「ヤチョラー」

 

どれくらいの方がご存じなんでしょうね。

ワタシも奥さんに教えてもらうまで知りませんでした。

 

測量野帳 という測量作業をしたりするときに使う手帳を、いわゆる一般的な手帳のように様々使い方を工夫して使う、いや 「愛用」 する人たちのことを

 

ヤチョラー

 

っていうんだそうです。

 

ご存知の方はご存じでしょうが、私は建設業に長く務めておりますので、野帳は日々の仕事に欠かせないものでした。

野帳にも種類が様々ありますが、ワタシは主に レベルブック という種類の野帳を使っていました。

他に トランシットブック や スケッチブック というのもあるのですが、作りはどれも同じで、緑色の堅い表紙と裏表紙の間に(野外で作業するときに書きやすいようになってます)普通のノートが挟まっていて、用途によって罫線が工夫されています。

 

建設業だったり土木工学科出身の方ならホントに身近な「道具」である野帳なんですが、一般的な手帳用途に好んで使う人が結構いるなんて、想像もしていませんでした。

興味を持ってコクヨさんのホームページをのぞいてみると

 

「ヤチョラー」に会いに行く - コクヨショーケース

 

ってページがありました

http://www.kokuyo-shop.jp/shop/u_page/honne05.aspx

 

ちゃんといるんだヤチョラー(笑)

 

現場に出てた頃はけっこうたくさん使った後の野帳をとっておいていたのですが、さすがにもう残っていません…と思いつつ、会社のデスクを探してみると…

 

1冊だけ残ってました!(^^)!

 

 

 

 

 

なんだか懐かしい気持ちになりました。

 

ちなみに今は 「ほぼ日手帳」 派です。

 

 

 

AD