【丘の上のマルシェ】は茨城県大子町から、ものづくりの若い息吹をみなさまにお届けします。 アート・音楽・技術・文化、さまざまの分野の風に心躍らせましょう! $丘の上のマルシェ-QR小  


 


E-mail okanouenomarche@gmail.com  


 


2016.9.4(SUN) 開催!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-24 20:41:32

丘の上のマルシェ アナザーストーリー 【星野 明宏さん】

テーマ:丘の上のマルシェ アナザーストーリー

丘の上のマルシェ  アナザーストーリー


Vol.1   大子町出身のガラス作家   星野 明宏さん




大子町で、今年も9月4日(日)に開催される「丘の上のマルシェ」。
今回は、当日の会場では知ることのできない、ここだけの舞台裏の物語「アナザーストーリー」をお届けします。




大子町を離れても、地元への思いを忘れずに頑張っている人たちがいます。
ガラス作家の星野明宏さんも、その一人です。




丘の上のマルシェのことは5年ほど前から知っていたという星野さんですが、わたしたちとのご縁がつながったのは、つい最近のこと。


「僕の知り合いに、吹きガラスの設備を車に積んで、野外でパフォーマンスをしている方がいるので、その活動も広めたいし、地元の大子でやってもらえたらおもしろい! と思って、丘の上のマルシェの事務局に連絡したんです。」


いま、日本各地でさまざまなクラフトイベントが増えていますが、これまでと違った新しい試みがあれば、より一層地元が盛り上がるのでは? と考えて、連絡を下さりました。


(今回は、予算や場所などの課題があり、お呼びすることはできなかったのですが、こうして少しずつ、丘の上のマルシェに関わる仲間が増えていくのは、とても嬉しいことですね。)




そんな星野さんは、大子町で生まれ、学校帰りに川遊びをしたり、山や森の中を駆け巡ったり、自然の中で遊びながら育っていきました。


転機となったのは、自分の進路を考え始めた高校3年生の頃。

昔から粘土遊びが好きだったから、陶芸をやってみたい! と思った星野さんは、とある笠間の窯元を訪問したときに、「18歳でひとつの素材に絞るのは早いんじゃないか」と言われたことをきっかけに、さまざまな素材と触れることのできる、日本デザイン専門学校(現:日本デザイン福祉専門学校)へ進学しました。


「陶芸家になる通過点だと思って入学したんですが、そこでガラス素材に出会いました。吹きガラスの先生のデモンストレーションを見て、魔法みたいだなぁ! と思って。溶けてる物体がどんどん形作られて、コップや器になったり、オブジェになったり。そのプロセスに感動しました。」


専門学校ですっかりガラスの世界に魅了された星野さんは、卒業後は工房の制作アシスタントとして修行を積み、30歳の時には初の個展を開催。
現在では、ガラス作家としてだけではなく、母校である専門学校の講師としても活躍されています。




星野さんのガラス作品は、いつも通りの日常に、小さなきらめきをもたらしてくれます。
どこかにちょっとした遊び心があり、使っている人の優しい笑顔を引き出してしまうような、そんな魅力を感じました。






使いやすいデザインのコップやボウルなどのほか、自然からインスピレーションを受けて制作している作品もあります。


「木の年輪を溶けてるガラスにスタンプして、年輪の表情を写し取ったりとか。木はめっちゃ燃えますけどね(笑)。」





年輪の模様は、決して人の手では作ることができない、唯一無二のもの。
その土地の環境の歴史が表れている年輪を写し取って、違う素材であるガラスに置き換えることで、新たな可能性を見出そうとしています。




「たぶん、自分の中に持っているものづくりのルーツって、育った環境がすごく影響しているんだと思います。
実家の周りを散歩して撮った写真をもとに、いろんなスケッチをして、木目の器だったり、ふたばが成長している器だったり、水の流れやきらめきを表現したり。自然のモチーフって、ものすごくおもしろいんです。」


個展の時には、袋田の滝や月待の滝など、大子町の自然を撮影した写真も展示していました。
現在は東京に住んでいますが、離れていても、自分の育ったふるさとをご自身の原点として大切にし続けています。


「お盆とかお正月とかに帰省する時、常磐線で上野から水戸まで来て、さらに水郡線で地元の大子まで帰ると、タイムスリップしているような感覚になるんですよ。
水戸は高校時代を過ごした場所で、大子は中学校と小学校と、それ以前の記憶もそれぞれの場所にある。東京ではいろんなことがすぐに変わっていくけど、大子町は自然や風景がそのままで、いい意味でほぼ変わってないじゃないですか。」



(大子町の袋田の滝。星野さん撮影)


先日、星野さんが帰省した時には、大子町地域おこし協力隊の活動報告会に参加し、町に住んでいるからこそできることと、遠く離れているからこそできることがあると考えて、「自分は作品を通して、地元のことを伝えたり残したりすることができるかも」と思ったそう。


「協力隊の人は、出身者の自分よりも町のことを知っているし、大子のことを思って必死に何年も頑張っていて、感動しました。 僕は今は大子から離れているけど、大子でも何かしたいってめっちゃ思います。
ずっと住んでいる人にとっては見えなくなってしまっている視点を、マルシェやイベントをきっかけに、その土地の、地元の魅力を発信できるようになれたら楽しくなるかなって思っています。」




これまで、約10年ガラスに携わってきた星野さん。
今後どのように活動していきたいと思っているのか、お聞きしました。


「いつかは自分の工房を持ちたいと思っています。たくさんの自然に囲まれた場所で、ツリーハウスのある吹きガラスの工房を作るのが夢です。作品づくりの体験もできて、ツリーハウスでも遊んで、ギャラリーでゆったりして……少しでもたくさんの人とガラス素材の面白さやツリーハウスの魅力を共有できたら、すごくいいなぁって。」


ガラスと木への興味から、素晴らしい夢が生まれました。
想像するだけでわくわくしてくるような、子どもにとっても大人にとっても夢のような楽しい空間になりそうな予感がします。


星野さんは、ガラス作家としての活動をしつつ、自分に足りない木の知識や、ツリーハウスについての勉強を始めているそうです。
夢の実現に向けて、今後もますますご活躍されることを楽しみにしています!




今年の「丘の上のマルシェ」にも、ぜひ大子出身の星野さんに参加していただきたかったのですが、前々から予定していた展覧会の日と重なってしまいました。




『星野明宏 ガラス展 / Tree』

9月1日(月)から6日(火)まで、神楽坂の gallery坂 にて開催予定です。
ぜひお立ち寄りください!

http://www.gallery-saka.com







(文:吉成 美里)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-08-23 20:11:13

2016 丘の上のマルシェ 出店者紹介 ⑩

テーマ:出店作家紹介

「イラストによる食卓。」 【茨城県笠間市】

■出店内容

不透明水彩で描いたイラストを紙やプラバンに 印刷してつくったグッズを販売します。

主にシール・ステッカーの紙モノの他に、ブローチ、 トートバッグ類。

誰にでもできる表現であるものの 丁寧な手仕事による確かな品質にこだわっています。

■コメント

イラストレーター松葉彩加(aota)による、「本物より本物のらしい、おいしそうな食べ物」

をテーマに描かれたイラストを使った雑貨ブランドです。クオリティの高いイラストと

確かな品質、手に取ってわくわくするようなユニークな発想のグッズを提案します。

丘の上のマルシェに合わせたオリジナルグッズの展開も予定していますので、おたのしみに!

■URL

http://aotano.buyshop.jp/

 

黒羽藍染紺屋 【栃木県大田原市】

■出店内容

型染め小物(ブローチ、ヘアゴム、カードケースなど)

■コメント

栃木県指定伝統工芸品の黒羽藍染めで作った小物類です。ぜひ手にとってご覧下さい。

 

近江屋商店 【群馬県 高崎市】

■出店内容

陶器 直火で使える器、グラタン皿、鍋、ポット エッグベーカーなど

■コメント

笠間、益子で陶芸を学び、今は独立し群馬県の榛名に工房を構えています。

おいしいごはんを食べたいという気持ちで直火でもオーブンでも使える土を使って

器を作っています。普段の食卓に並ぶ器が直火やオーブンでも使えると料理の幅を広げ、

日々の食生活を楽しくさせることをテーマにしています。

丘の上のマルシェでたくさんの人たちと出会えることを楽しみにしています。

 

ウブさんのダリア 【福島県塙町】

■出店内容

塙町産のダリア生花の販売(切り花)

■コメント

毎年、丘の上のマルシェで出店出来ることを楽しみにしています。

自ら育てたダリアの生花を色とりどりもってきますよ。

 

te-to-te 【栃木県小山市】

■出店内容

陶器アクセサリー

■コメント

陶器でブローチなどの小さなアクセサリーや雑貨を制作しております。

日々の暮らしがほんの少し楽しくなるような100種類以上の様々なモチーフを

ご覧頂けたら嬉しいです。

■URL

https://ameblo.jp/lotta-lovelove/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-23 13:30:31

2016 丘の上のマルシェ 出店者紹介 ⑨

テーマ:出店作家紹介

ナチュラルフード森の扉 【栃木県茂木町】

■出店内容

自然栽培・有機栽培青果及び自然食品

■コメント

農薬も肥料も使わずに育てられた自然栽培青果の宅配・飲食店卸を展開しています。

抗酸化作用が高く、腐らずに枯れていく青果の味を是非ともお試し下さい。

■URL

http://morinotobira.blog.fc2.com/

 

伊敷トゥート 【茨城県水戸市】

■出店内容

ハンドメイド小物 (アクセサリー・ポストカード・バッグなど)

■コメント

嬉しい気持ち、楽しい気持ちをキラキラ、パラパラ、しゅわしゅわと散りばめながら

作品を作っています。日常が鮮やかな色で溢れ出しそうなあなただけの

お気に入りの作品をどうぞ探してみてください。

■URL

http://ameblo.jp/thoth-blog/

 

Eeny,meeny,miny,moe* 【福島県いわき市】

■出店内容

オリジナルハンドメイドアクセサリー

■コメント

L'unique... 世界にたった1つのオリジナルアクセサリーを独自の感性で制作・販売しています。

“身に付けるだけで素敵な気分になれる” そんなアクセサリーを目指しています。

是非、お気に入りを探しに来て下さい!

■URL

http://www.facebook.com/eenymeenyminymoexoxo/

 

ヒロクラフト 【栃木県那珂川町】

■出店内容

・木工クラフト(木の皿、おもちゃ、アクセサリー、小物他)

・ワークショップ(木のヘラ作り、バス、カスタネットなど)

■コメント

栃木県那珂川町の里山で、木の家具や木のクラフトを作っています。

自然な木の美しさを大切に、やさしい手ざわりとシンプルなデザインに、 時には

かわいさを少し添えて。小さなお子様や食卓でも安心な、自然系の塗料や漆を使って

仕上げています。ワークショップは、作ったあとも 「使える」「遊べる」メニューで、

お子様から大人の方まで楽しんでいただけています。

■URL

http://www.hirocraft.com facebookページ「hirocraft.wood」

 

竹楽遊人・hanamuguri 【栃木県真岡市】

■出店内容

竹とんぼ・陶器アクセサリー (竹とんぼ、耳かき、笛、ペンダント、ピアス、イヤリング)

■コメント

びっくりする程よく飛ぶ竹とんぼ。繊細な陶器アクセサリー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。