2013-08-29 09:00:00

~Vol.8~シンプルな上質:ヴィクトリアンサイドテーブル

テーマ:Desk/Microcosmos

Pancada Early Autum Styling”Desk/Microcosmos of your own"


~デスク・貴方の小宇宙~


*******************************************************
パンカーダからお届けする、初秋を先取りしたデスク・スタイル特集。

貴方のこだわりへの道しるべに、どうぞご覧ください。

*******************************************************


シンプルなフォルムが魅力の、ヴィクトリアンサイドテーブル。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


革が貼られた「ライティングテーブル」ではない「サイドテーブル」は、
物を書くために特化したわけではなく、
色々な用途に使えるようなシンプルなフォルムが多く見られます。
大抵は奥行きもそれほどなく、壁につけて使うような仕上げになっています。


このサイドテーブルも、まさに色々と使いまわせる頃合いのプロポーション。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


デスク用としては、少し大きめなPCをおいて、執務スペースは十分に。
ダイニングのサイドボードとして、ちょっとしたものを置いたりしても。


アンティークならではの凝った引手が嬉しい
浅い抽斗は、小さなものを便利に収納できます。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


存在感ある挽きものの脚は、ストレッチャー(キャスター)がつき、
移動の助けになってくれます。


手元のあかりにはフランスのブロンズランプを。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



光りが優しく反射する、目と手に嬉しい、
しっとりとした風合いが魅力的な天板が日々の疲れを癒してくれるよう。


例えばデスク用として合わせるならば
脚のデザインを揃えた同じくヴィクトリアンのサロンチェアを。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


あえて少しずらしたところにミラーをかけて。

目線を気にせず、明るさと広がりだけを取り込む手法です。


デスクサイドにおいた小物入れは、古いコールボックス(石炭入れ)。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



シンプルで上質な本物のアンティークだからこそ、
色々な遊び心をしっかりと受け止めてくれる、そんなサイドテーブルです。


by N


********************************************


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8116-034

ヴィクトリアンサイドテーブル












東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8118-104

ローズウッドサロンチェア










東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
ブロンズランプ

*サイト未掲載です。

詳細はお問い合わせください。

















東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
コールボックス

*サイト未掲載です。

詳細はお問い合わせください。

















東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
ミラー

*サイト未掲載です。

詳細はお問い合わせください。


















*************************************************************




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-25 10:00:00

~Vol.7~優雅な愉しみ・マホガニーデスク

テーマ:Desk/Microcosmos

~Vol.7~優雅な愉しみ・マホガニーライティングデスク



すらりとしたカブリオレ・レッグが印象的な
マホガニーのライティングデスク。


備え付けられたふたつの小さな収納が可愛らしいデスクは、
ミラーをちょうど真ん中に掛ければ、ドレッサーとしてお使いいただく事も。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


浅めの抽斗には小さなものの収納に便利。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


合わせるのは、同じダークマホガニーのシールドバックアームチェア。

脚はカブリオレレッグではなく、直線的なスペード・レッグではありますが、
優美な印象がデスクと呼応するかのよう。


ジャガード織のファブリックも

ピンクのなかにさりげなくグリーンの先染め糸が織り込まれ、
天板のグリーンレザーとの相性も抜群。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



収納には、やはりマホガニーのブックケースを。
書棚として、コレクション・ケースとして、動かせる棚板は

様々なものに対応できます。


手元の明かりには、19世紀のキャンドルスタンドを改造したと思われる、

ブロンズ・ランプを置いて。


たおやかな姿のブロンズ像は、傍に置いておくだけで、エレガントな気分になれそう。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


こぶりな天板の上で、
時には読書を、
時にはレースを広げてアクセサリー選びを。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


貴方の演出次第で、様々なデスク・スタイルがお愉しみいただけます。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


by N

***********************************


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8125-245

マホガニーライティングデスク











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8121-015

ヘップルホワイトアームチェア












東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
9133-136

スリードアーズブックケース











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
1006-085

ブロンズランプ










*********************************************************



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-24 09:00:00

~Vol.6~本物の実用アンティーク・ニーホールデスク

テーマ:Desk/Microcosmos

Vol.6 本物の実用アンティーク・ニーホールデスク


どうせ手に入れるなら、本物のアンティークが欲しいけれど、

しっかり実用に使いたい・・・そんな方にお勧めなのが、
バーウォールナット*1の化粧張りが美しいニーホールデスク。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



巾約120cmのゆったりとした天板はパソコンやテキストを使いながら、

サイドに本も広げられるゆとりのサイズ。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



天板に貼られた革は気品あるローズ・レッド。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


英国アンティークの醍醐味、優雅なカブリオレ・レッグの脚をもつ

デスクに合わせるのは、やはり美しい曲線の脚をもつサロンチェア。


まるで美術品のような背もたれの彫刻は、

匠の技と重ねた歳月で緩やかな丸みを帯び、

座った時にあたりが全く気にならない優れもの。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


座面にはデスク天板のローズレッドと良く合う、

ダーク・ローズレッドのジャガードベルベットが貼られ、気品ある色遣い。


机上のブックスタンドには、ヴィクトリアンのファイヤードッグ*2を。
ずっしりと重く、安定感のあるフォルムは、工夫次第でいろいろ役に立ちそうです。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



デスクサイドには、マホガニーのディスプレイキャビネットをレイアウトして。


バランスのとれた端正なフォルムに、細かい手の込んだインレイが施され、

この家具自体がコレクション・アイテムのよう。


ガラスの向こう側にフロアランプを置けば、中まで光が差し込んで、

ディスプレイされた小物を優しく照らし出します。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



ウォールナットの飴色とマホガニーの黄金色、

そして革とファブリックのレッドが心地良く調和した貴方だけの空間で、

寛ぎのひとときを。


by N


****************************************


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8125-408

ウォールナットニーホールデスク












東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8121-020

ヴィクトリアンサロンチェア












東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8113-324

インレイドディスプレイキャビネット












東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8118-151

ファイヤードッグ










****************************************
*1
ウォールナット(クルミの木)は英国アンティーク家具のなかでも代表的な材。中でも根元の瘤の部分をバー(bar)と呼び、独特の渦巻き状の杢目が現れることから、化粧貼りとして重用されてきました。

*2
ファイヤードッグ(firedog)は別名アンドアイアン(andiron)といい、暖炉で薪をくべるための台のこと。
2つで1ペアとなり、主にオープンな暖炉で薪を支え、燃えやすくするためのもので、横から見たフォルムが犬のようであることから、名づけられました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-20 11:00:00

~Vol.5~スリムスタイルな壁の花・インレイドマホガニービューロー

テーマ:Desk/Microcosmos

Vol.5 スリムスタイルな壁の花・インレイドマホガニービューロー


「デスクをお部屋に置きたいけれども、それほど使う訳ではなくって・・・。
でもダイニングテーブルはちょっと違うのよね。」


そんな方にお勧めなのがスリムなビューロー。

畳んだときには奥行きはなんと、わずか33cm。

使わないときは壁際にぴったり納まります。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


姿も美しく、足元のストレッチャープラットフォームはさりげない曲線で演出され、

トップの幕板には透かし彫り。

明るい壁の前に置けば、よりシルエットの美しさが際立つ英国アンティーク。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


マホガニー材の天板を開けば、
モスグリーンのレザーが貼られたスペースが現れます。


小さく仕切られた棚はピジョン・ホール(鳩の穴)と呼ばれる収納スペース。
ハガキや書類、蔵書やコレクション・アイテムなどを

効率的に美しく納めることができます。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


シンプルなフォルムのマホガニー・チェアをあわせて。


脇に置くキャビネットも、マホガニーのエドワーディアンスタイル。


すらりと伸びた脚に、細かいインレイ、

ガラス扉のリーデッドグラスは花びらのパターン。
しっかりとこだわりのある作りが見事なキャビネットです。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



こぶりなランプはフランスからのお品物。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


軽くて取り回ししやすく、天板を閉めた時にはビューロー上部に置けば、
ワンポイントの明かりとしてお部屋を優しく演出してくれます。


by N


**********************************



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8118-077

インレイドライティングビューロー












東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8121-527

マホガニーチェア











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8118-102

エドワーディアンディスプレイキャビネット











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ

9137-036a

テーブルランプ

(シェードは現行品です)

*サイト未掲載です。

詳細はお問い合わせください。





************************************************

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-19 11:00:00

~Vol4.~ 一家の船長のデスク:ダベンポート

テーマ:Desk/Microcosmos

Vol4. 一家の船長のデスク:ダベンポート


18世紀にキャプテン・ダベンポートの為に作られたのが
始まりといわれるちょっと変わったデスク。


それが「ダベンポート」です。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


船に乗せるために、こぶりで収納力があり、
鍵を掛ければ多少の動きにはものともせず、貴重な書類も護られる。


・・・そんなデスクを注文したのでしょう。


蓋を開ければ、収納スペースになっているひな壇は
凝った真鍮の囲いがつき、まるで小さなステージのよう。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


フォトスタンドやこぶりなランプを置けば、
貴方だけの劇場の出来上がり。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



スロープになった天板を開けば、
中にはちょっとした書類を入れられるスペースと
ちょうどハガキなどを納められる小さな抽斗がふたつ。

本体右側には意外と奥行きのある4段の抽斗。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



脚に組み込まれているので、一見収納には見えず、
とてもスマートな印象です。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


ちなみに左側にも同じく抽斗・・・と思ったら、
なんとこちら側はダミー。引っ張っても開きません。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


遊び心満載のダベンポート。


合わせるのは、同じくウォールナットのサロンチェア。
挽き物の脚のデザインが、ダベンポートのフロント支柱とよく合います。


小脇には小抽斗がついたフラップトップのサイドテーブルを。
オープンな棚に本や資料などを気軽にいれておける、便利な脇役。


一家の船長には、舵取りの為の思慮の空間が必要。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



・・・そんな理由をつけて、手に入れてみてはいかがでしょうか。


by N


****************************************************


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8125-232

インレイドダヴェンポート











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8116-072

ウォールナットサロンチェア











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8125-165

ウォールナットブックケース











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
9137-040

テーブルランプ

(シェード別売)

*サイト未掲載です。

詳細はお問い合わせください。







*************************************************



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-15 10:00:00

~Vol.3~貴婦人の止まり木:インレイドシリンダービューロー

テーマ:Desk/Microcosmos

Vol.3 貴婦人の止まり木:インレイドシリンダービューロー



最高級素材・ローズウッドを19世紀の職人が手間と時間を惜しげもなく使い
こだわりぬいて仕上げた小さなビューロー。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


シリンダー(円筒)部分がくるりと回転し、現れる内部には小さな抽斗がみっつ。
天板を引き出せば、深みのあるローズウッドの中央に、

深みのあるグリーンのレザーが貼られた美しい作業スペースが現れます。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


ちょっと本を読んだり、手紙を書いたり。
作業というよりは、思慮のための小宇宙。


それでも、少し本や資料を広げたいときは
サイドにこぶりなテーブルを置くのがお勧め。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



必要に応じて動かせて、使わない時にはその存在自体が美しい
ワインテーブルなどいかがでしょう。


脇に合わせるのは、やはりローズウッドのサイドキャビネット、そして
バルーンバックのマホガニーサロンチェア。


ビューローのトップには、本当にお気に入りの小物を少しだけ。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


英国のプリントファブリックを張りこんだシェードをもつフロアランプと
フランスのテーブルランプを合わせれば、そこはまさに貴婦人の一等席。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



絵画のワンシーンのような空間で、貴方だけのひとときを。


by N


*****************************************************


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8125-223

インレイドシリンダービューロー











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8118-189

バルーンバックサロンチェア











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8116-063

Shoolbred&Co社サイドキャビネット











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8116-031

インレイドワインテーブル











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8125-183

フロアランプ










*************************************************************

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-13 11:00:00

~Vol.2~壁面の書斎:インレイドビューロー

テーマ:Desk/Microcosmos

~Vol.2~壁面の書斎:インレイドビューロー


書斎を持つのは大人の夢。


一部屋用意することは難しくても、
リビングやダイニングのワンコーナーが用意できれば、
こんな「壁面の書斎」はいかがでしょうか。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


コレクションを堪能できるボウグラスのキャビネット部分。
収納たっぷりの抽斗が三段。
透かし彫りが美しい開き扉の収納が2か所。
光りを回しこむミラーがついたオープンシェルフ。


海の守り神のような海豚のカーヴィングを擁いた、美しいマホガニーの躯体には

それらが絶妙のバランスで配されています。


そして、ホタテ貝*1の象嵌細工が施された天板を開ければ、
そこには細かい棚や小抽斗がついたデスクが現れます。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


キャビネット・シェルフにビューロー機能を組み込んだ家具。
まさに、こだわりの空間を詰め込んだ、「壁面の書斎」なのです。


高さは約189cmと大きいですが、実は厚みは37cmほど。
思ったよりもかさばらず、それでいて重厚感は抜群。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



そして、こんな場所に活躍するのが手持ち燭台形の
こぶりなテーブル・ランプ。


ビューローで読書や書き物をするときはお手元において。
ビューローを閉じた時には、上部の飾り棚におけば、
コレクション・アイテムをドラマティックに演出できます。


不思議な光をはなつ、ヴァセリン・グラス*2のシェードをさりげなくつけて。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



蔵書を手元に置いて作業したいときに便利なカンタベリーもおすすめです。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ

開けて便利、仕舞って美しい、便利な家具。


英国アンティークならではのフォルムと質感を存分に堪能できる逸品。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ

貴方のこだわりの小宇宙をつくりあげる、またとない基地となることでしょう。


by N

*******************************************************************


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
1003-071

ヴィクトリアンインレイドビューロー











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8118-104

ローズウッドサロンチェア











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
8125-242

ピアスドカーヴドカンタベリー











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
9137-035

テーブルランプ

*サイト未掲載です。

詳細はお問い合わせください。


8121-048b

ヴァセリングラスシェード






東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


8125-183

フロアランプ











***************
*1
ルネサンスの頃から好まれ、豊穣や信仰の象徴であるホタテ貝は、アカンサスや葡萄などと共にアンティーク家具によく見られるモチーフです。
*2
ヴァセリングラスは別名ウランガラスともいい、製造時にごく微量のウランを混ぜ込んで創りあげるガラスのこと。
稀有な光を愉しむことができる逸品で、コレクターズ・アイテムとして有名です。詳細はこちら からご覧ください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-11 11:00:00

~Vol.1~柔らかな曲線に心が馴染む:キドニーデスク

テーマ:Desk/Microcosmos

~Vol.1~柔らかな曲線に心が馴染む:キドニーデスク



側面がぐるりと柔らかな曲線でできている可愛らしいデスク。
これは「キドニーデスク」*1という英国アンティークならではのお品物。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



周りは全てきれいに仕上げられ、どこから見ても美しい仕上がり。


同じウォールナットのブックケースと合わせておけば、

しっとりと柔らかい飴色が曲線のフォルムに映え、

なんとも心地よい空間ができあがります。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



チェアはあえて素材の違うローズウッドを。
銘木の一種、ローズウッドの特徴的な木目は、

濃い部分と淡い部分があり、それ故に、合わせる材の種類を選びません。


全体を照らすのは、ウォールナットの材に真鍮飾りが美しい

ヴィクトリアンのフロアランプ。


手元灯には、オニキスグラスのテーブルランプをデスクにおいて、

立体感のあるライティングを。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ



デスクに向かえば、キドニーデスク独特の曲線が、
左右から回り込んでまるで体を包み込んでくれるよう。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


自分だけの世界にゆったりと浸れそうです。



********************************************


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
キドニーデスク

1900年代

ウォールナット材









東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
ローズウッドサロンチェア

1870年代

ローズウッド材










東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
ウォールナットブックケース

1900年代

ウォールナット材










東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
フロアランプ

1900年代

ウォールナット材


*サイト未掲載です。

お問い合わせください。








*********************************************************************

*1
キドニー=腎臓ですが、まさしく腎臓のようなフォルムをしていることから

名づけれれました。日本人には少し違和感のある命名ですが、

「キドニービーンズ」という豆(赤インゲン豆)もあるくらいなので、

英国では特に気にしないようですね・・・。

ちなみに、「キドニーパイ」は本当に腎臓をいれて作るパイのこと。

英国家庭料理の代表格です。


by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-10 11:00:00

Early Autumn Style "Desk/Microcos of Your own"

テーマ:Desk/Microcosmos

暦の上ではもう秋。


まだまだ暑い日々ではありますが、来たるべき季節に向けて

そろそろ秋支度はいかがでしょう?


パンカーダから、初秋のスタイリングとして

デスク周りのご提案をさせていただきます。


Pancada Early Autumn Style

 "Desk Microcosmos of your own"

~貴方の小宇宙・デスク~


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


人が働き、寛ぎ、暮らす空間には様々な場面があり、

そしてその数以上の家具たちが在ります。


その中でも、ひとの好みやこだわりが一番強いのが、

デスク周りではないでしょうか?



一時期はデスクを選ぶときにネックとなっていたパソコンも、

今はぐっとコンパクトに、フレキシブルになり、

かえってレイアウトの自由度が増したような感があります。


今こそ、好きなスタイルや質感にこだわったデスク周りの小宇宙を

つくりあげる絶好のタイミング。


パンカーダからご提案する様々なデスク・スタイル。



是非、お好みのスタイルをみつけて、

しっとりとした秋の部屋へ、一足先に踏み込んでください。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


Vol.1


柔らかな曲線に心が馴染む:キドニーデスク







東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


Vol.2


壁面の書斎:インレイドビューロー






東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
Vol.3


貴婦人の止まり木:インレイドシリンダービューロー










東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
Vol.4


一家の船長のデスク:ダベンポート












東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
Vol.5

スリムスタイルな壁の花:

インレイドマホガニービューロー













東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
Vol.6

本物の実用アンティーク:ニーホールデスク










東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
Vol.7

優雅な愉しみ・マホガニーデスク











東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ
Vol.8

シンプルな上質・ヴィクトリアンサイドテーブル



















パンカーダ 秋のデスクスタイルはとりあえず以上です。

ご紹介したスタイルはほんの一例。

デスクの数だけ、いえ、人の数だけそれぞれのスタイルがあります。


貴方だけのスタイルを探しに。

・・・ご来店、お待ちしております。


by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)