2008-07-12 16:28:44

【連載閑話】自家用車持つならガソリン高騰くらいでガタガタ言うな・・・原油価格はきっと下がる

テーマ:筆者一口メモ

  

 

 

メラメラもっと早く続きを(順位)を読みたいならココ メラメラ
  

    

  



奥さま・・・筆者一口メモです。

   
タイトル未設定
最近やっと自分でも気付いたのですが、「本編」を1つ更新したら

次に「一口メモ」・・・続いて「本編」を書いて「一口メモ」・・・という

規則性が出来上がってしまっていますね。別に意図しているわけ

ではないのですが、やはり以前よりも気楽なスタンスでブログを

書いているせいでしょうか。本編を続けて2つ書くことはこれから

もあり得るはずですが、なかなか油っこい生活になりそうな気も

します。やはり肉を食べた後にはさっぱりした野菜を食べたくなる

ものですね。今書いている部分のシーンはこれからまとめてあら

すじを打ち込んでしまうつもりなので、短期連続更新という最近

ではなかなか見られない離れ業を成し遂げることができるかも

しれません。あ、あくまで理想論です(汗)。・・・ranking
 
今回の一口メモはものすごくベタですが「ガソリン価格急騰」に

ついてです。ただしやはりいつもどおり少し毒を吐くような偏った

考えを書き散らすことになると思います。

   
お金 
そもそもガソリンが値上がりしているのはその原料である原油の

国際取引価格が高騰しているからです。ですからガソリンだけで

はなく同じ原料から精製される重油、軽油、灯油、ナフサなどなど

すべてのいわゆる石油製品が陰しい勢いで値上がりしています。

ここまでは小学生でも知ってる常識ですよね。ついでに面倒な

エコ問題が絡んできて、効果があるのかないのかけっこう怪しい

バイオ燃料なんて欧米が使い出すもんだから、その原料になる

サトウキビ価格が大暴騰。砂糖関連商品も当然値上がり。今まで

おとなしく大豆やらとうもろこしを作っていた農家が、儲かるサトウ

キビに転作して大豆ととうもろこしが極端に品薄。だから畑作系の

穀物が全部価格高騰しているのです。このあたりは複雑になるの

でまた今度・・・。

   
 
原油が急激に値上がりしている原因は色々言われています。元々

はこれまで石油なんてほとんど消費しなかった発展途上国のうち

「新興国」と呼ばれる国々が、経済発展によって活発に石油を利用

するようになったこと。特に中国やインドのように10億を超える人口

を抱える国が急に石油を使いだしたため、石油を欲しがる人が増え

てしまったのです。市場原理では「欲しい人」が増えれば増えるほど

価格は上昇します。さらに「先物市場」というシステムがあり、将来

の需給状況を予測してギャンブルのように投資する人々がいます。

先物市場では「今後さらに新興国が石油をじゃんじゃん使うようにな

って石油が足りなくなる」と予測する人がほとんどで、値上がりする

方に賭ける人が続出。その勢いでどんどん現在の需給状況以上に

原油価格が上がっているのです。
 
もっと悪いことに2年前くらいから囁かれ続けていたアメリカのサブ

プライムローン破綻(本来は家を買っちゃいけないような低所得の

人に無理やり高金利で貸し付けた住宅ローンがやっぱり破綻)

表面化してしまい、お金を貸している金融機関が貸しているお金を

返してもらえず焦げ付いてしまう事態が続出。そんな金融機関から

お金を借りて商売をしていた会社も融資を受けられなくなってばった

ばったと倒産しています。当然株式市場にもそういう会社が多いの

ですからアメリカの株価は急落。企業の業績が悪いから給料が減っ

たりリストラ解雇されたりする人も多いですから、株への投資なども

する余裕がなくなり、さらに株価は加速度的に急落。・・・ranking
お金 
株価が下がる局面で儲ける投資手法もなくはないですが、基本は

株価が上がればみんなが儲かるのが市場原理です。儲からなく

なった株式市場から、お金持ちたちは一気に資金を引き上げて別

の場所で儲けようとします。資金が引き上げられてしまえば当然

さらに株価は落ちていく。そして逃げ出した資金は現在どんどん

価格が上がっている原油先物市場に流入中です。価格が上がれ

ば儲かるのですから必要以上に(将来の正常な需給予測以上に)

原油価格が高騰しているというわけです。

    
 
本当は市場原理に反していたとしても、石油などの先物市場への

投資総量規制(投資に制限をつける=資金がストップする=原油

価格が下がりだす=価格下落の場合に儲かる手法に変更する=

ますます原油価格が下がる)を強行すればいいと思うのですが、

今回の洞爺湖サミットではアメリカが嫌がってそういう声明は出ま

せんでした。そりゃそうです。ブッシュをはじめとするアメリカ政治家

のほとんどは、こういう投資で儲かっている金持ちから政治資金の

提供を受けているのです。彼らの利益に反することを主張するわけ

がないのです。

  

私の個人的な考えですが、現在の原油価格は完全にバブルです。

バブルは確実に崩壊します。今後どこまで原油価格が上がるのか

は予想もつきませんけれど、ある程度極端なレベルになった瞬間

に投資家たちは全員不安になります。いつ暴落が始まるか、誰が

ジョーカーを引くのか、そういう“ババ抜き”的な不安を拭えなくなり

ます。そうなれば徐々に原油価格は下げに転じるのではないでしょ

うか。もちろん実態として新興国の石油需要が増えているのは事実

ですから、昔のように安くなるかどうかはわかりませんが、少なくとも

現状のような異常な水準は永遠に続かないと思います。・・・ranking
お金 
さて日本のガソリンなどの燃油価格。あらゆる業界で悲鳴が上がっ

ています。直接かかわるのは物流業界。物を運ぶ時に船でも飛行機

でもトラックでも燃料は必須です。燃料が上がれば経営を逼迫します。

実際、かなり厳しい状況に追い込まれていると聞きます。さらにどんな

商品でも流通する段階で誰かが運ぶわけですから、必ず運送費がか

かります。運送費には値上がりした燃料費が上乗せされていますから、

当然商売上の経費がかさみます。そういうわけで一部の業界を除いて

ほとんどすべての業界が経営上の危機に陥っているのです。
 
4月に「暫定税率問題」がありました。結局いったん下がった揮発油税

(石油系の燃油にかかる税金)は元に戻ってしまいました。ガソリンも

数十円値下げの後に急な値上げでまもなく200円/Lに届きそうです。

正直、こんな状況下でのん気に新しい道路なんて田舎に作ってる場合

じゃないと思うのです。色々と利害が絡むのでしょうが、せめて商売で

燃油を使っている人々から暫定税率を徴収することはやめるべきでは

ないでしょうか。帳簿で暫定税率を仕訳しておいて決算後に還付する

とか、証明書を発行して商売につかう燃油だけは税金をかけないとか

(ガソリンは蔵出し税なので少し法律改正が必要か)、何らかの措置

をしないと漁師さんは船も出せなくなっているのです。彼らの減税分、

道路ができなくなったり、計画が延期になっても優先順位的には問題

ないと思うのですよね。
お金 
では・・・私ように商売では車を使わないの人々はどうなるか。
都市部

に限っていえばそのまま高いガソリンを買えばいいのだと思います。

今、東京は急に車が減って渋滞も減っています。空気もきれいです。

都市部では公共交通機関もありますから、移動で困ることは一部の

例外(障害者の方など)を除けばありません。確かに自家用車は便利

です。趣味で車に乗る人もいるでしょう。でも車はそもそもぜいたく品

です。普通の都市部の一般ドライバーなら、自家用車を使うのはほと

んど土日祝日だけでしょう。よほど車での長旅をしない限り、給油は

満タンにして週に1回あればかなりヘビーユーザーですね。車種にも

よりますが例えば満タンで50L入る車だとして、かなり昔の100円/L

の頃は1回5000円でした。ちょっと前に150円/Lだった頃は7500円。

この段階でもそれほど文句は出ませんでした。そして仮に200円/Lに

なったら1万円。最安値時代に比べて1回5千円、月に多くて2万円の差

です。直近価格に比べれば1回2千5百円、月に多くて1万円の差です。

   
 
都市部で自家用車に乗るのは本当にお金がかかります。駐車場を借り

れば平気で3万、4万かかります。税金や保険、整備の費用だって放っ

ておいても年間十数万がかかります。そんなぜいたく品の自家用車に

乗ろうという人が、月に1万円や2万円の負担増でガタガタ言う方がどう

かしてます。本来ならそんな負担増なんてちょっとした節約でカバー

できちゃうくらい余裕がある人が、自家用車を持てばいいと思うのです。

関係ない話で恐縮ですが、子供の給食代を払う余裕がないような世帯

は自家用車なんって乗ってちゃいけないんだと思います。さてこれって

暴論でしょうか・・・。

 

だってバスだって電車だって都市部にはあるんですし、自転車で移動

すれば大概のバス停や駅には行けるはず。遠くてそんなことさえまま

ならないなら引っ越せばいいのです。駅から遠い物件じゃないと家賃

払えない・・・そういう人が自家用車を持つ方が矛盾です。そこまで

切羽詰っている人はどうぞ自家用車を諦めてその浮いた費用で駅近

物件に住んで下さい。昔から先祖代々その土地にいるというなら、昔

ながらの移動手段で我慢すればいいのです。・・・ranking  

お金  

地方部はどうか。自家用車が必需品になっている地方もありますが、

そもそもそうなったのはここ数十年のはず。急には無理かもしれませ

んが、長期的には自家用車がなくても暮らせる生活スタイルになれば

いいのです。土地に愛着を持つのはわかりますが、家族1人につき各

1台の自家用車・・・ちょっと異常な状況だと思います。不便かもしれま

せんが不便を承知で住み続けているのは自分。都市部に比べて格段

に安い生活費で暮らせる選択肢を採っているのですから、そこは自分

が選んだ道だというのが私の考えです。

  

地方では廃止になった公共交通機関があり、異動が不便になったとか、

都市部にはない問題があるかもしれません。でも・・・私は長期的には

そういう地域に人が住み続けるべきではないと思うのです。

 

短期的には前述のように、商売でガソリンを使っている人と同じような

特別措置を自治体などの証明書で講じればいいと思います。もちろん

その代わり無駄な道路が目の前まで延びることはなくなりますが・・・。

・・・ranking  

    

車がないとどうにもならない限界集落はどうするか。冷たいようですが

歴史や伝統、愛着などを考えている余裕は、この日本には既にありま

せん。急ぐことはないですが徐々に引っ越せばいいと思っています。

たった数世帯の隔離された山奥の集落のために数十億円かけて道路

やトンネルを通し、数千万かけて毎年それを維持し続ける・・・何と無駄

なことでしょうか。その費用を負担しているのはまったく無関係の方々

の税金です。景気が右肩上がりで余裕がある時代ならそうした集落に

手厚い保護を施す優しい行政もあり得るでしょうが、現在は残念ながら

そんな時代ではありません。そうした限界集落は徐々に淘汰されて、

ある程度のインフラが整った地域に皆が集中して効率よく住む。将来

はそうあるべきだと私は思っています。これって暴論でしょうか・・・。

お金  

それでも人里を遠く離れた田舎に住みたい・・・そういう人がいるかもしれ

ません。ならば個人の力で生活を支える余裕がある人に限ってそういう

贅沢をすればいいでしょう。田舎に住むのは極めて贅沢なことだと私は

思います。他人の支払った税金によるインフラ整備をあてにして田舎に

敢えて住む・・・これはわがまま以外なにものでもないと私は考えます。

 

ただしこの考えは長期的な流れを考えてのものです。ここ数年で突然

限界集落をなくせなんて言ってはいません。半世紀以上もそこに住み

続けたご高齢の方々が急に引越しすることが難しいことは分かってい

ます。あくまでそういう方々の次の世代に限った話ですので誤解なき

ように。40歳、50歳で限界集落に住み続けるのは自分が自由に選択

した結果でしょう。私はその世代以下の方々が限界集落にこだわって

いる事例についてはついてはかなり冷めた視線で見ています。


以上です。・・・ranking

 

   

    

  ↓↓↓        ↓↓↓ 

奥さま、疲れ気味の筆者にランキングご協力を!
いつも更新が不規則になることを深くお詫び申し上げます。

     

       

    

    

期間限定!!要チェック!!高価なイオン美顔機がなんと980円。

クリームとセット限定ですがそれでも安い!!買っておいて損は

ありません。効果がない場合の返金保証もついています。
   

  

    
楽天でよくショッピングされる奥さまなら「楽天カード」を持っていた

方がずっとずっとお得です。割引率やポイントで優遇がたっぷりです。

年会費・入会金永久無料。持つだけ持っていても損はないと思いま

すよ。現在別カードで決済されている方も変更した方が絶対にお得。
       

  

これからの季節、日焼け止めは必須。下手なモノを使用すると日焼け

は止まっても後からシミやムラになったり肌が荒れたり大変なことに。

美容業界ベテランの筆者妻が絶賛のプロ好みのサンプロテクトがこれ。

純粋な美容成分たっぷりで使用感もさっぱりすべすべ。おススメです!

       

いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

奥さま聞いてよ!筆者さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

26 ■忙しい中ありがとうございます。よく分かりました!

すいません、自分が限界集落にいないせいか、主張がズレてましたね。いつの間にか地方都市やその周辺を擁護するだけの話になってしまいました。
限界集落をどうするかって話に戻します…難しいですね。よくよく考えてみたら私は限界集落を見たことがありませんでした。あるのは近所が寂れてしまった商店街で、運良く車で15分もかからない所にシネコンが出来、そこに若者や小さい子供を連れた若い夫婦が集まるために幾らかの恩恵を受けて復興した街とか…祖父の家があるんですが。それはそんな程度だから限界集落とは言わないと思います。しかし、もし自分が政治家だったとしたら、自分の市が今より良くなるように当然頑張るのでしょう。ちょっと遠くの街に共同出資で大型のショッピングモールを作ってみたり…ど素人ですのでこんな程度しか思い付きませんが、お金を使うことと言うと世間には無駄な公共事業を行ったと攻められるばかりですが、やり方が問題かなあと思います。個人的にはそういう開発は良いというか好きです。

やれ、大きい道路を!とか叫ぶ事のはよくないとは思います。本音言うと近所の工事早く終わって欲しいですが。財源の関係もあるし、暫くの辛抱ですね。長期でコツコツ開発に向かえばいい。
さて、限界集落の人がガソリン代無駄にかかるから近くの地方都市にでも引っ越してみたら?と言う話ですが、やっぱり何も知らない若者の我が儘までなら許されるかもしれないけど、やっぱりダメだと思いますね。じじばばのためにももう一花咲かせよう。そう思って戻る人、又は留まる人。その辺りを分かる若者が残り、復興させようと一緒に色々考える。ガソリン代とか呑気に騒いでるのは地方都市の人しかいないでしょう。他人行儀な自分も含めて。それは人として問題かなあと気になったので、切り捨てないで考えたいと思いました。

25 ■恋愛手帳さんへ

私も基本的に同感です。私は地方と京阪などの大都市の構図で書いてはいないですよ@インフラがほとんど無い集落と、ある程度整った都市部・・・そうだなぁ、例えば秋田県で言えば山間の離村と横手市という感じでしょうか。私はやはり離村に必要以上の助成を続けるのは非効率的で国民のためにならないと思います。自助努力を進める地方部に助成をするのは当然のことだと思います。

ガソリンはきっと下がりますよ。来月いったん上がりますけどね。原油先物ってあくまで先の物を取引してる価格ですから実勢価格とは全然別物です。でも石油卸売り各社が先物に連動する価格システムに変更するようです。このまま原油の暴落が進めば・・・。不安なのは中東問題だけです。中東の平和を祈りましょう。イスラエルとシリアが仲良くしだしたのはいいことですね。イランだけが気がかりです。

24 ■諦めはよくないと思いますが

理解出来たような気がします。政治的な範疇では平等はあり得ないと。平等を求め続けると、国が破産する、そうでなくても大多数が大損するってことですね。
ガソリンからだいぶ離れちゃいましたが、国全体として生産量を高めるために、地方への助成は大事だと思いますよ。勿論、助成目当てで努力しない地域は論外ですが(最近は、村おこしとか、過疎地も若者を呼ぼうと頑張ってますよね)。そういう努力をしないところは厳しくしないと仕方ない!権利だけ求めて甘えてちゃいけないですよね。でも手遅れなんてないから、頑張れば良いのだと思います。逆に今安泰な地方都市だって、気を抜けば廃れると思うし、東京だって胡座をかいていれば築地の問題のように、わからない事も多い。車に関しての問題はないですがね。たまに行くんですが、空気がクリーンな有楽町は気持ちよくて嬉しいです!

ところで、ガソリン下がるの…まだですかね?

23 ■さらさらさんへ

コメントレスやめようと思ったのですが、なんだかすごく誠意を感じたコメントだったので公開してはい終わりっていう感じでもない気がしました。

おそらく私のこの記事とは視点が異なるのだと思います。さらさらさんは個人の権利の視点からお考えですよね。私の場合は個人の権利よりも公共の福祉、国家全体の視点で書いています。当然そこには個人の権利を抑圧するような内容も含まれます。政治ってそういうものです。だから同じ土俵で話がかみ合わないのです。国家の幸せ=個人全員の幸せ、ではないです。でも国家の幸せ=だいたい大多数の幸せ、というのはありえます。為政者ってそういう視点で考えているんだと思いますよ。

1つだけ私が説明不足の部分があります。多分誤解されている方も多いでしょう。都市というのは別に東京とか大阪ってわけじゃないです。県庁所在地だけってわけでもないです。どんな山村でも月に一回は買いものに出かけるようなある程度の地方都市(政令指定都市じゃなくていいんです)に集約されていくべきだというお話です。

本当はこのあたりは歴史を紐解いて江戸時代のあたりから解説したいところですがちょっと面倒なのでやめときます。

ちなみに出生の場所についてはきれいごと抜きに運不運はあると思いますよ。それは持って生まれた才能と同じ理屈です。極端に言えばアメリカ合衆国に生まれた子供のほうがスーダンに生まれた子供よりも可能性は多いのです。その図式は日本国内でも当てはまるでしょう。仕方がないのです。それを認めた上で自覚して動かないと。変に誰でも平等っていう考え方だけは私は賛同しません。人間は不平等です。格差があります。それを認めないと正しい政治なんて出来ません。
平等主義はちょっと左っぽくて私は好きじゃないですね。

22 ■無題

筆者様の言い分はひとつの考えだと思いますが、しかしどうも納得がいきません。
それはなぜかと考えてみました。

都会に住む=税金を無駄遣いに
せず、迷惑をかけない

道路の整備が必要な地方に住む=
税金の無駄使い。そんなところに
勝手にすんで税金使われるのは迷惑


これを
都会に生まれる=迷惑かけない
地方に生まれる=迷惑かけている
に置き換えることも可能だからです。

筆者さまは、「大人になって自分の判断
でそこにすんでいるのだから、自分の選択。
自業自得」
と考えていらっしゃいますよね。
しかし、
地方に生まれたからといって、
都会に移動しなければならないなんて
それこそ不公平。不均等です。

都会に生まれた人は、そのままでOKで、
地方に生まれた人は、
住居の移動を求められる世の中
(ライフラインであったり、就職であったり)は
地方の方だけに負担が強いられるでは。

筆者様も地方に住んでいたことがあるならば、
進学や就職を考えて都会に出ることが、
いかに大変(金銭的にも、精神的にも)
おわかりになるのではないでしょうか。

「すぐにすぐに引っ越せとは言っていない」と
おっしゃっていますが、
「引っ越さざるを得ない世の中になればいい」と容認しているのとは同義と思います。
筆者様の子息は都会に持ち家を持ち、
移動の必要性もなく今後安泰でしょうが、
地方で生まれた子息は今後、すみにくい地方を
捨てざるを得ない世の中になってしまうのですね。

出生の場所で強いられる負担が違う世の中は
間違っています。

筆者様のブログにコメントするのはこれが初めてですが、うまく私の気持ちが伝わればいいな・・と思います。

21 ■無記名さんへ

サービスでレスしますね。なぜかこういうコメントが東海地方から為されることに色々と考えるところはありますが(苦笑)、もう少し正確にお考えになってはいかがですか?私の言わんとしてることが読者に伝わっていないのではなくて、伝わっていない(読み取れない人?)限られた人が「急に引っ越せとは無理じゃないか!」と、最後にわざわざ「急に引っ越せとは言いません」と書いているのにもかかわらず書き込むだけですね。読者全体のイメージをコメント欄でイメージする癖があるのはコメント欄を自分で荒らすことでアクセスを増やして書籍化までした変な昔のブロガーさんだけじゃないでしょうか。私はむしろコメントなんて意識もしない大半の方を意識して書いていますし、普通はコメントなんて読む暇ないですよね。ま、色々おつらいこともあるのでしょうけども頑張って下さい。

20 ■無題

内容に関しては触れませんが、コメント見る限りあなたの考えがどうであれそれが読んだ人には伝わっていないのは明らかですね。それを読む側が理解できていないことが原因のような言い方ですね。このブログシステムがコメントを掲載できないようにできるのかどうかは知りませんが、自分の考え、主張を伝えたいだけならコメント欄をなくせばいいのではないでしょうか。それをしないのであれば自分が意図しないコメントに対して伝わらないことが原因のように言わずにもっと説明を追加するべきではないでしょうか。あなたがそれをできる人であればですが。私はある質問サイトの質問を見てこのサイトに来ましたが、あなたの書き込み(というよりコメントの返答を見てだと私は思います)でショックを受けている方もいらっしゃいますよ。

19 ■最後のレス

もう古い記事なのでレスは最後にしますね。

「知っていただきたい」と言われても知ってるのでちょっと困っちゃいます。なんだか私が田舎暮らしを知らない前提で反論されるから困りますね。と言っても詳しく説明する気はありませんが・・・。

ご自分でもお分かりのご様子ですがすべてはご自身で選択された道ですよね。大人になっての選択ですよね。だったら申し訳ないけどやはり「記事のタイトル」です。

18 ■無題

都心から地方の兼業農家へ嫁いできた者です。文中にあった、都市部に比べて格段に安い生活費でくらせる、というのは何を根拠におっしゃっているのでしょうか。生活必需品、税金、光熱費、東京と比べれて大差はありません。もちろん、ぜいたくな遊びをしないという前提です。住居費は確かに同じ間取りで半分ほどの金額になりますが、それもやはり私と夫の車の維持費、ガソリン代で差額はなくなります。
家族一人一人に車は必要かと言われれば、私も夫も仕事をしていて、それぞれ車でなければ不可能な距離なので、どうしても必要になってしまいます。夫は会社員と農業を両立し、頑張ってくれていますが、月収は、私も働かなければ、生活が維持できない状況です。なお、夫の給料はこの地域では安いほうではありません。そのため、私のまわりは妊娠中の方以外はほとんど兼業主婦です。
それはすべて自分で選んだことの結果だという自覚はあります。そして、今がとても幸せだと間違いなく言えます。
私は東京にいたときと同じような暮らしをしたいわけではありません。毎日、お洒落して、仕事帰りに飲み会して、海外旅行にも行って、そんなことは望んでいません。ただ、家族みんなで笑って過ごせればいいのです。
その普通の生活、仕事に行く、病院に行く、スーパーにいくことに、車は必要になるのです。当たり前に暮らしていくのに車は私と夫の場合は必要になるのです。
数十年前はどうだったかではなく、現代の地方で当たり前の生活をするのに、必要である家族もいると、知っていただきたいと思い、書き込ませていただきました。

17 ■通りすがりさんへ(苦笑)

もう笑っちゃうしかない感情的なコメント感謝です。あまりに低レベルのお話をされているので反論する気も起きませんが、少しだけ試しに・・・。

食糧危機のとき親が田舎に残っていても田舎出身の人はそのまま地方にい続けて下さいね。分離するんでしょうから。

食糧危機のとき自分の地域で生産するもの以外食べないで下さいね。田舎連合なんて存在しないんですから。うどんでも食べましょう。原材料を運ぶ船が地元にあればいいですが。

都市部の企業が販売して収益文を納税しているいる工業製品は今後使わない下さいね。自動車とか。あと、うどんを作るときにも都市部からの部品は使わないで下さいね。

なんてことになるからそういう馬鹿な論調はやめたほうがいいですよ。馬鹿じゃないと思うけど馬鹿に見えます。

16 ■無題

都会の住民の税金に頼らずにか・・・
じゃぁ食糧危機がもし来たら田舎で生産した食料に頼らないでね。

15 ■続き

>恋愛手帳さん
確かに帰る故郷がいつの間にか消えているって言うのは寂しいですね。私も極端なことを敢えて書きましたが、里が消えることを望んでいるわけではありません。ただ、里が必要以上に都市部と同じレベルのインフラを求める事例が後を絶たないのでちょっと辟易しちゃってるんです。

今まで日本人は「お上」が全部お膳立てをしてくれていて、国家全体について何も考えないでもよかったですが、今後は国民全員が国家全体のグランドデザインを意識しながら生活しないと、本当に今のように恵まれた(どんなに不便でも東チモールよりは絶対に幸せ)生活は維持できなくなるでしょう。恋愛手帳さんのように意識の高い方が各地域でリーダーシップを取ってくださると安心なのですが・・・。 

ちなみに・・・絶対にガソリン価格は近々下がります。お待ちを。   

14 ■大阪府民さん、恋愛手帳さん

>大阪府民さん
ちょっとご無沙汰でしたね。妻も大阪府民さんのコメントを読んでいて「恐ろしいくらいあなたと視点が似てるね」と感動しています。私も大阪府民さんとはおそらく見ている将来の時間軸が似ている気がします。私もそうですがきっと社会をトータルで判断することを日夜強いられるお仕事なのでしょうね。そういえばこの記事を書いた週明けから原油価格が大暴落して止まりませんね。バブル崩壊でしょうか。プロの投資家なら利確するなり損切りするなりして逃げるレベルの値幅ですよね。ついでに穀物まで下がってます。アメリカは空売り規制を始めましたし、おそらく先物市場にも介入するでしょう。さらにドル買い一斉介入の噂もありますね。ここしばらくは目が離せません。主婦とかでFXやってる素人投資家さんはいったんポジションを円に変えないと怖い時期ですね。

13 ■大きくは異論ありませんね

忙しくご無沙汰してます。今回は最もな意見だと思いますね。田舎に住むのは贅沢。こんな時代だからか不思議なのですが、間取りを選ばなければ、若者には都市部で働き暮らした方がトータルとしてはお財布に優しいですね。実際、車買えたのも、余裕が出てきてからでした。現在私の暮らしている街は田舎ではありますが、親と同居していない人は車を持っていません。限界集落ではありませんが、財政難の街です。
故郷を守るのと、生活を天秤に掛け、実際に若い人は皆と言って良いほど、出稼ぎに行き、ある程度まとまったお金が溜まったら帰って来ます。下手をすると親の介護の時まで戻ってこない…それが現状です。

でも、故郷を持つ身として、帰って来て思ったのは、生まれ故郷がなくなるのは寂しい。そう思うなら考え方を変えて、ガソリン税を仕方ないと捉えてもいいんじゃないでしょうか?何とかして税金を収めてあげたい。なるべく地元でお金を落としてあげたい。ガソリン税が辛くないとまでは言えませんが、それも支出の一部。道路等に関係ない人のお金が使われている…そう考えるとちょっと耳がいたいですが、せっかく使って頂けるお金があるのならせめて無駄にしないように、自分達でしっかり運用して、他方からもお客様呼べるよう、しっかり商売しようと私なら思います。ガソリン税に怯えて暮らしても、何も生み出さないと思いますよ。そして、故郷を愛するなら、又人を呼べるように自分を育て、いつでも帰ってくれば良いと思います

12 ■egoegoさんへ

私はegoegoさんの書き込みには一切嫌な感情は持ちませんでしたよ。どうぞ御気になさらないでください。単にちゃんと読みもしないで感情的に批判する人を少し疎ましく感じただけです。egoegoさんは少しスタンスは違うけど極めて理性的だと思っていますからご安心を。

11 ■すみません。

そんなに気を悪くされるとは思いませんでした


申し訳ないです。

ただ、私は都市計画は10年やそこらで計画するものではなく、50年ぐらいのスパンで計画を進めるべきだとは思います。

50年スパンで国レベルで、この町に道が必要である。というところに道を作る。

そうあるべきだと思います。

ただ筆者さまと違うのは、そこに住む人、住んでいない人の一個人の感情はいりません。

実際土木工事のみの目的で工事は実行されたりしているんでしょうけど、だからと言って、そこに住む人の生き方を批判するのはよくないと感じました。

いろんなことを理解できずにいる人。。
困るけど、悪じゃないと思ってます。
限界集落に住む若者は状況を理解できない人か、理由がある人だと思っています。

10 ■ronさんへ

そうですか。それは大変失礼しました。一番最後の文節のどこがわかりにくいかはちょっと理解を超えてますが、そういう方もいらっしゃるのでしょうね。

わざわざ分かりにくい文章を読んでわざわざコメントまで書き込んで下って本当に感激するばかりです。なんていい方。ありがとうございます。

9 ■無題

あなたの文章が分かりづらいからですよ。

8 ■うーん・・・ちゃんと読まずにコメントされるのは・・・

ざっくり言えば大阪府民さんのおっしゃるとおり。でも異論コメントがどうもちゃんと読まずに感覚的に書かれているので困ります。

私は「嫌なら引っ越せ」と書いたのは都市部で駅から遠いところの家賃が安いところにわざわざ住んで、自家用車を持ってる低所得世帯についてだけです。

交通手段が整っていない地域については今すぐとか近い将来とかそんなスパンの話じゃなくて、徐々に緩やかに都市部に集約していく・・・そうちゃんと書いているのですが。わざわざ項目を分けて書いているのに・・・私の文章が下手なのか、それとも・・・。

若い人は親の世代がなくなった後を見据え徐々にそういう地域を離れないとですね。今まではそういう地域を守るという旧来の考え方で上手く回っていましたが、今後はそういう古い考えで国家運営が出来るほどお金がありません。交通手段の充実?どうぞ住んでいる方々のお金でご自由になさって下さいって感じです。他の地域の住民の税金に頼ることのないように・・・。

確かに私はバスも通っていない地域を選んで住んだことはありません。そんな余裕がないですからね。車がない時代はそういう地域の方々はどうやって暮らしていたんでしょうね。不思議です。

7 ■エネルギー問題

石油市場は、誰が見ても明らかにバブルでしょう。今でも提灯買いをする人が多いようですが、怖い怖い。ヘッジファンドの売り爆弾投入は何時の日か、何にせよ証拠金取引は素人には向きませんね。

さて、田舎についての話ですが、私の持論も筆者様と同じです。有限な資源を利用して生きていく以上、効率的に使う必要があるのは明らかでしょう。そして、効率的利用方法の1つとして、都市を形成しエネルギーを出来る限りshareすることを挙げることが出来ます。もちろん他にも、資源からエネルギーへの変換効率の向上、自然エネルギーの利用、(化石燃料でない)新エネルギーの開発、等があると思います。どれもこれも難しい内容なのですが、これらを駆使した社会を作らない限り、日本は滅亡でしょう。

こんな話は小学生でも分かると思うのですが、コメント欄のような反応が多数派のようです。どうも筆者様の主張が伝わっていないようですね・・・。

6 ■住んだことがないんですね。

率直な意見です。

“住めば都”とは違うんです。

どんなにがんばっても“都”にはなりません。
ならば、筆者様は、“便利な所に越せばいい”とお思いでしょう。
そんなもんじゃないんです。

どんなに頑張っても無理なんです。
今まで、無理だった事を原油が上がったからガソリンが上がったからって出来ないんですよ。

私も23区内の自家用車は贅沢品だと思います。
でも、バスですらない地域もあるんです。
スーパーに50過ぎの親を自転車で片道30分以上もかけて行かせる訳にも行かないです。
一人に1台車がないと生活できない地域もあるんです。

そこをわからないのは、ただ、住んだことがない人のいい分でしかないんです。



私は、道よりも公共機関の交通を完備することだと思います。

5 ■難しいですが。。

限界集落でも、生産性がある程度ある、実子以外でも跡継ぎを作れそうな所でなら、道路はつくるべきかな~。それこそ外国人とかでも。。

食糧需給率がこれ以上落ちて外国に胃袋を握られると、日本の立場が弱くなるし。

報道されているところは、ほとんど自然破壊のようなところですけどね。。。

まあ、暫定税率は確かに除外はしたほうがいいかもしれないけど、それを整備するのにお金がかかるかもしれませんね。。

<その世代以下の方々>ってのは若い世代ってことですか?

余計なことですが、ゆうさんは勘違いがあるかもしれませんが、そんなに悪い人じゃ無いんじゃないですか?もうちょっとやんわりと。。。どぅ?

まま色々あったみたいですから、不安感などはあるでしょうね。。。

【連載閑話】。。。
本編より割と楽しんでコメントさせて頂いてます。

本編も読んでますが、コメントしてませんし。

暑いですが頑張ってください。

4 ■無題

今回のお話は少々乱暴な気がしますね。
個人の考え方ですからなんら問題はありませんし、私が話すことは決して筆者様への批判ではありませんので。
地方を捨てて都会に来ればというのは少々乱暴ですね。地方に住む人には先祖代々受け継がれてきている土地があったりします。それをうっぱらって都会になんてなかなか行けません。確かに自ら選んで田舎にいるのだから嫌なら我慢するか都会に来ればいいというのは正論かもしれませんが少々乱暴に感じます。それを言ってしまえば、そもそも政治や国の政策などに文句を言うのもおかしくはありませんか?嫌なら他国(自分が納得するところ)にいけばいい。ということと同じですよね。その他の商売に使う税金は還付するなど部分については共感します。何度も言いますが、これは批判ではありませんよ。このブログの一ファンである私の意見です。これからも連載は楽しみにしています。

3 ■ゆうさんへ

ゆうさんというのは少し前にコメントを書き込んで下さった「ゆうさん」と同じ方ですよね。どうも話が噛み合わないと言うか・・・ゆうさんに文章を読むお力がないというか・・・読み飛ばしが多いというか・・・困っちゃいますね。

私はきちんと障害者などの例外的な事例は除くと書いています。介護をされているならそれに当てはまるでしょうね。しかも田舎に住んでいるご高齢の方々に住み慣れた土地を急に離れろとは言わない、と明確に但し書きまでしています。わかった上で反論を書いているのか敢えて嫌がらせをしていらっしゃるのかちょっとわかりにくい物言いですね。コメントは大歓迎ですがせっかくですからちゃんと読んでからから書いて下さいね。

でもそれほど余裕がないならばブログなんて読んでる場合じゃないと思いますよ。ぜひ読むのをおやめ下さい。

2 ■残念です。

都会に住んでらっしゃるから、生活に不自由されてないからそんな風に言えるのでしょうか…。
仕事をしながら親の介護をしてきた立場から言わせて頂くと自分本位な言い分に感じます。
バスや電車を使うよりも自家用車があれば時間が有効的に使えるような場所に住んでいます。大都市に住んでいる人には地方の事情が想像つかないということなのでしょうか。
現状の道路状況で構わないんです。多少混んでも構いません。電車の駅そばにある施設なんて少ないです。完全介護の施設はびっくりするほど高いですし、住み慣れた土地を離れたくない高齢の方は多いです。ガソリンが高騰するのは仕方ないと思っても、少しでも安くあって欲しいと思います。暫定税率分安ければ、どんなにいいか…物価は上がってもなかなか収入はあがりません。安くならないかなとぼやきたくもなります。
都会に住めと言うのはあまりにも乱暴な言い分だと残念に思います。

1 ■毎回

筆者様は世の中の現状を、鋭い切り口で切って頂いて、ありがとうございます。この材料を見て、やっと自分がどう料理していこうかってのが見えてきます。
そう、なるほどこう言うことか、こう捉えたら簡単なんだ。って、思えます。
一見乱暴にも見えるのですが、実に全体を見据えた故の切り方だと思います。
私にはソースが、どこまで偏っているのかさえ理解できないTVだとか新聞などに限られていて、なんとなく好印象のコメンター等に流されそうになります。
まー私は関西なので「たかじんのそこまで言って委員会」で随分、直球受けてますけどね。(^_^)

とりあえず、本編でも閑話でも楽しませて頂いてます。このまま上昇復活してくださいね~無理せずとも。

コメント投稿

AD




無料でダイエットできる!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。