□■□■ さくらの横丁 ■□■□

<おぎさく スタッフブログ>
おぎさくスタッフが入れ替わりで登場!
カメラ写真に関するまじめなお話から、全く関係ないゆるいお話までワイドな内容でお届けいたします。

NEW !
テーマ:

いつも荻窪カメラのさくらやをご利用頂きましてありがとうございます。
3月18日(土)に開催した撮影会の模様をご紹介いたします。

 

講師は馬場信幸先生

モデルさんは 橋本聖子さん&岩田麻里奈さんです。

 

ここでの撮影会は何度も開催しておりますが、新たに今回はモデルさんが2名体制とパワーUP、撮影時間はいつもと同じ約3時間とたっぷり取ってる上、モデルさんの着替えタイムのロスがなく、同時に2箇所での撮影実施等、内容が大幅に充実!ご参加の皆様は、ほぼノンストップでの撮影となりました。

 

当日は好天に恵まれ、モデルさんの乗りが良かった事も追い風になりハイレベルな作品が続出、 皆様のベストショットの中から4つの賞を選ばせて頂いているのですが、馬場先生の講評の際、評価が高かった作品も併せてご覧ください。

 

 

 

 

MさんとIさんは撮影会の常連、非の打ちどころのない完璧な作品 流石ですね♪

東京都 K M様

 

神奈川県 Y I様

 

 

 

 

 

 

畳に寝そべるモデルさんの自然な笑顔を捉えた見事な作品、こんな笑顔で誘われたら…

ドキッとしますね。

東京都 K U様

 

 

鮮やかなオレンジ色のコスチューム、半逆光&力強い目力、ダイナミックな作品ですね。

レフ坂を使用していませんが、これだけ撮れてしまう豊かな階調表現、αシリーズ凄いです!

 

東京都 H A様

 

 

MINOLTAのソフトフォーカスレンズをα99Ⅱに装着しての作品

発売以来32年という長い歳月を刻んできたα Aマウントは数々の名レンズを生み出してきました。

神奈川県 T M様

 

 

光源はレトロなスタンドの灯り、高感度が強いαシリーズならではの作品、柔らかい光がモデルさんの美しさを際立たせています。

神奈川県 A T様

 

 

 

 

 

 

 

 

馬場先生が用意してくださったベールをまとっての撮影コーナーは今回一番人気、早春の柔らかい光を浴びて美しく光るベール、モデルさんの表情、ポーズで作品の雰囲気が変わりますね。

 

東京都 Y K様

 

神奈川県 S K様

 

 

撮影終了後、当店3階に移動して、昼食をはさんで馬場先生セミナー&講評会。

今回の撮影会には間に合いませんでしたが、新製品 最強ポートレイトレンズ「ソニー FE100mmF2.8 STF GM OSS」の話もたっぷり!みなさん興味津々でした。

 

 

それではお待ちかねの受賞作品の発表です。

 

岩田 麻里奈さん賞

今回高速バスに乗って名古屋から駆け付けてくれた麻里奈さんが選んだ作品です。

風船が割れた瞬間を見事に捉えていますね♪

 

橋本 聖子さん賞

聖子さんが選んだ作品です。

聖子さんはシンガーソングライターとしても活動しているそうで、マルチな活躍ですね♪

 

カメラのさくらや賞

ホワイトバランスを調整して全体の色合いを浴衣の色と同じトーンに、ふわっとボカした縁側もレトロな雰囲気を演出しています。

 

 

馬場先生賞

一番人気の、ベールをまとったシーンの中で馬場先生が選んだのは、撮影会の常連、N様の作品、これも完璧ですね。

 

 

 

 

 

 

馬場先生、聖子さん、麻里奈さん、ソニー担当様、

そしてご参加頂きましたみなさま、ありがとうございました。

 

今後も各種撮影会を企画しております。詳細等は決まり次第当店メールマガジン、
店頭にて告知させていただきますので、ご期待下さい!

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

いつも荻窪カメラのさくらやをご利用いただきありがとうございます。

 

            【2017年3月23日】 新発売のパナソニックの新型フラッグシップ機『DMC-GH5』

 

 新開発Live MOSセンサー&ヴィーナスエンジンによるLUMIX史上最高の写真画質の実現、
映像制作の現場でも活躍できるプロフェッショナル動画性能など、

様々な性能の向上がございます。
 

その中でも飛行機撮影メインの自分が注目している部分は、進化した「空間認識AF」や

225点と大幅に増加したAF枠、「約9コマ/秒」を実現したAF追従連写です。

 

 発売に先駆けてお借りすることができましたので、早速撮影してみました。

使用レンズは「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4-6.3 ASPH./POWER O.I.S.」です。

 撮影場所は羽田空港です。
 離陸や着陸、タキシングと様々な動きを狙ってみます。

 

 第二ターミナルの展望デッキで撮影開始です。
 まずは、タキシングから

 


1/250 F13 AWB ISO400

 

スポットに入ってくるANA のB787です。タキシングの動きには良く追従しています。

 




1/640 F10 AWB ISO200

 

出発準備中のAIRDOのB767を撮っていたら、着陸してきた機体がファインダー内に

飛び込んできました。誘導路に入るところなので減速していますが、良いバランスの

構図になったのは9コマ/秒の連写に助けられたおかげです。

 

 


1/800 F9 AWB ISO200

 

次は離陸の撮影です。JALのB737です。連写時のファインダーの見え方は今までの 

ミラーレス一眼に比べてかなり良く、飛行機を追いながらの撮影がやりやすくなっています。

 



1/800 F9 AWB ISO200

 

 400mm側で撮影のANAのA320です。35mm版換算で800mm相当の

超望遠ですが強力な手振れ補正「Dual I.S.2」のおかげで、手持ちで撮影出来ました。

 

 

 この日は天気が下り坂で、太陽の周りに薄雲が広がってきました。そのそばを飛行機が
飛んできたので縦位置で狙ってみました。進化した空間認識AFと225点測距により、

太陽に引っ張られてピントを飛行機から外す事は有りませんでした。

 

1/8000 F13 AWB ISO200

 

 

この後、国際線ターミナルの展望デッキに移動いたしました。

 

 

1/400 F8 AWB ISO400

 

昨年の12月から就航したシンガポール航空の最新鋭旅客機A350。

機首のアップを撮りましたが、文字類もハッキリ出ていて、解像感の向上がわかります。

 

 

1/250 F7.1 AWB ISO1600

 

高さ日本一の羽田空港の特徴ある管制塔をバックにタキシングするANAの

B787です。こちらのカットも背景では無く飛行機をきちんと追っています。

 

 

1/500 F7.1 AWB ISO3200

 

更に近づいてきても、AFは迷う事は有りませんでした。

 

 

1/400 F7.1 AWB ISO3200

 

着陸するソラシドエアのB737。タッチダウン時に一瞬出るタイヤのスモークが写りました。
これは自分が撮ったというよりも進化したAF性能、連写性能でGH5が撮ってくれた感じです。



1/13 F6.3 -1補正 AWB ISO3200

 

日も暮れて、誘導灯の灯が目立つ時間になってきました。ISO感度3200になっていますが

 大きな画像の乱れも無く、また手振れ補正のおかげで手持ちでの撮影が出来ました。

 

以上短時間の撮影でしたのでほんの一部でしたが、

それでもGH5の高い性能を体感する事が出来ました。

本店 歌川





【2017年3月23日発売】『LUMIX GH5』 のご予約は コチラ から

 

「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4-6.3 ASPH./POWER O.I.S.」

大好評発売中!! ご注文は コチラ から

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日頃当店をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

東京はすっかり春めいてまいりましたが、まだ雪が残る磐越西線へ蒸気機関車の撮影に行って参りました。

 

新潟と会津若松を結ぶ「SLばんえつ物語」は1999年から運転開始 4月~11月の休日を中心に運転されている人気の列車です。

今回は4月からの運転スタートを前に3月17日に実施された試運転列車の撮影です。

 

 

 

鹿瀬ー日出谷 

ヘッドマークを装着しない試運転列車なのでどうしても顔のアップを狙いたくなります。

M.ZD ED40-150/2.8PRO  F4 1/1000秒 ISO200

 

山都ー喜多方

慶徳トンネルへ向けての勾配区間、リズミカルなドラフト音を奏で力行してきましたが、少し煙が物足りなかったです。

M.ZD ED40-150/2.8PRO F4.5 1/800秒 ISO320

 

喜多方―山都

初めて訪れた撮影地、会津盆地を一望できる絶景でしたが、線路際に電柱や雑木が多く、シャッターポイントが限定されます。

M.ZD ED40-150/2.8PRO F4 1/400秒 ISO400

 

上の写真と同じ場所から、トンネル寄りの築堤を600ミリ相当で狙います。

こちらの方がスッキリ撮れますが、築堤に雪が無く白煙に変わってしまいました。

M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO F4 1/400秒 ISO400

 

日出谷ー鹿瀬

有名撮影地を600ミリ相当のアップで狙います。

初代E-M1を使用していた頃はこのレンズを装着しての撮影の際はAF性能が追い付かずピンボケ写真の山を築くことが多かったのですが、E-M1markⅡならほぼ100%ジャスピン、安心して使えるので出番が大幅に増えました。

M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO F4 1/400秒 ISO1000

 

三川ー五十島

日が暮れてから暗闇になるまでの時間帯、この日は曇天だったのでドラマチックにはなりませんでしたが、ホワイトバランスを晴天にセットして青味を強調しました。

1分単位で露出が落ちるので、露出の値を見ながらISO感度を調節、ISO2000で落ち着きました。高感度が弱いと言われている、スモールフォーマットのマイクロフォーサーズですがこの程度でしたら全く問題ありません。

M.ZD ED40-150/2.8PRO F2.8 1/160秒 ISO2000

 

まとめ

E-M1markⅡ AF性能、連写性能については、ほぼ完璧で鉄道写真の撮影なら難なくこなします。

今回新たな発見はM.ZD300ミリF4PRO ISは鉄道写真でもかなり使える、という事です。

カメラグランプリ2016受賞で描写性能は折り紙付き! 

わずか1.27㎏の軽量に加え、最強6段の手振れ補正搭載のお陰で圧倒的な機動力を実現しています。600ミリ相当ですが、実際は300ミリなので圧縮効果がきつくなく、編成が芋虫みたいにならず、より自然な描写になるのも好印象です。

 

このレンズなら傑作を物にできる、そんな思いにさせてくれる「M.ZD300ミリF4PRO IS」 今年は出番が増えそうです。

 

 

 

おまけ

「旅の楽しみは食にあり」といいますが、磐越西線といえば山都の蕎麦か喜多方ラーメン。

この日は寒かったので喜多方ラーメン「はせ川」さんに行きました。

このお店が美味しいと知人に教えてもらい、初めて訪れたのが2年前、ところが人気店なのでその日はチャーシューが完売、かけラーメンで我慢しました。

今回やっとチャーシューが食べられて大満足でした。

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)