2014-01-22 10:01:56

謹賀新年

テーマ:ブログ
一月も下旬ですが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

早速ですがご連絡です。(←ヤフオクみたいですね)

ようやくブログを移します。

まだ手探りですが少しづつ見やすくしていけたらと思いますので引き続き宜しくお願いいたします。

新しいブログはこちら NEW BLOG ⇒xxxoutcastxxx

ご親切にリンク等を貼ってくださっている方、もしよろしければお手数おかけしますがご変更宜しくお願いいたします。

GK

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-12-28 16:03:07

師走

テーマ:ブログ


最近ブログがつまんねーと評判の私です。
まぁしょうがないです。書いてる本人も「つまんねーだろうな」と思いながら書いていますから。
しかし中には作業内容だけが楽しみで見てくれている方もいらっしゃいますし。

面白いのは、そういった細かい内容を書いているとブログを読んでいる奇特な方に初めて会った時「ブログと本人のギャップがすげぇ」「想像と全然違う」と言われることが多々ありますので、まぁこれはこれでいいんではないかなと思います。

みなさん、かなり細かい神経の堅物頑固おっさんみたいなのを想像するみたいで。


実際は相当適当なお気楽野郎ですからお見積り等もお気楽にご依頼ください笑


相変わらず色々やっていますが久しぶりにハマった(悪い意味で)作業

ステーターコイルパンク、レギュもわけあって交換です。

ステーターローターはシールドタイプのちょっといいやつです。
ローターはスプライン部が元ついていたものより厚みがあるので、ベルトラインを出すのに切削します。

しかーししかし、問題が。
調子よく切削しているとスプライン部の盛り上がっている所がおかしなことに。

画像無いので簡潔に言うとスプライン部とローター部は別体で圧入というか、はめ殺しと言うかなんとも頭のいい作りになっていました。
カシメ(?)てある部分を切削してしまったのでこのまま使用するとローターとスプラインが空回りになってしまいます。
説明では全く意味が解らないと思いますが、この加工の知識もないので説明できません。

とにかくスプライン部とローターを一体にするための加工が必要になってしまいました。

以下作業画像

これが問題の部位
スプライン部の盛り上がっている部分とローター部は削り出しのように見えて実は2ピースなのです!(穴みたいなのは僕の加工痕です)
$OUT CAST BLOG


軽く溶接します。
熔接だけでは持たないのは目に見えてますので、回り止めとして4か所ねじを切りボルトをねじ込みます。
$OUT CAST BLOG


余分な頭は落とします。
$OUT CAST BLOG


ボルト部を熔接した後旋盤で切削して完了です。
$OUT CAST BLOG


いやー余計な手間が増えてしまいました。
かといってお客様に請求できるわけもなく、知識が増えたといい方向に考えましょう。




次はレギュレター交換です。

新しいレギュレターに交換し、マイナス端子をバッテリーに取り付けると「バチバチ」とショートしました。


??????

なんで??

配線間違えた?

確認してみますが間違えてない。

あれやこれや確認してみましたが無問題。

こいつは匂うぜーって事でレギュレタを調べてみます。

+側の配線とボディの抵抗値を図ると・・・

超導通ありぃ!!!
$OUT CAST BLOG


はぁ~

パーツ屋さんは大変だぁな。


新しいレギュと交換してもらい(元も新しいが)一応確認。
$OUT CAST BLOG

おっしゃ大丈夫だ。(今の所)


タイヤ交換です。
ふんどし(リムバンド)を外すとあらーな状態。
$OUT CAST BLOG



ニップルから出たスポークは必ずベルトサンダー等で落としましょう。
ふんどしも切れそうになったました。
リムのエッジまでよーく触ってバリ、カエリなどないかよーく確認して少しでも出てたらやすりなどで落としましょう。メカニックの超超基本です。
$OUT CAST BLOG





どうです?堅物親父が画面の向こうに見えましたか?







あと少しで2013年も終わりですね。

来年は今年以上に忙しくなりそうです。


本年もお客様、同業者さま、その他大勢の方に支えられ無事新年を迎える事が出来そうです。
吹けば飛ぶようなこんな小さなショップを御ひいきにしてくださり、感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。


4年前には泣く飲む、寝るしかできなかった私の娘も、今ではエサを付ける、振り込む、合わせる、取り込むの一連の動作(釣りの話です)が出来るようになったり、補助なし自転車も乗れるようになりました。

4年前の自分と比べて今の自分は彼女程の成長はあったかな?

毎日、目に見えて成長していく我が子をお手本に、来年も再来年も彼女に負けずに成長していきたいと、木登りに挑戦する後姿を見て思うのでした。


皆様よいお年を。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-11-13 20:02:33

ほこたて

テーマ:ブログ


久しぶりにようやく更新しました。


仕事は毎日忙しくこなしています。
「これブログに書こう」と思うものは写真を撮っておくのですが、書くまでにはいかず写真だけがたまり、書こうと思っても「画像たまちゃってアップするのたいへんだなぁー」と思い、更新せず負のスパイラルってやつに。

前回の更新から一か月位の時は会う人会う人更新しろと言われ、2か月位過ぎたころには誰にも言われなくなり、最近は一周まわってまた「いいかげん更新しろ」とせっつかれ、さすがにあまりに書かないのはちょっと・・・と思い、重い腰をあげました。

ブログ移ったらもっと更新頻度は上がるはずです?

いつも見に来てくれている方々、本当に申し訳ない、ありがとうございます。

とりあえずあまりに画像が多かったので目に留まったものだけ。



クーガーのドアヒンジ続きです。
預かった時はこんな状態です。
$OUT CAST BLOG

ブッシングは残っていますが割れていてます。
OUT CAST BLOG

これはすでに摺動する部分はなくなっちゃってます。
OUT CAST BLOG

こっちも。古い車両ですからしかたありません。
OUT CAST BLOG

とりあえずばらしてみます。シャフトは圧入して反対側でかしめてあるのでカシメ部を削り落としてプレスで抜き取りました。
OUT CAST BLOG


抜き取ったシャフトです。
圧入が効くのはシャフトに粗目のローレットを切ってあるからです。
転造ローレットで山の部分が軸径より太くなるのを利用しているわけです。
ブッシング部はブッシングが無くなってからも開閉されてヒンジとこすれて減っちゃっているのが確認できます。さびもひどい><
OUT CAST BLOG


これはバネが当たってストッパーになる駒です。
名称もわからないので説明が難しいですが、車のドアは2段階で開きますよね?
全開の前に途中で一度止まるヶ所があると思いますが、それを担っている部品です。
OUT CAST BLOG



とりあえず全部バラバラにしました。
部品を見ながらこのヒンジのレストア方法を考えます
OUT CAST BLOG

色々と考えた結果すべてユニクロメッキをかけることにしました。
お客様はシャシーブラックでいいとおっしゃっていましたが、前回の無くなってしまったボルトのお客様ですのでお詫びの気持ちとしてメッキ処理をすることにしました。
しかし問題が。
以前の画像を見ればわかると思いますが駒と軸の間に薄いウェーブワッシャーが入っているのが確認できます。駒をヒンジにつけたままメッキをかけたとすると、駒とワッシャーの隙間などがどうなってしまうのか。
しかもその部分には錆や油などのメッキには大敵のごみがうようよいます。
せっかくメッキまでかけてレストアするのにこの部分はばらさないのはすごく気持ちが悪い。
でもカシメ部は削り落としてしまうともうカシメる事はできない。
かといって軸をイチから作るには手間がかかりすぎる。

・・・・・・・・

いい方法を思いつきました!
内緒ですごめんなさい!
そのカシメ部を削り落としてばらします。
OUT CAST BLOG



メッキをかける時、メッキ屋さんは細い針金で品物を結って槽に漬けるのですが、引っかかる部分が無いと落っこちてしまう可能性がありますので、細い溶接棒を点付けしておきます。
OUT CAST BLOG


アメリカに使用できそうなシャフトがあったので輸入してみましたがやはり使用できず、すべて削り出しました。今後ブッシュを入れ替えれるようにシャフトはカシメではなくスナップリングとします。
OUT CAST BLOG


ちょっと話がずれますが、このシャフトを製作している時悩んだのですが、スナップリングと
似た用途で"Eリング"がありますが、スナップリングとEリング、どう使い分けたらいいのでしょうか?
スナップリングよりEリングの方がボディに当たる面積は大きい?スナップリングの方が面積は少ないが軸に対して円周上にロックがかかる?スナップリングは外溝に対しても使用できますが、今回のようにEリングと仕様の場が被る場合どういった理由づけでつかいわけるんでしょう・・・答えは出ませんでした。
スナップリングの方がバネとして溝寸法の交差に対しても多少ルーズに使用できそうだし、Eリングの方がなんとなくはずれやすそうな気がしたので今回はスナップリングとしましたが・・・


EリングVSスナップリング!ほこたて対決!

見たい人がいない上に、ほこたてではないな。


メッキから上がってきた物を組み付けます。
グリスはワコーズの重機用のかたーいやつです。
モリブデングリスは意外にこういう所に使用すると持ちが悪いので
OUT CAST BLOG


車のドアヒンジレストアはこれにて完結です。



お次は、え~、プレス機のカス取り器製作です!(乗り物全く関係ない笑)


私の工場の向かいにプレス屋さんがあるのですが、そこの親父さんに「よー!あのよー!カス取り器つくってくんねか?」(ガラガラ声)

と言われ、話を聞いてみると金型で抜いたカスは金型の中を通り、下に落ちて機械の外に排出されるみたいなのですが、金型の中に抜いたカスが詰まってしまい、一々ラインを止めなければならず大変困っているようでした。
私もちっさいプレスはさわっていたので言いたいことがすぐにわかりましたが、プレス屋の従業員さんが「こんな感じで作ってくれ」と言っている物を説明受けながら書いた漫画はこんな感じです。
$OUT CAST BLOG


う~ん、これだと確かにペール缶にカスは溜まるが、ラインが動いている間中ずっと掃除機まわさなきゃいけないって事だ。
掃除機って一日8時間回しっぱなしでどれだけもつの?
ちょっと現実的じゃない・・・
って事で考えたら閃いた!

エアーのバキューム掃除機を使えばいいんじゃない!?
エアーならプレス機のエアーと連動させれば、丁度プレスした後に機械と連動してエアーが短時間だけ作動し、カスが吸い込まれる。無駄にコンプレッサーまわすことも無いし、最高だべ!
あとはそんな短時間のエアー量で金属片であるカスが吸い取れるかどうかだ。

って事で早速取り寄せて作りました。
マウント作ったりなんなりしてとりあえず完成!
でもプレス屋の親父さんが持ってきたホースはステンのジャバラ・・・
これじゃカスが引っかかっちゃうんじゃねーかな?(ちなみにカスの大きさは米粒程度)
$OUT CAST BLOG


納品して半日位して「だめだ、カスがひっかかっちまう」と親父さんが言ってきました。
塩ビ管にしたら?と言いましたがなんかいやみたい。
あーだーこーだ話ても結局は"鉄パイプで作ってくれ"感が、遠回しながらひしひしと伝わってくるので、逃げるのはやめて採寸してパイプ曲げてで作りましたよとほほ・・・
$OUT CAST BLOG

今でも毎日元気にカスをすっています。



こっからはざっくり

Eキャブのフロート
加速ポンプん所、ちょっと変わったんですね~
OUT CAST BLOG


フレームやったり
OUT CAST BLOG


ネック部にあるこのメーターみたいなのってなんか意味あるのかな?
OUT CAST BLOG



よっしゃ終わった!
OUT CAST BLOG



と見せかけて終わってなーい。
これもいりません。
OUT CAST BLOG



こんなことやったり
OUT CAST BLOG



またフレームやったり
OUT CAST BLOG



車のベルトテンショナー作ります。
$OUT CAST BLOG



ベアリング部はボアゲージで図りながら
$OUT CAST BLOG



スナップリング溝掘って
OUT CAST BLOG



できた!
OUT CAST BLOG


寸法ばっちり(この後の硬質アルマイトの被膜分余計に切削)
OUT CAST BLOG



実は一個失敗してます。
手書きのマンガに全然関係ない数字が書いてあり、読み間違えて深さが全然違う・・・
OUT CAST BLOG



これは・・・?
OUT CAST BLOG




ああっ74スプリンガー用の部品だった!
OUT CAST BLOG




SR用のアルミスイングアーム
OUT CAST BLOG



キャリパーサポート用トルクロッドマウントがちぎれてます。
OUT CAST BLOG




少しこずくと綺麗にはずれました。
OUT CAST BLOG




新たに雌ねじを切ったカラーを作り、元の場所に元の寸法で溶接し、さらに力がかかる方向に補強プレートを熔接。
これでばっちり!
OUT CAST BLOG



他にもいろんな事やってますがキリが無いのでこの辺で。

只今これに頭悩ませ中・・・
OUT CAST BLOG

ステムシャフト溶接でエクステンドされてる><
しかもベアリング内径25.4mmに対してシャフト径25mm・・・
アメリカ人はわいるどだぜ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-28 21:00:43

SICK OF ME

テーマ:ブログ


ブナ ズィウア ツツロォ!

あっすいません、勝手にルーマニア語が出てしまいました。
ちょっと前にルーマニアに観光に行っていたのでついつい。
ルーマニアなかなか良かったですよ。
やっぱり北欧はいいですね。自然が大変美しい。
次はフィンランドに行きたいですね。
MR MOOREがいますし、調べてみるとフィンランドは白人圏、日本はイエローモンキー(自虐ですよ)ですが、意外なことに共通点がいろいろある様なんですね。
名前も日本人ぽいようですし。(MrMOOREは本名ミカだし。)
冬の白夜見てみたいな。
機会があればルーマニアお勧めします。行ったことないけど。
前半は嘘ですが後半の行きたい気持ちは本当です。








アルファードEXエンド製作したり
$OUT CAST BLOG

出口は訳あって板金して
$OUT CAST BLOG

今となっては貴重なスクリーミンイーグルのディスクローター
$OUT CAST BLOG

研磨傷は相当深い。さらにステン。これを
$OUT CAST BLOG

ポリッシュ!
$OUT CAST BLOG

他のお店のように写真が上手くないので汚く見えますがピッカピカです。
出来るだけフラットになるようにがんばりました。
もちろん両面バフ
$OUT CAST BLOG

アルファードボンネットです
$OUT CAST BLOG

マスキングの分だけ継ぎ足し板金しました。
$OUT CAST BLOG

ツインキャムフレームやったり
$OUT CAST BLOG

フェンダー作ったり
$OUT CAST BLOG

FXRのバッテリーボックス純正と同じ寸法で2こ作ったり
$OUT CAST BLOG

PMのキャリパーサポートだが
$OUT CAST BLOG

スイングアームにかかる部分の寸法が悪く全く上手く付かないので
$OUT CAST BLOG

フライスで切削したり
$OUT CAST BLOG

BMWのペグをテープの分短くするご依頼
$OUT CAST BLOG

口では上手く説明できませんが材質はアルミなんですが今まで経験したことない溶接の感覚でメーカーによって成分が違う事を改めて確認でき勉強になりました。裏の肉抜き部を完全に埋めて強度はばっちりだと思います。
$OUT CAST BLOG

鋳物続きでキャストホイールガリ傷たくさん
$OUT CAST BLOG

熔接補修
$OUT CAST BLOG

お世話になってる車屋さんからボルト類の再メッキご依頼。画像以外にもたくさん。
$OUT CAST BLOG
$OUT CAST BLOG

メッキから上がってきた写真。しかしなんとここでメッキ屋さんがM4の小さなテーパーマイナス頭ネジを無くしてしまうという最悪の事態に。
$OUT CAST BLOG

新たに購入できるものであればまだいいが、弊社に来る依頼の車種はほとんどがビンテージや高級車、希少車などなのでまず部品は出ないと思って作業に当たっています。
お客様によっては現行品であっても思い入れのある部品だったりするので特に注意が必要なのだが、作業に絶対はあり得ないことは重々理解しているつもり。
散々「絶対に無くさないでくれ」と伝えましたが、メッキの工程上、特に小さいものはなくなりやすいのです。

外注のミスは当社のミス。平謝りして既存のねじから採寸し、即製作してメッキ。
テーパーを出すのが非常に難しかったがなんとか正確に再現できたのでホッとしました。
右が新たに製作したもの。
お客様にも許していただけたので本当にほっとしました。
$OUT CAST BLOG

モポナにいったり
$OUT CAST BLOG

現行のロアーツリーのハンドルストッパーの修理依頼
$OUT CAST BLOG

ガッツリへこんでいます。ハンドルフルロックでぶつかったりするとこうなったりしますね。
$OUT CAST BLOG

熔接してさらっと仕上げて完了!
$OUT CAST BLOG

乗り物全く関係ないこんなもの作ったり
$OUT CAST BLOG

クーガーのドアヒンジのレストア依頼です。
$OUT CAST BLOG

ここまで完全にバラバラにします。
$OUT CAST BLOG

シャフト製作したり
$OUT CAST BLOG

完成!このヒンジのレストア作業は結構面白い?事をやっていますのでいずれ詳しく紹介しようと思っています。
$OUT CAST BLOG

納品前になめらかな最高の動きを確認していると「パキン」と音がしました。
よく見てみるとバネが折れてる・・・
$OUT CAST BLOG

心の底からがっかりしましたよ。
でも落ち込んでる暇はないのでお客様に電話し、スプリングを作るのでまた少々時間がかかってしまう旨を伝えます。
折れた破断面を見るとやはり老朽化というかちょうど限界だったんですね。
レストアに当たってメッキをかけたのですが、ばねだけは外さなかったんです。
不用意にばらすと取り返しのつかない事になりえるので。
しかしよく見るとやはり腐食も激しい、初めからばらして確認してみたら前兆が確認できたのかもしれない。そう思うと勉強になったと思いつつも、もう少し納期を縮められたかもしれないと思い反省。

大阪のばね屋さんに連絡し、見積り納期の確認をするも、納期がちょっと長いので困っていた所知り合いの紹介で直ぐに作ってくれるばね屋さんにお願いするが・・・

出来上がったものはとても納められるものではなかった・・・
詳しいことは端折りますが・・・
$OUT CAST BLOG

またお客様に謝り多少納期がかかっても間違いのない大阪のばね屋さんに製作を依頼する。
初めからこうしていればよかったが後悔先にたたず。反省。
ドアを付けたいとの事なのでばねを外した状態でいったん納品させてもらい、ばねが出来てからもう一度戻してもらいアッセンブルして改めて納品させてもらうことにしていただいた。
最近謝ってばかりだな。うむぅ~
$OUT CAST BLOG

気を取り直してのろっちにストーカーばりに付きまとい調色からボカシノ加減までうるさくいって頑張ってもらう。のろっちマジスゲー完璧です!ありがとう!
$OUT CAST BLOG

そうそう、クーガーのフードモールもアメリカでレストア済みを見つけ送ってもらったが、やはり納品できる状態ではなかったので細かい板金仕上げをする。
これはお金もらえないがこれだけ迷惑をかけてるんだし自分への反省の念も込めて。
細かい内容はまた後ほど。
$OUT CAST BLOG

SICK OF YOU
NO!
SICK OF ME
自分自身に。
$OUT CAST BLOG
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。