Francesco Paolo Tosti

テーマ:
イタリア、アブルッツォ州のオルトーナに生まれ、数多くの名曲を生み出し世界中で愛されているフランチェスコ パオロ トスティは、今から100年前の明日、1916年12月2日15時30分、ローマにて生涯を終えました。
作品は芸術歌曲からカンツォーネまで多岐にわたり、イタリア語、フランス語、英語で作曲されています。
また、歌手として(軽いテノールだった)、そしてヴェルディにも信頼される声楽教師としても有名だったトスティは、人柄についても愛されていたようです。

彼に魅力され、その生涯をトスティの研究に尽力し、第一人者となり、残念ながら去年亡くなったフランチェスコ・サンヴィターレ先生の、作曲家への愛のこもった名著「トスティ ある人生の歌」(森田学さん 訳)の文を引用させていただきます。
明日、トスティに少しでも想いを馳せて頂けたら幸いでございます。

〝…葬儀の後、数日の間にイタリアや外国の数多くの新聞がフランチェスコ・パオロ・トスティの訃報を伝えた。
すべての死亡記事で繰り返される話題は、彼の残した作品の非常に大きな価値とその並外れた普及の記憶に加えて、彼の上品な物腰、にこやかで他人に協力的な性格の人物を失ったことへの哀悼の念だった。
トスティの人物像の記述は、今日でもなお、彼の人生や芸術分野での出来事を回想しており、音楽史上の偉大な紳士の1人に出会わせてくれる。彼の個性は大変ユニークで、彼の数多くの同僚(重要性のある、なしにかかわらず)の持っている個性とは完全に異なる。
1人の男が自らの印に、この座右の銘を刻んだのは偶然ではない。
「思うままにいきよ」と。〟
{34C8CF3A-1B89-4A0A-AAE8-6A267AF732C4}

{D0B48B7B-CD8D-43B0-90B4-0B461CFD8230}

{7D4229B8-7383-4D39-B344-D1D8D1FF4E69}

{8C3BF3D8-A554-4FF0-94F9-4099000515D1}
左から、Caruso、Tosti、Antonio Scotti

{5A1FCFE9-B0B8-4263-B873-779DF29760D7}



{0BB0B5C1-2E65-4D71-84DB-8A4F2263F344}
Francesco Sanvitale先生
AD

蝉しぐれ

テーマ:
冬の気配すら感じる今日のような日は、蝉に想いを馳せる。
今、セミは暖かい土の中で生を楽しんでいるのだろうか。

お気に入りの木の樹液を吸い、友を作り、天敵から生き延びているのだろうか。
セミが木に卵を植えつけてから、短いものでは1年、長いものでは17年、土の中で生活するという。
そして死期を悟ったころに、もしくは一番エネルギーが充実している時に、おしっこをひっかけるというささやかな攻撃手段しか持たずに地上に出てくるのだ。

もしかしたら土の中で、「地上に出たらあなたを必ず見つけるわ」「あぁぼくが必ず君をみつける」と約束しているカップルもいるかもしれない。
そうなると土からでて、死ぬ思いで成虫になったら、名前もわからない、姿もすっかり変わってしまった恋人を1週間から1ヶ月の間に探さないといけないのだ。

そうなったセミは
君の名は。と叫ばずにはいられない。

あぁ冬の
悲しき恋の
蝉時雨

(ちなみにセミのおしっこはほぼ水なんですって)
AD

めしや 宮本むなし

テーマ:
関西には「めしや 宮本むなし」というチェーン店がある。関東で言うと、白米が食べ放題の「やよい軒」に近く、やよい軒よりもコテっとしたものが多い。
ぼくは宮本むなしに入ると大抵、ハンバーグカツ定食を頼む。
ハンバーグをカツにした、ダイエット食にはならなそうな食べ物なのだけれど、これを頼むときに聞かれるのが

デミグラスソースにしますか
とんかつソースにしますか

である。
これはなかなか悩ましい問いで、我々はその悩ましい問いを、店員の方が横に立っている状態で決断しなければならない。

まず考えねばならないのは、自分はハンバーグカツを、ハンバーグを主体として考えているか、カツを主体として考えているか、だ。
言わずもがな、ハンバーグならデミグラスソースだし、カツならとんかつソースであるが、判断基準はそれだけではない。
希少価値だ。
とんかつソースはすでにテーブルに置いてあるけれど、デミグラスソースは置いていない。名前の響きも、ゴージャスな感がデミグラスには漂っている。

またそれ以外の選択肢もある。何もかけない、テーブルにある醤油をかける、などだ。
そしてどうしても決められない方にお勧めするのは、8切れのうち、3切れだけにデミグラスソースをかけてもらう方法で、これによってデミグラスソース、とんかつソース、醤油、プレーン、全てを味わうことができる。

しかしそれをした時にもしかしたら、一つに決められず全てを味わいたい私はなんと欲深いのだろう、とお悩みになる方がおられるかもしれない。
人間の発展には欲深さは欠かせないものです。
一つを選ぶ欲の潔さ、一つを選ばぬ欲の深さ、どちらも必要なのです。
わたしはしかし、一つを選び、デミグラスソースをかけることに致します。次回は醤油だとしても。

光はいつも かわらぬものを
ことさら秋の 月の影は
などか人に 物を思はする
あぁ鳴く虫も 同じ心か
声の悲しき 
{C2C0BD20-FF6A-40CD-93D9-A6571B92D3DF}

AD