1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-06-26 15:28:00

東洋医学で考える「皮膚の乾燥」の原因の話。

テーマ:犬の乾燥肌
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今回も

ホリスティックケアという視点で犬の皮膚トラブルを考えてみる

というテーマでお届けしていこうと思います。

このテーマを扱う今回の一連のメルマガですが

「ああ!納得!」
「ようやく腑に落ちました!」

という内容のご感想をいただくことがとても多いです。





----------------------------------------------------------------

諸橋先生
お久しぶりです。

今回のメルマガのテーマを大変興味深く拝見しております。
最初の頃のホリスティックケアの意味のメルマガは
何の事を言っているのか理解できなかったのですが、
読み進むことによって、あぁ!っと自分の中で腑に落ちました。

そして現在のテーマの1つの
皮膚の乾燥とかゆみの件も楽しみにしています。

と言うのも、我が家のダックスの1頭が外耳炎を繰り返しています。

しきりに耳をかくようになってペラ耳が赤くなって病院へ行き、
薬(ステロイド)を塗って良くなるのですが、
また数か月後に再発というのを繰り返しています。

食事もなるべく薬膳の考えを取り入れて作ったりはしています
が再発させてしまいます。

外耳炎と言っても外耳が汚いわけではなく、
耳介が真っ赤になり皮がむけると言ったもので、
病院ではアトピー性外耳炎かな?となんともあいまいな診断です。

耳も皮膚の一部なので、何か良くなるヒントは無いかと
メルマガの到着を楽しみにしています。
耳なら…と言った改善法があればメルマガで取り上げて貰えると嬉しいです。

これからも楽しみにしています。

(aladyさん)

----------------------------------------------------------------

aladyさん、いつもありがとうございます。

耳にトラブルが現れる場合、東洋医学の考え方では
「腎」との関連をまず考えます。

もし、耳が赤くなって乾く…というような場合、
体液の不足を考えます。

 

 

●体液=血液、血液以外の体内の水分全般

を、この場合はさしますので

●血液

●体内の水分

を正常に近づける食事と、ツボの指圧がお勧めです。

 

これは今回とは別テーマで分けた方がよさそうなので
今回のテーマの話が終わった後に、
別途取り上げていこうと思います。

 

それと、今回の「ホリスティックとはそもそもどういうものか?」というテーマは
実際になかなか説明するのが難しいテーマでもあります。

 

ただ、個人的にとても大切なテーマであると考えているので
なかなか伝わりにくい内容だという自覚はありながら
敢えてこのテーマを取り上げている次第です。

 

わかりにくいから、読んでいる人にとっては
何だこりゃ?で終わってしまうかもな…と思っていたところ
腑に落ちた!というメールをいただけて嬉しかったです。
ありがとうございます!

 



 

さて、ここからは前回の記事の続きになります。
前回の記事はこちら。

 



 

●犬の皮膚の乾燥とかゆみを東洋医学ではどう考える?
http://www.officeguri.com/archives/5345

 

前回は皮膚の乾燥を「肺」との関連で考える、という
東洋医学独特の考え方をご紹介しました。

では、「肺」と「皮膚の乾燥」が何故、関係あるのか
それを知った上で具体的に何をどうしたらいいのか?について
順を追ってお話ししていこうと思います。

--------------------------------------------------------

●各内臓の状態は、体の様々な場所に現れる
 ~華(か)~の話

--------------------------------------------------------

五臓六腑という言葉を聞いたことがあると思います。

・肝
・心
・脾
・肺
・腎

これが五臓です。

 

 

この五臓の状態が、体の別の場所に現れる、という考えが

●華(か)

です。

 

「華」というのは、内臓とは直接つながっていないのだけれど
五臓の異常が現れてくる場所と考えられています。

 

五臓は「5つのパート」ですから
それに対応して

・肝→爪
・心→顔
・脾→唇
・肺→皮毛
・腎→髪

の5つがそれぞれの「」になります。

 

今回のテーマは「皮膚」ですが、

●肺の「華」は「皮毛」にあらわれる

という考え方があります。

 

「皮毛」というのは体の表面部を指します。
すなわち、皮膚、汗腺、うぶげなどがそれに相当します。

 

ここまではOKでしょうか?

 

 

--------------------------------------------------------

●肺に不調があるとどうなるのか?

--------------------------------------------------------

肺が健康で、バランスが取れた状態にあると
皮膚表面に生える毛には光沢があり
外部への抵抗力も強くなると考えられています。

このような抵抗力というのは
現代風に言えば「免疫力」に相当します。

 

肺では、皮膚表面を覆い、外部からの異物や病原菌などから
体を守る「気のバリア」を作ると考えられています。

 

それが皮膚表面を覆うので
抵抗力が増す、という風に考えているんですね。

 

つまり、肺に何らかの問題やトラブルがあって
この体の表面を覆う「気のバリア」が不足すると
風邪や花粉症にかかりやすくなったり
皮膚の乾燥、かゆみなどが生じる、という風に考えるのです。

 

…。

 

という風に、かなり独特の考え方をするのが東洋医学です。

 

体全体をバランスの取れた有機体、と考え
そのバランスの崩れが健康を害する、と捉えるのがホリスティックケアですが、

 

このように体のどこかがバランスを崩したために
その影響が体の別の場所に現れる、という考え方は
まさにホリスティックな視点だと
私は考えています。

 

肺~皮膚のつながりについては
ご理解いただけたでしょうか?

 

では、こうした「皮膚」のトラブルを「肺」とのつながりで
どうアプローチして家庭でケアしていくのか?

 

食事の面でのケアということで
次号では「東洋医学の食事法~薬膳」の視点から
お勧めの食べ物などを具体的にご紹介していこうと思います。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 



 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!







まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!
そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは
無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。

ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね!


↓   ↓




犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。



犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!



愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!








Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。
こちらもご活用ください!


Office Guri Facebookページ

Office Guri Twitter

ぐり石鹸公式サイト





人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-06-24 10:43:58

犬の皮膚の乾燥とかゆみを東洋医学ではどう考える?

テーマ:犬の乾燥肌
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今回も

「ホリスティックケアという視点で犬の皮膚トラブルを考えてみる」

というテーマでお届けしていこうと思います。

 

 

ホリスティックケアの一環として挙げられる代替療法はいろいろありますが
多くの代替療法に共通なのは

●生き物全体のエネルギーを調整すること

だと、私は考えています。

 

エネルギーというと「あやしい…」という反応をする方もいるのですが
そもそも私たちがこうして呼吸をしたり、メールを読んだりできるのも
エネルギーのおかげです。

 

ここでいうエネルギーというのは
物理でいうところの

●仕事をする力

です。

 

たとえば、重力に逆らって坂道を登る場合、
私たちの足の筋肉は「負荷」を感じますし、
負荷を感じながら(つまり重力に逆らって)移動するということは

●力を使って仕事をしているということ

です。

 

これらのエネルギーを使って
私たちは心臓を動かして血液を循環させているわけですし
胃腸が活発に動いて消化活動を行うにも
やっぱりエネルギーが必要です。

 

そして、この仕事をする力は、生物の場合
食物から摂取した物質を体内で燃焼させてエネルギーを得ています。

 

これを詳しくいうと私たち人間も、犬もみんな

●ATP(エーティーピー、アデノシン3リン酸)

という物質を体内で合成、分解を繰り返し

(詳しく言うと、この物質からリン酸が離れる際にエネルギーが放出され、
リン酸がくっつくという形でエネルギーが貯蔵されます)

そてによって生きていくのに必要なエネルギーをまかなっています。

 



 

これは生化学の視点から見たエネルギーを
かなりアバウトにざっと説明した言い方ですが
要は生化学の目で見ても

●エネルギー

は大事なわけです。

 

そのため、代替療法が生物全体のエネルギーバランスを考えて
流れが悪い、何かが不足している、または過剰、といった
エネルギーのアンバランスを調整する、という考え方は
個人的にはさほど「非科学的」ではなく
むしろお互いに共通点も多いし、うまく補いあえるのでは?と感じることが多いです。

 

とまあ、今日はのっけから化学の話が入ったので

「はあ…なんだか頭が混乱しそうです…」

という方も多いかもしれません。

 

ここで大事なのは

●代替療法、ホリスティックケア

と呼ばれるケアはエネルギー調整にかかわっていることが多いということと、
エネルギーというと何だか怪しい…と感じる向きも世の中にはあるけれど
エネルギー自体は生物が生きていく上で大切な概念で
別に怪しくはないですよ、ということです。

 

そして、その「エネルギー調整」という考え方がベースにあるのが
今日お話ししようと思っている

●東洋医学

の考え方です。

 

-------------------------------------------------------------

●体全体のエネルギーで「過剰」「不足」「滞り」といった
 アンバランスが生じていないか?を考えるのが
 ”東洋医学”

-------------------------------------------------------------

 

東洋医学は体全体をつながりのある有機物、という風に考えます。

 

なので、臓器と臓器もつながっているし
体の各部はお互いに連絡を取り合って、調整しあっている、という考え方ですね。

 

そして体全体にエネルギーがスムーズに流れている状態を健康とし

●過剰があれば→取り除く(瀉:しゃ)

●不足があれば→外部から補充する(補:ほ)

という手当をするのが基本です。

 

さて、今回のテーマになっている「皮膚の乾燥」ですが
東洋医学で考えた場合、それは「皮膚だけの問題」ではなくなります。

 

皮膚と関連のある他の臓器の不調や、
体全体のバランスの崩れが影響しているのでは?と
考えるんですね。

 

では、「皮膚の乾燥」と関連が深い体の部位はどこか?

 

…。

 

 

実は「肺」です。

 

 

 

 

「ええええええ!?肺ですか?!皮膚と全然関係なさそうですが…」

 

 

 

 

はい、そのようにびっくるされる方も多いのですが
東洋医学では「肺と皮膚は密接な関連がある」と考えます。

 

そのため、皮膚の乾燥によってかゆみなどの症状が出る場合は
肺のケアをしましょう、という風に考えるんですね。

 

では実際にはどうしたらいいのか?

 

次号でさらに掘り下げてお話ししていきますので
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)


 




 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!







まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!
そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは
無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。

ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね!


↓   ↓




犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。



犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!



愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!








Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。
こちらもご活用ください!


Office Guri Facebookページ

Office Guri Twitter

ぐり石鹸公式サイト





人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015-06-22 11:25:45

犬の肌の乾燥(2)食事の油分量を考えてみる

テーマ:犬の乾燥肌
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今回も

「ホリスティックケアという視点で犬の皮膚トラブルを考えてみる」

というテーマでお届けしていこうと思います。

前回の記事はこちら。



●乾燥気味で敏感肌の犬の事例を考える(1)
http://www.officeguri.com/archives/5339

 

今回からは「何故、犬の皮膚の乾燥が起こっているのか?」という
根本的な原因の部分をいくつかの視点に分けて考える内容に
踏み込んでいこうと思います。

 

-------------------------------------------------------------

●食事の問題を考えてみる~油分の不足がないかどうか?

-------------------------------------------------------------

 

皮膚が乾燥する場合、食事に含まれる油分が不足していないか?を
考えるのは大切な視点です。

 

というのは、現代社会は基本的にカロリー過剰で悩む人が多いので

●油脂、油=高カロリーで美容に大敵!体に良くない!

という風に、油分は悪者扱いされるケースが増えています。

 

これは冷静になって考えてみればわかる話ですが
油分自体が悪いわけではなく、
あくまでも

●過剰摂取

が問題になっているわけで
油脂類を摂取すること=健康を損ねること、ではありません。

 

特に油分の不足は、
犬の場合ダイレクトに肌の状態に跳ね返ってくるケースも多いので
もし犬の肌がカサカサして常に乾燥している、という場合
食事の油分が不足していないかをチェックしてみることをお勧めします。

 

-------------------------------------------------------------

●健康上の理由から油分の摂取を控えている場合の対応方法

-------------------------------------------------------------

 

犬によっては、食事に肉の脂身などを多く入れると
下痢をするのであげるのを躊躇してしまいます、というケースもあります。

そういう場合は、肉の脂身とは別の形で
少量の油脂類を摂取することからスタートするのがお勧めです。

たとえば、良質のオリーブオイルやゴマ油など
私たちが普段食事に使うような油を
ほんの少量、犬の食事に混ぜてみる、という方法がお勧めです。

 

手作り食の場合は、茹でたり、蒸したりするような
あっさりな調理法が多い場合は
少量の油で「炒める」という調理法を取り入れるだけでも
油脂類を摂取できるようになります。

 



 

いかがでしょうか?

 

「ふーむ、油分不足という視点はなかったですね。
 確かに我が家の場合、犬がダイエットに励んでいるのもあって
 油を避けた食事が多かったかもしれません」

 

そんな風に、思い当たる場合は
少量で構わないので、植物オイルを食事に足すなどを
試してみてくださいね。

 

今回は、「食事」について、掘り下げて考えてみました。

 

次号ではさらに掘り下げて

「体のどこに不調があると皮膚のトラブルにつながるのか?」

という視点をご紹介していこうと思います。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 




 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!







まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!
そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは
無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。

ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね!


↓   ↓




犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。



犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!



愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!








Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。
こちらもご活用ください!


Office Guri Facebookページ

Office Guri Twitter

ぐり石鹸公式サイト





人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD




ブログパーツ

<

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。