2018-03-02 10:04:26

犬に野菜をあげると体の負担になるの!?という疑問を解説した電子書籍を配布中です。

テーマ:犬と野菜

「犬は肉食なので、野菜を食べさせると体に負担だと聞きましたが本当ですか?」

そんな疑問をわかりやすく解説した電子書籍を配布中です。

手づくり食などで野菜を犬に食べさせているが、野菜が犬の身体によくないのでは?という噂話を聞き、気になっている、という方はぜひご請求くださいね。

無料でご請求いただけます。


【犬に野菜はあげてもOK?】
メルマガ「ぐり通信」バックナンバー集Vol.1無料請求はこちらから!

 

 


  この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。 このメルマガの最新号を購読しませんか? ぐり通信、ご購読はこちら
犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。 自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

 

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!


まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!

そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは 無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。 ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね! ↓   ↓

 

 

骨愛犬の健康的な食事について学ぶ骨

  ↓      ↓

 

犬愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナーはこちら

 

 

犬犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説:無料請求はこちら

 

 

犬犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

 

犬犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:
栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

 

にんじん犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!:
請求はこちらから

 

 

キラキラ犬のアロマセラピーについて学びたい方はこちらキラキラ?

 

 

キラキラアロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

キラキラのためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら

 

キラキラ犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら

 

キラキラ犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

 

 

クローバーその他、犬の健康増進のための基礎知識クローバー

 

クローバー 愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。 こちらもご活用ください! Office Guri FacebookページOffice Guri Twitterぐり石鹸公式サイト 人気ブログランキングへ

AD
2012-10-02 10:46:35

消化されないことがメリット??「犬と食物繊維」Q&A

テーマ:犬と野菜
○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


本日は田舎のスタバより。
珍しく混んでてビックリですー。


今日は1日自宅にこもってPC仕事の予定でしたが
ぐり石鹸の「クエン酸リンス」用のパッケージ資材が切れそうだったので
仕入れがてらPCを持って外に出てきました。



外に出るっていいですね。


昨日は雨が多くて、お散歩になかなか行けなかった我が家のぐりさんも
今日は晴れたときに散歩に行ったらやっぱり嬉しそうでしたもの。


犬も人も、気分転換が大事。




さて、今日は「犬と食物繊維」シリーズの最終回です。


腸内で食物繊維が消化されないことで、実はメリットがあるのですが…という
お話を今日はさせていただくのですが
その前にお知らせを1点。



↓           ↓




【9/23:ペットのための東洋医学基礎講座】



開催まで2週間を切ってるんですが
駆け込みでまだまだお申し込みが入っております。



実はこのセミナー、講師を務める私が実は一番楽しみにしているかもしれない(笑)



昨日から講座で使用するテキストのまとめ作業に入ってますが
まあ、お伝えしたいことは山のようにあります。




特に薬膳のパートは、改めて色々な資料を読み返していても
かなり面白いですね。



東洋医学の薬膳、というとすぐに「漢方薬でしょ?」というイメージがわきますが
そうじゃない。




普段から口にすることで、体を元気付けるのが一般的な「食物」だとすると
薬効が若干強めだから、これは体調の悪いときに特に食べたらいいよ、という
いわゆる「滋養強壮食材」があり。



その上にさらに、「薬効が強いからこれは病気のときだけ口にすべし」という薬剤があります。




たとえば「生姜」なんかは漢方薬の処方の8割に入っているといわれます。



でも、「生姜」なんてスーパーで買えますし
私たち人間はそれを薬味にしたり、煮物に入れたりしておいしく楽しんでいるわけです。




これは、確かに「生姜」には体を温める薬効があるし、
吐き気などを抑える作用もある、
殺菌効果も高いなどいわゆる「生薬」的な作用もありますが
「生姜」は「食材」なんです。



私たちにおなじみの「食材」。




そして、こうした「私たちに身近な食材なんだけれど、東洋医学的に見ると様々な効果がある」
というものは、実は結構あります。



そうした食材の「性質」を知り、上手に食事に取り入れていくと、
犬も飼い主さんも健康増進に役立てられますよ、というのが今回のセミナーでお伝えする
「薬膳」のパートになります。





この部分を学んでいただくと、飼い主さんご自身や愛犬の体質、体調、
あとは「季節」といったものを考えた「食事作り」が可能になるわけです。




まさに「体質と体調に合わせたオーダーメイドの食事」ですね。





○むくみに→白菜や春雨を使ったスープ

○体がだるい→内臓を温めて動きを活発にし、代謝をあげて排泄を促す鶏肉を使ったお粥







こんな感じです。


こうした、「既存の栄養学とはちょっと違う面白そうなこと」を学んで
愛犬の健康管理に役立ててみたい、という方は
ぜひご参加ください。



↓     ↓


●ペットのための東洋医学基礎講座
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&286m1








さてここから本日の本題です。


「食物繊維が犬にもたらすメリット」



最近の研究では、「食物繊維が犬の腸にメリットをもたらすこと」が
分かってきています。



メリットひとつめ。




「便の量をカサ増しする」



これは人間と同じですね。

便はある程度「カサ」があることで、便そのものが腸壁を刺激し
腸のぜん動運動を促します。



すなわち、便秘防止に良い、ということ。





メリットふたつめ。





食物繊維は消化されないので、胃の中での「滞在時間」が長くなる。




つまり腹持ちがよくなるということです。





そういう意味では「ダイエット」が必要な
ウエイトオーバー気味の犬にお勧め。




メリットみっつめ。




適度な量の繊維は小腸内の腸内細菌のバランスを維持する。




私たち動物の腸内には微生物がたくさん住みついており
消化を助けるなど、様々な働きをしています。




汚い話となりますが、腸内に「悪玉菌」がはびこると「腐敗」を起こしますから
オナラやうんこは臭い。



「善玉菌」ががんばっていると、顔を背けたくなるような
ひどい匂いには…なりません。



かと言って「善玉菌」ばっかりが多ければいいのかというとそうではなく
「悪玉菌」と「善玉菌」が一定のバランスのもと、適度に生息している、というのが
生き物の健康にとって重要です。




そういう意味では、適度な食物繊維はそのバランス維持に貢献するとのことですから
食事にバランスよく混ぜてあげることは
メリットになります。







基本のお約束として「ネギ類」など
明らかに犬にNGと呼ばれる食材を避けるというのは大前提。



その上で適度なバランスで犬に野菜を与えることが
何か大きな問題に発展する、という可能性は極めて低いです。


メリットもたくさんありますから
あまり神経質にならず、適度に取り入れてみてはいかがでしょうか。








これが今回の「犬と食物繊維」に対する
私からの回答となります。







最後に、網田さんから頂いたこのご質問にも
お答えしておきますね。



>ところで、サツマイモやカボチャって生でも食べさせられるのですか?
>人間は無理ですけど。個人的に、人間が食べられる状態なら、ワンコも食べられる、
>と解釈しているのですが、ザックリ過ぎますか?




生で食べられないこともないですが
イモ類に関して言うと、「加熱」することでその中に含まれるデンプン質が
消化吸収しやすい形に変わります。



この消化のよさは「デンプンの糊化」という
化学構造の変化によって起こります。



ただし、このデンプンの変化も「冷めた状態」になってしまうと
加熱前の消化されにくい形に戻ってしまいますので
犬にあげるとしたら「犬がやけどしない程度に温かい状態」が理想になりますね。



温野菜、みたいな感じでしょうか。



もし、「食感を楽しませてあげたい!」とお考えでしたら
時々生でこりこりかませてあげる程度にとどめられることを個人的にはお勧めします。




私も野菜類は、人が食べられる状態を基準に考えることが多いですね。




にんじんは生でサラダにもなりますし
いためたり、煮込んだりもしますから私はこの3つの食べ方で
犬にも同様に食べさせています。




「犬と食物繊維」についてのお話は以上です。




次号からまた新しいテーマでメールさせていただきますね。





ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)


◇犬の食事作りの基礎を学ぶ◇
ペット食育入門講座 2012年11月11日(日)札幌市中央区開講!
2時間で犬の食事についての大事なことをピンポイントで学ぶ基礎講座です。







●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-02 10:43:08

難しい勉強ほど一人でやっちゃだめです、と「犬に野菜って負担?」Q&A

テーマ:犬と野菜
○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


本日は田舎のタリーズより(笑)


月に一度、税理士さんに提出する書類を昨日の夜から
今朝にかけてまとめて、たった今郵便局で出してきましたー。



私は自営業ですので、青色申告を自分でやらないといけないのですが
会計ソフトは買ってみたものの、
何をどう入力していいのかわけがわからず
もう夜中に税務署の人に怒られる夢まで見てまして
ホントどーしよう~と悩んでいたのですが。



個人事業主専門の税理士:福島先生に全部丸投げでお願いしたおかげで
私のやることといえば、月に一度、書類をまとめて送るだけで
申告関係のつらい業務から開放されました(号泣)




おかげで、のほほーんと昼間っからタリーズで甘いコーヒーのみながら
のんびりできるわけでして
(いや、決して遊んでいるわけではなく、PC持参で結局は仕事しにきてるわけですがw)
青色申告の記帳で悩む時間はゼロになったわけですから
その分、思い切ってメルマガ作成やその他の


「犬に役立つ講座の企画」

「犬の体に優しい製品の企画」


といった、本来私にしかできない業務に集中できているわけでして…。




何が言いたいかというと



「難しい勉強ほど、一人でやっちゃだめです」




ということです。





犬の食事は本来、難しくありません。



今朝も私は、冷蔵庫のアリモノ野菜を鍋でぐつぐつ煮込み
最後にぶつ切りにした鶏肉を加えてさらに煮込んで
後は火を止めて、鍋まかせにしてきました。



後は夜になったら、ご飯の上にこの「野菜煮込み鶏スープ」を乗っけて
我が家の黒ラブ、ぐりさんにあげるだけ。



実にシンプルで大雑把なご飯です。




このように…繰り返しになりますが、犬のご飯は難しくありません。




ただ「難しくない」と言い切る裏には



○犬の食事の基礎知識のベース



があります。





その「基礎知識のベース」を「体系的に学ぶ」のを
一人でゼロからやろうすると
それは難しいことです。




一人で学ぼうとすると、何から手をつけていいか、迷うでしょう。


様々な情報を集めて、その中から「信頼の置けるもの」と「そうでないもの」を
ふるいにかけて「何を自分の考えとするか?」だけでも
かなりの時間と労力を要するはずです。




…。




「難しい勉強ほど一人でやってはいけない」




この意味はご理解いただけますか?





「犬の食事の基礎知識を、コンパクトに必要なことをぎゅっと濃縮して2時間で学びたい」

「とりあえず、これだけわかっていれば犬の食事は今日から自宅で手作りできる!」








こうした目的で開講しているのが、私が講師を務める
「ペット食育入門講座」です。




2012年の札幌開講は11月11日(日)が最終となります。




また、2012年は12月8日・9日の2日間、
「ペット食育士2級認定講座」を併せて開催します。



この講座は「入門講座」で「基礎」をしっかり学ばれた方を対象に
犬の栄養学や、ライフステージ別の食事、さらにはペットフードのラベルを
正しく読み解くための基礎知識をみっちり学んでいただく2日間、計12時間に講座となります。




11月に入門講座、12月に2級講座と最短スケジュールで学んでいただく日程となっておりますので
ぜひご参加くださいね。



↓    ↓


■ペット食育入門講座:詳細確認とお申し込みはこちらから!
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&285m1








さてここからは「犬と野菜」のお話の続きです。



これまでの記事はこちら。


↓    ↓

■犬に野菜ってあげていいの?しかも生で?実際のところどうなのでしょうか?
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&285m2


■犬は本当に肉食動物なのでしょうか?野菜は犬に負担?のQ&A
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&285m3





「犬は雑食動物である」



「自前の消化酵素で野菜に含まれる食物繊維を分解できる動物はいない」



この2つが、「犬に野菜を与えると、腸に負担がかかるのですか?」という疑問を考える際の
キーポイントとなります。



「犬は雑食動物である」については
前回のメールでお話ししましたので今日は



「自前の消化酵素で野菜に含まれる食物繊維を分解できる動物はいない」



にフォーカスしてお話を続けていきますね。





あと、今日はこれから栄養学のちょっと突っ込んだお話しもします(笑)





普段、基礎的な講座などではなかなかここまでのお話する機会がないのですが
こうした「一歩突っ込んだお話」も頭に入れておくことで、
より○○さんご自身の「安心材料」が増えますので
まあ嫌がらずに聞いてください。









「野菜が消化できないので、野菜を食べると犬の腸に負担がかかる」




という説の根拠として良く言われるのが
野菜に含まれている繊維質を犬は消化吸収できないじゃないか!というもの。






…。







それを言っちゃうと、人間も食物繊維はさほど消化できていません。





…。




私たちは日々、野菜を食べてすごすことが多いです。



時々は「とうもろこし」「ひじき」など、
消化しにくいものを食べては、翌日トイレで「こんにちは!」と前日食べたものと再会…。





汚い話ですがそういうことありませんか?




そういうとき、○○さんは



「うわ~!!消化できなかった!!腸に負担がかかったー。もうだめー。
 今日は何もする気が起きないー(←ちょっと大げさですが)」




と、思われますか?







「いいえ、特に思いません。あ、出ちゃったんだな、というのがそのまんまの感想です」




セミナーで受講者の皆さんに同じ質問をすると
だいたいこのようなお声が返ってきます(笑)







それであれば、犬も同様に「ただ出ていっただけ」ですので
特に負担はかかっていないと思われます。



我が家の犬も、よく野菜は出てきますが
(ミニトマトの皮など…)
特に負担がかかっているようには見えません。






肉が多目のときでも、野菜多目のときでも
毎日変わらず元気です。








「…確かにそういわれるとそんな気がしますけれども
 まだやっぱり不安です…」





そういう方のために、「栄養学」「動物の消化」という視点から
今からさらに掘り下げてお話ししますので
良く聞いてくださいね。






消化されない食物繊維の「繊維質」の主だったものをセルロースといいます。
これが植物の細胞壁を造る基本的な成分です。




そして実はこれ、デンプンなんかと同じ糖質で、ブドウ糖が長く繋がってできています。





「え?食物繊維ってブドウ糖からできてるんですか?
 何かイメージつきませんが…」



はい、そうなんです。



ちなみに栄養学的に見ると「糖質=炭水化物+食物繊維」



「糖質」という大きなくくりの中に「消化吸収可能な炭水化物」と
「消化できない食物繊維」とがある、ということですね。



こちらのサイトにわかりやすく「図」でまとめられていますので
ご参考にされてください。



○炭水化物・糖質
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&285m4





ここまでが「栄養学の視点」からのお話。




そして、「動物の消化」という視点からのお話を引き続きさせていただくと…。






●動物の持つ消化酵素はデンプンを分解してブドウ糖を作ります。
●逆に動物はセルロースを分解できる消化酵素を持っていません。
●草食動物の場合は、消化管内にいる細菌がセルロースを分解する酵素を持っていて消化を担っています。



(だから牛などは草をたべてエネルギーに換え、豊富に牛乳を出したり、
 おいしい肉を私たちに提供してくれています。
 繊維質を分解して、中に含まれるブドウ糖を有効活用できるんですね)





つまり、私たち人間と犬は自前の「セルロースを分解できる消化酵素」は持ち合わせていません。




一方で人間の場合も犬の場合も、腸内に住む微生物がいますから
食物中の繊維質の5%程度は分解される、というデータもあります。




つまり「エネルギーとして利用する」という視点で見ると
食物繊維はエネルギー源としてはまったく向いていないことになります。





そして分解されなかったものは?



→ 出るだけですね。



「消化されなかったものは出る」



それ以上でもそれ以下でもない、ということです。





ただ、犬の腸は確かに草食動物に比べると腸の長さも短いです
そういう意味では犬の腸は繊維を消化するように「設定」はされていないともいえます。




→そのことが「犬の野菜を食べさせてはいけない」とイコールでない


ということは、もうこのメルマガをお読みいただいている
○○さんであれば「ぴん!」と来られているのではないでしょうか?








犬の腸内で野菜類の消化率が低いことは事実です。



でももし…。




犬の体内で消化されないということに「メリット」があるとしたら…。




○○さん、知りたいですか?





次号では、「食物繊維が犬にもたらすメリット」について
お話をしていきますね。



お楽しみにー。



本日はここまでです。





ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)


◇犬の食事作りの基礎を学ぶ◇
ペット食育入門講座 2012年11月11日(日)札幌市中央区開講!
2時間で犬の食事についての大事なことをピンポイントで学ぶ基礎講座です。







●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD




ブログパーツ

<

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。