AED(自動体外式除細動器)をご存知ですか?

心停止の救命措置に必要な機器をAED(自動体外式除細動器)と呼びます。

簡単に言うと、病院の心臓マッサージ器の小型版です。


テレビで東京マラソンをみていたら自転車でAEDを担いだ救護部隊が映っていました。

昨年の東京マラソンでは具合が悪くなりAEDで命を救われた方が2名もいたそうです!


現在、さまざまな施設やオフィスで、急速にAEDの導入が進んでいます。

ゴルフカートにAEDが設置されているゴルフ場もあるそうです。


日本における病院外での心停止の発生件数は、年間2万~3万件と推測されます。

心臓突然死の原因の8割前後を占めるのは「心室細動」という不整脈です。

この数字は、交通事故による死者数の3~4倍にのぼります。

店舗や施設などで、お客さまや来場者が突然倒れてしまったとき、

救急車が到着するまでの数分間、生死を左右するのは早期の救命措置です。


日本ではこれまで、AEDを使用できるのは医師や救急救命士に限られていましたが、

2004年7月から、救命のためであれば一般市民も使えるようになりました。


AED(自動体外式除細動器)とは?


aed1


心臓突然死の主な原因に

心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。

心室細動発生から1分ごとに救命率が7~10%下がるといわれ、

いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。

強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動は、

最も効果的な方法だといわれています。この電気的除細動を自動的に行うのがAEDです。


aed2
ご安心下さい!
らんらん倶楽部では

お客様に安心して練習していただくために

昨年10月よりAEDを導入しております。




更に、MFA(メディックファーストエイドR)の応急手当プログラムによる

AED講習を受けたスタッフが3名おります

aed3


もしも、

練習中にご気分が悪くなったり、

そのような方が近くにいらっしゃいましたら


大至急!フロントにご連絡ください!


いかに早く救命処置をするかが重要です!

早ければ早いほど救命率が高くなります!





気になる人気ブログランキング現在の順位は40位前後です

クリックしていただくと順位が上がります!⇒ランキング


AD