長野県諏訪地域の いじめ・     いきしぶり・不登校 くちこみ情報

不登校を体験した子どもの親が集まって
「子どもの笑顔を守りたい」
という思いでつながり合い育ち合っています。
長野県諏訪地域の不登校などの親の会や
支援団体等の情報、親のくちこみなどを提供していきます。






《いじめ・いきしぶり・不登校》


 くちこみ情報センター
の紹介





不登校を体験した子どもの親が集まって


「子どもの笑顔を守りたい」 という想いで


つながり合い、育ち合っています。


そして、いくつかの親の会が連携して、


「平日くらぶ」という子ども達を中心とする


活動が生まれました。


そんな親同士の体験談や、


支援団体からの情報を共有し合いながら、


一人ひとりが自分に合った道を進んで欲しい。


そんな想いで活動しています。


学校で学ぶことも大事なことです。


家に居ても学ぶことができます。


一人で悩まずに、手を取り合いましょう。


何か輝くものが見えてきますよ!!



クローバー月1回の定例会


クローバー情報誌、ブログの編集会議


クローバー情報誌の発行・ブログの更新


クローバー平日くらぶ


の運営


クローバー親の保健室の運営

 ベル不登校体験をした親とお話ができます。ベル


クローバー学習支援(プランニング・家庭訪問)有料





   



メモおことわりメモ


このブログの性質上、読者申請・コメントは受け付けていません。


お問い合わせ、ご感想などは問い合わせフォームよりお願いします。









不登校・おうち生活の


あったカフェ




不登校で悩み成長した親たちが


心を寄せあって作ったホームページです。


親の会情報や知恵袋、親と子どもそれぞれの掲示板もあります。


覗きに来てくださいね。






私たち親の会は、


ながの不登校を考える県民の会

諏訪支部として

県民のつどいの開催を応援しています。



2016年の県民のつどいは11月19日、20日です。







ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



にほんブログ村






テーマ:




情報誌春号が完成しました。

PDFダウンロードはこちらから




{A0B853E6-F90B-4437-A2A0-1F2DDD415E59}





今回も盛りだくさんの内容です。

すでに諏訪地域6市町村の公共施設などに

置かれていると思います。





いつも親の会のメンバーの協力で

印刷や仕分け、

各市町村や置いてもらっている場所への

持ち込みがスムーズに進みます。







{D4B95E91-E776-4AC8-9A60-2EB34EEF0D44}



こんな感じ。

この日は、ゆいわーく茅野で印刷仕分けをしました。

3月12日。

仕分けしながらあれこれおしゃべりするのも

いつもの大事な時間です。





{BF69AD8A-FD7F-4C52-A2FA-FDD82AC4D7F4}




今回の内容は、

♦ 発達障がい、必見、本の紹介

♦ 一緒に話そう!「発達障がいと不登校」

♦ 連載・・・そらまめさん家の家育ち 巣立ちの春

♦ 情報トピックス・・・みんなのお家すまいる



特集として、発達障がいについて取り上げています。

参考になる本の紹介や

親の会でのみんなの話をまとめたものもあります。

実際に困っていることや

こんな風にしてきたよ。

っていう体験談がいっぱいですよ~。

実際に情報誌が手元に届かない方も、

ぜひダウンロードして読んでみてくださいね。


PDFダウンロードはこちらから



{C0E4CD29-1D48-407F-BEEB-B08167893D17}




この情報誌が、

情報を欲しいと思っている人に届きますように。




もしどこかで見かけたら

手に取ってみてください。


感想や、情報誌の減り具合など

お知らせいただければとっても嬉しいです。


連絡は
お問い合わせからお願いします!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


「みんなのお家すまいる」

だいぶ準備ができてきて、

水道も開通し、水回りも使えるようになりました。


今日、3月20日にプレオープンのお茶会を開催しました。

クローズの内々のお茶会でしたが、

「みんなのお家すまいる」の

これからのことを語り合う時間になりました。







{54F0F4F2-236A-44A3-B564-192C71ADF4BF}


バリスタも完備!

ゆっくりお茶ができる環境になってきました。

ここで、いろんなことができていくといいな。

なんて思います。





そして、


プレオープンイベント第2弾

「グリセリン石鹸作り体験」やります。


日時:3月22日(水)15:00~17:00

場所:みんなのお家すまいる

参加費:300円(材料費)

予約制です。

申し込みは前日までにお問い合わせからどうぞ。




{150DC2D9-4BC7-447E-8443-A35C179198B1}



こんなかわいい石鹸を作ります。

小さいので一人3個づつ。




「みんなのお家すまいる」の

正式オープンは4月からになります。

オープン日の予定などは

決まり次第紹介しますね。











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{F738C8C3-2412-46DB-8D9C-C917834F3FAF}



フォーラムこども応援会議in諏訪が

3月18日に諏訪市のいきいき元気館で開催されました。




この日は多くの小学校で卒業式。

諏訪市長さんの挨拶でもそんな話が。

それでも、こどもを応援しよう、

子どもの居場所を作ろう、

というたくさんの方々が集まっていました。




長野県の子どもに関わる現状や

県の取り組みが紹介され、

少子化や困り感を抱えるこどもたちが

この地域やこの国の社会を支えていく大人に育つために

今の大人たちが何をしていったらいいのか

考えあう時間になったと思います。



{B325BAA5-68F9-4B35-B50E-5F94EF619A99}



大阪で7年前から活動を始めた川辺さんのお話。




{CC75B827-3D28-465F-8977-7DAD284CF1B9}


最初は気になる一人の子のために。

現代のイライラしている子どもたちのために、

お腹がすくとイライラするよね。

と始まった料理教室だったそう。


誰でも無料の子ども食堂。

受け入れられるまでには

たくさんの苦労があったのでしょうね。



お話を聞いていて、

いつも子どもの気持ちに寄り添って、

こどもが本当に必要としていることに

しっかりと目を向けて

活動されている様子がわかりました。


大人の都合や押し付けでなく

原因追及やアドバイスでなく

「そこに一緒にいるだけ」

という姿勢がとっても共感できました。


こども食堂の活動の様子や

そこに集まる人たちの様子も

よくわかったのですが、

川辺さんが作り出す、居心地のいい『場』。

こども食堂のノウハウよりも、

とっても大事なことを語ってくださいました。


そこには近所のおじさんおばさんも、

小さい赤ちゃんのママさんも

お兄さんお姉さんも集まります。


「ここでご飯を食べると貧しいと思われる」

というイメージや思い込みで

親が行くのを止めたり、

子ども自身が拒否してしまうことも。

『ここに来る理由』を作ること

『子どもとの関係性』を作ること。

学習支援や太鼓教室などの帰りに

「食べていけば?」という雰囲気を作り出しているそう。



居場所があることで、地域とのつながりができたり

表には表れない”しんどい子”に目が届く。



さらには、居場所を作っていくときに大切なこと。

自分たちの居場所について

きちんと説明すること。

助けてほしいこと、手伝ってほしいこと、

「わかるだろう」ではなく

ちゃんと伝えること。

それから、同じような居場所を作っている仲間と

気持ちを共有できることも大事。


やはり、続けていくことは大変だけど

励まし合う仲間の存在は大きいみたいです。

こども食堂ネットワーク関西」でつながっているそうです。



川辺さんのこども食堂は

週に1回から、子どもの必要に合わせて

だんだんに増えていったそうです。

でも、回数ではないと川辺さんは言います。

月に一回でも、子どもは前回に出会った大人を

覚えていて、すぐにその続きで遊んだりできると。

大人の方が覚えてなかったりするんですよね(笑)


できるところでできることをやっていけばいいと、

とっても励まされるお話でした。


講演会は、質疑応答も含めて

とってもたくさんのヒントをもらえました。




そして、こども食堂の川辺さん、

県のこども・若者担当部長さん

この地域で長年活動している方々の

パネルディスカッション。

会場とも意見交換し、

とっても楽しいフォーラムでした。




この諏訪地域で、子どもの居場所を作ったり

こどもを応援する多くの人たちが

つながって支え合っていく

「こども応援プラットフォーム」ができていきますね。



フォーラムの終了後、

「諏訪圏域子ども応援プラットフォーム」が発足しました。

こどもに関わる活動をしている方々と

今後、どんな活動をしていくかなど

話し合う会議が進んでいきます。

今までの個々の活動がつながることで

地域の子どもたちにも大人たちにも

いいことがいっぱいある。

そんな気持ちになりました。


(木村)







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。