おはよう!
青しるべだよ青しるべ

明後日、7月30日(土)は「土用の丑の日」なんだね。
青しるべは「土曜の牛の日」で
牛肉を食べる日だと思っていたけど、
まちにはウナギのポスターがいっぱい。
なぜかなぁ。
そもそも「土用の丑の日」って何の日?

佳緒里ちゃん、教えて~。

スイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカ


は~い。
お天気しるべ劇団員の福田佳緒里です。

ではでは、青しるべちゃんのリクエストにお応えして、
今日は「土用の丑の日」についてお話しますね。

「土用」とは


「土用」とは、春夏秋冬それぞれの間にある期間の名前で、
万物を木・火・土・金・水の5つに分ける
中国の五行説に基づいています。
四季を春→木、夏→火、秋→金、冬→水に、
そして各季節の終りの約18日間を土に割り当て、
「土用」としました。

gogyou
ⓒhttp://yaplog.jp

2016年は
冬土用:1月18日~2月3日
春土用:4月16日~5月4日
夏土用:7月19日~8月6日
秋土用:10月20日~11月6日

「土用」の最初の日を「土用入り」
最後の日を「土用明け」といいます。
「土用明け」の翌日は、立春・立夏・立秋・立冬で、
新しい季節の始まり。
「土用」は次の季節へ移るための調整期間なんですね。


「丑の日」とは

「丑の日」とは各日に十二支
(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)を
順番に割り当てたうちの1日なので、
12日ごとに巡ってきます。
つまり、「土用の丑の日」は、
「土用」の期間にある「丑の日」のこと。

「土用丑の日」というと、
夏のものをイメージされる方が多いですが、
実は各季節の合間にあるんですよ。
また、土用の間に丑の日が2回ある場合は、
それぞれ「一の丑」「二の丑」と呼ばれます。
そういえば、昨年の夏は「二の丑」までありましたね。


「土用の丑の日」には、「う」のつく食べ物で夏バテ防止!

夏の「土用」の期間を暑中と呼び、
暑中見舞いを出しますね。
暑さが厳しい時期ですから、
栄養のあるものを食べて乗り切ろうと考えられていました。
さらに「丑の日」は災難を受けやすい日と考えられて、
「丑」にちなんだ「う」のつく食べ物で縁起を担いだり、
丑の方角の守護神「玄武」が黒の神様であることにちなんで
「黒い」食べ物で厄除けをする習わしがあったそうです。

「う」がつく食べ物といったら何を思い浮かべますか?
ウナギのほかに、うどん、ウリ、梅干し、馬、牛など・・・
「黒い」食べ物は、ウナギ、ドジョウ、シジミ、黒豆、黒ゴマなど・・・
また、滋養のある食べ物で、
土用餅、土用シジミ、土用卵など、
「土用」の名が付けられたものもあります。

うどん ウリ 梅
土用餅 土用シジミ 土用卵

中でも、ウナギが有名ですが、
これは、江戸時代の知識人で、医師でもあった平賀源内が、
夏に売れなくて困っていたウナギ屋に「本日土用丑の日」と
看板を出すようにすすめたら大繁盛したという説が有力です。

うなぎ

そんなウナギですが、実は天然ウナギの旬は秋から冬です。
土用の丑の日は夏に限らないこともあり、
最近では冬の「土用の丑の日」にウナギを食べよう
という活動もあるようです。


「土用干し」とは

ちょうど梅雨が明ける時期にあたる土用に、
漬けた梅干しを干すことを「土用干し」と呼びます。
この時期の強い紫外線で殺菌し、
湿気を抜いて保存性を高め、まろやかな味にします。
この季節ならではの作業ですね。

うめぼし

よくウナギと梅干しは食べ合わせが悪いなどと言われますが、
科学的根拠はないので、安心して一緒に食べて大丈夫ですよ。


青しるべちゃん、
今年の「土用の丑の日」は「土曜日」だし、
牛肉も「うし」の肉で「う」がつく食べ物だから、
「土曜の牛の日」ですき焼きを食べてもOKだね。
口休めに梅干し、ウリの漬物、土用シジミ汁、
〆は土用卵を落としてうどん、
デザートはスイカ(ウリ)と土用餅かな(^^♪
 

スイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカスイカ


お天気の話がいつの間にか食べ物のお話に…
佳緒里ちゃんは本当に食いしん坊だね。

さて、そろそろ関東も梅雨明け。
みんな暑さに気を付けて出かけてね。




───────────Facebook & Twitter
───────────次回の更新
毎週木曜日の朝に更新します♪(^o^)/

AD