◆恵社労士事務所◆社労士いちかわの思いつきブログ

社会保険労務士 市川恵の、夢と希望と現実のブログです。
人事部にて7年採用・研修業務を経験。社労士事務所にて2年社労士業務を経験。
現在は荻窪にて恵社労士事務所を開業しています。

 本 本 社労士いちかわの思いつきブログ 本 本 

ご覧いただきありがとうございます♪


荻窪駅前の社会保険労務士事務所、

恵社労士事務所 社会保険労務士 市川 恵のブログです。


メモこのブログは、社会保険や労務管理の、知っているとちょっとお得な情報を、お気軽にお届けすることをモットーに、市川の開業のドタバタ、生活のドタバタ、営業のドタバタを織り交ぜつつ、


ああ、社労士って、こんな仕事しているんだなあ


と、知っていただくためのブログです。


メモ市川の略歴

右矢印日本大学芸術学部演劇学科卒業

 人事部にて採用業務に従事。

右矢印平成22年 社会保険労務士試験合格

 社会保険労務士事務所勤務

右矢印平成24年 恵社労士事務所 開業


詳しくは→コチラ


ラブレター感想、ご質問など、お気軽にメールください♪

info@megumi-sr.com



ラブレターまた、顧問社労士・人事担当者をお探しでしたら、ぜひお声掛けください。

info@megumi-sr.com




テーマ:

特別な休暇制度。

子育てや介護の休暇を法定以上に設定したり、病気のための休暇制度や、身近な方がなくなったときの休暇制度など、必ずなければいけないものではないけれど、働く人にとっては非常にありがたい制度、御社にもあるのではないでしょうか?

また、そんな休暇が必要な人が出たとき。

会社でも話に上ったことはあるのではないでしょうか。

厚生労働省の、働き方・休み方改善ポータルサイトに、「特別な休暇制度」の事例集が載っています。

ぜひチェックしてみてください。

http://work-holiday.mhlw.go.jp/material/category4.html#subcategory7

こんなことがわかります。

特に配慮を必要とする労働者の例として、こんな人が挙げられます。

①特に健康の保持に努める必要があると認められる労働者

②子の養育又は家族の介護を行う労働者

③妊娠中及び出産後の女性労働者

④単身赴任者

⑤自発的な職業能力開発を図る労働者

⑥地域活動等を行う労働者

⑦その他特に配慮を必要とする労働者


こんな休暇の事例が載っています。

[子の看護休暇の充実/学校行事休暇]

[配偶者出産休暇/家族の介護・傷病休暇]

[勤続旅行制度]

[積立安心休暇/妻出産休暇制度]

[ASKULサンクスホリデー(永年勤続休暇)]

[特別連続有給休暇/リフレッシュ休暇/特認出産休暇]

[特別介護休暇/配偶者出産休暇]

[出産休暇/年次有給休暇の拡充]

[不妊治療休暇/研修休暇]

[母性健康管理休暇制度/ドナー休暇制度]

[裁判員休暇/結婚休暇/配偶者出産休暇]

[犯罪被害者等の被害回復のための休暇]


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

遺族年金も、扶養家族もそうですが、

これも日本はどこかで意識改革をしなければならないこと。

国がまず否定するのは・・・よくないとおもうなあ

 

 

 

同性愛男性が遺族給付申請=同居パートナー殺害され-愛知
 殺人事件の被害者男性=当時(52)=と同居していた名古屋市の男性清掃作業員(41)が、犯罪被害給付..........≪続きを読む≫

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちはー。いちかわです。

最近何かと話題になっている、労働時間・長時間労働の対策について、

ガイドラインが発表されましたのでご紹介します。

 

労働時間は、いままで、はっきりされていなかった部分がおおかったのですが、

今回のガイドラインにより、グレーだった部分が黒になったことが多く

企業は本腰を入れて、労働時間の管理に取り組むことになりますね。

 

このガイドラインから読み取れる、よくあることをはっきり「NO」としていること。

 

制服への着替え時間。

→しかし、職場に来てから着替えることが義務付けられているということになっているので、たまにおしゃれなカフェで見かける、「白シャツにジーンズ+エプロン」などの、ほぼ私服などはあたらないといっていいでしょう。

テーマパークのスタッフの衣装など、家から着てくることができない衣装については、労働時間に含まなくてはならないといえます。

ファミレスの制服とか難しいですよね。家から着てきてもOKなら準備時間になるのかな?

 

大学時代、制服の可愛さでバイト先を選んでいたいちかわですが、

和服のレストランとか、人によって着付けの速さが全然違います。

長い人のほうが、全然早いしキレイ。

働く側としてもちょっと不満が残るように思います。

 

 

自己申告制の場合の、虚偽の申告

→これは、NGなのは当たり前ですが、仲のいい職場にありがちの、「用もないのに残っている」「仕事と関係ないおしゃべり」というのを、なんとかやめさせなければなりません。

労働者側の意識を変えることも必要になってきますね。

 

 

働き方改革。

日本人の働き方を根底から変える話です。

必要なことですが、一部の経営者や管理者だけではなく、

働いている人全員の意識を変えていく必要がありますね。

 

 

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置 に関するガイドライン
平成29年1月20日策定(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html)

1 趣旨
労働基準法においては、労働時間、休日、深夜業等について規定を設けていることから、使用者は、労働時間を適正に把握するなど労働時間を適切に管理する責務を有している。
しかしながら、現状をみると、労働時間の把握に係る自己申告制(労働者が自己の労働時間を自主的に申告することにより労働時間を把握するもの。以下同じ。)の不適正な運用等に伴い、同法に違反する過重な長時間労働や割増賃金の未払いといった問題が生じているなど、使用者が労働時間を適切に管理していない状況もみられるところである。
このため、本ガイドラインでは、労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置を具体的に明らかにする。
2 適用の範囲
本ガイドラインの対象事業場は、労働基準法のうち労働時間に係る規定が適用される全ての事業場であること。
また、本ガイドラインに基づき使用者(使用者から労働時間を管理する権限の委譲を受けた者を含む。以下同じ。)が労働時間の適正な把握を行うべき対象労働者は、労働基準法第41条に定める者及びみなし労働時間制が適用される労働者(事業場外労働を行う者にあっては、みなし労働時間制が適用される時間に限る。)を除く全ての者であること。
なお、本ガイドラインが適用されない労働者についても、健康確保を図る必要があることから、使用者において適正な労働時間管理を行う責務があること。
3 労働時間の考え方
労働時間とは、使用者の指揮命令下に置かれている時間のことをいい、使用者の明示又は黙示の指示により労働者が業務に従事する時間は労働時間に当たる。
そのため、次のアからウのような時間は、労働時間として扱わなければならないこと。
ただし、これら以外の時間についても、使用者の指揮命令下に置かれていると評価される時間については労働時間として取り扱うこと。
なお、労働時間に該当するか否かは、労働契約、就業規則、労働協約等の定めのいかんによらず、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができるか否かにより客観的に定まるものであること。また、客観的に見て使用者の指揮命令下に置かれていると評価されるかどうかは、労働者の行為が使用者から義務づけられ、又はこれを余儀なくされていた等の状況の有無等から、個別具体的に判断されるものであること。
ア 使用者の指示により、就業を命じられた業務に必要な準備行為(着用を義務付けられた所定の服装への着替え等)や業務終了後の業務に関連した後始末(清掃等)を事業場内において行った時間
イ 使用者の指示があった場合には即時に業務に従事することを求められており、労働から離れることが保障されていない状態で待機等している時間(いわゆる「手待時間」)
ウ 参加することが業務上義務づけられている研修・教育訓練の受講や、使用者の指示により業務に必要な学習等を行っていた時間
4 労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置
(1)始業・終業時刻の確認及び記録
使用者は、労働時間を適正に把握するため、労働者の労働日ごとの始業・ 終業時刻を確認し、これを記録すること。
(2)始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法
使用者が始業・終業時刻を確認し、記録する方法としては、原則として次のいずれかの方法によること。
ア 使用者が、自ら現認することにより確認し、適正に記録すること。
イ タイムカード、ICカード、パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎として確認し、適正に記録すること。
(3)自己申告制により始業・終業時刻の確認及び記録を行う場合の措置
上記(2)の方法によることなく、自己申告制によりこれを行わざるを得ない場合、使用者は次の措置を講ずること。

ア 自己申告制の対象となる労働者に対して、本ガイドラインを踏まえ、労働時間の実態を正しく記録し、適正に自己申告を行うことなどについて十分な説明を行うこと。
イ 実際に労働時間を管理する者に対して、自己申告制の適正な運用を含め、本ガイドラインに従い講ずべき措置について十分な説明を行うこと。
ウ 自己申告により把握した労働時間が実際の労働時間と合致しているか否かについて、必要に応じて実態調査を実施し、所要の労働時間の補正をすること。
特に、入退場記録やパソコンの使用時間の記録など、事業場内にいた時間の分かるデータを有している場合に、労働者からの自己申告により把握した労働時
間と当該データで分かった事業場内にいた時間との間に著しい乖離が生じているときには、実態調査を実施し、所要の労働時間の補正をすること。
エ 自己申告した労働時間を超えて事業場内にいる時間について、その理由等を労働者に報告させる場合には、当該報告が適正に行われているかについて確認すること。
その際、休憩や自主的な研修、教育訓練、学習等であるため労働時間ではないと報告されていても、実際には、使用者の指示により業務に従事しているなど
使用者の指揮命令下に置かれていたと認められる時間については、労働時間として扱わなければならないこと。
オ 自己申告制は、労働者による適正な申告を前提として成り立つものである。このため、使用者は、労働者が自己申告できる時間外労働の時間数に上限を設け、上限を超える申告を認めない等、労働者による労働時間の適正な申告を阻害する措置を講じてはならないこと。
また、時間外労働時間の削減のための社内通達や時間外労働手当の定額払等労働時間に係る事業場の措置が、労働者の労働時間の適正な申告を阻害する要因となっていないかについて確認するとともに、当該要因となっている場合においては、改善のための措置を講ずること。
さらに、労働基準法の定める法定労働時間や時間外労働に関する労使協定(いわゆる 36 協定)により延長することができる時間数を遵守することは当然で
あるが、実際には延長することができる時間数を超えて労働しているにもかかわらず、記録上これを守っているようにすることが、実際に労働時間を管理する者や労働者等において、慣習的に行われていないかについても確認すること。

(4)賃金台帳の適正な調製
使用者は、労働基準法第 108 条及び同法施行規則第 54 条により、労働者ごとに、労働日数、労働時間数、休日労働時間数、時間外労働時間数、深夜労働時間数といった事項を適正に記入しなければならないこと。
また、賃金台帳にこれらの事項を記入していない場合や、故意に賃金台帳に虚偽の労働時間数を記入した場合は、同法第 120 条に基づき、30 万円以下の罰金に処されること。
(5)労働時間の記録に関する書類の保存
使用者は、労働者名簿、賃金台帳のみならず、出勤簿やタイムカード等の労働時間の記録に関する書類について、労働基準法第 109 条に基づき、3年間保存しなければならないこと。
(6)労働時間を管理する者の職務
事業場において労務管理を行う部署の責任者は、当該事業場内における労働時間の適正な把握等労働時間管理の適正化に関する事項を管理し、労働時間管理上の問題点の把握及びその解消を図ること。
(7)労働時間等設定改善委員会等の活用
使用者は、事業場の労働時間管理の状況を踏まえ、必要に応じ労働時間等設定改善委員会等の労使協議組織を活用し、労働時間管理の現状を把握の上、労働時間管理上の問題点及びその解消策等の検討を行うこと。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は、正月からいろいろあって、法人化したり、子供が産まれたり、いろいろありましたが、今年は昨年出来た土壌の上に、しっかりとした城を築きたいと思います。

と、いうわけで、お金が必要でございます。
安直に、助成金、補助金を取り扱っていこうと思います。

がんばります。



1月3日の運勢
1
自分の意外な才能に気づけるはず
人から指摘されて自分の意外な才能に気づき、自分の強みを知ることができるでしょう。それだけでなく、今日の出来事から、どの方向に進めばいいかわかるかもしれません。
今日のラッキーブログワード
リュックサック

あなたの今日の運勢をチェック
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の山の日。
評判の良いゴジラを見ました。

庵野秀明といえばエヴァンゲリオン、エヴァはちょうど主人公たちと同じ14歳の時にテレビでやっていて、夢中になって見ていました。

アスカが大好きで…当時は自分を重ねて入りこんでました。

いまは、ミサトさん仕事できるなーかっちょええなーと、思っています。

そんな庵野秀明監督の、ゴジラ。

エヴァっぽい魅力、勢い、かっこよさ満載。

あー、庵野監督ってこういうの好きなんだなーって思いながら見てました。
好きなものをこだわり持って突き進んで、妥協しないで、空気読まないで作った表現物。
それが他の人にも魅力的に映るものになる人が、本当に才能がある人なんだなあ。

すごく面白かった。そして日本かっこよかった。

あと…役人になるには、滑舌良くないといけないのね!?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。