プレゼントしたくなるおしゃれな7つの天然酵母パン教室:横浜【綱島駅】

7つの天然酵母パン作りとおしゃれな料理写真の撮り方のコツを学べる個性的なパン教室アトリエリブラです。
横浜【綱島】で開講。大人の女性のためのこだわりのパン作り。

NEW !
テーマ:

 

<昨年の夏行 パリの思い出、また行きたいわ~>

 

こんにちは。

 

高橋貴子です。

 

 

今日は、なんと、扁桃腺が腫れてしまい、ちょいと熱が出て

ハスキーボイスになりました。(苦笑)

 

元気な状態があたりまえ、というのは私の

 

「気持ち的な」勝手な都合で。(苦笑)

 

 

体のほうは、

 

「少し体を休めてくれませんか?」

というサインなんだろうと、、

 

微熱と戦いつつ、今日はちょいと早く寝ようかしらと思っています。(^^)

 

 

--------------------------------------------------------

あたりまえは当たり前じゃない

 

ってこうやって体調を崩すとよくわかるんですけどね。(笑)

 

健康に感謝しないといけませんね。

 

 

 

最近、連続で開業講座の生徒さんとセッションしています。

 

お話を聞いてて感じるのは、、

 

 

「一歩踏み出せる人は世界を変えられる」

 

 

という実感ですね。。

 

 

 

自分の心に従うということなんですけど、

 

 

まぁ、、、環境とかいろいろとあってそれも難しい場合もありますよね。

 

 

 

単純に変化が怖いという気持ちがあるのもよくわかります。

 

 

 

でも、じゃ、今のなんとか均衡を保っているその環境はいつまで続くのか、

ということなんですけど、、、

 

 

 

その保証はどこにもない。

 

 

 

これは現実です。

 

 

 

今回、私は風邪を引いただけですけど、

たとえば、今後迎える予定らしい?(まだ実感がわかない)

更年期障害とか、体の自由にならない場合もあるかもしれません。

そうしたらもっと活動の範囲が狭くなるかもしれませんね。

 

 

健康な状態が続く保証はどこにもないんです。

 

 

 

これは、何も健康に限ったことではなくて、

たとえば会社に勤めてて、でも本当はやりたいことがあるんだよね~と思いながら

漫然と過ごす日々。

 

 

 

場合によっては、会社に行こうと思っただけで胃が痛くなる、

という環境で働いている人もいるかもしれません。

 

 

 

でも、時間は残酷なまでにどの人にも平等に24時間が与えられ、

刻々と過ぎていきます。

 

 

だから、私は自分が40代半ばを折り返したこともあって、

やりたいことを全部やりきるイメージで日々生きてるんですけどね。

 

 

後悔する人生は過ごしたくないから。

 

 

20代のときは、とにかく自由が少なくて、

みんなが学生で楽しそうにキャンパスライフを送っているときにも

アルバイト3つぐらい掛け持ちして働いたり、

いつも時間とお金が無かったんです。(笑)

 

 

もう2度とやりたくない職業の1個。

 新聞奨学生。(苦笑)

 

 

30代になって、ある程度収入の自由は得たけど、

時間の自由はまだコントロールできなくて、、、

 

 

42歳になって独立してやっと、収入と時間の自由のイメージを

手に入れることができました。

 

 

 

だから、あたりまえはぜんぜん当たり前じゃなくて。。。

 

 

よい意味でも悪い意味でも、時間は過ぎていきます。

 

 

 

で、あれば、

 

やっぱり自分がやりたいようにやるのが一番いいんだよね。

 

 

って思って、、

 

 

 

自由に人生を選びたい女性のための

開業講座のコンサルタントやってます。

 

 

 

あたりまえが当たり前じゃないのなら、

 

 

 

「あなたが決めれば」

 

 

その瞬間から世界が変わる

 

 

そのことを、人生の迷える子羊へのエールとして送りたいと思います。(^^)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

なんだか熱く語っている図。(笑)

 

 

こんにちは。高橋貴子です。

 

日曜日は、国際食学協会のスクーリングでした。

 

 

私は、講師として

 

「HPとSNSを使った集客の全体概要」

 

のお話をさせていただいたのですが、、

 

いただいたお写真を見たら、、けっこう熱く語ってますね(笑)

 

 

 

熱心にメモを取る受講生のみなさま。

 

 

私も講義の前後は受講生になってお勉強です。(笑)

 

 

 

IFCAのスタッフのみなさま。笑顔が素敵です♪

 

 

隣にいるのは、

 

メディカルサポートスクール株式会社代表の柳樂先生

 

 

なぎら先生も熱い講義でした。(笑)

 

 

私自身は加盟校の先生でもありましたが、

現在は教室集客のコンサルタントとしても活動しておりますので、

今回はその立ち位置でお話させていただきました。

 

 

生徒さんによっては

初めて聞く内容もあって、刺激になったというお声もいただけて

お役に立ててよかったと思っています。(^^)

 

 

こちらの講座の詳細版 1DAY講座を絶賛募集中です。(^^)

 

http://c-libra.jp/1day-firststep-kyoukasho-ifca

 

 

 

 

来年の教室開業をしたいなら、夏スタートがベストです!

 

 

そのためのエッセンスとヒントをお伝えします。

 

 

http://c-libra.jp/1day-firststep-kyoukasho-ifca

 

 

あなたとお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Photo by  STUDIO PHOTOGENIQUE 

 Chika Kojima

 

 

こんにちは。

 

リブラクリエイション 高橋貴子です。

 

 

今日は、電子書籍の夏の一大キャンペーンが終わったところで、

ひとつ書いてみたくなった話題があったのでこちらのブログを書いています。

 

 

-----------------------------------------------------

 

私は、女性の電子書籍の出版をサポートする電子書籍講師&コンサルタントをやってます。

http://liplus.net/

 

今までのべ250人以上の方の出版のお手伝いをさせていただきました。

 

つい先日も私が顧問をつとめるLIVINGPHOTO APのメンバー

夏の無料ダウンロードキャンペーンが終了したのですが、

そのときにしみじみと感じたことがあったのでふとブログを書いてみたくなったのです。

 

 

しみじみ感じたこと、、

 

それは。。。

 

 

「一流の人の流儀」

 

 

です。

 

 

具体的にはどういうことかというと、

 

 

「自分との約束を守れるヒト」

 

 

です。

 

 

 

これって、、簡単そうに見えるかもしれませんが、、

 

そんなことないですよ。(苦笑)

 

 

自分との約束を守るのはなかなか大変です。

 

 

なぜなら、

 

 

「その結果を責める相手がいないから」

 

 

誰かを約束して、それを守るのは相手がいるのでやりやすいです。

 

 

でも自分との約束は、後回しにしたり、

場合によっては、その約束すらなかったことにしたとしても

 

 

「誰にもとがめられません」

 

 

だから約束を破るのは簡単です。

 

 

だからこそ、逆に、自分との約束を守るのは難しいと感じています。

 

 

 

 

具体的なエピソードをお話します。

 

 

私はたくさんの電子書籍出版をしたい生徒さんを教えています。

 

そして、出版に関しては仕上げはご本人の満足度、もしくは都合により出版日を設定します。

私は強制をしません。

 

 

だから出版日は

 

 

「自分との約束の日」

 

 

になります。

 

 

 

そして、この約束の日を守れるヒトは

 

間違えなく、ほかのこと(お仕事・プライベート)も上手にこなします。

 

 

これは本当に顕著に現れます。

 

 

何人もの生徒さんをみてきて肌感覚で感じていることです。

 

 

「自分を大切にすることができるヒトは、

ほかのヒトのことも気遣うゆとりがあるヒトだから」

 

 

なのではないかと思うのです。

 

 

 

 

ただ、ここで勘違いをしてはいけないことは、

 

 

「だってそういう人は時間に余裕があるヒトなんでしょ?」

 

 

ということをいう方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

 

 

ここは100%断言します。

 

 

「忙しい人ほど自分との約束をきちんと守ります」

 

 

だから、それが 一流の人の流儀 なんだな~って実感しています。

 

 

 

私がここ2年近くお仕事をご一緒させていただいてる

LIVINGPHOT APの主宰者である

 

今道しげみ先生

 

 

高須かずこ先生

 

  

 

 

は、特にその側面を感じる尊敬すべき素敵な女性だと思っています。

 

 

お二人と4回ほど出版キャンペーンご一緒させていただていますが、

いつも締め切りよりも早く、しかもクオリティの高い作品をきっちり仕上げていらっしゃいます。

 

 

お二人ともお仕事の状況はかなり忙しいのも知っています。

でもきっちり仕上げてきます。

自分との約束をきちんと守られる方たちなのです。

 

 

だからやっぱり一流なんだな~と。

 

 

 

これは、おそらく電子書籍だけのことではないのです。

 

 

「お仕事やライフスタイルに関わるすべての基軸になっている」

 

 

と私は思います。

 

 

 

そして、また同時におふたりとも、

 

 

「いいわけをしません」

 

 

たとえそのときにアクシデントがあろうとも、

それを涼しい顔で切り抜けて、さらっとやってしまう

軽やかな行動力があるのです。

 

 

そこもすごく尊敬している一面です。

 

 

 

あ、あともう一個いうと、

お二人ともおそろしくレスポンスが早いです。(苦笑)

 

 

これも仕事ができる人の絶対条件だと感じていることですね。

 

 

お二人の仕事ぶりを私も見習わなくては、といつも刺激を受けてます。

 

 

 

 

 

だから、もしもあなたが、、

 

 

 

「いまひとつ、うまくいってない」

 

 

とうすうす感じることがあるのなら

 

 

少しだけ自分の胸に手を当てて、

 

 

 

「自分で自分に約束したことをきちんと守れているか?」

 

 

 

を再点検してみてください。

 

 

きっとどこかで自分をないがしろにしてませんか?

 

 

自分を喜ばせることは、ひとを喜ばせるおおらかさにつながります。

 

 

人に喜んでもらえる人には、勝手に人が集まってくるので

結果として仕事も人生もうまくいく。

 

 

だから、まずは

 

 

「自分との約束を守ろう」

 

 

ということを尊敬する二人の先輩の姿を見て

あらためて実感したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

<リゾート地でもキンドルと一緒♪の絵>

 

こんばんは!

 

高橋貴子です。

 

 

先日からご紹介しているキンドル電子書籍無料ダウンロードの夏祭り。

 

 

いったん終了したかとおもいきや、、一人をのぞいて、(今道しげみ先生のみ)

まさかのキャンペーンの日付設定ミス。(苦笑)

 

毎回のことなのですが、もうここまで来るとコントです。(^^)

先生が教え方が悪いのかな~と反省してみたり(笑)

 

でもあと1日延長されました!!

 

まだの方はどうぞこのアクシデントをお楽しみください。w

 

http://ameblo.jp/pan-de-goodlife/entry-12172823575.html

 

 

------------------------------------------------

 

さて、せっかくのよい機会なので、本日は

 

「LIVINGPHOTO APの成り立ちと私のミッション」

 

についてお話したいと思います。

 

 

「LIVINGPHOTO」 AP とは

 

LIVING PHOTOAssociates Publishing

略称 LIVING PHOTO AP

 

のことです。

 

 

LIVINGPHOTO写真教室を主宰する今道しげみ先生が作った組織です。

 

この組織は3つの目的を持っていて

 

 

3つの目的

 

①「電子書籍の出版」

  自分の本を出したかったという夢を叶えます

②「写真技術の向上」

  素敵を伝えるあなたらしい写真をサポート

③「認知度UP」

  多くの人に知ってもらいさらに上を目指します

 

この目的の活動の一環として写真集を出版してお披露目する、

というミッションがあります。

 

 

私の役割はこの目的をみなさんで共有して達成していただくために

電子書籍部門の製本、マーケティングをレクチャーするために

ありがたくも、今道先生より顧問のご指名をいただきつとめさせていただいております。

 

 

この団体が立ち上がったのは、2015年のお正月。ちょうど1年半前のことでした。

 

年末12月30日に今道先生とスカイプでやりとりをして、この組織の概要ガイダンスを1月4日までに作り上げるという。。。(ふたりともどんだけ仕事好きなんだ。。w)荒業をやってのけて生まれた組織でした。

 

もちろん、その構想には、この主旨に賛同していただける核となるメンバー

 

高須和子先生

荒井有希枝先生

三宅美穂先生

福田久美子先生

 

というすばらしい先生方のサポートもあって成り立っている会であります。

 

半年に一度の無料ダウンロードキャンペーンを繰り返すこと4回。

 

先生の教室の生徒様が次々に本を出版され、

自己実現や、さらなる飛躍に向かうきっかけに電子書籍を出版されるときに

立ちあえるお仕事を誇りに思ってさせていただいてます。(^^)

 

 

そもそも、私がなぜ電子書籍のディレクターをやっているかというと、

 

それは私のミッションが

 

「新しいことにチャレンジしつづける女性を応援する」

 

ことだからです。

 

※参照:http://liplus.net/about.html

 

 

そしてそのミッションをさらに具現化するべく、

2016年の4月に会社を創りました。

それが株式会社LibraCreationです。

 

 

会社の企業理念はこんな風に決めました。

 

「自由に輝く未来をクリエィティブに創る」

  女性のためのリーディングカンパニー
 
---------------------------------------------------------  


「LibraCreation」は女性の経済的・精神的な自立を創造的に支援する存在です。

 

4つのミッション

Liberty(自由)・Brilliant(輝き)・Artistically(芸術的に)・Creation(創造する)
の頭文字をとって会社名を成しています。

 

会社名そのものが私たちのミッションをあらわしています。

 

<4つのミッション>

①Liberty (自由)

女性が生き生きと活躍できる社会に。

「こうでなくてはならない」という既成概念を取り払い、
従来の因習や習慣を超えて、自由な発想と思考で行動できる女性を創ります。


②Brilliant(輝き)

すべての女性は自身の中に類まれなる宝石を持っており、
その宝石が輝くためのサービスを提供する。


ご自身でも気づかなかった価値を発掘、創造できるなら
今まで世の中に提供されていなかった新しい価値を生み出し、
その輝きが増幅され、輝く明るい未来を創り出します。


③Artistically(芸術的に)

そしてその活動は女性らしく「美しく」「芸術的」であること。

女性ならではの感性は、すでに「Art」であると私たちは考えます。


世界中の女性のアイデアや価値観は、年齢、国境を越え、
創造力の羽はいろいろな所に羽ばたき、そして新しい価値を創りだします。


その光景そのものは、まさに「Art」であり「芸術的」であると思います。

 

④Creation(創造する)


「自由に輝く未来を創る」女性を支援するプラットフォームが

「LibraCreation」です。

 

「クリエイティブに未来を創りたい」すべての女性のために
自らが輝くための知識、自立するためのコンテンツを提供する。


そして、私たち自らも「革新的」な挑戦を繰り返し、
お客様とともに新しい価値と文化を創造する。

 

それが、「LibraCreation」のミッションです。

 

------------------------------------------

 

そのコンテンツの中のひとつが「電子書籍出版サポート」なのです。

 

だから、今道先生からLIVINGPHOTO APの立ち上げのお声がけをいただいたときに

私がサポートしたい女性のイメージ像と重なったのでとてもうれしく思い、二つ返事で快諾させていただきました。

 

なぜなら今道先生と私の思う方向性が一緒だったからです。

 

そして、先生の生徒さまのすばらしいメンバーの方々とご一緒させていただくことでますますその思いは強くなり、今ではそういうご縁をいただけたことにとても感謝しています。

 

 

そして、実際に出版の講座のレクチャー、そして、キャンペーンの牽引をさせていただくことで

みなさんと同様に私も成長させていただいています。

 

 

そんな経験もできる、この組織の立ち上げに心から感謝をして、

更なる女性のみなさまの活躍の場所を作るプラットフォームを作るために

精進していきたいな~と決意したキャンペーンでした。

 

 

どうぞ、皆様には、こちらの素敵な写真集から、

そんな女性の生き方、ライフスタイルも感じとっていただければと

心から願っています。

 

http://ameblo.jp/pan-de-goodlife/entry-12172823575.html

 

2016年06月24日 

 

株式会社LibraCreation 代表 高橋貴子

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

みなさん

 

こんにちは!ご無沙汰しております。

 

またまたやってきました!

 

キンドル無料ダウンロード祭り!!

7冊無料プレゼントキャンペーン!!のスタートです。

 

今回もとても素敵な本が出揃いました。

 

毎回半年に一度の楽しみになっている方も多いはず。

そして、この夏もやりますよ。

 

こちらの写真集7冊すべてが

実質2日間だけ無料です!!

このお得な機会にぜひ電子書籍をダウンロードしちゃってくださいね!

 

日時は

 

6/21(火) 17:00~6/23(木) 17:00 まで

 

スタート日は必ず0円になっているのを確認してからダウンロードしてくださいね。

 

今回のエントリー作品のご紹介です。

 

 

LIVING PHOTO 4 Understanding LIVING PHOTO:

How to Shoot Happiness & Appreciation 今道しげみ

 

 

 

 

Nice: french Riviera Kazuko Takasu

 

 

 

LIVING with FLOWERS 3: Spring&Summer 坂井麻利江

 

Tasse Li Tasse 3: Bead Embroided Leather 多勢リサ

 


My favorite flowers 浦濱マリ

 

BEAUTIFUL PACKAGE 中上マキ

 

 

studio Room*T one  坪内史子

 

 

********************************************************

 

1.キンドル本の購入はアマゾンのアカウントが必要です。
 (みなさん買ってますよね、いろいろ)

2・キンドルアプリ(無料)のインストールが必要です。
※スマホでも、タブレットでも、PCでも、、。

どの端末でもOKです。
この2つがあれば、即ダウンロードですよ。
やったこと無い人はぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね!!
以下、無料アプリのダウンロード方法記載してますのでぜひご参考に!!

**********************************************************
以下、無料アプリのダウンロード方法記載してますのでぜひご参考に!!
1、スマホ・タブレット キンドルアプリ i-phone/i-pad系
  
2、スマホ・タブレット キンドルアプリ アンドロイド系 
 
3、パソコンでキンドル本を読む windows偏 kindle for PC
 
4、パソコンでキンドル本を読む Mac偏 kindle for mac

 

*****************************************************************

この機会にぜひお手元に!

 

**************************************************

 

追伸:

 

本を見てたら

 

「私も電子書籍出版したい!!」と思ってしまった方には(笑)

 

セミナーもご用意しております。

 

現在確定しているものはこちらに一覧が掲載されています。

 

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/2411

 

夏は横浜、東京だけではなく名古屋でも開催されています。

 

ピンときたらぜひご参加ください。(^^)

 

あなたも電子書籍作家の仲間入りです。

 

*********************************************************

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)