全国のアミ~ゴの皆様、ようこそ大川隆法ネット後援会へ。

年初1月9日(月・祝)に、今年最初の講演会を横浜で開催した大川隆法幸福の科学総裁。

今年の幸福の科学一押し経典は「伝道の法」ですけれども、総裁御自ら、情熱的な伝道を推し進めています。

 

本日2月11日建国記念日に、大分県別府市で開催されます。

建国記念日なので、日本の歴史とかがテーマかと思っていましたが、演題は「信じる力」ということで、「今年はやっぱり伝道の年なんだなぁ。」と思った次第です。

 

さて、通常の宗教家や講演家だと、大体一年の最初にその年に講ずる講演の内容を決め、それで一年間は全国行脚できるものです。

 

そして、そう例えば、アメリカの大統領などのスピーチなどでも、ちゃんとスピーチ原稿が見えるようになっていて、かっこよく映っていたとしても、実際は原稿読み上げスピーチなんですね。

 

ところがどっこい、大川隆法総裁に至っては、これまで一度たりとも、原稿を使っての講演はありませんし、「同じことを二度と言わない」とも言われる多様な分野の講演です。

 

昨年は「正義の法」という経典をメインテーマに掲げてて、今年は「伝道の法」ですので、私も幼い頭脳を抱えながら、伝道の法を少しづつ読み進めてるんですが、これがまた、平易な言葉で綴られてはいるが、実に奥深い内容でございまして、私ごときの筆力では、なかなか記事にするのは厳しいかと。(苦笑)

 

と申しますのも、私が「心」とか、「悟り」とか、よう分かっとらん人間でございますので(笑)、はい、神様は信じておりますし、「宗教は大切だ。」とか、その背景とかなどは、なんとなく理解できるんですけれども、あはは、心の修行とかねぇ、まぁなんつうかぁ、いくら信仰の月日を重ねても、俗物でしてねぇ。(爆笑)

 

おおっと、危ない!これ以上代表管理人の個人情報を述べると、幸福の科学高知に迷惑がかかるところやったぜョ。(大爆笑)

 

まぁ、「伝道の法」は、数多き幸福の科学の法シリーズでも、最も平易で、しかも書かれている内容が、「心」一本で、自分や、周りの人たちや、そして社会や世界を、幸福に、平和に、そして繁栄して行くための実践論だと、現時点では思えますね。

 

ここまで平易だと、ある意味で革命的なのかもです。

しかも、「平易であるのに、隙がない」です。

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1777

昨年九州は、福岡で講演会があったんですね。今年の九州は大分ですか。そう言えば、昨年四国はご当地徳島で講演でしたので、大川隆法総裁、今年あたり、高知にお越しいただきたいですね。

本日は、新刊経典「伝道の法」より、あなたに贈る言葉⑤をお届けいたします。昨年夏の御生誕祭「地球を救う正義とは何か」で大川隆法総裁が聴衆に熱く語った言霊です。

すべての生命が神から分かれてきた尊き「命」であり、この世は学びであり、永遠の生命を持つ、永遠の旅人ならば、どんなに辛い時でも、この言葉を信じる限り、未来が必ず拓けると私は信じます。

それでは、またのお越しを。

「壁を破ったとき、すべてが光となる」

神の正義を樹立し、真なる宗教立国を行うまで、私たちの戦いは終わらないのです。

二十一世紀を率いる若者たちよ。

どうか、私たちのあとに続いてください!

皆さんに期待しています。

もうすぐ壁は破れます。

山を打ち抜くとき、トンネル工事は必要です。

トンネル工事をしているとき、それを掘っている人々には、

自分たちの仕事が値打ちを生んでいるかどうかは分かりません。

無駄な仕事をしているようにも見えます。

しかし、山を打ち抜き、トンネルが通ったときには、

それまで無駄だと思われた努力が、

すべて「光」になるのです。

『地球を救う正義とは何か』より 伝道の法 P324~325

AD