1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-03-02 22:38:35

ニットが今、アツい!と、思う。

テーマ:本人のブログ
もう3月。 

早いよねえ。新年明けたと思ったらもう、1/6が終わってしまった。

でも、先月中に今年前半のネタの仕込みは終了しました。いつもよりちょっと遅めだけど。

3、4、5、6月とリリースネタ満載です。 ご期待ください。


今日はそれらのネタの中からリリース間近のものをチラ見せ。







よく見ると、いつもとちょっと雰囲気が違います。

実はこれ、ニットなんです。

むかしむかし、レースのカーテンとかはたくさん作ったけど、自分のテイストでレースを使うのは初めてといっても良いかも。


実はこの案件、時間がほとんど無くって織物でもプリントでも間に合わない、不可能な状態だったんですね。

でももしかしたら、ニットなら行けるかも、と。

決してニットは簡単という訳ではないのですが、最初の仕掛かりのスピードが圧倒的に速くて、楽。(その後は大変だけど)

絶対に不可能だと思われたけど、いやー、なんとか収まっちゃいそうだよこれ。

それもこれも、今回メーカーの担当の人が神がかっていた。まじで。

私には救世主に見えました。m(_ _ )m


で、これはいったい何? って話ですが

意外なアイテムです。

お披露目は今月11日頃。 で、まだ工場で編んでいるという恐ろしい状況。胃が痛いね!


お楽しみに!



AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-02-23 19:38:00

ファッショニスタではないけれど

テーマ:本人のブログ
以前、朝日新聞デジタル版で取材を受けた「ファッショニスタの逸品」がデジタルブックとして発売されました。







http://ebookstore.sony.jp/item/LT000032244000427777/


何と言うかもう、こんなメンバーの中に紛れ込んでいて良いのか?という面々。

しかも私はオシャレという言葉とはあまりにも距離のある、非ファッショニスタっぷり

まじかー やばいわー。。(;°皿°)


本文でも触れていますが、ファッションは作るのや見るのは好きだけど

自分で着るという意味でのファッションは途端に無精者になってしまい

出来ればずっと同じ服を着ていたいタイプです。

だからこれ、ファッショニスタでもなければ、逸品でもないのよね。もはやさらし者レベル。


でも、私は買いましたよ、ええ。

だって、初のデジタルブックですから。

200円です。

iTunes でも買えます。iphoneからでも。

購入してワタシのさらし者っぷりをとくとご覧ください。m(_ _ )m




AD
2015-02-16 08:17:19

元気に育ってね

テーマ:本人のブログ
事務所に植物を買いました。

以前、ヘルシンキの石本藤雄さんの自宅に、巨大な植物が鎮座しているのを見て、それがすっごくかっこよくて

いつか自分もー、と思っていたので

植物屋さんに「何かでっかいのが入荷したら教えて下さい!(-_☆)」

と、お願いしていたら「入荷しましたよ」と、

画像とともにお知らせが来て

画像を見た感じでは、そんなに大きく見えなかったんだけど

到着したら

でかっ!

まじかー。







image




ちょっと分かりにくいけど、椅子の上に立って霧吹きで葉水しているの図

ちょっとでかすぎたかなあ、、、(°д°;)

石本さんちのは横方向にでかかったので、ずいぶん雰囲気違うけど

まあ、けっこう良い感じ


ベンガレンシスって言う木らしい。

調べたらゴムの木の仲間らしく、縁起の良い木だとか。


今は環境が変わったせいか、葉が黄色くなったりして元気が無いけど

元気に育ってね!


AD
2015-02-05 12:40:31

MOOMIN TRIBUTE WORKS 待望の?新作!

テーマ:本人のブログ


MOOMIN TRIBUTE WORKS 、待望のハンカチの新作がリリースされました!


こちら! ↓













あれ、、、

ムーミン、いません、、、、(ノ゚ο゚)ノ


ムーミンどころか、ミイもスナフキンもフローレンもパパもママもいません。((((((ノ゚⊿゚)ノ




えーっと、これはね、

禁断の、主要キャラのいないキャラクター商品です。



通常、どれだけ人気のあるキャラクターが入っているかで売り上げが大きく左右する訳です。

なので、ムーミン、ミイ、スナフキンの3大人気キャラがいないというのはメーカーとしては、とても冒険な商品になるのですが




これはもはや名も無いようなサブキャラだけと言う 

一大スペクタクル冒険商品巨編。



配色はこちら。↓













エ、エグい、、、我ながらエグい、、、ヾ(@°▽°@)ノ

基本的に爽やかなブルー系が売れるとか、トレンドカラーはこれだとか

そっちの方の売れ筋も後方遥か彼方に振り切った、必殺のカラバリ!最高に気に入っています。




いったいターゲットをどこに設定したのか?


コアなムーミンファンの方、如何でしょうか? 
あなたの為に作った商品です。(-_☆)


そしてムーミンはあまりお好きでない方、これならムーミンいません

如何でしょうか? あなたの為を思って作った商品です。(-_☆) ウソです。




重版も冴えまくった、会心の出来。


まずはこちらにて販売開始 ↓


http://www.fiq-online.com/main/item_view_uni.html?sn=143&item_code=19&category_code=c19_1



ムーミンファンの方も、そうでない方も

是非! m(_ _ )m




2015-01-31 09:30:53

鈴木マサルのテキスタイル展 スタートしました!

テーマ:本人のブログ
札幌、グランビスタギャラリーでの展覧会、スタートしました!





















実質的な用途の事を考えたらテキスタイルに色や柄は必要ありません。

服もカーテンも白いままで十分機能します。

ただ、仮に商品が全て白く無地になったら人は物を選ぶ時、おそらく好きとか嫌いとかではなく条件で選ぶ事になるのだと思います。

「大きさはこれくらい」「これは予算の範囲だ」等。

「条件に合っているからまあ、これで良いか。」という状況では物を選ぶ感動や喜びは希薄になります。

しかしそこに色や柄が入ったら、人はとたんに条件を忘れ、好きとか嫌いとかの価値観で物を判断し始めます。

「これで良いか」ではなく、「これが良い」。

そこには喜びや感動があり、人や物事が前に進む推進力のようなものが生まれるのです。

私がせっせと作っているオリジナルブランドのOTTAIPNUは、そんな風にムダな存在ながらも人の気分を上げてくれるテキスタイルプロダクトをテーマに展開しています。

(展覧会に寄せたコメントより)





自分で書いた文ですが、自分でこうやって掲載して読んでみると、恥ずかしくて悶絶しますが

でも実際、こんな気持ちで日々やっております。


先日はトークイベントで初めて北海道へ。

初めての北海道にも関わらず、100人を超える来場者で ただただ感謝。

イベントの最中は満員御礼の会場を直視出来ず、視線が変な方向を彷徨う怪しいおじさん状態になっていたと思います。申し訳ない。


設営にご尽力頂いた関係者の方々、イベントにご来場いただいた方々、

私の全身全霊、全てで お礼申し上げます。


一人でも多くの人にテキスタイルの楽しさが伝わりますように!

札幌周辺にお住まいの方、出張で札幌へお越しの方々

興味ある方は是非!

宜しくお願い致します。



鈴木マサルのテキスタイル展

グランビスタギャラリー サッポロ

(札幌グランドホテル1階ロビー内)

2015年1月29日(木)~3月10日(火)

11:00-19:00(最終日は17:00まで)

無休/入場無料










2015-01-25 19:24:37

リンドベリの生地

テーマ:本人のブログ
いきなりですが、生地を買いました!

こちら!






















スウェーデンの Design House Stockholm 社の生地

リンドベリが1950年にデザインした LUST GARDEN です。

えーっと、今から65年前か、、、、凄いな、、、

今でも色あせないどころか ビカビカに輝いてるぞ。

生産は ユンバリ っていうメーカーなんですが、ここの生地は何と言うか、クラフト感があるというか何と言うか

まあ、良い感じなのです。それでこのデザイン。

たまりませんねー。



今でも販売している生地なのですが、やはり結構なお値段がするので今まで購入には至らなかったのですが

何故か、スコープさんで在庫のみの超激安で販売していたので 即購入。

ほとんど即売り切れてしまったようですが、赤い配色だけまだ少しあるみたいね。

興味のある人は覗いてみて下さい。


http://www.scope.ne.jp/designhouse/lust/




えっ? この生地を何に使うのかって?

野暮な質問ですねえ。決まってるじゃないですか、、、。


キレイにしまっておいて、たまーに出して、眺めて、うっとりして

またしまっておくんですよ。





それが何か? (-_☆)




2015-01-21 00:25:11

傘のマス見本到着

テーマ:本人のブログ
遅れに遅れていた雨傘の新作の初回マス見本(プリント試作)があがってきました。

遅れていると言っても、メーカーの作業が遅れていたわけではなく

単純に、私のデザインが大幅に遅れただけ。

デザインを納めたのが何と、メーカーの新作展示会が終わった後という、、、、チーン

通常のメーカーの流通に乗せるには、その展示会には製品が仕上がっていて、バイヤーに見てもらわなければいけないのに

うちの傘達は、製造メーカーさんの中でも完全に孤立してしまっている様子で

プカプカと



まあ、良いかー

そもそも、そういう方向を望んでいたりもした訳で

何とかしないとね、売り方を。

今までとは違う販売形態を模索しないと。そういう時期なのよきっと、世の中的にも。

どうにかなるでしょ多分、うん。(꒪д꒪)



でもまあ、これ以上遅れるともうさすがに

周回遅れのレベルになってしまうので

初回マスの出来が良くって、修正が少なくて済むと良いなあと正直思っていた訳ですが

何と

まさかの

全色、修正無しという奇跡!(;´༎ຶ▽༎ຶ`)

凄い。こんなの初めてだ。

担当してくれたオペレーター、神。





{892E19DE-6DD2-4FC6-8D84-7861C551F1EC:01}





チラ見せ。

生地のこういうショット、たまらないねー

生地萌え。



これで何とか、周回遅れにはならなくて済みそうです。

多分。



2015-01-17 20:27:18

北海道で でっかいトーク

テーマ:本人のブログ
先日告知した北海道での展覧会

初日にトークセッションなるものがあります。


1月29日(木)

トークセッション 18:30-19:30

レセプション 19:30-20:30

定員100名(参加無料/要予約/先着順締め切り)



だ、そうです。


いやいや 100人って、見知らぬ地でそんなに来る訳無いでしょ って思っていたら

スタッフの方々が頑張って宣伝してくれたらしく

すでに80人も予約が入ったらしいです! (ノ゚ο゚)ノ


まじかー、感激。

で、どうせならば100人に届くように、と 改めて告知です。


お申し込み、お問い合わせは電話またはメールにてにてお願い致します。

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://www.grand1934.com/gallery/art/suzuki_201501.html




興味ある方、是非!


トークの内容は、、、、

未定! ヾ(@°▽°@)ノ(※人はこれをまだ何も準備していないと言う)



2015-01-09 10:36:25

北海道初上陸!

テーマ:本人のブログ

さて、

2015年の幕開けを飾る企画の告知です。


「鈴木マサルのテキスタイル展」


場所は



札幌! ( °д°)!













北海道は商品も私も初上陸。 いやー、楽しみだ。

寒そうだけどフィンランドよりはましではないか?どうなん?


鈴木マサルのテキスタイル展

グランビスタギャラリー サッポロ
(札幌グランドホテル1階ロビー内)
2015年1月29日(木)~3月10日(火)
11:00-19:00(最終日は17:00まで)
無休/入場無料




傘、販売します! (雨傘のみ)

ハンカチとかも販売!

生地とかも!

AND MORE !


札幌在住の皆さん!

ご興味あれば是非!

新参者の私を助けると思って是非!。 (;°皿°)(※必死)






2015-01-05 22:28:34

新年のご挨拶

テーマ:本人のブログ
年末に更新するつもりだったのですが

結局バタバタして更新できず、年をまたいでしまいました。m(_ _ )m


年末に訳あって、2014年度にやった仕事をまとめていたのですが、これが何と言うか、自分でも驚くほどの量をこなしていて

世に出たものだけを数えても、大体1週間に1点はデザインしていた計算で。

そんなの少ないよ、という意見もあるかもしれませんが、私にとってはいっぱいいっぱいの量で

ボツになったものの数も考えるともう、果てしない気持ちになってしまいますよ。


その後これまた訳あって、今までの自分の仕事をまとめたポートフォリオを作ったのですが、そのうちのかなりの量を2014年の仕事が占めてしまっていて、これまた何とも果てしない気持ちに。




ムーミンで幕を開け、スパイラルの傘展を駆け抜けて、アルフレックスで締めくくった2014年。

あっという間に終わってしまった年だったけど

私にとっては間違いなく、ハビターレのあった2009年以来のビックイヤーとなりました。


特に、傘展。

去年の今頃はもう、本当に胃が痛くて痛くて。

やはり自腹を切って決断した企画だったからそれはそれはもう、良い事も悪い事も全部ダイレクトにぶち当たってくる訳で。

そういう意味でも何と言っても、本当に思い出深い。


例えば搬入日の早朝に、荷物を積み込んだ手の感触、搬入車の窓越しの風景、会場の匂い、空気感

今でもぜーんぶはっきり、鮮明に思い出せる。

これは2009年のハビターレも全く同じなんですよね。

特に搬入当日の事は5年経った今でも、その時の光の粒まで鮮明に思い出す事が出来ます。



何て言うかな、やっぱり人って何かを賭した状態だと全身の感覚がね、多分普通の状態ではないんだと思うのです。

ただ準備万端用意された船に乗っただけでは胃が痛くなる事も無いし、こんなにアドレナリンが出るような感覚もきっとないのよね


そう考えると

2009年のハビターレが、私のデザイナーとしての「青春その1」


そして昨年、2014年

スパイラルの傘展が私のデザイナーとしての

「青春その2」となりました。間違いなく。




新年、明けましておめでとうございます。

2015年も、これからも

「その3」を目指してがんばります。


皆様にとってもすばらしい年となりますように


2015年1月5日

テキスタイル獣道  鈴木マサル









[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>