しうの小道

日々思ったこと、海外ドラマ、フィギュアスケートについて散歩がてらに書いてます。


テーマ:
 今月16日から19日にかけて、来年の冬季五輪が行われる韓国・江陵で開催された四大陸選手権2017で、今シーズンシニアデビューした17歳の三原舞依がなんとなんと優勝しました。おめでとぉぉぉ♪ しかも大台の200点超え(*^o^*)


 SPは「序奏とロンド・カプリチオーソ」にのって伸び伸びとした演技、ジャンプ、スピン、ステップとすべての要素に加点をもらう完璧な演技で66.51点でした。正直PCSをもっと下さいと思ったけど・・・、トップとは僅差の1.74差で4位につけました。

四大陸選手権 三原舞依 SP
3Lz-3T、2A、3F
【公式】四大陸選手権 三原舞依 SP - YouTube

得点66.51 (TES:37.31 PCS:29.20)

 勝負のフリーは「シンデレラ」、プレッシャーも何のその、まるで神が舞い降りてきたかのような演技を魅せてくれました。小気味のいいジャンプ、伸びやかなスケーティング、綺麗なポジのスパイラルやスピンステップで、シンデレラの階段を一気に駆け上ったような完璧な演技でした。こちらもすべての要素に加点されるという素晴らしい出来で、得点は自己ベスト更新の134.34点。SPと合わせると200.85点。大台200点を超えての優勝です。

四大陸選手権 三原舞依 FS
3Lz-3T、3F、2A、2A-3T、3Lz-2T-2T、3Lo、3S
【公式】四大陸選手権 三原舞依 FS - YouTube

得点134.34 (TES72.30 PCS:62.04)

 ちなみに今まで200点を超えた日本人選手は浅田真央、安藤美姫、宮原知子の3人しかおらず、今回で三原舞依は日本歴代4人目の200点超え選手となりました。

 いったい誰がこの嬉しい快挙を予想したことでしょう。

 一昨年のジュニアで彼女は大活躍でした。世界ジュニアGPシリーズでは連続2位となり、世界ジュニアGPファイナルへの出場権を勝ち取り、全日本選手権やジュニア世界選手権での活躍が期待されていました。それが年末に突然「若年性突発性関節炎」という全身の関節が痛む病を発病し、ジュニアにとっては一番大切な試合であった全日本ジュニア選手権で惨敗。そのため、世界ジュニアGPファイナルへ出場する選手が全日本選手権には出場できない、またジュニア世界選手権にも出場できないという事態になりました。当時は、ルールがおかしすぎる、なんとか救済してほしいと思ったものでした。

 彼女がこの難病を患っていることを知ったのは年が明けてからです。病院のベッドの中で全日本選手権を見ていたらしいですが、当時の彼女を思うと・・・(/_<。) 歩くこともままならない中、懸命に治療に努め、歩行訓練から氷上に復帰するまで4ヵ月を要し、昨年春から練習を再開したそうです。今も月1回の通院と服薬が必要で、完治は難しいと言われる病気と闘って競技生活を続けています。フリーの曲「シンデレラ」は、中野園子コーチが復帰シーズンを迎えるにあたり「シンデレラのようにハッピーエンドで終われるように」という願いを込めて選んだ曲だそうです。

 この大会が始まる前、女子エースの宮原知子が左股関節の疲労骨折で欠場というニュースが伝わり、女子には暗雲が立ち込めました。それを三原舞依の200点を超えて優勝という快挙で希望が出てきました。

 今季最終戦で平壌五輪への出場権がかかる3月の世界選手権には、骨折治療中で懸命にリハビリに励んでいる宮原知子(18歳)、今回の雪辱に燃える樋口新葉(16歳)、そして三原舞依(17歳)が挑みます。


 この若い10代3人が実力を発揮すれば3枠確保は不可能でありません。どうか3人の結果がハッピーエンドで終われますように。頑張れ日本!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

 

霧の中浮かび上がるきれいな日の出を見ながら乾杯♪

ID:201307272300 著作者:shirley saunders|フリー画像・写真素材集 4.0 より

 

平壌五輪への枠がかかる2017フィギュアスケート世界選手権、男女とも3枠取れますように。

 

PS.今年の元日は ”うるう秒”により1秒長い日となっているそうな。日本時間 2017 年1月1日午前9時の直前に1秒が挿入されました。日本時間8時59分59秒、8時59分60秒、そして9時00分00秒と時刻は刻まれました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2016 ジュニアGPシリーズ

 第1戦 フランス大会@サンジェルヴェ 8/24-8/28
  男子:3位 島田高志郎
  女子:2位 坂本花織、3位 新田谷凜

 第2戦 チェコ大会@オストラヴァ 8/31-9/4
  男子:5位 須本光希
  女子:2位 紀平梨花、4位 青木祐奈
  ペア:9位 古賀亜美/スペンサー・アキラ ハウ

 第3戦 日本大会@新横浜スケートセンター 9/7-9/11
  男子:4位 友野一希、9位 木科雄登、11位 三宅星南
  女子:1位 坂本花織、2位 本田真凜、3位 山下真瑚、表彰台独占(*^o^*)
  ダンス:6位 深瀬理香子/立野在

 第4戦 ロシア大会@サランスク 9/14-9/18
  女子:4位 白岩優奈、5位 岩元こころ

 第5戦 スロベニア大会@リュブリャナ 9/21-9/25
  男子:3位 友野一希
  女子:1位 紀平梨花、3A成功、6種8トリプル認定、史上初の快挙(*^o^*)
     2位 本田真凜

 第6戦 エストニア大会@タリン 9/28-10/2
  男子:4位 島田高志郎
  女子:3位 山下真瑚、4位 新田谷凜
  ダンス:10位 深瀬理香子/立野在

 第7戦 ドイツ大会@ドレスデン 10/5-10/9
  男子:3位 須本光希
  女子:2位 白岩優奈、5位 青木祐奈
  ペア:8位 古賀亜美/スペンサー・アキラ ハウ

 ジュニアGPファイナル@フランス・マルセイユ 12/8-12/11
  女子:3位 坂本花織、4位 紀平梨花、本田真凜は棄権

2016 GPシリーズ

 第1戦 スケートアメリカ@イリノイ州 10/21-23
  男子:1位 宇野昌磨、村上大介は棄権
  女子:3位 三原舞依、6位 浅田真央、10位 村上佳菜子
  ダンス:8位 村元哉中/クリス・リード

 第2戦 スケートカナダ@オンタリオ州 10/28-30
  男子:2位 羽生結弦、8位 無良崇人
  女子:3位 宮原知子、6位 本郷理華、11位 永井優香

 第3戦 ロステレコム杯@ロシア・モスクワ 11/4-11/6
  男子:2位 宇野昌磨、7位 田中刑事
  女子:6位 松田悠良、11位 村上佳菜子

 第4戦 エリックボンパール杯@フランス 11/11-11/13
  男子:5位 無良崇人、山本草太は棄権
  女子:3位 樋口新葉、9位 浅田真央、10位 永井優香

 第5戦 中国杯@北京 11/18-11/20
  男子:村上大介は棄権
  女子:4位 三原舞依、5位 本郷理華

 第6戦 NHK杯@北海道札幌市 11/25-11/27
  男子:1位 羽生結弦、3位 田中刑事、9位 日野龍樹
  女子:2位 宮原知子、4位 樋口新葉、7位 松田悠良
  ペア:7位 須藤澄玲/フランシス・ブードロー=オデ
  ダンス:9位 平井絵己/マリオン・デ・ラ・アソンション、
      村元哉中/クリス・リード組は棄権

 GPファイナル@フランス・マルセイユ 12/8-12/11
  男子:1位 羽生結弦、3位 宇野昌磨
  女子:2位 宮原知子

ISU公認/CS

 アジアンオープントロフィー@フィリピン・マニラ 8/4-8/7
 男子:1位 田中刑事
 女子:1位 松田悠良
 ジュニア男子:1位 島田高志郎、6位 木科雄登
 ジュニア女子:1位 本田真凜、4位 岩元こころ
 ノービスA男子:1位 佐藤駿
 ノービスA女子:3位 岩野桃亜
 ペア:3位 須崎海羽/木原龍一、4位 小野眞琳/ウェスリーキリング
 
 ロンバルディア杯@イタリア 9/8-9/11
  男子:1位 宇野昌磨
  女子:1位 樋口新葉、6位 村上佳菜子

 USインターナショナルクラシック@ソルトレイク 9/14-9/18
  男子:2位 無良崇人、10位 田中刑事
  女子:1位 宮原知子
  ペア:4位 須藤澄玲/フランシスブードロ・オデ
  ダンス:2位 村元哉中/クリスリード

 ネーベルホルン杯@ドイツ・オーバーストドルフ 9/22-9/24
  男子:9位 川原星
  女子:1位 三原舞依

 スケカナオータムクラシック@モントリオール 9/28-10/1
  男子:1位 羽生結弦
  女子:4位 本郷理華、5位 木原万莉子

 ネペラ杯@スロバキア・プラチスラヴァ 9/28-10/2
  男子:4位 村上大介、10位 宮田大地

 フィンランディア杯@フィンランド・エスポー 10/6-10/9
  男子:11位 日野龍樹
  女子:2位 浅田真央
  ダンス:9位 平井 絵己/マリオン デ・ラ・アソンション

 ニース杯@フランス 10/14-10/16

 ゴールデンベア@クロアチア・ザクレブ 10/27-10/30

 ヴォルヴォオープン@ラトビア・リガ 11/9-11/13

 メラーノ杯@イタリア・メラーノ 11/10-11/13

 アイスチャレンジ@オーストリア・グラーツ 11/15-11/20

 ワルシャワ杯@ポーランド 11/17-11/20
  女子:4位 中塩美悠、10位 加藤利緒菜

 タリン杯@エストニア 11/22-11/27

 ゴールデンスピン@チェコ・ザクレブ 12/7-12/10

全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会@北海道札幌市月寒体育館 11/18-11/20
 男子:1位 友野一希、 2位 島田高志郎、 3位 須本光希、
    4位 木科雄登、 5位 壷井達也、  6位 三宅星南
 女子:1位 坂本花織、 2位 白岩優奈、  3位 本田真凜、
    4位 笠掛梨乃、 5位 鈴木沙弥、  6位 滝野莉子
 以上男女12名は全日本フィギュアスケート選手権へ推薦出場

 紀平梨花はフリーで崩れてまさかの11位、このため、日本スケート連盟の規定(世界ジュニアフィギュアスケート選手権への出場には全日本フィギュアスケート選手権への出場が必須)により、ジュニアGPファイナル出場者が来年の世界ジュニアフィギュアスケート選手権へ出場できないという結果になりました。去年の三原舞依と同じパターンです。全日本フィギュアスケートジュニア選手権は怖い大会というのを再認識しました。

全日本フィギュアスケート選手権@大阪府東和薬品ラクタブドーム 12/23-12/25
 第85回全日本選手権大会 結果&リザルト
 男子:1位 宇野昌磨、2位 田中刑事、3位 無良崇人、
    4位 日野龍樹、5位 友野一希、6位 中村優
 女子:1位 宮原知子、2位 樋口新葉、3位 三原舞依、
    4位 本田真凛、5位 本郷理華、6位 白岩優奈

 男子は羽生結弦がインフルで欠場の中、宇野昌磨が涙の初優勝、おめでとう。フリーでは4回転ジャンプが不安定でどうなることかと思ったけど、後半頑張ってコンボ券使い切った演技に感動しました。GPFと同じ失敗はしなかったのがすごい。演技後のあの涙はやりきった感から出たんでしょうね。2位の田中刑事、4回転サルコウを成功させ頑張りました。NHK杯の台ノリかゆづの激励か、どちらにしろひと山越えて大きくなった感じです。 3位の無良崇人、SP1位発進もフリーでgdgd大自爆・・・調子よさそうに見えたのに。世界選手権の代表を逃して失意だろうけど、頑張ってほしい。 4位の日野龍樹、逃げないりゅーじゅ初めて見たかも。刑事と同じで一皮向けた感じがしました。

2017全日本フィギュアスケート選手権 宇野昌磨 FS 192.36 (TES:101.16 PCS:91.20)


 女子はミスパーフェクトの宮原知子が貫禄の3連覇、おめでとう。さっとんのスパイラル長くて好きです♪ 2位の樋口新葉、サルコウ転倒もお姫様を最後まできっちりと演じきりました。強くなった感じがします。 3位の三原舞依、SPFS両方とも今季一番での出来でした。去年の今頃は全日本にも出れず病院のベッドの中、それが“o(><)o”くう~!奇跡の大復活ですね。6位の白岩優奈、SPはとんでもないアクシデントでまさかの17位発進、ジュニア世界選手権への代表に黄色信号点滅だったけど、フリーは完璧な演技でした。フリーだけなら3位、TESだけならなんと1位という素晴らしい演技でもう嬉しかった。そして復活を期した浅田真央、SPFSともに精彩を欠き、まさかまさかの12位という惨敗でした(´・ω・`) 3A失敗はしょうがないけど、何より最後まできっちり演技できない状態、ひざの状態か気持ちの問題なのか・・・復活はあるのだろうか、真央に関しては今超ネガティブモードになってます。

2017全日本フィギュアスケート選手権 宮原知子 FS 138.38 (TES:68.32 PCS:70.06)


2017全日本フィギュアスケート選手権 白岩優奈 FS 131.07 (TES:71.74 PCS:59.33)


 この結果、各選手権への代表は下記の通りになりました。

 ・四大陸選手権 2月15日~19日 韓国・江陵
   男子:羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事
   女子:宮原知子、樋口新葉、三原舞依
   ペア:須藤澄玲/フランシス・ブードロー・オデ、須崎海羽/木原龍一
   ダンス:村元哉中/クリス・リード、平井絵己/マリオン デ・ラ・アソンション

 ・アジア冬季競技大会 2月19日~26日 日本・北海道札幌市
   男子:宇野昌磨、無良崇人
   女子:宮原知子、本郷理華
   ペア:須崎海羽/木原龍一、高橋成美/柴田嶺
   ダンス:村元哉中/クリス・リード、森衣吹/鈴木健太郎

 ・世界ジュニア選手権 3月15日~19日 台湾・台北
   男子:友野一希、島田高志郎
   女子:坂本花織、本田真凜、白岩優奈
   ダンス:深瀬理香子/立野在

 ・世界選手権 3月29日~4月2日 フィンランド・ヘルシンキ
   男子:羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事
   女子:宮原知子、樋口新葉、三原舞依
   ペア:須藤澄玲/フランシス・ブードロー・オデ
   ダンス:村元哉中/クリス・リード

 9/16、9/18、9/27、10/10、11/3、11/6、11/17、11/20、11/26、1/1 加筆。

Show max-26 全日本の舞台裏 2015


全日本フィギュア 2016
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。