おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。





NEW !
テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。



たとえば、

頭にくるばっかりじゃない、


いろーんなところに来る怒りは、

どんなタイプがあるのでしょう?


本の章立てふうにして

まとめてみました。


  ↓


はじめに



第1章 のどにくる怒り


症状)

・つっかえたような違和感、

・いつものどが痛い、

・口内炎、

・甲状腺がはれる


タイプ)

・むっつり怒り?

…言いたいことはある、しかし、決して言わない



第2章 胃にくる怒り


症状)

・胃が冷えている、

・胃もたれ、

・胃痛、

・胃潰瘍

タイプ)

・切迫怒り
…早くしなきゃいけないのはわかってるよ!



第3章 腸にくる怒り


症状)

・ガスがたまる、

・腹痛、

・下痢、

・便秘


タイプ)

・被害者怒り
・・・うまくいかないのはあの人(上司、パートナー、親)のせい


第4章 子宮にくる怒り


症状)

・生理痛、

・生理不順、

・子宮筋腫、

・子宮内膜症


タイプ)

・根拠なき怒り

…理由なんてない骨盤から湧き上がるイライラ


第5章 各部にたまる怒り


・腰にくる怒り
・お肌にくる怒り
・皮下脂肪にたまる怒り



第6章 自然な怒り、不自然な怒り


・不機嫌な顔で「私、怒ってません!」
・不自然な怒りは空気を濁らせる
・怒りは二次的な感情である
・加速する怒りはやめよう

・怒りを加速させない方法
・言葉を変える、所作を変える

・カラダにたまった怒りを洗い流す習慣

おわりに



***


いやー、怒りについて


これだけまとめられたら

スッキリするだろうなー。


怒りとカラダバイブル、

いつか出版できるといいなと

思っています。


子供に対する、怒りのスイッチを

なるべく作動させない方法。

  ↓

ibマッピング親子専門士養成講座

9月、大阪、東京にて、第1期生募集です


詳しくはコチラ、ご覧ください!!
        ↓

いいね!した人  |  リブログ(0)
おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
NEW !
テーマ:

おのころ心平です。


呼吸法で、




鼻から吸ってー、

口から吐くー、



というのを聞いたことが

あると思いますが、


それをあなたはどれくらいの時間、

やったことありますか?



僕ね、


半日くらい

それで過ごしてみたことがあるんです。

(お、おかしいですよね・・・)



でも、


うーん…


その感想を一言で言いますと、


やたらに、面倒くさいです。(ちーん)



鼻だけでできるなら、

鼻で呼吸するに

越したことはない。


鼻で吸い、鼻で吐く、が、

やっぱりふつうなんです。


鼻から吸って、

口から吐く、


の呼吸法は

時々やるから、意味がある…。


***



生物は、

「食べること」が最優先で

進化してきたとする説があります。


おのころ心平 - ココロとカラダの交差点


口がまずあり、

口の付属品として

鼻、耳、目が発達してきた…

というのです。


口に入るものを吟味するように、

においを嗅ぎ、

安心して食べられる状況かどうか

周囲の音を探り、

目で見て、捕捉する…。


考えてみれば、魚時代は、

酸素も食べていたんですもんね。



***


海水に溶け込んだ酸素も、

栄養素のひとつ。


陸上にあがり、

食べることと呼吸とを別にして、

消化器系と呼吸器系とに分担させました。


でも、いまだに僕らのカラダは

「食べること」が優先なのです。


食べものを吸収する、そして排泄する。


その排泄プロセスのうち、

僕は3つの形態があると考えるのです。


★固体…もちろん「便」。


★液体…リンパ循環で回収。


★気体…げっぷ、ガス、ため息、口から吐く息。


口から吐く息の位置づけは、

僕からすると、

消化プロセスの産物。


消化管で生じる余った

熱量を吐き出すのに

口から吐く息は、

効果的なのです。


食べ過ぎや早食いをしてしまった日にこそ、

口から吐く呼吸法を。


***


子供のカラダの発達の原理を知りながら

子供へのコミュニケーションを考える。

理にかなった教育法!

      ↓

ibマッピング親子専門士養成講座

9月、大阪、東京にて、第1期生募集です


詳しくはコチラ、ご覧ください!!
        ↓


いいね!した人  |  リブログ(1)
おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

おはようございます。

おのころ心平です。


幼児教育や胎内教育、

母親が子供に与える

ストレスに関して書かれた本も多いの で、

親の子供への影響について、

とても慎重になるお母さんがいます。


うちに相談に来られる多くの

親子のクライアントさんも、


よく「私がこんな育て方をしたもので」

とおっしゃったりします。


でも、育て方に間違いも正しいもありま せん。


親は精一杯、子供に関わるだけ。


それ以上はできないし、

子供も本当のと ころ、

それ以上を求めるわけではない。


***


ただ、私が、お母さんたちに申し上げるのは、


「子供は親のしぐさや態度から学ぶ」

ということです。


「言葉の指示」だけでは

子供は言われている意味を理解できません。


私たちは、子供に


「よく噛みなさい」

「宿題やんなさい」

「お風呂に入りなさい」

「早く寝なさい」


と言葉で指示します。


それが高じて、ついには


「あなたのためを思って言っているの。

あなたは幸せになりなさい」 って。


でも

「私はいいから、あなたは幸せに」

というのは、子供には非常に受け取りに くい

メッセージなんですよね。

子供のためにやることより、

親がしっかり自分の人生を楽しんでいることこそ、

子供にはダイレクトに伝わるメッセージ なんです。

***


言葉より、態度で、

指示より、生き方で。


そして時折、

子供の目をしっかり見据えて、


「お母さんは(お父さんは)

あなたがいてとっても幸せよ」


って言ってあげましょう。

***


じわじわと口コミが広がってます。

「こんなに内容の濃い本だったなんて・・・。」

   ↓

   


これでいいのか自問自答が多いなら、

親子の在り方をいっしょに考える場へ。

   ↓

ibマッピング親子専門士養成講座

9月、大阪、東京にて、第1期生募集です


詳しくはコチラ、ご覧ください!!
        ↓

いいね!した人  |  リブログ(2)
おのころ心平さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み