1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月30日

ロンドン ワルシャワ ボルドー 

テーマ:

こんにちは

 
{C3790109-6798-417F-92B5-FBD735922C5C}
10月末にロンドンに戻ってから気が付いたら1カ月たってしまいました
 
季節は秋から冬へ
今朝のロンドンはマイナス2度です
 
Aoの外遊びにも完全防備 
でも寒い
 
リスがあちこちで忙しいです
{E9AD7880-F35A-47C5-9ABC-90D4F092A3F7}
こんな感じで、
手にも乗ってきそうな勢いで食べ物をおねだり
 
先日は真夜中に家の外でキツネたちが大騒ぎしていました
 
朝起きたら庭にこんな大きな穴が二つ
 
{A996EA9A-C7F0-42BD-ABF9-D7A620420E70}

モグラの穴なの。。?
この穴、Aoの足がすっぽり入りそうな大きさで、塞いでも塞いでもできます。
しかもどんどん大きくなってる
 
 動物たちのせわしなさったらない。。
冬へ移行するときってそういう感じなんでしょうか?
 
年の瀬の人間みたいな感じかな。。。
 
***
さて、
 
image
 
今週末、ひょんなことから、ポーランドのワルシャワで
ヴィンテージ着物のポップアップショップをやることになりました
 
ということで、明日からワルシャワに行ってきます
 
イベントをするお店は、Sen Nocy Letniej (ポーランド語で真夏の夜の夢)という
香水と不思議なガラスのなかで育てる植物のラグジュアリー・コンセプトショップです
 
ここのオーナーをしているDawidは、5年くらい前に友人と一緒にワルシャワのバーで知り合って、その後facebookで繋がってたくらいなのですが、
まさかこんな事になるとは。。
彼もその時はフリーのアートディレクターでしたし。
 
人のつながりっておもしろいですね
 
私もポーランド語は挨拶以外わからないし、
彼は英語よりフランス語が得意みたいで、
かなりコミュニケーションが怪しいのですが、なんとかやっています
 
イベントは金曜日。どうなることやら。。。
また後日ご報告しますね
 
もしワルシャワにいらしていたり、ポーランド人のお友達がいるかたは、
是非遊びに来てくださいね。
 
イベントのお知らせはこのfacebookページにあります(ポーランド語)
英語の新聞記事はここです(わたしはこの記事で全貌を理解したようなもの!)
 
ちなみに、今日のブログのタイトルは「ロンドン ワルシャワ ボルドー」
バーシアの1990年のアルバム「ロンドン、ワルシャワ、ニューヨーク」のもじりです
 
 
バーシアもポーランド人ですね。いかにもポーランド美人!
 
今日のパッキング中のBGMはバーシアで決まりです
 
ポーランドの女の子は美人で有名ですが、本当にみんなかわいいです^^
男の人は、熊さんとかレスラーっぽい体格の人が多いですね。。
 
**
さて、ボルドーといえば、
これは2週間前のことですが、フランスのボルドーに行きました
 
 
家を買ったというフランス人のお友達カップルを訪ねて。
 
ボルドーって
ワインの街!と思っていましたが、
海あり、山あり、ワインあり、気候よし、すべてそろっていて
とても住みやすそうな街
 
 
{86594A19-CFD9-49F5-9EF9-E2C0497EA360}
 
{8D05C462-8BFA-47E1-B615-C8A798A58309}
 
「世界のベストタウン」という投票で一位に輝いているそうです
それも納得
 
お友達カップルは、最初に彼のご両親がボルドーに移住して気に入り、
彼女のご両親もボルドーに移住、
そして彼女達も2年前に、パリに拠点を残しつつ移住
 
どんだけいい街なんだ。。。! 家族みんなが移住しちゃう街。
 
彼は週に3日くらい、彼女の方は月に3日くらいのペースでパリに
打ち合わせなどで行き、あとはボルドーの自宅で仕事だそうです
 
理想的な生活ですね
 
ボルドーは街自体が世界遺産というだけあって、
歴史的建造物だらけなのに、ほどよく都会で
街がコンパクト、パリへのアクセスもよい、
しかも海や山も近くにあるって最高です
 
そして気候が温暖(ロンドンからくると相当うらやましい)
 
{EB81C6BD-BADA-4707-B4E7-33E865EE2C1E}
 
「水の鏡」と呼ばれる市庁舎まえの大きな水のインスタレーションのような噴水
 
数分ごとに水が満ち引きします
もちろん入っていいのですが、みんな水が増え始めると、一斉に外に出ます
 
水が満ちているときに嬉々としてじゃぶじゃぶ入って行くAoさんに、
周囲の人は「あーあ」とか「ウーララ」みないなことを口々に。。
 
着替えが何枚あっても足りません。。
 
 
imageimage
 
私はどこに行っても、お家のドアを観察するのがすきなのですが、
ボルドーは手のドアノッカーが圧倒的に多いです
お友達の家もそうでした
 
ふっくらした手つき、指の感じなどがとてもリアルで、
素敵なご婦人の手のようです
 
image
 
このお手々はクリスマスオーナメントを持ってます
 
image
 
中指にリングをしているお手々と、薬指にしているお手々などいろいろ
 
 
ボルドーのもうひとつの名物、カヌレ
日本で昔、一瞬ブームになりましたね。。
{B54FE0DB-CCA5-4267-8E61-ADADBA96128A}{5641701A-7887-46FA-B3E4-BE3C2FC40458}
 
カフェでコーヒーを頼むと、ヨーロッパだとビスケットやチョコレートが添えられている事が多いですが、ボルドーでは小ちゃいカヌレ
 
こんなに一度にカヌレを食べたのは人生初
 
 
{C28B9892-F69F-4109-9F38-71D4D1845A6D}
 
上の写真は、石に彫った昔の通りの名前と、青いプレートの現在の通りの名前が
両方みられます
 
現在はロテルドヴィル通りですが、
フランス革命前の呼び名は、パレロワイヤル通り
 
こういう風に、古い通りの名を消さないで保存しているのは稀なんだそうです
 
{5C58ACBB-7A7E-443F-AB3F-4CCA17303805}

 

ガロンヌ川沿いや、川の向こう岸のほうは、最近再開発で面白いエリアだそうで、

連れて行ってもらいました

 

出来たばかりのワイン博物館は行列がすごすぎて断念。。

なにやら、テイスティングがたくさん出来るとか。。。予約必至だそうです

 

 

{01FF286A-E3BE-4B87-BB89-580ACFE7EC0A}

 

元兵舎の施設が色々なスケートボードパーク、オーガニックショップ&カフェ、ライブハウスになっていたりと、

東ロンドン的な空気の楽しい空間になっていました

 

 
{8AFD4E78-F158-483C-A028-31495029A6D8}

カフェで古い日本の地図に遭遇、なんだかうれしいです
 
{C3EA8C43-3264-45DE-9C36-8E07602281CF}
 
滞在中に、お友達の誕生日だったのですが、
パートナーの彼が彼女に贈ったのは、
彼女(フランス人ですけど)が大好きな水木しげるの妖怪事典(フランス語版)!
彼女大喜びでした
 
この本を買った本屋さんは日本マンガの品揃えがすごかったです
 
{BD6ABCEF-692B-44AF-B0B6-E98A69391A6B}
 
ボルドー、次は夏に、海に連れて行ってもらいたいなー
 
 
***
 
image
 
これは先日、パリの老舗メゾンのロンドンオフィスに着物を卸しに行った帰り道
いきなり馬車に遭遇 
かなりノーブルな顔をしたおじさまおばさまが乗っていました
 
たまげましたが、Aoは大興奮
 
アンティークの着物は、そのブランド(老舗ですが、すてきなイギリス人女性がいまデザイナーです^^)のパリコレクションに実際の生地として使用するそうです
 
どういう風に使われるのか、たのしみです❤
 
 
Aoさんはボルドーから戻ってから、
保育園で手足口病をもらってきて、しばらく大変でしたが、元気に復活
 
{EAC96AEB-83E3-436F-8B69-EB87011C157D}
 
冬のワルシャワ、はじめてでビビっています
すでに雪だとか、、でも親子で楽しんできます^^
 
{415E0A02-F2CB-4CB6-BFE5-2B7CF87DAE49}
 
それでは、ごきげんよう 
 
Son x 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月20日

ありがとうございました

テーマ:アンティーク/ビンテージ

こんにちは

 
{96612DAC-2AC2-47DD-8607-93CAF9D519D6}

 
今日も暖かいですね
日本の10月、久しぶりなんですけど、以前より格段に暖かいですよね
ロンドン戻るのが恐ろしいです。。
昨日の最高気温13度ですって。。
 
 
上の写真は実家付近のメガネやさん
70'sテイスト満点のご婦人とワンコさん、共にファンキーなサングラスをかけています
 
昼間にシャッターが閉まっていると言うことは閉店しちゃったのかしら。。
タワーマンションの隙間にあって、なくならないといいなと思っていたのですが。。。
 
**
 
さて、
先週末のイベント、ポップアップ・ヴィンテージショップ&ティールーム、
楽しく終わらせていただきました
 
{CAAD7B1A-55EB-41EC-B83C-A4F3A4868977}

 
 
来てくださったみなさま、ありがとうございました
 
{A40DF299-2717-40F6-B509-DEDC9A6BD6AD}

 
前週の新宿のフェアと両方お越しいただく方も多く、とてもうれしかったです^^
 
{AC7D083A-1E3D-4962-A4B7-5B9CFE843CF3}
 
みなさんのお待ちかね、料理家、飯塚有紀子ちゃん
デザートは、季節柄、モンブランが大人気で、2日間共に途中でうりきれになってしまいました
 
両方とも食べてくださるスイーツ猛者の方も!
 
お茶は、今回は白茶にフェンネル、ペパーミントをブレンドしたオーガニックのお茶が一番人気でした
サッパリスーッとしたおいしいお茶でした
 
{4908F5C5-CAE4-4121-BAE4-4296B44144D2}
 
また今度買ってきて出店の時にでも、お土産としてお分けできたりするかもしれません。。
 
 
{CDF0EB08-DAD0-4BC4-81EE-AC0D74A8B513}
 
今回も小さなお客さまも何人かご来店されました
 
6歳の男の子が、自分でコレがいい!
とアイリスグラスとアザミのブローチを選んで
うれしそうに身に付けて帰っていく姿が目に焼き付いています
カッコいいと思ってくれたのでしょう
 
いい審美眼を持って、将来有望ですね〜
 
 
{85789A44-B110-4CE1-983A-59F31CC71260}

こなれた着物の着こなしがいつもとってもすてきな方
 
あんまり素敵だったので写真で紹介させていただくことに。
 
今回お買い上げの1950年代のイギリスの黒い小さな帽子をその場で被ってくださってます
 
麦わらとネット、ライラックの白いお花の立体的な帽子が、
まるで彼女の一部のように
お家から被っていらしたかのようにしっくり馴染んでいます
 
身につけると自分のものとしてしっくり馴染んでしまう、、
というのも一種の才能だと思います
 
どんな着物やお洋服の合わせようかな。。。
とあれこれ一緒に考えるのも楽しいものですね
 
すっかり楽しませていただきました
ありがとうございます
 
このイベント、
また機会があればよろしくおねがいします
 
 
今回旅立った、わたしのお気に入りドレス
 
背筋ののびたすらりと素敵な方のもとでお嫁にいきました
 
 
 
1973年にイギリスのデザイナー、ジョンベイツが
JEAN VARONというブランドでデザインしたマキシ丈のドレス
 
 
美しいカッティングもさることながら、
テキスタイルがユニーク
 
20世紀初頭、アールデコ時代に活躍したロシア人の画家、エルテのイラストが
大胆にフィーチャーされています
 
沢山着て頂く事で、このドレスもまた新しく光があたって幸せですね
 
さようなら、またご縁があればお会いしましょう、、
お気に入りとお別れするときは、
心の中でそうつぶやきます
 
image
 
今年の日本での出店はこれで最後になります
 
今年もお世話になりました、、、って早いですね
 
イギリスに戻るまでに、ウェブサイトなどに載せられるものを
少しでもアップして行こうとおもっていますが、
日本帰国中はやる事満載なので、どこまでできますかね。。
 
11月、12月はロンドンとワルシャワでアンティーク着物の出店をします
 
こっちはこっちで楽しみ〜
 
***
 
まだ日本に到着して2週間ちょっとですが、Aoは、
日本語が大分なめらかになりました
 
単語をポンポン言うだけでなく、文章になってきました
 
 
このエグいデザインのスパイダーマンのバスローブは
スパイダーマン好きの甥っ子へのお土産で、ついでにAoへも買ったもの
 
こういうキャラクターものは日本にもあるらしいのですが、
日本のものは、洗練されていると言うか、少しおとなしめなデザインなのか、
欧米のもののほうが、どぎつくエグいデザインらしく、子供に好評です
 
自分の子にはこんなの絶対買わないぞ! と思っていたのに
子供が欲しがるとあっさり買ってしまいました^^
 
 
 
日本語が上達したのも、
祖父母や従兄弟たち、保育園で日本語のシャワーを浴びているからですね
 
やっぱり日本にはマメに帰らないとだめですね
 
逆に、帰国直後までは、「キラキラ星」の歌は英語のほうを好んで歌っていたのが、
英語は歌わなくなってしまいました
 
子供の順応性ってすごいです
 
それでは、また 
 
ごきげんよう 
 
son x 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月16日

ポップアップ・ヴィンテージ・ティールーム今日20時までです

テーマ:アンティーク/ビンテージ
こんにちは

きのうと今日だけ開催の
料理研究家のun pur.. 飯塚有紀子ちゃんとのコラボレーションイベント
Pop-up vintage shop & tearoom

1日目はゆったりとわいわい楽しく終わりました。
 
第1回のイヴェントの頃からずっと来ていただいている方も。
ありがとうございます。。

{7E3B0A86-510D-4A31-8DFB-415CB9BC1763}

みなさんが一口ごとに美味しい、美味しいとつぶやいていた今回のデザートは、
栗そのままの味が詰まったモンブランと、
しっかりおいしいキャラメルバナナタルトです。

朝、セットアップの準備をしながら有紀子ちゃんが栗の裏ごしをしたり手際よく丁寧に下ごしらえしていくのを見ていました。
このおいしいデザートは手間を惜しまないで作られるんだな。。と密かに感激しながらおいしい香りにうっとりしていました。

昨日モンブランは途中で売り切れましたが今日復活です。

{06FD382F-3C3A-4148-8783-21AE98ABF5C2}


お茶は7種類から選べます。スイカとイチゴのオーガニックティーが意外な美味しさ。。


そして。
ヴィンテージのお買い物はイベントなので全て15%引きのセールです!

{16F8CBA3-ADC5-4711-8667-0FE6BAD98686}

{F4C97255-10D7-4AEE-84BD-DD80491DC764}


秋葉原(昭和通り口)/浅草橋(JR線路沿いの道を秋葉原方面へ直進)それぞれ徒歩5-7分くらい

有紀子ちゃんのアトリエ、un purにて12時から夜20時まで。お待ちしてます^^

{D054AB4B-60DC-4FF1-88B2-6861DCA4CE98}

{D44B0B4B-0BBC-49D8-BF2A-DA9E35AB7085}



●住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-4 斉丸浅草橋ビル4F
●最寄り駅: 秋葉原または浅草橋
●地図:https://goo.gl/maps/GYqU2MK5cGF2

{BB5AAD73-65BF-42D3-96F9-796DDD83FC54}

{5F663A81-0774-4B09-98E2-831D0D9AA655}



ちなみに、
Aoも来ていると思っていらっしゃるお客さまも多いのですが、残念ながらイヤイヤ期の男児なので、きょうはおばあちゃんとあそびにいってもらっています^^

{BD1FC934-3D9C-4379-A505-F88DDF57FEEB}

それでは、おまちしております

ごきげんよう

Son xx
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月13日

今週末、ポップアップ・ヴィンテージショップ&ティールームの4回目やります

テーマ:アンティーク/ビンテージ

こんにちは

 

 

東京近郊は急に冷え込みましたね 

10日前、わたしがロンドンを出る頃はもう少し寒かったかな。。

日本にきて暑くてびっくりしたのですが、すぐに寒さを忘れてしまうものですね

 

寒いです。。

 

上の写真は、ロンドンのうちの庭に出没するリス。

わたしが1ヶ月いない間に、毎回球根を食い荒らしたりします。今回はなにをやってくれるやら。。。

 

姿は見た事が無いのですが、恐らくキツネの仕業を思われる、大きな穴が隣のお庭との間に掘られてもいます。いろんな動物の憩いの場になっているのは良いのですが、植物荒らさないでほしい。。

 

**

 

さて、先週末に出店しました新宿アンティークフェアでは、

大荒れなお天気の中、沢山の方にお越し頂きとてもありがとうございました。

 

素敵な方に、それぞれぴったりな素敵なドレスやアクセサリーが旅立ってゆきました。皆さんご自分にお似合いになるモノを瞬時に嗅ぎ分けられるのが流石です。

これも一種の引き寄せ。。?

 

 

さて、今週末開催のおいしいイベントのお知らせをさせて頂きます。

 

 

<Pop-up Vintage Shop & Tearoom vol.4>

ポップアップ・ヴィンテージショップ&ティールーム vol.4

 

 

今回で4回めとなる大好評のイベントです。

長年の友人であり、料理研究家の飯塚有紀子さんとのコラボレーションイベントで、彼女の浅草橋、秋葉原付近にあるアトリエ、un pur…(アンピュール)にて行います。

 

 

上の写真は過去のイベントでお出ししたホワイトチョコレートとフランボワーズのムース(私の大好物❤)と、イチゴのタルト。目に口に、美しいです

 

普段はテレビや雑誌、お料理のレシピ本でみる事しか出来ない有紀子さんの

おいしいおいしいデザートと、私がイギリスからもってきた珍しいお茶と一緒に楽しんで頂きながら

ヴィンテージのお洋服やアクセサリー、雑貨などのお買い物ができる、ゆったりしたイベントです。

(ご参考まで、過去のイベントの様子はこちら

 

 

●イベント名: ポップアップ・ヴィンテージ・ショップ&ティールーム vol.4 

●場所:Un Pur…(アンピュール)
●時間:10月15日 (土)、16日(日) 両日とも12時~20時まで。

●住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-4 斉丸浅草橋ビル4F
●最寄り駅: 秋葉原または浅草橋
●地図:https://goo.gl/maps/GYqU2MK5cGF2

 

※お子様連れも歓迎ですが、エレベーターが無いため、ベビーカーでお越しの際は、下からお電話(090-1032-7799)いただくか、一声お声をおかけ頂ければお手伝いいたします。

 

有紀子さんのお菓子を言い表すのはとても難しいのですが、それでも表現してみようとすると。。

素人には真似のできないキッチリとした美味しさなのに、

親しみやすいというか、やさしいような懐かしい様な、

一口食べて、単純に美味しい!と言ってしまう。

そしてスタイリッシュなのですが、さりげないという絶妙なバランスなのです。

表現がヘタで本当にすみません。

 

それよりもウェブをご覧ください。説明不要です。

 

Un pur… 飯塚有紀子さんのウェブサイト

http://www.un-pur.com/

 

 

私、Sugar & Sonのブログの前回、前々回の記事のほうに、今回の帰国で持って来た新着の一部の商品の写真がありますので、ご参照ください。

既にないものもありますが、気になりましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

また、今回問合せを多く頂いた、ビスケットのショルダーバッグはバーボンビスケットが完売、カスタードクリームのバッグのほうが残り一点です。ご希望であればお取り寄せも可能です。

 

 

今年の私の日本での出店はこのイベントで最後となります。

皆様にお会いできましたらとてもうれしいです。

 

お待ちしております

 

***

 

おまけ。

 

今回は日本に来てからほとんど保育園通いのAoさん

イヤイヤ期の真っ最中ですが、毎日げんきです

 

口癖は、「やなの」「もうしらない」「いらない」

 

 

新宿のイベント終わった後、おばあちゃんのすむ静岡へ

新幹線では富士山がみえました

 

 

おばあちゃんのお庭で、従兄弟とお芋掘り

子供の手のひらサイズの小さなサツマイモがとれました

 

Aoのパジャマはハロウィン仕様のホネホネロック(古い!)

暗闇でひかります

 

わたしの兄、弟のほうにもいとこが沢山で、日本滞在中は家族行事だけでも

あわただしいです

 

まだしばらく日本を満喫したいと思います

 

それでは

 

Aoはいませんが、土日のポップアップティールーム、

おまちしております〜

 

 

ごきげんよう  

 

Son x 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月05日

アクセサリーの新着プレビューです*新宿アンティークフェア

テーマ:アンティーク/ビンテージ

たびたび、こんにちは

 

昨日(今朝?)に引き続き、

金曜日からの新宿のアンティークフェアにもっていく新着商品の

プレビューをしますね

 

きょうは、アクセサリー、ジュエリーなどです

ほんの一部になりますが、ご参考になればうれしいです

 

 

アンティークのリングたち、そして古いビスク製のサンタさん

サンタさんはもともと、ケーキの上に飾り付けたものだそうで、

小指くらいのおおきさ

 

左上のリングは18金、エメラルド、ローズカットダイヤモンド、左下はシルバー、パール、マルカジットのアールデコ、

右下はオパールとローズカットダイヤモンド、15金です

 

 

過去にもなんどか扱った事がある、1930年代頃のフランスの、ロミオ&ジュリエットモチーフのセルロイドブローチ、また見つけました

いつも、すぐに旅だってしまいますので、ご興味のあるかた、お早めにどうそ

 

右上は19世紀イギリス、ビクトリア女王の時代シルバーコイン(ラッキーチャームの6ペンス)のペンダント、

チェコスロバキアの1930年代頃のアイリスグラス、

1950年代頃のシャムロックモチーフのブローチ

 

 

 

9金のドングリのチャーム、キツネのブローチ(シルバーとマルカジット)、

4つばのクローバーのブローチ(ペースト、パール、メタル)、

ビクトリアンから20世紀初頭によく見られたクセレントムーンのブローチ(シルバー、ペースト)

 

 

イタリアの古いベネチアングラスのロングネックレス 色がとてもきれい

 

右上はフランスのもの。チェーンメイルという、ハンドメイドのチェーンで編んでつくられたシルバーのミニミニパース。黒いシルクコードなどで、ペンダントヘッドとして吊るすとおさまりがいいです。コインや切手、小さなお守りなどを入れて持ち歩けます

 

右下は、エーデルワイスをモチーフにしたボーンのイヤリング

 

 

 

 

右上は幻想的な色の蝶々の羽を埋め込んだシルバーのペンダントヘッド

 

右下はネコのシルバーピアス、左下は、スコットランドの伝統的なシルバージュエリーで、カラフルなメノウをセットしたもの。

 

左上は、100年程前の、馬蹄(ホースシュー)モチーフのペーストのブローチ

 

 

 

右のヒョウさんは手首にぐるっとまわってブレスレットになります

80’sっぽいブリンブリン感です

 

左のスカルのリングは、1940年代のどいつのもの。シルバーです。卍のマークがその印ですね。男性に合いやすいおおきめリングです

 

。。。とこんなもので。キリがありませんのでこの辺で。

 

写真でお伝えできない様なものも多いので、

ぜひ新宿のアンティークフェアに来てくださるとうれしいです^^

 

 

<アンティークフェアin新宿>

●日時:10月7、8、9日(金~日)の3日間

●時間:11:00~18:00 (最終日9日は17:00まで)

*私の出店場所は第一会場のBエリアです。

 

●場所:小田急第一生命ビル

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿2丁目7-1 小田急第一生命ビル

(小田急第一生命ビルはハイアット リージェンシー東京とツインタワービルになっており、道路をはさんで東京都庁・プリンス東京・新宿中央公園に接しています。ご来場の際は、以下のリンクの地図で場所のご確認をお願いします。

https://goo.gl/maps/xD4TuTQPa392)

 

・新宿駅  / JR・小田急・京王・地下鉄(徒歩約10分)
・都庁前駅 / 地下鉄大江戸線/E4出口(徒歩約2分)  
・西新宿駅 / 地下鉄丸ノ内線/A7出口(徒歩約5分)

 

 

●イベントのウェブサイト:

http://www.antique-stage.com/

 

 

国内外のアンティーク・ヴィンテージのショップが170店もあつまる、活気あるイベントで、入場無料です。素敵なお店がたくさん出店されています。

 

**

 

もうひとつイベントのお知らせ。

 

 

10月15、10月16日の土日2日間、

「ポップアップ・ヴィンテージショップ&ティールーム」を開催します

今回で4回目となる、とても人気のイベントです

(過去のイベントの様子はここここなどご覧ください)

 

こちらは友人の料理研究家の飯塚有紀子さんとの共同イベントで、彼女の浅草橋、秋葉原付近にあるアトリエun pur...にて行います

 

普段はテレビや雑誌、お料理の本でみる事しか出来ない有紀子さんの

おいしいおいしいデザートをイギリスからもってきた珍しいお茶と一緒に楽しみながら

ヴィンテージをお買い物できる、ゆったりしたイベントです

 

日時:10月15(土) 16日(日) 12:00-20:00の2日間

場所:un pur...{アンピュール}東京都浅草橋4 -5 -4 斉丸浅草橋ビル4F

 

 

新着のドレスなどいち早くご覧になりたい方は、ぜひ新宿のイベントへ

ゆったりおいしく楽しみたい方はティールームの方へ

 

もちろん、両方来て頂けたら、とってもうれしいです^^

 

新着のドレスもすべて一点もの。

人気あるものはいつもすぐ旅立ってしまいますので、

気になりましたらお早めにお越し下さいね

 

 

会場でお待ちしておりますね。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

ごきげんよう 

 

Son x 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月05日

新宿アンティークフェア*新着お洋服プレビュー

テーマ:アンティーク/ビンテージ

こんにちは。一昨日日本に到着しました。

 

 

写真は今回もってきたものいろいろ 

上中央のネコは、100年以上前のスタッフォードシャー磁器です

通常は犬モチーフですが、珍しくネコをみつけました

 

チャーチルはなぜか素通りできず買って来てしまいました。。

 

下段の2つは小物入れ、みどりのネコは立体的なミルクピッチャーです

 

それにしても、台風で蒸し暑いですね。イギリスと同じ間隔でかなり冬っぽい

私服を持って来てしまい、着るものに困っています

 

***

 

さて、明後日の7日(金)から9日(日)まで開催のイベント「アンティークフェアin 新宿」にもっていく新着のお洋服などをプレビューでお披露目させていただきますね

 

魅力的なドレスほど、写真映えしない複雑な作りになっているものが多く、

写真でご紹介できていないものも多々ありますので、悪しからず。。

 

1970年代ロンドンの人気ブランド、バスストップ(LeeBender at BUS STOP)の

コットンのティードレス。着たときに美しさがわかる複雑なカッティングです。

 

50年代らしい黒のフルサークルスカート。

お花の模様部分は花束や花瓶のイラストをプリントした生地のアップリケです

なんと裏面は青で、リバーシブルです。

 

 

プリントの楽しいドレス色々。。

中央のものは、ロンドンブランド、JEAGER(イエガー)の70’sのサマーウール。

両端のドレスは1940年代のもの、黒はフレンチ、グリーンのアールデコのモダンガールズ柄は、イギリスのだと思います。

 

 

 

コート、ケープ、ジャケットいろいろ

右の上下はウェールズの伝統毛織物、ウェルシュタペストリーのケープ。

中央は1960’sのフェイクファーのレオパードプリントコート、

右はフランス海軍のデニム生地のセータージャケット。

 

 

このバッグはイギリスの定番的なビスケット2種(カスタードクリームとバーボンビスケット)をかたどったレザーのショルダーバッグ。これは新品です。

私が自分で使っていて、色々な人からご希望をいただいたので。

 

 

ローラアシュレイの1960年代ごろの、ハンドプリントコットンのマキシドレス。

ビクトリアンスタイルの鳥とライオン柄!

 

 

 

1950〜80年代にかけてのドレスたち

 

1920年代、アールデコらしい黒のシルクサテンのドレス、ウエストに刺繍と、黒いガラスの飾りボタンが美しいです

 

 

右の上下はリバティの生地をつかったORIGINというブランドの定番スタイルのドレス。

中央下段はローラ・アシュレイの80年代のもの。

左上は、1970年代のパリブランド、キャシャレルがリバティ生地を使って作ったブラウス。

 

 

 

左上の黒いドレスは、1970年代のカルト的なブランド、Mushroom(マッシュルーム)、上中央のブルーのドレスは、60年代のフランスのビーチファッショブランドのもの。

左下はポーランドのガールスカウトの制服ですが、シャツドレスとしてかわいいです。

 

 

バッグやスカーフ色々 もっともっとありますが。

 

スカート色々 

右上は、パリブランド、ウンガロのシルク素材、左上はリバティのプリーツです。

 

 

1970年代の伝説的テキスタイルデザイナー、セリア・バートウェル(オジークラークの元妻でテキスタイルを手がけてました)の、復刻プリントものいろいろ

 

 

左の黒いのは、1900年ごろ(エドワーディアン時代)のシルクのガウン(薄手のコート)、中央は70’sのパリのもの、右の女の子のイラストのものは、時々見かけるロマン派っぽいイラストで、有名なイラストレーターのものだと思うのですが、不明です。これを売ってくれたディーラーは、オーブリー・ビアズリーと主張してましたが、違いますよね。

ちょっと、大島弓子とか、萩尾望都の1970年代のマンガを彷彿とさせますね。。

 

 

.....まだまだ沢山ありますが、この辺で。

できれば今日中に、ジュエリー、アクセサリーのプレビューもしたいと思います

 

 

<アンティークフェアin新宿>

●日時:10月7、8、9日(金~日)の3日間

●時間:11:00~18:00 (最終日9日は17:00まで)

*私の出店場所は第一会場のBエリアです。

 

●場所:小田急第一生命ビル

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿2丁目7-1 小田急第一生命ビル

(小田急第一生命ビルはハイアット リージェンシー東京とツインタワービルになっており、道路をはさんで東京都庁・プリンス東京・新宿中央公園に接しています。ご来場の際は、以下のリンクの地図で場所のご確認をお願いします。

https://goo.gl/maps/xD4TuTQPa392)

 

・新宿駅  / JR・小田急・京王・地下鉄(徒歩約10分)
・都庁前駅 / 地下鉄大江戸線/E4出口(徒歩約2分)  
・西新宿駅 / 地下鉄丸ノ内線/A7出口(徒歩約5分)

 

 

●イベントのウェブサイト:

http://www.antique-stage.com/

 

 

国内外のアンティーク・ヴィンテージのショップが170店もあつまる、活気あるイベントで、入場無料です。素敵なお店がたくさん出店されています。

 

会場でお待ちしておりますね。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

あ、ちなみに、Aoは時差ぼけ全開のまま保育園に通っています

 

ごきげんよう 

 

Son x 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月26日

イベント出店のため帰国します * いきなり秋のロンドン *夏のおもいで

テーマ:ロンドンの日々

こんにちは 大変ご無沙汰しています 


 

前回の更新からいつのまにか、3ヶ月たってしまいました。。

6月の日本でのイベント、今さらですが

皆様ありがとうございました(ほんとに今さらですね。。)

 

そしてまずお知らせを。

10月に日本での2つのイベントのため、

現在帰国準備中です

 

 

ひとつめ。

10月7、8、9日(金〜日)に、新宿アンティークフェアに出店します

 

5年程前に一度出た事があったイベントですが、久々に帰国のタイミングが合ったので

今回出店させてもらう事にしました。

 

国内外のアンティーク・ヴィンテージのショップが170店もあつまる、活気あるイベントで、入場無料です

 

 

わたしも新着のヴィンテージドレスやアクセサリー、ジュエリーなどいろいろ持って行きますので、是非遊びにいらしてください

(写真はほんの一部です)

 

また新着の商品の準備ができましたら、ブログでプレビューしますね

 

 

 

もうひとつイベント。

10月15、10月16日の土日2日間、

「ポップアップ・ヴィンテージショップ&ティールーム」を開催します

今回で4回目となる、とても人気のイベントです

(過去のイベントの様子はここここなどご覧ください)

 

こちらは友人の料理研究家の飯塚有紀子さんとの共同イベントで、彼女の浅草橋、秋葉原付近にあるアトリエun pur...にて行います

 

普段はテレビや雑誌、お料理の本でみる事しか出来ない有紀子さんの

おいしいおいしいデザートをイギリスからもってきた珍しいお茶と一緒に楽しみながら

ヴィンテージをお買い物できる、ゆったりしたイベントです

 

 

新着のドレスなどいち早くご覧になりたい方は、ぜひ新宿のイベントへ

ゆったりおいしく楽しみたい方はティールームの方へ

 

もちろん、両方来て頂けたら、とってもうれしいです^^

 

新着のドレスもすべて一点もの。

人気あるものはいつもすぐ旅立ってしまいますので、

気になりましたらお早めにお越し下さいね

 

***

 

さて、お知らせはここまで。

 

ロンドンは秋です

 

少し前に、連日32度の日々から、夜に嵐が来て、

翌朝おきたら16度でした。。

こういう情緒のない秋のなり方、本当に勘弁してほしいですね。。

 

この3ヶ月、何していたかというと

ひたすら、AOと外で遊び回っていました

あ、週に一度は骨董市に出店したましたが。。。

(その間Aoは保育園です^^)

 

 

飛行機の移動もたくさん

 

 

飛行機も慣れたもんで、乗り込むと生意気にフードメニューなんてチェックしてます

(ほとんど買ってもらえないけど)

 

この3ヶ月のホリデー強化期間

 

スコットランド・エジンバラの友達の家での結婚式へ

 

 

スコットランド人のキルトのおじさんと民族衣装対決

 

カップルの自宅ペントハウスでのパーティでした

 

 

ロンドン郊外のマナーハウスでの結婚式では、

紋付袴でマナーハウスをはしりまわる

 

そのあと、スイス・ジュネーブの友達2人の家わたり歩き

 

レマン湖で泳いだりカヤック遊び

水はこわいほどキレイ でも冷たい

 

公園で屋外チェスに挑戦

 

スイスの草原で白い馬に遭遇 なんだか神がかってました

 

森の中でスイスのお祭り ヨーデルもでました!

 

スイスの民族衣装はディテールが凝っていてかわいい

 

スイスのあと、

ポーランド・ワルシャワの友達2人の家わたり歩き

 

ワルシャワのコミュニスト建築、けっこうすきです

 

 

ワルシャワの素敵なパヒュームと植物のお店の店員さん

オーナーさんが私から買ってくれたビンテージの羽織を素敵にきこなしてます

 

そして、ひょんなことから、この店でビンテージ着物のポップアップショップをすることに

 

なので、年内にまたワルシャワいきます

 

ワルシャワのマーケットでもちょこちょこ買い付けしました

 

友達の家の裏のきれいな川

 

となりのトトロにはまっているAoは森あそびで大喜び

 

 

・・・と、友達におんぶに抱っこのバカンスを過ごさせてもらいました

お友達さまさまです

 

その他夏休み、

近頃ビーチのショーディッチ(Shoreditch on the Beach)などといわれて

おしゃれなロンドナーから人気のシーサイドタウン、Margateへ

 

 

 

Margateに出来た新しいアートセンター、ターナーコンテンポラリー

 

素敵なヴィンテージショップも沢山

 

牡蠣で有名な街、Whitstableにもいきました

 

ロンドンにいる日はほとんと、噴水かプールか公園。。。

 

夏に出来る事はやり尽した感があり

大満足な夏でした

 

 

また日本に着いたら書きますね

 

ではでは、また近いうちに

 

ごきげんよう

 

Son x 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月21日

Vintage Life vol.4 Royal Mania 開催中です

テーマ:アンティーク/ビンテージ
こんにちは

先週金曜日からはじまりましたジュエリーブランドhumとのコラボレーションイベント
"VINTAGE LIFE"
 今年で4回目になります

{8AD8D354-52AA-43AA-AE05-EFD88D66B91E}


おかげさまでたくさんの方にお越しいただいています

先週のプランタンのイベントにいらしてまたこちらにお越しくださる方も。
本当に感謝です



**

さて、今回のテーマ ROYAL MANIA

古いイギリス王室の記念物の食器、雑貨、アクセサリーを中心に、イギリスのヴィンテージのいろいろを、
昨年オープンしたhumの原宿のブティック&アトリエ
Hum JUNGUMAEにて展示販売させていただいています

{7D5E7F3B-B283-45C6-BA01-085094703486}



{DBACB6FC-7DDF-4F29-A799-F077CBC6C55B}

職人さんが一生懸命制作している姿が覗き見れるステキなハンドメイドジュエリーのお店です

{0BA619AF-B2FF-44DC-A6A0-B544C931C69F}


前回の記事でちらりとお見せした
イベント恒例の
HumとSugar & Sonのコラボレーションジュエリー


すでにいくつかはお嫁にいきましたが、
まだあります

{497BCC2F-6D48-4DE8-BDE3-A93CFE746771}


{1591B15F-3D0D-44FE-BE52-31DA5F19F0A1}

Humのスタッフさんが着用した感じ

{56BE9D61-714F-4064-BE49-326752750C28}


イギリスの19世紀から戦前までの3ペンス銀貨やアメリカの銀貨などを
表を使ったり裏を使ったり、



{6137CDA4-78EA-46F7-B6F5-9DC7321B7EE2}


シルバーやら10金の台座をつけたり、
ダイヤモンドで縁取ったりミル打ちをしたりして
色々なバリエーションをつけたリングたち

3ペンスも時代によって裏面のデザインがドングリだったり、
イングランドのバラとセントジョージ紋章だったり。。

ちなみにドングリは繁栄の象徴のモチーフ

身につけるにもってこいですね

アメリカのオールドコインはリバティ(自由の女神)が中央に配置された1800年代後半のものと星のモチーフのものとあります。

ヴィンテージそのまんまのコインジュエリーとは一味違うモダンでかっこいいコラボレーションジュエリーに仕上がっています
Humデザイナーの稲沼さんと職人の貞清さんのセンスの賜物

サイズもある程度調整可能で、
ユニセックスで楽しんでいただけますよ
このコラボジュエリーはこのイベントだけです


{C1DD9BB4-7517-4A1D-860A-4BD5154B375D}


他にも、ヴィンテージのコインのブローチや
王冠モチーフ、歴代王様の戴冠記念の雑貨やアクセサリー

{7AC232B7-F33F-4051-B2E5-E25F55934E85}

エリザベス女王のご両親で
チャーチル首相と強力なタッグを組んで戦争中のイギリス人を励まし続け国民の支持が高かったジョージ6世とエリザベス妃のバッジ


{0E1F0C94-63EC-43DF-B82D-B89054973587}

イギリス連邦のひとつ、オーストラリアのシルバーコインブローチ
土地柄溢れる、カンガルーとエミューのモチーフがキュートです

{A0050F28-0D7E-40B1-99BF-726E60693EB8}

右は100年ほど前のライオンがペーストをくわえたミニブローチ 
お目々は小さなルビーです

王冠ブローチはロンドンのコスチュームジュエリーブランド、バトラー&ウィルソンの1980年代のデッドストック


{7D743DD0-C974-460F-BE62-765D7B2C25DA}

1950年代のイギリスの地図が描かれたタバコケース
大きめの名刺入れとして使えます
地理のお勉強もこれでバッチリ!


{EB598F8B-1D57-47BC-84EC-78E5C9274185}

ロイヤルエアフォース(英国空軍)の戦闘機トルナードのグラスドーム

こういうものはデスク周りをたのしくしますね
男性へのプレゼントにも


{D81FF4F7-A34D-4BEF-9D97-FE93E054C125}

エリザベス女王やそのお父上、お祖父様の記念物もありますが、こちらはある意味貴重なダイアナ&チャールズのロイヤルウェディングのマグカップ

その他ヨーロッパのヴィンテージドレスや
雑貨いろいろ

****

ハムの通常のジュエリーのコレクションももちろんたくさん

{4F94A3D9-0849-4D56-8402-0776FA6BC29C}

{1B063329-55BF-40D5-B21D-D6504FE6E6D3}

{87954A85-BC0D-44B6-91E5-4702F2932B94}

{583404C2-41F3-4A19-9945-B2B961022A20}

私も毎日マジマジと見せてもらっています
モダンですが、アンティークジュエリーともよく馴染みます

Humのジュエリーを見たかったのですがなかなか機会がなかったという方もたくさんいらっしゃっていますので
お気軽におこしください

私も期間中ずっといます

hum x Sugar & Son
Vintage Life vol.4 ROYAL MANIA

今週土曜日25日まで (水曜22日はお休みです)
13:00 - 20:00 です

住所 
東京都渋谷区神宮前2-31-7 1F
Hum JINGUMAE atelier & shop
Tel. 03-6434-5586


原宿でお待ちしておりますね

{EE77FAD4-9FFE-474A-A723-1DA568DF05E3}

この看板が目印
ユナイテッドアローズの本店と郵便局のある通りです

***

おまけ。。

わたしの旅のお供をしている
Aoさんの日本での保育園ライフも、このイベント終了まで
本人お名残惜しいだろうなぁ

このひと月で、日本語もたくさん話し始めました

例えば、魚のことをFishではなく、「しゃかな」と言うようになりましたよ
イギリスの保育園に戻ったらまた、Fishに戻っちゃうのかな


イギリスのEU離脱の国民投票のニュースが日本でも話題ですが、
二重国籍のAoさんの将来の可能性の広がりを思えば、
やっぱり離脱してほしくないですね

EUに残っていれば、ヨーロッパのどこの国でも住めて仕事もできて、
留学なども簡単ですから。。

ロンドンでのお友達もEUの他の国の人が多いし、
旅行や関税のこととか、いろいろ考えると
離脱なんてわたしの周りではあり得ない!という風潮ですが。。。

ロンドンはとてもコスモポリタンな都市で、
ロンドン以外の人と考え方もいろいろ違うようですから、本当にわかりませんね。。。

ヤキモキしています。。。

ではでは


ごきげんよう

Son x












いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年06月13日

ロイヤルマニア!Humとのコラボイベント*Vintage Life Vol.4

テーマ:アンティーク/ビンテージ
こんにちは。関東はとっても梅雨らしい雨ですね

{BDCBE3EF-B272-49FB-B975-B5FED83BC2D8}

プランタン銀座のアンティークバザール、もう終盤になりましたが
開催中です
明日、火曜日の18時まで。今日は20時までです。

プランタンのように、お洋服をモリモリに出せる機会は少ないので、沢山お洋服みたい方はぜひプランタンへどうぞ
この夏はヨーロッパで過ごすため、デパート出店はここのみになりそうです


***

話は変わって、今週金曜日からのイベントのお知らせです



東京のコンテンポラリー・ジュエリーのブランド「hum」(ハム)との今年で4回目となるコラボレーションイベントです。


Humの旗艦店 HUM Jingumae にて、「VINTAGE LIFE vol.4 ROYAL MANIA」を開催いたします。

今回のイベントテーマは“ロイヤルマニア”。
王室ファン!といった感じでしょうか。。

先日90歳を迎え、世界最長在位63年を誇るエリザベス女王をはじめ、

いわゆるコロネーションと呼ばれる王室記念の古いアクセサリーや雑貨は、今見るとポップだったり、キッチュだったりと新鮮に感じられるものもいろいろ。


日々の生活やファッションを楽しくするようなユニークなヴィンテージアクセサリーやヴィンテージファッションアイテムを集めました。

イベント恒例のHumとSugar & Son のコラボレーションジュエリーでは、
ヴィクトリア女王やジョージ5世などの古い英国王の時代のヴィンテージのシルバーコインを、アレンジしたジュエリーが登場します。

humデザイナーの稲沼由香さんのセンスと、職人、貞清智宏さんの精密で確かな技術で、モダンにリモデルしたネックレスやリングなどのハンドメイドアイテムを限定発売いたします。
わたしもとても楽しみです

{E80EA7E1-A4E1-44EA-B0C4-E886A9A3FB34}


コラボジュエリーのほんの一部をご紹介
古いコインがシルバーや10金でドレスアップ!


{9607E60D-3C9A-40F3-A10A-59F8535E85C5}


男性がつけても女性がつけてもかっこいいと思います。
他にはネックレスなども登場しますのでお楽しみに!

ハムのスタッフさんのブログ


ロイヤルマニアのテーマものと同時に、
通常の私のヴィンテージやアンティークのジュエリー、アクセサリー、お洋服なども少しづつ展示販売しますよ。



humのジュエリーはクラシックなようでいてとてもモダン、ハンドメイドのぬくもりを感じさせる素敵なジュエリーです。
わたしも愛用しています。ロンドンのドーバーストリートマーケットでも扱われています。カッコよかったです。

アンティークやビンテージジュエリーとの馴染みも良いですので、色々組み合わせていただきたいです。

楽しいイベントになると思いますので、
ご都合よろしければ、ぜひお立ち寄りください。


Vintage Life vol.4 - Hum Jingumae x Sugar & Son
開催期間:2015年6月17日(月)~6月25日(土)(※22日は定休日)
13:00~20:00
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-31-7-101
tel:03-6434-5586
www.hum-est.com

**


そういえばきのう、BBCワールドで、エリザベス女王の公式誕生日のパレードを放映していました
暑さと緊張で失神してしまった近衛兵がいたらしいですね



失神する兵隊さん、よくあることみたいです 
とくにあの黒いふさふさの熊の毛の帽子など被っている近衛兵さん。

これは1949年の何かの式典で、倒れてしまった女性兵士の様子を見に近寄る
エリザベス女王だそうです
まだプリンセス時代ですね
「お勤めご苦労様」ってかんじですね

**

こちらはプランタンの様子

{375253B9-DC3C-4013-BA8F-61E631EA75B5}




{A2BB31E2-A3A6-4E9D-BAB2-14F405BD5DF8}

{3D867865-C2A2-4FD4-B6FE-A9116A0E3898}

向かいでウエディングドレスのアウトレットセールをやっていたので、ちょっとシンクロしてウエディングドレス飾ってみました^^

あいにくの雨ですが、こちらもお待ちしております!


余談ですが、
連日プランタンの仕事で夜遅いわたし、先日帰宅したら
AOが実家の父に髪の毛を虎刈りにされていました。。。

よく言えばパンク風、、、ですが、微妙

Aoはモッズ風のマッシュルームで行こうと思っていたのに。。

ともあれ、みなさまにお会いできます事楽しみにしております!


ごきげんよう 


Son x



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年06月06日

「アンティークバザール」スニークプレビュー☆お洋服編

テーマ:アンティーク/ビンテージ

こんにちは 

プランタン銀座「アンティークバザール」にもっていくお洋服のプレビューを
ここに載せて行きますね
アクセサリーのプレビューはひとつ前の記事をご覧ください



あ、この絵は関係ないです
昔のイギリスのパラパラマンガ的なおもちゃのイラスト 

***



1940年代から70年代くらいのドレスいろいろ
中央の上下はシルクです
中央下の開襟ドレスは写真だとわかりにくいですが、
ロカビリー風で着るとカッコいいですよ

右下のオフショルダードレスはとても今年っぽいですね



60~70年台のドレスいろいろ プリント祭りです
右上はベアトップドレスのように見せていますが、もともとはスカートです



70年代のガーゼ素材のヒッピードレス 
プリントが、フランスのロココ風の壁紙の様なお花柄



大きな袖がヒッピーもしくは妖精風
裏地もすそがレースで凝っています





左はオーブリービアズリーがお好きな方におすすめのドレス



ビアズリー風のご婦人のプリントが70年代風のチュニックドレスにプリントされています
過去に扱って来たビアズリープリントのドレスより、日常的に着られそう

右のドレスは
1940年代の肌触りのよいレーヨンクレープのティードレス



1960年代と70年代のウエディングドレス


ともに、長袖でビクトリアンスタイルのエンパイアライン
今年以降、長袖で首元の詰まったドレスが流行すると小耳に挟みましたが、こんな感じ?


トワルドジュイ(Toile de Jouy)と呼ばれるフランスの伝統的な人物や自然をモチーフにした生地のドレス



左は70年台のドレス
右は90年代のイネス・ド・ラ・フレサンジュのもの
エリックロメールなどのフランス映画に出て来る女の子がバカンスで着ていそうなイメージ




あっと目を引くトランプ柄とチューリップ柄の縁取りのきれいなマキシドレス
どちらもロンドンの若手デザイナーの新品です



アイボリー~パステルドレスいろいろ



右上は、60年代のベビードール風ミニドレス
ポランスキーの映画「ローズマリーの赤ちゃん」のミアファローのイメージ

ペパーミントのドレスは20世紀初頭風の80年代ドレス、
生成りと白いレースドレスは、80年代のローラアシュレイのものです



夏らしい楽しいドレスふたつ



いかにも80年代のポップなライオン柄の黄色いペプリムドレス と
肩周りの刺繍がきれいな白いコットンレースドレス


ハンドバッグもいくつか



若い頃のジェーンバーキンがもっていそうなカゴのバスケット
夏らしい白いビーズのバッグはアメリカのものかな・・




80年代ふうのジャンプスーツもいくつか
写真以外にもいろいろなバリエーションがあります



ワンピースのようでいてパンツになっているジャンプスーツは着始めると便利でやめられませんね

***

他にも、写真がまだないのですが、
オジークラークのラドレーのモスクレープのドレスや
セリアバートウェルの復刻プリント、ケイトモスの限定コレクションなどもあります


***

ほかにもいろいろあるのですが、きりがないのでこの辺で。。。

よろしければプランタン銀座に見にいらしてください

プランタン銀座「アンティークバザール」
6月8日(水)~14日(火)

営業時間が日によって異なりますのでご注意ください
日~木が20時まで、金&土曜日が21時まで。11時開店です

プランタン銀座が年内で閉店につき、銀座で出店するのは当分なさそうです

また、この夏はヨーロッパで過ごす予定なので、
夏にかけてのデパート出店はここだけになりそうです

ですので、今回みなさまにお会いできたらうれしいです!



気になる商品がある方は、
ご来店の前にでもご一報いただけると確実にお見せできると思います

お気軽にお問い合わせください
メールはinfo☆sugarandson.co.ukです(☆を@に換えて送信ください)

***


ここは、イギリスの湖水地方のちかくにあるボーダーストーンという
自然に傾いたままとまっている巨大な岩

隕石なのかも、という話ですがよくわかりません

最近ここに登ってみたくてたまりません

7月にイギリスに戻ったら、是非行ってみたいです^^

それでは、プランタンでお待ちしております

ごきげんよう 

Son x 






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>