ファイザー日本法人は3月1日、2009年度(08年12月―09年11月)の売り上げが、前年度比2.6%増の4512億円となったと発表した。後発品の影響により、カルシウム拮抗薬(高血圧症治療薬)ノルバスクが減少した一方、アステラス製薬と共同販促している高脂血症治療薬リピトールと非ステロイド性消炎・鎮痛剤セレコックス、エーザイと共同販促しているアルツハイマー病治療薬アリセプトなどの主力製品が伸長したとしている。

 05年度からの売り上げ推移を見ると、4082億円、4150億円、4361億円、4395億円、4512億円と一貫して増加してきた。10年度は、薬価改定があるものの、年半ばにワイス日本法人との統合を控えており、増収が続く見通し。


【関連記事】
ファイザー、武田薬品の大型新薬候補の承認を了承
医療用医薬品市場、7.2%の高成長
医薬情報担当者の増員を計画―ファイザー日本法人・梅田社長
カデュエット配合錠を発売へ―ファイザーとアステラス
エーザイ、アリセプトの共同販促などでファイザーと合意

漢方・鍼灸のエビデンス確立などを提言-厚労省研究班(医療介護CBニュース)
08年の水害被害は1664億円=過去10年で最少-国交省(時事通信)
抗肥満薬のフェーズ3試験への移行を決定―武田薬品(医療介護CBニュース)
石巻3人殺傷、解体工少年が殺害認める供述(読売新聞)
高校無償化法案が審議入りへ=民主のマニフェスト施策-衆院(時事通信)
AD