道にあるちょっと古いもの

トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物を訪ねた記録

休日、元気な時は、在住している千葉を中心に関東近辺をうろうろしているオイラ。もともとは近場に泊まりがけで出かけて、宿で美味いものを食べでお酒を呑むことがお目当てのだったのだが、いつの間にか途中の道にある古ぼけたもの(土木建築物)が興味の中心に・・・


ということで、道にあるちょっと古めの気になるものを写真に納め、場所(地図)と少々の感想を粛々と記録してきた


同業者のよそ様のサイトを見ると、面白いコメント満載で、自分の文才のなさに恥じ入るばかりだが、これはこれでひとつの記録として見ていただければ幸い、と開き直る日々(^-^;


ここに記載の物件はほとんどネットで紹介済みのところだが、そのうち、なるべく頑張ってオリジナルの物件を載せたいところ。


当面の目標は千葉にある隧道・トンネルの完全制覇。開削されてお亡くなりになったものも含め、トンネルコレクション完成を目指す!(←あのサイトさんに挑戦状w)


※引用、写真の転載は特に制限しませんが、事後でもいいのでご連絡ください。以前、知らぬ間に某サイトで写真を転用されて少し気分が悪かったので。


テーマ:

【名称】境部田橋
【所在地】297-0122 千葉県長生郡長南町坂本
【竣工】2015(H27)年9月
【延長】約100m(目測)
【幅員】約7m(目測)

 

 

 

2017年5月21日訪問

 

 

長生郡長南町坂本、今いるのはココ(←クリック)、南を向いている。県道から未成橋らしきものが見えたのであわててこちらに曲がってきたのだ。橋の前後が寸断されていて上に登ることはできなさそうだ。

 

 

なかなか立派なはし。えっと、ここにあるってことは、、、あれか?

 

そう、冒頭のYahoo!地図を航空写真に切り替えていただくと、2017年5月現在、この橋の建設中の姿が映っている(橋脚のみ)。そして、ここから北西300メートルほどのところに、圏央道の茂原長南IC方面から延びてきている建設中の道が!そう、以前紹介した黄金橋(未供用)の道だ。つまり、この橋は現在建設中の、長南と一宮を結ぶ長南グリーンラインの橋梁ということになる。

 

 

橋歴板が見えた。こういう日に限って望遠レンズを持ってきていないんだよなぁ。いつも使わないから、この日は持ってくるのをやめたのだった(^-^;

 

 

それでも、写真を拡大してみると銘板の内容を読み取ることができた。

 

「堺部田橋/2015年9月/千葉県/道示(2001)B活荷重/使用鋼材:SMA490W、SMA400W/設計:株式会社千代田コンサルタント(佐藤栄一)/製作:株式会社:東京鐵骨橋梁(水島純一)/施工:株式会社東京鉄骨橋梁(升本和喜)」

 

担当者の名前入り橋歴板はあまり見かけない。記憶にあるものでは、八千代市の印旛放水路近くの水路に架かる阿宗2号橋ぐらいか?あともう1つか2つ、見かけたことがあるような気がしないでもないが、どこだったか思い出すことができない。

 

 

それにしても、この長南グリーンライン、一体、いつ開通するのだろう?竣功してから既に1年半。小金橋は3年以上経っているというのに。。。よくあることとはいえ、開通する頃には橋がポンコツになっているのではないかと要らぬ心配をしてしまう(^-^;

 

 

最初見たときは未成橋かと思ったが、橋台が完成し橋桁が載っかっている。ここまで築堤を築く予定なのだろう。

 

 

南側より。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ
にほんブログ村


街・建物写真 ブログランキングへ

 

ゼンリン住宅地図 B4判 千葉県 長生郡長南町 発行年月201505 12427010E

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

【名称】岬町童謡の里
【所在地】いすみ市岬町岩熊
【竣工】1991(H3)年

 

 

2017年4月16日訪問

 

 

いすみ市岬町岩熊にて。たまたま通りかかったところ、目に付いたので緊急停止。

 

 

なんだろ?石碑が3つもあるぞ。

 

 

「童謡の里」ってなんだ???

 

 

左右の石碑には音符も刻まれている。

 

 

「岬町童謡の里」

 

この碑は、昭和初期から中期にかけて活躍した民謡作曲家の海沼實にちなんで建立されたものとのこと。この場所にかつて海沼の妻の実家があったそうだ。

 

なお、岬町は2005年に大原町、夷隅町と合併して、いすみ市になっている。

 

 

「里の秋」 題名は知らなかったが、聞けば思い出す歌だ。

 

 

「蛙の笛」 こちらは知らなかった(^-^;

 

ところで、千葉県観光物産協会のここの紹介ページの解説文が酷い。まず、日本語がおかしい、そして肝心の海沼の名前が間違っている。千葉県観光物産協会、大丈夫か?

 

     ※     ※     ※

 

さて、実はおいらが注目して緊急停車したのは、この歌碑のためではない、その後ろにあるブツのためだ。

 

 

まず、これ。
 

 

中を覗いてみると、ただの部屋だった( ;´Д`)

 

 

つぎに、ふたつの凹み。

 

 

水路隧道か壕の跡か、、、封鎖されていてどうにもならないことは明らかなのだが、ついついチェックしてしまうのだ(^-^;

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 道・道路へ
にほんブログ村


地理 ブログランキングへ

 

里の秋

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

【名称】山田第一隧道(やまだだいいちずいどう)
【所在地】いすみ市山田
【竣工】不明
【延長】約50m(目測)
【幅員】約3m(目測)
【高さ】約4m(目測)
 

 

2017年5月7日訪問

前回(2013年1月20日)

 

 

いすみ市山田、林道山田線にて。昨日の記事の最後の写真を再掲。実はここに既に隧道がほんの少し写っている。写真では解りづらいが、肉眼ではこの時点ではっきり隧道の存在が見えている。

 

 

少し歩みを進めたところ。ここまでくれば写真でも隧道があることがよく解るだろう。ってか、やっぱり隧道の手前も大変なことになっている。

 

 

北側坑口。

 

 

ちなみに、4年前の姿。ほぼ同じような構図で撮っていたんだなぁ(^-^;

 

 

北側の扁額。

 

 

「山田第一隧道」

 

隧道名の下に竣功年月を記していることが多いが、ここは隧道名のみ。そして隧道の竣功時期だが、ネット上で調べた限りでは不明。ただ、昨日の記事にも書いたが、明治39年発行の地形図にすでにこの隧道の記載がある。また、迅速測図には記載がないので、明治20~30年代に竣功しているものと思われる。もちろん、現在の姿になったのはそれよりもずっと後のことだろうが。

 

 

北側坑口から内部を望む。少し前から気付いていたのだが、南側が大変な事になっている。。。

 

 

同じ位置からズームして露出を調節して 撮ってみたのがこれ。つまり、まぁ、こういうことになっているのだ(^-^;

 

 

路盤は(推定)5センチ程度の泥に覆われていた。坑口が塞がれて泥が溜まってしまったようだ。

 

靴がスポッといってしまったら撤退するしかないと思ったのだが、見かけより乾いて締まっていたので普通のスニーカーでも問題なく歩くことができた。

 

 

でも、先人は苦労したようだ(^-^;

 

 

内部から見た北側坑口。

 

 

モルタル吹きつけの内壁。

 

千葉の林道によくある縦長の断面。掘り下げと考えるのが自然なのだが、このスペックのものがしばしば見られるので、ひょっとしたら、これが林道にある隧道の仕様なのかもしれない、と思ったりもしているのだが、実際のところどうなんだろう?

 

 

さて、南側の坑口が近づいてきた。

 

 

内部から見た南側坑口。

 

 

改めて説明しよう。この日(2017年5月7日)、隧道の南側坑口は崩落で封鎖状態だった(^-^;

 

 

大変な事になっているけど、とりあえず、登ってみるしかない。

 

 

登ってみて前方(東ダム方面)に展開した景色。なんだこりゃ(^-^;

 

 

振り返って見た南側坑口。

 

 

南側の全景。写真はパノラマ合成で。

 

 

こちらも、4年前の姿を。

 

 

南側の扁額。「やまだだいいちずいどう」

 

 

坑口向かって左手がグシャッと崩落してきたようだ(^-^;

 

 

倒木の上を伝って前方を偵察。とりあえずこの崩落さえ突破すればなんとかなりそうだ。単身なら大したことないのだが、なにしろチャリ同伴だからなぁ(^-^;

 

 

とはいえ、このままもと来た道を戻りたくない。同じ道を引き返すというのもつまらないし、面倒だからだ。このまま進めば東ダムまですぐのはず。

 

 

しばらく悩んで結局チャリを担いで強引に突破。案ずるより産むが易しのごとく、なんとかなってしまった(^-^;

 

 

最後の倒木を通り、、、

 

 

振り返り。

 

この林道、復旧されるのかな?もう少しまえから好事家しか通っていないんじゃないかという雰囲気だったので、今後が非常に心配だ( ;´Д`)

 

     ※     ※     ※

 

おまけ動画。

 

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 地理へ
にほんブログ村


古道・廃道 ブログランキングへ

 

山田照明 取付簡易型 薄型ライティングダクト レール可動型 TG-367

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。