受験が終わった途端に・・

テーマ:

受験シーズンもようやく終息に差し掛かっている今日この頃。。


またまた、なんとなくぼやきたくなってしまった。



前回、内申のために 「おりこうさん」 に豹変する生徒達のことを書いた。


繰り返すようだけど、中学三年生が高校受験のために必要な内申は、中三の2学期までである。



そう・・・


中三の2学期までは、どの生徒も授業中の私語は慎み、


先生の問いかけには、思い切り挙手をし、


積極的にボランティアに参加するような


まるで絵に描いたような優等生が沢山出現した。



ところが・・・



3学期に入って、もう内申は必要なくなると同時に、


授業を無視して自分の目指す高校の過去問を解いたり、


勉強をするために学校を何日も休む生徒も続出したり、


もう授業をまともに聞いてる生徒など殆ど居ない状態。



受験が目前となっている中、その気持ちは理解できる。



しかし、続々と高校が決定していくに従って


もう内申なんてなんのその。



授業は授業と言えない状態になり、


あちこちで遊んだり喋ったり、居眠りしたり、


いくら先生が注意しても全く聞きいれる様子もなく


2学期の、あの「おりこうさん」は一体どこへ行ったのやら・・・


一言でい表現するなら、それは まさに 「授業崩壊」 。



その生徒達の変わり様が、恐ろしく感じられた。


我が子もその中の一人であるのはもちろんのこと。


志望校に合格すると同時に、まるで硬く縛られていた縄がほどけて行くがごとく


子供がどんどん解放されていくのを親としても感じていた。



受験は通過点でしかないので、ちゃんと3学期も授業を聞きなさい! と叱っても


「だって誰も聞いてないもん」 の一言。



話によると、中三のこの時期は、毎年こんな状態らしい。



これが今の中学生なんだ・・・。


あの嘘で飾られた内申が、


高校を決定する材料になっている。



すべてが内申のため。


いいのかな・・・こんなんで。。



また、ちょっとぼやきたくなってしまった私です。。





AD

ぼやき

テーマ:

なんか変だな・・・


最近つくづくそう思う。。



受験には内申をあげなければいけない。

それは当然のこと。


でも、内申をあげるために、

分りもしないのに授業中に手をあげたり、


内申をあげるために、

本意ではないボランティアに参加したり、


内申をあげるために、

成績が悪くて素行の悪かった生徒が、生徒会長に立候補したり、


内申をあげるために、

先生の前だけ良い生徒になっていたり、


内申をあげるために、

分っていることでも放課後、先生に質問に行ったり、


これまた先生の方も、質問に来た回数をきちんとつけたりして・・・


こんなことで、その生徒の本当の評価ができるんだろうか・・・



荒れた学校でも、


受験が近づくにつれて生徒たちは 「おりこうさん」 になってくる。


内申をあげるためにね。


先生達はその分、生徒に手がかからないから負担が減るわけだけど・・・


結果的に 「どうしてあの生徒の評価が5なの?」


という疑問がたくさん出てくるわけだ。


これが絶対評価。



自己表現の下手な子、


性格がおとなしい子、


そんな子供達にはとても不利な評価だと思う。



まあ、そのために模擬試験による偏差値も


学力を判断する基準に使われるわけだけどね。。



でも、あまりにも不自然な生徒たちの行動に


なんとなく・・


なんとなく・・


こっそりと、ぼやいてみたくなりました。



事情があって、突然過去記事を削除してしまいました。

コメントを下さっていたみなさん、本当にごめんなさい。。


AD