どうかどうか

テーマ:

大変ご無沙汰をしております。

諸々の事情が重なり、年末よりまったくブログを更新出来ず早2か月以上過ぎようとしております。

本当に数多くのメッセージもいただいておりながら 返信すらできず、その非礼をお許しください。


本来ならば まずは事情と近況等々の報告から ブログを更新すべきですが、この日本の大地震に際して 取り急ぎ 私自身と家族の無事を発信します。


まずは、とにかく皆様のご無事を信じ、そして願っております。


私達は、一昨日 義母の家で地震にあいました。

1960年代の団地、1階が自転車置き場になっていて 吹き抜けていることに加え、埋め立て地ということもあり その揺れは今まで経験したことのないもので、かつてこんな”恐怖”を感じたことはありません。


頭の中に「倒壊」がよぎり、牛子は火がついたように泣き始め パニックに陥りそうな時に「大丈夫だ!」と私たちの上に覆いかぶさり 抱き留めてくれた旦那様の冷静さに救われました。


一度目の揺れが収まった隙に 屋外に避難。しばらく車中で待機している間に 何度も激しい揺れが続き 近所の学校からも続々と 生徒たちが避難を開始するのを見て やはり尋常じゃない事態が起こっていることを認識。


携帯電話はまったく不通でしたが、幸いメールは可能で 両親の安否もすぐに確認でき また家族と一緒だったことは かなり精神的な余裕ができました。


約2時間車のラジオを聴きながら状況把握に努め、その間 近所のスーパーで かなりの量の食料品と水を確保して とりあえず帰宅を試みましたが、都内は完全に交通マヒ状態。


人々が地上にあふれ 歩道という歩道は、初詣を彷彿とさせるほど。

車はどの道も激しい渋滞で 蟻のような速度でしか進みませんでしたが、都内での被害らしい被害は見当たらず  人々の混乱もないことに 少しずつ冷静さも取り戻すことができました。 


結局 自宅まで約7時間かかり帰宅。

車中であったため寒さをしのげたこと、空腹を避けられたことは本当に有難かったと思います。


自宅は 食器棚のガラスが割れ 本棚がひっくり返ってましたが 崩壊には至らず。

なにぶん 築50年を超える我が家は 余震でさえかなりの音と揺れを感じています。その度に 緊張が走るのですが、牛子が敏感にその気配を察知して 私から離れようとしません。 


今回、子供と老人を抱えての行動は かなりの機動力が落ちることを実感。

とにかく 家族を守るのが 私の使命であり 今できる唯一のこと。

”もしも”の備えだけはしておかねばと 必要最低限の品をまとめ、 ガムテープでガラスの補強やら片づけに追われました。


そんな中 TVより流れる各地の惨状。まさしく 壊滅 という言葉通りの破壊に心が痛んでなりません。

もしかして このブログを通じて縁がつなっがった方々が 被害にあわれていないだろうか?

最大の被災地には 私の友人 夫の親戚がおり、全くその安否の確認の手だてがありません。

色々な事が頭に浮かび、自分の無力を感じながらも それでも自分に何かできることはないかと考えます。


こんな時だからこそ、人々の優しさと 強さを信じたい。

美しい我が国の再生を信じます。結束が必要です。立ち上がる勇気が必要です。


どうか どうか 被害がこれ以上広がりませんように。

どうか どうか 被災地に 一刻も早く救済の手が伸びますように。

どうか どうか 被災者の皆さんに安堵と希望が戻りますように。


祈りを込めて

AD

近況含め ご挨拶

テーマ:

あと数時間で 2010年が終わろうとしています。

今年ほど 早く一年が過ぎた年もなかったように思います。


ブログの更新も なかなかままならぬ日も増え、また 頂いたメッセージにも お返事に非常に時間がかかってしまう有様。本当に 申し訳ありません。


そんな中 毎日ペタを残してくださった皆様。

折々に 気をかけてくださり メッセージをくださった皆様。

このブログに足を運んでくださった皆様。


本当に本当に ありがとうございました。まずは 皆様に御礼。


日夜全力で 牛子という命を育み、親としてもひとつ年をとった濃厚な一年。無事に 成長しつつある牛子に感謝。そして共に いつも傍にいてくれた旦那様に感謝。


実は 今朝 我が家で14年暮らしてきた犬の“アジヘイ”が逝きました。まるで眠っているかのように 息を引き取っていました。

長患いもせず、区切りの良い大晦日に 静かに逝くとは 最後まで良いやつだったなーと 旦那様とオイオイ泣きながら 我が家から送り出しました。


犬といえども 14年も一緒に暮らしていると 家族も同然。いつかは その日が来ると覚悟をしていても、別れは やっぱり悲しく寂しいものです。


今年は 恩師のお坊様や 叔母も亡くなり、別れの多い年でした。


そんな中 いつもと変わらず 今日という日が終わります。

年末にかけて 家族たちの病気に加え 私自身の通院再開もあり、文字通り 忙殺された日々でしたけれども 家族揃って 年を越せる有難さを しみじみと感じています。


明日は お姑様宅へ新年のご挨拶。「殺人おせち」に怯えながらも、彼女も 数少ない大事な家族ですので 孝行しようと“今”は 殊勝に思うのであります。


さて、私の治療についても ちょっと触れておきますと…これが難儀しておりまして。

何が難しいかって、卵巣の反応が 鈍い鈍い。

フェマーラを使ったにも拘らず、卵胞が大きくならず。正確に書くと、膨らみかけたのですが 途中で萎み、そして再び膨らむという まるでエンジンの調子が悪い飛行機みたいに ヨタヨタと20日かかって やっとE2値が上昇。


スプレキュアで排卵を促し、近々移植予定となりましたが 前回同様 当日移植中止もありえますので 気負わずボチボチ ボチボチ頑張ろうと思っています。

淡々と 淡々と。また1歩 1歩。テクテク テクテク。最後の 山登りも私らしく。


また 治療については、改めて。


どうか皆様の来年が 素晴らしい年となりますように。

どうか皆様のご家族が 息災であられますように。

そして どうか どうか 新しい命がまた連綿とつづきますように。 


感謝と祈りを込めて

AD

忙しすぎて…

テーマ:



皆様 大変ご無沙汰をしました。


こんなに東奔西走しているのは 人生初めてじゃなかろうかと。

もちろん これほどブログをお休みしたのも 初めて。


12月に入ってから ざっとどのような生活をしていたかと申しますと、


まず 父の大腸検査の為の通院から始まり→お義母様の通院に付き添い→父の検査入院→母の歯医者→牛子が喘息で通院→母の精神科→お義母さまの胃カメラ検査→牛子の予防接種→父の大腸検査→旦那様が一時帰京で風邪→牛子の予防接種2→父の検査結果が思わしくなく 転院→そうこうしてる内に 私のリセットで夢クリ→牛子がまたまた喘息で通院→夢クリ2回目の通院


家族の病院だけで この数ですわ。


しかも、私の通院の為に 牛子を預ける施設へ事前登録へいかねばならなかったりで、これがまた手間がかかりますが なにせ 預け先確保は最重要課題。

でもって この間 アルバイトを2日したりしまして。

いやいや 身体を酷使するのが快感になってるわけではありまへんが、通院を再開した今 容赦の無い取立て…じゃなくって 支払いが厳しいのですよ。フェマーラの小さな一粒が 1000円もするざます。ゆえに、現金収入は1円でも欲しいので  働いてると言う訳。笑


まぁ こんな感じの今日でございます。という明日も朝から 夢クリニック。牛子を預けて、ひた走らねば。


とにかく 毎日22時になりますと、意識が混濁します。

そんなワタクシ、あまりにも忙しすぎて 痔になりました。笑


ああああぁ、やだわぁ。四十肩で 腱鞘炎で 白髪で しかも痔主なんて。

めっぽう日が暮れるのが早くなり 寒さが染みる今日この頃ですが、ショーウィンドウに映る 牛子を背負った自分は ひとり戦後ですよ。笑


今日も 牛子とアルバイトへ行きまして、帰りにラーメンをすすっておりましたらば…ん?

ふと 足元を見ると、めっちゃデッカイつけマツゲが落ちてた。

一体コウノトリはどこにいるんだ!!~捕獲後編~

ラーメンの湯気で ノリが取れたんですかね?毛虫かと思ったわ。笑


ふふふ。忙しない中 小さな笑いは必要です。


このようなわけで、年内 移植も控えておりますし まだまだ この混沌さは続きそうですが 頑張ります。

あ、お姑様の胃カメラの話も 書かねば。笑


それでは皆様も 風邪などお気をつけ下さい。どうか 良い今日 良い明日でありますように。

とり急ぎ、ご報告。


★メッセージへの御返事 遅滞遅滞で 本当に申しわけありません。

またおひとり、おかあさんが誕生。おめでとうございます。なにとぞ新しい命が 健やかでありますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ  

AD

D25・移植中止

テーマ:

結果から申しますと、タイトルにありますように 移植中止と相成りました。


夢クリニックでも KLCでも移植日の流れとしまして、まず 採血があり ホルモン値を診るのですが ここで引っかかっちゃった。


採血結果で問題になったのがP4(黄体ホルモン) 8.2

これは だいたいですね、排卵から3~4日後の数値なんだそうです。本来は 15ぐらいなければいけないんですと。


そもそも、薬を使わないと 排卵日がものすごーーーーーく遅い私。

今回も 自然周期移植という事で、薬は ひとつも使わなかったので、スプレキュアを吸ったのがD18

その2日後(D20)に排卵と計算し、移植がD25となったわけですが、結局排卵するのが さらに数日かかったらしい。


要するに 6日目胚盤胞(移植予定の凍結卵)を 排卵後3~4日の状態身体に戻すと、日数のズレが生じるというわけです。よって、当然着床しづらい。との理由で、移植中止。


緊張もし、気合も入れていただけに、思わず ズルッって 椅子から落ちそうになりました。笑

この日 牛子を預ける託児所にどこも空がなく、かなり 四苦八苦しましてね。やっと、1軒見つけたところにお願いして、新橋の駅から 猛烈に走って病院に着いた時には 汗だくでしたのよ。


そんなこんなもあり、なんか いい感じで 肩の力が抜けましたわ。笑


さて、仕切りなおし。来周期に フェマーラを使って、排卵を早め やはり自然周期に近い形で 移植を目指すそう。←あくまでも 自然周期で行くみたいですな。何故かしらん?

牛子のときは、ハナから 完全に薬で統制されたHR周期移植だったんですがねぇ。


あ、しかし この調子で行くと もしかすると年末年始にぶち当たるような予感…。笑


ワタクシの師走は かなり大変な予定になりそう。

父の病院&検査が控えてるし。

風邪っぴきの牛子と旦那様の病院を 往復しているうちに、私も風邪をひいちまうし。


そして 明日はお姑様の病院の付き添いざます。何事も起こりませぬように。笑

その模様は また改めて。


それでは、おやすみなさい。とにかく 寝よ。


★メッセージへの御返事 遅滞遅滞で 本当に申しわけありません。

またおひとり、おかあさんが誕生。おめでとうございます。なにとぞ新しい命が 健やかでありますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ  

D18・移植決定

テーマ:

チリチリと 右下腹の痛みを感知。この痛み、久しぶりの”排卵近し”の信号。

遅ればせながら 卵胞が成長してきたんだろうなぁと予測しつつ 夢クリニックへ。


卵胞の大きさは17mm

E2  234 

LH  10.2

P4   0.6

FSH  6.8


案の定 E2は200を超え成熟に向かいつつありました。体感って凄いですわねぇ。笑


指定時間の24時に スプレキュアを勢いよくスンゴーと吸って、二日後に強制排卵。


我が家の冷蔵庫に とっくに消費期限の切れたスプレキュアが残ってて、「使えませんよね?」と聞いてみたのですが もちろん即却下。笑


という訳で、D25に自然周期移植が決定しました。


これが最後の移植だし、満を持して臨みたいと思っていたんだけれど 「あっ?もうですか!!!」って感じ。早かったなぁ。笑


ただ、これが 私にとっての必然なんでしょうから 粛々と受け入れたいものです。


と、書きながら 実ですね 我が家は色々な事態が勃発中でありまして。


出稼ぎ中の旦那様が、一時帰宅。喜ぶ間も無く 酷い風邪にやられてダウン。それに重なるように、牛子も 発熱でダウン。


そんな中 我が父の腸から 出血があることが判明。なにせ齢90ですからねぇ…なにがあっても不思議じゃないのですけれども 大腸内視鏡の検査をせねばならず。


問題は その事で母が「血が出ている=癌=死」という思考に うつ病が悪化し パニック障害を起こし、深夜に救急病院のお世話になるという始末。


でもって、お姑様までもが なにやら胃の調子が悪く 胃カメラ飲むことになった。「胃がイテー」なんて事は人生初で 超一大事なのだ。もちろん、「オメー 車で(病院に)連れて行けヨー」とのたまう。

「お義母さま!地球人なら 皆誰しも一度や二度は 胃が痛くなる事だってありますわよ!」


こんな状態でして、家族全員の病院めぐりだけで テンヤワンヤ。健康で稼動できるのは 私のみ。何故か 私は倒れない。つうか、絶対に倒れられない。もうね、ヘロヘロ。いや、ヘロヘロ通り越して ちょっと腐敗してるような感じさえします…。笑


いやホント、それぐらいに疲れておるのでございます。

この状態で 移植かぁーーっつ!!うーーーん どうなのよ?と思いつつ 最後のチャレンジが近付いてきています。


ま、なるようにしかなりませんな。とにかく 卵さんの生命力を信じましょう。


★メッセージへの御返事 遅滞遅滞で 本当に申しわけありません。

命のバトン、どうかどうか たくさん繋がりますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ  


★予約投稿にて★


相変わらず、布オムツを愛用中でございます。


しかしですね、早既に 12キロを超えた牛子。かなりでかいのです。後ろ姿は、小さな 白鵬ですわよ。


卒乳してから 食欲により加速がつき、食うわ食うわ。

我が母などは その量を見て「ねぇ、こんなに食べて大丈夫なの?大丈夫なの?」とオロオロする始末。

確かに、そこらへんの可愛いOLさん以上に 食べるやもしれませぬ。


ま、よく食べると言う事は よく排泄すると言う事でもあります。

形容はやめておいた方が よろしいでしょうねぇ。笑


以前 牛子の大用をですね、トイレにポトンと落としたまま 流し忘れていた事がありました。

その時 だんな様は疑いもなく、ワタクシのうん●だと思ったそうでございますから、その物量は想像していただけるかと。笑


もちろん、小用もたいしたもんでございます。

ですので、夜は 絶対に紙おむつに限ります。布なんかしていられるか!笑


使用している商品は パンパース やわらかコットンケア パンツ



名の通り、やわらかく のびがよく 程よくフィットいたします。

しかも10時間吸収というスグレモノ

ただし、牛子の場合 量が量ですので10時間持たないのが ちと残念。


さて、そのパンパースですけれども ポイントプログラム『すくすくギフトポイント』 なるものをご存知か?
まず入会するだけで入会ポイントがもらえます。購入商品についているポイントを集めますれば 全員必ずギフトがもらえるます、もちろん 登録は いたって簡単でございます。というもの。


パンパースキャンペーンサイト『Pampers village』


私も 勿論登録しておるんですが…いかんせん オムツの消費量が少ない為 ポイントが溜まるのはかなり気長だなぁ。笑


パンパースの紙おむつ愛用の皆様、是非 プログラムに参加下さいませ。


★サイバーバズのモニター案件です

オンタイムに記事がかけないのですけれども、記録として D10 D14をまとめておきますわ。


今周期 うまく排卵すれば、そのまま 自然周期での移植をチャレンジするらしい。

が、そうは簡単にいかないと思うのですよ。だって 私の周期は 軽く60日超えは当たり前なんだから。


なかなか卵胞は育たないんだよなぁ~と、腹の中で思いつつ とりあえず 通院を始めなけりゃ進まない。


指示通り、D10に参りました。診察はショーキチ(院長)


E2  108

LH  8.0

P4 0.4

FSH 10.3

卵胞の大きさ 9.7mm


ちなみに、なぜかDダイマー値を測られた。しかも 子宮けい癌の検査もプラス。


実は 少し前に、区の健診で子宮けい癌の検査済みだったにも拘らず 結果が出るのに4週間ぐらいかかるというのよ。

その事を ショーキチに伝えたら「そりゃ、時間かかりすぎやわ~」ということで、夢クリニックにて 再検査。もちろん、こちらは実費である。


検査結果よりも、会計が気になってしょうがなかったですわ。。笑

5割負担でも良いから保険診療に なりませんかねぇ?行政も少子化対策したいならば、子育て支援の前に まずは妊娠支援だよと常々思ふがいかに。


結局この日は 受付から会計まで2時間ぴったり。←あれ?空いてる?


さて 再通院3回目のD14


採血を済まし、内診に呼ばれたら 久しぶりの5番の Dr,スエキチだ。

不妊治療のクリニックだからこそ、医師は もっと 女性を心身ともに大切に扱えよ訴えたいが、相変わらず 内診も手荒いぜ。「わたしゃ 動物か?」と思うような雑さだ。いや、きょうび 動物病院の先生のほうが 優しく丁寧かも知れぬぞ。笑 


夢クリニックへ通ってらっしゃる方ならご存知だろうが、このドクター 見た目は レッサーパンダみたいなんだけれど 言動は全くもって可愛げゼロなのである。いちいち カチンとくるのだ。笑

ここで ”赤メガネ”と勝手に呼んでたけれど、そういえば メガネじゃなくなってたなぁ。笑

 


E2   98 

LH  9.4

P4  0.5

FSH 8.5 


卵胞の大きさ10.3mm


ええっとですね、卵胞は大きくならず。E2もさがり、やる気なし。

ま、これは 想定していたので良いのですが また4日後の再診となってしまった。早々に諦めて 薬で調整しましょうよとも言えず 患者は従うのみなのが辛いとこです。


気になるのは、牛子の預け先のこと。表に出た瞬間  携帯で空き施設を一斉に当たりながら、走るように移動。

はなまるうどんに 飛び込んで、かけうどん105円を 胃に流し込み、保育所へ迎えにいきました。笑

通院のためには、牛子の託児施設の確保も 大きな問題だったりしますが 覚悟の上での再通院。自力で乗り切らねばいけません。


あ、因みに この日も受付から会計まで 1時間半という早さ。

おやおや?もしかして 最近はこんな感じなのか?最長7時間待ちというのを経験してるだけに、診察が早いのは 嬉しい限りなんだけれど。


あ、それから それから 新しく増員されたドクター。

恐ろしく暗い声の2番の先生だが、あれ?どこかでお見かけしたような…・・・。確か カトーで採卵してもらった記憶があるぞ。


と、このような感じで 始まり始まり。

どんな結末になるかは 神様だけが知っている。ただただ、我は信じて歩いてみましょう。また ひと頑張りしてみます。


★メッセージへの御返事 遅滞遅滞で 本当に申しわけありません。微速微速 で進んでおります。何卒ご容赦を。


命のバトン、どうかどうか たくさん繋がりますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ  

先月また突然嵐のようにやってきて、我が家でのさばって じゃくて、くつろいでおられたお姑様ですが ご存知nの通り 叔母が亡くなったり、恩人が亡くなったりの葬儀続きで。


お姑様に お仕えしている場合じゃなくなってしまったので、伏してお願い申し上げ 早々に帰っていただいたのです。笑


「せっかく来てやったのにヨーっ」とブチブチ言う お姑様を車に押し込み、東京をひたすら横断し 魔窟に落として帰ってきました。


私の通院も始まって 目が回りそうな毎日なんです。どうか どうか 家でじっとしてて。お願いします。笑


あ、そうそう タイトルですけれど…えっ?キョウハクの間違いじゃないのか?もちろん、金品を脅し取るのも好きですが 今回のお話はヒョウハクについて。


お姑様ね 漂白が大好きなんです。とにかく 何でもかんでも、漂白剤を入れる。

そんな彼女が、我が家に運び込んだのは 特大の漂白剤。業務用のハイターであります。掃除機と並べてみても ご覧の通り

一体コウノトリはどこにいるんだ!!~捕獲後編~
デカッ!笑


この液剤をですね、あらゆるものに振り掛けるのです。流しはもちろん、洗面台にも、便器にも。

特に大好きなのは 浴槽にドボドボと流しこみ、その中に 洗面器やら 石鹸置きやら シャンプーのボトルやら スノコやら しまいには バスタオルや雑巾まで混同して入れ、これを眺める事。味噌クソ一緒でございます。


それを知らずに、お風呂の残り湯で洗濯なんぞをした日には 衣類はこんなになりまする。
一体コウノトリはどこにいるんだ!!~捕獲後編~

もともと白の私のパジャマ。

Tシャツや他の衣類から 抜け出た染料で、斑に染め上がっております。もちろん、Tシャツもオシャカ。泣


確かに 色々なものが白くなりますけれども、後片付けが 大変でして。

なにせ 風呂は 赤子も入りますゆえ。何度も 何度も洗わぬと あの漂白剤特有の刺激臭がとれないのでございますよ。


このことを旦那様に訴えましたらば…

その昔 実家で お姑様が 酸性の洗剤と 漂白剤を混ぜて“毒ガス”が発生し それを吸った猫が1匹死んだって??えーーっつ!ウソでしょ!!


まさしく「まぜるな危険」である。


ってか、お姑様はよっ!!!!

その気体ってば、 昨今ニュースになってる硫化水素ではないのか?それを吸い込んでも 平気だったのか?猫は死んだというのに…。猫と 自分が重なるわ。笑


さすがは 地球外生命体。なんて不死身なんだ。怖い、マヂで怖い。笑

そんな 最強のプレデターと戦おうというのが論外間違ってるんだ。だって 私 ただの40歳主婦だもん。笑


ま、そんなこんなで 相変わらずなヨメシューでございます。白旗めっちゃ振っているにもかかわらず、きっと また 襲われるに違いない。


 

★メッセージへの御返事 遅滞遅滞で 本当に申しわけありません。微速微速 で進んでおります。何卒ご容赦を。


小さな命が また1人誕生。どうかどうか 望まれている場所へ たくさんの命が生まれてきますように。
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ  

D3・夢クリニック再訪

テーマ:

書きたい事が山積しているのですが、とりあえず 最優先順位として 夢クリニックの事を。

***********************************


思い悩む前に 行動すべしというのがモットー。

ショーキチのご指示を仰ぐのが一番だと、約1年半9ヶ月ぶりの夢クリニックへ行って参りました。


牛子を 6時間コースで託児所に預け(←この話は追々)、降り立った新橋。

とにかく、吐きそうになるぐらい緊張しましたわ。

病院のエレベーターに乗った瞬簡に、脇から汗が流れ、顔は紅潮し、動悸が激しい。

視覚よりも、嗅覚の方が 強く記憶するそうですけれど、本当に その病院の匂いをかいだ途端に 様々な事がフラッシュバックして 思わず喘いでしまいまった。


時刻は10時。この時点で軽く 100人超え。相変わらずの混雑ぶりです。

牛子の世話を含め、保育所へ預け、諸々の所用をこなしてからの出発。最速でも10時より前に 病院到着は無理だとすると、毎回 これぐらいの順番を覚悟せねば。


治療の現場は 戦場最前線。とにもかくにも、生半可な気持ちでは 臨めない。腹を据えて真摯に対峙すべしと、思いつつ 手は震える震える。


さて、受付の機械にカードを通そうとしたら…ん?んん?カード入るところが無い。

しばら~~くの間 考えて、どうやら カード自体が変わっているらしいという事に気付き、事務で尋ねたら 現在は ICカードになってるそうな。笑


変わった事といえば 知らないドクターが2名増えており その代わり あの坊ちゃんメガネがいない!!転勤か?それとも お休みかは不明だけれど、診察室5番のメガネは健在だ。笑


とにかく緊張で何も手につかず、待つ事2時間、懐かしや Dr.ショーキチに呼ばれました。目を細めながら、パソコンに向う姿は 全く変わらずだったなぁ。


診察ですが 私自身の現状を説明しましたらば、

「え?先月卒乳で、今月 1回目の生理?え?1回目?」と驚かれ、「そりゃ 無茶やなぁ~~。3回ぐらいは生理こないと ホルモン値が不安定なんよね~」


と、移植なんて到底無理ってな感じで始まったんですが、私としては「と言われましても、もう来てしまったので」と答えるしかなくて。笑


とりあえず、採血&内診となりました。


採血結果(D3)


E2  83

LH  7.1

P4  0.4

FSH 8.6

PRL 3.4

TES 40


再度、Dr.ショーキチに呼ばれ

「卵胞も出来とるし、ホルモン値も (何故か)悪くないんよねー。出産後 (ホルモン値が)正常になる人がおるけど…ブツブツ。とりあえず、これで 排卵できたら 移植できるなぁ~。ブツブツ。生理周期何日?」

あ、平気で6、70日かかりますと答えたら「よー、生理来たなぁ」だってさ。苦笑


どうやら ワタクシ稀なケースらしい。笑


確かに 初めて夢クリニックへ来た時の 記録を見返すと、LHは半分に下がってるし TESにいたっては20近くも下がってる。ちなみにTES=男性ホルモンです。笑

しかも一番驚いたのは、FSH。2年近くたっていながら、むしろ改善。卵巣、やる気を保ってましたわ。


何だか 私もショーキチも「不思議やなーー」って感じで どうやら移植の方向へ動き始めた模様。


ただ、この移植で 私の治療は終りです。


牛子を預ける所を探すのも、長時間預けての通院もかなり無理がある。なによりも 採卵からしなおす治療費は 到底ないっ。笑


いやぁ、それにしても。久しぶりに あのキラキラした卵を見ましたが なんとも幸せな気分になりました。なんて キレイなんだろうと、毎回思います。命の原点ですからね。それをまた御腹にもどせるならば、それだけで満足。結果が出なくても、残るのは 感謝のみ。


そんな訳で、再通院開始となりました。


さぁ、また怒涛の毎日に突入しますが 私らしくやっていこうと思ってます。

感謝と笑顔を忘れずに。でもって、根性入れて 頑張ってみますわ。


★メッセージへの御返事 遅滞遅滞で 本当に申しわけありません。微速微速 で進んでおります。何卒ご容赦を。


小さな命が また1人誕生。どうかどうか 望まれている場所へ たくさんの命が生まれてきますように。
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ  

日々怒涛の如く

テーマ:

1日が50時間ぐらい欲しい。

なぜに 毎日がこんなにも忙しく、その割には 何も出来ずに終わるのだろう?


先月はお葬式続き。

つい先日は 車のドアが取れた。どんだけ ボロいんだよ。漫画みたいに ドアを押さえながら運転したっちゅうねん。笑


はたまたそんな中、後輩が映画を監督するというので、差し入れは何が良いかと問うと「BOOさんの 手料理」と言う。


こんなこと言われたら 否が応でも木も登る性格なのを知っているに違いない。笑

当然作った50人前のハヤシライス!!
一体コウノトリはどこにいるんだ!!~捕獲後編~

しかし、すぐに後悔。

なにせ、こんな量を作ったことが無いので 分量が皆目検討がつかないのだ。味見も何回も何回もしてると、何だかよく分からなくなってくる。笑


そんな車で、結構四苦八苦しながら東京郊外の山中まで 鍋を運んだりしてたら 御腹が痛くなってきました。

ん?何だか 懐かしいような痛さだなぁ…と思ってトイレに行きましたならば


あああああああああああ、お久しぶりでございます。約2年ぶりの生理。持っていたナプキンのテープが劣化していて 経年を感じましたわ。笑


血を見た瞬間 思わず トイレで おーーーっと声が出てしまいましたが。いやぁ、それにしても重い重い。凄い出血量だし。


卒乳してから ちょうど1ヶ月。プロラクチン量が ガックリ減ったらしく、貧乳も甚だしいなぁと思っていたところ。

人間の身体って 不思議ですなぁ。


それにしても、卒乳もそれに伴う生理再開も 想定よりかなり早まってしまった。


というのも、頭に浮かぶのは夢クリニックに預けてある 大事な卵兄弟の弟分。治療再開はいつにするか?


牛子を授かれた事は、それだけで 私にとっては奇跡。十分、十分すぎるのだ。

しかし、だからといって この凍結卵をむざむざ破棄にも出来ない。先日も 凍結延長の手紙が 夢クリニックから来たところで、いづれは…


と考えてはいたものの、正直 毎日の生活が一杯一杯で 治療再開の余裕などない。体力だけでなく、相当な 気力を問われる治療。生半可な 気持ちでは向えない。


毎晩10時まで持たず、死んだように 布団に倒れこむ今 その体力気力はあるか?旦那様のお世話と、家事と、育児と、度々襲われる お姑様のアタックとで 既に限界値をこえてる。


ただなぁ…年齢的な事を考えると 猶予もなく。なんてったって、40歳。


それに、治療をするためには その間牛子を預ける所を探さねばならぬ。夢クリニックの 現状は分からないけれども、少なくとも 半日はかかるだろう。頻回の通院と 牛子の託児を切り抜けるも大変なのは 目に見えている。しかも 旦那様は、出稼ぎ中!!


という思惑の間で かなりユラユラゆれております。近いうちに 答えを出さねばいけないんだけれど、とりあえず 寝よう。笑


気がつけば また週末。何卒 皆様 素適な休日ヲ!!



★メッセージへの御返事 遅滞遅滞で 本当に申しわけありません。微速微速 で進んでおります。何卒ご容赦を。


平凡って素適なことだと思う毎日です。地味でひっそり小さく幸せ。これって大事だなぁ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ