道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録

休日、元気な時は、在住している千葉を中心に関東近辺をうろうろしているオイラ。もともとは近場に泊まりがけで出かけて、宿で美味いものを食べでお酒を呑むことがお目当てのだったのだが、いつの間にか途中の道にある古ぼけたもの(土木建築物)が興味の中心に・・・


ということで、道にあるちょっと古めの気になるものを写真に納め、場所(地図)と少々の感想を粛々と記録してきた


同業者のよそ様のサイトを見ると、面白いコメント満載で、自分の文才のなさに恥じ入るばかりだが、これはこれでひとつの記録として見ていただければ幸い、と開き直る日々(^-^;


ここに記載の物件はほとんどネットで紹介済みのところだが、そのうち、なるべく頑張ってオリジナルの物件を載せたいところ。


当面の目標は千葉にある隧道・トンネルの完全制覇。開削されてお亡くなりになったものも含め、トンネルコレクション完成を目指す!(←あのサイトさんに挑戦状w)


※引用、写真の転載は特に制限しませんが、事後でもいいのでご連絡ください。以前、知らぬ間に某サイトで写真を転用されて少し気分が悪かったので。

NEW !
テーマ:

【名称】不明
【所在地】君津市大坂
【竣工】不明
【延長】約30m(目測)
【幅員】約3m(目測)
【高さ】約3m(目測)

 

 

 

2016年8月14日訪問

 

 

君津市大坂(おさか)、国道410号にて。今いるのはココ(←クリック) 赤矢印の路地を入る。

 

 

正面の突き当たりは左に。

 

 

このまま真っ直ぐ。

 

 

舗装はここで終了。

 

 

築堤を進む。この先にYahoo!の地図では水路隧道らしきものが記されているが、よく探さなかった(^-^;

 

 

道は山の中に延びる。

 

 

うっ、いきなり藪の攻撃。

 

 

と思ったのだが、少し進むと状態は良好に。いつの間にか舗装も復活している。

 

 

いい感じの道だ。こんな山道を歩くとゴキゲンな気分になるねぇ。写真はパノラマ合成。

 

 

最初の切り通し。

 

 

切り通しを過ぎる。

 

 

ふたつめの切り通し。

 

 

ふたつめの切り通しをすぎると隧道が見えてきた。

 

 

遠目には縦長の隧道のように見えたのだが、近づいてみるとズングリムックリの断面だった(笑)

 

 

南側坑口。

 

 

南側坑口。

 

 

天井には崩落の跡が。

 

かつてここまで車でやってきたというまきき氏、たまたま天井が崩れてきたので大慌てでバックで戻ったそうだ(^-^;

 

 

左側も若干崩落したような跡が。

 

 

全体的に崩れやすい地質なのかもしれない。

 

 

内部から見た南側坑口。

 

 

そして北側坑口。

 

 

北側に抜ける。

 

 

振り返って北側坑口から内部を望む。

 

 

北側坑口。

 

 

少し離れてもう一枚。

 

     ※     ※     ※

 

おまけ動画。今回はいつもより高画質。しかし、アップロードに時間がかかったので、このサイズでのアップはもうしないかも(^-^;

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ

にほんブログ村

 

古道・廃道 ブログランキングへ

 

大坂の陣 (河出文庫)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

【名称】猫打橋
【所在地】君津市正木
【竣工】不明
【橋長】約70m(目測)
【幅員】約1.5m(目測)

 

2016年8月21日訪問

 

 

君津市正木(まさき)、三島ダム近くの駐車場から出発。

 

 

奥米方面にチャリを進める。今いるのはココ(←クリック) 釣り船屋さんの看板が目印。

 

 

ダートの道が延びている。

 

 

のそまま三島湖方面へ。

 

 

柵が現れた。立入禁止か?

 

 

柵は施錠されてはいなかった。どうやら動物避けの柵のようだ。

 

 

柵の先に吊橋の主塔が現れた。

 

 

南側の主塔。

 

自分の知っている範囲では、三島湖周辺の吊橋は皆コンクリ製の主塔のものだった。これは建設時期が違うのだろうか?

 

 

車両は通るな、ということなのでチャリは置いていくことに。

 

 

では行こう。

 

 

床板もシッカリしていて通行には問題ない。

 

 

中間付近にて。

 

 

振り返り。

 

 

橋の上から東の下流方面(三島ダム方面)を望む。

 

 

西の下流方面(写真はパノラマ合成)。

 

 

対岸へ。

 

 

対岸の道。

 

 

地理院地図によれば、この先、房総スカイラインまで続いているようだが、おいらはここで引き返す。

 

 

北側の主塔。

 

 

袂から。

 

     ※     ※     ※

 

おまけ動画

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ

にほんブログ村


地理 ブログランキングへ

 

Meicent シリカゲル猫 LED雰囲気七色のグラデーション光 USB充電式寝るとき照明ランプ(1200 mAhの充電式バッテリー、12 時間の作業時間)(人気猫)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【名称】下町3号橋
【所在地】山武市成東
【竣工】不明
【橋長】約2m(目測)
【幅員】約6m(目測)

 

2016年9月4日訪問

 

 

山武市成東(なるとう)、成東城址公園から降りてきた。今いるのはココ(←クリック)

 

 

坂を下ると作田川の支流、というか水路に架かる橋がある。南側より。

 

まぁ、普通はスルーするような物件だし、以前、ここを通ったときもスルーしたのだが、その後名称が判明したので取材対象に昇格(^-^;

 

山武市橋梁位置図」(http://www.city.sammu.lg.jp/uploaded/attachment/8427.pdf)によれば、この橋は下町3号橋というらしい。ただし、読み方は不明。

 

 

橋の上から東側を望む。

 

 

そして西側を。橋梁位置図によれば、西隣に「下町4号橋」があることになっているが、写真に写っているのはそれとは別のプライベート橋のようだ。

 

 

北側より。

 

 

東側より。

 

     ※     ※     ※

 

【名称】城址公園大橋()
【所在地】山武市成東/和田
【竣工】(H)
【橋長】
【幅員】

2016年9月4日訪問

 

 

下町3号橋の取材は早々に切り上げ、そのまま作田川方面へ。

 

 

小振りだが新しめの橋が現れた。南側より

 

実は以前も取材済みだったのだが、ブログにアップする前にハードディスクが死亡してしまったので、撮り直しに来たのだ(^-^;

 

 

東側より。

 

 

東側左の銘板。「城址公園大橋」

 

でた、作田川が大好きな「大橋シリーズ」∑(゚Д゚) 2本隣の旧道にある大橋、国道の成東大橋、そしてさらにもう一本下流に平成大橋という具合に500メートル程の区間に4本の「大橋」が密集している。なお、旧道のは江戸時代から(代替わりをしながら)あり続ける由緒ある名前。

 

それにしてもこの橋まで大橋を名乗るのはさすがに…(^-^;

 

 

南側右の銘板。「作田川」

 

 

橋の上から東の下流方面を望む。

 

 

西の上流方面。

 

 

北側より。

 

 

北側左の銘板。「じょうしこうえんおおはし」

 

 

北側右の銘板。「平成21年11月完成」。

 

 

北側の袂から降りて藪をかき分けると…

 

 

橋歴板が現れる。「城址公園大橋/2009年7月/千葉県/道示(2001)A活荷重/使用鋼材:SMA490AW,SMA490YA/設計:株式会社建設技術センター/製作:北日本機械株式会社」

 

 

西側より。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ
にほんブログ村

地理 ブログランキングへ

 

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。