こちらは、

フィッシングプロショップオジーズのスタッフブログです。




フィッシングプロショップオジーズは、ルアーフィッシング関連の商品は、全国でも屈指の品ぞろえで、皆様のご来店をお待ちしております。

物品販売だけでなく、釣り振興活動にも力を入れており、皆様のより豊かなフィッシングライフをトータルサポートいたします。

                                       公益財団法人日本釣り振興会会員



■■■■■■■■■■■お知らせ■■■■■■■■■■■■■




---------------------------------------------------------------------------------




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-11 19:25:56

今日の「かしわせ君のお仕事」

テーマ:ブログ

今日は、マグロリベンジ(15日出撃予定)に向けて、ラインシステム作りをしました

 

 

PE10号(133lb)にナイロン60号(200lb)を摩擦系ノットで結節しました。(※1)

 

最近は、新素材(PE)ラインを使用する方も多くなって、システム(リーダーの太さや長さ、PEとリーダーの結節方法など)のご質問を受けることも多くなりました。

 

たまに意地悪で「何でリーダーが必要なの?」と質問すると、「えっ、PEにはリーダーを付けないといけないんじゃないの?」と答え帰って来ることがあります。

 

リーダーが必要な理由が分からないのであれば、直結で良いんじゃ無いでしょうか。

 

実際、直結で使う場合もあります。

 

「なぜ必要なのか」が分かれば(必要性が出てくれば)、おのずと太さや長さは決まってきます。

 

必要な理由は、それぞれ違いますから、明確なセオリーはありません。

 

さらに、ラインシステムで特に重要なのはラインの結節強度です。

 

結節強度は90%以上が理想です。

 

当然タックルシステムでは、一番弱い部分が破断します。

 

上記の※1のシステムでは、133lb×90%=120lb(54kg)です。

 

すなわち、54kgで引っ張っても、ノットから切れることは無いはずです。

 

でも、本当に54kgでも切れないのでしょうか?

 

ボクのノットは切れません。

 

なぜそう言い切れるのかと言うと、様々なノットをテストし、結びも何百回も練習し、全てテスターにて破断テストをしているからです。

(さらには、腕が落ちない様に、釣に行かないときでも、たまに練習しています。)

 

複雑なノット程、結び方にによってバラつきが出てしまいます。

 

○○ノットだから、結節強度95%!と言うわけではありません

 

心配な方はテスターで計測しますよ。

 

また、ノットに関しては、ここでは書き切れないほどのウンチクがあります。

 

ノットやラインシステムのご相談はかしわせ君まで

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-12-10 20:01:00

今日の「かしわせ君のお仕事」

テーマ:ブログ

今日は、お客様のご依頼でリールのオーバーホールをしました。

 

 

リールのオーバーホールは、「メーカーに依頼する方法」と、「当店でボクが実施する方法」があります。

 

基本的にどちらでも、内容は分解→クリーニング→部品のチェック→グリスアップ→組み上げ→動作確認で同じです。

 

お値段もほぼ同じです。

 

違いと言ったらご依頼からお渡しまでの時間でしょうか。

※ボクのするオーバーホールの丁寧さには自信がありますが・・・。

 

メーカー依頼ですと、通常2~4週間かかります。

 

当店で実施ですと、通常1週間でお渡し出来ます。

※どうしてもと言う事であれば、翌日お渡しも可能です。

 

ただし、不具合(巻き心地が悪い、クラッチがリターンしない・・・など)が有る場合は、ほとんどの場合パーツ交換が必要となるので、メーカーに依頼した方が結果的に早いです。

 

ボクのオーバーホールは、基本的にノーマル至上主義で、油脂類も純正を使用して、できるだけノーマルの新品に近づける様に行います。

 

要望による調整は行いますが、チューニングはやりません。

 

20年以上、数多くのリールを取り扱ってきましたので、それなりの知識と技術には自信があります。

 

リールの不調のご相談はかしわせ君まで・・・

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-12-10 18:49:40

糸(ライン)についてのお話

テーマ:ブログ
こんばんは。スタッフの佐藤です。


現在、ルアーフィッシングでは各メーカーから様々な種類の釣糸が販売されています。


フロロカーボンやナイロン、PE・エステルライン、更にはフロロとナイロン・フロロとPEといったハイブリットラインなどなど、、、

当店のラインコーナーはこんな感じです。


そして、以前、柏瀬店長と「パッケージにナイロン・フロロとか見やすく表記してないからパッと見て何の糸だか分かりづらいよね!」
っといった話になりました。


確かに各メーカーのパッケージを見てみると、小さく表記してあったり(それも英語)、裏面にしか表記してなかったり、物によっては全く表記されてない商品もあったり。



これじゃあ、お客さんも選びにくいよね!!って事で、今日はパッと見て何の種類の糸か分かるように棚札に工夫をしてみました!





これで以前よりも見やすく、選びやすいのではないでしょうか!


糸の種類によって特性は違います!!


ちなみに同じフロロカーボン素材の糸でも物によって固さが異なったり、ナイロンでも伸びが異なったり、PEでも製法・商品によって特徴が異なります!


使うルアーやシチュエーション、釣り方によって各糸を使い分けます!
詳しく知りたい方はスタッフ佐藤、店長まで、、、

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。