Beautiful World,Beautiful Life

三重県在住メンタルコーチのブログです。

 

テーマ:

結構「選択の差」にあるんじゃないかなあって

そんな風に思います。

それは「うまく行く選択をしている」ということではなくて

「やる」という選択をしているという意味。


仕事も学びも「やる」という選択の元に生きる。

もちろん必要のないことはやるべきではないけど、

必要なことは「やる」ことが大事なんじゃないかと。


そしてここには「楽して~」というのは含まれなくて

ある程度のリスクと犠牲がないと

やっぱり結果はついてこないですね。


選択しなかった人、何人も知ってますけど

やっぱりほとんど変化も成長もしてないですね。


逆に選択した人はびっくりするくらい変化してます。

そして選択する・しないは、ほんと紙一重の差

だからその気にさえなれば
誰でも選択する人生を歩めるんですけどね。(*^_^*)

選択する人生を送りたい人はこちら



AD
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日今日とソーシャルパノラマのコースに参加しました。

そしてこの2日間、ランチ中にセッションをしました。(*^^*)

食べながらのセッションだったのですが、

2日間1回ずつそれぞれ10分ほどで完了しました。(^O^)/

両方ともエフェクティブコーチングを使いました。



土曜日の人は、家族との人間関係。

否定的なことばかり言う家族に対して

アプローチの仕方がわからないという悩みでした。

これも相手が大事にしていることが何かが明確になり

それにより

自分がどういう態度で接すればよいかわかりました

とこのことでした。

そして実際に、別の家族との会話で

「あ~こういうことかー」


と理解出来たそうです。

問題の家族とのことはこれからだとか。(*^^*)


今日の人は、「行動したいけど出来ない」がテーマ。

こちらも行動を鈍らせている信念にアプローチし、

そこから可能性を広げていきました。


「あ、出来ますねー」

と問題解決。その後すぐに行動されています。


2人ともテーマが重くなかったので早く済んだという面もありますが、

かといって薄っぺらいセッションで終わってはいないです。


きちんと行動ベースまで行きましたし、2人とも効果を感じてくれています。



これは僕が優れているとかではなくて

講座で教えている「R7」を使えば

ほぼ同じくらいで終わらせることは可能です。

しかも日常会話を楽しむように。(*^^*)





ランチタイムのちょっとした時間に

同僚や部下の悩みをササッと解決出来たら

ちょっとステキだと思いません?(^-^)




この講座を名古屋と三重でスタートします。

※通信講座も同時募集中です。

詳しくはこちらをご覧くださいね。(*^^*)

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログを読んでくださってる方もそうだと思うんですが、

僕たちって結構勉強すること好きですよね(笑)


いっぱい本を読んだり
DVDを見たり
セミナーに参加したり
個人セッション受けたりと


たくさん学びの機会を設けていると思います。

それもこれも

「もっとハッピーになりたい」 とか

「しんどい状況を改善したい」 など

人として「幸せになりたい」という
実にシンプルな動機から行動をしています。

なので僕たちは結構色んなことを「知ってる」わけです。

そうそう。
勉強したり、見聞きしたいすることで知識は増える。
それを子どものころからずーっと繰り返してますから

僕たちは相当なことを「知ってる」んですよ。

でもまあ、ご存知の通り
知ってるだけでは変化は起きないです。
覚えたことをやらないといけません。

そう

「知ってる」を「やってる」に変えないとね。

ここがまず第一歩。

で、「やってる」だけでもやっぱりうまくいかない。
自分の中で「出来ている」という実感値がいります。

出来ているというのは手応えを感じているということ。
つまり効果確認が出来ているということです。


これがないと「やってる」ことが
正しいかどうかわかんないからね。


ここまでの段階にくれば、大抵のことは実現します。
ただ、これでもまだまだなんです。
もうひとつ上の段階があるんですよ。

それは

「気付いていない」

っていうこと。

やってることが習慣化すると
やっているという意識がなくなり、
無意識にやれるようになります。

自分の中で「当たり前」になるわけ。

ここまでくるともう心配ないです。
ほっといてもどんどん良くなりますから。(^^♪


コーチングの究極のゴールはこういうことだと思うんですよね。


【折れない心が身につき、人の悩みも解決できる】

日常会話の中で深いレベルのコーチングを実現する、
エフェクティブコーチングはその思想で生まれました。

受講生のみなさんからも

「職場や家庭でのコミュニケ―ションが劇的に改善した」
「コーチングがやりやすくなった」
「人の話がうまく聴けるようになった」

という喜びの声が出ています。

エフェクティブコーチング初級コースは
名古屋、三重で開催予定です。

※通信教育もあります。

http://www.effecitvecoach.com/
AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「気付き」というキーワードをちょいちょい目にします。

「自分は~だということに気付きました!」

とかね。あるいは

「自分に足りないのは~だと気付きました!」


とかもそう。


まあ気付くことは悪いことではないです。

自分にとっては発見のひとつだからね。

ただ忘れちゃいけないのは


気付くだけでは変わることは出来ない



ということ。

そうなんです。変わらないです。

知恵や知識のコレクションが増えるだけで

これまでどおり生きていたら

なーんも変わるわけないですって。


変化というのは、行動が伴います。


ダイエットでもそうでしょ?

やり方ってみんな結構知ってます。

でもやった人は変わったけど

やらない人は変わらない。

それと同じことなんですよね。


僕らコーチは「変化させる」という役割があります。

だから「行動」に結びつくコーチングをしないとダメ。

そうなんですよ。


気付くだけならコーチは要りません。

本を読めばすむことです。


ということで僕にとっては

「コーチングで気付きました!」

と言われることは、アカンわけです。(*^_^*)

------------------------------------------------------------
日常会話で変化を生み出す!

※エフェクティブコーチング初級コース5月からです



いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕は基本的に

「愛」

というキーワードは使わないのですが、

ここのところ僕にとっては

「愛」

としか表現できないことが起こっています。



一昨年から師匠の酒井さんのご縁で

NLP界の大御所のセミナーに参加しています。

特に積極的に参加しているのが

いわゆる「エリクソニアン」と呼ばれる人たち。

かのミルトン・エリクソンのお弟子さんたちです。


この人たちのセッションを見ていて

「とても美しい光景だ」

と感じたんですよね。


そう、なんかこう初めてみた風景に感動したときのように

ただただ美しいと感じ、声に出来ない。

そういう体験をしてきました。



「なぜ美しいと感じたのか?」


あとで考えてみたんですが、

そえは多分、クライアントに対する敬愛の念に溢れていたから。

エリクソニアンの人たちは

本当にクライアントを丁寧に扱います。

その姿は優しさとかを通り越して

愛を感じるんですよね。

そしてその愛を通して相手の可能性を広げていく。

その在り方がただただステキだったんです。

僕もこんなセッションがしたいなあと。


その思いもこめてエフェクティブをやっています。

「愛と可能性のコミュニケーション」

ちょっとくすぐったかったけど、

この表現がやっぱりピッタリかな?(*^_^*)

------------------------------------------------------------

※エフェクティブコーチング初級コース5月からです









いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コーチングで「目的論」という言葉を使うことがあります。


これは従来の心理療法が


「どこに原因があったのか?」


にフォーカスした原因論であったのに対し、

「どうしていきたいのか?」

という目的にフォーカスすることで、より高い結果を出すというものです。


これには僕も賛成で、

特にうつ傾向の人に対しての原因論は

危険を伴うのでやめた方がいいと思っています。



で、目的論なのですが、僕がもっと積極的にやりたいのは


「どうしていきたいのか?」

よりも


「どうすれば可能性が広がるか?」

という可能性志向。



例えば「人間関係が苦手」というテーマなら

「なぜ人間関係が苦手になったか」が原因論。


このアプローチだと、過去の失敗や、親のしつけなんかを

見ていくことになりますので、結構つらいことを思いだしたり、

トラウマの追体験をしたりしてしまいます。


そして

「どうすれば人間関係に悩まないか?」が目的論。


このアプローチはうまくできたときのことや

人がやっていてうまくいってることをやるという

どちらかというと行動に基準が行きます。


これはこれで悪くはないですが、可能性志向だとこうなります。


「どの部分の可能性が広がればこのことで、
 悩むことはなくなるだろうか?」



問題の一部分にスポットを当てるのではなく、その人全体の器を広げる感じです。

可能性が広がれば自己回復力(レジリエンス)や自分で成長しようというチカラが

育ちますので勝手に問題解決してしまいます。


エフェクティブでやりたいのは可能性を広げること。

それを自然な会話を使ってやっていきます。


なのでエフェクティブは横から見ているとすごく自然で穏やかなセッションになります。

だから「人に優しい」コーチングなんですね。


※エフェクティブコーチングについての詳細はこちら

いいね!(4)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

その昔、僕がまだコンピュータ屋だったころ、
会社やお店の請求書や在庫管理なんかは
プログラムを作ってもらわないと
コンピュータで管理出来ませんでした。


だから専門家にお願いするしかなかった。


でもその後、マイクロソフトがウインドウズを作り、
それに合わせてオフィスという便利なアプリを作ってくれました。


今簡単なデータ管理や帳票印刷だけでなく
結構複雑なことまでオフィスで出来ちゃいます。

EXCELなんてもう万能じゃないかというくらい出来ることの範囲が多いです。
しかも特別な知識や技術がなくてもそれが出来る時代になりました。


オフィスの登場で随分と助かったお店や会社は多いと思います。
僕のような個人事業主は本当に助かってます。

一方で僕も見てきたけど、IT業界では
仕事を失った会社も多かったと思います。
SEやプログラマーの扱いも変わりました。


僕は今、コーチという職業をしています。
いわばIT業界のSEやプログラマーのような立場。
その僕が今、オフィスのようなものを
世の中に広めようと考えています。

専門家に頼むほどじゃないんだけど、
でも自分たちで解決するには難しい。

そういうことってたくさんあります。

そうパソコンで請求書を作ったり
年賀状を作ったりするのと同じように。


ちょっとした困りごと。


それを専門家じゃなくても解決できる。

しかもEXCELのように
その気になればプロ並みの結果も出せる。



もしそうなれば

もっともっと世の中は良くなる。

もっともっと元気になれる。

そしたら

うつになる人も減るかもしれないし、

自殺する人も減るかもしれない。

辛い思いをする子供たちも減るかもしれない。



だから本気でやりたいと思うんです。

日常会話で使えるコーチングを広めることを。

これが僕の新しく追加されたミッションです。


いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「人が変わるためには新しい習慣を3週間続けること」

そういう話がありますが、まったくもってその通りだと思います。

僕自身が、うつ傾向の人とずっと向き合ってきて、
その人たちに変化を起こすときもやっぱり3週間は
最低でも必要だなあって感じてますし。

うつ状態から抜け出すには
やはり習慣を変える必要があります。
しかも簡単で効果的な方法でないと
3週間続きません。

そのやり方をステップメールで紹介しています。
登録よろしくお願いします。(^o^)/

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕がコーチングを学んだのは

株式会社ピークパフォーマンスということろです。

今は株式会社チームフローになっていますが、

代表の平本あきおさんから絶対に学びたいと思い

ここに通うことを決めました。


そのころ平本さんのセミナーはすべて東京のお台場で開催されていました。

三重からお台場に通うのは結構大変でした。

労力も金銭的にも結構なものでしたよ。

それでも平本さんから学ぶ価値があると思っていたので頑張りました。

そしてそれだけの価値はあったと思います。(*^_^*)


僕は地元三重でコーチングの勉強が出来るようになれば

すごくいいなあってずっと思っていました。

何人かのコーチの方が頑張って三重でも講座をされていますが

正直言ってまだそれほど認知度があるとはいえません。

この現状を変えるには、やっぱり新規参入者が増えることが一番。

僕も遅ればせながら、名古屋でやっていたコーチング講座を

三重県で開催することにしました。

場所は津市。5月15日からスタートです。

三重で学べるコーチング講座はこちらから


いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!

今日のタイトル

「僕たちの目は世の中を見ていない」

なんですけど

「え?なんで?」

と思われた方も多いと思います。

そーですよね。
目というのは「見る」ことを担当していますから
自分の知っている世の中を見ているはずです。


でもなぜあえて「見ていない」というのか?


実はここにNLP的な観点が入るとわかりやすくなります。
僕たちの目は確かに何かを見るためにあります。
でもその見ている何か?を判断しているのは目ではなくて・・・


そう!「脳」ですよね。

リンゴを見て「リンゴだ」と思うのは、
リンゴの映像がリンゴだという
意味づけを脳の中でしているからです。
また、見たことがないものなら「類似した記憶」を参照しますし、
それでもなければ「見たこともないもの」というように分類します。


僕たちはこんな風にして外の世界を認識します。
人間関係でもそうです。
この人は嫌な人という記憶があれば、その人に対して
「嫌な人」という反応をします。

NLPではこの「嫌な人」という記憶にアプローチをして
感じ方を変えて行ったりするのですが、
この「記憶」に関して僕たちは結構使い勝手の良いように
自分なりにアレンジしていたりするんですよね。


ちょっと実験してみましょうか。

「苦手な人」をイメージしてみてください。
その人のイメージは、どの辺りに見えるでしょうか?

右前方?左?それともまん前?

続いて「好きな人」を
イメージしてみてください。
その人のイメージは、どの辺りに見えていますか?
苦手な人とは違う場所にいますよね?

では、その苦手な人のイメージを
好きな人のイメージが見えていた場所に
移動させて見てください。

いかがですか?
感じ方が変わったんじゃないでしょうか?


実は僕たちは「苦手なもの」は苦手な位置に配置します。
「好きなもの」は好きな位置に配置してイメージしています。

これらはすべて「脳の中の世界」で起こっています。
現実の位置関係ではありません。

脳の中なので、変えることは可能です。
そして変えてしまえば、感覚も変わっていきます。


この原理を使って、もっと細かく鮮やかに
悩みを解決するスキルがソーシャルパノラマです。

資格認定あり。
ソーシャルパノラマプラクティショナー認定コースはこちら。

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。