【名古屋】初回無料の電話相談。恋愛・結婚・離婚・浮気・不倫・仕事等、カウンセリングサービスにご相談ください

全国トップクラスのカウンセリング件数を誇る、カウンセリングサービス。名古屋・東海地区カウンセラーのブログです。臨床経験豊富なプロカウンセラーが、電話での初回無料カウンセリングも行っております。名古屋・鶴舞駅近くのカウンセリングルーム。



クローバーカウンセリングのご予約クローバー
お問い合わせ・ご予約は、カウンセリング予約センター(大阪)まで
電話06-6190-5131
または
電話06-6190-5613
センターの営業時間:12:00~20:30(月曜日定休日)

※なお、ブログに頂戴したコメントやご相談へのご返答は控えさせていただいております。ご相談は、電話カウンセリング(初回45分間無料)・面談カウンセリングをご利用ください。カウンセリングに関するお問い合わせは、予約センターまでお願いいたします。

テーマ:

kouza_title

No.109:我慢が作るコントロール欲求

講師:浅野寿和

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。

 

***

 

■人にはいろんな「クセ」がありますよね。

僕も、僕の回りにいる人も、それぞれクセであったり、習慣を持っているものです。

 

心理的に見て「クセ」って、心を安定させるものの一つ。

だから、知らず知らずのうちに行っているクセや習慣があっても、なかなか気づかないんですよね。

それは心理的な我慢・抑圧についても同じことが言えると思うんですね。

 


■僕はたまにお休みを頂いて、 温泉に入りにいくのですけど。

 

そこでふっと感じたことがあるんです。

それが僕にとっての温泉(お風呂の適温)のこと。


僕にはもともとアトピーがあって今も症状は持っているんですよね、と今までも何度も書いてきたんですけども。

温泉に浸かりながら、そういえば昔、妻に指摘されていたことをふと思い出したんです。

 

「あんたのシャワーやお風呂の適温は熱すぎるから嫌・・・」

 

僕自身、確かに熱いお風呂を好んでいます。

理由は一つ・・・体の痒みを忘れるから、なんですね。

 

・・昔からのクセというか、慣れというか、中途半端に温まっても、冷たくても、何だか心地よくないんですよね。それは症状が随分改善された今でも同じなんです。

 

逆に半端な感じで身体を温めると身体がが痒くて仕方ない、なんて感じが昔から僕にはあった。

 

心理的に考えると、僕達の心は内と外のバランスをとろうとする部分があるもの。

僕の場合、自分の内面に痒みに耐える我慢があったから、自分の外側にも我慢・・・熱いお湯や冷たいお水をかけることで心のバランスをとっているんだよなーという感じなんですよね。

 

だから、温泉に浸かるにしても、シャワーを浴びるにしても、妻から言わせると「とても熱い」お湯を体にかけるのがクセになっているんですよね。

それが体にいいのかどうかはまた別の話ですし、皆さんには決して真似をしていただきたくないんですけども。


■で、今回、温泉に浸かっていたときに、ふと気づいたんですね。

 

「あー今、ちょっとぬるめのお湯にすごいストレス感じたな・・・」と(笑)

 

温泉ばっかりはそう簡単に温度調整できませんからね。


これ、確実にコントロール欲求に繋がるってなんとなく分かっていただけるでしょうか?


自分の感覚を変えられないから、外を変えたくなる。そこに心地よさを求める。

そういえば昔からこの手のコントロール欲求、僕自身の癖になっていたし、特にアトピーが酷い時はお風呂だけでなくありとあらゆるものにこの手の感覚を感じていたことを思い出したんですよ。

 

その当時は、この手の何かに不満を感じたり、コントロールしたくなる感覚こそ、僕自身の甘えやニーズ、自分のわがままさや未熟さだな、と思って自分を責めていましたが。

もしかすると、僕の内側に強い我慢があったからこうなっていたのかも?と理解するのは、もっともっと後のことでしたね。


■繰り返しになりますが、僕達のクセ、習慣は心を安定させるためにある事が多いんです。

 

そして、普段の僕達の忍耐や、いろんな経験からの我慢が募ると、どうしたって心は不安定になっていきます。

 

この不安定な感覚をそのまま放置すればするほど、僕達は自分の世界をコントロールしたくなるのかもしれませんね。

 

自分が心地よいように、だけじゃなく、自分の気分が悪くならないように。

 

それは時に自分の好みになっていることがあるので、全てが悪いわけじゃないんですけどね。


ただその感覚が強すぎて周囲との軋轢が必要以上に起きるのであれば、どこかでこの手の不満感やコントロール欲求を自分の中で理解したり、手放したり、状況を受け入れることが(時に難しい場合もありますが)少しづつできるようになると、心は楽になり、ある程度状況は改善していく可能性がありますね。

 

そして、欲求を抱える自分への自己嫌悪も減るかもしれませんし。

 

これ、よくパートナーシップやビジネスにまつわるカウンセリングで登場することでもありますけども。


強いストレスや自己嫌悪を強い刺激で乗り切ることもできるでしょうが、緩んでいくという発想には、自分の内側にある我慢などに気づき、どこか新しい感覚を「受け入れる」という感覚が必要になることが多いのかもしれませんね。

 

今回は以上です。

 

次回は池尾昌紀カウンセラーの登場です、お楽しみに!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

 

『花マル。』

 

今日の自分に。

さっきまで、一所懸命頑張って、仕事を終えた自分に。

自分の為においしいコーヒーを入れた自分に。

大切な人のために、待ち合わせ場所まで走っている自分に。

 

いっぱい、いっぱい、〇をつけてあげよう。

 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

応援してくれる人に感謝しよう【カウンセラー発!今日のハッピーメッセージ♪】#480

 

 

今日のメッセージ ! ――――――――――――――――――――

 

あなたの幸せを願ってくれる人、あなたを応援してくれる人を思い浮かべよう。

その人たちは、いつも、とても大きな思いであなたを応援してくれている。

その思いを感じて感謝してみよう。

たくさんの応援の思いを感じていくと、力がみなぎってくる。

あなたが幸せになる原動力をくれる応援の声をいつも忘れないでおこう。

 

――――――――――――― There is always light behind the clouds !

 

(テキスト:心理カウンセラー 池尾昌紀

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

 

No.108:自己肯定感の心理学 (3)

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

 

自己肯定感とは、自分を肯定し、自分自身を認めてあげられる感情を感じられることです。

別の言い方をすれば、自分の価値を感じられ、自覚できること。

私たちが抱える問題のほとんどは、この自己肯定感を感じられないことからきています。

 

「自分に自信がない」「つい自分を責めてしまう」

こうした思いを持っていれば、自己肯定感を感じにくくなっていることに自覚ができます。

しかしながら、私たちが自己肯定感を感じられない一番の要因は「自覚していない無価値感」なのです。

 

私たちは「毎秒自分を責めている」ほど自分に価値を感じられていません。

「自分には愛される価値がないんだ」という思いをあまりに昔から持ち続けてしまっているため、自己否定が板につきすぎて、当たり前になっているからなのです。

これは「自分へのネガティブな受信装置」のスイッチがオン!になっているということ。

しかもこの受信装置、高感度アンテナを持ってるんですよね。

すると、誰かの言動に対して、この受信装置が「やっぱり私が悪いのね」と変換して心に伝えてしまいます。

いい言葉より悪い言葉に反応する。いい言葉もフラットな言葉も悪い言葉に変換してしまう。

すると、ますます自分を責めるという悪循環になってしまうのです。

「郵便ポストが赤いのも私のせい」になってしまうわけです。

 

大げさに言ってしまうと「存在価値のないまま生き続けることの苦しみ」ということになります。

あなたは自分に「生まれてきてくれてありがとう」なんて言えるでしょうか。

この言葉、人には言えても自分にはなかなか言えないものです。

 

でも「人には言える」ということは、他の誰かはあなたのことをそう思っているとも思えませんか?

「存在価値がない」なんて、ただ自分が誤解しているだけなのです。

 

自分に自信がない、自分にダメ出しをしている自覚があるというあなた。

もし、その自覚以上に自分を責めているとしたらどうでしょう。

しかも、無意識にいつもその状態を続けているとしたら。

 

それはあまりにも自分に厳しすぎるって思うことはできませんか?

この「自覚以上に自分を責めているかもしれない」という自らの問いかけをしてあげるだけで楽になることもあります。

一度お試しください。

 

今回の記事がお役に立てたら幸いです。

 

(続く)

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

次の月曜日(6月13日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

― 今日のメッセージ ! ――――――――――――――

 

『大丈夫。』

 

大丈夫。君なら、大丈夫。

君の一番の味方の僕がずっと、ここにいるから。

だから、大丈夫だよ。

 

―――― There is always light behind the clouds ! ――――――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

― 今日のメッセージ ! ―――――――――――――――

じめじめした梅雨。

でもこれも自然の恵み。

感謝して過ごしてみます。
―――― There is always light behind the clouds ! ―

(テキスト:心理カウンセラー 安田 未稀)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

毎週木曜日は、心理学にちなんだお話をお届けするコラムをお届けします。

 

読んでほっとできたり、日常で使えるお話の連載です。

 

☆★☆名古屋・心理学コラム☆★☆

 

今日のテーマ:「かまってちゃん」

担当カウンセラー:はたのえり 

 

 

 

こんにちは♪ カウンセリングサービス はたのえりです☆

 

先日、次男が部活動中に鎖骨にひびが入るけがをしました。

お医者様に罹り、幸い、安静にしていれば治りますよ、との診断でした。

 

よかった、と安心しましたけれど、「安静にしていれば」治る、ですから、

当然、運動は禁止。真っ白な三角巾を首から下げ、

いかにも!の、ケガ人です。

 

息子は大変に不服そうな顔をしていましたけれど、

私はこっそり、「いいな~って思ってたな、昔」となんだか切ない気持ちを

感じておりました。

 

子どもの頃、「私のことを見ていてくれる人なんて誰もいない」そんな

気持ちを強く持っていた私は、「けがをしています!」と誰が見ても

分かる、あの三角巾が羨ましかったんですね。

あれをしていれば、みんなが気遣ってくれる。心配してくれる。

声をかけてもらえる。

そんな風に思っていました。

熱を出したらお母さんが心配してくれる、アイスなんかも買ってくれたり

してかまってくれる。そんな子供の心理も同じですね。

 

私たちは時として、これを成功体験として認識し、同じようなパターンを

繰り返すことがあります。

 

ケガをしたら・熱を出したら→しんどそうにしていたら、辛そうにしていたら

心配してもらえる、かまってもらえる。と学習するんですね。

 

「誰も私のことを見てくれない」

そんな誤解を持ったまま、大人になって寂しさを感じて誰かに構ってほしく

なったとき。

誰かに構ってもらう為に、しんどくなる。辛くなる。

ということを無意識のうちにしてしまう。

こんな事が起こったりします。

 

構ってもらえて嬉しい!と感じているうちは、まあ、よいでしょうね。

でも、構ってもらい続けるためには、どうしなければならないでしょうか?

「しんどくて、辛い、可哀想な私」であり続ける必要がありますね。

 

本当に、あなたのことを見ていてくれる人は誰もいないのでしょうか?

 

「可哀想な私」を受け入れてもらうのも大切ですけれど、

小さな子供の頃にしてしまった小さな小さな誤解を解いてあげることで、

あなたの人生が変わることも、ありますよ☆

 

素敵な1日を♪

 

 

 

はたのえりのプロフィール&ブログはこちらへ!

 

次回の「名古屋・心理学コラム」は6月23日(木)、池尾千里カウンセラーが登場します。

 

どうぞ、おたのしみに!

 

 

 

 

 

;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;

面談・電話カウンセリングのご予約は 

予約センターにて承ります。

  06-6190-5131   06-6190-5613

 受付時間 12002030
 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 

♪面談カウンセリング 名古屋・鶴舞

1時間 ¥10,800(税込)  2時間 ¥21,600(税込)

♪電話カウンセリング

45分×4回セット  ¥12,960(税込)

☆どなた様も45分初回無料カウンセリングをご利用頂けます。

 ♪カウンセリングメニュー♪

 カウンセリングサービス HP

;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;;+;。・゚・。;+;


 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分のハートにハグしよう【カウンセラー発!今日のハッピーメッセージ♪】#471

 

 

今日のメッセージ ! ――――――――――――――――――――

 

今日は自分のハートにハグしてあげよう。

 

こんなにがんばってるんだもの。

こんなに価値があるんだもの。

こんなに愛おしいんだもの。

 

そう思って自分のハートにハグしてみる。

それだけで、ハートが温かくなり、気持ちも楽になる。

 

――――――――――――― There is always light behind the clouds !

 

(テキスト:心理カウンセラー 池尾昌紀

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

No.107:ちょっとした謝罪の心理

講師:浅野寿和

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。

 

***

 

■特段、僕は謝罪の専門家としてカウンセラーをしている、というわけでもないのですが、いろんなご相談を伺う中で、謝罪についてお話することもあります。

 

特に対人関係やパートナーシップレベルでの謝罪って、面と向かった「罪悪感」のコミュニケーションになります。だからそこに強い「怖れ」が付随しやすいものです。

 

なので、うまく謝罪をしようと思えば、うまく謝っている人ってどうしているのか?どんな心理状態なのか?その辺りの具体的な方法も手に入れておくと、謝罪するときの怖れも軽減するかもしれません。


何より「勇気」なんですよね。

ちゃんと非を認めて謝る勇気。

でも、実際はこれが一番の難関になることが多そうです。

 


■多くの方が自分が何かしらミスをした、相手に迷惑をかけたとしたら「悪いな」とお感じのようなんです。

(「悪くない」という思いは、悪いの否定形なので、実は内面で悪いな・・・という、本音や愛情を感じている可能性が高いのです。)

 

そんなとき、なかなか素直になれないというお悩みをお伝えいただく方ほど、実は内面で「謝れないという罪悪感」を感じているケースって少なくなさそう。


いわゆる「言い訳」はそこから生まれます。


自分を正当化して罪悪感を打ち消そうとする心の動き。

これはいわゆる自分の心を守ろうとする心の作用ですけれど、多くの場合、実は内面で「怖れ」や「罪悪感」を強めるように働くことがほとんどです。

 

自分の感情を開放しているわけじゃないし、自分を許しているわけでもないので、余計に恐れや罪悪感が強まってしまうこともあります。

 

そこがまた、相手に「あなたはほんとうに悪いと思っているの?」と疑われる理由にもなりますしね。

ただ、自分が内面で罪悪感を強く感じているとき、人は「きっと私は責められる、罰される」という怖れを強く感じるもの。


心理学でいう投影の法則(鏡の法則)が心の働いて、「自分が罰されると思うように、人も私のことを罰そうとしているだろう」と感じてしまってより怖くなっていくものなんですよね。

 

 

だから素直に謝罪する勇気が最難関になるんですね。

そして勇気を持てない自分を、自分自身で責めてしまうので、更に苦しくもなるかもしれません。

 

 

■ただ、ちゃんと素直に非を認めて謝れる人は知っているんです。

 

「謝罪は相手への謝意・誠意を見せることだけではなく、時に、自分をも許す言葉なのだ」という部分ですね。


謝ることで感じる、怖れもストレスも屈辱感もあるでしょう。

でもそこを乗り越えて、謝罪する方がいます。


そういった方は謝罪をすることで、実は相手に誠意を伝えることもできれば、謝ることで、自らの「謝れない」という心の苦しさを開放し、「実はこう思っていた」という自分の中の本音を、もう一度解放することを知っています。

 

謝罪には、どこか自分の中にある罪悪感を自分で許す効果があるのです。


もちろんただ闇雲に謝ればいいってもんじゃありません。

謝罪したくても、何を伝えたいのか明確になっていなければ、あまり効果はないでしょう。

 

■また、傷ついた方も、その状態をずっとキープしていたくないものですよね。いつまでも嫌な気持ちを引っ張っていたくはない。

だから、嫌な思いは忘れたい、決着を付けたいだとか。もう許せるものなら許したいと人は思うことがあるのですね。でも許せない、忘れられないことで、また苦しむことがありそうです。

 

そう考えると誠意ある謝罪は、自分と相手を解放するもの、にもなりえます。

そしてお互いに謝罪を素直に行動し、受け取ることができる=お互いに自分の気持ちに素直になり、許し合うことができると、実はトラブルや問題から、とても親密な関係になれることもあります。

 

やっぱり謝罪も大切な一つのコミュニケーションなんですよね。

 

どこか丁寧に扱うべきことでもあり。

どこか「あなたの想いを誤解のないように伝えること」なのかもしれませんね。

 

 

今回は以上です。

 

来週は池尾昌紀カウンセラーが登場します。お楽しみに!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日のメッセージ ! ――――――――――――――


『青空』

晴れた日は、空が青い。

僕がどんな気持ちのときも、

それは、変わらない。


―――― There is always light behind the clouds ! ―――

(テキスト:心理カウンセラー はたのえり

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。