不眠、胃腸症状にも対応。
施術&講師依頼の方はhatano_masaharu0511@yahoo.co.jpに。さいたま、上尾、整体。


テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

 

さて、波田野といえば

 

実はトレーナー系理学療法士であり

 

数年前から有名サッカーメディアに記事を寄稿したり

 

テレビ東京「FOOT BRAIN」に出演したりで

 

ようやく、当初の目標でもあった

 

スポーツ関係のお仕事を本格的にいただけるようになってきました。

 

 

 

スポーツのお仕事といえば

 

みなさんの憧れ

 

「プロスポーツ」

 

なのかもしれません。

 

 

私もプロスポーツには関わりたいなとは思っていますが

 

リハビリ現場で10年以上も関わっていると

 

それよりも大事なのは

 

育成世代

 

だなって感じてきます。

 

 

 

体格に恵まれた子

 

勘の良い子

 

 

そういう子に限って

 

力任せ

 

センス頼り

 

で通用してしまう。

 

そして、単なる素人のおっさん指導者に

 

無理やり酷使されて

 

怪我。

 

休むことすら許されず

 

そのままリタイア。

 

なんてよくある話です。

 

 

まぁ、私がリハビリ担当した子は

 

親御さんが驚くほど成長するわけですが

 

 

もし、私が担当しなければ・・・

 

と考えると、ただただ恐ろしい。

 

 

才能のある子を

 

然るべき世界に導く。

 

 

それこそがトレーナーとして

 

一番の醍醐味なんじゃないかと思います。

 

 

 

 

そんな育成年代のトレーニングですが

 

中には

 

育成年代の活躍を見て

 

いちいちイチャモンをつけるトレーナーもいます。

 

*これから話すことは批判ではありません。

 

 

 

最近であれば

 

サッカーの久保健英

 

野球なら清宮

とか。

 

 

こういう選手の活躍に対して

 

「早熟タイプだから〜」

 

とか

 

「トレーニングリザーブが残ってねえ!!」

 

とか言っていたり。

 

「競技特性が合ってないから、他の競技を・・・」

 

とか。

 

 

はっきり言って

 

余計なお世話だし

 

 

夢も何もねえな!!

 

って思います。

 

 

 

スポーツって単純なものじゃないじゃないですか。

 

 

私は野球が専門ですので

 

野球選手で言うなら

 

首位打者2回

本塁打王1回

打点王1回

最多安打1回

最高出塁率2回

 

という輝かしい成績を残した

 

小笠原道大氏

 

これだけの成績を残した彼も

 

アマチュア時代に打ったホームランはなんと・・・

 

0本!!!

 

 

今年引退した三浦大輔氏。

 

彼も高校時代は無名。

 

速球はそれほど速くないにもかかわらず

 

12球団最高と言われるコントロールと緩急で通算172勝

 

 

 

さらにはオリックスの星野伸之氏

彼に至ってはストレートは130km/h出ないプロでは例にないほどの遅球

 

コントロールもそれほど良いわけでないのに、90km/hのスローカーブで緩急を使い分け、MAX158km/hの伊良部より速く感じるとまで言わせることで

 

歴代トップクラスの2041奪三振という驚異的な成績を叩き出す。

 

 

 

 

 

多分、彼らはいわゆる「トレーニングリザーブ」みたいな考えだったら

 

到底、プロには行けなかっただろうし

 

プロに行ったとしても

 

通用するようなレベルではなかったはず。

 

 

しかし、実際にはレジェンドとでも言うべき成績を残したわけですよね。

 

 

 

逆に類い稀なる身体能力で将来を嘱望された

 

大田泰示

 

もう悲惨

練習では信じられないような打球を連発するのに、試合になると三振の山。

 

 

 

単純にトレーニングリザーブみたいなことで言うなら、太田は12球団屈指の身体能力を今でも維持している。

 

でも、活躍できない。

 

 

 

イチローだって体格的には恵まれてない。

視力なども悪い。

 

でも、あれだけの成績なわけですよね。

 

 

「イチローは外れ値だから。」

 

いやいや、それで済ますなよ

 

 

 

 

 

陸上競技とか水泳みたいに

 

競技としてのレフ度が低くて、身体能力への依存度が高い競技ならいざ知らず

 

球技みたいに常に臨機応変な対応が求められる競技では

 

 

数字で出やすい身体能力じゃ物事は測れない。

 

 

 

 

「早熟タイプ」だったとしても絶対的な数値がある程度の基準値に達しているなら

 

十分活躍できるし

 

達してなくても、工夫で取り返せる可能性もなる。

 

 

 

その可能性を引き出すのが

 

トレーナーやコーチの仕事だろうがと思うわけですよ。

 

 

 

 

エビンデンスがどうこうじゃない!!

 

従来のエビデンスを超えて、新しいエビデンスを作るのが面白いじゃないか!!

 

 

 

ってか、選手に

 

「いやぁ、君はこれ以上伸びないから。」

 

って言える?

 

 

 

「他の競技ならイケそうだからそっちにしな。」

 

って言える?

 

 

 

限界を決めたり、他の競技に可能性を見出すのは

 

本人であって

 

 

第3者で良いわけがないでしょ。

 

 

 

 

私は可能性を最後まで信じています。

 

 

 

 

選手本人が納得できるまで

 

徹底的にトレーニングに付き合っていきます。

 

 

 

もう夜だし

 

言いたいことがありすぎて

 

まとまりのないブログになりましたが

 

 

 

 

簡単に言うと

 

 

育成年代の可能性を信じて

 

 

本気を見せてくれれば

 

本気で付き合います。

 

 

限界を超えるお手伝い

 

していきます。

 

 

 

それだけです!!

 

 

では!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

<予定セミナー>

・2016年

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

 

・2017年

1月21日(土)「凄腕の秘密を知って治療の鉄人になる!セラピストのための体つくり」

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12222516272.html

 

1月22日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~肩上肢痛~」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

 

1月29日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~腰下肢痛~」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/3040

 

2月5日(日)「OPA式アナトミートレインリリース~導診法~」in横浜

 

2月11日(日)「OPAベースボールセミナー」in群馬

 

2月25日(土)「OPAトリガーポイント基礎編~腰下肢~」in東京

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

 

12月になりました。

 

今年も残すところあと1ヶ月

 

今月も毎週のようにセミナーが予定されているわけですが

 

 

 

今年最後のセミナーは

 

クリスマス!!

 

 

12月25日(日)

 

東京・五反田です!!

 

『頭頸部痛に対するトリガーポイント療法』

 

【日時】

2016年12月25日(日)10:00〜16:00(受付は9:30〜)

 

【場所】

BMS R Lab 2  新設スタジオ

東京都品川区西五反田3-6-20 いちご西五反田ビル9F

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?page_id=15740#bms2

 

【受講料】

13800

(全4回コース一括申し込みは48000。1回あたり1800お得です)

 

【定員】

20名(残りわずかです)

 

【申し込み】

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

 

 

 

この回で扱うのは

 

・頚部痛

・頭痛

・めまい

・耳鳴り

・顎関節症

・歯の痛み

・鼻水

 

です。

 

ドクターの診断名に振り回されることなく

 

症状に合わせての手技となります。

 

 

頚部痛以外のこれらの症状はリハビリのオーダーとして処方されることはありませんが

 

患者さんはどれかは抱えています。

 

そうすると、それが原因でADLはもちろん

 

リハビリの遂行もうまくいきません。

 

しかし、これらの症状はリハビリの範疇ではないので

 

ドクターの投薬に任せきり。

 

しかし、実際にはトリガーポイントによる症状であることが多く

 

セラピストでも介入可能。

 

しかも、投薬よりも効果は早く出ます。

 

 

また近年増えているリハビリ職による

 

自費整体の分野でも

 

「肩こり」は国民病ですので

 

アプローチできると確実な武器になります。

 

 

 

これを機にトリガーポイント療法を学んでみてくださいね。

 

 

では〜〜!!

 

 

 

 

<予定セミナー>

・2016年

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

 

・2017年

1月21日(土)「凄腕の秘密を知って治療の鉄人になる!セラピストのための体つくり」

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12222516272.html

 

1月22日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~肩上肢痛~」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

 

1月29日(日)「OPAトリガーポイント基礎編~腰下肢痛~」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/3040

 

2月5日(日)「OPA式アナトミートレインリリース~導診法~」in横浜

 

2月11日(日)「OPAベースボールセミナー」in群馬

 

2月25日(土)「OPAトリガーポイント基礎編~腰下肢~」in東京

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「勉強しただけで患者さんをよくできると思ったら大間違いです。」

 

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

 

OPAが基礎編として「トリガーポイント療法」のセミナーを開始して

 

およそ5年ほど経ちました。

 

 

その間にかなりの人数のセラピストに指導して

 

時には私自身を被験者にして

 

受講生のタッチを確認するのですが

 

 

言葉は悪いですが

 

「すごい下手」

 

正直、愕然とするレベルの方もいらっしゃいます。

 

しかも、若手ではなく

 

それなりに経験年数を重ねているようなセラピストの方でも。

 

 

近年では某大学の教授

 

「強刺激のマッサージはダメージを与えるだけの挫滅マッサージだ!!」

 

なんて騒いでいますが

 

はっきり言って、そういう人は「下手くそ」なだけで

(その教授の手技は超痛くて内出血も結構起こすという話です)

 

 

実際には深く押せれば押せるほど治療効果は高いです。

 

 

強く押すとダメージを与えるなんて言うセラピストは

 

下手くそすぎて、深いところまで到達できないからでしかないんですよね。

 

 

で、下手な人のリリースは

 

やってもらって感じたんですが

 

 

浅いだけでなく

 

不快です。

 

皮膚の表面がヒリヒリとした灼熱感に襲われてしまいます。

 

おかげで防御性収縮が入ってしまいます。

 

 

そういう私の主観的な感覚だけでなく

 

客観的な現象としても下手な人のタッチの下手さが証明できました。

 

 

 

私自身、普段は特別な症状はないのですが

 

殿筋群に潜在性トリガーポイントは存在しており

 

たまに行うセルフリリースでは

 

思いっきり関連痛が出てきます。

 

 

 

 

なのに、下手な人に触ってもらうと

 

その関連痛が全く出ない。

 

場所は間違っていないのに全然出ないんです。

 

そこから強く押してもらおうとしても

 

今度はヒリヒリとした灼熱感に襲われて、防御性収縮が入ってしまいダメ。

 

 

 

このタッチで普段の臨床もやっているのなら・・・

 

 

 

どれだけ勉強しても

効果が出るわけがない。

 

 

 

トリガーポイント療法で行う押圧だけでなく

 

あらゆる徒手療法

 

運動療法でのハンドリング

 

全ての手技で

 

患者さんの抵抗が生まれているはずです。

 

 

 

セラピストは「知識」の勉強はよくするけど

 

「技術」の習得をしようとしている人は非常に少ないと思います。

 

 

よく「料理」で例えさせていただいていますが

 

 

みなさんが普段、本やセミナーで勉強していることは

 

「知識」です。

 

「知識」=「食材」

 

です。

 

その集めた知識で

 

患者さんを検査して、評価して、治療方針を立てたり、手技同士を組み合わせること

 

これは「レシピ」

 

に当たります。

 

 

みなさんがやっていることはきっとここまででしょう。

 

 

 

食材とレシピがあるだけで

 

美味しい料理はできるでしょうか?

 

 

絶対に無理ですね。

 

 

 

 

同じ食材、同じレシピで

 

料理の鉄人と料理勝負をして

 

あなたは勝てますか?

 

絶対に負けますね。

 

 

 

ハンデとして

 

あなたには高級食材

 

料理の鉄人にはスーパーで売ってる普通の食材

 

これで勝負してもほぼ確実に負けるでしょう

 

 

料理勝負じゃなくても

 

「クックパッド」や料理番組で観た料理を

 

レシピ通りに作ったはずなのに

 

「あれ~?」

 

ってことになったりしますよね?

 

味はまだしも、形が崩れちゃったとか。

 

 

 

なんでそうなってしまうか?

 

 

それが

 

「技術」

 

って話になってくるんですね。

 

包丁の使い方

 

鍋の振り方

 

火加減

 

などなど、文字や数字で表せないところでの差が出てくるんです。

 

 

セラピストの実技系セミナーでも

 

「身体全身を使って~」なんてこと言う講師もいるかもしれませんが

 

その全身の使い方を

 

方法論を理論的には教えてはくれないんじゃないでしょうか?

 

 

そりゃそうです。

 

その講師すらもそれを理論的には何にもわかってないんですから。

 

 

 

しかし、Oriental Physio Academyはそれを理論的にそれを解明

 

方法もしっかりと提示いたします。

 

 

 

そのセミナーを開催いたします。

 

『凄腕の秘密を知って治療の鉄人になる!!セラピストのためのOPAレフタッチリリース in さいたま』

 

【日時】

2017年1月21日(土) 14:00~18:00 (受付は13:45~)

 

【会場】

貸会議室6F(ロクエフ) 6F 会議室B&C

〒330-0802

埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 銀座ビル6階

「大宮」駅から徒歩1分

https://office6f.com/map/

 

【持ち物】

動きやすい服装(体操を行います)

ヨガマットやバスタオルなどの敷物(床に座ったり寝たりします)

 

【定員】

30名

 

【受講料】

12000

 

【申し込み】

https://pro.form-mailer.jp/fms/b154cd2e111235

 

 

 

セラピストの身体作りといえば

 

他にもいくつかありますが

 

当アカデミーは他の団体とは全く違います。

 

 

①【体軸への理解度が違う】

 リハビリ業界でいち早く「体軸理論」について学び、さらに体軸理論に関する書籍のほぼ全てを保有。他の団体の講師が知らない知識を持ち合わせています。

 

②【競技レベルで追求した本当に使える動き】 

 施術だけでなく、自身が競技者として高いレベルでの体軸の運用を求めてられていたため、他の団体の講師と比べて、知識だけでなくしっかりとした技術として習得しています。

 

③【体軸理論だけはない

 ②のようにより高い競技レベルでの動きを求められていたため「体軸理論」だけでは習得できないことも他の理論も組み合わせることでより、動きの精度を高めることができました。

また「意識」という観念的なもので終わってしまう「体軸理論」では伝わらない部分も他の理論と組み合わせることでより理解できる講義となっています。

 

 

 

 

 

当アカデミーの徒手療法コースは

 

「上級編」では「東洋医学」のコースとなっていますが

 

基礎編は「トリガーポイント」

中級編でも「アナトミートレイン」

の調整であり

 

もっとも重要視しているのが「トリガーポイント療法」です。

 

トリガーポイント療法自体は目新しい治療法ではありませんし、複雑なものではありません。

 

なので、「難しいもの」に憧れてしまう多くのセラピストは

 

「トリガーポイントだけで治るわけない」

 

と思っているかもしれません。

 

 

しかし、私は

 

トリガーポイント療法だけで

 

多くの有名セラピストが治すことができなかった患者さん

 

しっかりと治しています。

 

 

ただのトリガーポイント療法で

 

それだけの効果を発揮できるのは

 

 

手技の効果を最大限発揮できる

 

技術力

 

に他ならないのです。

 

 

そんな技術を学んでみませんか?

 

 

 

もしも、少しでも自分が思ったような成果を出せてないのであれば

 

「知識」ではなく

 

「技術」の可能性を疑ってみて

 

このセミナーを受講してみてください。

 

少しでも興味があれば

 

こちらをクリックしてください。

https://pro.form-mailer.jp/fms/b154cd2e111235

 

 

 

あなたは

 

料理でいうなら

 

「満漢全席」を作ろうとしていたり

 

 

誰もみたことない奇抜な料理が

 

「美味しい料理」だと思い込んでいるだけです。

 

 

私があなたに作って欲しいものは

 

世界一美味しいシンプルなチャーハン

 

です。

 

 

作るだけなら誰でも作れるチャーハン。

 

だけど、美味しく作るのが一番難しいのがチャーハンです。

 

 

そういうセラピーをできるコツをお伝えします。

 

では。

 

 

<予定セミナー>

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

さて、トリガーポイント療法をベースにした徒手療法を展開する波田野。

 

 

症状を引き起こすトリガーポイントにはピンポイントでリリースするために

 

自身の指で行いますが

 

 

トリガーポイントが存在する索状硬結であったり

 

クライアントさんの症状がトリガーポイントってほどではない疲労性の過緊張程度であれば

 

様々なアイテムを使います。

 

 

そんな中で完全にセルフケアアイテムですが

 

面白い商品を見つけました。

 

その名は・・・

 

『VESS ボディレシピ フットリフレッシュ』

 

です!!!

 

 

 

実物です。

IMG_4976.jpg

 

レッドは「柔らかめ」

パープルは「固め」

 

です。

 

 

使うとこんな感じ。

IMG_4977.jpg

IMG_4975.jpg

 

 

 

 

これ・・・かなり良いです。

 

足裏マッサージとしては

 

ぶっちぎり一番です。

 

 

従来の足裏マッサージだと皮膚への刺激によるリフレクソロジー的なものだったり

 

表面の筋肉にしか届かないんですが

 

 

これはかなりエグってきます。

 

感触的にはファイテンの中足骨マッサージマシン「ソラーチ」に近いというか

 

同等の深さまで入ってきます。

 

 

 

ソラーチもすごく良いんですが、やはり値段が高い!!

 

私が施術室に置いているソラーチのブラックだと9万円にもなってしまいますからね。

 

 

それに比べたらこの「フットリフレッシュ」なら

 

1200円

 

ですからね。

 

 

 

超お手頃。

 

しかも、これは足裏だけでなく

 

足を乗せた時に

 

サイドの突起が内側に傾くため

 

内側・外側の縦アーチも一緒にアプローチできます。

 

 

効果も非常に高いですね。

 

本当にファイテンのソラーチ級です。

 

 

一応、パープルの方が固めで「しっかり」という表記ですが

 

私の感覚ではレッドの柔らかめの方が奥まで入ってくる気がします。

 

もしかしたら、もっとほぐれればパープルが良いのかもしれませんが

 

とりあえず、最初はレッドでも十分すぎるくらいです。

 

物足りなかったらパープルって感じですかね。

 

 

 

 

この手の商品は雑貨屋さんで取り扱う程度ですから

 

効果も値段相応、もしくはあんまり効かないことが多いんですが

 

これは全然違います。

 

ハッキリと効果を感じます。

 

 

足裏のアプローチといえば

 

理学療法では足底板有名ですが

 

波田野は足底板が嫌いです。

 

 

評価にも作成にも手間はかかるし

 

患者さんは作成したインソールを入れた靴しか履けなくなっちゃうし

 

靴はすり減るから、作成時の効果は出なくなるだろうし

 

促通されて変化した動きが馴染んで来れば

 

また調整が必要になるし

 

靴も一足だけ履き続けるわけにはいかないから

 

何足も作らなくちゃいけないし

 

新しい靴を買うたびに

 

作成しなきゃいけない。

 

 

ビジネスモデルとしては

 

半永久的にリピートを強要できるので

 

経営的にはすごく優れたツールだとは思うんですが

 

 

患者さんはできるだけ通わないで済むようにしたい

ですよね。

 

 

そのためにセルフケア

 

手軽に体をリセットできるって大事だと思うんですよね。

 

 

だから、足底板(インソール)を作成するなら

 

こういうものを使っていただきたいですね。

 

 

 

 

足の裏が疲れる

 

扁平足

 

外反母趾

 

という方は

 

是非、試してみてください。

 

 

では〜〜!!!

 

 

 

 

<予定セミナー>

 

11月18日~20日「ピラティスワールド2016」in東京

http://www.pilates-guide.net/pilatesworld/

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

 

先日、私の整体院の方に・・・

 

 

有名タレントさんのご子息がいらっしゃいました。

 

 

ご新規でしたので

 

「何でウチを知ったんですか?」

 

と聞いたら

 

「父の紹介で・・・」

 

と。

 

 

そしたら、なんと前述のように

 

有名タレントさんのご子息!!

 

 

わざわざ都内から埼玉の上尾までいらっしゃるだなんて・・・

 

 

ってのは、まぁ置いといて

 

本題はそこではないのです。

 

 

 

 

今回の方はスポーツをしていて

 

1年ほど前から股関節痛があり

 

色々な整体院に通い

 

1年で30万円以上も使ってしまったようです。

 

 

通った整体院の中には

 

ここ数年、すごく名を上げている

 

有名な理学療法士の整体院もありました。

(『トリガーポイント療法をやってるのかな?』と勘違いしてしまいそう&「きっかけ」という意味の英語を屋号にしているサロンですねw)

 

 

そちらにも2回ほど通ったようですが

 

全然ダメ。

 

 

 

その理学療法士には

 

「これであとは勝手に治っていきますよ。」

 

と言われたらしいけど(笑)

 

 

 

というわけで、今回はお父様の方から

 

「波田野さんのところに行ってみたら?」

 

と言われたようです。

 

 

 

はい。

 

 

 

結果だけを先に言わせていただきますが

 

1回で

 

症状消失

 

しました。

 

 

 

まぁ、もしかしたら多少は違和感が戻ることはあるかもしれませんが

(戻らないと思いますけど)

 

1回の施術効果で圧倒的な差を見せられたし

 

なんで症状が出るかも明確にして

 

セルフケアも指導したので

 

問題ないでしょうね。

 

 

 

 

では、そんな有名な理学療法士が

 

筋膜調整

関節調整

頭蓋調整

呼吸調整

運動療法

 

など色々とやってダメだったのに

 

 

波田野がたった1回で症状を消失させるのに

 

何をしたのか?

 

 

 

はい。

 

トリガーポイント療法です。

 

 

 

 

前述のサロンさんも

 

筋膜調整をするようですが

 

ホームページを見ると

 

他の凡百のセラピストと同じように

 

「痛みが出ている部位に原因はありません」系

 

のようですね。

 

 

それじゃ治せませんよ。

 

 

 

トリガーポイント療法では

 

「痛む部位」によって治療部位はパターン化されていますから

 

ごちゃごちゃチェックする必要もない。

 

「痛みを起こしているもの」自体に直接アプローチしていくわけですから

 

つまり「痛みを直接消していく」手技なのです。

 

 

今回の方も

 

痛みが股関節内側の痛みでしたので

 

トリガーポイント的には

 

大内転筋

 

でした。

 

一応、長短内転筋恥骨筋もやりましたけど

 

本人が伸張感を感じている部位は大内転筋でしたので

 

間違い無いでしょう。

 

ほら。

 

 

 

徹底的に内転筋群をほぐして

 

あとは過去にもシンスプリントも経験したとのことなので

 

下肢全体もリリース。

 

 

これで最初に症状が再現された

 

股関節外転とパトリックテスト時の痛みのうち

 

股関節外転の痛みは消失しました。

 

これだけでもご本人は

「あぁ、すごい柔らかくなりました!」

とおっしゃっていましたが

 

パトリックテスト時の「伸張感」は少しだけ残ってるとのこと。

 

さらに内転筋軍をリリースしても

 

それ以上の変化が出なかったので

 

 

こういう場合は

 

恥骨結合のズレ

 

が考えられます。

 

 

恥骨結合のズレは主に腹直筋の硬さが原因ですので

 

 

腹直筋の恥骨結合への付着部周辺のリリース

 

をしたところ。

 

 

パトリックテストでの伸張感は

 

消失!!

 

 

 

終わったあとはしっかりと

 

「痛み自体はこの内腿の筋肉です」

「痛み自体はこれで無くなると思いますけど、つっぱり感を生んでるのは腹筋の硬さですね」

「だから、自分でこの筋肉をマッサージとかストレッチしてあげれば大丈夫です」

と伝えると。

 

本人も

 

「あぁ、そう言われればこのストレッチ(腹筋や大腰筋など全面を伸ばすストレッチ)をすると楽になるんですよね。」

 

と思い出されました。

 

こちらの客観的エビデンスとご本人の主観的エビデンスが一致できましたね。

 

 

大変満足されたようで

 

帰りには

 

「父にもちゃんと伝えておきます!!」

 

とおっしゃってくださいました

 

 

 

 

 

さて・・・

 

 

こんな感じだったわけですが

 

 

 

改めて思ったのは

 

「俺、すげえ!!!」

 

ってことじゃなくて

 

 

 

正直、

 

「どいつもこいつも何やってんだ!!」

 

という軽い憤りです。

 

はっきり言って、難しい症例ではなかったと思います。

 

 

仮にトリガーポイント療法を知らなかったとしても

 

やっている競技を聞けば

 

すごくありふれた症状です。

 

超ド定番です。

 

 

 

教科書通りにやっていれば

 

簡単に詰めた症状です。

 

 

私のように1回で消失させることができなくても

 

 

初回である程度の成果を出して

 

数回のうちには解決できたはず。

 

 

 

にも関わらず

 

なぜ、どこの誰も

 

それこそ、そこそこのキャリアがあるはずの有名な理学療法士すらも

 

解決できないのか?

 

 

 

それは・・・

 

 

「難しく考えすぎ」

 

「魔法に憧れすぎ」

 

 

これに尽きるのでは無いでしょうか?

 

 

もっと簡単に言うなら・・・

 

「症状と向き合ってない」

 

 

 

セラピー業界は

 

長年に渡って

 

「原因は患部には無い」

 

「患部に触らない治療の方がレベルが高い。」

 

「症状を診るんじゃなくて人を診ろ」

 

「全体を診るんだ」

 

と言われ続けてしまったので

 

 

 

患部の勉強も足りない

 

していても、患部を触ろうとしないセラピストが増えています。

 

 

ここ数年は各種SNSなどで

 

セミナー告知のための動画でも

 

患部に触らず、ちょこちょこっと触るだけで治せます!!

 

みたいなのが横行しているので

 

余計にその傾向が強くなっていますね。

 

 

 

私が主催しているOriental Physio Academyでも

 

この1〜2年はシンプルなトリガーポイント療法を伝える基礎編よりも

 

アナトミートレインと経穴を組み合わせた遠位調整である中級編「導診

法」の方が圧倒的に人気が出てしまっています。

 

そう。

出て「しまっている」のです。

 

 

いや、もちろん人気が出るのは嬉しいんですが

 

逆に基礎編の人気は落ちてきているなと言う印象があるので

 

 

すごく残念です。

 

なぜなら、トリガーポイントの基礎編はもちろん

 

一般的な理学療法でも

 

患部の治療をするってのは

 

「定石」

 

なんですよ。

 

 

「定石」

 

囲碁や将棋でよく使われる言葉ですね。

 

 

囲碁や将棋では

 

定石を知らずに強くなると言うことはあり得ません。

 

全ての手、新しい一手

 

定石から生まれるのです。

 

これはセラピーでも同じですね。

 

 

勝負を決する最後の一手。

 

その一手が「患部」になるわけですが

 

その患部が見えてなければ

 

そこに辿り着く道筋が見えるわけがありません。

 

そこから逆算していくから

 

最初の一手がすごく関係なく見えるところだったりするわけですね。

 

 

逆算しての道筋があるから

 

「あっ、じゃあここに打ってみてもいいんじゃない?」

 

っていう新しい一手が生まれるわけですね。

 

 

 

 

にも関わらず、最近のセラピー業界は

 

「患部じゃないところを触ること」自体が目的になっている印象です。

 

必要以上全身を評価して

 

 

患部とは違う部位のエラーを修正すればなんかしら良くなるだろうくらいの感覚なんじゃないですかね?

 

 

 

だから、そもそもたどり着かなくてはいけない患部にたどり着けない。

 

たどり着いたついたとしても

 

「定石」には程遠い「悪手」になってしまうわけですね。

まぁ、囲碁や将棋のように相手がそれで反撃してくるわけではないので「負ける」

ってことはないですが

 

「何も起こらなかった」という結果になるわけです。

 

 

 

 

 

魔法はありません。

 

遠位から症状を取れる方が確かに

 

「かっこいい」

 

かもしれません。

 

でも、それは「遠回り」だということは認識してください。

 

 

「難しいことを言っている講師」は「凄そう」に見えるかもしれません。

 

でも、それが実力と比例しているわけではありません。

 

 

今回のケースだけではありません。

 

 

私のところには

 

「有名なセラピストのところに行ってもダメだった」という方がたくさんいらっしゃいます。

 

理学療法業界のBIG3のうちの1人のところに1年以上通ったけど、全く治らず「問題児」と言われた方。

 

某大御所足底板一派で温泉施設の横で開業している中堅理学療法士のところでも全然改善しなかった方。

 

などなど。

 

 

そんな方でも私のところで簡単に改善しています。

 

 

それはなぜかって、私がトリガーポイント療法を中心にして

 

「症状に向き合っているから」

 

に他ならない。

 

 

 

本当に

 

世の中のセラピストには

 

もっとシンプルに物事を考えて欲しいなと思いますね。

 

 

 

飲食店とは違って、そこそこの値段でそこそこの味でもターゲットとなる客層には満足できるっていう仕事じゃないわけですから。

 

患者さんの人生を狂わせる仕事だということを自覚して欲しいですね。

 

 

今回のクライアントさんも

 

これで痛みが取れてなかったらスポーツを辞めなくてはいけなかったかもしれないんです。

 

 

 

そんな感じで。

 

 

「事件は会議室で起きてるんじゃない!!現場で起きてるんだ!!」

です。

 

では!!

 

 

 

 

<予定セミナー>

 

11月18日~20日「ピラティスワールド2016」in東京

http://www.pilates-guide.net/pilatesworld/

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

本日もセミナーの告知です。

 

最近、立て続けにセミナー告知ばかりですが

 

告知してないセミナーが溜まりすぎてしまっているので

 

ご了承ください。

 

 

じゃん!!

 

『その痛みは本当に関節?変形性膝関節症、足部痛に対するOPAトリガーポイントリリース in 大阪

 

【対応疾患】

変形性膝関節症、半月板損傷、ACL断裂、PCL断裂、側副靭帯損傷、オスグッド病、鵞足炎、アキレス腱炎、シンスプリント、腓骨筋腱炎、足底腱膜炎、痛風など膝と足部の痛み全般。

 

【日時】

2016年12月18日(日) 10:30〜16:30 (受付 10:00〜)

 

【会場】

東淀川区民会館 会議室1

〒533-0023 大阪市東淀川区東淡路1-4-53

http://www.kyoiku-shinko.jp/higashiyodogawa/access/

 

【受講料】

10000

 

【持ち物】

昼食、ヨガマットやバスタオルなどの敷物(300円でヨガマットレンタルあり)

 

【申し込み】*残りわずかですのでお早目に

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

 

 

膝の痛み・・・

 

臨床でよく遭遇しますよね?

 

 

もちろん、改善させられる患者さんもいるとは思いますが

 

 

うまくいかない患者さんがいたとき

 

あなたはこう言っていませんか?

 

 

「変形がありますからねぇ。」

 

 

 

もし、そう言っているなら・・・

 

 

トリガーポイント療法を試してみてください。

 

 

トリガーポイントの痛みの特徴

 

「深部痛」

 

だから、患者さんも医療従事者も

 

「関節の痛み」

 

勘違いしてしまいます。

 

 

診断を下すドクターですら

 

トリガーポイント自体は知っていても

 

詳しくはありません。

 

そんな状態で診断材料は主に

 

レントゲンなどの画像診断です。

 

 

でも、レントゲンって・・・

 

骨しか写りません。

 

 

筋肉の問題であるトリガーポイントは

 

全く調べていません。

 

 

完全に見逃しています。

 

 

だけど、画像所見で

 

関節の変形があるもんだから

 

「関節の変形があるからさぁ。」

 

と説明してしまうし

 

患者さんも

 

納得してしまいます。

 

 

 

膝関節の変形は

 

60歳以上で

 

男性20% 女性40%

 

に認められ

 

80歳以上で

 

男性50% 女性60%

 

の人に認められます。

 

しかし、実際に膝が痛い人は・・・

 

そのうちの・・・

 

 

20%

 

しかいないんです。

 

 

つまり、関節の変形が原因になる可能性なんて低いってこと。

 

 

だとしたら、実際に痛みが出てる人も

 

関節じゃない可能性あると思いませんか?

 

 

 

その可能性の一つが

 

トリガーポイントによる痛み

 

なんです。

 

 

これで多くの膝の痛みが解決できます。

 

 

 

私自身、徒手療法はほぼ100%トリガーポイント療法しかしません。

 

 

にもかかわらず・・・

 

ドクターから手術を勧められた患者さんの痛みを解決し続けています。

 

 

私じゃなくても多くの受講生が同じように・・・とはいかなくても

(技術の差があるのはしょうがないですね)

 

やはり、手術を控えた患者さんの痛みを

 

改善させてしまうというケースが増えています。

 

 

 

それだけトリガーポイントによる痛みは多いわけです。

 

 

 

ですから、トリガーポイント療法を知らないということは

 

非常に危険です!!

 

 

患者さんは

 

「手術はできるだけしたくない。」

 

って漏らしていませんか?

 

 

「体力的に手術ができない」

 

なんて患者さんもいらっしゃるんじゃないですか?

 

 

そんな患者さんを救えるのは・・・

 

 

あなたです!!

 

 

 

 

 

治せるセラピスト?

 

治せないセラピスト?

 

あなたは今・・・

 

天秤にかけられていますよ。

 

 

トリガーポイント療法の本はたくさん出ていますので・・・

 

知識として得ることだけなら

 

セミナーを受けなくてもできます。

 

でも、「知っている」と「できる」は全く違います。

 

 

トリガーポイント療法を10年以上やり続けたセラピスト

 

6年間、同業者にトリガーポイント療法を教え続けているセラピストの

 

実際の触り方、リリースの仕方、考え方

 

をその目で見てみませんか?

 

 

少しでも興味があれば

 

12月18日に大阪でお会いしましょう!!

 

では!!

 

 

 

<予定セミナー>

 

11月18日~20日「ピラティスワールド2016」in東京

http://www.pilates-guide.net/pilatesworld/

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

 

もう2週間後になってしまいましたが

 

セミナーの告知です。

 

すでに申し込みは多数あり、残りはわずかですので

 

少しでも興味があればぜひお申し込みください。

 

『11/26(土)in札幌 OPAトリガーポイント療法 基礎編〜肩&上肢〜』

『11/27(日)in札幌 OPAトリガーポイント療法 基礎編〜膝&足部〜』

    

 

【日時】*開始時間が違うのでご注意ください

11/26(土)14:00〜19:00 (受付は13:30〜)

11/27(日)10:00〜16:00 (受付は9:30〜)

 

【会場】*会場が違うのでご注意ください

11/26(土) 札幌生涯学習センターちえりあ 

       http://chieria.slp.or.jp/center_info/access.htm

11/27(日) フリースペース&カフェ アミカ

       http://www.amicaspace.com

 

【持ち物】

ヨガマットやバスタオルなど床に敷くもの

筆記用具

 

【定員】*残りわずかです

各20名

 

【受講料】

各12000

 

【申し込み】

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b8b5747c414228

 

 

 

 

札幌で2日間

 

トリガーポイント療法の基礎編を開催します!!

 

 

トリガーポイント療法は多くの痛みの原因でありながら

 

レントゲンなどの画像所見に映る異常が前提であることが多く

 

治療方法は

 

手術と投薬しかできない

 

医師では当たり前のように・・・

 

見逃します!!!

 

 

厄介なのは画像で異常所見があったとしても

 

痛み自体はトリガーポイントによる痛みであることが多いということ。

 

だから、トリガーポイントのことを知らないと

 

 

画像所見に縛られて

 

意味のないリハビリをすることになります。

 

 

場合によっては負担を減らすための運動療法が

 

トリガーポイントを刺激して

 

悪化させるなんてこともよくあります。

 

 

しかも、筋力低下の原因すらも

 

トリガーポイントであるということも珍しくありません。

 

 

ですから、トリガーポイント療法というのは

 

第一選択として取り入れるべき

 

概念です。

 

 

小手先の技術ではありません。

 

 

長年、引き継がれている

 

概念です。

 

 

トリガーポイント療法は東洋医学の経穴との一致も認められていますから

 

その歴史は数千年という圧倒的なエビデンスな訳です。

 

 

私自身もトリガーポイント療法に出会って

 

臨床が劇的に変わりました。

 

 

私だけでなく

 

受講生の多くもそうですし

 

支部長クラスの中には

 

「トリガーポイント療法に出会わなかったら理学療法士を辞めていたかもしれない」

 

とまで言う者もいるくらいです。

 

 

それくらい劇的な効果を発揮する治療法。

 

 

この機会にぜひ学んでくださいね。

 

 

実技重視。

 

どの団体のどのセミナーよりも多くの筋肉を網羅しています。

 

 

筋膜治療の極み。

 

トリガーポイントを学ぶなら当アカデミーで!!

 

 

では!!!!

 

 

<予定セミナー>

 

11月18日~20日「ピラティスワールド2016」in東京

http://www.pilates-guide.net/pilatesworld/

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

本日2回目の投稿

 

もう1ヶ月前になった

 

このセミナーのご紹介です!!

 

 

『天才の秘密!!本質力を高めるOPAスポーツセミナーin岩手』

 

【日時】

2016年12月4日(日)10:00〜16:00 (受付は9:30〜)

 

【会場】

北上市文化交流センター『さくらホール』大アトリエ 
岩手県北上市さくら通り二丁目1番1号

http://www.sakurahall.jp/access.php

 

【受講料】

12000

 

【定員】

30名

 

【申し込み】

下記E-mail アドレスに、表題を「スポーツセミナー参加希望」とし、 
本文に①氏名、②所属、③職種、④経験年数、⑤連絡先(TELおよびE-mail)、 
⑥懇親会参加の有無⑦当会研修会参加経験の有無⑧領収書の要・不要 
を明記して申込み下さい。 
申し込み先:「達人に学ぶセラピストの会inいわて」専用E-mailアドレス 
       tatsujin_therapist_iwate@yahoo.co.jp

 

 

すでに多数の申し込みがあるようですので

 

満席になる前にぜひお申し込みください!!

 

本セミナーでは

 

テレビ東京「FOOT BRAIN」では

 

お話しできなかった部分編集でカットされてしまった部分のお話もしっかりさせていただきます。

 

 

 

 

体幹の筋力は必要ですが

 

その筋力をしっかりと発揮することができていますか?

 

本当にできているなら、日本のアスリートはもっと世界で活躍していてもおかしくないはずですが

 

実際にはどうでしょう?

 

 

 

日本の武術

 

「柔よく剛を制す」

 

という言葉があるように、小さい身体でも大きい相手を制する技を開発してきたはずです。

 

実際に合気道の象徴的な技である「合気上げ」も

 

物理学的に

 

身長が低い方が有利です。

 

 

メッシネイマールが小さい身体で世界トップのパフォーマンスを発揮しているのは何故なのか?

 

 

「筋力じゃないよ」系の理論を展開するスポーツ系セミナー団体は他にもいくつか存在します。

 

多くの団体や人が

 

「軸ができればゆるむから〜」しか話さないと思いますが

 

私は「体幹の階層構造」という考えで

 

しっかりと説明させていただきます。

 

 

 

もちろん、ただ「当たりに強くなる」だけでなく

 

多くのスポーツで重要とされる

 

「動き出しの速さ」

「切り返しの速さ」

 

も物理学的な点から説明し、さらにそれを可能にする能力も説明します。

 

 

 

セラピストだけでなく、アスリートにも目から鱗の内容になると思います。

 

 

 

元・世界トップクラスのアスリートからも

 

「波田野さんのその動きはプロでも出せない!!」

 

と驚かれています。

 

 

 

 

筋力などの「量」的な練習以前の

 

前提条件としての「質」を高めたい方は

 

ぜひご参加下さい!!

 

 

 

 

 

<予定セミナー>

 

11月18日~20日「ピラティスワールド2016」in東京

http://www.pilates-guide.net/pilatesworld/

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

 

 

 

さて、Oriental Physio Academyといえば

 

今では

 

トリガーポイント療法

 

のイメージが強いと思いますが

 

 

代表である私は元々

 

「体軸」

 

「野球」

 

「自転車」

 

がキーワードの

 

「ボディワーカー」でした。

 

 

ブログでも肩書きは「体軸コーディネーター」でしたしね。

 

 

 

なのにセミナーはトリガーポイントばかりだったので

 

昔からの読者の方などからは

 

ずっと「スポーツのセミナーをやってください」「野球のセミナーをやってください」

 

リクエストされていましたし

 

数年前はサッカーの記事の依頼なども多くありました。

 

 

この1年ほどで

 

ようやくスポーツセミナーを開催したり

 

テレビへの出演。

 

 

先日もとある会社から「トレーニングの書籍とDVDを・・・」と依頼もありました。

(有名トレーナーも出している会社なのでちゃんとした会社です)

 

 

 

しかし、私のセミナーデビューは何だったでしょうか?

 

 

それは

 

「体軸を使って施術の精度を高めよう。セラピストが怪我をしないようにしよう」

 

というものでした。

 

 

なぜなら・・・

 

ちゃんと勉強しているのに、うまく結果を出せなくてセミナー行脚をしている人が多すぎる。

 

自分自身が腰痛などの体調不良を抱えているセラピストが多すぎる。

 

 

それはセラピスト自身が自分の体をしっかりと作ってない&使えてないからだ

 

 

 

それが解決できれば

 

患者さんを治せて、怪我もなくなって楽しいセラピスト生活を送れるはずだ!!

 

 

 

そう思ってセミナーを開始して

 

受講生は

 

『今までと同じことをしているのに、患者さんから「今までと違う!!本当にいつもと同じことしてるの?」と言われた。』

 

という報告をたくさんいただきました。

 

 

 

しかし、その後はレフリハ(現・体軸リハビリテーション)が私を中心としてスタートしたり

 

そこでの受講生が自分たちの地元で練習会やセミナーを開始したりという姿を見ていたので

 

私は「セラピスト向けの体軸は任せよう」と思って

 

ここ何年かは封印していました。

 

 

 

しかし、

 

2017年から

 

「治せるセラピストの身体作り」セミナーを再開させようと思います。

 

 

 

なぜなら

 

① 【やっぱり、みんな超下手】

 

はっきり言っちゃって申し訳ありません。

 

でも、本当にそうなんです。

 

トリガーポイントのセミナーでも

 

私自身の体をリリースしてみてもらう機会を増やしているんですが

 

ちょっとあまりにも・・・

 

私自身は特別症状はないんですが

 

一応、潜在性トリガーポイントがあるようで

 

セルフケアでボールを使ってリリースしていると

 

関連痛がしっかり出るくらいに

 

奥まで入るんですね。

 

だけど、多くの受講生にリリースしてもらうと

 

 

まず「関連痛が出ない」。

 

こういう時は場所がズレていることもあるんですが

 

それ以前の問題であるということは明白でした。

 

なぜなら・・・

 

タッチが浅すぎる。

 

それは力が強いとか弱いという話ではなく

 

タッチが浅いんです。

身体の力みがある。

 

だから、全然奥まで入らない。

 

表面の皮膚がヒリヒリするだけ。

 

やられながら「もしかして、俺もこんな感じなの?」と思って、受講生にリリースをかけると

 

「先生にやられると奥までズンッと入ってくるんだよなぁ。」

 

って言っているし

 

八王子の弟子に昨日「ちょっと試しにオレの腰方形筋をリリースしてみてくれるか?」と頼んでみました。

 

彼女には体軸での押し方などは教えていないのですが

 

それでも、多くの受講生よりは上手にできていたので

 

「あぁ、やっぱりみんなが下手すぎるだけなんだなぁ。」

 

証明されてしまいました。

 

 

別にdisってるわけではありませんよ。

 

ただ、このままだとせっかく勉強したのに

 

いつまでも結果を残せない危険性。

 

他の手技を勉強しても同じことの繰り返しになってしまいます。

 

そうなると、結局は患者さんのためになりません!!!

 

 

理由② 【結局、どの団体もちゃんと教えてない】

 

前述のように色々な人が体軸を教え始めたので

 

私自身は「そっちに任せよう」と思って、封印していました。

 

しかし、トリガーポイントセミナーはもちろんスポーツ系のセミナーを受講しにきた人なんかに

 

軸プッシュを挑まれるわけですが

 

激よわ。

 

軸プッシュ以外も全然動けてない。

 

軸に対する理解度も低すぎる。

 

なので、色々と話していると

 

「そんな話まで習ってない!!」

 

と驚かれます。

 

別に難しい話ではなく、基礎の基礎です。

 

むしろ、その話をせずに軸を作らせようとしていたのかと呆れ返るほどです。

 

 

 

理由③ 平日夜の練習会は集まりにくい

 

ということで、「体軸」もそうだし、それ以外の身体の使い方についてだけでなく

 

トリガーポイントも

 

セミナーを一度受けただけで終わりじゃなくて

 

継続して練習して欲しいので

 

月に1度、金曜日の夜に都内で

 

練習会

 

を開催していたのですが

 

やっぱり、古い言葉ですが「花金」

 

しかも、リハビリ職の仕事って

 

17時や18時定時になっていても

 

その時間まで目一杯リハビリしていて

 

業務の一部である「カルテ書き」や「カンファレンス」

 

は就業時間外の「サービス残業でやるもの」みたいな風習があるので

 

開始時間に間に合わず

 

「早めに終わって間に合うようだったら行きます」って人が多かったんですね。

 

で、結局来れないみたいな。

 

 

 

 

そんな3つの理由もあって

 

「あぁ、やっぱりオレがちゃんとセミナーで教えなきゃいけないんだな。」

 

と痛感しました。

 

 

 

 

というわけで、2017年は

 

「治せるセラピストの身体作り」

 

を日曜の本セミナーとしてレギュラー復帰させます。

 

 

とりあえず、関東で年2〜3回。

 

地方で年に1回くらいのペースで開催していければと考えています。

 

 

予定が決まったら、また別途アップして行きますので

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

 

では!!!

 

 

<予定セミナー>

 

11月18日~20日「ピラティスワールド2016」in東京

http://www.pilates-guide.net/pilatesworld/

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

の波田野征美です!!

 

本日3回目の投稿です。

 

 

巨人ファンの波田野にとって

 

なかなかに衝撃的なニュースが流れてきました。

 

 

・・・大田泰示、トレード。

 

 

・・・いや、実績的にはいつトレードになってもおかしくなかったし

 

トレードどころか

 

戦力外通告を受けててもおかしくないくらいだったんですけどね。

 

 

でも、やっぱりねぇ。

 

素材としては抜群じゃないですか。

 

身体能力は12球団でもトップクラスでしょ。

 

 

実際に練習ではとんでもない打球飛ばすし

 

大田選手のホームランの軌道って

 

相手投手を絶望させるような軌道を描くんですよね。

 

「ぶち込む」っていう表現がぴったりなくらいに。

 

 

 

 

だけど、入団当初の期待値からは程遠いほどに

 

ダメダメな成績。

 

 

でも、

 

そのダメダメな成績の理由って

 

見てればわかるじゃないですか。

 

 

 

何って?

 

 

 

頭ですよ。

 

 

どう見ても、配球を考えてないじゃないですか。

 

 

 

教科書通りの配球で攻めれば、勝手に三振してくれる。

 

ストライクを投げる必要がない。

 

 

そんな日々だったじゃないですか。

 

 

 

これ、今回は大田選手だけど

 

数年後は岡本選手もこうなるだろうし

 

今年は正捕手として頑張って小林選手にもですよね。

 

小林選手は阿部選手が結局怪我が治りきらずに捕手ができなかったからってだけで

 

リード面の不安はずっとあったし、小林選手も打席ではとても捕手とは思えないくらいに

 

何にも考えてないような打席ばかりでしたよね。

 

 

 

フィジカル的なことは

 

プロ野球選手もスタッフも素人だから

 

しょうがない部分はあるけど

 

野球に関してはコーチたちは元・プロなんだから

 

そう言った「頭脳」の部分は改善できたんじゃないですかね?

 

 

そりゃ、プロなんだから

 

選手自体も自分で考えて、工夫してって作業は必要なんだけど

 

それで突き放すんなら

 

コーチなんていらない

 

わけじゃないですか。

 

 

選手が自分で考えて工夫するきっかけを与えるのがコーチなわけで

 

 

それができないコーチはいらない。

 

 

本当に大田選手だけじゃない。

 

岡本選手や小林選手だけじゃない。

 

他の選手も全然育ってない。

 

 

 

 

ひと昔みたいに大物選手を補強で獲ってくるなんて真似はもうできませんよ。

 

 

有力選手は

 

若ければ

 

ポスティングでメジャー。

 

 

もうメジャーに行くって年齢じゃない選手は

 

FAで国内移籍。

 

 

その国内移籍も昔は一番お金を持っている巨人というのが第一選択でしたが

 

今、一番お金があるのは

 

ソフトバンク。

 

これからはソフトバンクと同じようにIT企業が母体になっている

 

DeNA

楽天

 

移籍先としては有力になって行くでしょうね。

 

アナログな新聞社が母体の球団は厳しくなってくるでしょう。

 

中日と阪神は見事に沈没しましたし

 

巨人もこのままなら2年後くらいには

 

最下位争いの常連になるだろうと

 

簡単に予想できるほど

 

危ない状況だと思います。

 

 

広島カープなんかは

 

元々が市民球団でお金ないから

 

昔から育成に力を入れていたから

 

今年はああやって生え抜き揃いで

 

セ・リーグを圧倒的な強さで優勝できたんじゃないですかね。

 

それでも25年ぶりになってしまったのは

 

選手が育ってきた頃には給料払えなくなって

 

トレードに出すしかなかったからで

 

 

最近は「カープ女子」を中心に

 

観客動員数が増えて

 

昔に比べたら流出が減ったからなのかなぁなんて思います。

 

 

 

ドラフトの獲得選手を見ても

 

日ハム、ソフトバンクあたりは本当に

 

うまいなぁって思います。

 

 

 

それと比べて巨人は・・・

 

 

盤石の坂本と同じポジションの選手をドラフト1位で獲得って・・・

 

 

 

本当にこれで大田選手が

 

日ハムで覚醒したら

 

 

完全に巨人の育成スタッフのレベルが低いっていうことが

 

露呈しますね。

 

 

 

どうなることやら。

 

 

 

 

<予定セミナー>

11月6日(日)「腰下肢痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=17078

 

11月18日~20日「ピラティスワールド2016」in東京

http://www.pilates-guide.net/pilatesworld/

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。