エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。

NEW !
テーマ:

昨日、日経新聞電子版に以前日経マネーで書いた記事が転載されました。

 

日経新聞電子版 マネー研究所

<株で勝つ秘訣は「自分の強み」にあり>                                    

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO12104180V20C17A1000000?channel=DF280120166590

 

ブログでは失礼があってもいけませんので「ですます調」で記事を書いていますが、

日経マネーの場合は、紙面が限られている関係上、

「である調」で書かせて頂いております。

 

さすがに日経グループだけあって、

普段から限られた紙面に簡潔に文章をまとめる力が凄く

私の冗長な文章にはいつも的確に添削が入ります。

 

さて、この記事にも書いていますように、

無理に自分の知らない世界の知らない企業にアンテナを張るのではなく、

まずは、自分のわかる範囲に絞って感度を高めておく方が、

長期的に見ると大化け株を取れるチャンスは増えるはずです。

 

ただ、ピーター・リンチも書いていますが、

自分の強みの範囲だけで銘柄探しをするというのもややもったいない気がします。

 

当ブログ記事「投資対象の広げ方」2017.1.5参照

http://ameblo.jp/okuyama-tukito/entry-12235098355.html

 

ここに書いているように、ひたすら①身近な大化株を探す

+②身近じゃない大化株候補を見つけたらその企業のことを徹底的に調べる

(もちろん、①身近な大化株株候補についても徹底的に調べる必要はあるが…。)

 

例えば私の場合、ソニー株を持っていますが、

ほとんど毎日グーグルを使って「ソニー」でニュース検索をかけ、

常に新鮮な情報を集めています。

 

おかげで、だんだんソニー商品が気になりだして、

以前はほとんど持っていなかったソニー商品もずいぶん増えてきました。

 

<写真はウォークマンとエクスペリア(一度ハイレゾを聞くともう戻れない…。)>

 

もちろん、買う前に徹底的に調べた方が良いのでしょうけど、

私の場合はどういうわけか、少しでも良いから実際に買って、

当事者になってからでないと本気が出ないところがあります。

 

ちなみに以前ソーラー電波時計の進化が素晴らしかったときには

シチズン株を買った関係で腕時計はシチズンばかりになってしまいました。

(ソーラー電波時計は間違いなくシチズンが市場を引っ張った)

<一度ソーラー電波をつけるともう戻れない>

 

もっとも、ソーラー電波時計の進化はとても小さくなり、

伸びしろが小さくなりましたので、ずいぶん昔に全株売却しましたが・・・。

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

 


長期投資ランキング

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は日経マネーの発売日です。

 

1月号からスタートしましたので、

私の連載も今回で5回目となりました。

 

日経マネー 2017年 05 月号 [雑誌] 日経マネー 2017年 05 月号 [雑誌]

日経BPマーケティング 2017-03-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
べつに日経マネーに連載させてもらっているので、
ヨイショするというわけではないのですが、

最近の日経マネーは面白いですね・・・。
 
以前(といっても5年以上前)は、金融関係者が集まって作った、
金融関係者目線の雑誌にしか見えませんでしたが、
最近は多くの凄腕個人投資家の意見が反映されるようになり、
とても参考になります。
 
私と同時代を株式市場で戦い、ブログをつかって表現してきた人々ですから、
親近感も沸きます。
 
私のところには大抵発売日の前日までに日経BP社さんから直接送ってもらえるので
先に読ませてもらったのですが、
今回は、「投資に勝つ20の知恵」というタイトルで、
凄腕個人投資家たちが初心者の悩みに答えるコーナーが面白かったですね。
 
「この質問に、この人たち、どういう風に答えるのだろう?」
(私ならどう答えるだろう)
 
と興味津々で読ませて頂きましたが、
たぶん、ブログでいろんな方の質問に対応しているので
頭の整理ができているのでしょう。
皆さんの回答はとてもクリティカルだと感じました。
 
以前(といっても5年以上前)は株雑誌を読むたびに、
「また、こんなピント外れなこと書いてる!!」と怒りが沸き
それを正すような内容のブログを書いたこともあったのですが、
だんだんそういうネタはなくなってしまいました・・・。
 
 
本日も、参考になりましたら、
クリックの方もよろしくお願い致します。
 

長期投資ランキング

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。
その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、
仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、
当方は責任を負いかねますのでご了承ください。
株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。
また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は
個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、
誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日会社の先輩との会話の中で、

「期待利回り3%の投資案件があるのだが、どう思うか?」聞かれたため、

「私はそんな期待リターンの低い投資はしない」と答えると、

「いったい、どこに3%以上の利回りが期待できる投資案件があるのか?」

と逆質問を受けました。

 

成長株の話をし始めても良かったのですが、

(株価が適正水準にある年率20%成長株の期待リターンは20%だ!!)

 

少々、話が長くなると思い、

「例えば・・・」と前置きをして、

私がやっている持ち株会と太陽光発電の話をしました。

 

私の勤める会社では、

最大月50,000円まで給与天引きで自社株を買うことができるのですが、

その時、奨励金として会社から5,000円の上乗せがあり、

合計55,000円分の自社株を買うことが出来ます。

 

「これってすごい事でしょ?」と、教えてあげたのです。

 

50,000円に対して5,000円ですよ。

買ったその日に10%株価が騰がるのと同じことが確実に起こるのです。

長年株をやってきましたが、そんな素晴らしい出来事はほとんど経験がありません。

(実は何回か経験はある…。)

 

それをやらない手はないでしょう。

 

(日経マネーの連載記事にも書いたように)

個人投資家は、

まずは自分の強みを最大限活かせるような投資先を検討するべきですが、

自社株くらい自分の強みを活かせる投資対象も考えられません。

 

なんせ正真正銘のインサイダーなんですから・・・。

 

もちろん、増資や未発表の決算情報を持っていて、

そのタイミングで利を抜くようなことをすれば犯罪ですが、

社内ルールに則って適切に売却すれば良いだけです。

 

毎月買い貯めたものを年1回決まった日に売却すれば、

バラつきはあるものの、期待リターンは10%を超えます。

(配当もあるし…。)

 

私は入社以来ずっとこれを続けています。

(毎年1回売るというのは面倒くさくなったので最近はやってないが…。)

 

また、2年前に実家の梅林を整地して始めたソーラー発電所は、

純利益ベースで利回りは7%、EBITベースなら12~13%で回っています。

 

金持ち父さんが言うように、自ら事業を行えば、

投資家としてのリターンに加えて経営者としてのリターンが加わるため、

その利回りは大きくなるのです。

 

ここまで説明すると

「わかった。わかった。」と笑ってどこかに行ってしまいましたが、

どうやら私が雑誌に連載したり本を出したりしていることを誰かから聞いて、

ちょっと、からかわれてしまったようです…。

 

もし、読者さんの中に、これから資産形成を始めようと考えていて

しかも、私の会社のように持ち株会制度があるのなら、

ぜひ検討してみてください。

 

(ソーラー発電の方は固定の買取価格が引き下げられたので、

今から始めても大して儲からない。)

 

随分昔、山一證券が倒産したときに、社員のコメントで

「持ち株会はリスクが高い。

なぜなら、会社が倒産した場合、職を失う上、積み上げてきた財産も失う。」

といった内容の記事を読んだことがありますが、

年1回売却作戦なら、そのリスクも低減できます。

 

もっとも、持ち株会制度を継続している会社側の狙いからは

やや外れた行為かもしれませんが・・・。

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

 


長期投資ランキング

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。