先日、映画「コヴェナント」みてきました。映画、エイリアンのシリーズ最新作です。

ネットでは随分、酷評ですが、私はとっても楽しめました。

 

私はB級ホラーとかSFが大好きなのですが、最近のトレンドとして作りの安っぽさ。たとえていうとNHKの大河ドラマのような、そんな印象が強くて、どうかな~なんてあまり期待もしていなかったのですが、やはりビックタイトルは違いますね。

 

あの手の「宇宙船内で恐怖に遭遇する」映画って、アクション・シーンがともすると真っ暗で、それまでの独特の宇宙船内のデザインなど、おろそかになってしまいます。まあCG合成でつくっているのだと思いますが、そのためアクション・シーンは別物になってしまいますよね。事故が起こる前の舞台と事故が起こった後の舞台、事後の舞台はすべての作品が同じようなクリーチャーの侵入で電源がおちて暗くなった船内で戦うため、画面がどの作品もカメラワークを含めて、おんなじような印象になってしまうというのが私の持論ですが、コヴェナントはちがいます。この作品の魅力は一言でいうと丁寧につくられているといったところでしょうか。問題の事後のシーンでも、独創性というのは期待できませんが、きれいです。

 

前作のプロメテウスとの話のつながりもスムーズで、プロメテウスの世界が好きな人には引き続きSFとして、楽しめます。ネットの酷評にあったストーリー批判でみましたが、たしかに感情に駆られて非合理的な行動を人類がとってしまうことで事件がおきます。しかし、あまりに完璧なストーリーだと悲劇は起こりません。どこかにひずみをつくるしかないと思うのですが、その非合理的行動をとらざるを得ないような舞台設定(クルーは夫婦)であったりと私は考え抜かれていると感じました。

 

ストーリーは奇想天外というよりはある程度、というか普通の先の展開が読めます。ですが、それがわかっていても圧倒的な映像美(カメラワークだけでなくクリーチャーなど)で経過を楽しませてくれます、もちろん、お約束のシーンもあります。

 

個人の好みの問題とはいえ、スターウォーズシリーズや、スパイダーマンとかアイアンマンとかの、なんとかマンの映画よりは百万倍楽しめます。

AD