おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。





NEW !
テーマ:

おはようございます。
おのころ心平です。


今日は、マッピング・カウンセリングの
実例実況中継です。


6月開講の、

おのころ心平ブログ塾では、

受講生少人数につき、


あなたのやりたいと思っていることを

ぜーんぶマッピングで聴きだして、


その中から枝葉末節をそぎ落とし、

本当にやりたいことを見つけ出していきます。


あなたの真のコンテンツを発見する

おのころマッピング、お楽しみに!

  ↓

5月30日塾生募集締切。

(画像クリックで詳細ページへ) 


では、実況中継です。

これを読むと、信頼を築きながら

どう質問していくか?

そして、睡眠に隠された謎がわかります。


***



■クライアント:Aさん60代、女性、
いくつかの会社を所有 資産家

■テーマ:不眠症

―――さて、では、真ん中に「不眠症」と書きますね。この不眠症をイメージに沿って展開していきます。Aさんにとって、この不眠症は、どんな感情を抱かせる症状でしょうか。

Aさん:…不安、孤独…ね。

―――「不安」「孤独」と。つらいですね。

Aさん:はぁ、眠れないというのは酷よね。頭がはっきりしなくなるのよ。夜が恐い。今日も眠れないのか、と思うと本当に恐くなるのよ。

―――「酷」「頭がはっきりしない」「恐い」…。その「頭がはっきりしない」と感じるのはどんなときですか。

Aさん:最近、人の顔や名前がはっきり思い出せないことが多くなってるのよね。

―――人の「顔」「名前」がはっきりしない、と。では、もっとも最近のケースで、思い出せなかったことって、何かありますか。

Aさん:ああ、甥っ子ね。訪ねてきた甥っ子の名前が思い出せない。顔も、あれ?こんな顔だったけ、と…。

―――えー!? それは本当の甥っ子さんなんですよね。

Aさん:それは確かなのよ。確かに兄の次男坊なんだけど。

―――他に思い出せなかったケースはどんなことがありますか。

Aさん:そうね。だれかというより、私の周囲のみんなの顔がのっぺらぼうに見えるときがあるの。みんな同じように見えてしまう。

―――「のっぺらぼう」ですか。

Aさん:そう、うちの会社の役員も、銀行の担当さんも、ガス集金の方でさえ、のっぺらぼうだわね。

―――うーむ、のっぺらぼうなのは「役員」「銀行」「ガス集金」さんなんですね。ついでに「甥っ子」さんも。

Aさん:…。それ、何かを意味してるのかしら。

―――さあ、今のところわかりませんね。ところで、ちょっと最初の円に戻ってもらって「不眠症」についてですけど、これ、イメージの中で、Aさんから切り離してみてもらえませんか?

Aさん:切り離すって? どうやれば…?

―――イメージの中で結構です。Aさんの中の不眠症の部分だけを取り出して、そこに置いてみて下さい。

Aさん:むずかしいわね…。うーん、こんな感じで。

―――はい、取り出しましたね。じゃあ、たった今は、Aさんは不眠症ではありませんよ。そこに置きましたからね。

Aさん:今は…、不眠症じゃない…? 何だかおもしろいわね。

―――はい。では、ここに取り出した「不眠症さん」を、いっしょに観察してみましょうか。この方、どんな顔してますか。

Aさん:この方って、人なの?

―――そう。どんな顔です?

Aさん:うーん、ちょっと待ってね。…やっぱり「のっぺらぼう」かしら、顔がないわ。

―――そうですか、「やっぱり、のっぺらぼう」と。じゃあ、顔のことは置いといて、この不眠症さん、服はどんな色のものを着てますか。

Aさん:えーっと、紫、かな。

―――「紫」。

Aさん:そう、紫ね。これははっきりしてるわ。

―――「はっきり、紫」と。そういえば、今日、Aさんがお召しになっているのも紫色ですね。紫は、お好きな色なんですか。

Aさん:あら?そうね。紫は好きね。でも、もともと好きってわけでもないんだけど

―――「もともと好きではない」と。はい、じゃあ、この「紫の服を着た不眠症さん」を、もう一度よく見てあげましょうか。顔に、何か表情が出てきませんか。

Aさん:えーっと、ああ、出てきたわ。あら、あの甥っ子になったわ。んん、ちょっと待って。次は、兄。また変わったわ。兄嫁…弟…、母親、おじ、おば…。

―――顔が、くるくる変わるんですか?

Aさん:そうね。出てくるのは、…親戚一同ね。

―――「親戚一同」と。じゃあ、くるくる変わるのを止めてください。はい、今、最後に、誰の顔になりましたか?

Aさん:…。

―――どうしました?

Aさん:…亡くなった、主人だわ。

―――「亡くなったご主人」。…そうですか、ご主人はいつ?

Aさん:もう、25年前よ。

―――えーっ「25年前」!  

Aさん:そう、うちの主人はいくつもの会社経営をしていたのね。今は、私が全部引き継いでいるけど、この25年、本当に大変だったわ。

―――はぁ、「大変だった」と。

Aさん:そう、話せば長いけど、主人の家は資産家で、いくつもの事業を持っていたの。長男でしたからね。

―――…でも、ご主人はお仕事の中途で亡くなった。

Aさん:無念でしたでしょうけどね。医療福祉事業は、現場で私も手伝っていましたからね。主人が亡くなり、ほかの会社もオーナーということで、私に経営権が回ってきた。

―――ご主人の跡をついで、奥さんが経営にたずさわったと。

Aさん:そうよ。右も左もわからない状況からね。でも、がんばったわ。子どもがいなかったしね。女だてらに経営者として、多くの役員をつかって。危ない橋も渡ったわよ。あちら関係の親分さんともゴルフ接待をしたりね。

―――おお、すごいですね。「女だてらに」と。

Aさん:波乱万丈ってやつだわね。おかげで度胸はついたわね。いろんな人間とつきあってきたわ。例えば…etc.etc.

―――なるほどー。まさしく「波乱万丈」ですね。

Aさん:そうよ。で、何とか事業を継続して、もちろん失敗したものもあるけどね。バブルも上手に乗り切って、それなりに資産も拡大させたのよ。

―――「資産拡大」と。うーむ、女傑だ。

Aさん:女傑? そうね。女としては幸せかどうだったかはわからないわね。

―――え? そういう意味では…。

Aさん:子どもがいればね。私、再婚はしないと決めていたから…。親戚とも距離を置いていたし。

―――「親戚と距離」。それはなぜですか?

Aさん:それは、主人との結婚を大反対されたからよ。うちの家系とは合わないとかでね。でも、私は片田舎の地元を出たかったのもあって、反対を押し切ってこちらに出てきたの。うちね、地元では名士の家系だから、ほんとうに不自由で窮屈だったのね。

―――はぁ、それで、ご主人との新しい生活をと?

Aさん:そう、地元とは縁を切るつもりでね。主人は私をほんとうに愛してくれた。自由も与えてくれたし、今でもそれには感謝してるわね。

―――地元は「不自由」、ご主人は「自由」。でも、そのご主人が急に亡くなった。

Aさん:そうね。主人が亡くなったときのことは、あまりにショックすぎて、よく覚えてないわ。

―――そうですか。でも、そこから奥さんは立ち直ったんですね。ただ立ち直っただけでなく、ご主人の事業を引き継ごうと決心された。

Aさん:そう。そうね。あの人の残したものを消したくなかったのね。

―――そりゃあ、すごいがんばりだったですよね。ここまで事業を継続され、拡大され…。ご主人への思いの強さだけでは、ここまでにはなりませんよね。

Aさん:地元にスゴスゴ帰るわけにも行かなかった、というのもあるかもね。

―――そうか、「地元」がキーワードなんですね。

Aさん:地元、親戚には、私、M家の恥みたいな見方をされていたから。

―――うーむ、さっき、紫の服を着た「不眠症」さんの顔が親戚一同にくるくる変わりましたよね。

Aさん:そうね。

―――紫の色彩心理ってね、「孤高の戦士」「自分は自分でいい」という意味合いがあるんです。

Aさん:孤高の戦士?

―――そう、つまり、「私は私のスタイルで行く。そのためなら孤独でもかまわない」って気持ちですね。

Aさん:はは、それはその通りね。

―――睡眠てね。カラダの機能が回復・修復されるだけでなく、心の修復もされる大切な時間なんです

ね。

Aさん:それはわかるわね。眠れないと、本当に心がすさんでいくのよ。

―――人の意識には、自覚できる意識と、自覚の及ばない無意識の世界があるのをご存知です?

Aさん:ええ、知ってるわよ。

―――睡眠中の意識って、じつは無意識の領域に入って行くんですね。それでね、無意識には階層があって、ユングという人が指摘したように、人間の意識の一番奥底には、「集合無意識」という広大な意識の領域があるんです。

Aさん:ああ、聞いたことがある。世界のあちこちに残る伝説なんかは、人の意識が共通して持つ集合無意識が反映されてる、とか言うんでしょ。

―――そう、人の意識は、無意識の領域に入ると、どんどんつながっていくということなんですよ。それでね、集合無意識という広大な領域の手前に、民族意識、地域意識、社会意識などがありましてね。どんどん個人の意識に近づけていくと、一番手前の無意識って何だと思います?

Aさん:家族の意識ってこと?

―――ご名答!

Aさん:ははぁ。やっぱりね。

―――意識の世界で、まず家族意識とつながり、それからさらに、だんだんと多くの人の意識とつながっていくのが睡眠という行為の役割なんですね。個人の意識って、個室みたいなもんでしてね。起きているときはその個室に入っている。そこでは個人の自由があるんですよ。逆に眠るというのは意識的には「大広間」にでるようなもんですね。そりゃあ、そこには大広間なりのルールがあって、あまり個人の自由がない。その代わり、つながっている安心感はあるわけです。

Aさん:眠れないと不安になるのは、安心感とつながれないせい…。

―――さきほど、Aさんは、「紫がもともと好きではなかった」と言いましたね。

Aさん:ええ。

―――つながっていたいという気持ちは誰しも自然に持つものです。紫の、孤高の戦士にならざるを得ないのには、ほかに理由がありますよね。

Aさん:子どもみたいではずかしいけど、夢にね、何度ものっぺらぼうが出てくるのよ。それはおそらくみんな親戚のはずなんだけど、「金をくれー、金をくれー」ってね。私を打出の小槌のように思っているのね。お金と顔を取られそうになって、私は逃げるのよ。「私は私なのよ!」って。

―――うーん、そうか。

Aさん:資産があるとね、いつも私を、お金としてだけ見ているんじゃないかと疑心暗鬼になるわけね。のっぺらぼうたちは、私を私として見ない。役員や、銀行や、集金に来る皆が…。

―――なるほど。眠れない心理の向こうには、Aさんをお金としか見ない人たちへの抵抗感があるわけですね。でもね、Aさん、あなたをいちばんお金としか見れていないのは、実はあなた自身なのかも知れないですね。

Aさん:! どういうこと?

―――本当のあなたを理解できるのは、天国に行ったご主人だけと、どこかで頑なに思い込んでいませんでしたか。ご主人以外の人たちとの間であなたをあなた足らしめていたのは、ご主人が残した事業と手元にある資産だけだった。そのバリアを通してしか、あなたは人と接することが出来なかったのかも知れませんね。

Aさん:…。

―――さて、さっき、そこに置いた「不眠症さん」。もう一度、自分の内側へ戻しましょうか。今度は、服の色を変えてね。顔は、ご主人にしてもらえますか?

しばらく戸惑いながらもAさんは、その「不眠症さん」を、抱きしめるようにして、自分の胸のあたりに戻しました。
そして、ひとしきり泣いておられたのです。孤独にがんばり続けた25年間が、走馬灯のように彼女の心を巡ったのかも知れません。

Aさん:ありがとう。そうなのかもね。ちょっと今晩は眠れるような気がするわ。久しぶりに主人のことを話せたし。主人が横にいてくれると思えば、安心して眠れるわね。

***

はー、長かったですねー。
おつきあい頂き、
ありがとうございます。


それでもこれは、
実際のカウンセリングを
だいぶ、端折っています。


おのころブログ塾では、徹底的に

あなたの「やりたいこと」を掘り下げましょう。

     ↓

広島、名古屋、大阪、函館で開講。


おのころブログ軍団、募集中!!



いいね!(74)
おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
NEW !
テーマ:

おのころ心平です。



子:お父さん、月にはウサギがいるんだよね。

父:うーん、そうかもね。

子:行ってみたいね。

父:お前が大人になる頃には、もしかしたらな。

子:月にはかぐや姫もいるんでしょ。

父:うー、そうかもな。

子:えっ。いないの?

父:大人になればわかるさ……。




月は確かに、

水素、炭素、窒素…

で出来ています。


重力は地球の6分の1。

大きさは地球の4分の1。


父親の頭の中では


ウサギはクレーターだ、

かぐや姫はおとぎ話だ、

月に行くには宇宙ロケットの開発が必要だ、

宇宙開発には莫大な費用が…


などと理性的な現実が

想像力の邪魔をしています。


もちろん子供も

ファンタジーだけでは生きていきません。

やがては、理性的に考える思考法を

身に着けなければならないときがくる…。


でも…。

ミヒャエル・エンデという

童話作家をご存知でしょうか?


『果てしない物語』

『モモ』

など有名な作品を残した

ドイツ人作家です。




晩年、日本のことを

こよなく愛したというエンデですが、

そのエンデが終生となえたテーマは、


ファンタジーのココロ。


彼は、科学的思考による

理性主義の蔓延が、

世界から「ファンタジー」

を奪いつつあることへの警鐘を

鳴らし続けました。

そして、こう言いました。


「科学万能・理性主義が

進めば進むほど、


重要になるのが、
子ども達のファンタジーマインドを

育てることなのだ……」


僕が若いころに

師事させてもらった経営者の方が、

生前のエンデと往復書簡を

かわしていたこともあって、


僕のココロの中では

想像力という言葉とセットになって

エンデの顔がよみがえるのです。


***


現実世界において

たとえば、病院で医師は、

臓器を擬人化したりしません。


「あなたの肝臓さんが泣いています…」


と言うドクターがいたら、


優しそうだけど、


やっぱりちょっと

一般には敬遠されてしまいそうです。


医師は、科学者であるのが前提で、

医療現場には思いこみやファンタジーを

持ち込まないよう訓練されています。


患者がそれを求めても

やんわりとかわされるように

なっているのです。


治療現場においては、

なるべく科学主義でなくてはいけない。


それはいい悪いではなく、

社会が積み重ねてきたルール。


それはそれで

まずは受け入れましょう。


でも、


セルフケアにおいてまで、


絶対科学的でなくてはいけない、

としばられているわけではありません。


ファンタジーは時に、

マインドの想像力以上に

カラダの想像力を生み出します。


科学主義と

ファンタジーと。


僕らの人生には、

どちらも必要です。


どちらかを排除するのではなく、


状況や場面に応じて

切り替えて使い分けしていく力が

今後大きく問われていきそうです。


あ、


統合よりも、

切り替え力


の方が、現実的にうまくいくんじゃないか・・・。

この課題は、このブログでも

今後の大きなテーマとなっていきます。


日常のさまざまな場面における

切り替え&適応力。


自己治癒力は、きっとそんな

ココロとカラダにうまく

発動してくれるのかもしれません。


***


太陽と月の調和のセルフケア…。


(画像クリックでリンクします)


6月08日 水 東京  山崎郁代 「月の星座で読み解くパーソナルアロマ&バッチフラワーレメディ」

6月09日 木 名古屋 結月 サリー 「月よみ子育てでワタシ発掘!」~月の星座で読み解く母親学~

6月10日 金 神戸  盛上あけみ 「月の運命学」 ~月の星座で読み解く4つの能力の使い方~

6月22日 水 東京  高橋恭子 「シンクロがどんどん起こる癒しイベントのつくり方」

6月23日 木 名古屋  倉本ゆうこ   「月の菌活~感染に負けない発酵型カラダづくり~」

6月24日 金 神戸  西口ゆかり   「冷え」の原因は人間関係にあった!~月で読み解く相性学~



いいね!(155)
おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


ホテルに宿泊して、

チェックアウトするときに、


ベッドを整えたり、

洗面台を整理したり、

ゴミを一か所に集めたり、

スリッパをそろえたり…、


僕は自分がそうするのは、

中学校の時に、

国語の先生に習った


「飛ぶ鳥あとを濁さず」


という標語が、

強迫神経症的に

記憶に残っているからなのかな、


と思っていたら、


この間、読んだ本で、

一流の芸能人、アスリート、

経営者、ビジネスマンは

高い確率でそうする、

と書いてあるのを読んで、


おお、と意を強くしました。



有名人などは、

やっぱり名前がわかるので、

きちんとしなければ、という意識も

はたらくのかもしれませんが、


人気商売でもないビジネスマンが

そうする傾向がある、というのは、


なんというのでしょう…


やはり、部屋を清掃し、

ベッドメイキングしてくださる方の

顔が浮かぶのでしょうね。


そんな思いやりをもてるからこそ、

上司や取引先からも慕われ、

重要なポストを任されるのかもしれない。


日常のほんの行動ですけど、

そうやって、少しずつ違いを生んでいく。


ま、いっかとか

面倒だなとか思って

あいまいにしていたことも、


やると決めたらやる。


それが毎日を、

なんだか凛(りん)としたものに

するのです。


***


凛とした情報発信を。

5月30日塾生募集締切。

     ↓

(画像クリックで詳細ページへ) 


広島、名古屋、大阪、函館。

おのころブログ軍団、募集中!!



いいね!(251)
おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み