エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。

NEW !
テーマ:

買った株が騰がっている間はずっと持っていて、

天井では見事に売り抜ける。

 

で、下がっている間は静観し続け、

再び底値で買い戻す。

 

もし、これを繰り返すことが出来たら、

いったいどれほどお金持ちになっていただろう・・・。

 

こんな事を考えたことはないだろうか?

 

例えば、次のような株価変動の株を所有したとします。

仮に1000円で買って、3000円まで持っていたら

それだけで3倍もの大上昇ですから、

ただ持っているだけでもかなりの大儲けなわけですが、

 

それでは物足りず、1000円で買って2000円でいったん売り抜け、

再び底の1500円で買い戻して3000円まで持ち越せば、

2倍×2倍で4倍に財産が増やせたのに・・・。

 

みたいに考えてしまうわけです。

 

もし、誰かがそんなバカげたことを言っていたら、

おそらく、経験豊富なあなたは

「そんな事が出来たら、誰でもあっという間に大金持ちになってしまうよ。

それが出来ないからみんな苦労してるんだ・・・。」

と大人の会話が出来ることでしょう。

 

しかし、実際に自分が25%もの大きな下げを経験し、

一時的に含み益を半分も減らしてしまうと、

「あちっ、何てこった。2000円で売って、1500円で買い戻せば良かった・・・。」

って全くもって子供的な考えをしてしまうわけです。

 

まぁ、そこまでは無理だとしても、

「せめて10%下げの1800円で下降トレンドに入ったと読んでいったん売れば良かった。」

等というストップロス的な考えを起こす人もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、それは25%も下がった今時点から振り返るから、

それが正解だとわかるのですが、

 

リアルタイムで投資を実践している場合は、

10%ダウンでいったん売りぬけたそのタイミングこそが

短期的な底値になる可能性を否定できませんし、

 

仮に狙い通り1500円まで下がったとして、

「じゃあ、見事にそんなタイミングで買えるのか?」

という問題もあります。

 

もし、味のある買い方として、

「前回高値をブレイクしたら買い」等という、

広く伝わっているテクニックを合わせて使ってしまうと、

いったん、1800円で売って、それよりも高値の2000円で買い戻すわけですから、

そこで10%の儲けをミスミス逃すような事になり、

ただじっと持っていると3倍に出来たもので2.7倍にしかできなくなるわけです。

 

(もっと言うと、1800円で売った時点で、

儲けの800円に対して20%の税金がかかるため、

買い戻せる軍資金がさらに減ってしまう分、リターンはさらに小さくなる。)

 

結局、いろいろとテクニックを駆使して

人間が頭を使えば使うほど、どんどんリターンが小さくなっていく、

と言うのが偉大な長期投資家の教えであり、

実際、私の残念な経験からも、全くもってその通りと言えるわけです。

 

もし、将来3倍もの大上昇が期待できる有望株を手に入れることが出来たのであれば、

 

下手に動くな!!

 

これが正解です。

 

長期投資家は、

日々の値動きには鈍感になり、

その株の業績が順調に拡大し、自分の財産を何倍にも増やしてくれるかどうか?

にのみ意識を集中させるべきなのです。

 

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝はのんきな記事を書いてから会社に行ったわけですが、

本当に英国のEU離脱が現実のものとなり、

全体相場は大荒れとなりました。

 

やれやれ、(どうやら今朝の記事に貼り付けておいた)

有名な予言者の方が正しかったようだ。

 

しかし、英国のEU離脱問題の本質を考えた時、

 

やはり、資本主義国かつ民主主義国の綱引き関係について

いろいろと考えてしまいますね・・・。

 

当ブログ記事「資本主義と民主主義」2016.3.4参照

http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-12135383687.html

 

 

また、合わせて今の金融資本主義がもたらす格差メカニズムについても

このままが続けば、政治的にしんどい気がします。

 

当ブログ記事「格差社会に対抗する方法」2015.1.29

http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-11982924374.html

 

資本主義の発展 ⇒ 経済格差 ⇒ 貧困層の政治的勝利

 

今回の英国EU離脱も、トランプ大統領候補人気も、

あるいはイスラム国への若者の共感(そしてテロ)も、

根っこのところにはこの問題があると思います。

 

EUを離脱すれば解決するような話ではないのですが、

対症療法として、こういう結論が出てしまうんでしょうね。

 

私の短い経験上の話で恐縮ですが、

こういう本質的な解決とはいえないその場限りの対応に対して、

金融市場はとても冷徹です。

 

1990年代のバブル崩壊後の日本の対応についても、

その場限りな対策をとればとるほど、(一時的には良くなるのですが)

株はどんどん売り込まれていきました。

 

 

これからはAIが人間の仕事をどんどん奪い出すことでしょうが、

効率追求が行きつくところまでいった時、

いったい、人間は何をすれば良いんでしょうね?

 

一説では古代ピラミッドも当時なりに雇用対策として作られた、

という話をどこかで聞いたことがありますが、

 

資本主義の効率追求が格差を拡大させるなら、

いっそ真逆の発想で、恐ろしく効率の悪いことをして

格差を是正するような方向に解決策があるのかも知れません。

 

 

いずれにせよ、

私達個人投資家はそういう世の良し悪しを嘆いても仕方なく、

結局は、そういうのも全部、現実のものとして受け入れて、

その時、その時に、最善を尽くすしかないのですが・・・。

 

当ブログ記事「要はそれが現実だ」2013.12.23参照

http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-11734526167.html

 

 

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

英国のEU残留に揺れましたが、泣いても笑っても、今日で決着はつくようですし、

金融市場は既に「残留」の方向で巻き戻し相場が始まっています。

 

さて、長期投資においては、

このような外部要因の変化は大きな買いのチャンスを与えてくれるかもしれませんが、

売りの理由にはなりません。

 

1.株価が割高になりすぎるか?

2.成長が期待できなくなるか?

3.もっと良いのが見つかるか?

 

長期投資家が売る理由は上記1・2・3だけであって、

「イギリスがEUを離脱するかもしれないから」

というのはそもそも理由になりません。

 

中には、ウォーレン・バフェットの発言などから、

上記1・2・3の他に

4.明らかに自分が間違いを犯していたことが判明したから

というのを売りの条件としている長期投資家の方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、これは1・2・3とは角度が違う話であって、

1・2・3と並列に扱うべきものではありません。

 

何が言いたいかと申しますと、

もし、明らかに自分が間違いを犯していたとするならば、

株価が割高か、成長が期待できないか、他にもっと良いのがあるはずなのです。

 

ですから、長期投資の売りの条件は1・2・3だけなのです。

本当にこれだけなのです。

 

もちろん、

10%下がったら損切りしろとか、30%上がったら利確しろとか

株価のうねりに起因したような売り条件はあろうはずもございません。

 

そうすることで、様々な外部要因に振り回されることなく、

投資先企業に専念することが出来るわけです。

 

 

あまりにシンプルすぎるために難しいんですね・・・。

 

上記1・2・3に売りの条件を絞ることで、

企業の成長や業績回復の波にのみ反応する長期投資スタイルが確立するのですが、

人間が持ち合わせている感情の時間軸と企業成長の時間軸にズレがあるため、

頭では解っていても、1・2・3以外の理由で、つい、うっかり売ってしまうのです。

 

いや、私もそういう経験があるから言えることなんですが、

下がると怖くなるし、騰がれば騰がったでせっかく手に入れた利益を失うのが怖くなる。

それはあんたの心の問題であって、

企業の成長や割安さとは無関係な話なのですが、

あまりに怖い話が多すぎるので、感情が揺さぶられるわけです。

 

私はそんな怖い話の多くを、

「ホラー」、もっというと、「B級ホラー」と笑い飛ばすことで、

出来る限り客観的に見ようと努力しています。

 

当ブログ記事「予言者に乗っかって大儲けをする」2016.3.24参照

http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-12142514187.html

 

アメリカでは「悪夢のトランプ」というB級ホラーが既に封切されていますが、

売りの3原則を忘れないようにしようと思う今日この頃です。

 

えっ、それはどんなB級ホラーか?ですって!?

 

確か、昔は子供たちに良く遊んでもらってたトランプ達が

スマホゲームに押されて遊んで貰えなくなった事を逆恨みして

突然、空を飛び始め、人間達を襲う話だったような・・・。

 

ヒラリ~、ヒラリ~ってね。

 

 

 

お後がよろしいようで・・・。

株式長期投資 ブログランキングへ

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。