初夏の舞台作品はこれ!!

札幌出身の俳優が集合。

この3名は青春時代の仲間たち。

 

東京池袋で再会し、飲み、語るうちに故郷での公演を企画するに及んだ。

三人が十八番を持ち寄ったこの企画。

さあ、如何に!

 

お問い合わせは札幌市渡辺淳一文学館。011-551-1282なのです。

AD

君が代を暗唱する?!

テーマ:

あいのさとアクターズのメンバーは♪君が代♪を覚えていた。

発声練習の時。なぜか「君が代」を弾く神貴子さん。

その伴奏に合わせて歌っている人もいたので

「みんなー、歌えるの?」と聞いてみた。

「うん」

「ええー!じゃあ、歌ってみて~」

みんなは声を合わせて歌い出した。

私たちスタッフは顔を見合わせて苦笑い。

そうか、相撲やサッカー、野球でも君が代を歌う場面があるよねー。

歌い切って何故か満足そうなメンバー。

 

今後こんな場面が日常的になりそう。

「う~ん」と、私は思う。

 

AD

春らしい陽気になってきました。

近くの川もこんな感じ。

 

写真が横向きですみません。

 

この周辺は私の散歩道。兼トレーニング道。

近くの河川敷にはパークゴルフ場があって誰もいなければアップダウンのコースをトレーニング代わりに走れるのです。クロスカントリーだな。

もうすぐそんな季節!

AD

 

札幌市北区あいの里。

アクターズの活動は毎週木曜日。

今日も稽古場(施設の活動棟)に発声練習の声がする。

練習は歌を歌う事。

一見何でもない写真だが・・・。

2列に並んでいるメンバーが見える。この2列に並ぶ事がなかなか難しいのです。

毎回スタッフが一人一人のメンバーに声掛けをして並ぶように促す。それでもこのように直線に並ぶ事が出来ない。

この写真を撮った3月23日は「さあ、発声練習だよ~」と伝えると間もなくこの隊形になった。

「うん!?」

私たちスタッフはメンバーの変化に顔を見合わせて「どうしたんだろう?」表情になった。

「自然にできていますね・・・」と、スタッフの前川さんが私に囁いた。

 

左端に立っているの二人のが今日の指揮者。

指揮者を見ながら声を合わせるのはまだ先のことか。

でも、少しづつ春だなと思う。

そしてメンバーは2列に並んでいる。

第3回いっしょにね!文化祭

お誘いいただき参加しました。

札幌市ポルトホール。北翔大学の付属施設。立派だ。

朝、スタッフは打ち合わせ中。木村は施設を拝見しました。つまり、来年の第4回は「あいのさとアクターズ」が出演したいなーと考えているから。

 

この文化祭ゆったりとした時間の流れでした。

12時開演。終演は午後4時を過ぎていたかな。

 

色々な団体が参加していて盛りだくさん。

健常者も障がい者も垣根なく同じ舞台で自分を楽しむ。観客に楽しんでもらう。

それが目標。

 

ロビーには様々な展示がありました。

参加者は500円を支払うとお弁当があるのだ。これが豪華。ええ、こんなに!

舞台は楽しそう。客席まで使って音楽とダンス。

写真を撮るのを忘れてた。

だからフィナーレの写真しかないけど。

日本ハムファイターズのダンスアカデミィーアドバンスクラスの皆さんも参加して盛り上がりました。手前の赤いポンポンを持った皆さん。

会場全体がいっしょに手拍子、ダンスで楽しく終わりました。

 

ステージには車いすの方、視覚障がいの方、知的障がいの方。健常の方、学生さんなど文字通り垣根なく「いっしょに」でした。

 

もう少し一般の観客がいらしていたらもっと広がったかな。と思う。

 

さて、来年は「あいのさとアクターズ」のミュージカルを見て頂こう!