上野の桜

昨日、役所・クライアント訪問の途中、時間が空いたので

そろそろ桜の咲く時期かと思い、上野恩賜公園によりました。

 

桜の準備も進み、人でも多くなっています。

つぼみが膨らんでいましたが、まだまだ多くありません。

 

ソメイヨシノ以外の桜がちらほら咲いています。

 

3連休 天気に恵まれるようなので桜の蕾を楽しむのも良いですね。

 

来週日曜には3部咲くらいになっているのでは・・・と思います。

 

 

 

AD

はじめての山・日の出山

テーマ:

奥多摩・日の出山に行きました。

JR青梅線・、御嶽駅からバスで御嶽山ケーブル下へ。

そこからは、杉木立の中の表参道を1時間ほどで御嶽山上へ。

山上には神社と宿坊のまちがあります。

標高800メートル

はじめての方は不思議に感じると思います。

御嶽山・山頂は神社の裏のひっそりとあります。

御嶽山の登ってもこの山頂に来る人は少ないと思います。

子供のころから何十回と来ていますが、この山頂に気がついたのは、2年前。

 

神社により、40分ほどで日の出山です。

ここは関東平野の展望台。

冬の晴れた日ならスカイツリーもすっきり見えるはずです。

 

晴れていれば、スカイツリーが見えます。

先週走った青梅マラソンのコースも望めます。

 

 

ランチは、山用のインスタントの『味噌煮込みうどん』

すっかり気に入ってしまいました。

 

 

下山は、2時間ほどで青梅市の梅の公園につきます。

数年前、青梅の梅は、

『プラムボックスウイルス』が感染し、多くが伐採されてしまい

今は、復活を目指しています。

帰りの駅は、JR青梅線・日向和田駅

先週の青梅マラソンは、この青梅線沿いに走りました。

 

3時前だったので、コースを隣の駅まで歩くことにしました。

画像は、25キロくらいの最後の登りです。

脚が棒のようになっていましたが、力を振り絞って歩かず登りました。

 

 

青梅は、梅の里。

ウイルス感染し多くを伐採し少なくなったとはいえ、道路沿いのあちこちで

梅の花が開いていました。

 

気持ちが良いので、青梅市役所前の

青梅マラソンスタート地点も過ぎ、

JR河辺駅近くのゴール地点まで歩いてしまいました。

たぶん7キロぐらいだったと思いますが、気持ちよく歩けました。

 

青梅マラソンは、往路と帰路が同じなので

ほぼコースの半分を歩いたことになります。

マラソン中は走るのに精いっぱいで感じませんでしたが

歩いてみると青梅マラソンンのコースはとても良いコースと思いました。

 

日の出山は、私の山登りのスタートの山。

中学2年の2月に友達と3人で登りました。

今回は、当時と同じコースを歩くことにしました。

子供3人での山登りに行かせてくれた親に感謝です。

(当時は、なんとも思いませんでしたが)

 

 

AD
青梅マラソン 30キロを走りました。
 
①目標は、途中歩かない
 昨年25キロ過ぎから立ち止まって屈伸したり歩いたりしたので
②3時間15分以内
 歩かなければ達成できると思いからです。
気温5.5度 快晴、マラソン日和です。
前回の大会と同様、ゲストの高橋尚子さんが前半では最後尾から追い抜きながらハイタッチ、
ゴール前で再度ハイタッチ。
ハイタッチされるランナーが笑顔になります。
昨年は、完走率も上がったとか(^^)/
 
完走しました。
今年の完走記念は、記念メダルです。
青梅マラソンでは初めてです。
いろいろな大会で出ていると似たようなものがたまってしまうのですが
メダルは嬉しいですね。
湘南マラソンのように、スタッフに首にかけていただけると
もっと嬉しかった(笑)
 
結果。
①歩かない は達成
②は、届きませんでした。
だいぶ歩いた昨年のタイムより3分ほど遅れました。
11月のつくばマラソンが終わり、あまり走っていなかったので
当然の結果かと思います。
とはいえ、今の力を出し切った感があり、それなりに心休まる日でした。
しかし、膝と太ももがものすごく痛い・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
AD

建設業の労災

テーマ:
建設業の労災保険加入の手続き。
当事務所では、建設業のクライアントが数社。
2年ほど前に相談のあった会社からの依頼。
その時は、状況が整わず保留になり月日がたっていました。
当時作成した会社名を入れたファイルが日の目を見ることになりました。
建設業は、事務所の労災と作業現場の労災と別々に加入します。(成立します)
労働保険番号が2つになり、たとえば一般の工場では作業現場と事務所(経理、総務など)があっても同じ労働保険番号になりますが、建築業では、別の事業として扱われます、
 
また、仕事が下請けのみの場合は、労働保険料(現場労災)が発生しない、元請けは下請けの労災保険(現場)を負担するなど特殊な扱いとなります。