• 25 May
    • 起立性調節障害からの解放と卒業

      22日の大阪にて、何も診るところが無いほどの順調と、 後は病み上がり時の様な経過観察だけの複数の方らが出てきました。 以前からの引き続きで同様な方々もやって来られました。 首から下、首から上が完全に調和されていて、 その様相が骨格上や発言、会話内容に表れています。 最初の着手時とは明らかな別人です。 私は子宮頸がんワクチン副反応の方らを日々必死に施術する中で 幾度となく、感じた物です。 あぁ、治療法が間違いとか誤りでは無く、 隙間や虫喰いになっているんだろうなと。 器がひび割れた状態では何をやっても染み出し、漏れたり、 吸収はされないと。 だから口から理論的に完全な栄養素やクスリを入れて見ても、 同じところを回る事になるだろうと。 起立性調節障害にて絶対的な初発症状の発生が大体、 11~2歳から15~6歳時に好発しているのを考えてみると、 答えがそこに出ています。 答えが全く無かった子宮頸がんワクチン副反応の治療とは違い、 まだ与し易い症例だと、私見ですが感じたものです。 (私自身も中高校時は、夜更かし、朝遅刻だらけで 直ぐに疲れやすい体質でしたから) 何とかホルモン、何とかの栄養素補充、ではなく、 問題は何故そうなるのか、そういう傾向に陥るのか、 何故そういう情動になってしまうのか、 じゃあそうなりやすいのならば、どうすれば良いのか、 ここにこそ、回答が控えています。 実践、実行しておられる事の方向性は間違いではない、 が、しかし、一足飛びや快速急行ではいけないし、 新幹線では対応しない、 すると道標が見えて来ます。 それが見えてこないと負のスパイラルに嵌ってしまうでしょう。 親が疲れたり参ってしまったりすれば、 中断されたり、終わってしまいます。 私の立ち位置や解説は、時に核心を ジェット機並みの豪速球で胸元をえぐる事でしょう。 治療家として虚偽な事や綺麗事、おべんちゃらを言っても 始まらないからですが。 火中にいる者や溺れる者はしばし、他者の意見やアドバイスは 聞こえないし見えないものです。 じゃあどうしたら良いのか、 答えを書いています。 暫定的にこちらからお願いします。 >comring3@gmail.com

      NEW!

      17
      テーマ:
  • 24 May
    • いよいよ神奈川県❗️

      6月11日、12日、神奈川県鷺沼に向かいます。 諸般事情が変わらない限り、 最後の私のHPVワクチンの解説になります。 11日土曜日の正午12時より夕方5時の予定をしております。 内容は 両子宮頸がんワクチンの薬液及び、 副反応の解説と治療法、承認認可の背景と事情、一体誰が動き、 誰が圧力を掛けたのか等、 何処にも出回っていない衝撃的な話になります。 その後、起立性調節障害のメカニズム、対応、 アプローチの実際等を私なりの視点にて、 解説致します。 今日現在、子宮頸がんワクチン副反応から、 最も多くの快復された方を送り出した概念と治療法になります。 12日は継続治療の方々、新しい方がおられるのならば、 施術を致します。 私の立ち位置は、カイロプラクティックがバックボーンに なっていて、この原理原則が無ければ、 HPVワクチン副反応の解明に辿り着くことが出来なかったと 言っても過言ではなく。 そもそもの出会い始まりは、 臨床現場でのありえない現象の数々からの考察でした。 頭の中で何百何千と、シミュレーションしたことか…… 一つ仮説を立て、消しては立てて自らが実行、実践し、 何度も何度も考え抜いて来ました。 2014年の5~6月辺りには確信めいて来ました。 そして同年7月後半からは完全に施術スタイルを変えました。 25年以上のキャリアを誇る徒手療法家に取りある意味、 スタイルを変えることはかなり、屈辱的な出来事でもあります。 が、しかし、変える事により、 未来ある方らが救われるのならば、それも私の宿命かとは 思われます。 さて、解説&施術、どちらかをご希望される方は 間も無くメールフォームをアップ致しますので お知らせください。 暫定的には下記までお知らせを。 comring3@gmail.com

      17
      テーマ:
    • 大阪施術&解説での短観②更なる知見の上積み

      ※表現が荒いのはお許しを。 例えば一般的には、 胃瘻患者、長期臥床患者、免疫不全者、易感染症患者等、 その予後の長さは想像にお任せします。 さあ、長期入院から退院だ❗️快気祝いに刺身だ❗️生肉だ❗️ こんな方は日本全国数える位にしかいないでしょう。 物事には全て順序があるので。 首が座り寝返りが打て、 伝い歩き、ヨチヨチ歩きからスキップやら走る、 幼児型歩行、成人歩行へと”成長” ”進化”して行きます。 寝返りが打てないのなら走れないし、 伝い歩きも覚束ないのです。 一旦学習したり獲得した運動パターンを、 使わなくなると筋繊維や筋肉自体の廃用性萎縮が起きて、 関節運動すら確保出来ないと強直やら固縮と言う現象が起きて やがて随伴する神経繊維の機能低下、 に伴う血流低下、循環不全が発生してきます。 すなわち動かない事に対する続発性の問題がドンドン山積して来ます。 HPVワクチン副反応が表れて全身へ激痛が発生する方のメカニズム、 一昨日解説した通りです。 誰もが皆、根を上げる痛さです。 一昨日大阪にやって来られた方々、 どんな痛み?と、第三者に聞かれたのならば、 私が話した様に答えてあげましょう。 ※鎮痛剤の類いは絶望的に効果は無いでしょう。 成人以降の方々には限局した特異的部位にて 熾烈な疼痛があらわれるでしょう。

      15
      テーマ:
    • 大阪施術&解説での短観①

      北陸、山陽、中部から総勢30名程の方々が お見えになりました。 東洋医学ベースにおける食膳、身体機構、内臓機能と経絡の考え方、 日山先生の解説、非常に参考になりましたね。 また新たに、 望月先生の施術から新しい知見を幾つか発見する事もありました。 HPVワクチン副反応、非常に奥が深いようで実は、 体内での機構の働き一つ一つは、シンプルそのもので。 いやあ、計五時間ほど、喋りっぱなしでした笑 小難しいことを幾らシャカリキにやったとしても、 人体は享受する事か出来ないという事を理解して頂けたとは思います。 ヒビが入った鉢植えに幾ら”奇跡の水”を注ごうと、 溜おける事は出来ないのです。 では一体、体内で何が起きているのか、 知る事、理解する事、納得する事から全ては始まりますから。 ボタンが5個ついている服があって 3個4個までは上手に掛けられた、が、しかし、 4個5個目が互い違いに掛けたり、最後の5個目がまだだったり、 だからと言って焦らないように。 一昨日診させて頂いた方々1人1人、悪化していたり、 進捗が無かったりと言う方はいませんでしたから。 皆さん我々が頭が下がる位に様々な工夫と知恵を持って、 実践されていました。 #起立性調節障害の方々からも、 一昨日で施術終了と言う方が複数出て来ました。 中にはHPVワクチン副反応があって、起立性調節障害を 最終的に併発していた方々も過去にはいました。 HPVワクチン副反応の最終形態は、 複数臓器の働きを損壊、ダメージを与えつつ、 起立性調節障害の併発が最も多いかとは思われます。 ガーダシルでサーバリックスであれ両者に共通し、 ”経年”にて人体に深い損壊を与える部分とその機構は 解説した通り、あの部分になります。 免疫とはヒトが良からぬ意思を持ち、触ってはいけない機構です。 この約300年間、医学は病原菌を制圧しようとシャカリキになり、 発展して来ました。かように、感染症や伝染病の恐ろしさを まざまざと見せつけられて来た訳ですから。 2016年になろうと制覇、制圧は論理的に不可能で。 HPVワクチンの発想の始まりは、 ガン化する前のウイルス感染を抑止すると言う 壮大で滑稽で希薄な論理構成により、全世界で開発ラッシュで 競われて来ました。 蚕が不安定で大量生産には向かない、 パン酵母イースト菌に先に手を付けたガーダシル、 バキュロウイルスに焦点を当てたサーバリックス、 開発に10年以上、販売までに1兆円以上を費やして 今更後には引けないとノーベル賞学者のお墨付きでもあり。 体内へ入る入らないの瀬戸際の病原菌に対し、 無差別火炎放射攻撃を仕掛ける自然免疫、 体内に入ってしまった病原菌に対し、 自然免疫からの情報提供を受けて整理記憶し、 ピンポイントで攻撃をしかける獲得免疫、 偽物のダミーウイルスを仕込み、 獲得免疫がそれを破壊排除しようとするも……… 後は解説で述べた通りです。 子宮頸がんワクチン、 これは”がん治療型ワクチンへの布石だったとしか 思えません。 schirokobe@yahoo.co.jp

      12
      テーマ:
  • 23 May
    • ヒトは脊柱が支持し、動く躯体

      森を見て木を見ない、 木を見て森を見ない、 鳥瞰図を見て地図を見ない、或いはその反対…… いや、そんな次元に私はいないのですが…… 昨日の解説と、初めての方々への施術、 理解、体感、納得されたことでしょう。 血液検査結果だけとにらめっこ、 過去の栄養素とのしかめ面、 そんな世界観では、 HPVワクチン被害者達とは向きあってもいないのです。 凄い話を聞けました。 良かれと思い、各種乳酸菌を取り入れる、 これすらも危うい論説の元で実践しているだけだと。 医師が処方するミヤビ酸、ミヤリ酸? (興味もありませんが) これすらも、やってはいけない手法になり得ると、 昨日の望月先生は普通に語っていました。 我々は動く構造体、躯体に対し、 思考を巡らせ判断し、内臓機能の状態を”我々式”に、 鑑みています。 身体内で何が起きているか判然としないまま、 口から栄養素や食べ物、飲料水を入れるだけの 治療法では無いのです。

      16
      テーマ:
  • 21 May
    • いよいよ明日22日❗️大阪市内にて

      埼玉上尾市から望月先生を招いて、 市内城北から鍼灸師の日山君を呼び、 施術とHPVワクチン、体内での影響(私見)治療法の解説、 日山君の生理時における対処、対応を 東洋医学、統合医療的な側面から解説を致します。 会自体は10時より行い新規の方の為に、 ”4時”から私の解説を行いたいと思います。 ※4時からの部、※新しい方々対象 まだ連絡が付いていない方、 私までご一報ください。 既存の方、二回目以降の解説は、 一時半からを予定しています。 新しく判明した最初の痛みが始まる理由、 働きは都度都度、解説致します。 これは回復過程に昇る時に通過して行く道のりでもありまして、 快復された方はこのポイント、 そして働きを理解しておいてください。 ※今回、大阪会の準備の為にドタバタだった事を お詫び申し上げます。 また、問い合わせが殺到したとはゆえ、 対応が後手後手に回った事についてもお詫び致します。 では、連絡を待ちます。 schirokobe@yahoo.co.jp

      16
      テーマ:
  • 19 May
    • この一週間の奔走

      新しい方々からのメールや電話の問い合わせ、 既存の方々らの指導、アドバイス等で、 少しパニックになっています。 幾ら探しても治療法は無い無い無い…… 無いなら無かったのならば、 35名プラスワンの方々は同一手法により、 快復してはいません。 我々は、病名を追いかけて対応するような事は無く、 もしそうならば医療行為になるでしょう。 子宮頸がんワクチン副反応と、 診断されようが無かろうが、我々には関心もなく。 ただ、不快症状から1日も早い解放を願って、 施術や解説、体内で起きている現象を 日本全国北は北海道、南は宮崎まで 東奔西走して来ました。 ステップワゴンの遠征累積走行距離は、 33000キロを超えました。 初めてお会いした方に出会う数ヶ月前に、 新車に乗り換えましたが減価償却分すらまだ払えず、 振動により壊れた医療機器の総額は75万円になります。 金儲けでやれますか? 或は、誰かがやってくださると嬉しく思いますが。 SNS上では未だに、私だけにならいざ知らず、 快復された方への嫌がらせや誹謗中傷、 私が手掛ける方々、回復した方達へ、 同じ状況の方々が 恥ずかしく無いのでしょうか。 ワクチンが原因だろうと無かろうと、 診断書があろうと無かろうと、子供や女性が 苦しんでいる事に何の違いがありますか? 何の違いがあるのでしょうか。 日曜日の大阪、まだまだ問い合わせが今朝もあり、 折衝で頭が痛く、 来月11、12日の神奈川は何人で締め切ろうかと 言う位に問い合わせがあります。 普通に当たり前な事を約2年前からやっていたら、 ココまで混迷を極めなかったでしょう。 中には、半年や一年、或いはそれ以上に 施術や着手が遅れて来ています。 治療法は無い無い無い、 快復した方はいないいない…… 今では多くの方達が我々の行いに共鳴して、 ブログやツイッター、SNS上にて発信してくれています。 感染症専門医の大御所のA先生も、 ブログ上で後押ししてくれています。 困っている方々、 不快症状に苦しんでいる方々、 病名なんか関係無く、取り除いてあげる事が、 責任追求やら背景を暴く事よりも大事な事で。 HPVVにまつわる話は直接、私の元へ 聞きに来たら分かる話で。 直接聞いた方々は、 SNS上の三文話を笑いながら読んでいますが(笑) まあ、それも出向いての解説、 大阪、神奈川が最後になります。 誰もが最も聞きたいHPVVにまつわる全ての 私の知り得た話になります。 過去にお会いした方々で何ら私と ”わだかまり無く”、 来れる方は無条件で歓迎致します。 今の内容は、初期とは全く違うので。 schirokobe@yahoo.co.jp

      24
      テーマ:
    • サーバリックスagainstガーダシル

      サーバリックスの接種後の経過年数、約4年が経って来ると、 ガーダシルの一気呵成様の反応が現れてくる方が多い。 ※今の新しい概念、手法により50人前後診て来た個人主観による※ この前提条件として 体内である事柄が起きて来るのが大半の方々に見られる。 両者が同じ様な症状を訴えていても、 対策、対応が全く違って来ると。 体内でのある機構の働きが変調、乱調を 来している。 回復して行く中で或は、必死に進行を食い止める中で、 何が真にダメージを受けたのか、 何が本当に悪い部分だったのか、 メンタルもトラウマも含めて見事に経時を 逆行して浮き彫りになって来ると。 浮き彫りになると、ヒトのその複雑怪奇なメカニズム、 ある意味神秘でさえある、その機構に感嘆せずにいられない。 しかしながら、 実践、実行する事は単純かつ、シンプルそのもの。 複雑な事を考え効果を期待し、やって見たところで 淡々と体内では行われ、どうにもならず。 ODでもHPVワクチンの副反応の治療でも、 皆、難しく考えすぎと思うのは、私だけだろうか。 私が辿り着いた概念、基礎医学部分の考え、 少しの応用にしか過ぎない。 何ら小難しい事はやっていないし、やるつもりも無く。 と言うか制限が多すぎて出来ないが。 そして常に徒手空拳でもあり。 遷延化したガーダシルの諸症状は、 ”ある意味”一定な傾向を示し、1~2個所の 問題に対応すれば良いが、 遷延化した(約4年以上)サーバリックスの経過は、 そうは行かない。 少なくとも三系統の問題を同時に見て、 対応していかなければならず。 SNSで言われる 両者の諸症状、薬液薬種が違うのに各症状は何故同じ? 原発部位と器官、メカニズム、素因が明らかに違うでしょうに。 薬液の働き自体、違うし、 熱発のメカニズム一つ取っても違うし、 どうしようもないダルさを見ても原発巣は違うし、 割れそうな頭痛一つ取っても多種多様でもあり…… SNSでの医療側、 てんやわんやの大混乱ぶりをよそに、 職人である徒手療法家は治療家は、 淡々と結果を出して行くだけ。 素人である被害者がお腹が痛い、頭痛がする、 医療側が素人の用語を使い同じカテゴリーに分けて どうするの? 未だにそこを輪廻ですか…… ※冷静に読んだら答えを書いていますがねぇ~。 気合いを入れて性根を据えて臨床を やっているのかどうか知る由も興味も無いですが、 頼って来る方らがいる限り、治る治らないはさておき、 カタチを付けないといかんでしょ?違いますか? 脳器質、機能的に、神経学的に全く異常無く、激痛が 右や左、上下に移動する、患者のカラダが教えて くれてるやないすか…… 吉本新喜劇にて亡き岡八郎が…… 喧嘩?こう見えてもなあ~、 カラテやってたんやぞ~、 空手!? ああ、通信教育やけどな~ 合掌 schirokobe@yahoo.co.jp

      9
      テーマ:
  • 18 May
    • 6月11日、12日 神奈川県 鷺沼 解説&施術依頼

      まあ、こちらがパニックになる位に殺到しています(笑) 起立性調節障害& 子宮頸がんワクチン副反応共に昨日、 既存の方々合わせ計15人以上と話しましたが 特に関東方面の方々、まだお会いしていないので 何が何だか、整理し尽くされません。 ちなみに会場は、鷺沼になりました。 東急田園都市線鷺沼駅近しです。 (何故、会場名を書かないのか、 過去に会場へ嫌がらせ電話が入って、 来場者に迷惑を掛けたからです) 事前の受け付けだけでお受け致します。 私の解説、拙い知識だとは存じますが、 個人個人が選択された手法と手法の間に 橋を架ける役割を果たすだろうと自負しております。 参加費は、 高速道路を使っての往復約950キロの道のり、 一泊の費用、会場費、経費がかかる事なので、 まだ未定ですが、 ご理解頂けるようよろしくお願い致します。 尚、子宮頸がんワクチン副反応に関しての 遠方に出向いての”解説”は、今回、鷺沼が 最後になります。 その後の解説は、神戸に来て頂くとは 思います。 ※諸般事情が変わらない限り※ →最も快復に寄与した治療家の論説になります。 治療、施術は定期的に出向く予定です。 お問い合わせはこちらまで schirokobe@yahoo.co.jp

      20
      テーマ:
  • 17 May
    • 無駄な労力……で、終わるか否か

      脇目を振らずにカラダに向き合う、 カラダの声を聞く、他人任せにしない、 他者への責任追求はしばし、棚上げにして、 不快症状を脱する事に全ての労力を注ぐ、 それらを成就させる為には 何であれ効果が広く認められ、 信じた物を追う。 ※喫緊な状況は除いて※ それ以外、いや、それ以上他に何があるのでしょうか? 幻想やマヤカシなら幾らでも散見されます。 治癒した方や寛解した方がいないのなら、 有効率は永遠にゼロと、いつ気づくのか…… 気づいた時がそのタイミングでもあり、 無理やり、イヤイヤやったところで 何も変わらないのは明白で。 それが昨日までのあなたならば 今日の結末も言わずもがな。 何が起きているのか正しく理解しない限り、 根源に辿り着かないと、 何回も書いてきた事実。 ありとあらゆる”変わらなかった事を” 長年、5年も6年も散々やって来たのならば、 子供どころか、誰でも嫌気が指す事態に。 そんな場合であっても、だから、火中から 離れさせると。 溺れる最中の子供がいて、防波堤や岸壁、 砂浜からあなたはその様子を見ている。 波に飲まれまいと、 浮き上がるだけで必死な子供は、 あなたの指示、忠告が耳に入らない当たり前だが。 ロープや浮き輪を近くに投げ渡した、 しかしながら目をつぶり、外の音も聞こえない…… あなたはピクリとも身動きが出来ない、 さて、どう救出しますか? どうやって火中の者、溺れる者に水はそばにあり、 少し手を伸ばしたら届く岩場があると 伝えますか? 理解された方、起立性調節障害?クリア出来るハズで。 子宮頸がんワクチン”副反応”と ”思われる”不快症状? 同じですわなあ。 大阪5月22日、神奈川鷺沼6月11日、 私は例え話を幾つか 織りなして、私流に解説致します。 子宮頸がんワクチン副反応被害者らの 不快症状を最も治して来て、 最も快復に導いて来たある治療家、 徒手療法家が、 遠征しての最後の解説になります。 治療法確立から約二年間、東奔西走し続けて ”無駄な労力”に終わらなかった事が、 私にはチカラの源でした。 共に泣き共に苦悩し、共に喜び共に共感し… しかしながら私には、 悔しさだけが原動力でした。 臨床上、施術上、 私には悔しさをバネに跳ね除けて来ました。 私にも出来たのだから、日々食材制限や治療を 頑張っているあなた方に出来ないハズは ありません。 誹謗中傷、信用、名誉毀損、罵倒、罵詈雑言等、 誰一人、役者が欠けていても ここまで辿り着けなかったでしょう。 ようやく、亡き父の墓前にゆっくり報告出来そうです。 ps.拝啓、グラクソスミスクライン&ビーチャム殿、 メルクシャープ&ドーム殿、 我が家も、我が家族も 子宮頸がんワクチンにまつわる被害者でもあります。 schirokobe@yahoo.co.jp

      16
      テーマ:
  • 16 May
    • 22日大阪、希望者殺到の為 /6月11、12日神奈川

      施術日を2日間に渡り望月先生に無理を言って 開催致します(笑) 月曜日に回っても良いと言う方、 ご連絡ください‼️ 日曜日、既に前回より2人少ないだけでパンクです。 4~5名回って頂くと助かります‼️ で、日曜日の解説、 これまた希望者が殺到な為に、どうしましょう💦 とにかく、私の解説は13時に始める予定です。 まずはOD向けになり約90分~120分の予定です。 解説だけの方の費用は 会場頭割り分プラスα程度になります(片手千円以下) (↑と書きましたが、会場費の都合により 少し上がります) その後に日山君の生理時の対策、 まつわる東洋医学的な話になり、 その後5時半~6時に私めの免疫とはの話を致します。 ※接種時に引き起こされ、ほとんどが膝痛から始まる 全身性疼痛の話は、私見ですが随時話させて頂きます※ ーーーーーーーーー ※関東での解説&施術のお知らせ 開催日が6月11日、6月12日のどちらかで 会場は鷺沼か、いよいよ横浜市内になりそうです。 最も聞きたい話、最も知りたい話、 (特に過去から今までわだかまりも無い方々) HPVワクチン接種により引き起こされた子供らの 不快症状が引き起こされる体内での主因、要因、 11~2歳時から始まって来る起立性調節障害の 要因、原因、私見になりますが 36名の子宮頸がんワクチン副反応快復に携わって来た 治療家の着眼点や治療法、体内でのメカニズム、 後者はメンタル=身体機能のマッチング、是正、治療法の話に 重きを置いています。 ※他人に言われ聞かせる為のICレコーダーをはじめ、 各録音機器の持ち込みは遠慮願います。 尚、諸般状況が変わらない限り、 鷺沼か横浜の解説が最後になります。 HPVワクチン副反応治療にて、 皆さんご存知の様に自然な手法により、 最も結果を出してきた治療家の解説になります。 鷺沼&横浜の会場、こちらも希望者が殺到して来ている為に 解説を土曜日、施術を日曜日に振り分けます。 会場経費、交通宿泊費等の払いがあり 有料とはなりますがこの機会をご活用くだされば幸いです。 大阪、鷺沼&横浜会場のお問い合わせは こちらまで schirokobe@yahoo.co.jp

      22
      テーマ:
    • 夢のクスリ

      新しい構想、着手、開発、完成までに約20年掛った 免疫チェックポイント阻害薬オプチーボ、 >http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160516-00508309-shincho-soci 体重60キロの方の年間費用が約3500万円‼️ う~ん、国保財政が破綻しますなあ…… がん細胞増殖時に引き下げられた 免疫反応を高める役割云々…… これはかなり有効性が高いだけに… え? 子宮頸がんワクチンで採用された ウイルス感染を粘膜上で抑止、自然免疫改変型、 モノクローナル抗体、ポリサッカライド採用、 誘導体云々は??…… 失敗作だったのですか…… 顛末の詳細が解った今となっては、 まだこちらの最新の方がヒトに優しいから? もう辞めたのですか、粘膜型ワクチンは? ワザとに迷走神経反射を引き起こさなければ効かず、 効いたら効いたで副反応の副産物付きで、 誰も頼んでもいないのに絶えず、 パピローマウイルスに対して、 宿主の免疫反応を刺激し続ける… これでは宿主の体力、気力、内臓が持たないと、 判断したのでしょう? 長期間、効果を持続させる為に禁じ手を使ったのですかね。 二次性徴期を終えて遺伝子は記憶しますよね? 治療に急ぐ、急いでと言う理由、 金儲けだったからでしょうか? 実にくだらない…… そして目に見えない反応だから心因性ですか、 数値に現れないから身体表現性ですか、 熾烈な副反応に苦しんでいる方々全員例外無く、 薬剤別に共通する固有臓器や器官の問題が、 ワクチンが原因で無いなら果たして、起きますか? 薬液が試験管から離れ、少女=宿主の体内で 誤作動をしているとは何故、考えようとしないのか、 理解に苦しみますが。 問題は何故、誤作動が起きるのかですが…… (貴殿の治療を受けるたくさんの 全国の副反応で苦しみ抜く少女らが 藁をもすがる思いで貴殿に期待し学会に送り出され、 質疑応答が禁止された非常に有利な場面で、 勝手に逆切れ激怒、ぶち切れている場合でしょうか? 赤ちゃんですか?何の為に学会に行ったのでしょうか? 一般保険医は公人らしい振る舞いが求められていると。 次からは”善処したらいかが”?) さて夢のクスリ、オプチーボの様に開発迄に 最近の分子標的製剤や免疫チェックポイント阻害薬等の 最先端のクスリは 開発、販売迄に約20年掛かります。 今日、新たな病理が判明した時から約20年後です。 兆近い或いは兆を超える金額をそそぎ込み、 物になるかならないかと言う試練も控えています。 夢のクスリ、まずは、まやかしや夢から醒める事が 肝要ではないかと思いますが…… HPVワクチン副反応に効く特効薬、 そんな物は今後も出ないのです。 しかしながらあなた自身が、 気づいた瞬間から全てが好転するでしょう。

      8
      テーマ:
  • 15 May
    • 約五カ月の35人目、約二週間少々の36人目‼️#子宮頸がんワクチン副反応

      前者は私が遠征中に立ち寄り、解説&施術させて頂いた 中部地方在住A子さん、高校生、 先ずは先行し食材制限プラスαを約二か月少々実施のち、 埼玉上尾の望月先生にバトンを委ね、 三度の治療にて昨日、もうやる事は無いと言う報告が。 ほとんど無症候で凄されています。 後者は、連休前に神戸にやって来られた 関西在住のB子さん、高校生。 初回はかなり疲れ果てた表情と姿勢、 特に頚椎が最悪でした。 ストレートネックを通り越し、逆カーブを 形成していました。 食材制限を実施して頂きプラスαの部分を指導、 今日神戸に来所。 触診上、視診上、問診上何ら問題は無く、 今日の時点で約一週間、諸症状は消失していました。 ※ワクチン接種前の元々の体質や傾向は除いて。 ワクチン由来なのかそうでないのか、 どちらであれ、我々の対応は変わりません。 去年の11月の段階で初発ですから、 対応が早ければ回復も早いと言う意味でもあります。 ※お二人共にサーバリックスを三度ずつ接種されていて、 同じ年齢になります。 克服サークルに掲示された最新の内容を、 約一カ月半程度、継続してください。 より盤石になるでしょう。 決意されて、石に食らいついてでも 継続され結果が出て、 本当に良かった‼️ 後者の方、大阪にやって来られます。 #子宮頸がんワクチン副反応治療法

      21
      テーマ:
    • 全部陽性なら?全部陰性なら?

      Q、遅延型何たらアレルギー、受ける必要はありますか? A、しょっちゅう聞かれる質問になります。 答えは、別に必要ありませんと言うか、 要らないです。 あったところで、無かったところで 食材制限は何も変わらないから。 この意味は、解説の場にてお話ししていますから、 聞きに来られた方は皆さん理解しているでしょう。 何たらアレルギー表から何が分かるか、 とどのつまり◯◯◯の問題に過ぎず。 何かもっともらしい表現にて説明されていますが、 標準西洋医学的には何ら意味は見出せていなく。 タイトルの様に、全陰性、全陽性ならば どう考えますか? 過去に何人かいましたが、ほとんど陽性が。 全部除去したり 食べないと絶命してしまいますが? これから考えている方、 そのお金で食べてはいけない物を分別して、食べて良い物を美味しく召し上がりましょう。

      18
      テーマ:
  • 14 May
    • 22日 大阪での解説&施術場所が確定しました

      やっと決まりました。 遅くなった事を お詫び申し上げます。m(._.)m 会場は、新大阪駅からも梅田からも アクセスの良い中心地エリアになります。 例によって、予約が先週辺りから殺到していますが、 割り振りをもう一度したいと思いますので 私め宛に今一度、電話かメールをお願い致します。 前回同様今回も、 望月先生を招聘し、生理時の不快症状の回避を 日山先生に解説頂き、 私めが子宮頸がんワクチン副反応のメカニズム総論と、 体内で起きる現象の各論及び、 快復前に引き起こされる事象、 何を持って快復、全快と呼ぶのか等を詳しく解説致します。 今回は混乱を避ける為に人数制限を致します。 10時から施術開始予定です。 解説は二回に分けたいと思います。 初回は12時見当で初期~中期の方々が対象、 二回めは4時見当で中期~快復期の方々を対象と致します。 よろしくお願い致します。 ※尚、大阪での遠征解説は今回が最後になります。 施術はいっぱいですが、 新規解説希望の方は特別に受け付けます。 schirokobe@yahoo.co.jp

      20
      テーマ:
    • 長期に渡る多量大量摂取の功罪

      ※現状維持目的を除いて※ ある症状の軽減、消失、良化を願い長期に渡り ○○サプリが手放せない、○○の薬剤が止められない、 △△を飲むと明らかにスッキリと軽くなる… サプリと言う意味で体感出来るのは、ビタミンB群でも、 比較的にB1、2位だけでは無かろうか。 ※個人差あり 中には長期に渡り飲み続けた場合、 耐性や依存を生み出す物もあろう。 (日本語訳、素晴らしい訳し方で正に、 健康食品、健康補助食品と言う訳し方になっています) すなわち飲み続けていたらやがて、 効かなくなると言う事態に堕ちいるのは自明の理。 対象が漢方薬であれ西洋医学のクスリであれ…… それは食べ物や飲料水でも同じ事で、 フードアレルギーの項で説明したように。 依存、すなわち頼らざるを得ない程、 足らないか弱い、機能していないと言う事の裏返しにしか過ぎず。 体内では大波小波で調子や様子は変動している。 私が嬉しがって治療法や内容を書けない、書かない理由は そんなことがあるからで。 今ざっと、OD、HPVワクチン副反応の、 60名近い方々の日々の様相の相談を受けたり、指導をしている中で、 誰一人同じ方はいません。 約2年前、私が辿り着いた時には、これはうかつに書いては いけないと感じたものでやはり、正しいと今でもそう信じて 突っ走って来ました。 その代わり私一人が出向いて希望する方々に話し、 納得して頂いた上で実践する方式でないと、続かないだろうと 判断したのは今でも正しかったとは感じます。 というのも、ネット上での情報の洪水、これでは皆さん 翻弄され続けて参ってしまうだろうと…… 結局、ネット上にて散見される あれやこれや手を出している方々、 2年経とうが3年経過しようが、残念ながらとどのつまり スタートが1としたら決して2にはならず、 改善→平穏→悪化→上向き→低下→悪化→上向き→改善…… 結局1以下にしか過ぎず…… 当然ながら我々が診て来た中でも結果が中々現れない方々も 当然おられます。 中止された方や残念ながら信頼関係を破られ、 こちらからお断りを申し上げた方も2年前の夏にもいました。 悪化した方は皆無ですが…… タイトルにあるように○○を飲みながら、 △△を摂取しながら健康を辛うじて維持出来ている、 我々が快復宣言した方々の中でそんな方は皆無です。 そもそもそんな方を快復とは呼んでもいなく。 日々変動する諸症状に悩まされても心身共に疲弊するのみで、 生活のクオリティは向上する事が無いでしょう。 しっかりと体内で起きている事を理解するのが大事な訳で。 しかし、HPVワクチンの解説に関して、 遠方に出向いてまでの解説は 今回の大阪、関東が最後になります。 ※気が変わらないうちは※

      18
      テーマ:
  • 13 May
    • 前大統領 ジョージ ブッシュ氏 子宮頸がんワクチンの裏側

      彼が間接的に果たしたHPVワクチンの日本での導入時の裏話、 解説に来て頂いた方には背景も含め、 証拠と共に話して参りました。 ※2014年8月以降の話※ 彼自身、ただの操られ人形にしか過ぎなく。 今回来日する目的は別なところにあります。 下らない誤情報の乱立でただでさえ副反応で苦しむ方らを、 惑わさないようにしてくださいね。 何故今ここで舛添氏のスキャンダルなのか、 話が出来すぎていますわなあ。 都知事の座と言うニンジンをぶら下げられて喰いつき、 使われるだけ使われたら後は首のすげ替え、 次は厚労大臣が控えています。 猪瀬さんクラスが、5千万の”はした金”で 都知事の座を棒には振りませんが? 印税が幾ら入るか、ご存知ですか。 で、降って湧いて来た様に舛添氏が 後釜にて当選て(笑) 子宮頸がんワクチンキャンペーンにて、 広告代理店、そんな分かりやすい三流小説並の推理力では 分からないだろうし、 両社の主幹にはなっていません。 公明党、許認可や承認のチカラは 持っていません。 利権とは旨み、読んで字のごとく お金に関する権利なワケで。 あ、そうそう、一般常識だから書いておきますね。(ICレコーダーの話は聞き辛かったでしょう?) 厚労省の特に医局の連中の天下り先は、 そのほとんど全てが”製薬会社”ですよ。 自らの腰掛け食扶持、大金稼ぎのタネを 何処の誰が追求するのでしょうかね(笑) 退官後、場合によっては億の稼ぎ先を て何処の馬鹿が追求するでしょうか? 反対な立場で考えて見たら良く分かる話。 だから塩崎氏、この副反応問題、 薬液、製薬会社らを追求すると思いますか? 千葉大学に専用機関、研究所を作り、 薬液解明、副反応解明、治療法確立を 徹底的にやろうとした田村前大臣は、 構想を出した途端、更迭になりましたよね? 誰が反対したからでしょうか? これらはほんの一例で、 まだまだ山積しています。 望む望まないに関わらず、貴女方の治療、 薬剤、体調のデータは、ファイザー製薬が 漁夫の利で手にしています。 西洋医学的な治療法の確立、全く機能していません、 全くです。 1人2人の例を持ち出して見ても医学村では、相手にされません。 しかしながらとっくにバイオ会社の研究者や人らは この両ワクチンの危うさを知っていたのです。 予測もしていました。 しかし、ノーベル賞の博士が病理を発見、 メガファーマが次世代の粘膜型ワクチンとして、 全世界で競争の様に開発ラッシュが続く中で、 あの雰囲気の中では誰もその危険性を公には出来なかったことでしょう。 両社合わせて開発に2兆円近く! かかっています。 まだ、元すら取ってもいなく、そして解説にて話した様に 突っ走るしか無いと。 だから、 今年内のガーダシル9は認可承認されるでしょう。 来年はサーバリックス2ですね。 ”過失”が無いとなっている状況、 無論、腹が立つでしょう。 だったらこの2兆円は 一体何処の誰が払うのかと。 全てを知った時にヒトは、無力感が現れます。 この私がそうでした。 しかしながら同時に薬液の謎を追って行くに従い、 それは確信に変わって来ました。 解説よりも私が手に入れた論文だけを欲し、それは持っていないと伝えたら、 書くのもはばかれる位の罵詈雑言を25分間浴びせられ、 イラネーよ、テメーの話なんかよ~と言う返事でしたので 私はこのスタイルを取らざるを得ませんでした。(記録が残っているので迂闊な事は書かない様に) もう、過ぎた話でどうでも良く。 しょっちゅう聞かれますから、 書いておきます。 皆さん、この国は 自民党が絡まないと何も動かない仕組みに なっています。 医歯薬品、市場開放、導入、承認認可、販売、 利権、その全てを握っています。 もういい加減、目を覚ます時期では無いでしょうか?

      14
      1
      テーマ:
  • 12 May
    • 子宮頸がんワクチン由来?症状

      我々の業務内での判断にはなりますが、 何を持って回復した、快癒したと言うのか、 2014年8月以降の解説の場にて話しています。 数々の非礼無礼にてこちらから、 新しい治療をお断りした方を除き、 私が遠方に出張し子宮頸がんワクチンの働きや体内での作用、 導入時の背景等を、聞きに来られる機会を幾度も設けて来ました。 何故か?一人一人皆さん容態は違う訳だし、 巷に出回るレベルの話は、噂話に過ぎない為に。 この方のブログをご覧ください。 >http://ameblo.jp/moncocoburumomo/ 前向きに取り組まれて来て短期間にて、 非常に良い結果が現れています。 ※全員が全員とは言及致しませんが。 ちなみに、私はこの方とは面識は ありません(笑) 今日も四国から新たな方が、神戸に見えました。 約五時間の間、薬液の働きや体内での作用を解説し、 2度施術致しました。 割と、正しい事をされていた為に内臓の機能自体、 ある程度回復していて後はその隙間と、◯◯◯の働きを 向上させる為の食材制限を実施して頂くと。 サーバリックスを3度接種後、五年経過していて 御多分に漏れず、様々な不快症状が 山積しています。 何を持って回復した、何を持って快癒した、 それは直接お会いして解説を聞いた方は、 お分かりなこと。 信頼関係があって初めて、 順を追って解説して行けると。 快復された30余名の方々の大半が 理解出来ていること。 そして我々には応招義務がありません。 医師は正当な事由無く、現場の診療医は 診療を拒絶出来ません。 治療に携わる人をないがしろにしたり 数度の忠告を無視する、 そりゃあその治療家からは、 切られて当たり前なことで、子供でも理解出来る話。 礼には礼節を持って応える、 だから私は全国に出向いて行った訳です。 それがヒトとしての道理だからで。 さて今月は、 大阪と関東の解説&施術が控えています。 特に関東は初めての方が多く見える予定です。 知る事が出来なくなってしまわないように。 何のわだかまりも無い方、無かった方、 今でもわだかまりは無いので 決意してやって来てください。 その決意こそが子供を治すという思いであり、 最大限の私への礼だと認識します。 私は、礼節を持って親の想いに応えるだけなので。

      21
      4
      テーマ:
  • 11 May
    • 早期閉経

      一つの側面という前置きをして。 卵巣機能という側面ばかり見ていると全てが 後手後手に回り、重大な脳の問題も見過ごす事もあり… 海外事例にて早期閉経と言う現象が頻発していると何かで読みました。 嚢胞やら嚢腫やら…… 何通りかの可能性、卵巣を侵食、攻撃している訳で。 ここがやられていると当然ながら他の2系統も ダメージを受ける事が想像可能。 まずはそこにこそ、問題の本質があり… で、それは何故そうなのか、 ワクチン薬液を考慮した場合、充分に有り得る現象な訳で。 再来週の大阪会場、月末か月初の関東にて解説致します。二回三回四回聞かれた方もいるでしょうから、 HPVワクチンを打ったからの後の話、 各論の話を主体にして行きたいと思います。 あくまでも各論は、総論=基本の上に存在していますので。 両薬液が体内に打ち込まれた後の 約二週間前後の体内での反応、 両者別にお話し致します(私見) これらの反応は、向こう側の方々は当然ながら それがワクチン接種後の反応だよ、と言う認識だと 思います。 HPVV以前の、従来のワクチンはね…… 副反応が現れた方々、 ダミーウイルスにて抗体反応が現れるも、 交差反応やら本物が入り込むと ”偽感染様”ですか……(私見) 誤作動=欠陥ですか…… 禁煙氏は知っていた事。 沖縄グループがようやく、 全体像を遠くから見えて来だしたと。 あれだけSNS上にて、 医師や医療人の事をボロカスに書いておきながら、 どの顔下げて原因究明依頼をするのか、 まあ、見ものですわなあ。 国会議員クラスが 陳情、嘆願に、沖縄まで向かいますかな。 で、ステロイドパルス、血漿交換、免疫グロブリン、 免疫吸着、 急性期から遷延化に移行するまで…… 今の方らは5年や6年はザラ… 遅きに逸しましたか… 優秀な医師らが何とかするのじゃあ……? だって、原因を作った側、 仕出かした側ですからねえ。 医療側が仕出かした事案を、 日々必死に尻拭いしている人間を捕まえ、 あらゆることをやり続けた事実は消えませんわなあ…… さて、大阪会場にてお会いしましょう‼️

      15
      テーマ:
  • 10 May
    • すぐに影響が出るガーダシル、源を徹底的に破壊するサーバリックス

      それだけの差でしょう。 一旦発火すると、一瞬で全身に作用するガーダシルに対し、 限局的な作用を引き起こしその間、 源を徹底的に破壊するサーバリックス。 含有物、作用機序が分かるとそうなるでしょう。 私見になりますが、年単位での時間が経過すると、 サーバリックスがより壊滅的な影響を与えるでしょう。 さあ、ノーマークだった沖縄の医師らが 少し近づいて来ましたね。 医療人らがSNS上で言葉のハラスメントがなんだ、 好き放題罵詈雑言を浴びせていたノーマークの医師らが 少し前進して来ましたが、 一体、どうするのでしょうかね(苦笑) しかしながら、時間経過が長過ぎました。

      14
      テーマ:

プロフィール

AD

お気に入りブログ

ランキング

総合ランキング
14438 位
総合月間
15708 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。