長田絢オフィシャルブログ「”食”のヒト・モノ・コトをツナグ」Powered by Ameba

株式会社JapanFoodExpert 分子栄養学を探求する名古屋の料理研究家おさだあや]-[株式会社JapanFoodExpert 長田絢]さんのブログです。長田絢のオフィシャルブログ http://ameblo.jp/osada-aya/ よろしくお願いします♪


株式会社JapanFoofExpert


■食育講演・セミナー事業
■フードコーディネート&イベント企画事業


JFE-AYA(JapanFoodExpert) in 名古屋から世界に~絢ブロ~大きな夢を持ってハッピー! 


各事業部についての詳しい内容や、各種お問い合わせは、

ロゴをクリックして頂き、HPをご覧下さい。

___________________________________________________

$名古屋食材卸・食育事業JFE-AYA 【JapanFoodExpert】

星が丘テラスアンテナショップ&カフェ

comer(コメル)


                    

マルサンアイ様のCM出演中

https://www.youtube.com/watch?v=0CeDmH07Tsk


毎週水曜日 中京テレビ「ZIP」7:50頃

              毎週月曜日 東海テレビ「スイッチ!」10:50頃




テーマ:

「かんぽの宿 料理コンテスト第6回グルメアワード」とは、 

全国51か所のかんぽの宿がその技を競う料理コンテストです。 
地域大会では8地域のブロックに分かれて実施します。

一般のお客さまにも参加していただき、全国大会に進む代表1宿を選出。

最後は東京で全国大会を行います!!

中部第2地域大会は、富山、福井、恵那、岐阜羽島、鳥羽、彦根の6宿が参加。

本日の会場は、かんぽの宿彦根です!

今回、私は審査員として、参加させていただきました!


名古屋から米原まで新幹線で、そこから乗り換えて一駅、あっという間に彦根駅に到着。

しかも彦根駅からはタクシーで10分弱というアクセスの良さです!




ゆったりとした敷地の周辺は、琵琶湖をはじめ、

自然豊かで景色が良く、とても静かです!


素敵な笑顔で迎えてくださり、早速チェックイン!




部屋から広がる景色です!

梅雨入りしたてであいにくの曇り空ではありますが、

優雅な景色に癒されます…!





清潔感のある広々としたお部屋。

ひとりで泊まるのが申し訳ない感じです。。。



手書きのメッセージには、ホッコリしました(*^▽^*)


そして、夕食会場へ。

広い個室でスタッフの皆様と一緒に夕食をいただきました。

お品書きをみた瞬間、期待感でいっぱいに!!!



先付 穴子柳川風


普通、冷たいひと口サイズの料理を思い浮かべますが、

何とも豪華な先付です。

たっぷりの穴子にお出汁と卵とじの優しい味わいです。



前菜 季節の前菜盛り合わせ


これだけたくさんの種類をひと口ずついただけるのは、

特に女性にとっては嬉しいですよね!

しかもすべてがとても丁寧に作られています。



煮物椀 胡麻豆腐 焼唐墨 青味


口当たりの良い胡麻豆腐に、厚めにカットされた唐墨が合う!!

上品なお吸い物仕立てです。




向付 海老湯洗 鮪 鯛 湯引き鱧 妻一式


肉厚で甘くて柔らかい食感の鱧。

淡白な味の中にも、独特の脂が後をひくおいしさです。



油物 鱧東寺揚げ


ザクザクとした個性的な食感の衣と鱧の相性がピッタリ。

香り高く、食感共に口いっぱいに幸せが広がります。



焚合 蛸小豆煮 小芋 花麩 青味


冷製の小鉢。揚げ物の後のお口をさっぱりとさせてくれます。

小豆の煮物は珍しいですが、アクセントとなっておいしかったです。



鍋物 近江牛しゃぶしゃぶ


そして、待望の近江牛!!!



昆布だしでしゃぶしゃぶして、ポン酢でいただきます。


周りからも、うぅ~と唸る声とどよめきが湧きました!!

とろけるようなお肉の食感、口いっぱいに広がる甘み、

半端ないうま味が喉を通った後にも余韻を残してくれます!!!


あぁ、、、幸せです!!!!



お食事 近江米白御飯、赤味噌仕立て、香の物3種盛り


近江牛ならぬ近江米というのは初めていただいたのですが、

甘みが強くてふっくらととてもやわらかくておいしかったです。





デザート フルーツゼリー


たっぷりのカップにフルーツがゴロゴロ、

最後までボリューム満点でした。


大満足の夕食、美味しかったです。ごちそう様でした!


そして、そのままお風呂へ。

展望の大浴場は、琵琶湖を一望できます。

1500mの湧水という天然温泉、

肌に吸いつくようなやわらかいお湯で、

入浴後もお肌がしっとりしていました。


とても広々しているので、ゆったりとくつろげます。

薬草湯もあり、薬草の香りに癒され、

体の中からポカポカと温まりました。


お腹も満たされて、気持ちいいお風呂に癒されました!

おやすみなさい。(ノД`)・゜・。💤


そして翌朝!!!

まずは、朝食ビュッフェ!!!


和食から洋食まで幅広いジャンルのお食事が食べ放題。
丁寧に作られていて、とても豪華な朝ごはんです。


そしていよいよ、審査会がスタートしました!
会場は、一般審査員の皆様の熱気に包まれています!


6宿の料理人さんがそれぞれお料理についてご説明してくださり、

一品ずつ食べさせていただき、審査を進めます。

審査は、料理テーマ、見た目、味、こだわり、技術、アイデア、工夫、完成度、満足度など

様々な観点から評価をさせていただきます。


ズバリ、今回のテーマは、「五感で楽しむ料理」

特にうま味と薫りを意識されたお料理に仕上がっているというので、

私も五感を研ぎ澄ませるべく、集中力MAXでした!



富山 「秋鱒と木の子の瞬間燻製」


ガラスの蓋に覆われたまま配膳していただいたのですが、

蓋を開けた瞬間、フワッと広がる薫りに心躍ります。

秋鱒はやわらかい食感ですが、燻製の薫りが鼻から抜け、後味も抜群です。

素材に合わせた絶妙な燻し加減に料理人さんの技術を感じました。

木の子のうま味、クリームチーズの濃厚さと合わさるとより美味です。



恵那 「美濃けんとん角煮 馬鈴薯あん トリュフの香り

     パリパリ食感ライスペーパーの中に」


ライスペーパーの蓋をスプーンで優しく割ると、

温かな湯気と共に濃厚なトリュフの香りが漂い、

一瞬にして会場を幸せな香りで包みこみました!

アツアツトロトロの馬鈴薯あんとスプーンで切れるほど

やわらかな角煮を絡めていただきましたら、、、

もぅ!!!今まで食べたことのない感動で思わず溜息が出るほど!!!

お肉臭さは一切なく、豚肉素材のおいしさも感じますし、

トリュフオイルの香りもいつまでも余韻を残してくれて、

ブラックペッパーがピリッと効いているのがアクセントとなり、

非常に完成度の高い絶妙なバランスの一品でした。




福井 「らっきょうとトマトがだし巻きと出会いました」


斬新なネーミングからはお料理を想像する事ができませんでしたが、

福井特産のカニをふんだんに使用しているにもかかわらず、

ネーミングには特産品らっきょうを立てられたところに敬意を感じました。

九頭竜舞茸、三里浜産らっきょう、越のルビーというトマト、

地元の特産品を活かされていることに料理人さんの郷土愛を感じました。

個人的に、だし巻き玉子が大好きな要因もありますが、

正直、毎日でも食べたいと思える優しい味わい、相当おいしかったです!!!

かなりツボにはまりました!

まろやかな卵の甘みの中にトマトの酸味、最後に甘酸っぱいらっきょうが

食感とともにやってきて、カニの餡に包みこまれてきます。

思わず、ご飯と一緒に食べたいと思ってしまいました!


彦根 「琵琶鱒のパイ包み焼~焼松茸を添えて~


風情あるお皿に盛りつけられた秋らしい色彩が目を引く一皿。

和風の視覚とは裏腹に、漂う甘酸っぱいバルサミコソースの香り。

意外な組み合わせやギャップに想像力がかきたてられます。

琵琶鱒はとても肉厚なのに、しっとりとやわらかく、

さっくりとしたパイとバルサミコソースとの相性もとても良かったです。

和とフレンチが融合したような一品、ワインとの相性が良さそうです!


鳥羽 「鮑の燻製、生雲丹をのせて~粒マスタード&あおさのソース~」


伊勢サミットが終わったばかりの世界から注目されてきた三重。

三重らしく海の幸が満載です。

鮑はほどよく燻製されていて、薫り高いのにとてもやわらかく、

生雲丹の濃厚な味わいと絶妙な組み合わせです。

絶対に裏切らない安定感のある鮑と雲丹ですが、
付け合わせのあおさと粒マスタードソ-スが新しい味でした!

あおさで磯の風味が増し、粒マスタードのアクセントがほどよく効いて、

燻製された鮑と雲丹を調和させてくれるような組み合わせです。

肝までしっかり添えられていたのも嬉しいポイントです。



岐阜羽島 「飛騨牛三味プレート」


お馴染みの飛騨牛。ブランド力と共に実力もよく存じておりますが、

焼肉やしゃぶしゃぶ、ステーキなどとはかけ離れたおいしさがありました!

タタキ風に仕上げられているモモ肉に添えられた奥飛騨キャビアが非常に気になり、

酒粕と味噌漬けのカイノミは、風味豊かでとても香ばしい味わいですがとろけるような食感、

もう一つのカイノミは燻製されていて、非常に薫り高く仕上がっています!

少しずつつまみながら、おいしい日本酒と一緒に酔いしれたい…と思わせてくれます。

まさに、「大人の飛騨牛の楽しみ方」といったところでしょうか。

口に残る余韻でお酒がどんどん進んでしまいそうです!


と、6品を頂いたところで一旦退場。

控室でお弁当をいただきました(笑)


6品ものメイン料理をいただいておいてですが…、

おいしいものは、別腹です。。。(笑)

ご飯、お味噌汁、香の物もついた昼食、

審査について議論をしながらも、箸が止まりませんでした。




さて、いよいよ審査発表!!!

厳正なる審査の結果、優勝されたのは…


「美濃けんとん角煮 馬鈴薯あん トリュフの香り

 パリパリ食感ライスペーパーの中に」

恵那の青山由英さまでした!


そして、「お客さま特別賞」を受賞されたのは、

「飛騨牛三味プレート」

岐阜羽島の所川大介さまでした!


おめでとうございます~~~!!!!

ぜひぜひ、全国大会もがんばっていただきたいです!


ご一緒させていただきました審査員の皆さまです。

お疲れ様でした!!!

どうもありがとうございました!

感動に包まれたまま審査会は無事終わり、

1階の売店でお土産を購入し、かんぽの宿彦根を後にしました。

スタッフの皆さまもすごく明るくて優しくて、

景色も空間もとても居心地の良い宿でした!


今回のコンテストのお料理は、2016年度秋期キャンペーン期間中全日に販売される

秋期宿泊プランのメイン料理の一品としてそれぞれのかんぽの宿で実際に提供されるそうです!

どのお料理も本当におすすめですので、ぜひ足を運んでいただきたいです。

私もプライベートで行きたいです!


さらに、かんぽの宿では7月16日~8月31日に、

妖怪ウォッチグッズが当たるキャンペーン「ゲラゲラ湯遊記」を実施。

詳細はこちらからご覧ください♪

http://campaign2016.kanponoyado.japanpost.jp/summer/


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
長田絢さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み