1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年08月02日(日)

別注キャンドル

テーマ:キャンドル
近所の有名ショップ「ラメランコリーヌ」のオーナーから

2周年記念のアロマキャンドル作成を依頼されました。

好きなブレンドオイルをセレクトしていただき作らせていただきました。

オリジナルのショップシールを貼っていただいたグラスで4種類の香りを

作らせていただきました。



素敵ですね。

そして、今日以前から頼んでいたウッドウィック(木の芯)が届いたので

試作を作ってみました。

何かとお世話になっている斜向かいのアメカジのセレクトショップ「PETRO」のオーナー

が、好きな香りで・・・・

まだ完全に固まっていないので、カットしてない状態ですが、固まり次第カットして

届けます。



それにしても若きオーナーたちのセンスの良さがあふれるショップシールに

ただ、ただ感心するばかりです。
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015年07月24日(金)

人って・・・

テーマ:昔話
アパレル時代、あるブランドの企画を担当・・・当時すでに会社側から見放された事業部と

なっていたが、徹底的な人的リストラと企画リストラを断行・・・

それが効を奏して、会社側からの信頼も得て、若くして部長職に・・・・

それから何カ月もしない内に事業部長に昇格の話が・・



当時、営業課長が二人・・・二人とも僕よりも年上のベテラン営業マン

A課長は「東京に戻してくれたら何店舗か開拓できるからなんとか頼むわ」

もう一人のB課長は「僕がいたら君がやりにくいから、僕を他の部署にだしたほうがいい」

当時、A課長とは息もあって仲がよかったが、B課長はちょっとやりにくい関係だった・・・

でもこの時のB課長の一言に「この人は絶対に信用できる」と思い、とどまってもらった。

それから一年・・・・A課長にまかした東京市場はガタガタ・・・展示会にも店頭からの

文句ばかり。

展示会最終日の夜、A課長を呼び出し「この結果どうするんですか?取り戻す自信あるので

か?」なにも答えず首を横に振るA氏・・・・

「わかりました。東京はB課長に兼任で任せます。」

翌日、本社へ戻った僕はそのことを役員に話、了解を得ました。

それから半年、売り場撤退がほぼ決まっていた有名百貨店2店舗ともB課長のおかげで

継続が決定。

そこで、その成果を当時の会長に報告すると同時に、B課長の部長昇格と同時に事業部長

昇格をお願いしました。

僕はやっぱり物づくりという現場からはなれたくなかったのでわがままを聞いてもらいました。

その後はBさんと二人三脚でやってましたが、自分の企画が受け入れなくなった時、引き際と

思い会社を去ることにしました。

A氏はあの展示会の一言以降会うこともなく、すぐに会社を去りました。

B氏は事業部閉鎖の後処理をやり遂げ、定年退職しました。

B氏や当時の企画部のスタッフたちは未だに僕のお店に顔を出してくれます。

・・・・・・・・・・・・・・

人間ってなかなかわかりにくものですが、土壇場になればその人となりが見えてきます。



AD
2015年07月20日(月)

セラミックディフューザー

テーマ:ディフューザー
久しぶりの投稿です。

2週間以上も更新しなかったのははじめてかな・・・

今日のお勧めはセラミックディフューザー・・

ボトルがセラミック製でドット柄の素敵な容器です。

また、リードディフューザーが通常は竹の棒などが多いのですが

これはウィードという草を使用しています。




香りも他のディフューザーと違い、今までになかった香り・・・・

まるで野菜マルシェに入り込んだような「トマト・リーブス」や「オリーブ」の香り

香水っぽいのが苦手で、もっとナチュラルな香りをお求めの方には

最適のディフューザーです。

是非、お試しを・・・・
AD
2015年07月04日(土)

香りフェチ

テーマ:お気に入り
アロマキャンドルショップをやる前は、アパレルの仕事を・・・

30年近く、4つの英国ブランドのライセンス企画を担当していました。

そのため毎年のようにヨーロッパへ・・・・

その時もっとも影響を受けたのが、ヨーロッパならではの香りの文化・・・

そして一番のお気に入りが英国ペンハリガン・・中でもユニセックス的な柑橘系の

「クアーカス」にはまってしまい、出張ごとに買ってました。



ところがアパレルをやめ、アロマキャンドルの仕事をするようになり、

普段、いい香りに包まれているので、つけることがなかったんですが

今年の誕生日に娘から、なんとペンハリガンのメンズフレグランスのミニチュアセットを

プレゼントされました。



加齢臭に気をつけろ!というメッセージかもしれませんが

うれしかったですね。



ペンハリガンとともにお気に入れの香りがもうひとつ・・・

それはイタリア・フィレンツェの「サンタ・マリア・ノッベラ」・・

ナチュラルコスメの最高のブランドですが、ここの「メログラーノ(ザクロ)」の香りは

大好きです。これもまた覚えていた娘から、今度は父の日のプレゼントということで

もらったのがベチパーの香りのアフターシェーブローション・・・

ドライでウッディで爽やかいい香りです。



好きな香りに包まれるとなぜか幸せですね。
2015年06月27日(土)

加齢臭

テーマ:キャンドル
先日、スーパーで見かけた期間限定商品・・・



「オヤジ臭に効く」とは大胆なキャッチコピー・・

でも人体から出ている異臭を消すなんて無理でしょう・・・根元を断つのではなく

爽やかな香りでいやな臭いを覆うということか・・・・

「加齢臭をがっつり消臭」ってコピーも・・・・・

で・・僕も考えました!もともと加齢臭は体臭。それも後頭部の耳の裏のほうから

臭うケースが多いとか・・・・だったらその部分を消臭したら・・・

そこで試したのがこれ




溶けたロウが保湿クリームおよび塗香水としても使えるラグジュアリーアロマ・・

それも消臭効果ののあるティーツリー配合のナンバーゼロ「ヒーリングブレンド」

お部屋中をティーツリーの香りで包んだら、火を消して溶けたロウをスパチュラやスプーンで

すくい・・・



そして臭いの気になる部分にしっかりに塗りこみます・・


あ---ティーツリーとレモングラスのブレンドされた香りが漂います。

さて結果は・・・・・

ただ、僕はまだ幸いにも加齢臭は出ていません・・・悪しからず


2015年06月26日(金)

サロン・ド・レオナ

テーマ:キャンドル
お店をオープン当初からのお知り合いですから、もう6年のお付き合いの

キャンドル作家の葉山さん・・・

アトリエは住吉大社近く・・キャンドル教室も催されていて、中には作家を目指す方たちのために

講師講座もやってらっしゃいます。

その葉山先生のお弟子さんたちの作品展が、今年も店の近くのギャラリー「道」さんで

開催されました




どれも素敵な作品ばかりでした。

ご自分でもオリジナルのキャンドル作りたいと思われる方は

是非、コンタクト取られてみては・・・・


「Salon De Leona」

http://salon-de-leona.com/
2015年06月23日(火)

チュベローズ

テーマ:ソープ
フィレンツエ発のソープブランド「サポネリア・フィッシ」

パッケージのイラストに魅せられたジャケ買いの商品ですが

その香りもとっても素敵です。



(画像は先日ご来店いただいたRJ FLOWERのMiyokoさんがとられた写真をおかりしました。)

古山画伯のイラストカレンダーをカットして、フレームに入れてディスプレイしたら

ピッタリ・・・

オリーブ石鹸、ミルク石鹸とお花の香りの石鹸の3タイプ揃えています。

中でも僕のお気に入りはチュベローズ・・・ローズと言ってもバラの香りというよりも

甘いジャスミンにちかいかな・・・

先日も京都からこられたアロマ関係のお仕事をされているお客様も「あっ!ジャスミンみたい」

と思わずおっしゃっていました。




アロマキャンドルが中心ですが、香り物で気になるものはソープもディフューザーも

用意していますよ!
2015年06月22日(月)

デコナップトート

テーマ:お店
昨日、デコナップトートのワークショップ開催しました。

色々なペーパーナプキンの中からいいと思う柄をセレクト・・・

ペーパーナプキンって三層構造になってるんですね

それをはがして、柄のペーパーのみ残します。

一枚柄の場合はそのまま、飛び柄になっているのは細かく切って構図を考えます。



今回は事前キャンセルが多かったので、僕も参加・・・

先日ゲットしたばかりのバーレイのペーパーナプキンで作らせてもらいました。

これ案外ハマります。

参加されたTさんもめっちゃ楽しいそう・・・・Tさんはお母様の分もと二つ作られました。



また先生にお願いして開催しようっと・・・・


2015年06月13日(土)

父の日・・・・

テーマ:お店
もうすぐ父の日ですね・・・でも毎年そうなんですが「母の日」の盛り上がりと比べると

静かです。

「お父さんにキャンドルなんて・・・」

「親父に・・・ガラじゃあないでしょ!」

っていう声をよく聞きます。

ところが、リピーターの男性の中にもミドルエイジの方が多くいらっしゃいます。

お酒とか革小物とかのギフトもいいですが、今年は香りの贈り物いかがですか?

今年のお勧めは・・・・・・

まずは英国ワックスリリカル社の「ファイヤードコレクション」の中から

新作の「アールグレイ&ベチパー」

英国紅茶の代表格アールグレイの香りにウッディー系のベチパーの香りをブレンドした

大人の香り・・・




もう一つは男性ならほとんどの方が気に入るムスクの香り・・・

そのムスクにジャスミン、セージをブレンドして爽やかなで官能的な香り

作りだした傑作アクイエスブランドの「ホワイトコーラルムスク」



こちらは香りだけでなく、そのグラスデザインも秀逸です。


今年の「父の日」ギフトの候補の一つに是非キャンドルもお加えください!


2015年06月07日(日)

キャンドル再生パート2

テーマ:キャンドル
前回のキャンドル再生の記事を見た方から、私のも直していただけますか?と

お持ち込みが・・・・

再生の仕方詳しく教えてくださいというお問い合わせもありましたので

もう少し詳しく説明いたします。

まず持ち込まれたのはこちらです。



お鍋を用意して熱湯を注ぎ、湯煎します。



早めに溶かしたい時は割りばしなどを使って、優しくくずします。



溶かしきるまであとはゆっくり待ちます



透明にちかい感じになったら残っている芯の座金を取り出します。

そして新しいを入れます。




この時、芯を固定するのにアイスキャンディーの木に

穴を開けたものを使います。



アイスキャンディーの木がない場合は、割りばしを利用してください。


後は固まるのを待つだけ・・・・

固まれば芯をカットして出来上がりです。






再生は簡単にできますが、まずはご使用になる時は1時間から2時間は風のないところで

ゆっくり炊いてください。グラスのふちに残る最大の原因は短時間でつけたり、消したりを

繰り返すことによることが多いので・・・・

ご自分ではどうしても無理とおっしゃる方は、お持ちいただければ再生いたします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇