オツカレです。


福田総理に一言。これってあまりにも無責任やしないか。


[1日 時事] 福田康夫首相は1日午後9時半から首相官邸で緊急記者会見し「新しい布陣の下、政策実現を図らねばならないと判断し、辞任することにした」と述べ、退陣を表明した。求心力低下が指摘される中、12日召集予定の臨時国会を乗り切るのは困難とみて、自らの退陣により、事態の打開を図る必要があると判断した。自民党は速やかに総裁選を行う予定で、後継選びは麻生太郎幹事長を軸に進むものとみられる。

辞めるのは総理の決断。かの小泉元首相も言った言葉。


福田首相


しかしそれにしてもこの会見は何だ。


・積年の問題への対処に忙殺された
・民主党の審議拒否で時間がかかった
・体制を整えた上で、国会に臨むべきだと考えた
・新たな方向性は打ち出せた


言い訳ばかりで最高責任者の口から出る言葉とは信じられない。


こんなに振り回しといてこんな格好で辞めるのだから一番最初に言うべきは「私の不徳の致すところ」だろ。


環境や状況など外部要因に責任を転嫁するのであれば総理になるなよ。わかった上での総理就任だろうが。


自分ですべて責任を被れない奴が担がれて有頂天になってじっくり考えた振りをして、全く考えておらず決断力も実行力もなく、最後はもう無理って。この間の総合経済対策はなんだったのか。


「私が悪うございました」って謝れよ。「私には総理の能力がありませんでした」って謝れよ。「無責任ですみませんでした」って謝れよ。


ほんと腹立たしいが、逆に考えるとようやく選挙=前進となるか。


オツカレでした。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ ポチっとしてオツカレ~
AD

コメント(7)