みなさん、こんにちは。

不具合が多いのに、iPhone6 から抜け出られません。バージョンアップ出来ません。大体、二つの事情によるもので、、、

①iPhone7 にするには、端末のOSのバージョンアップも強いられる

②端末Macを最新OSにするとデータベースエンジンもBU必須

結果、不都合とコストが押し寄せてくることがみえみえなので、今のところ、恐くてやれない。

ではその不具合はなにかっつうと、、、

★バッテリーがくたびれている(時間があれば申請して無償交換可)

★指紋認証に即応しなくなった(働き過ぎで、主に左手の指紋消失)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回のオハナシは掲題の通り。

いろんなパターンを整理していこう、ということで、
しばらく書いてゆきたいと思います。


よく、ワカサギ釣りは奥が深い、とか、いわれる。

主に「逃げ口上」的につぶやかれたりする・・・

(¨ )☆ バキ \(--メ) コレコレ、ダメヨ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世間的な事柄と比較すれば、、、バリエーションが多いからとか、その手の作業がものすごく色々あって、すご〜く大変なの〜、とかいう観点からすれば、例えば、身近な「料理」なんかとくらべてみれば、この釣りは全く、全然、タカが知れた奥深さなので、整理してしまえば、身も心も軽くなるのではないかなどと・・・釣果が軽くなっては困り者だが。

というわけで、

本日は、理論的に整理しちまえば、楽になるに違いない、という見通しでやってゆく、というオハナシの取っ掛かり部分でした。

では、次回から、具体論に這いって参ります。
請う、ご期待!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↘↘ 応援 click よろしく! ↙↙

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







































AD

みなさん、こんにちは。

昨日までの乾燥方法についての追加情報です。


シリカゲル投入前に、汚れ・ウロコの完全除去必須


乾燥後、秘伝スーパーコート処理をお奨め致します。このセット(¥980)で処理した後は、ウロコ付着が激減しますので、激しくお奨め致します。基本、工場出荷時はコーティング済みでシッピングされます。個人差はあると思いますが、10回の釣行に1回のコーティングでしょうか・・・キレイな状態が保たれているなら、当分の間は待てると思いますが。


電動リール本体が見えなくなるくらい、シリカゲルの山の中に埋没(笑)させて下さい。携帯電話の水濡れ/水没の場合も同様にやらないと効果は得られないと思います。家庭内に落っこちているシリカ小袋は、大量に集めて使用しないと大した効果はないと思います。小袋めっけ!したら秘伝のハードケース内に投げておくのはマル。


釣ってて池ポチャの場合、余裕があるなら、クラッチフリー状態で2〜3分間の空回転はすべきだと思います。不思議なのは、あれほどの回数落とす●コさんの電動リールがなかなか壊れないこと・・・多分、乾いた家庭環境なのかも・・・
(¨ )☆ バキ \(--メ)


この1回目のエントリーに登場した電動リールの持ち主の 肥満アングラー さんからコメントがありました。当該ページに反映させていただきました。


反省しきりの今日この頃です。早速秘技「乾燥リール」を
行いました。


だ、そうです。

では、また次回!





↘↘ 応援 click よろしく! ↙↙

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村































AD

みなさん、おはようございます。

電動リール使用後のベストな乾燥方法はこちら。





これは 小袋 ではありません。

大袋、1kgの大量のシリカゲルです。

これを購入したら、秘伝電動リールのハードケースに

大量に投入します。

どれくらいの量かというと、電動リールがみえなくなる、

それくらいをハードケースに入れます。

その中に、1日〜2日でも、2〜3日でもいいので

電動リール本体が見えなくなるように埋め込んで

放置する。


これで、電動リールの細部の水分は完全に吸湿されます。

これ以外の、、、例えば、、、

ドライヤーなんかで乾かそうとするのは最悪。

絶対やらないこと。


この方法は、実は、別のライフハックから来ていて

何かって言えば、携帯電話ですがな。

水没させたら、速攻、間髪入れずにシリカゲルの山の中に

埋め込んでしまう。

まあ、速攻というわけにもいかないバヤイが多いとは言え

これしか、完全に脱水・吸湿する方法はない、とさえ

いえる。


ともかく、通常の使い方でも相当水濡れするし

池ポチャの多い方は、必ず、行って下さい。

これで、水分が原因の不調の発生は相当防止出来るはずです。


アマゾンでのご購入は → コチラから


吸湿後、色の変化が(製品ごとに違うかも)あるので

基本的には、レンチンで復活します。



ちなみに、家庭用品他で見かけるシリカゲルの小袋は

取っておいて(家人にも伝えておく)できるだけ多く

集めたら、電動リールを入れるケースの中に入れておく。

できたら、布袋にまとめて入れる。

気安め程度の量では、あんまり意味はないけど

ともかく、大量シリカゲル作戦は、驚きの効果があるので

必ずウロコ取りの後に、実施してみて下さい。



次回は

「ワカサギのアタリのデテール考察」でまいります。

請う、ご期待!!





↘↘ 応援 click よろしく! ↙↙

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村
































AD