ハーレー社労士@横浜のブログ

人事のトラブルを円満に解決する【人の専門家】のハーレー社労士が、人事で起こりうるトラブルを解説します。

ご訪問いただきありがとうございます


経営の安定した”走り”を提案する「ハーレー社労士」です。


社員力を活かし育てる会社を応援し、


経営者と働く人の双方が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができます。




ハーレー社労士@横浜のブログ



ホームページはこちら・・・


創業支援・社員力育成コンサルタント「ハーレー社労士/日本経営サポート株式会社



桐生社会保険労務士事務所



テーマ:

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

当社では、店長は管理職として店長手当を支払っており、残業をしても、時間外手当を支払っていません。先日、ある店長から残業代の請求がきました。払わなければならないでしょうか?

労働基準法では、監督もしくは管理の地位にある者、は労働時間、休憩、休日に関するさまざまな規制からは外れることになっています。このことから、多くの企業では、管理職には残業手当を支払わなくてもいい、と理解されています。
労基法上の「管理監督者」は次の通達があります。

◯労働条件の決定その他労務管理につき、経営者と一体的な立場にある者をいい、名称にとらわれず、実態に即して判断すべきである。

この通達がありますから、「課長」という役職があっても、労基法上の管理監督者にはてはまらないことが起きます。
では、この通達にはてはまるための条件は、次の4つです。

(1)職務内容が、少なくともある部門全体の統括的な立場にある
(2)部下に対する労務管理上に決定権について、一定の裁量を有しており、部下に対する人事考課、機密事項に接している
(3)管理職手当等の特別手当が支給され、待遇において時間外手当が支給されないことを、十分に補っていること
(4)自己の出退勤について、自ら決定し得る権限があること

これをみると、一般的な課長クラスは、管理監督者とは言えないと考えることもできます。
御社の店長は、これらの条件にはてはまるかどうかで、労基法上の管理監督者かどうかを判断されると良いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事に関することは、専門家である社会保険労務士にご相談ください。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

先日の大雪で、出勤できなかった社員がいました。この日は欠勤として扱って、給料は出さなくていいように考えてます。問題ありませんか?

大雪や台風などの天災は、会社には責任がないことなので、こういう場合に社員が出勤できず勤務できなかった場合には、休業手当等を支払う義務はないのが原則です。
しかし、就業規則や雇用契約書に、天災による勤務不能の場合にも給料を払う、という規定があるときには、会社はこの規定に従って給料を支払う必要があります。御社の就業規則がどのようになっているか、を確認してください。

大雪や台風で出勤できなかった日について、社員から「年次有給休暇」の取得の届出が事後にあった場合、法律的には、天災による勤務不能の日は「労働日」ではなく「休業日」にあたるため、そもそも年次休暇の対象にはならないのですが、実務的には、年次有給休暇の取得を認めている例が多いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事に関することは、専門家である社会保険労務士にご相談ください。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

建設業を営んでいます。屋外で作業をする業務なので、雨が降ると仕事になりません。休日にしたいのですが、問題ありませんか?

雨やお客様の都合で、仕事ができなくなった時、会社は一方的には社員に対して仕事をさせない(=休ませる)場合には、休業手当を支払うことが求められます。会社の都合で働くべき日に休ませるために休業手当あります。これは、通常の賃金の60%以上支払うことと定められていますので、休みと言っても給料が発生することになります。
このような取り扱いが一般的ですが、労基法上では、休日を付与する日を曜日によって特定することは、求めていません。このことから、業務の繁閑や天候によって休日にすることは可能ということになります。通達には「休日はなるべく一定に与え、雨天の場合には休日をその日に変更する旨を規定するようにされたい」とするものがあります。
雨天を休日にするには、遅くとも前日のまでに雨天による休日とする都いう通知を労働者にすることが必要であり、就業規則にもそのような規定が必要です。
休日を一定の曜日に規定しており、雨天の場合の振替の規定がないのであれば、このように雨天の日を休日にすることはできません。また
、当日出勤した後に、その日を休日と指定した場合は、これは休業にあたるため、休業手当の支払いの義務が発生します。

そもそも労働者保護の観点から、休日は特定したほうが望ましいので、このような取り扱いは慎んだ方がよいと考えます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事に関することは、専門家である社会保険労務士にご相談ください。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。