野蛮な動物

テーマ:
子供というのは、本当に野蛮な動物である。

こちらが本番前の最後の合わせをしているところに来て、指揮をし始める。
音楽家の悲しい性か、その指揮に合わせて歌おうとするけれど、その頃にはもう、指揮棒としていた割り箸を上に放り投げて遊んでいる。
4拍子の4拍目の浮遊感が気に入って、そうなっているのだ。割り箸は4拍目の浮遊を、それから3、4分は味合わなければならない。いい迷惑である。

ぼくが控え室に戻ると、いつの間にか部屋の端に椅子と小さなテーブルを使って基地を作っている。控え室はぼくの領地でもあるのに勝手に基地を作るとは、アメリカも真っ青の野蛮さである。
しかも彼はその基地に入るための暗証番号も求めてくるのだ。
我々大人が打ち合わせをしているときに、数字の羅列を野蛮な動物が散々叫んでいたのをぼくは念のため覚えていたから、それを言ってみた。

「000123」
「…よし、入れ」
24歳も上の大人に向かって入れとは何事か。

ぼくは基地の入り口の椅子を退かせて入ろうとすると、ちがう、ちがうと言われる。
「机のしたから!」

野蛮な動物はサイズ感が把握できない。でも大人のぼくにはわかる。
その小机の下は、ぼくはもう通れないのだ。

基地に入る前にトイレにいく、と言ってトイレに逃げこみ、動物が別のことに気を取られるのを待った。
彼はしばらくするとトイレの近くに来て、侵入者発見!侵入者発見!と言い始めた。
「大砲を準備しろ!」

人がトイレに入っているところを大砲で吹き飛ばそうとしている。

ぼくは、吹き飛ばされるなら、ようを足したあとでありますように、出来れば、大砲を発射せずこの場を離れますように、と願っていた。

音が聞こえなくなったのを見計らってトイレからでると、空気がツンと静かになっていた。

足音に気をつけながら控え室に戻ると、動物はぼくに小さな四角い物を渡して来た。中心が赤く、その周りが白く、さらにその周りが青い。
「それがあれば暗証番号なくても入れるよ、あげるから、ほら入って」

ぼくはスリッパを脱ぎ、腹ばいになり、ため息をつき、暗証番号がいらなくなる小さな四角い何かを握りながら出来る限りお腹をへこませ、基地の入り口に向かった。
photo:01

AD

ツッカベッカライカヤヌマ

テーマ:
ツッカベッカライカヤヌマ


その文字を見てから、ぼくはしばらくの間、その言葉の虜になった。
なんと神秘的な響きだろう。
まずはじめに、どこで言葉を切るのかがわからない。


ツッカベッカ、ライカ、ヤヌマ
もしくは
ツッカ、ベッカラ、イカヤヌマ
だろうか。

ツッカベッカ、ライカ、ヤヌマの場合、おまじないのようだ。
ちょっと困った時に使えるおまじないだ。

小指をぶつけた時に唱えると痛みが軽減したり、連絡しなければいけないのにすっかり忘れていて、ビクビクしながら連絡する時に唱えるとあまり怒られなかったりする、そんなおまじないである。


ではツッカ、ベッカラ、イカヤヌマだとどうだろう。

それは北海道の北の奥で少し東に位置する小さな村にある、沼の名前のようだ。

村の人たちはその沼を信仰していて、むやみに沼の名前を口にすることもしない。
村人以外にはもちろん、ツッカ ベッカラ イカヤヌマが見つからないよう心がけている。

ツッカ ベッカラ イカヤヌマには赤い大きなエビが生息していて、青い首輪のような模様がある。
一年に一回だけそのツッカ ベッカラ イカヤヌマエビを獲って良い日がある。それは、ツッカ ベッカラ イカヤヌマ祭の日だ。

ツッカ ベッカラ イカヤヌマ祭は2日間続き、一日目はツッカ ベッカラ イカヤヌマエビを獲ることが許され、しかし断食と無言を貫かなければならない。
そして二日目は酒とともにツッカ ベッカラ イカヤヌマエビを食べる(味付けは決められていて、塩以外は使ってはいけない)。

お祭りの日にちは毎年決まっているわけではなく、村の中に二人だけいるツッカ ベッカラ イカヤヌマの巫女が同時にお告げを聞いた日に、ツッカ ベッカラ イカヤヌマ祭が行われる。

二人の巫女は交流が出来ないよう村の北東の端と南西の端に住んでいる。
便宜的に二人の巫女と言ったが実際は、一人は巫女、一人は巫覡(ふげき。巫女の男)である。

そしてこのように、ツッカ ベッカラ イカヤヌマの情報を村の外に漏らすと命を狙われる危険がある。

そんな時はどうするか。

ツッカベッカ、ライカ、ヤヌマ…
ツッカベッカ、ライカ、ヤヌマ…

おそらくこれで
命は助かるはずだ。

AD

ウォーリーをさがせ!をさがす

テーマ:
「ウォーリーをさがせ!」をさがし始めて15分は経っていた。

ぼくはただ、子供の頃に味わったウォーリーを見つける喜びを、また味わいたくなっただけだった。

もしかしたら「ウォーリーをさがせ!」も進化しているかもしれないな、ウォーリー、見つけられるかな
そんなことを考えながら紀伊国屋新宿南店を歩いていた。

絵本のコーナーを探したけれど「ウォーリーをさがせ!」は見つからなかった。
絵本のコーナーの中にもいろいろなジャンルがある。でもどの絵本コーナーを見ても「ウォーリーをさがせ!」はなかった。

店員さんが近くを通ることもあったが、場所を聞いたらきっと
「ウォーリーをさがせ!を探せないやつにウォーリーなんかみつけられるか」
と思われるんじゃないかと思って聞けず、かといって機械でさがすのもなんとなくずるい気がした。

「ウォーリーをさがせ!」を探し始めて15分が経っていた。

ぼくはついに諦めて下りエスカレーターの近くに来た。そしてパニックになった。

下りエスカレーターの前に、ウォーリーがいたからだ。
ウォーリーは、「ウォーリーをさがせ!」がどこにあるとかそんな説明はなにもせず、ただそこにいた。

ぼくは「ウォーリーをさがせ!」は見つけられなかった。
けれどウォーリーは見つけることが出来た。

試合に負けて
勝負に勝ったのだ。
photo:01

AD