1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-16

高齢者・障がい者支援チャリティ歌謡祭

テーマ:ブログ

 昨日、岐南町役場中央公民館講堂にて「高齢者・障がい者支援チャリティー歌謡祭」が盛況のうちに終了致しました。私も参加させて頂きました。
  
   昨年竣工した役場はとても美しく立派な建物でびっくりしました。設計コンペで最優秀を獲得した東京の設計事務所の作品との事。そこだけ別空間となっていました。

 招待された高齢者・障がい者の方々は、皆さん車椅子で最前列で聞かれました。
  メインの鏡五郎さん、安部里葎子さんは車椅子のお一人お一人と握手をしながら歌われました。
   主催者のお一人は、日本の発展に寄与された先輩方に恩返しがしたいと思ってやってみたチャリティーだが、高齢者、障がい者の皆様の笑顔を見ると止めるわけにはいかなくなった。今回で四回目です・・と 嬉しそうでした。

 私は、ぎふチャンラジオ「ハッピーサンデー」のコメンテーターとして、第一部の第一興商のカラオケ決勝戦の審査員を務めさせて頂きました。他には主催者のJTCメディアグループのKさん、そして2部3部の司会をされた梓夕子さんのプロダクションのN代表。

    第一興商のカラオケ決勝戦でしたので、テクニカルな評価は機械(DAM)が採点してくれ、歌い終わった後、得点が客席にも公開され、そういった意味ではテクニカルな部分ではDAMが審査員です。
     人間の審査員は表現力とスター性をそれぞれ五点満点で評価し、三人の平均値を機械の得点にプラスして順位を決めます。

N代表から基準点を教えて頂き、最初の歌い手さんを基準として評価したので、公平な採点ができたと思います。

ところで、最初に司会者から審査員の紹介がございましたが、なんと私は審査委員長でございました。優勝者と準優勝者の商品が超豪華でしたので責任重大でございました。

    それはさておき、25人の参加者で、23人は90点以上で、例えていうならNHKののど自慢のグランドチャンピョン大会のようなハイレベルなものでした。

  個人的には、木山裕策氏の大ヒット曲「Home」を熱唱したOさんの歌唱に、とても感動し、審査しながらちょっとウルウルしました。OさんのDAMの得点は、97.029点。
 準優勝した小田純平の「愛しき我が人生」を歌ったTさんの得点は、97.116点で上回りこれも素晴らしい歌唱で感動しました。
 一応アマチュアの皆さん。これはプロの歌手の方々は大変だなあ~っと思いました。(笑)

 この他にも素晴らしい歌唱がいっぱいで、クラクラしました。皆さん、超ハイレベル。優勝者は、98点超えという驚異の点数でした。

 皆さん、声量があり、艶があり、カラオケは健康にもいいですね。

    昨日の高齢者、障がい者の皆様の笑顔、そして車椅子を出したり引いたりテキパキと休むことなく動いていらした介護職員の方がちょっとした合間に舞台に目を向け見せる笑顔・・・「人を幸せにしたい」というチャリティー精神の原点を見た思いでした。感謝。

 

 関係者の皆様。本当にお疲れ様でした

 

昨年竣工した岐南町役場

 

真剣に審査いたしました。

 

 

ハイレベルな決勝選

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-11

長島昭久議員の『中庸』の政治哲学

テーマ:ブログ
長島氏は日本の不寛容なリベラルと粗雑な保守の深刻な分断に心を痛めているという。
 それを乗り越えるのは『秩序ある進歩』中庸の精神であると、氏が尊敬する小泉信三氏の言葉を引用されている。
  長島氏にとって真なる保守とは、過剰を自制し、不正を見逃さない毅然とした態度から一方に偏ることなく常に調和を重んずる中庸であるという。

  私も小泉信三氏著の『海軍主計大尉 小泉信吉』や、信三氏の令嬢秋山加代さんの著作を数冊読んだことがございます。
  読書は顔を作るとすれば、なるほど小泉信三氏を尊敬する長島議員のお顔が優しく柔和なのに合点がいきました。

  それにしても長島氏が標榜する安全保障上のリアリズムを最も政策的に体現してきたのは宗教政党幸福実現党ではなかったか。
   そして夢想する乙女のようなある種宗教的な『友愛』を説き安全保障をガタガタにしてしまったのが旧民主党であった。
  世の中は時として逆説が働く。
渡部昇一氏的に言えば、逆説が働く国は神に愛されているという事なのだろうか。

一読をお薦めいたします。

長島昭久氏ブログリンク

翔ぶが如く

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-20

HRPニュースファイル 東芝の苦難 ~日本から原子力技術者を絶やしてはならない~

テーマ:ブログ

 

 HRPニュースファイルを投稿しました。

東芝の苦難――日本から原子力技術者を絶やしてはならない

http://hrp-newsfile.jp/2017/3115/

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

AD
2017-02-24

『清水富美加が芸能界総スカンでも世論を味方にできた理由』

テーマ:ブログ
これはもしかしたら日本の芸能ビジネスの構造を変える「奴隷解放運動」につながるかもしれない――。から始まるンフィクションライター窪田順生氏の記事は秀逸である。

多くの方がリンクを貼っていらしたので読みました。

今回の清水富美加氏の騒動が報じられた時、ビジネス界からは「世直し運動が始まったな」と直感した人が少なくなかったという。大川隆法総裁もこれを指摘しておられました。

 この記事もその文脈で語られています。

「業界の浄化運動がはじまった・・・」

それにしても、芸能界の重鎮の面々には、その認識はまったくないようである。内心思っていても無言の圧力で言えない雰囲気。

 このセンスの差、「世直し運動が始まった・・・」と感じるセンスと、「清水富美加は業界の掟を破った不届き者・・・」と感じるセンスの差は、現代と江戸時代の開きの如き救いようのない大きなものに思える。

 
 そして、後者のセンスを持つ「芸人」が、いまや時事問題に対するオピニオン・リーダーを気取っているかのよう。
 トランプを語り、豊洲問題を語りしている。

 自浄作用が絶望的にできない「芸人」が、芸能プロダクションがテレビを支配している図。

 テレビは「オワコン(終わったコンテンツ)」といわれている所以かな・・・とも思う。

ここに異議申し立てをしている。

 そうえいば、昨日のテレビで、デビ夫人は、清水富美加氏の本の出版を評して「本の出版には6ヶ月かかる。」だから計画的(炎上)商法でけしからんと、そんな感じの発言をして糾弾しておられた。

 幸福の科学出版では、原稿作りから印刷製本、出荷の過程をほんの数日で捌いている「事実」をまったくご存知ないまま、彼女の発言がチェックされることなくそのままテレビでオンエアーされる。

 技術の革新を確かめようともせず、昔の常識で、ビジネス界のセンスには遠く及ばない旧態然とした感覚で発言を繰り返し、それを垂れながしているテレビは、やっぱりオワコンなのだろうか。

  そうではない!テレビ界のセンスを見せて頂きたいとも思う。
 

清水富美加が芸能界総スカンでも世論を味方にできた理由
http://diamond.jp/articles/-/119008


 
 
 
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-14

1/15(日) ぎふチャン・テレビ

テーマ:ブログ
  1/15(日)、午後6時30分~7時、ぎふチャン・テレビで幸福の科学グループの大川隆法総裁による「真理への道」を放送いたします。
  日本の、あなたの本年の進むべき道が示されます。
  ぜひご覧下さい。




にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。