【名古屋】初回無料の電話相談。恋愛・結婚・離婚・浮気・不倫・仕事等、カウンセリングサービスにご相談ください

全国トップクラスのカウンセリング件数を誇る、カウンセリングサービス。名古屋・東海地区カウンセラーのブログです。臨床経験豊富なプロカウンセラーが、電話での初回無料カウンセリングも行っております。名古屋・鶴舞駅近くのカウンセリングルーム。



クローバーカウンセリングのご予約クローバー
お問い合わせ・ご予約は、カウンセリング予約センター(大阪)まで
電話06-6190-5131

センターの営業時間:12:00~20:30(月曜日定休日)

※なお、ブログに頂戴したコメントやご相談へのご返答は控えさせていただいております。ご相談は、電話カウンセリング(初回45分間無料)・面談カウンセリングをご利用ください。カウンセリングに関するお問い合わせは、予約センターまでお願いいたします。

テーマ:

kouza_title

 

No.132:年末年始にビジョンを描く~新しい年、誰と一緒に、どんな自分になっていたい?~

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

年末年始は新しい年のビジョンを描くのにぴったりの時期。

ビジョンとは、目標とか願いのことで、「こんなものを手に入れたい」「こんな自分になりたい」というもの。

毎年、12月か1月には、この1年を振り返り、そして、新しい一年をどんな年にしたいかについて具体的に思い描くと願いを叶えることや自分の変化を起こすのに効果があります。

ポイントは「具体的に」「イメージする」こと。

私たちは潜在意識の影響を受けていると言われますが、感情と感覚の世界と言われる潜在意識には具体的なイメージによるインプットが効果的と言われるからなんですね。

だから、新しい一年をどんな年にしたいかについて、具体的にイメージしていくと、心に方向性が生まれて、その方向に向かって動き出しやすくなっていきます。

 

「こんなものを手に入れたい」「こんな自分になりたい」という願いを考える上で付け加えて欲しいのが「誰と一緒に作りたいか」ということ。

パートナーシップに限らず、そこには友達や、仕事仲間の存在を考えてみてください。

そのことでビジョンは、より具体的になります。

一人でやるより誰かとやる方が楽しみが増すし、誰かと一緒にやることを考えると行動計画を考えた時、動き出しやすかったりします。

一人だと動けないことが誰かとの関係性で動き出すこともたくさんあるからです。

 

◎年の瀬の雰囲気に乗ってビジョンを描いてみよう

さて、この12月の話です。

この季節、街の景色も、テレビ番組も、音楽も、年の瀬を感じさせるものであふれています。

そして、学校なら学期の終わり、仕事なら仕事納め、大掃除など、一年の締めくくりに向かって、社会全体も動いていきます。

もちろん、年末年始関係なく仕事の方も見えますので一概には言えませんが、雰囲気としては「年末年始」の雰囲気は感じられているはず。

12月は、この雰囲気があるので一年のまとめと、新年の「ビジョンを描く」ことがやりやすくなるのですね。

暦の上で、また、こうした一年の終わりという雰囲気が、

「今年のうちに、心をまとめておきたい」

「今年のうちに、問題を整理しておきたい」

「この1年取り組んできたことを、まとめておきたい」

このような気持ちにさせていくからなのです。

 

私たちは普段、なかなか自分の心と向き合う時間を取るのが難しい。

それほど、毎日が忙しく、自分の内面を見ていく作業をする余裕がありません。

また、こうした自分の心をきちんと見つけていく、ということは、とても怖れがつきまといます。

それは、誰もが感じる感覚なのです。

ですが、この時期、この年の瀬の雰囲気に包まれた中にいると、

この「自分の心と向き合う作業」がやりやすくなります。

普段は思い切れなくても、大掃除や仕事の区切りや暦の変わり目と合わせて、心の中も今年のうちに、整理やまとめを行うチャンスなんですね。

 

◎無意識が感じている新年の足音

「心が整理を欲している」

理由は、「今年が終わる」というだけでなく、「新年がやってくる」という感覚を心がキャッチしているからです。

自覚している場合もあるとは思いますが、心は無意識に

「新年の足音」

を聞いているのです。

 

「新しい一年は、今年より、もっといい一年になりますように。」

 

心が、こう感じる時、それは、心が前を向いている時です。

なかなか心が動いてくれないと思っていても、この年末年始の流れが、前を向いて進んでいく心を後押ししてくれている。

そう考えてビジョンを描くことをやってみてください。

 

もちろん、忙しくて休む暇がなかった方や、前向きにはとてもなれない方にとっては、心を前に進ませるよりも、休ませてあげることのほうが大切な場合もあります。

 

年末年始の流れに乗って、今年の整理をし、来年のビジョンを描くことをやってみてください。

それが来年のあなたの幸せを後押ししてくれます。

 

では具体的にはどう「ビジョンを描く」といいのかについてはお話していきましょう。

具体的な方法は・・・次回の記事で!

続きをお楽しみに。

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(12月12日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ーマ:

kouza_title


No.131:「パパ」がもたらすパートナーシップへの影響

講師:浅野寿和

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。


***


さて、今日は恋愛心理コラム。「パパ」がもたらすパートナーシップへの影響、つまり、深層心理で「パパ」を追いかけ続ける女性がいらっしゃるというお話です。


それは、「オトナになってもパパっ子」であるとは限らないのですが、心の中で「パパ」を気づかないうちに追いかけている女性がいらっしゃいます。

どこかこの男性に愛されたい、この男性が恋しい・・・と感じるポイントが、なぜかパパの面影がある部分と似てる、ということなんです。

例えば、パパが仕事が忙しく、家になかなか帰ってこなかったタイプだとすると、なぜか仕事が忙しかったり、家にいる時間が少ない男性と付き合っていたり、ご結婚されていたり。

逆に、全くパパとは違うタイプの家にばかりいる男性と結婚して、もううんざりしちゃったというお話もあったり。

パパは自営業で家にいるタイプだったからこそ、男性が外に出ていくことに不安を感じやすかったり、そばにいてくれないと違和感を強く感じるようになったり。

もちろん、あなたの中にパパとの葛藤が強いと「もうそばに寄ってこないで」となりますが、その裏側で「そばに寄ってこないで」と言い続けないといけないほど、関係性がなぜか近かったり・・・、あなたのパートナーが意外とベタベタするタイプだったり・・・。

例を上げれば数限りなく出てきますが、カウンセリングでお話を聞かせていただくと、「あれ?」と思うほど、あなたの好む男性のタイプの中に「パパの残像」を感じることって少なくないんですよね。


■特に切ないのは、あなたとパパとの関係が実際にどうか、というよりも、
パパのことが深層心理では好きなので、あなたの行動自体がパパに似る、という傾向。

例えば、パパが出張族で外にいることが多いと、そのパパの感覚にあなたの感覚が寄り添っていくことがあり、結果的にあなたも家の外にでることが増える、だとか、仕事で外に出かけるケースが増えてしまう、といった事が起こるんです。

だから、どこか寂しさを望んでいないのにいつも「寂しい感覚」を覚えていらっしゃる女性がいらっしゃいます。

そもそも、パパは男性なので女性に比べて一人で活動していても大丈夫。
が、そのパパを真似てしまう女性は、もちろん人一倍寂しさを抱えてしまうことになるでしょう?

そういった方の中には、なぜか寂しがりやなのに一人でいることを望んだり、海外でずっと過ごしていたりと、とにかくパパやパパ以上に一人で頑張る生活を送られているケースもありますね。


■また、更に切ないのは、こういった女性の行動が、パパとの心の中での関係性で起きている行動だとすると。
女性のその行動が、その女性の好きな人やパートナーにとっては「受け入れられない」と反発される可能性がある、ということ。

ちょっとややこしいので具体的に書きますと、例えば

○「パパが仕事が忙しい人」→「あなたも仕事がしたい人」

という構図が見えてくると、どこかあなたのパートナーが「仕事は辞めて欲しい」「仕事ばかりして・・・」といった不満を抱えるようになっていく、という構図ですね。

心の中では

「あなたの行動、好み」→「パパ基準」だから、
「あなたのパートナーの行動、好み」→「あなたの行動、好み」→「パパ基準」

となり、あなたの深層心理の心のベクトルが、あなたのパートナーに向いていないなんてことが起きるんです。

だから、心の中ではパートナーが置いてけぼりになってしまうという構図になり、あなたのパートナーが半ば片思い状態になってしまうわけですね。

だから、今まではうまくいっていたパートナーシップが、ある時から、些細なきっかけで、なぜか不満をぶつけられたり、非難されたり、別れを切り出してきたり・・・なんてことがあるんですよね。ちょっと分かりにくいですけど。

誰しも父が好き、という感覚があっても不思議じゃないですが、それがある意味憧れのままになっていたり、父との関係の中に満たしきれていない愛情や、誤解があると、こういったことが起きる場合もあるんですよね。

こういったケースほど、「パパと私、がお互いにオトナであるという認識、感覚」がとっても大切になるんですけれども。父娘の関係を卒業しないとパートナーシップに影響しちゃいますよ、という感じで。

実はこういったことから発生するパートナーシップのすれ違いもありますよ、というお話でした。

参考になりましたら幸いです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

 

『寂しさ』

 

ずっと笑顔で武装していた。

ずっと誰かと近づくことが怖かった。

 

受け入れられて、好きなものが見つかって、

僕は初めて、寂しかったんだと気がついたんだ。

 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.130:自分をほめるのに効果的な方法は誰かへの感謝を見つけること

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

自己肯定感を上げるとか、自己価値を上げるということが大切なポイントであることを、何度もこの記事ではお伝えしてきました。

自分の価値と言うものを、私たちは自分に厳しいあまり、本来よりもとても低く設定しています。

 

本来の自分の価値を思い出すために、有効な方法が、自分をほめると言うこと。

毎日1行でいいからその日の終わりに自分をほめる日記をつける。

「一日一行ほめ日記」と呼んで私が推奨しているやり方です。

 

しかしながら、自分をほめると言うのはとても難しい。

なぜなら、私たちは自分に厳しいあまり、また、謙虚さや、遠慮や、自分がわがままになりたくないと思う気持ちから、自分をほめることにブレーキがかかりやすいからです。

そのために、自分をほめることに対しての抵抗が生まれます。

ほめると言うことに関して、アンテナがうまく使えていないのですね。

そこで、自分をほめるやり方以外で、まずこのほめるアンテナを広げていく練習をしていくことで、自分の中にある価値に気づきやすくするところからやってみましょう。

 

その方法は、他の人の良いところを見ていく練習をすること。

自分をほめる日記の代わりに、一日の終わりに、今日出会った人、接点を持った人達のことを思い出しながら、振りかえってみます。

出会った人、接点を持った人というのは、ほんのわずかなことでオッケーです。

例えばこんな感んじです。

お昼休みにコンビニでお弁当を買うときに店員さんの笑顔が素敵だった。

帰りの電車に乗る時、駅員さんが親切にお年寄りを案内していた姿を見た。

仕事で接客したお客さんの明るさ元気さにとても好感を持った。

 

実は気がついていないだけで、私たちの周りには、人を喜ばせるような行動とっている人が、あるいは、魅力を発揮している人たちがたくさんいます。

けれど、毎日忙しく、がんばって、余裕がない毎日を過ごしている私たちは、こうした周りにある良さに気づくことができていません。

まずはここから始めてみましょう。

毎日、あなたが出会った人、接点を持った人について、その人の良さや、してもらってうれしかったことや感じた魅力など、誰かの良いところ、感謝できることを観察してみようと思って見てください。

このことを毎日続けていくと、良いところを見つけるアンテナが発達していき、今度はそれを使って、自分の良さにも気づきやすくなっていきます。

誰かの良いところを見て、いつも感謝しながら生きていくと言う事は、それだけでとても気分が良くなります。

自分の価値を知っていくためにも、他の人の良さを見つけていくというアプローチから始めてみてください。

これを毎日あれば、3ヶ月たった頃には、あなたの人を見る目、周りを見る目、物事を見る目が大きく変わってきていくことに気づくでしょう。

ぜひお試しください。

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(11月28日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

 

『世界で一番幸せになるために。』

 

大切なひとを、世界で一番幸せにしよう。

 

ふたりが幸せになるために、僕にできること。

 

 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title


No.129:比較の罠

講師:浅野寿和

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。


***


■私達がよく使う言葉の一つ・・・「比較の罠」


どこか自分と誰かを比べて自分を責めてしまう感覚のことを意味します。

これ、意外と多くの人がハマる罠ではないでしょうか?


さて、では私とあなたの比較が、どうして罠になりえるのかということなのですが。


私たちは人と自分を比較する時。

いわゆる「対等な比較」ってあまりしないようなんですよね。

そうではなく、「自分の欠点と相手の価値を比較している」ことがとても多いようなんです。

冷静に考えれば、「もう絶対に勝ち目のない比較」をしているようなものですけど、どうにもこれが辞められないってこと、あると思うんですよね。

僕ももうハマりますしね、どうしても。

ただ、その感覚を浮き彫りにして自分を罰したり低く価値を見積もっても、自分の価値が見えてくるわけでもないんですよね。


■そもそも自分の魅力・価値を感じにくくする心理はいろいろあります。


罪悪感、無価値感、劣等感、屈辱感、無意味感・・・いろいろです。


あの人はこうだから、この人は素晴らしいから、こんなに素敵だから・・・

そう思ったとして、どこかお互いに切磋琢磨し共に成長する。そんないい意味での競争は素晴らしいですよね。

時には悔しくて何とかしたいと思う気持ちが、物事を前に進めることもあるでしょう。


しかし、相手を使って自分を責めてしまうと、相手の価値はあなたの痛みになってしまいます。

そして相手の価値をあなたの痛みにしてしまえば、あなたはそれと同じ感覚や価値を受け取れなくなってしまうことが多いもの。

むしろ、誰かと比較してその価値を痛みにすると、その価値を受け取っても罪悪感を感じてしまうことがあり、結果持っていても使えない・・・となってしまうかもしれないんですね。


■大切なことは、誰かとの比較ではなく、あなたなりの価値。

人との比較って、しようと思えばどれだけでも比較ができるんですよね。

先のない比較の罠にハマると、とにかく安心感や心の安定が崩れ、劣等感や恥の意識ばかりが増えてしまうかもしれません。


そうではなく、今のあなたの価値。

それはとても分かりにくく見えにくいけど、これが見たい、見よう、感じるんだという意識・動機付け。

それを持っていれば、いろんな人や状況が価値を見せてくれる、そんな瞬間に出会うかもしれませんよ。


また、もっとこの意識を定着させるには「自分の価値の使いドコロ」まで探しておくとなおいいですね。

価値は持っているだけより、誰かの為に使うとより実感できますからね。


今回は以上です。

来週は池尾昌紀カウンセラーが登場します!お楽しみに!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

― 今日のメッセージ ! ―――――――――――

『人に優しく出来ないときには・・・』

 

つらいとき
悲しいとき
しっぱいしたとき
しんどいとき

あなたは、あなたに
どんな言葉を掛けていますか?


自分にもっと、優しく出来ると
人にももっと、優しくなれます。

人に優しく出来ないときには、
まずは自分に、優しくしてあげましょう!

 
―――― There is always light behind the clouds ! ―――
(テキスト:心理カウンセラー 服部希美

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

『感じたことを、声に出して言ってみよう』

 

焦ったり、不安なときは、

「不安になってるんだ」と言ってみよう。

怖れを感じて動けないときは、

「ああ、怖いんだね」と自分に言ってあげよう。

 

自分の感情を、自分を受け入れる、第一歩。

 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.128:イメージをインプットするのに大切な要素は「感情を感じる」こと

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

(1)潜在意識にイメージをインプットするということ

 私たちの心は様々な「思い込み」をしています。今まで生きてきた人生の経験から、様々な思い込み(観念や価値観)を作り出しているのです。

 それは、普段は潜在意識の中に眠っているために、意識していない場合が多い。しかし、この「思い込み」は、心の可能性に関わっているのです。

 「思い込み」は、その内容によっては、その人の可能性を制限し、あるいは、可能性を広げることにつながります。

 こうした思い込みには、ネガティブなものとポジティブなもの、両方があります。

 しかしながら、私たちの心はネガティブなものほど、記憶に残りやすく、思い込みをつくりやすくしているようです。ネガティブな体験からくる感情と感覚は、「自分なんてダメだ」という罪悪感と無価値感を生み出し、それを後生大事に自分の経典にしてしまっているために、自己価値を下げてしまい、現実に問題を作ったり、幸せになれないという心のブレーキになってしまっていることが多いのです。

 でも、逆に思い込みをうまく使えたら、その人の潜在意識を変えられ、振る舞いにつなげることができます。

 ネガティブな思い込みをポジティブな思い込みに変換する。

 そのことで、心のブレーキが外れやすくなり、逆に物事を進めるアクセルにもなりうるのです。

 

(2)感情・感覚を感じることの大切さ

 良いイメージをインプットしていくのにとても大切なのが「感情・感覚を感じる」心を養うこと。

 私たちは、幼い頃より「我慢することがいいこと」であることを学んできます。

 感情を感じるままに表現するのではなく、その場その場に合わせて、感情をコントロールすることが求められます。

 感情をコントロールできると、子どもは大人から褒められます。

 「よく我慢したね」「こんなに静かにできるなんてえらいね」

 こうした積み重ねが「感情を感じないことがいいことである」という心を作り、感情を素直に表現することができなくなっていきます。

 子どもが発達していく上で、それは必要なことでもあるのですが、「感情を感じない」ことばかり学んで来て、感情を感じる方法を学んでこないために、抑圧した心が残ってしまうのです。

 感情を感じないと、本当の自分の気持ちがわかりません。

 うれしいこと、楽しいことも感じにくくなってしまいます。

 それを変えていくには、まず、「自分が気づいていないだけで、感情を感じることが苦手になっているのかもしれない」と気づくことが大切であり、合わせて「感情とは何か」を知っていくことが、変化へのスタートになります。

 では、すぐ怒る短気な人やちょっとしたことで泣いてしまう人は感情を感じることができているかといいうと、実は、その反対で、感情を感じられていないことも多いのです。

 ここでいう「感情を感じる」とは、ありのままに自分の気持ちを素直に感じる、ということを指します。

 素直に感じることができれば、それを無理にコントロールする必要はないので、感情に振り回されたり、変に抑圧したりすることなく、うまく扱うことができます。

気がつかなかった気持ちに気がつくだけでも、素直に自分の感じている感情を感じる大きな一歩につながっていくのです。

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(11月14日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

 

『ビジョンを描く』


2017年1月1日。
いまから、二か月後。


あなたはどんな風に、誰と、
どんな気持ちで過ごしたいですか?
 

私たちの心は、「設定」すると、
自動的に、その目標に向かって走り始めます。

さぁ、今日はワクワク、心が躍る
そんなビジョンを描いてみよう
 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー 服部希美

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。