【名古屋】初回無料の電話相談。恋愛・結婚・離婚・浮気・不倫・仕事等、カウンセリングサービスにご相談ください

全国トップクラスのカウンセリング件数を誇る、カウンセリングサービス。名古屋・東海地区カウンセラーのブログです。臨床経験豊富なプロカウンセラーが、電話での初回無料カウンセリングも行っております。名古屋・鶴舞駅近くのカウンセリングルーム。



クローバーカウンセリングのご予約クローバー
お問い合わせ・ご予約は、カウンセリング予約センター(大阪)まで
電話06-6190-5131
または
電話06-6190-5613
センターの営業時間:12:00~20:30(月曜日定休日)

※なお、ブログに頂戴したコメントやご相談へのご返答は控えさせていただいております。ご相談は、電話カウンセリング(初回45分間無料)・面談カウンセリングをご利用ください。カウンセリングに関するお問い合わせは、予約センターまでお願いいたします。

テーマ:

kouza_title

No.117:問題意識より、あなたの思いの本質を見る

講師:浅野寿和

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。
***

 

■例えば、私達の日常の中で「上手く行かないこと、悩んでしまうこと」があったとき。

 

「なんだかそんな自分が恥ずかしなぁ・・・」と感じると、どうしても「問題意識」を持ってしまうものです。

 

それが悪いことではないし、それが悪い癖であるわけでもないと僕は思います。


が、あまりに問題意識ばかりに偏ると、毎日がしんどかったり、切なかったり、不安だったり、時には、自分の評価や判断をガクッと落とすことになることもありますね。


そんな時、「だったら頑張ればいい、なんとかすればいい」と自分で考えることってないですか?

 

僕もそうなんですが、「そりゃ自分の問題だ」と自分で問題意識を突き付けて、自分を追い込むことって昔はよくあったし、今でもこの罠にハマることがあります。


何かしら自分の中で葛藤があったとき、これは自分の問題だよね、という全ての問題を背負わなくてもいいですが、何かしらのアカウンタビリティ・当事者意識はとても大切ですよね。


ただ、「何とか自分が頑張って今の自分の癖、考え方を手放したいんだけど・・・」と考えて、しかし、どうにもなんないなと感じるときほど、ストレスを感じることってないのかもしれません。


■さて、こういった状態の中で、僕が大切にしてることは、あなたの思いの本質を見ること、なんです。


例えば、カウンセリングの中で、みなさんのお話を伺うとこう思うことがあります。


確かに今、表面的に出てきているパターンは問題かもしれない。

例えば、つい怒ってしまう、あきらめてしまう、感情的になりすぎてしまう・・・・

そういったことでいらぬ誤解を生むこともあれば、相手に対してネガティヴなイメージを与えてしまうこともあるかもしれない。

それは時に切ないことだとも思います。


「だから、そうならないように努力すればいいのは分かっている。でも何故かそうなってしまう・・・」


ビジネスや社会的なことは別として、自分の心の問題って、この問題意識に飲まれれば飲まれるほど、できるだけスムーズに問題が解決していくとは僕は思えないんですよね。

まぁそこで持ち出す根性論も嫌いじゃないですが、僕のカウンセリングでは使わないだけです。


そんなときほど

 

「なぜそうなっているのか?」を見つめていくほうが楽なこともあります。


僕のカウンセリングでは(実際にお受けいただくとわかるのですが)

 

「んーそれは切ないし辛いですね。

さて、どうしてそうなってしまうんでしょうね?どんな思いがありますか?

そうですね、そうだと思います。

では、またなぜそう思うんでしょう?そう感じるんでしょう?

そう、そうですね。それでいいんですよね。

さて、では更に・・・それはなぜなんでしょうね?・・・・」


と、クライエント様と一緒に心の中を覗いていくこと。

そしてあなたの思いの本質にたどり着くようなプロセスを、ご提供していることが少なくありません。(※毎回そうしているわけじゃないのですけどね)


ただ、これは一人で行うと、ちょいとだけ勇気がいるのです。

感情に触れる作業でもあるので、感情に抵抗したり、怖がると急にピタッと止まります。

焦らずカウンセラーと一緒に見つめていくと

多くの場合、最後にたどり着くのは、やっぱり愛情、相手への思いです。

殆どの方がそこに行き着かれます。


まぁ今すぐそれを受け入れられないこともあるのですが、ここを受けいれることができると、ぐっとマインドは強くしなやかになり、許しも入りやすく、ストレスも不安も怖れも軽減していく事が多いので、この感覚に慣れていただくことも、僕がご提供するプロセスの一つです。

 

よく、自分を大切にする、いいものとして扱うと記事に書いていますけど、ここに行き着いていただくことも自分を大切にすることの一つかな、と僕は思っています。


だからもしあなたの中で悩むことがあるなら

 

「何のために、誰のために悩んでいて、今の自分にどんな評価を下しているか?」

 

から見つめ、その部分があまりにネガティヴならば、少しづつ意識して変化させていくといいのかもしれません。


そう考えると、こと自分のこと、パートナーシップのこと、心のことのレベルでは、問題意識がもたらす、何が正解?何が間違ってる?という部分で、僕達は大きな葛藤をしてしまうと考えることもできるのかもしれませんね。

 

 

来週は池尾昌紀カウンセラーの登場です!おたのしみに!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

 

『自分を大切にする』

 

認めてほしい。解ってほしい。愛してほしい。傍に居てほしい。

そう声に出して言ってみましょう。

 

その声を、一番に聞いた人は誰ですか?

そう、あなたです。

だから、まず、あなたが認めてあげましょう。

解ってあげましょう。愛してあげましょう。

 

あなたが、あなたを。

 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

 

No.116:自己肯定感の心理学(7)

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

 

自己肯定感とは、自分を肯定し、自分自身を認めてあげられる感情を感じられることです。

別の言い方をすれば、自分の価値を感じられ、自覚できること。

私たちが抱える問題のほとんどは、この自己肯定感を感じられないことからきています。

 

自己肯定感を阻むもの。

それは自己攻撃です。

 

私たちは自分に厳しすぎるので、常に自分を責めています。

ところが、そのことに自覚できない場合がとても多いのです。

なぜなら、自分に厳しすぎる、自分にダメ出しすることが、幼い頃から当たり前になっているから。

自分を責めることが板につきすぎていて、気がつけないのです。

 

◇自己肯定感を阻む最大の理由は「過去の投影」

自己肯定感を感じられない時。

それは「こんな自分なんて!」と自分を責めたり、自分に価値を見られない時ですが、その最大の原因は「過去の投影」にあります。

 

私たちは、物事や誰かに対して「自分の気持ちを映し出して」います。

これを投影というのですが、投影は過去の体験や感情を映し出す事があります。

 

例えば、仕事でミスをした時。

ミスそのものは大した事がなくて、修正すればすぐに済むような事であっても、「やっぱり私はダメな人間なんだ!」と自分を責めてしまうとしたら、それは責めすぎなわけです。

 

ではどうしてこんなに責めすぎてしまうかと言えば、目の前のミスに対して、過去の自分の体験や感情が重なってくるからなのですね。

 

例えば、仕事で過去(5年前)にひどく失敗してしまった体験があったとしたら、今目の前のミスで心は5年前にタイムスリップしたような感覚になります。

だから、小さなミスでも、大きなミスをしたような気持ちになり、自分を責めることになってしまうのですね。

 

思い出すのは関連することだけではありません。

仕事のミスなのに、過去の失恋の痛手を思い出すとか、親に優しくされなかったことを思い出すとか。もちろん全部、無意識で思い出していることで、共通しているのは「自分へのダメ出し」です。

潜在意識というのは時間軸がありませんから、オートマチックに今の失敗や問題や嫌な出来事に対して、過去が思い出されてしまうので苦しいのです。

 

ではこうした過去の投影から逃れるにはどうしたらいいかと言えば、今、目の前に起こった出来事と、過去は関係ないと区別をするよう意識することです。

すぐにはうまくいきませんが、トレーニングを積んでいくと思って、この考え方を練習してみてください。

 

その上で、自分の価値を日常で探す練習を積み重ねること。

毎晩、夜寝る前に自分を一つ褒める習慣を続けるなど、自分には価値があることを思い出すトレーニングをしてみてください。

 

こうしたお話をさせていただくと「いつまで続ければいいの?」とご質問されるのですが、答えは「一生やり続ける」だと私は思っています。

 

たった一言、毎日夜寝る前に自分を労ってあげるだけです。

 

この毎日の自己肯定の積み重ねは、一生涯続けていくことで、自己肯定感を感じられる人生が送れるようになるのです。

 

・忘れたら思い出した時にやり始めたらいい。

・苦しくなるなど、やれない時は無理せずにやらなくていい。

・落ち込んだ時は、落ち込むのも無理ないよね、と自分を肯定してあげる。

 

ポジティブな気持ちも、ネガティブな気持ちも、すべての自分の気持ちを肯定してあげてください。

 

これが自己肯定感を感じられるようになる方法なのです。

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

(完)

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(8月22日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

No.115:パートナーを無力化する人、その2つのパターン

講師:浅野寿和

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。

 

***

 

■パートナーシップの中で感じると切なく辛い感情。

 

それが「無力感」というもの。

 

これを感じつづけることで、二人は一緒にいられなくなる・・・なんてことはザラにおきます。

 

仕事や対人関係で感じる無力感もつらいけど、いつもそばにいるパートナーといるだけで「無力な自分」を感じるなら、そりゃストレスも強まるし、一緒にいる意味まで考えてしまうかもしれません。

 

■さて、僕自身、恋愛やご夫婦のお悩みに関するカウンセリングの現場にいると。

 

 

この「パートナーに無力感を感じさせてしまう」タイプの方って2種類あるなぁ、と僕は思うんですよね。


例えば(分かりやすいように極端な事例を書けば・・・)

 

「ねぇねぇ、私のこと好き?愛してくれてる?」と確認しなきゃ気が済まない女性。
「僕は大した男じゃないし、そんなにパワーもあるわけじゃないから」と思っている男性。

 

これは異性に「そんなに僕は私は不十分なの?一緒にいても喜んでくれないの?」と思わせる傾向があります。


もう一つのタイプが

 

「仕方ないなぁ、もう私に任せて。あなたより私の方がうまくできるから、何もしなくていい。」という女性。
「君は僕の言うとおりにしていたらいい。傷つく必要もないし頑張る必要もないんだよ」という男性。

 

これは異性に「何もさせてもらえない、愛させてもらえない」と感じさせ、まるでパートナーを籠の中の鳥状態にしてしまう傾向がありますね。


おそらく、そういっている本人に悪気もないと思うし、素直に相手にそう関わりたいと思うだけのでしょう。

 

が、その結果相手が無力感を感じる、という罠があるわけです。

 

どうしてそうなってしまうかというと、

 

実はこのような言動をする方が「無力感」を感じることを極端に嫌っているから、なのですよね。

 

いわゆる「パートナーが抑圧している(感じたくない)感情は、パートナーの方に現れる」という法則のひとつの表れなのですけれど。

 


■どこか、自分が無力感の中にどっぷりつかって重たい気分でいることと

 

どこか、自分が無力感を感じたくないがゆえに、状況を自分でコントロールすることは

 

ある意味ウラオモテの関係にあると僕は思っています。


なので、無力感に浸かっている人はこう思う傾向がある。

 

「僕や私がしっかりして相手の手を借りなくてもいい自分になれればいいのに・・・」

 

どこか「無力感を感じたくないと思っている人」のような状況を目指すのです。

 

それがある意味途方もない無茶な理想になっていることもありますし、パートナーがそんな自分を求めているのでは?という解釈を持っている方もいます。


また、

 

無力感を感じたくない人はこう思う傾向があるのですよね。

 

「自分には何もできないと感じることが怖い。そうなったら不安でたまらない」

 

どこか無力感に浸かることを極端に嫌い、あーなりたくないと目指すのです。

 

だから、自分が何もできない、物事の主導権を握っていないと自分の意味がなくなるような気がして、相手に自分に従うように求めてきます。


つまり・・・。

 

・ずーっとあなたの前で自信のない態度を作っている人は、どこか「完璧な私になりたい」と思っている節がある。そんなことしなくていいと止めてあげれば、ある意味相手は安心するでしょうし。


・あなたのことをコントロールすることが多い人は、「あなたの役に立てない私には意味がないし、一人になってしまう」ということを怖れている。

だから、そんなに突っ張んなくても、僕や私はそばにいるから大丈夫よ、といえば、安心するかもしれません。


まぁふたを開ければ、感じていることは「出方」が違うだけで一緒なんだろうな、と僕は思います。


ということは・・・お分かりですよね。

 

表面的な相手の態度にひっかからず、相手が怖れていることをケアしてあげれば、意外と相手はあなたに素直に向き合ってくれるようになるかも?ということ。

 

心理を知り、相手を見れば、何を怖れているのか?ってちゃんと見えてくるかもしれませんね。

 

今回は以上です。次回は池尾昌紀カウンセラーが登場します!お楽しみに。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

 

『壁の向こう側』

 

ずっと長い間、この壁を超えることだけを考えていたけれど。

 

ドアを探してみよう。

 

見つからなかったら、窓を探してみよう。

 

壁の向こう側に行く方法は、ひとつじゃない。

 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

 

No.114:自己肯定感の心理学 (6)

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

 

自己肯定感とは、自分を肯定し、自分自身を認めてあげられる感情を感じられることです。

別の言い方をすれば、自分の価値を感じられ、自覚できること。

私たちが抱える問題のほとんどは、この自己肯定感を感じられないことからきています。

 

自己肯定感を阻むもの。

それは自己攻撃です。

 

私たちは自分に厳しすぎるので、常に自分を責めています。

ところが、そのことに自覚できない場合がとても多いのです。

なぜなら、自分に厳しすぎる、自分にダメ出しすることが、幼い頃から当たり前になっているから。

自分を責めることが板につきすぎていて、気がつけないのです。

 

◇自己攻撃には2つの種類がある

自己攻撃と一口に言っても、わかりにくい自己攻撃があることを知っておくことが役に立ちます。

自己攻撃をしている時、私たちの認識は二つに分かれます。

(1)真っ直ぐそのまま「自分にダメ出し」をして自分を責めて苦しいと感じている時。

(2)自分を責めることが耐えられなくて、誰かを攻撃してその感情から気をそらす時。

 

つまり、自分を責めていても、誰かを責めていても、結局は同じこと。自己攻撃が元になっているのです。

厄介なのは、二つ目の他者攻撃です。

誰かがひどいことをしたから腹が立って怒る、というような、相手への怒りや攻撃ももちろんありますが、他者攻撃が実は自己攻撃をしていることから発生する場合もとても多いのです。

自己攻撃して自分を責めすぎて苦しいので、その苦しみを感じないように他者を攻撃して気をそらしている。

誰かに怒っている時、相手を責めている時には、実は自己攻撃を感じたくないから、という場合があるのですね。

こうした場合は、いくら相手を許そうとしてもうまくいきません。

自分を責めていることに気づき、それを止めようと思わないと感情は収まってくれないのです。

 

例えば、夫に浮気をされた妻が、夫をひどく責めているとします。

夫が悪いことをしたのだから、責められるのは当たり前。

 

しかしながら、どれだけそうやって自分に言い聞かせても、スッキリしないし、むしろ苦しみは増していきます。

なぜなら、他者攻撃という形に隠されているだけで、実は自己攻撃が苦しみの原因だからなのです。

自分のせいで夫が浮気した、と責めている心が隠れているのですね。

 

ですから、そこに気がついて、自分を責める必要がないことを理解した時、苦しみはなくなっていきます。

  

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

(続く)

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

次の月曜日(8月8日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

No.113:「会いたい」という言葉は男性にどう響く?

講師:浅野寿和

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。
***

 

■「あー・・・。

 

僕はあなたの言葉の意味、よく分かるし、あなたの気持ちって○○だから、そう伝えているんですよね?でも、そのまま彼に伝えると、真逆の意味に捉えられるかも?というリスクがあるかも?ですよ。それはですね(男性心理を語る)・・・」

 

 

僕が担当させていただく恋愛・夫婦カウンセリングで、お話しすることがある一節(笑)の2回目。女性が「その言葉」を言い放つことで二人の間で起きるであろう出来事や「なんでそーなっちゃうの?」という部分を今日は少し解説しますね。


■今日は「会いたい」という言葉。

 

日々、カウンセリングをさせていただいていると本当に多いんですよ、以下のようなご意見を伺うことが。

 

「私はただ傍にいてほしかっただけなのに・・・」

 

もちろんすべての女性がそう思われるわけではないと思うのですが、しかしお聞きすることが多いのは事実なんです。


例えば、

彼と連絡が取れなくなった
仕事ばかりに行ってしまう彼がいる
彼が結婚の話をした瞬間、引きこもるようになった
遠距離恋愛になって、今までのように会えなくなった

などなど・・・

 

あなたがもし、そんな状況になったとき、「私のこと」や「私が大切にしていること(二人の関係・家族・子供・・・など)」を放っておいたり無関心な態度を取られることって、やっぱり「凄く嫌」なのかもしれないですよね。

 

だから「会いたい」「傍にいてほしい」というメッセージを相手に伝えられるのかもしれません。

 

まぁ相手に放っておかれていると感じるのに、相手のために頑張るのは確かに癪に障りますもんね。

何より彼が傍にいてくれない不安ってすごく大きいですし。

 

 

しかし、あなたとパートナー、二人の関係性がいまいちしっくりこない状態で、この「会いたい」という言葉だけを使うと、男性が距離を取ることがあるわけです。

 

それは何故か?


一言で言えば、この状況で使う「会いたい」という言葉そのものは、男性にはちょっと重く響くからですね。


特に多くの男性は「女性の期待に応えなきゃなぁ、与えたいなぁ」と思って生きているんです。

だから会いたいと言われると、強烈に要求に応えよ!と求められている気がするんです。

そこから逃げたいと思う男性がいる。


それは愛している愛していない、という感じではなく

「女性から求められていることに応えたくないとま、今は応えられないと感じている自分」に対する「罪悪感(心苦しさ)」

を感じたくなくて、女性の気持ちに反応しない、というケースがとても多いのです。

罪悪感を感じることが重いし、怖いし、苦しい。そうなってしまうと男性も自分を責める。

なので、男性は関わらないという方法を取るようになることが多いんです。


もちろん女性の皆さんが「会いたい」とお伝えになるときは、相手のことが好きだから。
だから苦しめたいとは思っていない女性の皆さんがとても多いというのが僕の実感です。

どこか、その「会いたい」という言葉は、(確かにニーズの時もありますが)二人の関係より良くしたい、彼に触れて相手のこともケアしたい、といったお気持ちになっていることが多いようにも感じるんです、僕はね。

ただ「さみしい」だけ、でもなければ、ただ「不安だから傍にいてほしい」と願っているわけじゃない女性の皆さんの、切なる心の叫びを僕は何度も聞かせていただいた気がします。

 

だから・・・あなたが男性のことを大切だからこそ、彼に近づきたいと思われて、

しかし男性に「そりゃ君の問題」「オトナになれ」「僕は君の気持ちに応え続ける義務はない」的な発言を真正面から受けて、傷ついてしまう。

そんなケースをたくさん見てまいりました。

いや、それはもう、ものすごく辛いですよね、本当に・・・。

 

■では、どうして会いたいという言葉は、あまりしっくりこない関係性では使えないのか?

それは女性の言葉に込められた「真意」を上手く伝えないから、です。

「会いたい」だけでは、ただ求めているだけの言葉、に聞こえるのです。

 

そして「会いたい」は受け身で「求める」言葉。

それが悪いわけじゃないんですが、受け身の言葉は「自分の意志では自分の気持ちをどうにもできない」という心のインパクトを相手に伝えるのです。


だから「僕にどうしてほしいの?」と男性にマウンティングされるんです、悲しいけど。

そこには、なぜ会いたいのか?がないし。

会えばどうなるのか?もない。

あなたの主体性が感じられない。

思考中心で生きている男性には、そこが理解できない。

 

また、日々自立的に生きている男性にとっては、自分の意志が感じられない言葉に「依存性」を感じて、それを嫌うのです。


■ただそうは言っても、女性から「なぜ会いたいのか」を、彼にぶつけることはとても怖いことだと思うんです。

 

そこまで自分の気持ちをちゃんと表現して、それでも彼が応えてくれなかったら・・・と思えば、なかなか伝えきれない部分があるかもしれないし。

そもそもそんなことは分かっていてくれているはずだと、女性の皆さんは思うかもしれない。

そこには悲喜こもごも様々な感情があると思いますが、その感情は素直に感じられるトレーニングをすると、抵抗感がなくなります。どこか切ないプライドで自分を守ろうとすると、ものすごく苦しくなるので。

 

感情の解放・・・ですね。それはやっておくことを僕はオススメしたい。

 

もちろん男性も同じ。

 

怖いかもしれないけど、自分の気持ち、特に弱さに素直になると楽になれますよ。


■ということで、そんな状況のカウンセリングの中で、僕からご提案することを最後に書いておきますが。

 

「本来は関わることでしか二人の関係はいい方向に行きませんが、今はクールダウンが必要。ちょっと放っておきましょうか。じゃないとどんな効果的な方法も互いの不満や怒りで流されちゃいますよ」

 

というご提案をしたり

 

「あーここ、すれ違ってるまま強引にお互いが気持ちをねじ込もうとしたみたいです。それはお互いに誤解するし、反発します。だって彼はこう思ってる・・・、けど、あなたはそんなつもりで話したわけじゃないですよね?」

 

と、心理解説したりさせていただくことが多いのです。


そして、「会いたい」だけじゃない、気持ちの伝え方について、「○○」と言ってみるといいですよ、と、例えば手紙を書く(書き方のアドバイスをしつつ)などの方法を一緒になって考えていくことは多いですね。


もちろん女性の皆さんの中には、どこか恋愛に自信がなくて、つい彼と会えない不安が強くなって「会いたい」と言い続けてしまうケースもあって。

そういったときは、ニーズが強いので、女性の皆さんの自信(彼を愛せる私)という部分を強化した方がいいってこともありますから、その場合は不安をケアして、自信をつける方向性を模索しますよ。


■最後になりますが、一概に会いたいという言葉は同じように聞こえるかもしれませんが、実は使っている女性によって、その言葉の意味も見ている部分も違う。

 

だから、不安に駆られて今の自分の気持ちを、あなたのお友達や周囲の女性の意見だけで比較すると、「私ってダメなのかな・・・」と誤解することもあるんですよね。

 

そこはちゃんと見つめた方がいいですね。特に頑張り屋さんの女性は(きっと自覚がないと思いますが)自分を責める傾向が強いので要注意です。

 

今回は以上です。

 

来週は池尾昌紀カウンセラーが登場します。お楽しみに。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

 

『ふつう』

 

普通、ってなんだろう?

君の「ふつう」、僕の「普通」。

それは、違っていて当たり前。

 

君のふつうを、君の基準で生きればいいのだと、

僕はおもう。

 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎週木曜日は、心理学にちなんだお話をお届けするコラムをお届けします。

 

読んでほっとできたり、日常で使えるお話の連載です。

 

☆★☆名古屋・心理学コラム☆★☆

 

今日のテーマ:「夏休みの宿題」

担当カウンセラー:はたのえり 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

夏休みの宿題は、先に片付けるタイプでしたか?

それとも、8/30になってから、焦り始めるタイプ?

 

私は、夏休み前に7月中に終わるであろう、立派な、完璧な!計画を

立て、立てただけで満足し、8月25日を過ぎたあたりに焦り始め、

なんだかもう、必死に適当に終わらせ、ギリギリ始業式に間に合う、

というパターンを繰り返すタイプでした(◎_◎;)

 

結局、めちゃくちゃ大変なんだけれども、間に合うことは間に合っている

んですね。

だから、その時は反省して、来年こそは計画通りに!と思うのです。

けれど、来年になったらなったで、「去年も大丈夫だった」という

おかしな理由を根拠に、やらなきゃと思いつつ、気がつくと25日(。>0<。)

でしたね。

 

25日になると、焦るんです。ちゃんと出さなきゃ、先生に怒られる。

ひとりだけできてなかったら恥ずかしい。こんな風に。

感情的には、「怖れ」とか「不安」ですね。

 

で、これをエネルギーにして、フルパワーで片付けます。

このパワーって、結構パワフルなんですよね。持久力はありませんけれど。

だから、「もう間に合わないかも!」と思っていても、何とか片付いてしまうんです。

「ああ、何とかなるじゃない。」

すると、これが成功体験となって、この方法を手放せなくなっていくんですね。

 

でも、この方法、成功するには絶対条件として、「不安」「焦り」「怖れ」など、

ネガティブな感情が必要となってきます。

 

そういえば、すごく興味があって、始めは楽しかったお稽古事や趣味なんかも、

いつも長続きはしませんでした。

本来自分にとって楽しいことでも、ネガティブな要素を探し出すことでしか

動けないとなれば、だんだんつまらなくなってしまいますものね。

 

それならば、ポジティブな理由を根拠に動いてみるとよいかもしれませんね。

不安や怖れの反対の「安心」、焦りの反対の「余裕」など。

 

それを感じるためにはどうしたらよいだろう?と考えてみます。

 

どうせやらなきゃいけないことなら、それをやることによるメリットみたいな

ものでしょうか。

早めに済ませておけば、その後安心して思いっきり遊べる。

後で足りないことに気がついても、少しのフォローで済むので余裕!

こんな感じでしょうか。

 

ポジティブな理由を探そうとしてみる、それだけでその事に向き合うことにも

なりますね。

 

そして、それを実行してみる。すると、新たな成功体験が手に入ります。

早めにやっておいてよかった☆ 終わって、まだ余裕があるってすごい!

等と、自分を褒めてあげることもたくさんできそうですね。

 

そして、これを積み重ねていくと、ネガティブエンジンに頼らなくてもよくなりますね☆

何よりも自分が楽だし、楽しい時間を増やすこともできますね♪

 

ね、解った?? はたのえりさん!

 

( ̄∇ ̄+)

 

 

 

今日から、我が家の中学生男子たちは夏休みに入ります。

就学児童がいらっしゃるお母様方、これから約40日、大忙しの

毎日が始まりますね(T▽T;)

 

遺伝でしょうか?我が息子たちの宿題は、日誌・工作→祖父

ポスター・習字→私、問題集→解答集

と担当が決まっております。(ほぼ毎年、8月30日に割り振られます。)

ちなみに夫は「7月中に終わらせるのが当たり前だった」タイプの人

のため、これらの裏工作は絶対にバレないようにしなければなりません。

 

夫のほうの遺伝だったらよかったのにね~☆残念Y(>_<、)Y

 

楽しい夏休みを♪

 

 

 

はたのえりのプロフィール&ブログはこちらへ!

http://blog.livedoor.jp/cs_xxxerixxx/

 

次回の「名古屋・心理学コラム」は310日(木)、 池尾千里カウンセラーが登場します。

 

どうぞ、おたのしみに!

 

 

 

 

;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;

面談・電話カウンセリングのご予約は 

予約センターにて承ります。

      06-6190-5131   

 受付時間 12002030
 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 

♪面談カウンセリング 名古屋鶴舞駅すぐ 

1時間 ¥10,800(税込)  2時間 ¥21,600(税込)

♪電話カウンセリング

45分×4回セット  ¥12,960(税込)

☆どなた様も45分初回無料カウンセリングをご利用頂けます。

 ♪カウンセリングメニュー♪

 カウンセリングサービス HP

;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

 

No.112:自己肯定感の心理学 (5)

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

 

自己肯定感とは、自分を肯定し、自分自身を認めてあげられる感情を感じられることです。

別の言い方をすれば、自分の価値を感じられ、自覚できること。

私たちが抱える問題のほとんどは、この自己肯定感を感じられないことからきています。

 

◇ありのままの自分でいい、という意味

 

自己肯定感と言われると、私たちはどうしても「自分のいいところを感じられるようにならないといけない」と思いがちです。

 

しかし、自己肯定感とは、ポジティブシンキングのことを指しているわけではありません。

いいところも、悪いところも、全部自分なんだ、と認められることなんですね。

これは、すなわち、「ありのままの自分でいい」と感じられることでもあります。

 

ありのままの自分でいい、とはどういう状態のことなんでしょう。

 

例えば、こんなお話。

道を歩いていたら、見知らぬ人とすれ違いざまに、相手の肩があなたの方にぶつかってしまったとします。

その時、あなたは相手に対して、以下のような反応をしたとしたらどうでしょう。

・ぶつかってきた相手に怒りをぶつけて土下座して謝れ!と怒る。

・ぶつかってしまったのは自分の不注意だからと自分を責め、土下座して謝る。

 

真逆の反応ですが、どちらにしても、相手の人はかなり困惑しますよね。

そして、あなた自身もモヤモヤしてしまうでしょう。

 

なぜなら、必要以上に相手に怒ったり、必要以上に自分が悪いと自分を責めたりしているからです。

 

こんな時は、ありのままの自分である、とは言えませんよね。

 

ところが、この極端な例と似たようなことを、私たちは無意識にやっていることが多いのです。

 

私たちは誰かに対して、自分に対して、必要以上に怒ったり、責めたりしているのですね。

 

ありのままの自分でいいと思える心というのは、正しい大きさで感情が感じられるようになることをいいます。

いつも怒らずに何を言われても笑顔で受け止める、というような悟りを開いた人になるわけではないのです。

だから、怒る時には素直に怒れるし、逆に、怒る必要がない時には怒らない。

嬉しい時には嬉しいと思えるし、嬉しくない時は嬉しくないと思える。

 

そんな風になれるはずないじゃないか!と思われるかもしれません。

確かにそうなのですが、最初からあきらめるのではなく、まずは、ありのままの自分とはどういう心なのかを知ることからスタートしてみてください。

 

喜怒哀楽に素直になること、つまりは、今、この瞬間の自分が感じていることを感じられること、が目標です。

 

これがありのままの自分、自己肯定感を感じている状態なんですね。

 

難しいことではないのです。

 

毎日、1分でいいから静かに自分の今の感情を素直に感じる時間を作ること。

 

これを続けてみてください。

すると興味深いことに気づけます。

いかに普段、自分が自分の心に寄り添う時間を作ってこなかったか、ということに。

 

たとえ1分でも自分の心に寄り添う時間を作ることが、素直な自分の感情を感じるトレーニングになり、その積み重ねが「自己肯定感を感じる心」を作っていけます。

 

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

(続く)

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

次の月曜日(7月11日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。