on your mark

いくつになってもいつからでも笑顔で on your mark






テーマ:

日程がとれないこの夏ですが、盆休み中に大阪まで行く用事のついでに、思い切って足を伸ばすことにしました。

新穂高温泉で車中泊ののち、山中一泊の弾丸北アルプスです。

行先は色々と考えましたが、短い日程で私一人で歩くコースとして選んだのは

南岳新道で南岳へ、そして、大キレットを通過して北穂高岳、そのまま涸沢に下り上高地。

そこからバスで新穂高温泉に戻る一泊二日の行程に決めました。

一日目の天候は良かったのですが、大キレットを歩く肝心の二日目の天候に恵まれず

強風とガス、天候は下り坂で雨の予報。

三時半に起きて朝弁当を食べ、状態が良くなるのを5時過ぎまで待ちましたが状態は変わらず、行程変更を決めました。

南岳小屋-南岳-中岳-大喰岳-飛騨乗越-槍平小屋-新穂高温泉

というコースです。

槍ヶ岳は2度登っているし、視界ゼロの中で登るよりも少しでも早く帰る方を優先して

槍に寄るのはカットしました。

天候が良ければ槍穂を眼前に眺めながら歩く空中散歩ですが、残念ながら視界ゼロ。

こんなに素晴らしい稜線を歩いているにも関わらず、どこを歩いていても変わりないといった状況の中、ただひたすら歩くのみ。トレーニングです。

地図のコースタイムを縮めるだけを目標にサクサク歩くしかありませんでした。

ただ、未踏だったこのコース、図らずも中岳、大喰岳という3000m峰ゲットというピークハントとなったことだけが収穫かな。

ピーカンに晴れて、大パノラマを眺めながら歩く大キレット、またの機会を狙います。

 

 

 

 

8月13日(土)6:00

関空に行く二人を乗せて、家を出る。

中国自動車西宮名塩SAで二人を下ろしてからはひとり旅。

大阪からのお盆渋滞は大変なものでした。

寄ろうとしたSAでは満車で停めさせてもらえず、寄ることができたSAでは満員で食事もままらなず。

結局、家を出てから10時間以上かかってやっと目的地、新穂高温泉に到着しました。

お盆休みでいっぱいじゃないかと心配していた登山者用無料駐車場はまだ余裕がありました。

深山荘の露天風呂に入って、適当な食事のあと就寝。

 

 

8月14日(日)5:00 新穂高温泉スタート

 

 

5:47 穂高平小屋通過

 

 

 

6:33 奥穂高岳登山口 通過

 

 

 

6:36 白出沢 通過

 

 

 

7:22 チビ谷 休憩 (スタートから2時間20分)

 

 

7:45 滝谷 通過

 

 

 

8:34

 

 

8:36 槍平小屋 到着

 新穂高温泉から約3時間半(山と高原地図コースタイムでは4時間半) 

 

8:54 あんぱん休憩、水を補給して、南岳新道へ。

ここからは槍へ向かう登山者ばかり。南岳新道に入るのは私だけ。ちょっと心細い。

 

 

9:10

 

 

 

10:20 ブルーペリーを食べていちごを食べて、気合を注入。

 

下山してきた登山者にどれくらいの人とすれ違ったら尋ねると私を入れて6人とのこと。

南岳新道を登る人は少ないようだ。

 

10:46 

 

10:49 

 

11:02  標高1,090mからスタートして6時間後 2,600mまで登ってきました。

 

11:04

 

11:21

 

11:23

 

11:29

 

11:30

 

11:34

 

11:35 青空が見えている間に稜線に出たいけど。。。

 

11:38

 

 

11:39 来た道を振り返る

 

12:00

 

12:01

 

12:07

 

12:16 スタートから7時間ちょっとで2,900mまで登ってきました。

 

12:19

 

12:22

 

12:29 7時間半で稜線上の南岳小屋に到着(地図のコースタイムでは8時間半)

2,000m高度を上げたことになります。

さっきまでの青空はすっかりガスで真っ白になってしまいました(泣)

 

 

 

 

13:13 受付をすませて、とりあえず南岳へとピストン

ちょうど槍方面へと行く若者と一緒になり、シャッターをお願いしました。

 

3032.7m

 

13:24

 

この時は、翌日歩く気満々で眺める大キレット方面(ガスで見えない)

 

17:10 夕食

 

前日までは混んでいたらしい小屋も、余裕あり。ゆっくりと眠ることができました。

 

 

8月15日(月)朝三時半に起きて、前日受け取っていたお弁当を食べる

 

いつでもスタートできる準備はできても、天候の準備が整いません。

風が強くガスで真っ白。

天気予報は下り坂。。。

 

小屋に貼ってあるこんなの↓を眺めたりしながら大キレットに行くかやめるか考えて。。。

4:47

 

天気は下り坂だし、これ以上決定を延ばすわけにはいかない。

大キレットはやめて、槍方面へ縦走して中岳、大喰岳のピークを拾い、飛騨乗越から槍平へと下ることにした。

 

5:22 南岳小屋を出る

 

 

5:30 前日、ピストンした南岳を再び踏む

 

5:48 上下左右、真っ白け。。。そんな中で咲くイワキキョウ

 

6:06

 

 

南岳からくだり、中岳への登りにさしかかった頃、一瞬、ガスがサーっと動いて青空と穂高の山並みが姿を見せてくれました。

6:17 今回、稜線滞在中に見ることができた一瞬の穂高です。

 

大キレットも歩けず、何も見えず。。。あまりにかわいそうと思った山の神様が少しだけサービスしてくれたのでしょう。

 

 

常念岳も

 

6:28 中岳 3,084m

 

5:30 南岳から飛騨乗越までの稜線は、天空の空中散歩とは言え、それなりに登り下りも繰り返します。きっと、周りのパノラマが見えていたら、きっとそんなことよりも空中散歩の気分なんでしょうね。

 

6:36 ガスガスで被写体がない空中散歩。。。

 

イワキキョウ

 

イワツメクサとイワキキョウ

 

 

黙々とサクサク歩いていたら、ひょこっと目の前に現れた雷鳥の親子

 

 

7:16 南岳小屋から2時間弱。 飛騨乗越 3,008m 日本一標高の高い峠

ここから槍平小屋に向けて下ります。稜線、さよなら~

 

 

トウヤクリンドウ

 

ウサギギク

 

7:52 お花畑の中を下って行きます

 

8:03 ここまで南岳小屋から2時間40分

 

 

 

 

9:10 槍平小屋到着 南岳小屋から3時間50分(地図のコースタイムでは5時間強)

休憩していたら雨が降り出し、いったん脱いでいた雨具をまた着こむ。

 

ゴゼンタチバナ

 

 

10:19 チビ谷通過

 

11:00 白出沢 ここの木の下でわずかな雨宿り休憩

歩き出して5時間40分 

 

雨の中、新穂高温泉目指して黙々と歩く。歩く。歩く。

 

12:20 新穂高温泉到着

コースタイムは8時間半くらいなんだけど、7時間で到着。

 

びしょ濡れになって、置いていた車に戻り、ホッとする。

「中崎山荘奥飛騨の湯」で温泉に入り、お蕎麦を食べて休憩。

 

帰路は、行きの渋滞を考えて、大回りでもいったん北上して日本海側に出て、北陸道、舞鶴若狭道を選択。

夜の11時には帰宅できました。

弾丸北アルプス遠征。無事終了。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

松江のアウトドアショップ菊信さんの企画


大山甲川下ノ廊下 遡行&キャニオニング に参加してきました。


2週間前の甲川と違って、今回は 『泳ぎ』 が必須科目となっています!!


ザックの中身も濡れないように厳重に。。。


一番悩んだのはカメラ。


防水じゃないから持って行くのはやめようかと思ったけれど


ジップロックに入れてからプロテインシェイカーに入れて、さらに防水スタッフバッグに入れて


最後にポリ袋に入れるという厳重さで持参しましたチョキ








朝 8時入渓。


7:52



厳重にしまわれたカメラは簡単には出せないので、ポイントのみの撮影です。


8:38




8:38 F2 ↓


ちょうどいい加減に大木が階段の様にしつらえてありました。



8:38


その大木の階段を頼りに慎重に登ったあとがここ↓

9:02



この足元にある滝は落ちたら吸い込まれていくらしく、菊信さん、今日一番の緊張の面持ちでした。


9:03



菊信さんが付けてくださったロープを使って下り立ったら、意を決して飛び込んで泳ぐビックリマーク


この時も、滝の方に流されないように十分に注意注意



9:03





9:03


9:30 入渓後、1時間半で目的地天王滝に到着。


9:30



天王滝のすぐ上流、F5にも挑戦してみることに。。。


が、予定外だったため、装備が足りず今回はあきらめて、F5に向かって泳ぐだけに。。。


9:33


ひとりひとり順番にこの滝めがけて泳ぎました↓


私は滝までは泳ぎきる力が足りず。。。中ほどで引き返しましたあせる


プールトレーニングもしないといけないはてなマーク


9:42



みんなが順番に泳いだあとは日当たりに場所を移してたき火休憩ラブラブ


10:08


全身ずぶぬれになったあとのたき火は生き返る思いです合格


ここで思い思いに食事。


10:08

10:29

10:28


30分ほど休憩したあと、キャニオニングで戻ります。


飛び込んで泳ぐ これの連続でしたので、カメラは一度も出す機会は訪れず。。。


よって、写真はありません。



菊信さんのブログをご覧くださいませ。『おばさん、飛び込むの図ww』アリマス 叫び




11:51 無事帰還合格


11:51



猛暑の夏を涼しく楽しく、真面目に遊んだ半日でした音譜


いや。。。しかし、いつもの山歩きに泳ぎが加わるとグッと体力を消耗するんですね。


トライアスロンをする人の鉄人ぶりがどれほどすごいか、改めて思い知った気がしました。





今日のメンバー、総勢7名。


みなさま、お世話になりましたラブラブ楽しかった~キラキラ





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

3連休最終日。


早朝5時7分、南光河原駐車場スタートでユートピアのお花畑へと向かいました。


空気もさわやか、空もクリアキラキラ 早朝ならではの快適登山でした音譜
 



5:54 下宝珠越

201

202




コツコツと木をつつく音がにぎやか音譜




206

208


大神山神社裏手のアジサイはもう旬を過ぎていますが、登山道のヤマアジサイは今が美しいキラキラ


210

212

北壁↓


213

215




2時間でユートピアに到着。


小屋周りのクガイソウは見ごろとなっていました。


シモツケソウはまだつぼみで、ピンク色が足りません。


ユートピアのお花畑は、クガイソウもですがシモツケソウのピンク色が広がると合格合格です。

217  

221

219

218

222

220

223

227

225

226

224



228




この辺りはオオバギボウシが主役で、クガイソウはまだ色味が足りません↓

229

233



イヨフウロ

230

232



ダイモンジソウ↓

231





234



雲海の上はさわやかな青空合格 空気もクリアで蒸し暑さゼロ、快適です音譜

235

236

237




8:26

238


縦走路のあちらは弥山(みせん)↓


あちらはにぎわっていることでしょう。私ここでぼんやりと一人を堪能しておりましたニコニコ


239



ガスの動きがいい感じ↓


ピーカンに晴れている時よりこんな感じの時が好きですね~合格

240

243

242

244

241  

246




暑さ対策で準備したのは↓


水を凍らせたペットボトルと一緒にいれたキウイ&プチトマト音譜


快適な気候でしたので、暑さ対策はさほど必要ありませんでしたが


剣ヶ峰でいただく冷え冷えのキウイはとってもおいしかった~チョキ

245

247

248

249



鑓の広場に人影が見えるも。。。まったりモードのこの登山者は待ち人ではなさそう。。。↓



251





250

9時頃、名残惜しく剣ヶ峰をあとにしました。


ホソバシュロソウ↓


255



256



ヤマブキショウマとヤマアジサイ↓


257

イヨフウロとダイセンオトギリ↓


258

ダイモンジソウ↓


260




イワキンバイ↓

261

259




振子沢源頭のナンゴククガイソウ

262

263

265



このあたりのクガイソウは満開の手前↓

264




名残惜しいですが、下山します。


コオニユリ↓

266



11:28



蒸し暑さもなく、虫もおらず、空気もクリア、雲海もいい感じでとても快適登山でした合格


3時半に家を出た甲斐がありました。やっぱり夏は早朝登山がいいです~ラブラブ


豪円湯院でお風呂に入ってソフトクリーム食べて帰宅。











AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月10日(日)


アウトドアショップ菊信さんのイベントに参加して、甲川をジャブジャブ歩いてきました。


今回のコースは秋に歩いたことがありますが、沢靴でジャブジャブ歩くのは初めてなので


大喜びで参加してきました音譜


沢歩きは危険を伴うし、最近甲川でクマ目撃情報があるので大勢で歩ける機会は大変貴重です合格



まずは、上の廊下終点にある堰堤の少し上に下りる激下りを下ります。





激下りを終え、甲川に下り立つと、ジャブジャブ沢歩きの始まりです。


甲ヶ山への直登の登り口出合までをジャブジャブ遡行して行きます。











106

108

110

112

114





116

118

120

121

122

124

127

129

130







途中、2度のピクニックタイムありラブラブ


一度目はそうめんキラキラ


二度目はウィンナーを焼いてくれたり、オレンジありコーヒーあり合格


おいしくいただきましたニコニコ



やっぱり夏はジャブジャブ歩くのがサイコーですクラッカー


熊の心配がなければ、娘をつれて一緒に行きたいところですが。。。


大山山系の深部、遭遇報告があったということは、どこに熊がいても不思議ではない場所なので叫び


やっぱり躊躇しますねーガーン


と言っても、おととしの夏、次女と二人で白馬岳~朝日岳のルートでほやほや熊のうんこ2回


石の上に濡れた熊の足跡(乾かぬ間。。。)に遭遇していることを思えば


結局山の中はどこを歩いてもリスクはあるってことなんですけどね。。。


ん~~ クマクマクマ










いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今までは夕方か夜に走るスタイルでしたが、最近、朝ランを始めました。


距離は短め、5キロです。


今日で3日。


3日坊主にならないように続けたいと思います。


4時半に起きて、お米をといで炊飯器にセットしてスイッチオンしてから家を出ます。


早朝の涼しさと、梅雨空も手伝って、涼しい朝の時間を過ごせています。


朝ランの流れで、気持ちよく1日がスタートできてさらにお得な気分ですキラキラ




夕方、カメラを持ってランコースの花を写しながらお散歩しました。


この公園がランコースですキラキラありがたいことですラブラブ


朝ランの時には見かけるカモの親子。


2羽の幼鳥をつれて水面を行くかわいい姿を写したかったのに


夕方は見つけられませんでした。


早朝の方が野鳥たちは伸び伸びと過ごしている感じです。
















シルエットはアオサギくん↓













夕方は犬の散歩が多いです↓














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。