【愛犬のストレスケアと健康維持に:
ドッグアロマテラピーテキスト無料配布中】







自宅で学べる「犬のリンパマッサージ」「アロマテラピー」の電子書籍を無料配布しています。
PCでメールを受信頂ける方であればどなたでもご請求いただけます。

→ ご請求はこちらから!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-17 09:58:30

犬の薬膳:みんなのレシピ!我が家の薬膳紹介します

テーマ:犬と薬膳

こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

 

さて今日も、実際に愛犬の薬膳を学ばれた方の体験談をメールでご紹介しますね。

 

薬膳講座の受講生の方向けに「皆さんの薬膳レシピを教えてくれませんか?」と以前、
募集をしたことがあるのですが
その際、色々と工夫を凝らした薬膳メニューをたくさん送って頂きました。

 

その一部を、今回はご紹介しますね。

 

————————————————————–

癲癇の発作が出て、手作り食に全て切り変えました。

 

鳥胸肉や馬肉や野菜の微塵切り、(チワワ2kg)
南瓜、サツマイモ、小松菜、白菜など季節の野菜に、
干し椎茸の粉末、おから等お腹の様子を見て与えています。

 

それから、今年になって一度も発作は起きて居ません。

 

その犬によって色々自分で試して良い物を取り入れての手作り食は良いと思いま~す。

 

教えて頂いた物と上手に自分の犬に合う食事作りが良いと思いました。

 

(alohayukiさん)

————————————————————–

 

諸橋さん いつもセミナーやメルマガでお世話になっております。

 

今東洋医学基礎講座を受講しておりますが、メルマガでは以前受講した「薬膳」のことも
沢山配信して頂き、復習の意味でもとても役立ちありがたく拝読させていただいております。

 

昨日の薬膳「春メニュー:キャベツと豚肉の炒め物」を早速昨夕の献立に致しましたところ、
いつもは素材を茹でてトッピングすることが多いのですが、今回始めてオリーブオイルで
炒めて作りました。

 

毎夕食には我が家では「りんご酢」を使っているので(うちの子お酢が大好きです)
黒酢の代わりに「りんご酢」を最後にタラリと・・

 

うちの子は保護犬で未だにおどおどしていて、性格も積極的な方では有りません。

 

ですからいつもは「ご飯だよ~食べなさい」って言ってから少し周りの様子を見ながら
食べ始めるという日常です。

 

しかし昨日は素材を油で炒め最後にお酢をかけた事により”香りが立った”のでしょうね!
ふと気が付くとキッチンの仕切りの前で私の事をじーーーっと見つめ
「ご飯下さい。美味しそうな匂いです」みたいな様子
食べごろに冷めたので早速「はい!どうぞ」ってあげたら、飛んで行ってあっという間に
完食です。(笑)

 

普段肉食系で野菜を全く食べない子ですが、よほど美味しかったのだと思います。
キャベツも残さず食べてくれました。

 

メンタルな部分で長いあいだストレスを抱えていた子ですが、
嗅覚を刺激する事で今まで出すことの出来なかった感情を素直に表に出せることは
また新しい発見でした。
体の中からケアすることに加え、視覚、嗅覚、味覚・・など五感を刺激してあげることも
大切なケアなのだな~と気づきました。

 

これからもメルマガやフォローメールを楽しみにしております。

 

(S-koharuさん)

————————————————————–

 

最近シーズーのおじいちゃん犬が咳が出るので、山芋をトッピングしてあげています。

 

咳をしているとしんどそうなので、食欲がわくようにお肉も一緒にあげています。

 

山芋を食べてくれるかなと心配しましたが、きれいに食べてくれました。
少しでも、助けになればいいなと思っています。

 

(めいははさん)

————————————————————–

 

今朝、小豆を少しだけ入れてお粥を作って見ました。

 

家には二匹のダックスがいます。一匹は食いじがはっており、
食べたあともずっと名残りおしそうにお皿をなめています。

 

もう一匹の方は普段は食べたらトイレをして、自分のリラックスできるところまでいき
マッタリするのが日課です。

 

しかし、今日は違いました。

 

食べ終わったお皿をペロペロ、ついでに隣のお皿もペロペロ、初めてです。

 

よっぽど美味しかったのでしょう。

 

実は昨日もお粥を炊いたのですが(炊飯器で)、
いつもの白米を炊くときのように何も考えずにスイッチを押してしまい、大失敗しました(笑)

 

今朝はリベンジでした。でも、そのかいありました。

 

これからは、まず、教えていただいたレシピをもとに色々挑戦してみようと思います。

 

その後、慣れてきたら病気がちの子にはこの食材を足してみようとか、考えていってもいいのかなあと思っています。

 

薬膳講座を受講できて本当に良かったです。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

(宮川 敬子さん)

————————————————————–

 

いかがでしょうか?

 

薬膳というのは確かに体によさそうだけど、難しい!

 

と思っている方は結構多いです。

 

しかしながら、実際には薬膳の基本である

 

●体の状態のチェック方法

 

を学び、

 

●体の状態に合わせた食材の選び方

 

という、本当に基礎的なことを学べば、誰でも犬の身体に合わせた
身体に優しい「薬膳手づくりごはん」を作ることができるようになります。

 

私の講座で学ばれた方に良くびっくりされるのが

 

「え~!!犬にお粥ですか!?」

 

です(笑)

 

講座の中で「薬膳粥」をご紹介しているからなんですね。

 

日本では「病気の時に食べる」というイメージが強いお粥ですが、
実は薬膳の本場、中国では

 

「ごはん、麺類と同じように、主食のひとつ」

 

という扱いで、日常的に良く食べられているものです。

 

中に入れるものも色々で、小豆、大豆、黒米、あわ、ひえといった雑穀まで
柔らかく煮て、たっぷりの水分と一緒に食べるお粥は、体にとても良い物、と考えられています。

 

身体の水分代謝を良くするとされる小豆を使った小豆粥は、
薬の副作用でむくみに困っている犬の飼い主さんにとても好評ですし
犬の介護をしている飼い主さんにとても良く作って頂いているレシピです。

 

薬膳は、普段何気なく食べている食物について知り、
食べること自体を「薬」に変えてしまおう!という
とても楽しくて、おいしい健康法だと言えるでしょう。

 

薬膳の楽しさ、メリットについてはご理解いただけましたか?

 

では、その薬膳を実際にどう学んだらいいのか?について
次号のメールで詳しくお話ししていきますね。

●今日のメルマガが参考になった、興味深い!という場合は
 応援クリックで意思表示していただけると、励みになります!
https://www.facebook.com/officeguri/

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


  この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。 このメルマガの最新号を購読しませんか? ぐり通信、ご購読はこちら
犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。 自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

 

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!


まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!

そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは 無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。 ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね! ↓   ↓

 

 

骨愛犬の健康的な食事について学ぶ骨

  ↓      ↓

 

犬愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナーはこちら

 

 

犬犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説:無料請求はこちら

 

 

犬犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

 

犬犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:
栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

 

にんじん犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!:
請求はこちらから

 

 

キラキラ犬のアロマセラピーについて学びたい方はこちらキラキラ?

 

 

キラキラアロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

キラキラのためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら

 

キラキラ犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら

 

キラキラ犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

 

 

クローバーその他、犬の健康増進のための基礎知識クローバー

 

クローバー 愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。 こちらもご活用ください! Office Guri FacebookページOffice Guri Twitterぐり石鹸公式サイト 人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-11-14 10:41:57

犬の薬膳:犬が喜んでごはんをバクバク食べるようになったカリンママさん

テーマ:犬と薬膳

こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

さて今日は、実際に愛犬の薬膳を学ばれた方の体験談をメールでご紹介しますね。

3か月ほど前に犬の薬膳講座で学ばれた、
カリンママさんの体験談です。

————————————————————–

【薬膳講座受講前はどんなことで悩んでいましたか?】

犬の食事がワンパターンだった。

鶏むね肉をまとめ買いし、野菜を加えて煮込み、10日分ずつ冷凍して、
それを解凍して、なくなるまで、あげ続けていた。

かりん(カニンヘンダックス)は途中で飽きてきて、食べたがらないことがあった。

 

 

【何が決め手になって、薬膳講座を受講いただきましたか? 】

薬膳講座で、犬の証を知りたかった。

そして体質に合った食べ物を食べさせたかった。

 

 

【 実際に受講してみていかがでしたか? 】

 

とてもよかった。

今まで人間用の薬膳講座の基礎を通信教育で学んでいたが、
ここでの動画はとても分かりやすく、今まで勉強したことが、まるで白黒画像だったのに、ここの動画で勉強したら、カラー画像で頭に入った感じがした。

「そういう意味だったのか」。。とか、「重要ポイントはここだったのか」ということが把握できた。

犬については、食べさせて可能な薬膳食材もわかり、とても役に立った。

 

 

【 薬膳を実践してみて良かったこと、嬉しい変化があればお書きください 】

犬のご飯づくりがとても楽になった。

こんなに気軽に作っていいんだ。。というのが驚きだった。

そして、どのメニューも犬に好評だった。とても美味しそうにバクバク食べるので見ていると嬉しくなり、
食べ終わるまで側で見続けるのが癖になってしまった。

ワンパターンなメニューに飽きて、食べないということは全くなくなった。

 

 

————————————————————–

 

 

薬膳は「犬の身体に合わせて食材を選ぶ」というのが基本になります。

 

 

これは、薬膳の視点で見ると犬(人もそうですが)の体質にはパターンがあり、
そのパターンに合わせて、食材や調理法を選ぶのが基本になります。

 

ちなみに、このパターン分けも

「ものすごく簡単なレベル」

から

「チェックするのが非常に難しいレベル」

まで、実はいろいろあるのですが、薬膳初心者の場合、まずは

 

●チェックリストでわかる「8つの体質」

 

を調べるのがお勧めです。

 

ちなみにこの8つの体質というのは…。

 

●血虚(けっきょ):貧血気味で虚弱体質

 

●気虚(ききょ):気力が無く、常に元気がない

 

●陽虚(ようきょ):代謝が悪い冷え体質

 

●お血:血液循環が悪い体質

 

●陽熱(ようねつ):ほてり体質で普段は元気だが、いったん病気になると重篤な症状になることが多い

 

●気滞(きたい):お腹の張り、げっぷが多いなどの不調を訴えるストレス溜め込みによる不調体質

 

●水滞(すいたい):水分代謝が悪いむくみ体質

 

●陰虚(いんきょ):体が水分不足気味で、乾燥肌や便秘を伴う

 

と、なります。

 

この8つの体質にあそれぞれ特徴があり、それを調べるにはそれぞれの体質にどれだけ当てはまるか?といった
チェックリストに基づいて、考える必要があります。

 

このように「まずは犬の身体の状態=体質」をしっかり把握した上で
それぞれの体質に合った食材を選ぶ、というのが薬膳のスタートになります。

 

もっと突っ込んだ言い方をすれば、「体質」の把握をしないで
ただ単に食品の「薬効」だけを見て取り入れても、
自分の愛犬の体質に合っていないと、体にピッタリな薬膳料理にならないケースもある、ということになります。

 

(体質に合っていない=何か害が出る、という意味ではありません。

ただ、狙った薬効を十分に取り入れることができないケースが多くなるので効率は悪くなる、という意味合いになります)

 

極端な例ですが、水太りしやすい人が「水を飲んで痩せるダイエット!」に取り組んでも
さらにむくみで体重が増えて、がっかりしてしまう可能性が高いですよ、というのと同じです。

 

水太りしやすい人がダイエットするのであれば、先ずは水分代謝を良くするよう、食事を見直そうとか
水分代謝を良くする効果の期待できる、小豆などの薬膳食材を取り入れてみようとか
そういう風が成果が出やすいと私自身は考えますが
今メールをお読みの読者のみなさんであれば、どう考えますか?

 

私自身が犬の薬膳講座でお話しする際には、まず「体質チェック」の重要性をしっかりご理解いただいた上で

 

●犬のための薬膳体質チェックシート

 

を飼い主さんにやって頂きます。

 

まずは愛犬の体質を把握した上で、そこでようやく「ではどういう食材がいいの?」という話になります。

 

犬の体質を理解した上で、薬膳を活用する重要性はご理解いただけましたか?

 

次号のメールでは、引き続き、犬の薬膳に興味のある方向けに
実際に薬膳を学ばれた方の体験談をご紹介していきますね。

 

ぜひ楽しみにしていてください。

 

●今日のメルマガが参考になった、興味深い!という場合は
応援クリックで意思表示していただけると、励みになります!
https://www.facebook.com/officeguri/

Office Guri
諸橋直子

(終)

 

■追伸:

ちなみにカリンママさんは、
私の運営する薬膳講座でご紹介しているレシピを色々と作ってくださっています。

——————————————————————————-

講義を一通り目を通し(このあと、ゆっくりかみしめるように見返して勉強していきます)

早速、作っています。一日1品、今朝まで5品作りました。

●棗(なつめ)と鶏肉、ヤマイモの煮物(なつめがなかったので、クコで代用。なつめは注文しました。)

●豚肉とかぼちゃのとろみあんかけ炒めごはん(食べさせるときにあんかけもご飯に混ぜ込みました)

●鰹(かつお)と青梗菜、にんじん乗っけ丼(新鮮な刺身がイヌのご飯のお皿に入って、うれしそうでした)

●豚肉とトマトのチーズリゾット風(トマトだけの水分で煮るなんて新鮮でした。)

●豚肉とキャベツの黒酢炒め乗せごはん(黒酢の代わりにに米酢。黒酢も用意する予定。)

●鮭とピーマンのグリル、ペンネを添えて(ペンネの代わりにご飯)

どのご飯もとても美味しそうに完食しました。
わが家の犬はカニンヘンダックス、8歳です。味にはうるさい方なのですが、どれも気に入ったようです。

——————————————————————————-

初めて薬膳にチャレンジする方は、レシピを自分で組み立てるのが難しい…というお声が多かったので
レシピを作り、受講生の方に公開しているのですが
実際に作って頂けると私自身も嬉しいです。

レシピのいくつかはBLOGで写真付きで、レシピ作成時の様子をご紹介していますので
興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

https://officeguri.com/BLOG/archives/4829

 

 


  この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。 このメルマガの最新号を購読しませんか? ぐり通信、ご購読はこちら
犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。 自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

 

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!


まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!

そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは 無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。 ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね! ↓   ↓

 

 

骨愛犬の健康的な食事について学ぶ骨

  ↓      ↓

 

犬愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナーはこちら

 

 

犬犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説:無料請求はこちら

 

 

犬犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

 

犬犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:
栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

 

にんじん犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!:
請求はこちらから

 

 

キラキラ犬のアロマセラピーについて学びたい方はこちらキラキラ?

 

 

キラキラアロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

キラキラのためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら

 

キラキラ犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら

 

キラキラ犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

 

 

クローバーその他、犬の健康増進のための基礎知識クローバー

 

クローバー 愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。 こちらもご活用ください! Office Guri FacebookページOffice Guri Twitterぐり石鹸公式サイト 人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-11-13 12:52:32

どうせ食べさせるなら、犬の身体によいものを選びたい!という飼い主さんへ

テーマ:犬と薬膳

こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

最近の我が家の犬たちはおやつに「りんご」をがりがり食べています。

 

https://www.instagram.com/p/BbYRSRbg8uD/?taken-by=officeguri

りんごが今、旬を迎えている、というのもありますが
実は薬膳では

 

「果物は”五臓”の働きを助け、体に水分を補うもの」

 

という位置づけで、普段の食生活の中で適度に摂るように、と勧めている食材です。

五臓というのは

 

・肝(肝臓、および肝機能)

・心(心臓、および循環器系)

・脾(胃腸を含む、消化器系全般)

・肺(肺および呼吸器系)

・腎(泌尿器、および体全体を司るスタミナ)

 

という東洋医学独特の考え方で、体の生理・代謝といった「システム」を現しています。

 

果物はこれらの「身体を司るシステム系にとっても良い食べ物ですよ」ということで
薬膳では勧めているんですね。

 

ちなみに我が家の犬たちが大好きな「りんご」ですが、

 

・胃腸の働きを整える

・体に水分を補い、喉の渇きを潤す

 

といった効果がある、と薬膳では考えられています。

 

私が住んでいるのは北海道札幌市、というところですが
最近、氷点下になる日も出てきて、生活の中で「暖房」が欠かせません。

 

そうなると、どうしても「空気の乾燥」が避けられなくなります。

 

我が家の子供も寝起きには「喉がカラカラで痛い」と良く言うので
ポカリスエットを置きがけに飲ませたりしています。

 

同じ居住空間で暮らす犬たちも、やはり空気の乾燥の影響は少なからず受けていると思うので
水分補給ももちろん大切にしていますが、
犬たちが大好きな

「りんご」

には、身体を潤す効果が期待できるので、そういう意味も込めて、最近は食べさせています。

 

私が何故、このメールをお読みの読者の皆さんに

 

「薬膳は楽しいし、犬にも良いものですよ!」

 

と勧めるのか?というと

 

「薬膳は、普段の食材の中に”身体によい部分”を見出し、それを健康管理に生かす食事法」

 

だからです。

 

例えば、昨日は犬のご飯に、と苦手な「鯖の三枚おろし」を何とかやったのですが…。

●犬の手作り食:鯖とにんじんのあんかけご飯

 

苦手な鯖を頑張って3枚におろすのも、まあ鯖を美味しく食べられるからいいか!と
楽しみながらできるのは、実は、薬膳では

「体に良い効果を持つ、食べる薬」

という風に考えられているからです。

 

鯖には

 

・胃腸を元気にする

・体力をつける

・血液循環を良くする

 

という働きがあると、薬膳ではされています。

 

 

疲れやすい人、小食の人にも良いとされる食材ですから
例えば、犬の場合、

 

・胃腸が虚弱で小食な犬

・長く病気を患っていて、体力が低下している犬

 

などにも、おすすめになります。

 

我が家には3歳と12歳のラブラドールが2匹同居しています。

 

12歳のぐりは、まだまだ元気ですが、やはり年齢による体力低下は否定できません。

 

なので、食事のベースは基本、シニアのぐりに合わせて組み立てています。

 

シニアに合わせた胃腸に優しい、体力を補うメニューは
若いニコにとっても良いメニューです。

 

ニコはぐりに比べると、多少胃腸が弱い傾向が見えるので
シニアのぐりに食事内容は合わせて、あとは量の調整で
若いニコに必要なカロリーは摂ってもらう、という方法で我が家の場合はうまくいっています。

 

薬膳というと、難しいとか、特別な漢方薬のような材料を使うとか、
いろいろ誤解されていることが多いのですが
本来は

 

「体の状態を知り」

 

「季節変動による、体の受ける影響を知り」

 

「それに合わせて、身近な食材の薬効を知り」

 

「最大限に活用する」

 

という、生活に根差した健康管理と食事法です。

 

実際に、この薬膳の面白さや、とても役に立つ、ということを
講座としてまとめて多くの飼い主さんにお伝えしたところ、
犬の健康管理を行う上で、非常に役に立った!という感想をたくさんいただいた、という経験があります。

 

そこで次号のメールでは、実際に薬膳を取り入れてみて
こういう風に役に立った!という飼い主さんの体験談をご紹介していこうと思います。

 

まだ薬膳を知らない方、興味あるけど、どういう風に活用できるの?という具体的なイメージがわかない方の
参考にしていただければと思います。

●薬膳に興味が出てきたので、体験談を楽しみにしています!
もっと知りたいです!という方はクリックで意思表示していただけると励みになります!
https://www.facebook.com/officeguri/

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)


  この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。 このメルマガの最新号を購読しませんか? ぐり通信、ご購読はこちら
犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。 自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

 

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!


まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!

そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは 無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。 ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね! ↓   ↓

 

 

骨愛犬の健康的な食事について学ぶ骨

  ↓      ↓

 

犬愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナーはこちら

 

 

犬犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説:無料請求はこちら

 

 

犬犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

 

犬犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:
栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

 

にんじん犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!:
請求はこちらから

 

 

キラキラ犬のアロマセラピーについて学びたい方はこちらキラキラ?

 

 

キラキラアロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

キラキラのためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら

 

キラキラ犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら

 

キラキラ犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

 

 

クローバーその他、犬の健康増進のための基礎知識クローバー

 

クローバー 愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。 こちらもご活用ください! Office Guri FacebookページOffice Guri Twitterぐり石鹸公式サイト 人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD




ブログパーツ

<

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。