1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月10日(土) 23時13分38秒

今日はオフ

テーマ:ブログ

沖縄から水戸に帰って来て、やはりカラダにこたえる冬の寒さ。

しかも今日は最高気温11℃、強い北風の1日でした。

夜になってまた一段と冷え込んで、明日の朝は氷点下(-1℃)の予報です(苦笑)。

 

この時期いつも同じことを書きますが、

12月と1月は、プロ野球選手のようにゴルフができる日が増えます。

今日はオフ、大洗ゴルフ倶楽部に行ってきました。

 

 

太平洋が見える16番パー3は、タフですが美しいホールです。

 

 

先日の琉球ゴルフ倶楽部でご一緒させていただいた方が琉球GCの元クラブチャンピオンで、

常に低いライナー性の球を打っていたのを間近で見ていて勉強になりました。

アゲンストでも距離が落ちない強い球で、ぜひマスターしたいと、

朝の練習からラウンド中、そしてラウンド後の練習まで、ずっと意識して打っていきました。

来シーズンに向けて、年末年始に取り組むべきテーマが見つかったことは楽しいことです。

 

それと今日はぜひブログに書いておきたい言葉があります。

Facebook「リーダーへ贈る人生が輝く名言」から。

僕自身が強くありたいと思う姿です。

 

************************

 

人に文句をつけて喜ぶ人ではなく、

人を讃えて生きる勇気を与える人でありたい。

人を批判して得意満面になる人ではなく、

人を明るくして笑顔をつくりだせる人でありたい。

人を見下して元気を奪う人ではなく、

人を尊敬して互いの幸せを願う人でありたい。

 

************************

 

年末近くまで働く方が多いので申し訳ありませんが、

2016年は19日(月)が仕事納め。

あと1週間、気張っていきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月09日(金) 15時38分24秒

「経営者には、幸せにするべき5人の人がいる」

テーマ:ブログ

ただ今、那覇空港の出発ロビーです。

沖縄の旅も今日が最終日。

少し早めに空港に着いたので、PCを開いてブログを書き始めます。

 

今日は沖縄のことではなく、ぜひとも紹介したい本。

特に経営者やリーダーの人たちには読んでもらいたい1冊です。

 

 

『経営者には、幸せにするべき5人の人がいる ~「感動経営」を実現するリーダーの条件~』

 久保華図八著  日経BP社

 

敬愛する経営者、北九州の美容室BAGZYの久保社長の最新本です。

いつも久保さんのお話や本は、現場の事例(良いことも悪いことも)が数多く入っているので、

非常にわかりやすく、深い気づきをいただけます。

今回のこの本も、まさに久保さんが経営者として、そしてリーダーとして大切にしているものを

明確にしてくれていますし、僕自身、この考えに強く共感しています。

 

日本の企業経営者(特に上場企業)には、伊那食品工業の塚越会長の「年輪経営」、

法政大学の坂本教授の「日本でいちばん大切にしたい会社」、

そして久保さんのこの本をしっかりと読んでもらいたいですね。

 

それと、新幹線車両清掃会社の「TESSEI」を必修のケーススタディに採用した、米国の

ハーバード大学経営大学院(MBA)でも必修の課題図書にすればいいのにと思っています。

短期的な成長(膨張)よりも、何を大切に経営をすべきなのか、

マネー資本主義が蔓延する社会の中で世界中がその本質を考え直すときだと思うのです。

 

この本は、今回の沖縄の旅の前に一度読んでいたのですが、

やはり3回はしっかり読んでいこうと思い、機内やホテルの部屋で読み返していました。

 

「はじめに」に書かれていることを少し紹介します。

まずこの書き出しで、心のど真ん中にど~んと衝撃を受けました(苦笑)。

 

**************************************

 

みなさんは、経営で成功する条件というのは、何だと思いますか?

いい学校を出ている、つまり学歴があるこでしょうか。実家が裕福で、お金がふんだんにある

ことでしょうか。それとも、健康で体力が充実していることでしょうか。

ボクは、こうした条件はどれもあてはまらないと思っています。

中学校を卒業しただけでも、成功している経営者はたくさんいますし、開業資金が豊富でも、

失敗してしまう経営者はいます。

でも1つだけ、これは成功するために重要な条件だと思っていることがあります。

それは時間です。時間の使い方です。

時間はすべての人に同じ条件で与えられています。そして、大げさに言えば命と同じです。

まさに、命を使うこと=「使命感」です。

1日24時間をどのように使うかが、経営で成功するか失敗するかを分けるのではないでしょうか。

 

「一流の人は、質を高めることだけを考えている」

 

では、時間を何に使ったらいいのでしょうか。

ボクが考えている「成功する時間の使い方 その1」は、自分の商品やサービスの質を

高めるのに時間を使うことです。

 

(中略)

 

「人を喜ばせた影が利益になる」

 

「成功する時間の使い方 その2」は、「人を喜ばせること、幸せにすることに時間を使う」です。

これが本書で最もお伝えしたいことです。

 

(中略)

 

「経営者には、幸せにするべき5人の人がいる」

 

あなたの周りの人のことを考えてみてください。人を喜ばせ、幸せにしている人は、

成功していると思いませんか?

このことが、経営者にとって一番大切なことだと思うのです。

ボクは昔、自分のことしか考えていない経営者でした。

技術があればお客さんは来るだろう。高い給料を払えば社員はついてくるだろう。

こう勝手に考えていて、周りの人が何を考えているのか、きちんと理解できていなかったのです。

大勢の幹部が退職し、窮地に陥ったボクを残ったスタッフが助けてくれて、

バグジーは現在のように、「いい会社」と言ってもらえるまでになりました。

この挫折が、ボクを変えてくれました。それから再生の経験を通じて一歩一歩、

会社のみんなで経営のあり方を形づくってきました。その結果、おかげさまで、

創業から33年連続で増収を達成しています。

 

「人を喜ばせる経営」「人を幸せにする経営」こそ、いい会社をつくると信じています。

特に経営者には5人の、幸せにするべき人がいます。

それは「働く仲間」「お客さま」「かかわりのある業者さん」「地域の人たち」そして「家族」です。

この人たちを幸せにした結果が自分たちに返ってきます。

人を喜ばせた影が利益なることを、本書を通じてみなさんに少しでもお伝えすることが

できれば幸いです。

 

**************************************

 

時間の使い方、つまり命の使い方の重要性は多くの人は感じているはずです。

でもその時に、何を大切にするのかが明確でなかったり、

その時の都合次第で変わってしまうことがあったりします。

そして、本気度は時間の使い方で測れると言われています。

 

沖縄では、久保さんのこの本を何度も読み返しながら、

自分自身のこれまでを振り返ったり、これからを考えていました。

今年一年をまとめ、来年を考える、年末にいい時間ができました。

久保さん、ありがとうございます。

 

みなさんもぜひ。

 

さて、そろそろ搭乗時間です。

これから冬の水戸に帰ります。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月09日(金) 00時02分33秒

沖縄3日目

テーマ:ブログ

今夜も、たった今、那覇の定宿に帰ってきたところです。

 

沖縄3日目は、今日もいい天気。

沖縄の人たちは涼しい、肌寒いと言って長袖、そしてマフラーをしている人までいますが、

最高気温23℃、最低気温18℃は本土から来た者にとっては快適そのもの。

もちろん夜になって風は涼しいですが、半袖でOKです。

 

今日の日中は、勉強会に参加してくれている「宮里クリニック」の宮里先生たちと、

琉球ゴルフ倶楽部で和気あいあいと楽しいラウンド。

 

 

難しい高麗グリーンにラフでしたが、琉球Gの広々としたコースはいつも相性が良く、

久しぶりの70台でした。

 

そして夜は、秋山さんはじめ沖縄教育出版の卒業生や現役のメンバーたちとの会食。

沖縄教育出版さんに初めてお邪魔して、もう10年が経ちます。

今は川畑会長から息子さんに経営がバトンタッチされていますが、昔話で盛り上がりました。

 

しかも今夜も沖縄の美味しいものをしっかりと堪能。

会場は、沖縄で飲食業を中心に数多くの事業を展開している(株)アメニティグループの

「海のちんぼらぁ」でした。

ここの店長は、何と経営品質の勉強もしているので詳しいですよ。

それだけ人材育成、社員教育に熱心な会社で、沖縄でも評判のいい会社です。

http://www.amenity-gr.co.jp/

 

 

しかもさすが人気のお店。

スタッフの対応もいいですが、何より料理が美味しい。

今夜も今回の沖縄でハマっている美味しい沖縄島豆腐料理の数々をいただきました。

 

 

 

 

 

沖縄に行かれた際にはお勧めです。

「とまりん」のすぐそばです。

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000461/

 

さて、明日、水戸に帰ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月08日(木) 00時16分16秒

今年最後の「未知の会」

テーマ:ブログ

たった今、沖縄那覇の定宿に帰ってきました。

すいません、今夜は敬愛する安田未知子先生を囲んでの会食「未知の会」で、

美味しい泡盛をたらふく飲んでしまい、もうかなりいい気分です。

 

今夜の「未知の会」のメンバーは、沖縄の新しい靴屋として評判を高めている

サロンド・ぐーの秋山さんと沖縄教育出版の早川さん。


 

今夜は、未知子先生から「徳を積む」ことの大切さの話がメインでした。

ここ数年で、未知子先生は第二次世界大戦時の沖縄戦での「ひめゆり学徒隊」の話や

戦後の話を何冊かの本にして出版しましたが、いろいろな方に久しぶりに会って本のことの

話になるときに、そのこととは別に、亡くなられた旦那様の話をたくさんの方から聞くことが

多かったそうです。未知子先生と同じ教員で、しかも教育長までされた旦那様ですが、

未知子先生の知らなかった話がずいぶんとあったそうで、あらためて陰徳を積んでいた

旦那様のことをすごい人だったと思われたそうです。

 

未知子先生の旦那様のような生き方に、僕自身もそうありたいと思います。

 

さて今夜の「未知の会」の会場は、旧コザ(現沖縄市)で創業60年の老舗「安寿し」。

安田未知子先生が若い頃から良く通っている、知る人ぞ知る沖縄の有名な寿司店です。

ここの名物は、寿司屋でありながら、何と「鰻」。

 

「鰻の白焼き」、

わさびを挟みながら食べると口の中で鰻の脂が爽やかになって美味しいんです。

 

 

静岡産の鰻で、蒲焼きももちろん絶品です。

 

 

そして、これも絶品「鯖の炙り焼き寿し」

 

 

沖縄で寿司屋?!と思うことなかれ。

寿司好き、鰻好きの方、ぜひ沖縄で一度食してみてください。

 

もう限界、心もお腹もいっぱいで眠たくて・・・

おやすみなさい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月06日(火) 23時28分58秒

今年最後の鬼澤塾

テーマ:ブログ

たった今、沖縄・那覇の定宿に帰ってきたところです。

 

今朝、茨城空港から神戸経由で沖縄那覇空港に飛んで、

今夜は鬼澤塾、今年(全5回)の最終回と懇親会。

・・・やっぱりどうも自分の名前の付いた勉強会は気恥ずかしいですね(苦笑)

 

 

マンマ家クリニックの久髙先生が、もっと沖縄の若手リーダーたちに学びの場を提供したいと

各方面に声をかけてくださって生まれたこの勉強会も4年が経ちました。

ほんと毎回熱心な参加者が多く、終始いい雰囲気で、時間があっという間に過ぎていきます。

 

今年のテーマは、「いい会社をつくりましょう」

9月の合宿勉強会以降、どんな取り組みをしてきたのか。

そして今年一年の総まとめとして、学びの振り返り。

 

さらには来年に向けて、「今年の自分の成長と組織の成長について」、

「今年の反省点と課題」、「来年具体的にどんなことに取り組むのか」を考えてもらいました。

 

来年2017年も引き続き、全5回の勉強会として継続開催することも決定。

きっと新しい出会いがあるでしょうし、継続して学びを深めていくことにもなるでしょう。

またひとつ来年も楽しみが増えました。

ご縁に感謝して、少しでも未来を創る勇気と知恵が生まれる場づくりに取り組んでいきます。

 

今日、研修会場で見つけた地図。

沖縄が中心となっている地図を初めて見ました。

普段よく見る地図とはアジア各国との距離感が違いますね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月05日(月) 22時56分06秒

来年の楽しみ

テーマ:ブログ

12月に入り、季節は一気に冬になりましたね。

明日からはまた寒波が来るようで、冷え込みが厳しくなるようです。

 

先ほどTVを見ていたら、驚きのニュースが!

プロ野球、日本ハムの大谷選手が来季のオフにポスティングでメジャーに行くんですね。

入団から5年目でのメジャー挑戦。

まぁもともと高校時代から卒業後メジャーに行きたいと言っていたのを

まずは日本のプロ野球でやってからと本人を説得した経緯があるので仕方ないことで・・・。

これから何年も投手と打者の二刀流でどこまでできるのかが楽しみだったのですが、

それも来シーズンだけになってしまいましたね。

それとも、メジャーでも二刀流でいくのか、やらせてもらえるのか?

いずれにせよ、今や野球ファンでなくても気になる、

そして何より子どもたちが憧れる野球選手ですので、

日本でも米国でも、どんどん難しいことに挑戦する姿を見せてほしいと願っています。

 

今日は茨城大学理学部大学院での講義「組織運営とリーダーシップ」、

早いもので年内あと3回で全講義終了です。

 

 

また授業前に、先日の「みと創業支援塾・プレ講座」に参加してくれたKさんと

大学図書館内のカフェで打ち合わせ。

Kさんは茨城大学に留学生として来日し、大学を卒業後に水戸で「㈱SHOOWA」を起業、

今では「留学生ドラフト会議」などを企画開催しています。

http://www.draftmeeting.com/index.php?FrontPage

 

 

来年は茨城大学だけでなく筑波大学などに来ている留学生を対象にした

「留学生リーダー育成塾」の支援ができそうで、楽しみが増えました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月03日(土) 21時10分32秒

Leadership That Shapes The Future

テーマ:ブログ

今日も日帰りで都内に。

ただ今、上野から水戸に帰る特急列車の車内です。

 

東京駅がプロジェクションマッピングのようにきれいに映像を映し出していました。

 

 

今日は午後から、「あえるば」主催のリーダーシップ研修

「個の力を活かして組織の未来を創るリーダーシップ」の最終回でした。

 

前回(第5回)と最終回を僕が担当させてもらい、

ケースを使い「意思決定」の定石を学び、自社の「企業文化」については、

「ありたい姿と現状」から、どのように変えていくのかを考えてもらいました。

 

そして終了後の修了式では、藤原さんから一人ひとりに修了証の授与。

 

 

リーダーシップの本質を定義することは難しい

しかしその存在を感じ取ることはできる

リーダーは無理やり人を従わせたりはしない

人はリーダーに自然とついていくものだ

 

自分を信じ、人を尊敬し、誠実かつ公平に振舞い

人からの信頼を得るリーダーであり続けることを願って

 

受講生のみなさん、ぜひ現場での実践、どうか頑張ってください。

 

そして今回もリーダーシップを語る講師(自分)自身の言葉ひとつひとつが、

自分の胸に突き刺さってきました(苦笑)。

本気の覚悟があるのかどうか、自分の言葉が自分に問いかけてきます。

 

明日は今日の自分より、ほんの少しでも成長した自分であるために

あきらめず、がんばっぺ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月02日(金) 23時47分35秒

備えよ常に

テーマ:ブログ

たった今、藤原塾後の懇親会を終えて自宅に帰って来ました。

 

今朝は7時の特急列車で都内に向かい、担当させていただいて5年目となる、

全国自治体病院管理職研修「未来を創るリーダーシップ」。

約250名の自治体病院の看護部長・看護師長などを対象に、

朝9時半から15時まで終始いい雰囲気で「場づくりと人づくり」について考えてもらいました。

会場は麹町の都市センターホテル。

この四谷・赤坂・麹町辺りは学生時代からよく歩いていたところなので、来る度に懐かしさを感じます。

 

 

 

 

終了後、急いで水戸に帰って来て、今夜は3ヶ月に一度の「水戸藤原塾」

さすがに米国大統領選挙後ですから、普段よりも参加者が多かったですね。

 

 

初めての方も何人かいらっしゃいましたが、藤原さんの歴史観・世界観の広い話には

やはり驚かれたようで・・・

ぜひ今夜の講義の音声データを3回聴いて学び直してくださいとお願いさせてもらいました。

 

来年1月にトランプが新しい米国大統領になってからの世界の大きな変化をどう考え、

その変化に備えておくのか。

今、国内外の金融市場は表向きは平穏を装っていますが、それを鵜吞みにすることは危険です。

何しろ各国の金利が上がり始めてしまったことは、後戻りできない大変化の始まりです。

 

ピンチはピンチとしっかりと現実を見て、

それをどうチャンスに変えることができるのか。

最悪の事態をどれだけ考え備え、最善の手を打っていくのか。

個々の力、組織の力、地域の力が試されるときです。

 

昭和の「含み益経営」の時代から、1985年以降の構造改革、

多くに企業が行ってきた「リストラ経営」で、企業の経営力は落ちてきてしまっています。

本来永続するために必要な「御用達経営」にどれだけ早く変わることができるのか。

本当に来年以降の2年間が特に、そしてここから5年が大事だと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月01日(木) 23時02分00秒

「いばらき教員応援団2016」反省会

テーマ:ブログ

今日から師走。

あっという間に1年、2016年も終わってしまう感覚です。

そして岡山から水戸に帰ってくると、水戸は真冬のようで・・・(苦笑)

今年も残り1ヶ月、風邪など引かぬよう、気を引き締めていきます。

 

今夜は、水戸市内の老舗西洋料理のお店「西洋堂」で、

「いばらき教員応援団」の反省会。

 

反省会というよりは、高野理事長主催の「お疲れ様会」で、

幹事団、県教育委員会担当の方たちと楽しいおしゃべり、

そして美味しいフルコースの料理を堪能させていただきました。

 

 

 

今年度で6年目となる「いばらき教員応援団」

講演会の対象者は、新任校長、新任教頭、新任教務主任の先生方ですが、

今年度は市町村教育委員会の研修会に田坂広志さんを講師として派遣するなど

事業も拡大しています。

 

そして来年度の事業についても決まりました。

来年度も素晴らしい講師陣をお招きして講演会を開催していきます。

 

「教育は国家100年の計」

幹事のひとりとして、来年度も気張っていきます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月30日(水) 21時23分49秒

感性を磨く

テーマ:ブログ

今年最後の岡山での研修を終えて、ただ今、品川から水戸に向かう特急列車の車内です。

 

昨日今日は岡山県市町村振興協会主催の新任係長研修「組織活性化とリーダーシップ」

67名のみなさん、2日間、熱心に参加していただき感謝しています。

 

 

現場のリーダーとして、「場づくりと人づくり」にどう取り組んでいくのか。

人材育成については、一人ひとりの可能性を信じて、いかに引き出すか。

 

特に「感性」

感じる、気づく、察する力をいかに伸ばしていくのかについて考えてもらいました。

 

もちろんそれは部下や後輩だけでなく、自分自身についても必要なこと。

日頃からどんな意識や関心を持って、自分を磨くことに取り組んでいるのかも

小グループごとに話し合ってもらいました。

 

元リッツ・カールトンホテル日本支社長の高野さんの言葉を借りれば、

「心の筋トレ」をどう実践しているか。

 

先日読んだ高野さんの本「品格を磨く」、

そして今回の旅のお伴にした、やはり高野さんの本「大人を磨くホテル術」から

どのように感性を磨いていくのかについて、多くの気づきをいただきました。

 

 

詳しくは、やはり本を読んでいただきたいのですが、

日常の様々な場面でどれだけ相手に関心を持ち、仮説を立てて行動し、検証をしていくのか。

成功や失敗、その日々の積み重ねによってのみ成長していく。

 

「人は人との出会いによって磨かれる」

「感性は知識と知恵のリレーで磨かれる」

 

高野さん、いつも素敵な言葉をありがとうございます。

 

さぁ今年もあと1ヶ月。

がんばっぺ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>