竹木の伐採が進む石脇城

テーマ:

北条早雲(伊勢宗瑞)が小鹿範満を駿府今川館に急襲したとき、出撃基地となったといわれているのが焼津市の石脇城です。ところが、城跡一帯は竹藪になってしまっていて、遺構がよくわからない状態でした。数年前から、地元の高草山研究会のメンバーが、地主さんの了解を得て竹木の伐採に取りくんできました。

新幹線の車窓からもよく見え、伐採が進み、塁段がはっきり姿をあらわしはじめたので、いつか機会があれば実際に現場を歩きたいと思っていました。

先日、焼津市で講演があり、そこに高草山研究会のメンバーも来ておられたので、講演終了後、案内していただきました。

一昨年訪れたときは本曲輪のあたりは竹藪で入れなかったのですが、今回はきれいに伐採されていて、本曲輪の広さもわかり、北側の土塁がよく残っている状況を確認することができました。さらに伐採を進めていくということですので、戦国の城がわかりやすい形で姿を見せてくれるかもしれません。

AD
2月26日(日)までの会期で、長浜市長浜城歴史博物館において、表記の企画展が開かれています。北近江の刀工として下坂鍛冶の名は有名で、私も、これまでいくつかは見てきましたが、まとまって展示されているということだったので、見に行ってきました。
大身槍「銘かうしゅうなかはま吉ゑもん作」や直槍「銘江州坂田郡下坂」など、槍そのものも名品揃いだったのですが、下坂鍛冶の起源とその展開がわかりやすく展示されていて勉強になりました。
AD

2月28日(火)13:30~15:00、静岡市葵区七間町のMIRAIEリアンにて、

寺子屋駿府城「小和田哲男先生に学ぶ今川氏と駿府城の歴史」

と題した講演会が開催されます。

参加費は、駿府城公園3施設共通券付きで1,000円。

明日2/10までのお申込みで多数の場合は抽選となります。

お申し込みはこちら

 

3月25日(土)静鉄観光サービス(株)主催による一日ツアーがあります。

静岡県内の静岡・焼津・吉田インター・掛川など各地を出発、バスでお城を巡る、

「小和田哲男先生と歩く横須賀城・高天神城・諏訪原城」

旅行代金は11,000円。昼食・入場料付き。

現地では、文字通り歩くツアーです。

詳細・お申込みはこちら

AD