テーマ:

 

ど〜も 山本です。

 

マフラー開発ブログでも画像が出ていますが、OV-36A車体組み立てに入ります。

 

 

まずはエンジンをフレーム載せます。

各OVフレームの特徴になっていますが、エンジン搭載位置はモンキーチェーンラインとNSRチェーンラインが選べます。

今回はNSRチェーンラインです。MONO-ARM本体の設計はNSRチェーンラインですし12インチホイール、タイヤ幅120のサイズを干渉なく収めるには、NSRラインが一番です。

 

ピボットシャフトはφ10、φ12が選択可能になります。MONO-ARMの注文時に選んでいただける使用になります。今回は車体の剛性をアップさせるべくφ12での組み立てになります。

 

スプロケットはNSR50、NSF100などのスプロケットが装着可能です。

 

 

リアディスクローターはNS-1、リード50などのφ190のローターを使用できます。今回はBRAKINGのローターをチョイスして組み付け、キャリパーはGROM純正のゴールド、MONO-ARM専用のキャリパーサポートに取り付けます。

 

次に、フロント周りの取り付けになりますが、こちらのキャリパーもGROM純正のゴールドを装着しています。

前後キャリパーはNSR50用のキャリパーも装着できるようになっています。

 

 

ホイールにタイヤを組、車体に取り付けるとバイクらしくなりました。

 

 

電装類、ワイヤーハーネスをフレームに沿わせ、ハンドル、メーター、ライト、ウィンカー、テールランプなどを装着。

今回のハンドルはバーハンにしていますが、トップの画像はセパハンになっています。

これは、今回のエンジョイ4ミニが終わったあとに、新たな計画としてOV-36Aのレーサーにすべくハンドルを二種類用意したわけです。

 

バーハン使用はテスト走行用になります。

 

公道走行テスト用にTT-F RSマフラーを装着して、外装を取り付けて。

 

 

完成です。

 

 

フロントフェンダー、リアフェンダーを取り付けました。

専用取り付けステーを製作して取り付けしましたので、車体とのフィット感は抜群です。

オイルクーラーのステーも専用に製作しました。どこに取り付けるか迷いましたが、上下フロントアームの間に取り付けです。絶妙なクリアランスを確保しての装着になります。

 

 

よく見るとサイドカバーにOV-38の文字が・・・。

エンジョイ4ミニまでに36Aに変更します。

 

公道を走らせフロントのセットアップですが、ここで少し問題が・・・。

ツインカムエンジンを搭載している関係上、フロントタイヤとエンジンのヘッドとのクリアランスが狭い。図面上ではクリアランスを確保していたのですが、実際組み上げてみると少し危険な状態です。

 

ですが、このOV-36Aはフロントアームのピロボール部分の調整でオフセットを変更できるフレームです、ヘッドとタイヤとのクリアランスを確保できるところまで調整して走行チェック。公道での確認を終わらせ、スパイラルマフラーを取り付けた車体がエンジョイ4ミニで見ていただいたOV-36Aになります。

 

 

 

 

 

 

サイドカバーも36Aに変更。

 

午前中に各雑誌の取材を受けて、午後からメーカーデモランになります。

 

デモランでの感想は、フロントサスが少し硬い印象です。

走行スピードが公道と違いますし、コーナー入り口での踏ん張りを狙ってサーキット用に少しフロントサスのプリロードを掛けたのですが、ちょっと掛け過ぎてました。

高速コーナー、タイトコーナー両方つっぱり感が出てしまい、思うような走行ができない。

今回は各コーナーが攻められない状態で走行終了です。

 

次のサーキット走行では車体を煮詰めて、ウィッシュボーンガーターフォークのメリットをお伝えできればと思います。

 

次回のブログではセッティング編を考えています。

 

お楽しみに。

 

それでは・・・。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今回はモンキーのスパイラルマフラーです。

 

グロムのスパイラルを見て、モンキースパイラルへのお問い合わせを

頂くことがありましたので今回製作することになりました。

 

すでにレイアウトを完了し、形になっています。

 

OV36Aへ装着です!

 

OV36Aでは片持ちのスイングアームですが、

純正形状のツインサスを使用するスイングアームにも装着可能です。

また、バンク角も深く取れるようにレイアウトしました。

 

クロスするパイプのクリアランスをできる限り近づけることで

バンク角を損なわないようにすることと、

デザイン性を高めています。

 

きついアールは輪切りを取り入れることで実現することができました。

 

 

素材はチタン製で試作品重量は、2.16㎏とかなりの軽量です!

 

エンド部はグロムのスパイラルフルチタンで、ご好評頂いている

メガホンスラッシュカットを採用することで、立体感や迫力を表現しています。

 

サイドスタンドも使用出来るようにしました。

写真は試作ですが販売時には、

専用のサイドスタンド付属などの対策をして、

商品化する予定をしています。

 

 

これから図面化し量産化へと進めていきますので

発売までもうしばらくお待ちください!!

 

また、スパイラルマフラーの取り付けは少々、位置関係の合わせなど

シビアなところもありますので、次回の自分のブログからは

そのあたりも含めてお伝えしていきます。

 

マフラー開発 末川

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ど〜も 山本です。

 

先日、10月8日〜10日のアメリカン・ピクニックデイに出店した時の報告です。

三日間の開催で、沢山の方に参加していただきました。

 

 

親子で遊べるイベントということもあり、車、バイク、ラジコン、エアーガン

アパレル…など。見所が多かったイベントでした。

 

 

今回はOVERレーシングの名前を覚えてもらう、そしてバイクと触れ合ってもらうきっかけを持ってもらう、バイクが楽しい乗り物であることを知ってもらうことです。

 

実際に跨がっていただいて、記念写真を撮っているお客さんは皆さんニコニコでした。

 

 

エンジンを掛けてマフラーサウンドを聞いていただくと、ちょっとビックリされる方もいましたが、それもいい体験になったのではと思います。

 

 

参加車両は、OV-38デモ車、GROM`16そして…

 

 

組み上がったばかりのOV-36Aです。

 

ブースに来ていただいたお客さんは、アルミ削り出しのフレームにビックリ、そして前後方持ちに二度ビックリ。フロントサスペンションに三度ビックリと三日間沢山の方に説明させていただきました。

 

 

取材もしていただきました。

 

 

 

所さんの隣が、OVERでライダーとして鈴鹿8Hに参加してもらった新垣さん。

今回のイベント参加に声を掛けていただきました。ありがとございます。

開催期間三日とも所さんが来ていましたが、三日間顔を出すことは今回が初めてで、めずらしいことだったとか。

 

一般のお客さんが入る前の一時間ほどですが、取材や撮影などされてました。

 

 

OV-36Aのフレームを見て、「これこのままで飾っと来たいね〜」なんて言ってました。

 

そのあと、TVカメラが来て舐め回すように撮影していただきました。

 

 

新垣さんが持ってきたポケバイ、車体は小さいですが走らせると速い。

STDモデルでも80キロ以上で走る車体です。

 

 

こちらはカスタム車、この車体で100キロオーバーらしいです。

エンジンもSTDが空冷に対してこのエンジンは水冷で、リアのスプロケットからベルト駆動でポンプを回すかなり手の込んだ車体になっています。

 

特設サーキットでのデモランではポケバイとは思えない動き、パワーバンドに入った途端、大人が乗ってフロントが浮きまくりのイカれたポケバイです。

 

前後ブレーキも油圧のディスクブレーキ、アルミフレーム、スリックタイヤと豪華な車体です。本当に凄かった。

 

 

いろんな車体が展示されてましたが、その中から…

 

 

この車体、タンクはモンキー、リアタイヤの上にエンジンが載っています。

一瞬、自転車にエンジンを載せてペダルで漕いで自転車として使えて、エンジンでも走行できる、まさに原動機付自転車と思ってました。

 

実はこのエンジン、走らせるためのエンジンではなく、エンジン音を楽しむためのものなのです。つまり、エンジン音を聞きながら、ペダルを使って走るただの自転車なのです。洒落なのか、なんなのかよくわからなかったのですが、走っている姿は笑える変わった乗り物です。

 

変わった乗り物といえば。

 

 

この車体、エンジンはスズキのチョイノリ、フレームは自作、足を乗せるステップは鉄筋、ハンドル操作で曲がるのではなく足を使って曲がる。

 

なんともユニークは乗り物です。

 

 

新垣さんが乗るとこんな感じで、舵を切るときは曲がりたい方の足を押す感じで曲がるそうです。

 

 

高橋社長も乗りましたが、ハンドルを使って曲がる乗り物ではないため不思議な感覚の操作感、でも面白いとのこと。

 

前側の四角い箱の中にはバッテリーとカーステが入っていて、何故かエルヴィス・プレスリーのラブミーテンダーを流しながら走り去って行きました。

 

なんだかほのぼのした乗り物です。

 

 

今回紹介した車体の他、車、バイクのカスタム車が沢山展示されてましたが、どれも手の込んだ車体でオーナーの愛情のこもった車体ばかりでした。

 

いい勉強になりましたし、参加して沢山の方とも話しができました。

時々雨が降ったりしてましたが、出店者、参加者が楽しめるいいイベントでした。

 

 

 

そして、

次のイベントはエンジョイ4ミニです。

 

 

OV-36Aのフレームにエンジンを載せて走らせます。

 

今回はここまで、次のブログで報告します。

 

それでは…。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。