自民党の石破茂政調会長は14日、東京都内で行われたアジア調査会(会長・栗山尚一元駐米大使)主催の講演で、新党「たちあがれ日本」について「ともに民主党を倒すという思いであれば、どう共闘するかを考えるのが大事だ」と述べ、夏の参院選での選挙協力に前向きな考えを示した。また、米軍普天間飛行場移設問題などを巡って鳩山由紀夫首相が参院選前に退陣した場合、「(衆参)ダブル選挙を想定しなければいけない。その可能性は高い」と指摘した。

【関連ニュース】
普天間移設:5月末決着…米大統領への首相の直談判不発
自民党:大島幹事長「同日選も想定」
普天間移設:「5月末決着」明言 首相が米大統領に
社民党:北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏
普天間移設:県外移設の検討 平野長官も明言

内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持-時事世論調査(時事通信)
自民、選挙運動のネット解禁へ公選法改正案(読売新聞)
虚偽の人事情報で百万円受領、厚労省室長を懲戒処分に(医療介護CBニュース)
GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)
瓦・畏・彙・毀…常用漢字大丈夫?文化庁が調査(読売新聞)
AD