一年を終えて。

テーマ:
ベトナムからこんにちは。
ゴール裏で応援しているおさむと言います。今年も書く機会をもらったので、駄文ですが読んでいただければと思います。



まず去年と比べると立場が大きく変わり、前に立つことになりました。なんで?とか色々な事を聞かれたりもしますが、個人的な話もあるのでそこは言うつもりもありません。ご了承いただければと思います。




そんなこんなで迎えた開幕新潟戦。
今だから書けますが、色んなプレッシャーに押しつぶされそうで、吐きそうになってたり頭が真っ白になってたことを思い出します。正直試合の内容なんて全く覚えてない。写真も撮ってない。

自分が思っていた以上に簡単なものではないということを実感した日でした。
そこからリーグ戦1シーズン。仕事で行けない試合もありましたが、なんとかやり通すことができました。

というわけで、今年1年を振り返りながら応援についてのお話をしていこうかと思います。

自分の中で最高の雰囲気だったなと思うのは、ホーム名古屋戦のラスト。ホーム初勝利目前。
最後に何を歌うか正直悩みながら「俺たちの湘南 今日も戦おう…」を歌いました。周りにも驚かれましたね。笑
{9D075959-2386-4806-9A1E-3658C5731210}


歌い出してすぐゴール裏の声がいつも以上に聞こえ、7ゲートと1ゲートを見るとみんなが手拍子をしている、ピッチでは選手達が必死に闘っている。みんなが勝つために全力を出してる。
今思い出しても涙が出るくらい感動しました。

{C6A59B8E-12C1-4196-9004-A7D261659375}



目指すべきところは、その応援を常に続けること。試合展開にも左右されず、ひたすらスタンドだけは盛り上がっている状態。
シュートを打ったから、ゴールが決まったから盛り上がる。押されているから、負けているから盛り上がらない。これは違う気がします。

それはサポーターだから。
よく使われている言葉で言うと【12番目の選手】なんだから。

今の8ゲートは自分達も含めてまだまだじゃないかな、今よりも力強い背番号12になれるんじゃないかなと今年1年で感じました。

{282C7E36-6491-4F66-9162-3F2A6359FFA2}

 

そんなゴール裏になっていくためには、団体の人だけでなく、ゴール裏にいる1人1人の意識が必要です。当然僕らもまだまだです。
スタンドにいる全員が受け身にならずに、俺のおかげで勝てた!と、そんな勘違いができるくらいの応援をしていくべきなんじゃないかなと思います。

試合前から応援して、試合中もどんな展開でもサボらず全力で応援し続ける。勝ったら笑顔でダンスを踊り、楽しみ、ふざけ、ハイタッチをし、写真を撮って、笑顔で帰る。




逆にふがいない試合だったらブーイングする。
それで選手やチョウさん達と言い合いになることもあると思います。それはそれで健全だと思ってます。チョウさんが怒ってスタンドに来ちゃう…なんて遠慮するのは絶対に違うと思うので。笑



自己満でもいいから、ガムシャラに倒れるくらい応援すれば勝ちにつながると思うし、それだけ応援したらそれだけでも十分楽しめる気がします。周りから見てもゴール裏が魅力的に感じられるかもしれません。

サッカーで人を呼び、応援で人を呼ぶ。それができまら、今以上にチームにも応援にも誇りを持てるのではないでしょうか。

{025FAF56-B2A6-452F-BE6C-C294D23CEC44}


この一年大変なことばかりで正直嫌になることもありました。けど、この立場になったからこそ、湘南ベルマーレというチームの事をさらに好きになったのも事実です。好きじゃなきゃベトナムに2回も来ません。笑

幸い今年の悔しいシーズンを晴らすように天皇杯が残ってます。
大宮、横浜、吹田。あと3試合愛するチームを応援するためにも、僕達も全力で、死ぬ気で、楽しみながら応援できたら幸せだなと思います。
自分としてももっともっと成長して、良い応援が出来るように頑張ります。


なにより、これを見てくださった1人でも多くの方が、少しでも意識を変えて大宮で熱く応援してくれると幸いです。
そして、これから先脚立の上から選手とサポーターの笑顔をたくさん見れることを願っています。

何かあれば直接言ってください。持たれているイメージよりはフランクなはずですw気楽に声を掛けてください。笑

24日、大宮で会いましょう!そして絶対に勝ちましょう!

{4D7671BF-C432-41FE-824E-E5F2858B423E}


ありがとうございました。


2016.12.12  高橋修
AD