1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月31日(水) 21時54分12秒

「主体的・対話的で深い学び」

テーマ:ブログ

昨夜熊本から水戸に帰り、今日は朝から名古屋に移動。

午後から名古屋の愛知県自治研修所で市町の課長補佐級研修でした。

この研修の担当も早いものでもう10年以上続いています。

 

 

今回も参加者から、「一方的に講義を聞く研修ではなく、自分や自分の組織を振り返り、

他の人と話をしたりすることは、勉強になるし、気づくことも多かった。価値ある時間でした」

と感想をいただきました。

これこそ最近の流行の言葉で言えば「アクティブ・ラーニング」と言っていいのでしょうか。

 

先日、ひたちなか市で開催した「あこがれ先生プロジェクト」で、

つくば市の並木中等教育学校の中島校長先生がアクティブ・ラーニングの話をされました。

 

 

アクティブ・ラーニングとは、「主体的・対話的で深い学び」

 

僕も1999年から研修を、今のような参加者自ら考え、話し合って、気づき学び合う場にしたい

と考え、試行錯誤を繰り返しながらやってきましたが、それは価値のあることだったと

参加者から評価してもらえることは、本当にうれしいことです。

 

最近インプットが少なくちょっと危機感を感じていますが、

もっと勉強して研修の質を高めていかなければとあらためて気合いが入っています。

 

そんな研修終了後、都内に戻ってきましたが、明日は朝から都内で研修があるので、

今夜は水戸に帰らずに上野の定宿です。

 

そして先ほどニュースで知ったのですが、今夜熊本で震度5弱の地震があったと。

幸い被害などはないようですが、実は昨日の昼間に一瞬ドンと縦揺れの地震があったので、

まだまだ予断を許さないですねと話をしていた矢先なので、心配です。

物理的な被害だけでなく、精神的なストレスがまた大きくなりそうなのも心配です。

 

また今年は台風が数多く来ていて、しかも東日本、北海道に大きな被害をもたらしています。

天変地異が起きているとき、政治や経済も大きく変わるとも言われていますが、

これから日本や世界の変化はやはり要注意だと思います。

 

明後日、3ヶ月に一度の「水戸藤原塾」が開催されます。

今日本や世界で何が起きているのか、この先どんな変化が起きそうなのか。

大事なことは、変化を知り、素早く対応すること。

「備えよ常に」を忘れずに、変化を予測し、準備すること。

そのために藤原さんからしっかりと学ばねば。

 

さて、せっかくの定宿。

これから大浴場とサウナでリフレッシュしてきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月30日(火) 22時21分43秒

震災から学ぶ

テーマ:ブログ

日曜日に水戸を出て熊本に向かうときには、台風10号の進路と影響がどれほどあるのか

(特に関東地方に)わからなかったので、最大4泊できる用意をしていきました。

今週は、熊本・名古屋・東京と出張が続きます。

 

昨夜までは、30日には熊本から水戸に帰らずに、新幹線で熊本から名古屋に移動することを

考えていましたが、台風10号の進路が太平洋側にズレたことと進む速度が速くなり、

30日の午後には関東地方に大きな影響はないだろうと判断し、当初の予定通りに、

熊本から水戸に帰ることにしました。

 

1999年に出張生活を始めたときに、まだ娘たちも小さかったこともあり、

「1回の出張は長くても3泊まで」

「帰れるときには帰る」

を大切にしていこうと決めて、以来、17年間実践してきました。

もちろんここ数年は、どうしても4泊してしまう出張が年に1・2回あったり、

体調面を考えて、あえて水戸に帰らずに出張先に宿泊することもありますが、

それでも可能な限りは最初に決めた決め事を守っていくつもりです。

 

そして、いつまでこんな出張生活を続ける気なのか、

ということも考えなければなりませんが…(苦笑)。

 

さて昨日今日の熊本出張ですが、驚くほど涼しく快適でした。

熊本県庁前の銀杏並木も、どこか秋の気配で。

 

 

今回は、当初4・5月に開催予定でしたが震災で延期になっていた「新任班長研修」

テーマは「リーダーシップとチームづくり」

 

班長となって数ヶ月、そして震災を経験したからこそ感じたこと、気づいたこと、学んだことが

あるはずなので、小グループごとに話し合ってもらい、まとめ、全員で共有することに

取り組んでもらいました。

 

 

「いざという時にできないのは、普段できていないから」

「いざという時に、思わぬ団結力、協力体制が生まれることがあった」

などといろいろ出てきましたが、上記のままでは抽象的すぎるので、

できるだけ具体的な事例として出してもらい、

「なぜそうなったのか。そこから何を学び、これからにどう活かすのか」

と振り返りをしていかなければなりませんが、

班長のみなさんはまさに現場のリーダーとして様々なことに取り組んできているので

熱心な話し合いをしてくれました。

 

この研修は3回開催予定で、来週も熊本に行きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月29日(月) 23時50分19秒

御礼「あこがれ先生プロジェクト in いばらき」

テーマ:ブログ

今夜も熊本市の定宿です。

今日の熊本市の最高気温は28℃!

地元の人たちがびっくりする涼しさです。

 

聞けば1週間前は38℃もあり、ずっと酷暑が続いていたとのこと。

もうみんな暑さで参っていたところに、この涼しさ。

みなさんほっと一息ついている様子でした。

でもこの涼しさも明日までで、今週の後半からはまた暑くなるようですので

体調管理に気をつけてもらいたいですね。

 

さて今日のブログは、先日(8月27日)開催した「あこがれ先生プロジェクト in いばらき」の

終了後の全体写真を紹介します。

 

「あこがれ先生プロジェクト」言い出しっぺの中村文昭さん、

今回ゲストとして登壇していただいた、

アクティブラーニングの並木中等教育学校 中島博司校長先生、
ありがとう共和国の岩手県北上市立南中学校 木村利光校長先生、

塙実行委員長はじめ青いTシャツのスタッフ、

みんな良い笑顔だと思いませんか。

 

 

 

当日は各地で様々なイベントも開催している中、たくさんの方にご来場いただきました。

中村さんの話はいつものように、笑いの中にも心が揺さぶられるほどの真理を感じました。

そしてお二人の校長先生の話は、まさに実践されてきたことから生まれる迫力、

本気の覚悟がびしびし伝わってくるものでした。

ありがとうございました。

 

3年前に茨城で動き出したこの小さな渦が、茨城県内の子どもを持つ親御さん、

地域に住む方々、そして県内の学校の先生たちに徐々に広がり始め、大きな渦となって、

子どもたちにとって、そして先生たちにとって、学校という場が楽しく素敵な場になることを

願っています。

 

「あこがれ先生プロジェクト in いばらき」の活動は、これからも続いていきます。

この活動を我々と一緒にやっていただける方、

大募集ですので、どうぞよろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月28日(日) 22時06分33秒

祝!復旧リニューアルオープン

テーマ:ブログ

日曜日に移動するのは好きではないのですが、今日は昼に水戸を出て、熊本市に来ました。

熊本に着いたら、どしゃ降りの雨。これも台風10号の影響でしょうか。

 

明日と明後日、4・5月に開催予定だった熊本県の管理職研修。

今夜は、久しぶりに熊本市の定宿(ドーミーイン熊本)です。

 

 

ここドーミーイン熊本は、4月の地震の後、他のホテルの復旧よりも遅れること数ヶ月、

つい数日前(8月23日)、復旧リニューアルオープンしました。

 

 

いや~、良かった!

どうしたんだろうと、ずっと気になってネットで調べていたのですが、

数週間前に復旧リニューアルオープンすることを知り、すぐに予約しました。

 

今日チェックインする際に、フロントの方に「良かったですね」と話をしたら、

「長い間ご迷惑をおかけしてすいませんでした」と逆に謝られてしまって・・・

スタッフのみなさんも4月以降大変だったと思います。

ドーミーインのファンとして、これからも応援していきます。

 

では、そろそろドーミーインの魅力、温泉大浴場&サウナで汗を流してきたいと思います。

 

明日以降、台風10号の進路と影響が心配ですが、

リスク管理をしっかりしていきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月26日(金) 18時52分58秒

改善に取り組む

テーマ:ブログ

山口県セミナーパークでの2日間の研修(市町係長級研修)を終えて、

山口宇部空港の出発ロビーです。

これから羽田経由で水戸に帰りますが、自宅に着くのは23時半頃でしょうか。

 

今回の研修も参加者が終始熱心に話し合ってくれて、いい雰囲気で進めることができました。

 

 

正解がひとつではないことを自分の頭で考えていくことは脳が疲れます。

なので甘いものなどの持ち込み自由ですよと初日に言ったら、

今日は早速チョコレートやアメなどが机の上にたくさん出ていましたね(笑)。

 

研修終了後、参加者みなさんの会場を出て行く様子や表情を見ていましたが、

それぞれ笑顔だったり、同じ自治体の人たちといい感じで話ながら出ていったり、

何人もの方が感想を言いに来てくれたりと、

少しは役に立てた研修ができたと、ほっとしています。

 

また今回はセミナーパークに来る楽しみがひとつありました。

それは昨年から、そして前回(6月)に来たときにも話(提案)をしていたことに対して

取り組んでくれたことがあったからです。

 

それが食堂の改善についてです。

 

ここセミナーパークは毎日数多くの研修が開催されていて、

多い日には1日1000人以上が利用します。

平均でも600人位だそうです。

そうなるとお昼の食堂はものすごい混雑をするのですが、

まず食堂の設計が一度のたくさんの人を受けられるようにはなっていません。

だったら人の導線などに工夫をすべきところですが、今まで何も手を着けていませんでした。

 

お金をかけずにできる改善を実践しましょうと、提案していて取り組んでくれたことがコチラ↓

 

 

種類(定食・麺類・カレーなど)によって食券を出すところと受け取るところが違うので、

どう並んでほしいのかを床にそれぞれの色テープを貼る。

これだけでも、今までどこにどう並んだらいいのかわからずに混雑していた流れが

多少なりとも改善しているようです。

 

それとまだ残念ながら取り組みができていないのが、食券販売機辺り。

 

 

それぞれの前に列ができるのですが、これも販売機の前で2つに分かれるようにして、

そこまでは1列で並んだ方が並んでいる人のストレスが少なくなるのではないかと

これは今後継続検討になっていました(苦笑)。

 

それとカウンターの中の方々の食券の受け取り方、品物を出す手順など見ていると、

まだまだ改善のポイントはたくさんありそうです。

僕自身もいろんな企業や役所の食堂を見学するのが好きなので、

うまく人が流れるところもあれば、そうでないところもあったりして気になるのです。

一番大事なのは、食堂で働く人たちに改善の意識がどれだけあるのかですが。

 

そんなことを研修参加者と話をしながら、

知識を知恵に、そして実践して成果を出すこと

の大切さについても考えてもらいました。

 

さてさて、次回セミナーパークにお邪魔するときにはどうなっているのか、楽しみです。

 

そろそろ搭乗時間ですので、この辺で。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月25日(木) 22時51分04秒

ご案内「あこがれ先生プロジェクト in いばらき」

テーマ:ブログ

今夜も山口市、新山口駅前のホテル。

今日明日の2日間、山口県自治研修所(セミナーパーク)で市町職員(管理職)研修

「組織活性化とリーダーシップ」です。

 

今夜はいよいよ明後日にひたちなか市で開催する、

「あこがれ先生プロジェクト in いばらき」の最終案内です。


「先生が輝けば、学校が輝く!学校が輝けば、地域が輝く!」

子どもたちの未来のために、先生を応援し、学校全体を元気にしていく。

それは親であり、地域の一員である、私一人ひとりの意識と行動にかかっていると思います。

 

当日(8月27日)は、つくば市では「まつりつくば」が開催され、

水戸市でも北海道の佐々木ファームの映画「大地の花咲き」の上映会もありますが、

ぜひ、「あこがれ先生プロジェクト」にひとりでも多くの方にお越しいただきたいのです。

このプロジェクトを全国各地に広めている張本人、中村文昭さんももちろん登壇して、

一人ひとりの心に火を灯す熱い話をしてくれることでしょう。

みなさんのご参加をお待ちしています。

 

【日時】  2016年8月27日(土)13:00〜16:30 (受付12:00~)

【会場】  ワークプラザ勝田 (茨城県ひたちなか市東石川 1279)
【講師】
    あこがれ先生プロジェクト発起人 中村 文昭 氏 
    岩手県北上市立南中学校校長 木村 利光 先生
    茨城県立並木中等教育学校校長 中島 博司 先生
 

第3回のテーマは、「先生も子供たちも元気になる学校創りとは?」
学校が輝く環境になるために、もっとも大きな影響を持つのは校長先生のリーダーシップです。

「日本一ありがとうを集める学校」を目指して、子供たちや保護者に自分の思いを発信しつづける木村利光先生。
アクティブラーニング教育をもとに、子供たちに協力して考え、自ら答えを導き出す力を養う中島博司先生。
それぞれの体験から、未来を輝かせる人の育て方を一緒に学びたいと思います。

【参加費】  [前売券]¥1,500 [当日券]¥2,000   ※大学生以下無料
【後援】 茨城県、茨城県教育委員会

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月24日(水) 23時20分31秒

「見抜く力」

テーマ:ブログ
今朝水戸を出て、午後から名古屋の愛知県自治研修所で研修、
終了後、名古屋駅から新山口駅まで新幹線で移動。
明日から2日間、山口県自治研修所で研修なので、今夜は新山口駅前のホテルです。

ここはドーミーインとは違うビジネスホテルですが、大浴場とサウナが完備されているので
先ほどまでゆっくりと移動で疲れたカラダを休めてきました。

人材マネジメント部会の夏期合宿が日曜日からだったので、その分の疲労もたまっているようで、
今夜はもう早く眠りたい、そんな感覚ですので、短めにブログを書いていきます。

水戸からの移動中、ずっと読み込んでいたのが、この本



「見抜く力 ~リーダーは本質を見極めよ~」 酒巻久著  朝日新聞出版

先日(8/16)、同じくキヤノン電子の酒巻社長の本「伝える力」について書かせてもらいました。
http://ameblo.jp/onikko-nikki/entry-12191014926.html

こちら「見抜く力」の方が最新本となりますが、この本も酒巻さんのこれまでの経験を基に
わかりやすく、そして簡潔に要点がまとめられているので、非常に学び多い内容になっています。

「見抜く力」と「伝える力」の2冊は、若手経営者勉強会や中堅リーダー向けの勉強会の
課題図書やテキストに活用したらいいのではないかと思っているところです。

「はじめに」でいきなり、見抜く力とは何かを定義されています。

見抜く力(洞察力、見識)=深い知識(知恵)+正しい経験の積み重ね

この本の最後の章が、
「時代の変化を見抜く ~変わるものと変わらないもの、変えてはいけないものを見極める~」
そこにドキッとする、そして「まさにそうだなぁ」と思う言葉が出てきます
以下、本文を引用させていただくと・・・

******************************************

「40代になったら、20代の2倍勉強する」
・・・プレーヤーとしての能力が衰え、マネジメントの能力が必要になる40代以降であれば、
会社から求められる100の能力を維持するために、20代の頃の2倍の勉強が必要になる。
50代なら、3倍勉強しないと、とてもではないが100の能力を維持できない。
40代、50代になっても会社から必要とされる人間であり続けるには、それしかない。

「本を読んだら必ずメモを取る」
・・・これはと思う本に出会ったら、巻末記載の参考文献まですべて読むようにするといい。
本や新聞、雑誌の読み方として、忙しいときは、
①読みながら大事な箇所に線を引く
②スマートフォンで該当箇所を写真に撮る
③あとで手書きでノートにメモする
知識というものは、それを簡略化して、いつでも使えて、行動に移せる「知恵」にしてこそ意味がある。
本で得た学びを自分の知識とするには、ノートに書き留める作業が不可欠であり、
それがあって初めて読書は身につく。
読みっぱなしの読書は、今日を限りにやめにしよう。

*******************************************

あらためて、「見抜く力」と「伝える力」、お勧めです。

さて、もう寝ます。
おやすみなさい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月23日(火) 15時58分15秒

夏期合宿終了!

テーマ:ブログ
人材マネジメント部会・夏期合宿、昼過ぎに終了しました。
全体会場となった早稲田大学法学部講堂での記念撮影
また昨夜の懇親会とは違った、いい笑顔が見られます。



そして3日間お世話になった早稲田大学は学部ごとに大きな講堂や多くの教室があるのがすごい。
やっぱり母校の約4倍の学生数ですからね。

合宿3日目は、他の自治体の取り組み発表から学ぼうと、
79自治体の中から、幹事団が選出した6自治体に再度発表してもらい、
幹事団からの選出したポイントなどのコメントも加えて、会場全体で学んでいきました。



最後のセッションは、北川顧問と出馬部会長はじめ各幹事からの応援メッセージで終了。



79もの自治体、3日間の設営進行は、そう簡単なことではありません。
事務局も事前準備から始まり大変な労力。青木さんはじめ事務局のみなさん、お疲れさまでした。

また運営については事務局だけでなく、今年度部会運営を各会場で手伝ってくれている運営委員
(過去に部会に参加しているメンバー)が完全ボランティアですが、
全国各地から30名近く集まってくれたおかげで無事に進めることができました。
彼らには心から感謝しています。ありがとうございました。

そして参加した自治体のみなさん、お疲れさまでした。
夏期合宿は通過点。
明日以降、取り組み始め、その成果やそこからの気づき学びによるブラッシュアップした計画を
10月の部会で発表してもらうことを楽しみにしています。

この人材マネジメント部会も11年目を迎えていますが、
関わってきたたくさんの人たちの力で今成り立っています。
一人ひとりが自主自発的に一歩踏み出して、未来に向けて価値を生み出す行動をしてくれています。

小さな渦がゆっくりゆっくり大きな渦になっていくことを感じます。

今、水戸に帰る常磐線の特急列車の車内、
夕方からは、ひたちなか商工会議所で経営品質セミナーです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月22日(月) 23時04分51秒

人材マネジメント部会・2016夏期合宿

テーマ:ブログ
今夜は東京八丁堀の定宿です。

昨日から3日間、早稲田大学にて毎年8月恒例の人材マネジメント部会・夏期合宿を開催しています。
今日は2日目。



台風の影響で開始を1時間遅らせましたが、9時半から18時まで
まず3会場に分かれて部会参加自治体の組織変革計画の発表、幹事とのやりとり、
その後、これは今年度から始めたのですが、出馬部会長と僕が分かれて2会場で、
最初の発表を終えた自治体とさらに突っ込んだやりとりをしていきました。



今年度の参加自治体数は全部で79ですので、昨日の午後から今日の夕方まで、
僕は40の自治体とのやりとりを一自治体平均15~18分したことになります。

やはり一つひとつの自治体が今日まで真剣に考え話し合って作り上げてきた計画ですから、
ずっと真剣勝負、緊張感を持続して話を聞き、そしてやりとりしていきましたので、
すべてが終わった時には、正直しばらくイスから立てないくらい力が抜けていました。

なぜ2回も幹事とのやりとりをしていくのかと言えば、参加者が自治体の戻ってから、
どのように計画を首長はじめ幹部に報告承認してもらい、実践して成果を出せるようになるのか、
そのために幹事が気になるところなどを聞いていきながら、計画の質を高めていくためです。
計画を作るのが目的ではなく、実践して成果を出してもらうのが大事ですから。

そしてこれまでもブログで紹介していますが、この8月の合宿の後、また参加者3名で、
さらに職場にいるキーパーソンとの対話を深め、ブラッシュアップした計画を
10月の各地域で開催する部会で発表してもらうことになります。

ここがこの部会の特徴、研究会と言っている理由で、
よくある研修のように、計画や施策を発表して評価して終わり、ではないのです。

またこの夏期合宿は、参加者が初めて一堂に会する場でもあるので、交流も目的のひとつ。

今夜は早稲田大学のカフェテリアをお借りしての大懇親会も開催しました。
幹事を入れて240名を超える人数で懇親会ができる場はなかなかありません。
お金のかかるホテルの宴会場は予算の関係上できませんので、
毎回大学カフェテリアをお借りしています。
みんな学生気分に戻ったようで・・・



乾杯が終わると、みんな一斉にしゃべり出して、もう賑やかで(うるさくて)・・・(笑)



チーム熊本も「くまモン体操」で盛り上げてくれました。



そして最後に集合写真。
みんなの表情が良いですよね。この合宿を通して、みんな同じ志を持った自治体職員として、
良いネットワークがどんどん生まれています。



明日は最終日。
昼過ぎまでいくつかの自治体(幹事が選抜した)の発表や幹事団からのメッセージなど
合宿は続いていきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月20日(土) 23時28分34秒

第13回水戸市長杯小学生オセロ大会

テーマ:ブログ
いきなり台風が日本列島近くに3つも発生して驚きました。
明日以降の天候には要注意ですね。

今日は、第13回水戸市長杯小学生オセロ選手権
もう13年続いています。
最初の頃に熱心に参加してくれて子どもたちも、みんな成人となっていますからね。



世界各国で愛されているオセロゲームは、日本で、水戸で生まれた。
水戸市民、特に子どもたちにそれを知ってもらい、
自分の生まれ育っている水戸を誇りに思ってもらいたいと、
2004年に仲間たちと立ち上げたのが、水戸オセロプロジェクト。

2006年には第30回世界オセロ選手権大会を水戸に誘致して開催、
世界各国から来た選手たちから、まち全体で自分たちを歓迎してくれていると
高い評価をもらいました。

そしてあれから10年、今年2016年、第40回世界オセロ選手権大会が再び水戸で開催されます。
今回は水戸市が日本オセロ連盟とともに開催することになったので、
10年前より大きな盛り上がりになることでしょう。

表彰式では高橋市長からも、子どもたちに「オセロのまち水戸」についてお話いただきました。



11月第1週、「水戸オセロウィーク」をどうぞお楽しみに!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>