沖縄の空手道と古武道をかながわで

小林舘協会は沖縄空手本来の技術を追及しています。

試合に使えるような技ではないので試合はありません。
いざというときに使う技を、楽しく、シビアに稽古しています。

そんな稽古をしたいというあなた、いつでも体験入門にお越しください。

NEW !
テーマ:

from いんなん 

土曜日、、、

先週消えてしまった内容を
ちゃんとインプットする必要があるなと実感。

なので、

思い出してみました。

 


日曜の午後、
Ogwさんに居捕3手目の裏を
やってもらっていました。

居捕1手目は難しすぎるので、
他の技で感覚をつかんでもらおうかと。

相手を引き倒して
詰めるところだけ集中的に。

Ogwさん、
注意点をしっかり守ろうとしているので、
どんどんできるようになり、
しばらく続けていると、
さらにいい感じになってきました。

なので、
『この感じが落ち着けば大丈夫です!』
と伝えると、
表情が曇ってます。

『なんか納得してませんね』

と言うと、

『これ、くきたさんが
掛かってくれてますよね』

ここで、くきたさんとわたし納得。
あるあるネタです。

『くきたさんは、
変な抵抗をしていないだけで、
自分から掛かってあげたりとか、
してませんよ。』

と伝えても、
渋い表情をしています。

いつも不動のくきたさんが、
このくらいの力で動くわけがないと。


『じゃあ、くきたさん、
思いっきり力を入れてください!』
とリクエスト。

Ogwさんには、
『この腕に騙されず、
さっきと同じように』

と伝えて、やってもらいました。

数回失敗しましたが、
5回目くらいで、
倒せるようになり、
もうしばらくしたら、
ちゃんとうつ伏せに
できるようになりました。

それでも、
信じきれていない様子。

『その感覚を掴めたら、
それに力をのせていきます!』

と言っても、
まったくピンときてません。

その感覚がわからないからです。

力を使っていないという
感覚しかないのに、
それに力をのせる???

という感じです。


ここで最大のポイントは、
要求されている内容と、
自分のイメージや感覚が
まったく違うという点です。

Ogwさんは、
要求通りにできているから
掛けることができています。
しかし、自分の感覚では理解できず、
手加減されていると思っていたんです。

もしこのときOgwさんが
自分の感覚で理解しようとしていたら、
「力を使わずに、相手が倒れた」
という感覚を追い求めることになりますね。

それか、
「こんな感じで動いたら、
相手が勝手に倒れた」
とか。

そして次回、自分の感覚を
頼りにやったらどうなるでしょう。

何回繰り返せば、
できるようになると思います?

そして、何年後かに
そういう人はきっとこう言うでしょう、
『あれは先生だからできるんだ』
と。


なので、感覚ではなく、
言葉で覚えてください!

言葉で正確に表現することはできませんが、
感覚よりは確かです。

例えば、
この位置にこのタイミングで
この向きに足をつきながら、
右手はこう動かしつつ、
左手はこう動かす、
みたいな感じです。


『先生は
なんかこんな感じでふわっと
やってるんだよなぁ』
『そうそう、ふわっという感じ』
と確認し合いながら
力を使わないように
ふわっと、、、

どちらが
再現性高いと思います?


こんな感じの技を地味に稽古してます。

こんな稽古のおもしろさを知っているあなた!

こちらからご連絡ください。

http://ameblo.jp/okinawa-syourin-kanagawa/entry-11457016516.html

 

 

 

 

 

沖縄空手道小林流小林舘協会 神奈川支部

印南 雅隆

 









━━━【 お知らせ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『入門者の声』はこちら。↓↓↓ 
http://oirano.tyonmage.com/comment.html


▼ 稽古日・時間
【 厚 木 道 場 】毎週日曜日 10:00~12:00
【 横 浜 道 場 】毎週水曜日 19:00~21:00
【湘南茅ヶ崎道場】毎週土曜日 19:00~21:00

詳しくは「今月の稽古日」でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


テーマ:
from くきた
 

水曜日の稽古は少人数でした。
主にしたのは引手や添手です。
ナイハンチの外受を肘を意識しながらやってもらいますが、
Mkさん以外のKsgさんやKdさんは上手くできず。
どうしても腕力勝負や引き込んだりして受けようとします。
私も上手く説明ができなかったこともあり、
次に移りました。

ナイハンチ三段の左手を添えての右突きをしてみます。
右の突きばかり意識がいってしまいますが、
左の使い方で威力は上がります。
これで、主に使う方じゃない方の手も重要だと分かって欲しかったのですが。
どういうわけかKsgさんは威力が弱まり、
Kdさん変わらず、
Mkさんのみ威力上がるという結果になりました。

う~ん、難しいですね。
私ももう少し説明を上手くできるよう、また、みんなの力をうまく引き出せるよう努力したいです。
 

結局、引手や添手も大事であり、
バランスよく働かせることでより威力が上がるを学んでもらうため、
相手の手を掴んで引き、
もう一方の拳は相手の腹部に当てて突くという練習をしてもらいます。
両方の力の方向が合い、威力があればOKです。
これは何度かやったものでもあるので、
それなりにできたようです。
 
 
そして、上段受けの稽古をします。
一般的には尺骨側で相手に打撃を与えるような受けをしますが、
取手でこの受け方だと相手が逃げたりしてこちらのコントロールの外になってしまうので、
もう少し違うやり方をします。
いわゆる“柔らかい受け”です。
先生が相手を騙すと言っていたものです。
受けの腕のハリや受けた時に相手の力を腕力で受けないこと等が要求されます。
この辺が上手くいくと外柔内剛といえばいいのでしょうか、
接触点は柔らかく、
しかし中にしっかりとした芯のある受けをすることができます。
相手はガツンとぶつからないので、
まだまだいける!
と思わず力をのせていきたくなる受けです。
こちらはその状況を作り、
ちょうど力をのせてきたところを上手く使って技に繋げたりします。
なので、とても重要な技術となります。

基本稽古でもする単純な動作ですが、
神奈川支部で求められている要求のかなり多くのものを使えないとできないものでもあるので、
やればやるほど難しさが身に染みます。
 
こういうものも少しずつ身につけていって理想とする技を理想的に使えるようにしていきたいものです。
いつになることやら。
 


こんな感じで地味に稽古してます。

こんな稽古のおもしろさを知っているあなた!

こちらからご連絡ください。

http://ameblo.jp/okinawa-syourin-kanagawa/entry-11457016516.html

 

 

 

 

 

沖縄空手道小林流小林舘協会 神奈川支部 横浜道場 

莖田 洋平

 




━━━【 お知らせ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『入門者の声』はこちら。↓↓↓ 
http://oirano.tyonmage.com/comment.html


▼ 稽古日・時間
【 厚 木 道 場 】毎週日曜日 10:00~12:00
【 横 浜 道 場 】毎週水曜日 19:00~21:00
【湘南茅ヶ崎道場】毎週土曜日 19:00~21:00

詳しくは「今月の稽古日」でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


テーマ:

from いんなん 

。。。

書いていた原稿が、先ほど全部消えました。
かなりの大作でした。
もう一度書く気力がありません。

ということで短めに。
(と思って書き始めましたが、

まったく違う内容で長文になってしまいました。)

日曜午前中は、Hyさんのストレッチをメインに、
そして午後は、居捕の1手目です。

Ogwさんへのインプットしつつ、

くきたさんの復習ということで、

いろいろ説明しました。

 

この技、
かなりの数の先人を苦しめてきた超難しい技です。
 

なぜ難しいかというと、
いろんな技に通じるエッセンスが
たくさん詰め込まれているからです。
 

詰め込みすぎだろう!

といつも思います。

なので、一挙手一投足、全部口伝みたいな感じです。
そのさわりを少し紹介します(なのに長文です)。


正座で向かいあい、
相手右手で我胸を掴んだところからスタートします。

この正座の足がすでに違います。
師匠は、小笠原流からきているらしいと言っていましたが、
この足はこの流派で初めて知り、その後も聞いたことありません。
文章での説明は難しいのですが、やって見せるのはすぐなので、
興味のある方は見にきてください。

次に相手の右手首を、右手で掴みます。
親指と人差し指、または親指と中指の2本、
または3本で掴みます。
掴む場所は、手首を曲げたときにしわができるところです。
掴み方は口伝というか、文章での表現は諦めます。

そこから左足を踏み出しつつ当身を入れ、
すぐに相手の右上腕を掴みます。
当身に口伝があるのは想像に難くないと思いますが、
この上腕の掴み方にも口伝があり、
『担ぐように』です。

担いでしまうと、
『誰が担げと言った!”担ぐように”だ!』
と檄が飛びます。

このとき、相手右腕の手首と上腕を口伝通りに掴み、
そこから崩しつつ、引き倒すのですが、
ある意味、さらに口伝だらけです。

引き倒すときに、
自分の右手が相手の右手から外れないようにしつつ、
相手の右手を胸からどうやって外すかとか、
あえて外さずに相手右手を痛めつけたりとか。

引き倒すときも、引っぱり回すのか、
押し出して雑巾がけのようにするのか、
一度浮かせて叩き付けるのか、

さらに手首を極めながら掛けるのか、
肘を極めながら掛けるのか、

といった感じです。

引き倒したあと、詰めに入ります。
肘の上に膝でのって、手首を持ち上げます。
たったこれだけの動作ですが口伝が、、、

相手の手首の位置、肩口の抑え方、手首の抑え方、
肘へののり方、そのときの右足の位置と向き、
左足のかたち、姿勢、目線、引き上げ方など。

これらができているかどうかで、
結果がかなり変わってきます。

こういう稽古をするところは少ないようで、
大抵は膝でのられただけでタップしてしまいます。

しかし、数か月もやっていると、
膝でのられたところからでも
逃げられるようになってきます。

そうすると上記の口伝が炸裂します。


わたしの経験で言うと、
師匠が説明しようとわたしの肘に膝でのっただけで、
わたしの右手が痙攣して、一気に冷や汗がでた、
ということがありました。


こんな感じの口伝だらけの技を地味に稽古してます。

こんな稽古のおもしろさを知っているあなた!

こちらからご連絡ください。

http://ameblo.jp/okinawa-syourin-kanagawa/entry-11457016516.html

 

 

 

 

 

沖縄空手道小林流小林舘協会 神奈川支部

印南 雅隆

 









━━━【 お知らせ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『入門者の声』はこちら。↓↓↓ 
http://oirano.tyonmage.com/comment.html


▼ 稽古日・時間
【 厚 木 道 場 】毎週日曜日 10:00~12:00
【 横 浜 道 場 】毎週水曜日 19:00~21:00
【湘南茅ヶ崎道場】毎週土曜日 19:00~21:00

詳しくは「今月の稽古日」でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。