エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。

NEW !
テーマ:

--------------------------------------------------------

そんなニュースの内容をしっかり確認もしないで

飛びついて買うと、あとでいろいろな問題が出てきて、

結局、それほど価値のある話ではなく、

株価は一転劇下げ!

 

そして財産を失ってしまった。

 

ということも、これまたよくある話です。

 

世界一やさしい株の本(中経出版)P99 奥山月仁著

--------------------------------------------------------

 

ポケモンGO人気で、大上昇していた任天堂ですが、

昨日は一転ストップ安まで売られましたね・・・。

 

まぁ、長年株をやっている人にとっては、

全くもって、見慣れた光景ですが、

とにかく、歴史は繰り返します。

 

さて、この任天堂、「あれよあれよ」と2倍高を演じましたが、

この「×2」というのは、個別株投資における、一つの尺です。

 

 

ずいぶん前に記事にしましたので、

読んでいない方も多いでしょうから、念のため、古い記事を二つほど貼り付けます。

 

旧)エナフンさんの梨の木「懐疑の中で再成長」2010.3.22

http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-508.html

 

旧)エナフンさんの梨の木「2倍高といっても」2010.3.27

http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-511.html

 

ある特定の理由で、

個別株が急上昇するような場合の一つの目安が「×2」なのです。

うそだと思ったら、ご自身の保有している株で過去よく騰がった奴の

長期チャートをご覧ください。

数か月~2年以内程度の単位で「×2」を演じては一休み。

そして、また「×2」を演じる。を繰り返していることでしょう。

(もちろん、勢い余って「×3」や、

イマイチパッとしない奴は、「×1.5」なケースもある。)

 

一度、長期上昇の波がおこると、

10%とか20%ではなく、「×2」とか「×3」のレベルで

株というのは騰がるモノなのだ。

 

と頭の隅に置いておくとよいでしょう。

 

逆に言うと、10%とか20%程度の上昇というのは、

腰の据わった長期投資家の買いがほとんど入っていない、

短期トレーダーだけで作っている、

小さな相場のリズムと言えるのかも知れません。

 

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

では、それなりに投資スキルがついてきたと仮定して、

じゃあ、「資金投入戦略をどうすればよいのか?」について

私なりの考えを書いていきたいと思います。

 

株の儲け = ①平均上昇率 × ②売買回数 × ③投資金額 × ④レバレッジ

 

今回は、①と③(その応用として④)に注目して説明したいと思います。

 

①上昇率がデカい時に③投資金額を大きくすれば、大儲けできる。

 

当たり前すぎるほど、当たり前の話ですが、

問題は、騰がってしまった後ならば、それが大化け株だとわかるわけですが、

騰がる前に、「こいつはかなりの上昇率が期待できぞ!!」

をどう判断するか?という部分でしょう。

 

ただ、その点については、今回はちょっと横に置いておいて、

(そのテーマについては話が長くなりすぎる)

 

 

私なりに、既に保有している株に対して、

さらに資金投入量を増加させて、より大儲けを狙っていくケースがあります。

 

その作戦を実行するケースは大きく次の3つです。

 

1)企業の業績期待に何ら変化がないのに株価だけが大きく下がった時(ナンピン買い)

2)企業の業績期待が以前より著しく上がっているのに株価の上昇が小さい時

3)保有しているうちに、その企業の理解が深まり、今後の上昇に、より確信が持てた時

 

実際は1)2)は私の頭の中では同じカテゴリーです。

 

要はファンダメンタルズの観点から、以前よりもさらに割安と判断できた場合は

たとえ株価がずいぶん騰がった後でも、買い増しを実行するわけです。

 

①期待上昇率(事後ではなく事前なので期待を付けている)が高い時に

資金投入量を大きくすれば、大儲けが期待できる。

 

わけですが、

 

以前と比べて、買っているものの価値に対する株価がさらに割安になったわけですから、

(もともとの自分の判断が正しいという前提上は、)

期待上昇率が以前よりも高まったと判断するわけです。

 

で、3)については、①期待上昇率の「上昇率」が高まるわけではないのですが、

「期待」の方の精度が高まり、リスクが小さくなったと判断するのです。

 

「騰がるとは思うけど、自信はない。とりあえずは買っておこう。」

みたいな段階から、

実際に保有し、だんだんその銘柄の理解が進むにつれて

「この経営スタイルなら、事前に思っていた通りの高い確率で騰がりそうだ。

もし、裏目に出るとしても、おそらく、こんな展開だろう・・・。」

 

等と、もし裏目が出そうな場合の対処法まで想定できるようになり、

 

結果的に、

 

以前よりもリスクが小さくなった

 

と判断して投入資金を増加させるケースがあるのです。

 

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうやら有望そうな銘柄がそこにある。

いったい、いくら投資すべきか?

 

単純に考えて、

自分の予想が正しいのであれば、投入資金は大きければ大きい方が良い。

しかし、単純に考えて、

自分の予想が間違っておれば、そんなことすると一発で大損することになる。

 

長期投資家に限らず、短期トレーダーであっても

株式投資に携わるモノであれば、

必ず通らなければならない、しかし、とても難しい重要な課題です。

 

おそらく、誰かに聞いても正しい答えを持ち合わせている人はいないでしょう・・・。

 

「とりあえず、少しだけ買っておくのが良いのでは?」

 

これはなかなか良心的な答えのように聞こえますが、

結局、その株が大上昇して10倍にもなった時、

あなたは、その人を恨むことになるでしょう。

 

金融機関なら、何やら、アンケートを書かせて

経験が豊富か?リスク選考的か?資金量がどのくらいあるか?等の観点から、

「資産の30%くらいなら株を買っても良いのでは?」

等と教えてくれる人もいるかもしれません。

 

しかし、だからといって、目の前にある、

その有望株にいくら突っ込んでよいかどうかまでは、誰も教えてはくれないでしょう。

(そもそも、その30%という根拠だって怪しいもんだ…。)

 

株の儲け = (①平均上昇率×②売買回数) × (③投資金額×④レバレッジ)

 

もちろん、私もこの課題に十分な答えを持ち合わせているわけではないのですが、

一つアドバイスが出来るとするならば、

未熟なうちは、投資金額を小さくするべきだ

ということだけは昨日の式が教えてくれるのです。

 

昨日、①②については技術論、③④は資金投入戦略、と申しました。

 

この①②の技術論が未熟なのに、

③④の資金だけは大量に投入してしまうような行為は

やはり危険すぎると言えるのです。

 

①平均上昇率がプラスなら良いのですが、

マイナスであれば、②③④は大きければ大きいほど、

マイナスがデカくなるわけですからね。

 

先日、信用取引に関する記事を書きましたが、これについても同様です。

 

技術が未熟でまるで勝てなかった人が、

信用取引を始めた途端に急に勝ち始めるなんてことは、まず、考えにくいわけで、

おそらく、負けるスピードが以前より早くなるだけでしょう。

 

①②③④が掛け算で繋がっているという事は、つまり、そういう事なのです。

 

あなたが有望株だと判断できたとしても、

それが本当に有望株かどうかということについては

はなはだ疑問があります。

 

さらに言うと、目の前の株が仮に本物の有望株で将来10倍になるとしても、

あなたが未熟であれば、そんな有望株ですら、簡単に損をする事が出来ます。

 

一本調子で10倍になってくれるなら誰でも勝てるんですが、

明日からの3か月間は20%下がり、諦めて売った直後から

10倍になるなんてこともありますからね・・・。

(実際、私がこのブログ上の口座で買っていたアークランドサービスは

リーマンショックを食らって、すぐに30%下がり、その後、底値から20倍高した。

諦めずに売らなかったので私は大儲けできたが、多くの人はそこで売ったわけだ。

だから下がった。)

 

その辺りの経験をそれなりに積んでからでないと、

大金を個別株に1点投入したり、あるいは借金をして信用取引を始めるべきではありません。

 

初心者の方の質問に答えて、

過去こんなコメントをしたことが何度かありますが、

正解かどうかはともかく、このような根拠は持ち合わせているわけです。

 

その一方で、

 

ともかく株を買おう

もし君が良い株を手に入れれば、お金持ちになれるだろう

もし君が悪い株を手に入れれば、真面目に働くことの大切さが理解できるだろう

 

みたいなことを言い出して、

「何はともあれ、まずやってみるべきだ。」

というアドバイスをすることも多いのですが、これについては

 

要は、①②については少々は経験を積まないとどうにも手に入る類のものではないので、

「ああだ、こうだ」つべこべ頭だけで考えずに、

さっさと実践しながらコツを掴むような発想でいくべきだ。

 

という理由を持っているからです。

 

冒頭に掲げた永遠の疑問に対する答えまでは持ち合わせていませんが、

 

やり始めるなら早い方が良い。ただし、最初は少額で。

(たとえ目の前に有望株があったとしても・・・。)

 

とだけは、ある程度の根拠を持って、アドバイスすることができるのです。

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。