【名古屋】初回無料の電話相談。恋愛・結婚・離婚・浮気・不倫・仕事等、カウンセリングサービスにご相談ください

全国トップクラスのカウンセリング件数を誇る、カウンセリングサービス。名古屋・東海地区カウンセラーのブログです。臨床経験豊富なプロカウンセラーが、電話での初回無料カウンセリングも行っております。名古屋・鶴舞駅近くのカウンセリングルーム。



クローバーカウンセリングのご予約クローバー
お問い合わせ・ご予約は、カウンセリング予約センター(大阪)まで
電話06-6190-5131

センターの営業時間:12:00~20:30(月曜日定休日)

※なお、ブログに頂戴したコメントやご相談へのご返答は控えさせていただいております。ご相談は、電話カウンセリング(初回45分間無料)・面談カウンセリングをご利用ください。カウンセリングに関するお問い合わせは、予約センターまでお願いいたします。

テーマ:

kouza_title

 

No.152:「自分を責める」ことで得られるものがあるってどういうこと? ~自分の中の愛を知る~

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

普通に考えたら、自分を責めたいと思っている人なんていないと思いますよね。

そのことで得られるものがあるなんて、もっと、ありえないと思われるかもしれません。

 

表面意識上は、もちろん、そうなのですが、その下の意識では、自覚してないけれど、自分を責めたいと思っていることがあるのです。

 

単に自分を責めたいと思っているわけではなくて、自分を責めることで得られるものがあると感じているからなんですね。

 

得られるものとは何か。

 

一つ目は、復讐です。

復讐というと、何やら物騒ですが、これは自分を責めて苦しむことで、周りにいる自分のことを大切に思っていてくれる人を苦しめることができる、というやり方でやっていること。

 

例えば、親が厳しくて、甘えが許されなかった、みたいな場所、直接、親に文句を言えば楽なのですが、それが言えずにいる時など、その恨みつらみを晴らす方法として、自分を苦しめる、という方法を取ってしまうことがあるのですね。

 

これは、ほとんどの場所、無意識の行動です。

 

この感覚は、自分の罪悪感が元になっています。

自分はこんなに悪い奴なんだから、悪いことをして証明しようとする。

 

しかし、その下には、助けて欲しいけど、助けてと言えない、という思いが隠れています。

 

なぜ言えないかというと、自分は悪い奴だから、言う資格がないと思っているんですね。

 

 

二つ目は、こんなに自分は悪い奴なんだ、だから罰を受けないといけないのだ、という思い。

 

まるで自らに制裁を加えるように、自分を責めてしまいます。

 

強い罪悪感があると、自分を責めることで、せめてこれくらいの罰を与えると罪を償うことができる、そんな感覚なのです。

 

罪というのは、償いができたら、楽になれます。

 

まさに、この感覚なんですね。

 

こちらも、無意識にやっていることのほうが多い。

 

いずれにしても、すべては自分の罪悪感が元。

 

自分を責めることは、自分がいかに悪いかを実感できることでもあるんですね。

思った通り、こんなに自分は悪い奴なんだ。

この感覚が、時に甘美に勘違いすることもあるのです。

 

しかしながら、実は、これは、全くの誤解。

罪悪感を持っていることが誤解であるばかりか、罪悪感を感じる心というのは、自分の本質が愛である証拠なんです。

 

◎罪悪感は愛なくしては生まれない

 

こんなに自分は悪いのだから、と思って、誰かを攻撃することで、もっと自分を責める材料を集めたり、誰かに責められやすくする。

 

あるいは、まっすぐ自分を責める。

 

どちらも、罪を償おうとする気持ちから来ているとしたら。

 

それは、あまりにも真っ直ぐで、健気な心を持っていることに、ならないでしょうか。

 

愛の反対語は、攻撃ではなくて無関心。

 

愛がなければ、反応がありません。

 

罪悪感とは、愛があるからこそ、誰かや自分を責めることなのです。

 

まずは、いつも、気がつかない時でも、自分を責めたい気持ちが隠れていること、そして、様々なやり方で自分を責めてしまうことに気づいてみてください。

 

そして、その元にある罪悪感は誤解であること。

愛があるからこそ、罪悪感は生まれるし、愛が大きいほど、罪悪感は大きくなります。

 

自分を責める気持ちの大きさを感じたら、愛が大きいからかもしれない、そう自分に言ってあげてください。

 

真実は必ず心に伝わります。

 

今回のお話がお役に立てれば幸いです。

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(5月1日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.151:心地よさを感じるココロの距離は人によって違う、という話。

講師:浅野寿和


みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。


***


■今日は、親密感の距離の話から。

 
例えば、

『彼(夫、もしくは最近気になる人)は私のことどう思ってるんだかよくわからないんです。

近づいてきた、と思えば離れるし。仲良く接してたと思えば、急に忙しいだとか言われるんです。一体彼はどう思ってるんでしょうか?』

というお話が典型例なんですけれども。


■『心地よさを感じる距離は人によって違う』

当たり前といえば当たり前なのですけどね。

やっぱりその人の観念、今までのプロセス・バックボーンなどの違いから、あなたとは感覚が違うことってよくある話です。

人は人と近づくと何かしらの影響を受けるものですしね。

で、僕にいただくご相談の中で多いのは、なかなか近づいてきたかな?と思うと、何だか離れていく男性ってパターンなんですけどね。

それはおそらく「彼にとって心地よいあなたとの距離感」が、あなたのそれより「遠い」ということを意味していることが多いようなんですね。


簡単に言えば、あなたは1mの距離感がいい感じ、と思っていて。

しかし彼は5mの距離感がいい感じ、だと思っている。

すると、彼はこの距離感でいいと思っているけれど、あなたとしては不安だし寂しい。

 
そういったことが、実際にたくさん起きている、ということなんでしょう。


もちろんこの心地いい距離感が近いからどうの、遠いからいけない、といった話ではないんですよ。もしそうであれば、自らの心地よい距離感を持つこと自体が悪いことになってしまう。

そもそも、あなたが悪いか、私が悪いか・・・。そんな判断ばかり入るパートナーシップって、切ないですよね。積極的に持ちたいと思うでしょうか?


だから、こういった心理的距離感は、善悪ではなく、まず「そういうもの」という認識を持っておくってことが大切かな、と僕は思うわけです。
 

■さて、こういった、どこか遠い距離感に心地よさを感じる男性って意外と少なくなさそうなのですが。

ぶっちゃけて申し上げますと、この彼と付き合うと多くの女性は寂しさを感じそうですよね。だからまぁ彼の過去の恋愛は長く続かなかったのかもしれないけど?といういらぬお節介な発想を持ってしまう僕もいるのですけども・・・。

しかし、その男性が仮に「どうして恋愛がうまくいかないのか?彼女が怒っちゃうんだろう?」といった疑問を持っていた時、彼がどこか心の距離を取りすぎてしまうことに理由があると認識していない方も意外と多いのかなぁ、と思うんです。
 
例えば、僕は彼女に怒っていないし、優しくしているし、気遣いもしている。なのにどうしてうまくいかないのかなぁ?そんなご質問を僕が男性からお受けすることもしばしば、なのですよ。

それぐらい私たちにとって当たり前になっていることには、気づかないといいますか、問題意識を持つことは難しいのかもしれませんね。


■ということで、もし、あなたが「なんだか私と距離をとりがちな男性との関係でお悩み」ならば。

まず、あなたと彼の心地よい距離感は違うんだよね、ということを善悪判断は横にして受け止めることかな、と思うんです。

そこで愛されている感を推し量るのはやめてみる感じ。


とはいえ、つい推し量ってしまうものだと思うので、そうしてしまうことも責める必要はないと思うんですよ。

ただ、どこかあなたの中で、彼はあなたを愛さない、近づいてこない拒絶する人になってしまえば、あなたはきっとフラれる恐れ、彼に嫌われる恐れを感じて行動しますよね。

すると、あなたのココロの中では「彼は私のことが嫌いな人」という認識ができ上がってしまい、あなたはその不安を打ち消すために彼に対して関わってしまうことも・・・。

これが重い恋愛、彼に対してニーズをぶつけてしまう恋愛、あなたの不安が増大し愛情や自信が感じられなくなる理由になるので、僕はオススメしてないですね。
 
なので、まずは彼はそ~いう人、というシンプルな認識を持ってみることを僕はオススメしています。



次に、心地よい距離感が遠い人ほど、何かしらの「知られたくない自分」を持っている可能性が高いんですね(あくまで可能性ですけど)。

コンプレックス、誰にも話したことがない失敗感、秘密、寂しさや分離感、過去のハートブレイクなど、なにかしら隠しいておきたい、人に触れられたくない何かを持っている可能性があります。

だから無理に距離を詰めると怖がるわけですね、彼が。

そんな場合は、二人が一緒にいる機会や、何かしら会話できる時間があるなら、そこでできる限り普通に楽しくしているほうがいいですよね。

あなたと一緒にいる時間が楽しい、安心できるものであれば、彼もゆっくり心の距離を詰め始めますから。

その上でぶっちゃけた話ができると、より良い関係になれるんですけどね。

だからあなたが凛として、「彼との時間を楽しむこと」は、意外と何を考えているのかわからない男性には有効だったりするんですよ。

彼はよくわかってないけど?、でもあなたがごきげんだから彼も楽しめたりしてね(笑)

そこからゆっくり心を開き始める男性もいるとかいないとか。

そのために、あなたが自分軸をしっかり持っておく。

彼に気にいられようとする思いより、あなたが「彼が好き」という気持ちを軸にする。

人によっては、そう思うことが「若干厚かましい?」とお感じかもしれませんが、それはあなたの関わりへの恐れの裏返しかもしれないですよー。どこか人に嫌われたくないという思いが強い人ほどそう感じます。

だから、あなたがビビって相手の顔色をうかがっていると、何故か彼のペースになりすぎるので要注意ですね。

あなたの好きに自信を持って彼との時間を楽しんで、で、あなたが違うなぁ・・・と思うなら、次に行っちゃっても・・・ねぇ?


まぁ、それぐらいの自信、自己価値は持っておきたいですね。そうであっても怖れを感じやすいのが恋愛ですからね。


今回は以上です。次週は池尾昌紀カウンセラーが登場します。お楽しみに。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「カウンセリングってどんな感じなのかな?」
「カウンセラーってどんな人?」
「あのカウンセラーに会ってみたい!もっと知りたい!」


そんなみなさまの声にお応えした、カウンセリングサービスからのプレゼント企画!
それが『カウンセラーズ・フェスタ』です。

 

『カウンセラーズ・フェスタ』では、1日に6名前後の人気カウンセラーが、自身の体験談や、心理学やカウンセリングを通して学んだHappy!のヒントを、講演形式でみなさまにお届けいたします!


また、休憩時間やフェスタ終了後の打ち上げでは、参加カウンセラー達とご自由にお話をしていただけます。

 

1日3,150円で出入り自由のフリーパス制となっておりますので、お好みのスタイルでお楽しみください。
※打ち上げへのご参加は別途割勘での精算となります。
※7歳未満のお子様は無料で入場していただけます。

 

一度にいろんなカウンセラーに会える!話せる!聴ける! とってもお得なチャンスです!

あなたにフィットする、お気に入りのカウンセラーを見つけてみませんか?

 

 

名古屋カウンセラーズフェスタ

『 現役心理カウンセラーでもハマった人生の罠 』

 


日時:2017年4月15日(土)10:00~17:40
会場:(名駅)愛知県産業労働センター・ウインクあいち
交通:名古屋駅より徒歩5分
料金:¥3,240-(税込)
  ※出入り自由の1DAYフリーパスです。
  ※打ち上げへのご参加は別途割勘での精算となります。(飲食代3,000円程度)
  ※参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り、お一人まで無料でご参加頂けます。
※本会場は、食べ物持ち込み厳禁となっております。ご昼食・ご休憩などは会場付近の飲食店をご利用ください。

 

お申し込みフォーム>>>

to_register.gif

 

タイムスケジュールが変更になっております。
ランチタイムがゆっくりになりました。
午後からのスケジュール、是非ご確認くださいませ。(2017/4/8)

 

*****

 

<メインテーマ>

今回のフェスタのテーマは、こちら。

『 現役心理カウンセラーでもハマった人生の罠 』


自分なりに一生懸命頑張ってきたつもりだけど、いつも同じ悩みを抱えてしまうことってないでしょうか?

社会に出て人と関わる中で、どうして私は自分らしくいられないんだろう。緊張したり不安になってのびのびできないなと思ったり。嫉妬されやすいことに悩んだり。


自由になりたいのに、仕事、恋愛、家族、色んな関係性の中で窮屈さを感じることもありますよね。
また、尽くしすぎてへとへとになったり、恥ずかしくてぶっきらぼうになってしまって、恋愛がうまくいかないなと思うことはありませんでしたか。


ある程度恵まれていて、友達もいるのに、なぜかいつも寂しいと感じることもあるかもしれません。パートナーがいる、子供もいる。だけど満たされなくて、何か諦めている感じが自分の中であったのなら、どうしてなのでしょう。

 

それは、あなたのパターンかもしれません。

人生の中では、ハマりやすい心理的なポイントというものがあるのです。
 

今回フェスタに参加するカウンセラーは、自己表現、ハードワーク、寂しさ、パートナーシップ等、それぞれ自身の持つ悩みに向き合い、乗り越えてきました。

 

悩みの真っただ中にいるときというのは、自分を客観的に見ることがなかなか難しいものです。でも後になってみると、「あぁ~!私の悩みってそういうことだったんだ!」という気づきがあります。カウンセラー自身の経験からみても、多くの臨床経験からみてみても、私たちには、ハマりやすい「心の罠」というのが存在します。


今、悩みをお持ちの方は、問題を解決するヒントをお持ち帰りいただけますし、今は特別な問題があるわけじゃないという方も、ハマりやすい心理を知っておくことで、今の自分を振り返り、今後に生かしていただくことができます。

 

講演者は、日々クライアントさまのご相談を受け、カウンセリングを続けている現役の心理カウンセラーたち。臨床経験を数多く積み、名古屋地区を中心に活動している7名の女性カウンセラーたちでお贈りします。

 

今回は、そんな現役心理カウンセラーでさえもハマってしまうような、誰もがハマりやすい心の罠を、カウンセラーと一緒に学んでいただこうと思っています。

 

あなたはもっと幸せになっていいのです。

本物志向のあなたに、ぜひお越しいただきたいと思います。


* * *


<参加カウンセラー>(五十音順)

名古屋地区:池尾千里 紙谷まみ 重石ゆうこ 高見 綾 仁和(庭野)智美 服部希美 吉田ちか


 

<当日のイベントご案内>

 

⬛︎7名の現役心理カウンセラーによる講演、全7本!
現役心理カウンセラーでもハマっちゃう?!そんな「罠」っていったいどんなものなのでしょうか。
名古屋地区を中心に活動している、個性豊かな女性カウンセラーがお贈りする講演です。
是非、お越しくださいませ。

 

⬛︎イベントタイム「自己価値UPに効くグループエクササイズ」
ワークショップなどでやることの多い実習を、小さなグループに講演カウンセラーを入れてやってみたいと思っています。自己価値UPにも効くプチエクササイズ、お楽しみいただけると思います。実習で使ったカードは、もちろんお土産にお持ち帰りくださいね。

 

カウンセリングサービスの歩き方
ご来場くださったお客さまに、カウンセリングサービスがご提供しているアプローチをご紹介します。カウンセリングの他にも、いろんなタイプのワークショップを開催しています。こんな方にはこんなおすすめなど、ご提案させていただけたらと思っています。

 


<当日の講演タイムスケジュールご案内>

タイムスケジュール、変更になっております。
是非、ご確認くださいませ。(17/4/8)

 

★10:00~10:20 <オープニング>

 

10:20~10:50 講演1・高見 綾 『「嫉妬されやすい×人付き合いが苦手」なあなたが陥りやすい罠』
11:00~11:30 講演2・吉田 ちか 『モテ期到来!浮かれた私に来た本当のレッスン』

 

★11:30~13:00 <お昼休み・90分>

 

13:00~13:30 講演3・池尾 千里 『自立の果てのデッドゾーン 〜パートナーシップトラップ編〜』 
13:40~14:10 講演4・仁和(庭野) 智美 『超ウルトラギガ・ハードワーク人生を脱出するために大切な3つのこと』 
14:20~14:50 講演5・紙谷 まみ 『失っていた"自分"を取り戻した私の話』

 

★15:00~15:50 <イベントタイム・50分>

 

16:00~16:30 講演6・重石 ゆうこ 『もう、無理にポジティブに生きようとするのをやめませんか?』 
16:40~17:10 講演7・服部 希美  『さびしさ』が教えてくれた、「本当に」大切なこと』

 

★17:10~17:20 <エンディング・10分>

★17:20~17:40 <カウンセリングサービスの歩き方&アンケート・20分>

★18:00~20:00頃 <懇親会・120分>
会場近くのお店です。ご都合よろしければ、是非ご参加くださいませ。


皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
またこちらに、順次、新しい情報を掲載していきますので、
お楽しみになさってくださいね。

 

お申し込みフォーム>>>

to_register.gif

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.150:「手放す」そして「手に入れる」~弱音を吐けない、甘えられないあなたのために~

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

「手放せない!」と悩んでいる方、多いのです。

 

手放すというと、真っ先に思い浮かびやすいのは「別れた彼を手放す」などの失恋の苦しみから抜けていくことではないかと思うのですが、手放すテーマがあるのはそれだけではありません。

 

例えば「夫を手放す」と言った場合、離婚することになったので、夫への未練を手放す、ということだけを意味するわけではありません。

 

「夫に離婚を切り出された私。夫とやり直したいからこそ、今までの夫との関係を見直して、この先に進みたい。そのためにも、一度、夫を手放して、自分にとって夫の価値を知っていく」

 

こんなケースもあるんですね。

 

手放しが必要なものは、パートナーシップはもちろん、いろんな場面にあります。

 

・夫が無愛想で話を聴けないことが許せない。期待を手放したい

・元彼を手放して新しい恋を始めたい

・婚活がうまくいかないのは結婚への理想が高すぎるからだと気付いた。それを手放したい

・いつも不機嫌な夫から、原因は私が実家の母に甘えすぎていると言われショック。これが癒着ってやつ?。母を手放したい。

・素直でいい子だった娘が突然、海外で働くと言いだし、毎日大泣き。娘が手放せないってこと?

・希望どうり転職したが、新しい会社に失望、元の会社への思いが募るのを手放したい

・大学受験に失敗、第二志望の大学に進学したが、社会人になって母校が話題になる度に苦しくなる。失敗や学歴を手放したい

・突然の異動。前のセクションでのやり残しが気になってしょうがない。今の部署でのモチベーションが上がらないのをなんとかしたい

 

こんなにたくさんのケースがあるんですね。

 

手放しについてのケースを具体的にリストアップしていくと、気がつくことがあります。

それは、

 

こんな風に考えていったら、手放しが関係ないことなんてないじゃん!

 

ということ。

 

そうなんです。

手放しというのは、執着を手放すということ。

人である以上、何かに執着してしまうのは、当たり前のこと。

 

手放すための第一歩は、執着は誰でも何にでもするものなんだから、執着している自分を認めてあげる、ということなんです。

 

そして、執着を手放すのには目的があることを知ることです。

それは、自分が幸せになること。

誰かや何かのために手放すわけではないのですね。

 

例えば、夫に離婚を切り出されたけれど、絶対に離婚したくない!という悩みを抱えていたとします。

こうした時は、喪失感の怖れから、夫が離れていくことに執着してしまうものですが、そうなってくると「夫が離れていかないこと」だけに意識が集中し、視野が狭くなってしまいます。

夫さえいれば何もいらない、みたいに思えてしまうのですね。

 

でも、夫が離婚しないでそばにいてくれたとしても、会話もない、冷たい関係性が続くだけでは、苦しいばかり。

大切なのは、自分が幸せを感じられるかということなのです。

 

「夫が離れていかないこと」ではなく「自分の、お互いの幸せ」をゴールに設定した時。

視野は大きく、心は自由になれます。

 

・もしかしたら、離婚した方がお互いの幸せにいい方法なのかもしれない。

・お互いが幸せを感じられる関係性を作るために何をしていけばいいのだろう。

 

こんな風に、現状を変えていける勇気や、そのための具体的な方法を探したり、考えたり、行動に移していける力を得られるようになるのですね。

 

◎一番手放さなければならいのは「自立という生き方」

 

手放しには様々なケースがありますが、実は、どれも最も必要な手放しは共通していることが多いのです。

 

誰かや何かではなく、自分の生き方を手放すこと。

それは「自立という生き方を手放す」ことです。

 

自立することは大切なことですが、ここでいう自立とは

 

・我慢しすぎる

・弱音が吐けない

・一人でやってしまう

 

こと

 

執着というのは、何かに依存してしまっていることですが、問題なのは依存ではなく、そこまで依存してしまうほど、それ以外のところでは自立していることを表しています。

 

「弱音を吐けない、甘えられない」

 

仕事や物事を成し遂げるのには大切な心構えですが、やりすぎてしまうと人を寄せ付けなくなります。

人との心の距離が遠くなってしまうのですね。

 

元になっているのは「自分は愛される価値がない」という思い。

それを感じないようにするために有効なのは「誰にも頼らなければ傷つかない」というやり方。

だから一人で生きていきたのです。

 

しかし、この生き方では心が持ちません。だから何かに依存し、執着してしまう。

依存や執着をどうにかしようとするよりも、大元の一人で生きることをやめることが大切なのです。

 

「弱音を吐けない、甘えられない」

そんなあなたにこそ、知ってもらいたい視点です。

 

こんなにまで一人でがんばって生きていこうとしてきたことを思えば、何て「健気」なんだと思いませんか?

 

まずは、手伝ってもらう、頼りにする、助けを求める、弱音を吐いてみる。

小さなことでいいので、そこから始めていきましょう。

 

自分の健気さを認めてあげて、一人でがんばらないで、誰かに助けを求めたり、協力していく生き方をしていくことで、手放しは進めていくことができるのです。

 

今回のお話がお役に立てれば幸いです。

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(4月17日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.149:あきらめない心をもつために ~人の意見に振り回されないようになりたい!~

講師:浅野寿和


みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。


***


例えば

今が正念場、別れない、もう一度パートナーにコミットする。

家族・お子さんを持つことにコミットする。

今ある仕事にコミットする。

あなたの未来の幸せにコミットする。


そんな時、

あなた自身がいろんな話を調べて、聞いて、学んでみて・・・

んー・・・一体私はどうしたらいいのか?と悩んでしまう。そんなお話も伺います。



そんな時、僕は

「いや、あなたが『本気になれること』に、感覚的に触れちゃえば、あなたがしたいことはスゥッと明確になると思いますよ。そこまで僕でよければがっつりサポートしちゃいますけど、どうですか?」

なんてお話することがあります。


ただ、そうは言っても迷ってしまう、諦めそうになる、人の意見に振り回されちゃうってこともあると思うんですね。

ということで今日のコラムは「振り回されないココロ」について。


・・・ちなみに僕もまぁ嫌いじゃないですよ、根性論(笑)

ただ、根性論が意思の力なら、もっと別の方法で意思を持つことも可能なのではないか?と思うんですよね。


■さて、僕は「あきらめない心」「振り回されないココロ」っていくつかの要素でできていると思っているんです。


◇「自分の意思」

時にそれが孤独を伴ったとしても、決められるのは最後は私ですし。地に足をつけるためには自分の思いに素直になること・・・また、あなたの感情的な要因でバイアス(偏り)がかかっていないか?をチェックするといいですよ。
また悩みを誰かに相談することはとてもいいことですが、最後まで誰かに決めてほしいは「まだあなたの不安が続く」というサインかも?そこは要注意ですね。


◇「周囲の応援」

時にそれが「一体何を分かってくれているんだ?」と疑問を持ったとしてもです。一人で生きてるわけじゃないことがわかるとすごい楽で安心!あなたが思うように生きているように、人もその人が思うように応援するんです。受取上手になれば無敵の道がひらけます!


◇「あなたのプロセスを信頼すること」

時に自分はどうしてこんな目に合うんだ?と感じたとしても、起きることは完璧。むしろあなたがその出来事の意味に気づくまで、何度も同じような悩み、出来事が起きるんですよ。


◇「自分の才能・できることを見る」

時に、諦めそうになって「私には力がない」と嘆きたくなっても、です。才能も魅力も価値も不変です。なくなったように感じる、と考えて見るんです。そう思えなくてもいいので。すると、どれだけのエゴがあなたを責めてフルボッコにしているかが見えてきますよ。


◇「罪悪感を選択しない」

「私が悪い・私には無理、誰かが悪い、何かが悪い」と思えば、あなたは前に進まなくていいわけです。そのネガティヴなの法則から抜ける。そのままほうっておくと、幸せどころか虚しさにやられちゃいますよ。


◇「不安だ、辛いんだと表現する」

確かに愚痴ばかり言っていても辛くなるだけで、時には不安や辛さをぐっとこらえて勝負することも必要です。が、そうじゃないときのほうが圧倒的に時間としては多いはず。普段から恥じず、怖れず、不安なことを不安だと言えると、心はスッキリしますよ。


◇「自分の失敗を許容すること」

どれだけ熟練の職人さんでも、若い頃は失敗の連続だったのでは?と思うんです。なら、人は失敗するんですよ。それが普通。
失敗することが苦手な人ほど、責任感が強かったり、人からバカにされたり怒られることに敏感な傾向がありますが、それは「どうしてそうなんだろう?」と考えていくことで、ある程度楽になれることもありますよ。


僕はざっとこんな感じだろうな、と思っています。

まぁこのテーマを連続でワークショップにしようかしら?と思うぐらいですけれども。


そして最後に・・・

◇「一人だけ勝とうとしない(一人で頑張らない)」

結局、罪悪感が強くて人との関わりを遠慮しすぎたり、一人だけ満たされればいいと考えるケチ思考は、つながりを切っちゃう(親密感・信頼感を切る)事が多いので逆効果なことが多いです。それが「好き」と言うならば別ですが・・・。

誰かと共に勝つ、共に幸せになる、幸せを分かち合うことがキモかな、と。それができなかったから、恋人、ご夫婦の間、職場や友人関係で、いい関係性が培えなかったということもあるんですよ。

だから、今、あなたが、どんな人と出会い、どんな人に刺激を受け、どんな事を学び、どんな人の支えがほしいか?なんですね。

それを実現するのはあなたの勇気、ですよ、きっと。

私が誰か人と会い、助けてもらう価値を考えたり、相手に迷惑かけるんじゃないか?といった遠慮が出るなら・・・それこそが罪悪感ですね。
 


ま、いろいろ書きましたが、結局は「あなたにとって自分は自分でいいと許可が降りる」・・・

簡単に言えば、なんだかんだ言って自分が好きだよ、って思えたら、終わりっちゃー終わりなんですけどね。

すると、あなたが「自分の感じていることに信頼がおけるようになる」のでね。



来週は池尾昌紀カウンセラーが登場します。お楽しみに。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.148:アカウンタビリティー(責任の概念)と夫婦関係(3)

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

自分を責めない、相手を責めが、誰も責めない。

 

すべては自分の選択の結果であるという「アカウンタビリティー」は、結局のところ、誰も責めないということを表しています。

 

私たちが、パートナーシップに問題がある時。

 

それは、たとえ相手の言動や態度が悪かったとしても、それは自分の問題であったりします。

 

それは、相手の言動とは別に、実は相手のことを信頼できていないということであり、同時に、それは自分自身をも信頼できていないことを示しています。

 

信頼できない相手とやっていけるはずがないという思いの下には、信頼できない自分自身とやっていける相手はいないという思いを隠しているのです。

 

これは誰も信頼せず一人で生きているということ。

自分すら信頼できないからこそ、誰も近づけず、誰にも頼れない生き方。

この生き方は本当に辛い。

 

でも、そのために、自分のパートナーは愛されていると感じることができず、悪い態度になったり、はなれていったりしてしまうのです。

 

しかし、相手のせいでもなく、自分のせいでもなく、誰も悪くないと言う視点に立つ時。

それは、相手を、自分自身を信頼できているということになります。

 

この時、ひとりで生きるやり方から、誰かと共に生きる生き方に変えていくことができるのですね。

 

誰かと共に生きる、チームを組んで協力してやっていく。

こうした生き方を相互依存と呼んでいます。

相互依存は、今ではビジネスの中でもよく言われている言葉です。

 

アカウンタビリティーは、誰かと共に生きる生き方を手に入れていくために大切な考え方なのです。

 

誰のせいにもしない、自分を責めない、自分が選択した結果であると自分に責任を取っていく。

 

アカウンタビリティーは、罪ではなく、愛を見る視点なのです。

 

誰かのせいにしないということは、相手の中に愛を見るということ。

自分を責めないということは、自分の中に愛を見るということ。

 

そう考えていくと、パートナーシップというのは、相手を責めずに、自分の中に原因があって、それを改善していくための成長や、ベストを尽くしていくという生き方を選択していくことで、相手の中にも、そして、自分の中にも愛を見ていくことができるという考え方になっていきます。

 

相手のせいにもせず、自分を責めないで、愛を見続けていく。

そんな風に自分が決めてことができたら、パートナーシップを育んでいく中で、大きな学びと成長と愛のストーリーを積み上げていくことができるのです。

 

今回のお話がお役に立てれば幸いです。

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(4月3日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.147:「やっぱり夫に変わってほしい」という思いが消えませんというケースの処方箋

講師:浅野寿和


みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。


***


 ■『夫の浮気発覚。

それからカウンセリングなどを使いながら、私なりに夫婦関係をより良くしようと努力してきました。

しかしやっぱりココロのどこかで、夫に対しての怒りが消えないんです。

そして、「夫に変わって欲しい」という気持ちが消えません。

どこかで相手に変化を求めても、それは難しいことなんだとアタマでは理解しているんですが、気持ちがついていかないというか・・・。

そんなときはどうしたらいいんでしょう。やっぱり相手に変わってほしいと思う私がいけないんでしょうか?』


こういったお話、確かにいただくわけですけど。

ま、僕としては『そりゃー夫に変わってほしいと思いますよね』という感じです(笑)

なので、その気持ちを闇雲に禁止することを僕はオススメしているわけではありません。

ただ、心理的な答えとしては『相手に変化を求めてもあまりうまくはいかない』です。

なので、じゃ一体どうすればいいの?という話につながっていくわけですけど。


■こういった話は常に無力感・無価値感とつながっているんですよね。

どこかで『私の思いや努力は相手に伝わらないのではないか?』という前提条件があるケースって少なくないんです。

これ、私がいい女、悪い女という概念を飛び越えて、『相手の気持ちを掴んだり、動かすだけの魅力や価値が私にはないのではないか?』という疑いみたいなものなのですけれど。

そしてこういった感覚って、浮気問題が起きる以前からその内面にあり続けているケースも少なくなさそうです。


なので、こういった心のあり方があると、どうしても『刺激』を求めがちなんです。

典型的な感覚は

『もっと私を見てほしいし求めてほしい』といった気持ち。


それ以外にも

劇的な変化・ドラマティックな展開を求める気持ち、とか。
メッチャメチャ頑張れば状況が改善するという信仰、とか。
性的な魅力さえあればいいのではないか、とか。

そう思うことで現状を変わるんだ、といった認識を持ちやすいといいますか。


僕は基本的に、深い夫婦のつながりって、親密感・安心感・一体感によってもたらされるものであり。

そう考えた方が、よりロングランできる、強いロマンスがやってくると考えています。

刺激は何処かで、日々のストレスや罪悪感・ハートブレイクといった痛みを忘れさせるものであることが多いので、強い刺激によった一時的な欲求の解放が、深いつながりを作り続けるとはあんまり考えていません。

そもそも刺激を求めることって、今のモヤモヤ・辛い気持ちから逃れたいといった意味合いが強いと思うんですね。


むしろ、この刺激的な何かがあればいいという発想がパートナーに投影されると

『私に女としての魅力も刺激もないから、パートナーシップがよりよくならないんだ』

とおった発想にはまり込む恐れもあるので、んーちょっと回避したいところですね、と考えるんです。


もちろん、それが良い悪いって話ではなく、無力感や無価値感がある場所では、そう感じるものですよね、というお話です。


■とはいえ、僕自身、女性としての魅力、愛されている感、性的な魅力を持つことや、その部分を内面から開発することに否定的な思いなんて、びた一文持っていないです。

が、無力感や無価値感を持っているがゆえにそこにこだわってしまうことは、まぁバイアス(偏った)がかかった発想かもしれないなぁ・・・とは思います。


なので、僕のカウンセリングでは、こんなお話をさせていただきます。

「『やっぱり夫(相手)に変わってほしい』

そう思う気持ちは否定されるべきではないと思うんですよね。

けれど、そう思うことは、私の無力感や無価値感を肯定して変えない選択肢をとることであるとも言えるんです。


それってあなたにとってメリットのあることなのでしょうか?

いや、むしろ、あなたはそんな無力感や無価値感にふさわしい方なんですかねぇ?

僕はそう思わないし、そもそもはパートナーさんもそう思っていなかったから一緒にいるのではないでしょうか?

であるならば・・・あなたにとって最もメリットのありそうな選択肢は

『私は私として素敵な人』

と感じられるまで、ココロを癒やすことなんでしょうね。

そう簡単に、あなたがあなたを見くびってもらっちゃー困りますねぇ(笑)』


そんなお節介な話をしれっとさせていただくわけです。


ということで、相手に変わってほしいと思った時は

『自分や相手を責めるのではなく、自分って素晴らしいと思う時』

そう僕は思うわけでございます。


来週は池尾昌紀カウンセラーの登場です。お楽しみに。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.146:アカウンタビリティー(責任の概念)と夫婦関係(2)

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

 

アカウンタビリティーとは、何か問題がある時、それは自分の責任という考え方。

自分に起こることの全ては、自分の選択の結果であり、他の誰かの責任ではない、という考え方のことです。

 

具体的には、自分の目の前にある問題が解決しない時、次の態度もしくは状態にあると考えてみます。

 

(1)ベストを尽くしているか

 問題を解決する力があるにも関わらず、その問題が解決していないのだとしたら、ベストを尽くしていない(怠けたり、手を抜いている)状態です。

 ベストを尽くすというのは、自分自身しかわかりません。

 本当にベストを尽くせたのか?もっとできることはなかったのか?自分にそう問い続けることで、私達は成長していけます。

 ベストを尽くすと、爽快感、達成感、満足感、充足感などの素晴らしい感情で満たされていくのです。

 

(2)力がまだ備わっていない

 ベストを尽くしているのにも関わらず、その問題が解決していないのであれば、その問題を解決するだけの力がまだ備わっていないと言えます。

 問題から学び、問題を解決できるくらいに成長することが必要です。

 私達の前には、解決できない問題はやってこない、と言われます。

 プライドや意地、見栄などは横に置いて、謙虚に素直に学ぶことが大切です。

 問題解決の方法は「自分の頭の中にはない」ということを謙虚に受け止め、誰かに教えてもらい、学ぶ必要があります。

 

◎アカウンタビリティーを進めていくために大切なこと

アカウンタビリティーを進めていくために大切なことがあります。

それは「自分に厳しすぎていないか」という視点を持っておくことです。

 

自立している人にとっては、特に自分を依存と勘違いしている人にとっては、アカウンタビリティーを自分を責める材料にしてしまうことがあるからなのです。

 

問題を解決する力がない、もしくは、ベストを尽くしてきたかという視点で自分を振り返ってみたとき、できない自分を責めてしまっては、そこで立ち止まってしまうことになります。

 

例えば、前回の話「パートナーが文句ばかり言って苦労している」という問題の場合。

 

これをアカウンタビリティーの視点でとらえ、問題の原因を自分に求めていく時。

 

「パートナーが文句ばかり言っている」→「私にも何か原因があるのではないか」

→「自分に何かやれることはないか」

 

このように進めていくわけですが、「私にも何か原因があるのではないか」というところで、過去の後悔や罪悪感にはまってしまい、心が「自分を責める」モードになってしまうと、心がここで止まってしまい、次の「自分に何かやれることはないか」という行動に移せなくなってしまうのです。

 

「問題をかけする力がないこと」あるいは「ベストを尽くしてないこと」という視点で考えるのは、ここで学び、成長し、次の行動に移すためのこと。

自分を責める材料探しのためではないのです。

 

アカウンタビリティーは、物事も全て自分の責任であると言う視点ですが、自分を責めると言う意味ではありません。

 

アカウンタビリティーを使うときに最も大事なのは、自分を責めないということなのです。

 

(続く)

 

今回のお話がお役に立てれば幸いです。

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(3月6日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


kouza_title

 

No.145:パートナーシップと罪悪感とアカウンタビリティの話

講師:浅野寿和


みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は浅野寿和が担当します。


***



■今日はとても大切な話を書きます。なので今日はとても長いですがお付き合いください。


私たちの学ぶ心理学で言うところの『アカウンタビリティ』とは、「責任の概念」と呼ばれるものです。一般的には「説明責任」と訳されることが多いのですけどね。

これを一言で言えば、『私達に起こることの全ては自分自身の責任の結果である』という考え方です。

もっといえば、『私たちに起こることの全ては、自分自身の「選択」「感情の影響」「観念の影響」などを受けた、私自身の起こす行動の結果である』という考え方です。


また、アカウンタビリティの概念を用いて考えていくと。

もし、今、あなたにパートナーシップの問題があり、それが解決しないとしたら

○あなたはベストを尽くしていない。

○あなたが今の問題を解決するにはパワーや知恵が足りなくなっている、または、感情的なブロックがある
 
あなたは、この二つのうち、どちらかの態度・状態にあると言えます。


えぇ、鬼のような言葉・法則だと思いませんか?

文字だけ見ると、あんたが悪い・・・と言われている気になりますね(笑)


しかし、この法則をじっくり見つめてしっかり用いると、問題解決のためにあなたが取るべき選択がゆっくり見えてきます。

そして、あなたは『誰かのせい』『何かのせい』にする必要が無くなり、意識の面でも、潜在意識に潜む『罪悪感』の影響から解放されます。

コレが何よりも大きなことなんです。


いいですか、このアカウンタビリティの概念を使うと、あなたは『罪悪感』から解放される。

コレは大きなメリットのある考え方であり手法だと思いませんか。



■さて、僕はカウンセリングをさせていただいていると、いつも思うのですが。

特にパートナーシップレベルのお話であれば、

あなたが『誰かによって許され、受け入れられていること』

または

あなたが『誰かを許したいと心の何処かで願っていること』

そんなケースが圧倒的に多くないですか?

 
例えば、「 パートナーと喧嘩してひどいことを言った」としましょう。

それで関係が終わるならなるほど、と思うのですが、多くのパートナーシップはもう一度許し合ったり、一緒にいる時間を過ごしていないでしょうか?

だとすれば、あなたも相手もお互いに許しているということになります。

しかしどうでしょう。

あなたやパートナーが『お互いに一緒にいたいと思ってる』と実感できない時、どんな関係性になっていくでしょうか?


例えば、パートナーとのケンカの結果、こう思われる方がいないでしょうか?

『いやいや、相手も酷いことを言ったからね。私だけが悪いわけじゃない。だって喧嘩する原因は相手にもあったしね。』


そりゃそうでしょうね。

じゃなきゃケンカなんてしないでしょうしね。


でもね、あなたがここで「相手も悪いしね」もしくは「自分が悪かった」とだけ表現するのか。

それでも「そばに居てくれてありがとうね」と表現するのか。

この選択の違いで、『あなたの罪悪感が強化されるか』、『愛や許しが強化されるか』の違いが出てきます。 


どこかで自分のミスを認め、許し、訂正し。

その上で、「相手に感謝できる状態」って、罪悪感を選んでいない感じなんですよね。


しかし、どこかであなたが罪悪感を選びつづけると、「何が悪くて、何が正しいのか?」という発想にとらわれてしまうので、何かにケチを付けたくなったり、自分を責めてしまうことが増えます。

すると結果的に、あなたの愛情のチカラが不足したり、パートナーシップでも『自分ではムリだ、愛されないし、愛し抜けない』といった感覚を持つようになりがちなんです。

そこでは、私が愛されるにふさわしい存在だと思う材料がない感じになりますので、更にパートナー同士が向き合えなくなります。

そして二人の関係に溝ができたり、微妙な距離感ができ。その結果、浮気や不倫などの問題が起きたりもしますよね。

僕はそう『問題』を見つめるんです。コレがいいかどうかは別にして。



■しかし、もし、あなたのパートナーシップの中で問題があったとして。

『これは私に対するどんなメッセージなのだろう』

アカウンタビリティの概念を上手に使って、そう感じ。

自分に愛があるという仮定でもいいので、そう思い。

自分を許し、大切にし、本当に愛ある行動を選んでいくと。

『私にはできることがある』

『私にはまだ愛するチカラが残っている』

『私の存在は素晴らしい』

『私の思いにウソはなかった』

そう自分を許し、ベストを尽くす方向に進めます。

あなたにもし力不足感があるなら、自分を責めず、知恵や方法をつけようと思えるでしょう。


もちろんそんな都合のいい話ないよね・・・と思うかもしれません。

でも、都合よく聞こえるのが、今のあなたの感覚。

ならば、そこから抜け出すこともできるのかもしれない。もちろんアナタ次第で。

そして、あなたが自分を許して、パートナーに愛を向けて接することができれば、前にすすめることって意外と少なくないんですよ(^^)


無論、パートナーシップで起きる問題はとても繊細。

だからこそ、確かに愛する人に愛されない痛みや悲しみはあるかもしれないです。だからすぐには難しいこともあり、そんな場合はまず、その心のケアを優先させる方がいいと僕も思います。

ただ、この方向に進めれば、パートナーとの関係で「あなたの価値・魅力・尊厳」を全て失うことはないはずです。

あなたにとって『間違った愛し方』があったなら訂正をすればいいだけですしね。

だから、あなたのプロセスがどんな方向に進んでも『次に繋がる』んです。



なので、僕のカウンセリングのスタンスは基本的に『あなたは素晴らしい』という部分から見させていただくことが多いです。


きっとあなたはパートナーさんを愛しているしい努力されてきたのかもしれません。

しかし、あなたほどの方がどうしてそんなに『自分を追い込んでしまっている』のでしょうか。


そう見させていただく事が少なくないですね。


もし、あなたが今、素晴らしい私に近づけば、あなたは楽になるし、ココロは自由になるし、もっと上手に人を愛せますよ、きっと。


そう思うと、僕は、コレ以上『自分をちっぽけなものにしない』ためにアカウンタビリティの概念はあると思っています。

それは、あなたを責めるものではなく、あなたの気持ちをセンタリングしてくれるものであり。

あなたを今以上、これ以上傷つけないための、心の支えにもなり得ると思うんですね



■ただ、僕はこうも思います。

「僕達の心は、いつもどこかで『弱さ』を抱えている」


目の前に問題が横たわり、それを乗り越えることが辛いと感じたとき。

僕達は、その問題を投げ出し諦めたり、誰かのせいにして嘆いたり、何かのせいだ、何かが悪いと言い放って、その後も素知らぬ顔をしてしまうことだってあるでしょう。

そんな私もいるかもしれない。

ただ僕は、その「弱い自分」を嫌う必要もないのかもしれないなとも思います。

きっとその弱い自分だって「願い」を持っているはず。

何かがしたくて、うまく愛したくて、それでもクジけてしまった自分がいるのかもしれない。

そんな自分を、ミスを認めて、その上で許してみてもいいのかもしれない。

コレも一つのアカウンタビリティの考え方の応用だと思うんですね。

僕はそう思うから、「まぁまぁやっちゃったことはしょうがないですよね」という言葉を使いますけどね(笑)


そして、そんな心が弱っている私にも、変わらず才能や魅力はあるし、あなたが毎日できていることに意味もあるはずです。

そこであなたが幸せへの歩みを止めないことって大切かな、と思うんです。


また、今はまだどこか傷ついていて、つい自己責任の概念からドロップしてしまう、そんな自分がどんどん成長していくと、一体どんな姿をしているんだろう。

そこにもヴィジョンがありそうですしね。


この感覚を前にすすめることもカウンセリングのプロセスでとても大切なことだと僕は思っているんですよね。


次回は池尾昌紀カウンセラーが登場します。お楽しみに!



【この記事を書いた人】

心理カウンセラー 浅野寿和(あさの・ひさお)

カウンセリングサービス 所属・名古屋・東京・大阪地区担当 30代後半・男性・既婚)


浅野寿和のオフィシャルブログへ

 

「恋愛と男性心理」「あなたの自信を培う(恋愛・婚活など)」「パートナーシップや家族の問題解決」「より深い愛情関係を紡ぐ」のジャンルで高い評価をいただく。


名古屋・東海地区はもちろん、東京・大阪・全国各地からご利用いただいている。的確と評される心理分析、どこか屈託のない人柄、温かくも言うべきことはしっかり伝えるカウンセリングは、全国にファンが多く、「一度利用すると癖になる」と、高いリピーター率を誇る。

 

年間400件以上の対面式カウンセリングと、年間60本以上
の心理学講座、ワークショップ・ヒーリングセミナーもこなす実践派でもある。(2016年10月現在)

 

スマホ心理カウンセラー浅野寿和」オフィシャルブログ

「ココロにまつわるコラム」をほぼ毎日更新中。「恋愛と男性心理」「自信を培う」といったコラムから、「心の解説」「カウンセリングのご案内」まで、さまざまなテキストをご覧いただけます。

 

心理学講座音声配信サービス「きくまる」
毎月7のつく日に、新作無料音源を配信!僕、浅野の講座・ワークショップなどの無料音源も配信中!ぜひ、あなたのスマホで、PCで、簡単に試聴いただけますのでご利用ください!

>>>心理学講座音声配信サービス「きくまる」サイトへ

 

【浅野寿和のカウンセリングを受けるには】

カウンセリングサービス ・カウンセリング予約センターにお電話ください!

06-6190-5131(受付:12:00~20:30・月曜休)

私の悩みって些細なことなんだろうし、こんなこと聞いても大丈夫?と遠慮されなくてもOK!できるだけ早く手を打つ方が楽になれることも多いですから。あなたの素敵な毎日のためお気軽にご利用ください。

※カウンセリングはすべて【完全予約制】となっております。

※カウンセリングのお問い合わせ・ご予約はすべて「大阪」にあります弊社カウンセリング予約センターまで。名古屋・東海地区・東京をはじめ、全国各地の皆様にご利用いただいております。

 

【ワークショップ開催情報】

『心理学ワークショップ」を、名古屋を中心に開催しています。ぜひぜひ皆さんの日常にお役立てください!

 

○3月18日(土) 10:00~20:00

1Dayワークショップ~1日かけて癒やしを作るヒーリングセミナー~

【会場:名古屋・名駅ウインクあいち

【料金】 ¥21,600-


○3月24日(金) 19:00~20:50

ほぼ30代からの心理学ワークショップ

罪悪感と自信の心理学

【会場:名古屋・名駅ウインクあいち

【料金】 ¥3,240-


>ワークショップの詳細はコチラからご覧ください

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kouza_title

 

No.144:アカウンタビリティー(責任の概念)と夫婦関係(1)

講師:池尾昌紀

 

みなさんこんにちは。カウンセリングサービス名古屋です。毎週月曜は心理学を分かりやすく解説させていただく「心理学講座」。今週は池尾昌紀が担当します。
***

「夫はいつも文句ばかり。その愚痴を聞くのに疲れた。近くに寄ってくるのがうっとおしくて仕方ない。」

 

例えば、こんな夫婦関係の悩みがあったとします。

 

夫の態度が悪ければ、嫌になりますし、夫が悪い!と怒りが出てくるのは当たり前ですよね。

 

そうなってくると、夫を変えるためにどうしたらいいのか、という思いが大きくなってくるのも自然なことです。

 

しかしながら、問題について「誰かのせい」にしてしまうと、解決から遠のいてしまいます。

 

なぜなら、何か問題が起こったり、悩みを抱えることになった原因が、自分ではなく他の「誰か」や「何か」にあるのだとしたら、「誰か」や「何か」が変わらなければ、自分が幸せになれないことになってしまうからなのですね。

 

こうした考え方のことを「アカウンタビリティー」と呼んでいます。

アカウンタビリティーは問題を解決していくための自立的なアプローチです。

 

◎アカウンタビリティーとは?

一般的には「説明責任」と訳されることが多いのですが、心理学では「責任の概念」と言います。

一言で言えば、「私達に起こることの全ては自分自身が選んだ結果である」という考え方。

自分に起こることの全ては、自分の選択の結果であり、他の誰かの責任ではない、という考え方です。

責任というと、自己責任を追及する、重い感覚を感じるかもしれませんが、見方を変えると自由で開放的なアプローチとなります。

 

 

他人を変えることは中々に難しい。

それに比べたら、自分を変えることの方がアプローチがしやすい。

難しいことでも、自分次第で変えていけるからです。

 

私のカウンセリングでは「人は変えられないけれど、自分は変えられる」という視点で見ていきます。

 

 

先の「夫がいつも文句ばかり」というご相談で考えてみましょう。

 

「パートナーが文句ばかり言って苦労している」という状態では、「パートナーが変わらない限り幸せになれない」ことになります。

 

しかしながら、これを「自分の責任」つまり、こうした問題の原因を自分に求めていく時。

 

「パートナーが文句ばかり言っている」→「私にも何か原因があるのではないか」

「自分に原因があるとしたら何か」→「自分に何かやれることはないか」

 

という視点を作り出していきます。

 

この視点によって、例えば

「私が夫に寂しい思いをさせていたとしたら」

「私が我慢や遠慮しすぎて夫がわがままになっているとしたら」

 

という視点が生まれ、

 

「夫と楽しい時間を作るようにしてみよう」

「これからは、できることとできないことを明確に伝えよう」

というような解決方法が生まれてきます。

 

アカウンタビリティーは夫婦問題の解決にとても役に立つ考え方なのです。

(続く)

今回のお話がお役に立てれば幸いです。

 

>>>池尾昌紀のオフィシャル・ブログ

*******

 

次の月曜日(3月6日)は浅野寿和カウンセラーが登場します!お楽しみに!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。