エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。

NEW !
テーマ:

ある程度、金融資産が積み上がってくると、

相続税の事が気になってきました・・・。

 

相続対策をしておかないと、

場合によっては、半分近い資産を持って行かれるのか…。

 

で、いろいろ考えたのですが、

 

結論、どれだけ持って行かれたとしても半分で済むなら、

それまでに株で2倍以上に増やせば良い!!

 

まぁ、まだ40歳代ですからね・・・。

仮に自分は70歳までは生きられると仮定しても

(平均寿命よりも少なめに見積もっているのは、

ウォーレンバフェットが言うところの「安全余裕度」を見ているからだ)

 

その間に2倍に増やせば、仮に半分相続税を持って行かれても、

今よりもたくさん子孫に財産を残せるわけで、

ごちゃごちゃ減らさない事を考えるより、よっぽど前向きだし、

おそらく私にとってはそっちの方が簡単だ!!

 

という結論に達しました。

 

さて、コメントで、ある方から質問がありました。

どうも今年は暴落が起こりそうだが、

株を買うのはそれまで待った方が良いのか?

 

という質問です。

 

それに対する最初の答えは上の相続税の話と同じです。

暴落が起こるまでに、暴落が起こったとして失われる損失以上に儲ければ良い!!

 

仮に全体相場が30%下落するようなかなりの暴落が起こるとするならば、

それまでに、30%以上儲けておけば良いわけです。

それなら、今から暴落を心配して、何もしないよりも、

より多くの財産を残せるはずです。

 

実際、私は今年の2月にこのブログを再開しましたが、

その時点で、(2008年に100万円でスタートした)

私のブログ用公開口座はこんな風になっていました。

 

<2016年2月末時点>

 

ブログを一時休止した2015年2月末時点で800万円弱でしたから

それまでの一年間だけを取れば、実は運用はマイナスだったんですね・・・。

(しこたま利益が乗っていたアークランドサービスとDVxを売却したために

税金を50万円も持って行かれたのも大きかったのだが・・・。)

 

で、昨日時点の私の口座はこうなりました。

<2016年5月26日>

 

この3か月で、ざっと+31%、遂に1000万円を超えました・・・。

 

2月に私がブログを再開した時も、

「これから暴落が起きようという時に、ブログ再開は早すぎるのではないか?」

等と言う声も聞こえましたが、

今のところ、暴落と呼べるほどのヒドい下落は起こらず、

とても順調に運用ができています。

 

どうやら、仮に今年中に暴落が起きても、

とんとん位なところまでは持って行けそうです。

 

で、二つ目の回答ですが、

 

本当に年末までに暴落なんて起こるんですか?

 

という話です。

何やら有名な予言者が株は下がるからやめた方が良いと言ったとか言わないとか・・・。

 

ふん、バカバカしい・・・。

 

これについては3月27日にも記事にしていますので

こちらの方も参考にして下さい。

 

当ブログ記事「予言者に乗っかって大儲けする方法?」2016.3.27参照

http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-12142514187.html

 

で、最後にこの記事にも書いていますけど、

 

仮に全体相場が暴落したとしても、

そういう中でも何とか勝ちに行くような努力をすることで

ものすごく実力がついてきますから、

カネは失っても、もっと良いものが手に入る、くらいに考えて、

そんなこと全く気にせず、平然と株式投資を続ければ良いと思います。

 

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

いいね!(23)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

つ)強みといえば、一つ書き忘れていたことがありました。

 

それは、個人投資家ならではの強みです。

 

普通に考えれば、株式市場においては

資金力や情報力、優秀な人材が豊富な金融機関やファンドの方が

圧倒的に有利な気がしますが、どうもそうでもありません。

 

よく言われているのは、

・運用担当者もサラリーマンとして期間ごとに評価を受ける

・社内のルールに従って投資しなければならない

・扱う金額が大きすぎる場合、動きが市場にバレてしまう。

・顧客や社内向けに説得できる資料を整えなければならない

 

といった制約があるため、

 

投資対象や投資先の数、投資期間で制限を受ける上、

機敏な短期トレーダー連中に動きを察知されながら、

運用せざるをえないわけです。

 

逆に言うと、個人投資家はそれらの制限が一切ありません。

あなたの心ひとつでどうとでもなるという有利さがあります。

 

メチャメチャ小さい会社の株をしこたま買っても構いませんし、

(私はその作戦で大いに稼いだ・・・)

 

極端な話、1銘柄に有り金全部突っ込んでも構わないわけです。

(ハマれば、あっという間に資産を数倍に増やすだろう。)

 

想定が外れて株価が下がっても、ひたすら塩漬けしたっていいし、

(案外、ある日突然大上昇し、1年分の下げを3日で取り返すなんてこともよくあることだ)

 

全くの思い付きで、誰とも相談せずに、

スマホでその場で買いを入れても構わない。

(私は面白い企業を見つけると深く調べもせずに、

備忘録代わりにとりあえず買いを入れることがある。

そいつが次の日ストップ高したこともある…)

 

何が言いたいかと言うと、個人投資家はとにかく「自由」なんです。

 

まぁ、そのことが結果的に株式投資で家計を破たんさせる原因にもなるのですが、

信用取引にさえ何らかの制限を用意しておけば、

よっぽどの人以外はスッカラカンになってしまう事はないでしょう・・・。

 

それだって、独身のうちは、ある程度のリスクは取れてしまいます。

(カリスマトレーダーはやたら独身者が多い)

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

いいね!(42)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

つ)強みを知れ

な)流れを知れ

げ)原理を知れ

よ)弱みを知れ

う)ウラをとれ

 

頭文字をとって、「つなげよう分析」と名付けました。

 

今月は日経マネー誌もダイヤモンドZAi誌も

億を超えるような大成功している個人投資家の投資手法が特集されていましたが、

やはり、上記「つ・な・げ・よ・う」をうまく自分のものにできている方ばかりだと感じました。

 

残念ながら、私は個別株の長期集中投資スタイルについてしか説明できませんが、

この考え方は、短期トレードでも、分散投資でも、海外投資でも

全ての投資で活かせる普遍的な考え方だと考えています。

 

自らの「強み」を活かして投資対象を選び、

複雑な株価変動の流れの中から、

自分にとって扱いやすい「流れ」をターゲットとして時間軸を決める。

株価変動の「原理原則」に照らし合わせて、株価の歪みを探し当て、

売り買いのタイミングを図る。

強大な敵と真正面から戦わない為にも、自らの「弱み」を分析し、

最終的には、納得いくまで、様々な企業情報や過去データを確認して「ウラ」を取る。

 

1億円以上にまで資金を増やせたような成功個人投資家は、

どのように、この5つのポイントを自分のものにしていったのか、という視点で、

今月の日経マネーやZAiを読んでみると面白いかもしれません。

 

私の場合は、

 

自分にとって身近な企業こそ、自分の強みを活かせる投資対象と考え

自分はサラリーマンですから、日中は仕事をしているので、

短期の株価変動には付いていけないと判断し、時間軸は長期スタイル

サラリーマンですから、会計や企業分析の勉強は一通りしていますので、

それを活かし、ファンダメンタルズの観点から歪みを探して

割安と判断できる場合に投資を実行し、

プロ連中が仕掛けてくる様々な心理戦をさけるため、短期の株価変動は完全無視

身近な企業や商品の変化を足で歩いて確認し、

企業のHPや業界情報からウラをとるようにしています。

 

そして、それら5つの観点、切り口からの攻め方を統合することで

私ならではの投資スタイルとしているのです。

 

つまり、それら5つの観点を「つ・な・げ・よ・う」という話です。

 

個人的には、なかなか良くできた

「個人投資家のためのフレームワーク」だと自画自賛しております。

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

いいね!(37)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。