こんにちは。

荒木まち子です。

 

春一番が吹いた翌日

私達親子はは都内で開かれた

自分の取り扱い説明書(「トリセツ」)を作るワークショップに参加しました。

 

学校の友達以外の繋がりを求め、娘は最近色々なイベントに積極的に参加しています。

 

でも娘はまだ未成年。

初めての場所や見知らぬ人との出会いの場に十分な注意が必要なので

今回は母も同行しました(=^ェ^=)

 

 

オシャレなカフェで軽食をとりながら

終始穏やかな雰囲気で進められたワークショップ。

 

6つの認知特性のバランスを判定するテストでは

0~14点→苦手

15~25点→普通

26~50点→超得意

のうち

娘は1点があったり35点があったりの超凸凹(やっぱりね!≧▽≦)

 

このテストは点数が低いから悪い、高いから良いとかいうものではありません。

 

グラフ化された結果をもとに

「私のタイプ」や「取り扱い上の注意」

などを記載した「自分の取扱説明書(トリセツ)」を作ることができるのです(^ω^)

 

自分の「タイプ」を知ることで

どうしたらより楽に生きられるかを知ることもできます(^_-)

 

とても面白く有意義なワークショップでしたが

娘のポイントはやはり「参加者の雰囲気」のようでした^^

 

こういった会に参加する方々は前向きで優しく、相手を認めてくださる方がほとんどです。

少しずつで良いので、そういった「居心地の良い安心できる繋がり」を娘にも持っていって欲しいと思います。

 

 

ちなみに私は

『視覚(3D)はやや高め』『言語は普通』『聴覚はやや低め』

だったのですが

「加齢による視覚や聴覚の老化はこのテストにはどう反映されるんだろうなぁ…」なんてことを考えたのは参加者の中で最年長だった私だけかなぁ…?f(^_^;)

 

 

 

二つのブログランキングに参加しています

ポチポチっとして頂けると嬉しいです(≡^∇^≡)


にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

 

 

読者登録してね

AD