エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。


テーマ:

ご質問がありました。要約すると、

 

PEGレシオは、成長率と株価を比較する指標だが、

この場合、何を根拠に成長率を算出するのか?

 

といった内容です。

 

念のため、PEGレシオについてわからない方のために

過去記事を貼りつけておきます。

 

当ブログ記事「PEGレシオの意味を探る」2013.3.3参照

http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-11482315997.html

 

成長率と言っても将来の成長率ですから、簡単ではありませんよね。

 

まず、この記事の表を再度掲載いたしますと、

成長率と直近PERが同じ数字の場合に

2~3年後予想収益ベースのPERが概ね妥当な水準になるわけですから、

予想するべき成長率というのは、今後、2~3年程度分

ということになります。

 

で、その予想の根拠としてどの数字を持ってくれば良いのか?

 

というのが今回の質問ですが、

考えられる根拠はおそらく次の4つとなるでしょう。

 

1)過去数年分の成長率を今後3年間に当てはめる

2)企業の中期目標数字を根拠とする

3)アナリストのコンセンサス情報から逆算する

4)あなた自身で考える

 

さて、どの数字を採用するのが良いのでしょうね?

 

私の場合は、1)~3)を参考にしながら、最終的には4)で決定します。

1)~3)は参考にはなりますが、ケースバイケースで判断すべきものですし、

どうせ、未来なんて誰もわからないわけですから、

最終的には、意思決定者である自分で作るのがもっとも納得のいくやり方だと思うのです。

 

例えば、

1)過去数年分の成長

が今後3年間本当にそのままのペースで続くのか?

ということについては、やはり、自分自身で考えるしかないのです。

私の知る限り、成長スピードを変えることなく、

過去の成長率を向こう3年間続けられる企業ってほとんどないと思います。

上手く行く時は、むしろ成長を加速させますし、ダメなときは、鈍化します。

 

2)中期目標数字

も、あまりに意欲的な数字を出している企業は、(姿勢は立派ですが)

あくまで、「意気込み」的な意味合いが強く、割り引いて考える必要がありますし、

一方で、極めて慎重な目標を出して、

翌年には早々に3年後目標をクリアしてしまう企業も見かけます。

 

3)アナリスト数字

は専門家の意見ですから、信頼性が高いように思うかもしれませんが、

そもそも、私たちが本当に釣り上げたい10倍高もするような小型成長株については、

ほとんど分析が入っていません。

逆に多くのアナリストの分析が入る大型株については、

その企業独自の成長要因よりも、

為替や景気や政治などの外部要因の影響を大きく受けるため

その予想はもっとずっと近未来(1年以内程度)である場合が多く、

仮に3年後の数字が書かれていたとしても、まずアテになりません。

 

 

ただし、

1)過去の成長率が今後も当分続くだろう。

(なぜならまだまだ成長余地が残っているから)と十分に思えるなら、

とりあえず1)をベースとし、

もし実際は成長が加速するようなら、その分はボーナス位に考えて

安全側の数字を置いてみるというのは、バリュー投資家らしいやり方と言えるでしょう。

 

また、

2)中期目標を見る場合は、過去の中期目標とその後の実績を比較して

・言った事を忠実に実行してきた企業なら中期目標数字はある程度信頼できる

・いつも目標を上振れしてくる慎重企業なら目標数字+αと置いてみる

・いつも目標を下振れるホラ吹き企業は、買うに値しない

といった判断をするのも味なやり方と言えるでしょう。

 

さらに

 3)アナリストがついているようなら、数字だけ見るのではなく、

実際に文章を全部読んで、

その人が根拠としている成長シナリオについて

自分なりに検証してみるというのも、

ベテランらしいやり方と言えるでしょう。

 

で、最後は、実際に商品やサービスを見た自分自身の肌感や

参考になりそうなライバル企業や統計数字、

あるいは過去の類似成長パターンなどを思い出し、

 

「ひょっとしたら、もっと上行くかもしれないけど、エィ、ヤーッの20%くらいかぁ~!!」

 

等と気合いで決めて、

「それに対して、PER11倍はかなり安いんじゃね。ほとんど大吉級の中吉じゃ~っ!!」

 

みたいに判断して、翌日から全力買いを始めたりするわけです。

 

(もし狙い通りなら、大抵の場合、予想を大きく超えて成長は加速しますが、

上側に間違えたとしても全く問題はありません。)

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回記事に書いたピーター・リンチの言葉は、

概念としては並列ではなく、クロスしていますね。

 

-----------------------------------------------------------

私の考え方としては、

以下のような銘柄をたくさん保有することがベストである。

①自分が得意な分野に関係する銘柄

②あらゆる調査の結果、非常に有望な見通しを発見したとき

~ピーター・リンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)~

-----------------------------------------------------------

 

マトリックスにするとこういうことでしょう。

例えば、自分の職業の周辺ビジネスや、趣味に関するビジネス、

あるいは、長年株をやってきた中で、成功体験を多く持つ得意なジャンルがある場合、

まずは、その中から、非常に有望な見通しのある企業を探せ。(◎)

 

次に、そんな得意分野であれば、他者と比べてより深い洞察力があるだろうから

割安株や循環株でも、より適切に対応できる可能性が高いので、

それも投資対象として良し。(〇)

 

とは言っても、得意分野以外で非常に有望な企業を見つけたのであれば、

それも買って良い。(〇)

ただし、考えられる限りの調査をして、無知から来るリスクを可能な限り、

小さくしなさい。(〇を◎にする努力を惜しむな!!)

 

ということを言っているように思うのです。

 

一概に「リスク」と言いますが、大きく2種類あると思うんですね。

1)努力では回避できないリスク(全くの不確実性によってもたらされるもの)

2)自助努力で低減可能なリスク(努力によって変化の兆候が発見可能なもの)

 

ウォーレン・バフェットは、

分散とは無知に対するリスク回避だ。

だから、勝手知ったる者にとって、

分散の手法はほとんど意味がない

と言っています。(バフェットの教訓・徳間書店から)

 

「無知に対するリスク」は自助努力でかなりの部分を回避可能だ。

と言っているわけです。

そうじゃない、1)については分散投資していてもかなりの部分は食らってしまいますしね・・・。

(例えばトランプ大統領当選時にはほとんど全部下げた。)

 

もちろん、私達アマチュア投資家はウォーレン・バフェットと同じことはできませんから、

すべての投資ジャンルにおいて「勝手知ったる者」になる必要はないと思います。

 

自分の得意分野、および、

たまたま有望企業を発見した(そんなラッキーな状況にある)場合には、

あらゆる努力をして、その企業に関する「勝手知ったる者」になれば良いのです。

 

そういうことを何年、何十年と続けるうちに、自分の得意な分野が次第に拡大し、

幅広い投資対象の中から、成長株や業績回復株を探す力が身に付くわけです。

 

時々、自分は、「短期トレーダー向きか、長期投資家向きか?」

みたいなことを考え込んでいる人を見かけますが、

 

そんなことよりも、

「どの業種やどんなジャンルの企業が自分にとって身近で理解しやすいか?」

を最初に考えるべきだと思います。

 

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

-----------------------------------------------------------

私の考え方としては、

以下のような銘柄をたくさん保有することがベストである。

①自分が得意な分野に関係する銘柄

②あらゆる調査の結果、非常に有望な見通しを発見したとき

          ~ピーター・リンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)~

-----------------------------------------------------------

 

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜けピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター リンチ ジョン ロスチャイルド Peter Lynch

ダイヤモンド社 2001-03
売り上げランキング : 1423

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

当然、ご存じだろうとは思いますが、

昨年から日経マネーで連載をスタートした「エナフンさんの株で勝つ」は、

この本のコンセプトを、まぁ、平たく言えば、パクってます。

(ついでに言うとタイトルも、パクっちゃってます。)

 

この本は何度読み返しても、新たな発見があり、

私が知りたいことの大半はここに書かれていますから、

皆さんも、私の記事など読まなくても、

この本を何度も読み返していただければそれで結構かとは思いますが、

あえて言うと、次の点において

なかなか日本の個人投資家にとって受け入れにくい部分があるかもしれません。

 

1.ずいぶん古い本であるため、事例が昔過ぎる

2.書かれている内容がアメリカの話であるため日本人にはピンと来ない

3.書いている人が当時全米一のファンドマネージャーということで

  自分のような素人に真似できるはずがないと考える人が多い

 

そこで、この本と同様のコンセプトながら、

最近の日本の事例を使って、

サラリーマン投資家である私目線で記事を連載すれば、

より身近に感じて、理解できる人もたくさんいるだろう!!

 

と考えて、

日経BP社さんに提案して記事を書かせてもらっているわけです。

 

 

さて、年末に私の保有銘柄に関する記事を書きましたが、

「おやっ」と思われた方も多いかもしれません。

 

このおっさんの投資対象は、以前は、

素人投資家にとってわかりやすい、小売りや外食、サービス業が中心で、

ITや人材派遣、あるいはソニーのような大企業は「対象外」だと思っていたのに、

いつのまにか、そんなんばっかりになっている…。

 

これについては、冒頭のピーター・リンチの言葉が答えです。

事業企画部門で働く私にとって、

AIやらIoTやらVRやらといったジャンルは、もはや全く無視できない存在です。

この市場が今後大きく伸びるのはほぼ間違いないでしょう。

 

また、仕事柄、どうせ、本業の方でも勉強しなければならない分野ですから、

「ついでに投資対象として深く調べておこう、」

と趣味と実益を兼ねて、このジャンルに資金をシフトさせているわけです。

 

ピーター・リンチが書いているような「あらゆる調査」が出来ているかどうかは別ですが、

長期的に見て、このジャンルから大化け株が必ず出る!!と考えて、

探索範囲を徐々に広げている次第です。

 

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。